ライセンス管理
ライセンス管理

ライセンス管理

Cisco Smart Software Licensing を使用すると、ライセンスのプールを一元的に購入および管理できます。各ユニットのライセンス キーを管理する必要なく、デバイスを簡単に導入または削除できます。また、Smart Software Licensing では、ライセンスの利用状態やニーズを一目で確認できます。

Smart Software Licensing について

ここでは、Smart Software Licensing の機能について説明します。

Firepower 9300 のセキュリティ モジュールのスマート ソフトウェア ライセンス

Firepower 9300 の セキュリティ モジュールの場合、スマート ソフトウェア ライセンス設定は、Firepower 9300 スーパバイザとセキュリティ モジュール間で分割されます。

  • Firepower 9300:ライセンス認証局との通信を行うためのパラメータを含めて、スーパバイザにすべてのスマート ソフトウェア ライセンス インフラストラクチャを設定します。Firepower 9300 自体には動作のためのライセンスは必要ありません。

  • セキュリティ モジュール:セキュリティ モジュールにすべてのライセンス付与資格を設定します。

Smart Software Manager とアカウント

デバイスに 1 つ以上のライセンスを購入した場合は、Cisco Smart Software Manager でそれらのライセンスを管理します。

http:/​/​tools.cisco.com/​rhodui/​index

Smart Software Manager を使用すると、組織のマスター アカウントを作成できます。


(注)  


まだアカウントをお持ちでない場合は、このリンクをクリックして新しいアカウントをセットアップしてください。Smart Software Manager を使用すると、組織のマスター アカウントを作成できます。


デフォルトでは、マスター アカウントにあるデフォルトの仮想アカウントにライセンスが割り当てられます。アカウント管理者は、必要に応じて仮想アカウントを追加できます。たとえば、地域、部門、または支社用にアカウントを作成できます。複数の仮想アカウントがあることで、大量のライセンスやデバイスを簡単に管理できます。

仮想アカウントごとに管理されるライセンスとデバイス

ライセンスとデバイスは仮想アカウントごとに管理されます。つまり、その仮想アカウントのデバイスのみが、そのアカウントに割り当てられたライセンスを使用できます。新たにライセンスを追加する必要がある場合は、別の仮想アカウントから未使用のライセンスを譲渡できます。また、仮想アカウント間でのデバイスの譲渡も可能です。

Firepower 9300 シャーシのみがデバイスとして登録されます。しかし、シャーシ内の セキュリティ モジュールには独自のライセンスが必要です。たとえば、3 つのセキュリティ モジュールがある Firepower 9300 シャーシの場合、シャーシは 1 つのデバイスとしてカウントされますが、モジュールは 3 つの個別のライセンスを使用します。

デバイスの登録とトークン

各仮想アカウントに登録トークンを作成できます。このトークンは、デフォルトで 30 日間有効です。各デバイスを導入するとき、または既存のデバイスを登録するときにこのトークン ID と権限付与レベルを入力します。既存のトークンの期限が切れている場合は、新しいトークンを作成できます。


(注)  


セキュリティ モジュールではなく、Firepower 9300 スーパバイザにデバイス登録が設定されます。


導入後、または既存のデバイスにこれらのパラメータを手動で設定した後でそのデバイスを起動すると、シスコのライセンス認証局に登録されます。デバイスをトークンに登録すると、ライセンス認証局はデバイスとそのライセンス認証局との間での通信を行うために ID 証明書を発行します。この証明書は 1 年間有効ですが、6 か月ごとに更新されます。

ライセンス認証局との定期通信

デバイスはライセンス認証局と 30 日おきに通信します。Smart Software Manager に変更を加えた場合は、デバイス上で許可を更新し、すぐに変更されるようにすることができます。または、スケジュールどおりにデバイスが通信するのを待ちます。

必要に応じて、HTTP プロキシを設定できます。デバイスには、少なくても 90 日おきに直接または HTTP プロキシを通じてのインターネット アクセスが必要です。通常のライセンスに関する通信は 30 日ごとに行われますが、これには猶予期間があり、デバイスはホームをコールすることなく最大で 90 日間は動作します。90 日が経過する前にライセンス認証局に連絡する必要があります。


(注)  


オフィス ライセンスはサポートされません。


コンプライアンス逸脱状態

次の状況では、デバイスがコンプライアンスから逸脱している可能性があります。

  • 使用超過:デバイスが利用できないライセンスを使用している場合。

  • ライセンスの期限切れ:時間ベースのライセンスの期限が切れている場合。

  • 通信の欠落:デバイスが再許可を得るために Licensing Authority に到達できない場合。

再許可を試行してから 90 日後に、アプリケーションによっては何らかの方法でデバイスは制限を受けます。

Smart Call Home インフラストラクチャ

デフォルトでは、Smart Call Home のプロファイルは、ライセンス認証局の URL を指定する設定内にあります。このプロファイルは削除できません。ライセンス プロファイルで設定可能なオプションは、ライセンス認証局の宛先アドレスの URL のみです。Cisco TAC からの指示がない限り、ライセンス認証局の URL を変更しないでください。

スマート ソフトウェア ライセンスの Smart Call Home は無効にできません。

Smart Software Licensing の前提条件

  • Cisco Smart Software Manager にマスター アカウントを作成します。

    http:/​/​tools.cisco.com/​rhodui/​index

    まだアカウントをお持ちでない場合は、このリンクをクリックして新しいアカウントをセットアップしてください。Smart Software Manager を使用すると、組織のマスター アカウントを作成できます。

  • Cisco Software Central から 1 つ以上のライセンスを購入します。

  • デバイスからのインターネット アクセスまたは HTTP プロキシ アクセスを確保することで、デバイスはライセンス認証局に連絡できます。オフィス ライセンスはサポートされません。

  • DNS サーバを設定することで、デバイスはライセンス許可サーバの名前を解決できます。DNS サーバの設定 を参照してください。

  • デバイスのクロックを設定します。日付と時刻の設定 を参照してください。

Smart Software Licensing のデフォルト

Firepower 9300 のデフォルト設定には、ライセンス認証局の URL を指定する「SLProf」という Smart Call Home のプロファイルが含まれています。

Smart Software Licensing の設定

シスコのライセンス認証局と通信するには、必要に応じて HTTP プロキシを設定します。ライセンス認証局に登録するには、Smart Software License アカウントから取得した登録トークン ID を Firepower 9300 に入力する必要があります。

手順
    ステップ 1   (オプション)HTTP プロキシの設定
    ステップ 2   ライセンス認証局への Firepower 9300 の登録

    (オプション)HTTP プロキシの設定

    ネットワークがインターネット アクセスに HTTP プロキシを使用している場合は、Smart Software Licensing にプロキシ アドレスを設定する必要があります。このプロキシは、一般に Smart Call Home にも使用されます。

    手順
      ステップ 1   [システム(System)] > [ライセンス(Licensing)] > [Call Home] を選択します。

      [Call Home] ページに、ライセンス認証局の宛先アドレス URL と HTTP プロキシを設定するためのフィールドが表示されます。

      (注)     

      Cisco TAC からの指示がない限り、ライセンス認証局の URL を変更しないでください。

      ステップ 2   [サーバ有効化(Server Enable)] ドロップダウン リストから、[オン(on)] を選択します。
      ステップ 3   [サーバ URL(Server URL)] フィールドと [サーバ ポート(Server Port)] フィールドにプロキシ IP アドレスとポートを入力します。たとえば、HTTPS サーバに 443 ポートを入力します。
      ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

      ライセンス認証局への Firepower 9300 の登録

      Firepower 9300 を登録すると、ライセンス認証局によって Firepower 9300 とライセンス認証局との間の通信に使用される ID 証明書が発行されます。また、Firepower 9300 が適切な仮想アカウントに割り当てられます。通常、この手順は 1 回限りのインスタンスです。ただし、通信の問題などが原因で ID 証明書の期限が切れた場合は、Firepower 9300 の再登録が後で必要になる場合があります。

      手順
        ステップ 1   Smart Software Manager で、この Firepower 9300 を追加する仮想アカウントの登録トークンを要求してコピーします。
        ステップ 2   Firepower Chassis Manager で、[システム(System)] > [ライセンス(Licensing)] > [Smart License] を選択します。
        ステップ 3   [製品インスタンスの登録トークンを入力(Enter Product Instance Registration Token)] フィールドに登録トークンを入力します。
        ステップ 4   [Register] をクリックします。

        Firepower のシャーシがライセンス認証局への登録を試行します。

        デバイスの登録を解除するには、[登録解除(Unregister)] をクリックします。

        Firepower 9300 の登録を解除すると、アカウントからデバイスが削除されます。デバイス上のすべてのライセンス資格と証明書が削除されます。登録を解除することで、ライセンスを新しい Firepower 9300 に利用することもできます。または、Smart Software Manager からデバイスを削除することもできます。


        Smart Software Licensing の履歴

        機能名

        プラットフォーム リリース

        説明

        Firepower 9300 の Cisco Smart Software LicensingFirepower 9300

        1.1(1)

        Smart Software Licensing を使用すると、ライセンスのプールを一元的に購入および管理できます。スマート ライセンスは特定のシリアル番号に結び付けられていません。各ユニットのライセンス キーを管理する必要なく、デバイスを簡単に導入または削除できます。また、Smart Software Licensing では、ライセンスの利用状態やニーズを一目で確認できます。Smart Software Licensing の設定は、Firepower 9300 スーパバイザとセキュリティ モジュール間で分割されます。

        次の画面が導入されました。

        [システム(System)] > [ライセンス(Licensing)] > [Call Home]

        [システム(System)] > [ライセンス(Licensing)] > [Smart License]