Cisco Intrusion Prevention System 5.0 コマンド リファレンス
索引
B
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 608KB) | フィードバック

B

banner login

構文  2-3

使用方法  2-3

説明  2-3

例  2-3

C

clear denied-attackers

使用方法  2-4

説明  2-4

例  2-4

clear events

使用方法  2-5

説明  2-5

例  2-5

clear line

構文  2-6

使用方法  2-6

説明  2-6

例  2-6

CLI

エラー メッセージ  B-1

キーワード  1-8

コマンド モード  1-6

コマンドライン編集  1-5

正規表現の構文  1-7

CLI セッションの終了  2-6

CLI の動作  1-3

Tab 補完  1-3

大文字小文字を区別  1-4

キーワード  1-4

再呼び出し  1-3

表示オプション  1-4

プロンプト  1-3

ヘルプ  1-3

clock set

構文  2-8

使用方法  2-8

説明  2-8

例  2-8

configure

構文  2-9

使用方法  2-9

説明  2-9

例  2-9

copy

構文  2-10

使用方法  2-10

説明  2-10

例  2-11

Ctrl+N  1-3

Ctrl+p  1-3

D

display-serial

使用方法  2-13

説明  2-13

例  2-13

downgrade

説明  2-14

例  2-14

E

end

説明  2-15

例  2-15

erase

構文  2-16

使用方法  2-16

説明  2-16

例  2-16

exit

使用方法  2-17

説明  2-17

例  2-17

I

IP パケット

ルートの表示  2-80

IP ロギングの開始  2-18

iplog

構文  2-18

使用方法  2-18

説明  2-18

例  2-18

iplog-status

使用方法  2-19

説明  2-19

例  2-20

M

more exclude

構文  2-25

使用方法  2-25

説明  2-25

例  2-26

more include

説明  2-27

P

packet

構文  2-28

使用方法  2-29

説明  2-28

例  2-29

password

更新  2-30

構文  2-30

使用方法  2-30

説明  2-30

変更  2-30

例  2-31

ping

構文  2-32

使用方法  2-32

説明  2-32

例  2-32

privilege

構文  2-33

説明  2-33

例  2-33

R

recover

構文  2-34

使用方法  2-34

説明  2-34

例  2-34

reset

構文  2-35

使用方法  2-35

説明  2-35

例  2-35

S

service

analysis-engine  2-36

authentication  2-36

certificate-authority  2-36

event-action-rules  2-36

host  2-36

interface  2-36

logger  2-36

network-access  2-36

notification  2-36

signature-definition  2-36

ssh-known-hosts  2-36

trusted-certificate  2-36

web-server  2-36

構文  2-36

使用方法  2-37

説明  2-36

例  2-37

service event-action-rules

使用方法  2-37

setup

クロック設定パラメータ(表)  2-40

使用方法  2-39

説明  2-39

例  2-41

show begin

構文  2-44

使用方法  2-44

説明  2-44

例  2-44

show clock

構文  2-46

使用方法  2-46

説明  2-46

保証フラグ  2-46

例  2-46

show events

構文  2-47

使用方法  2-48

説明  2-47

例  2-48

show exclude

構文  2-49

使用方法  2-49

説明  2-49

例  2-49

show history

使用方法  2-50

説明  2-50

例  2-50

show include

使用方法  2-51

説明  2-51

例  2-51

show interfaces

構文  2-52

使用方法  2-52

説明  2-52

例  2-53

show inventory

使用方法  2-54

説明  2-54

例  2-54

show privilege

使用方法  2-55

説明  2-55

例  2-55

show settings

構文  2-56

説明  2-56

例  2-57

show ssh authorized-keys

構文  2-59

使用方法  2-59

説明  2-59

例  2-59

show ssh host-keys

構文  2-61

使用方法  2-61

説明  2-61

例  2-61

show ssh server-key

説明  2-60

例  2-60

show statistics

構文  2-62

説明  2-62

show tech-support

使用方法  2-64

説明  2-64

例  2-65

show tls trusted-hosts

構文  2-67

使用方法  2-67

説明  2-67

例  2-67

show tls-fingerprint

説明  2-66

例  2-66

show users

構文  2-68

使用方法  2-68

説明  2-68

例  2-68

show version

使用方法  2-70

説明  2-70

例  2-71

ssh authorized-key

構文  2-72

使用方法  2-72

説明  2-72

例  2-72

ssh generate-key

使用方法  2-73

説明  2-73

例  2-73

ssh host-key

構文  2-74

使用方法  2-74

説明  2-74

例  2-75

T

Tab 補完

使用方法  1-3

terminal

構文  2-76

使用方法  2-76

説明  2-76

例  2-76

tls generate-key

説明  2-77

例  2-77

tls trusted-host

構文  2-78

使用方法  2-78

説明  2-78

例  2-78

trace

使用方法  2-80

説明  2-80

例  2-80

U

upgrade

構文  2-81

使用方法  2-81

説明  2-81

例  2-82

username

構文  2-82

使用方法  2-82

説明  2-82

例  2-82

アクティブなターミナル セッションの終了  2-17

アプリケーション パーティション

イメージの再作成  2-34

アラート

表示  2-47

イベント

クリア  2-5

削除  2-5

イベント ストア

イベントのクリア  2-5

イベント ログ

内容の表示  2-47

エラー イベント

表示  2-47

エラー メッセージ  B-1

オペレータ

権限  1-2

管理者

権限  1-2

キーワード  1-8

no  1-4, 1-8

使用方法  1-4

デフォルト  1-4, 1-8

キャプチャ

ライブ トラフィック  2-28

拒否する攻撃者

削除  2-4

権限

変更  2-33

攻撃者の IP アドレス

拒否 IP アドレスのリストからの削除  2-4

構文

大文字小文字を区別  1-4

コピー

IP ログ  2-10

構成ファイル  2-10

コマンド

最近使用されたリストの表示  2-50

推奨されなくなった  A-2

プラットフォーム依存関係  A-3

コマンド モード

EXEC  1-6

イベント アクション ルール構成  1-6

グローバル構成  1-6

サービス構成モード  1-6

シグニチャ定義構成  1-6, 1-7

特権 EXEC  1-6

コマンドとプラットフォームの依存関係  A-3

コマンドライン編集(表)  1-5

サービス

権限  1-2

再呼び出し

使用方法  1-3

ヘルプおよび Tab 補完  1-3

最新のアップグレードの削除  2-14

作成

バナー メッセージ  2-3

ユーザ  2-82

システム

状況の表示  2-64

システム クロックの設定  2-8

システム構成ダイアログ  2-39

システム情報

FTP または SCP サーバへのエクスポート  2-64

システムのアップグレード  2-81

終了

構成モード  2-15, 2-17

サブモード  2-15

出力

現在の行をクリア  1-4

表示  1-4

表示する行数の設定  2-76

出力をシリアル接続に転送  2-13

状況イベント

表示  2-47

正規表現の構文(表)  1-7

生成

X.509 証明書  2-77

サーバ ホスト キー  2-73

センサーの初期化  2-39

追加

既知のホスト テーブルにエントリを  2-74

公開キー  2-72

信頼できるホスト  2-78

適用

サービス パック  2-81

シグニチャ アップデート  2-81

テクニカル サポート

表示

現行の構成情報  2-64

デバッグ ログ  2-64

トランザクション応答の制御  2-64

バージョン  2-64

デフォルト

キーワードとして  1-4

統計情報

クリア  2-62

表示  2-62

ネットワーク接続

テスト  2-32

入る

グローバル構成  2-9

サービス構成モード  2-36

パスワードの更新  2-30

パスワードの変更  2-30

バナー メッセージ

作成  2-3

非推奨コマンド  A-2

ビューア

権限  1-2

表記法  x

表示

interface statistics  2-52

IP パケットのルート  2-80

IP ログの内容  2-19

IPS プロセス  2-70

PEP 情報  2-54

SSH サーバのホスト キー  2-60

アラート  2-47

エラー イベント  2-47

オペレーティング システム  2-70

画面の行数の指定  2-76

既知のホスト テーブル  2-61

現行システムの状況  2-64

現行の権限レベル  2-55

公開 RSA キー  2-59

サーバの TLS 証明書のフィンガープリント  2-66

シグニチャ パッケージ  2-70

システム クロック  2-46

状況イベント  2-47

センサーの信頼できるホスト  2-67

統計情報  2-62

バージョン情報  2-70

ブロック要求  2-47

ユーザ情報  2-68

ライブ トラフィック  2-28

ローカル イベント ログの内容  2-47

ブロック要求

表示  2-47

プロンプト

デフォルトの入力  1-3

ヘルプ

疑問符  1-3

使用方法  1-3

変更

権限レベル  2-33

ログイン セッションのターミナル プロパティ  2-76

モニター

ビューア権限  1-2

ユーザ ロール

オペレータ  1-2

管理者  1-2

サービス  1-2

ビューア  1-2

ルート

IP パケットの表示  2-80

論理ファイルの削除  2-16