Cisco ASA 5585-X 適応型セキュリティ アプライアンス ハードウェア インストレーション ガイド
Cisco MultiScale™ 搭載 Cisco ASA 5585-X の導入
Cisco MultiScale™ 搭載 Cisco ASA 5585-X の導入
発行日;2013/10/15 | 英語版ドキュメント(2013/08/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

Cisco MultiScale™ 搭載 Cisco ASA 5585-X の導入

製品概要

前面パネルと背面パネルの機能

仕様

メモリ構成

電源モジュールの必要条件

SFP/SFP+ モジュール

Cisco MultiScale™ 搭載 Cisco ASA 5585-X の導入

この章では、Cisco MultiScale™ を搭載した Cisco ASA 5585-X について説明します。次の項で構成されています。

「製品概要」

「前面パネルと背面パネルの機能」

「仕様」

「メモリ構成」

「電源モジュールの必要条件」

「SFP/SFP+ モジュール」


) 取り付け手順を開始する前に、ガイド全体を参照してください。



警告 この装置の設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 49



注意 このガイドの手順を実行するときは、ドキュメント『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco ASA 5585-X Adaptive Security Appliance』の安全に関する警告を読み、適切な安全手順に従ってください。

製品概要

ASA 5585-XMultiScale を特徴とする適応型セキュリティ アプライアンスは、2RU の 2 スロット シャーシです。市場でパフォーマンス密度が最も高いファイアウォールをサポートしている ASA 5585-X の設計は、スループットだけでなく接続速度の速さと最大接続数の点でも、高いスケーラビリティを提供します。接続速度および最大接続数の必要条件は、ほとんどのカスタマー データセンター ネットワークにおいてスループットよりも急速に伸びています。ASA 5585-X の機能は、データセンターのスループット、接続容量、接続速度の面におけるスケーラビリティの問題に同時に対処するのに役立ちます。

各 ASA 5585-X シャーシには統合ファンを含む AC 電源モジュールが 2 台まで内蔵されます。お客様は、代わりに 2 番めのベイにファン モジュールの取り付けが可能です。Security Services Processor (SSP) はスロット 0(下部スロット)に配置されます。スロット 1(最上位スロット)には、追加の SSP、オプションの侵入防御システム Security Services Processor(IPS SSP)、オプションの Cisco ASA 5585-X CX Security Services Processor(ASA CX SSP)、または 2 台までのネットワーク モジュールを装着できます。ポート番号はすべて、右から左へと 0 から順に付番されます。


) ASA 5585-X は、ASA 5585-X SSP-40 モデルおよび ASA 5585-X SSP-60 モデルについてデュアル ファイアウォール モードをサポートします。SSP は一致する必要があります。つまり、1 つのシャーシに SSP-40 を共存させるか SSP-60 を共存させます。



) デュアル ファイアウォール モードは ASA ソフトウェアの特定のバージョンにおいてのみサポートされます。詳細については、次の URL にある『Cisco ASA Compatibility』を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/security/asa/compatibility/asamatrx.html


ASA 5585-X シリーズには以下の 4 種類のモデルがあります。

Security Services Processor-10 搭載 ASA 5585-X

Security Services Processor-20 搭載 ASA 5585-X

Security Services Processor-40 搭載 ASA 5585-X

Security Services Processor-60 搭載 ASA 5585-X

世界水準のパフォーマンスに加えて、ASA 5585-X は暗号化トラフィックの検査、ポート密度(モデルによって最大 20 個のインターフェイス)、および機能パフォーマンス マッチング(つまり、ファイアウォール機能と IPS 機能の間のパフォーマンス パリティ)を配備します。すべての ASA 5585-X シリーズの適応型セキュリティ アプライアンスはコア SSP に同梱されます。追加の SSP、IPS SSP、 ASA CX SSP またはネットワーク モジュールはオプションです。他のモジュールを実行するには、コア SSP が必要です。

オプションの冗長なホット スワップ可能電源モジュールに加えて、ファン故障時のホット スワップ可能なファン モジュールも使用可能です。


) SSP、IPS SSP、ASA CX SSP およびネットワーク モジュールの活性挿抜(OIR)は、現在サポートされていません。SFP/SFP+、電源モジュールおよびファン モジュールの OIR がサポートされています。


ASDM

また、適応型セキュリティ アプライアンスのソフトウェアは Cisco Adaptive Security Device Manager (ASDM)をサポートしています。ASDM では、直感的で使用が容易な Web ベースの管理インターフェイスにより、ワールドクラスのセキュリティ管理と監視機能が提供されています。適応型セキュリティ アプライアンスにバンドルされた ASDM により、市場をリードする適応型セキュリティ アプライアンスのソフトウェア スイートで提供される高度な統合型セキュリティ機能とネットワーク機能を補う、インテリジェント ウィザード、堅牢な管理ツール、および多用途モニタリング サービスを備えた適応型セキュリティ アプライアンスの導入が促進されます。安全な Web ベースの設計によって、いつでも、どこからでも、適応型セキュリティ アプライアンスへのアクセスが可能です。

SSP は環境モニタリングを提供し、ファンと電源モジュールの動作ステータスを追跡します。また、CPU の温度およびシステムの周囲温度をトレースします。

IDM

IPS SSP は Intrusion Prevention System Device Manager(IDM)7.1 をサポートします。IDM は直感的で使いやすい Web ベースの管理インターフェイスにより、セキュリティ管理と監視機能を提供します。IDM は IPS SSP を設定および管理するための Java Web Start アプリケーションです。IDM は、IPS 7.1 にバンドルされます。この Web サーバには、Internet Explorer や Firefox などの Web ブラウザでアクセスできます。

IME

Intrusion Prevention System Manager Express(IME)7.1 は IPS SSP もサポートしています。IME は、システムのヘルス モニタリング、イベント モニタリング、コラボレーション モニタリング、レポートおよび最大 10 のセンサーの設定を行うことができるネットワーク管理アプリケーションです。IME はカスタマイズ可能なダッシュボードを使用してセンサーの状態を監視し、Cisco Security Intelligence Operations サイトからの RSS フィードの統合により、セキュリティの警告を提供します。グローバル コリレーション データはモニタされ、イベントおよびレポートが表示されます。これはイベントを監視し、フィルタリング、グループ化、色分けによるビューのソートを可能にします。IME は、ping、traceroute、DNS ルックアップおよび選択したイベントに関する whois ルックアップなどのツールもサポートします。また、柔軟なレポート作成ネットワークが含まれます。これは、IPS デバイスの監視と設定のシームレスな統合を可能にするための IDM コンフィギュレーション コンポーネントを埋め込みます。IME ではセンサーのセット アップ、ポリシーの設定、IPS イベントの監視、レポートの作成が可能です。IME はシングル アプリケーション モードで動作します。すべてのアプリケーションは 1 つのシステムにインストールされ、そのシステムから全体を管理できます。

PRSM

Cisco Prime Security Manager(PRSM)では 1 つの ASA CX SSP(PRSM シングル デバイス モード)または複数の ASA CX SSP(PRSM マルチ デバイス モード)を管理できます。ASA CX SSP を PRSM のインベントリへ追加することにより、デバイス間で一貫したポリシーを適用できます。すべての設定を PRSM により行って管理対象デバイスに展開し、管理対象デバイスによって生成されるすべてのイベントが PRSM に表示されます。

ASA 5585-X SSP-10

ASA 5585-X SSP-10 は、ファイアウォール、VPN サポート、および 10 本のインターフェイス(SFP/SFP+ 2 本、銅ギガビット イーサネット 8 本)を提供します。SSP-10 には 1 台の電源モジュールと 1 個のファン モジュールがあります。冗長電源装置の構成では、ファン モジュールを別の電源モジュールと交換できます。SSP-10 には 1 個の CPU、3 個の DIMM モジュール、1 個の内蔵暗号化アクセラレータ、および SFP/SFP+ インターフェイス用の 1 個のデュアル ポート 10 GB アップリンクが用意されています。

侵入防止システムの保護機能と、さらに 10 本のインターフェイスを追加する IPS SSP-10、またはコンテキスト連動ファイアウォール保護機能とさらに 10 本のインターフェイスを追加する ASA CX SSP-10 を一緒に注文することもできます。

ASA 5585-X SSP-20

ASA 5585-X SSP-20 は、ファイアウォール、VPN サポート、および 10 本のインターフェイス(SFP/SFP+ 2 本、銅ギガビット イーサネット 8 本)を提供します。SSP-20 には 1 台の電源モジュールと 1 個のファン モジュールがあります。冗長電源装置の構成では、ファン モジュールを別の電源モジュールと交換できます。SSP-20 には 1 個の CPU、6 個の DIMM モジュール、2 個の内蔵暗号化アクセラレータ、および SFP/SFP+ インターフェイス用の 1 個のデュアル ポート 10 GB アップリンクが用意されています。

侵入防止システムの保護機能と、さらに 10 本のインターフェイスを追加する IPS SSP-20、またはコンテキスト連動ファイアウォール保護機能とさらに 10 本のインターフェイスを追加する ASA CX SSP-20 を一緒に注文することもできます。

ASA 5585-X SSP-40

ASA 5585-XSSP-40 は、ファイアウォール、VPN サポート、および 10 本のインターフェイス(SFP/SFP+ 4 本、銅ギガビット イーサネット 6 本)を提供します。SSP-40 には 1 台の電源モジュールと 1 個のファン モジュールがあります。冗長電源装置の構成では、ファン モジュールを別の電源モジュールと交換できます。SSP-40 には 2 個の CPU、6 個の DIMM モジュール、3 個の内蔵暗号化アクセラレータ、および SFP/SFP+ インターフェイス用の 2 個のデュアル ポート 10 GB アップリンクが用意されています。

もう 1 つの SSP-40、または侵入防止システムの保護機能とさらに 10 本のインターフェイスを追加する IPS SSP-40 を一緒に注文することもできます。

ASA 5585-X SSP-60

ASA 5585-XSSP-60 は、ファイアウォール、VPN サポート、および 10 本のインターフェイス(SFP/SFP+ 4 本、銅ギガビット イーサネット 6 本)を提供します。SSP-60 には 2 個の電源モジュールが同梱されます。ただし、 SSP-60 は 1 台の電源モジュールのみでしか機能しません。IPS SSP-60 と連動する SSP-60 も 1 台の電源モジュールでしか動作しませんが、電源モジュールは負荷分散モードで動作するため、信頼性を増大するために 2 台の電源モジュールを取り付けることを推奨します。この構成で失敗しても、故障した電源モジュールが交換されるまで、もう一方の電源モジュールがすべての負荷を処理できます。SSP-60 には 2 個の CPU、12 個の DIMM モジュール、4 個の内蔵暗号化アクセラレータ、および SFP/SFP+ インターフェイス用の 2 個のデュアル ポート 10 GB アップリンクが用意されています。

もう 1 つの SSP-60、または侵入防止システムの保護機能とさらに 10 本のインターフェイスを追加する IPS SSP-60 を一緒に注文することもできます。


注意 電源モジュールまたはファン モジュールを取り外す際は、サービスの中断を防ぐためにただちに交換してください。

前面パネルと背面パネルの機能

ここでは、ASA 5585-X の前面パネルと背面パネルの機能とインジケータについて説明します。

図 1-1は、IPS SSP-10 が最上位スロットにあるASA 5585-X SSP-10 の前面を示します。この図は IPS SSP-10 搭載の ASA 5585-X SSP-10 を表していますが、最上位スロットに ASA CX SSP-10 を搭載した ASA 5585-X SSP-10、および IPS SSP-20 または ASA CX SSP-20 を最上位スロットに搭載した ASA 5585-X SSP-20 にも適合します。

図 1-1 IPS SSP-10 搭載 ASA 5585-X SSP-10 の前面パネル外観

 

 

1

IPS SSPASA CX SSP、またはネットワーク モジュール(スロット 1)

2

コアSSP(スロット 0)

3

SSP/IPS SSP/ASA CX SSP 取り外し可能ネジ

4

ハード ディスク ドライブのベイは下部スロットに予約されている
ASA CX SSP ハード ディスク ドライブは最上位スロットにある1

5

TenGigabitEthernet 0/9(スロット 0 に SSP)
TenGigabitEthernet 1/9 (IPS SSP またはスロット 1 に ASA CX SSP)
(10 GB ファイバ、SFP、または SFP+)

6

TenGigabitEthernet 0/8(スロット 0 に SSP)
TenGigabitEthernet 1/8(IPS SSPまたはスロット 1 にASA CX SSP )
(10 GB ファイバ、SFP、または SFP+)

7

GigabitEthernet 0/0~0/7(スロット 0 に SSP)
GigabitEthernet 1/0 から 1/7(IPS SSPまたはスロット 1 に ASA CX SSP)
(右から左に、1 GB 銅、RJ45)

8

管理 0/1(スロット 0 に SSP)
管理 1/1(IPS SSPまたはスロット 1 にASA CX SSP)
(GigabitEthernet RJ45)

9

管理 0/0(スロット 0 に SSP)
管理 1/0(IPS SSPまたはスロット 1 にASA CX SSP)
(GigabitEthernet RJ45)

10

USB ポート

11

USB ポート

12

前面パネルのインジケータ

13

AUX ポート(RJ45)2

14

コンソール ポート(RJ45)

15

イジェクト3

1.ハード ディスク ドライブは現在、上端のスロットに搭載される ASA CX SSP にのみサポートされる

2.RJ-45 補助ポート(シャーシに AUX とラベル付け)はシスコ内部で使用するために予約されています。ポートはシャーシの出荷バージョンでは機能しません。したがって、お客様はこのポートに接続して適応型セキュリティ アプライアンス CLI を実行することはできません。

3.OIR の将来の使用に備えて予約済み

図 1-2 は IPS SSP-40 搭載の ASA 5585-X SSP-40 の正面図を示しています。この図は、最上位スロットに IPS SSP-40 を搭載した ASA 5585-X SSP-40 を示していますが、最上位スロットに SSP-40 を搭載した ASA 5585-X SSP-40 もしくは最上位スロットに SSP-60 または IPS SSP-60 を搭載した ASA 5585-X SSP-60 にも適合します。

図 1-2 IPS SSP-40 搭載 ASA 5585-X SSP-40 の前面パネル外観

 

 

1

IPS SSP、追加 SSP またはネットワーク モジュール(スロット 1)

2

コアSSP(スロット 0)

3

/SSP/IPS SSP 取り外し可能ネジ

4

ハード ディスク ドライブ用に予約されたベイ4

5

TenGigabitEthernet 0/9(スロット 0 に SSP)
TenGigabitEthernet 1/9(スロット 1 に IPS SSP)
(10 GB ファイバ、SFP、または SFP+)

6

TenGigabitEthernet 0/8(スロット 0 に SSP)
TenGigabitEthernet 1/8(スロット 1 に IPS SSP)
(10 GB ファイバ、SFP、または SFP+)

7

TenGigabitEthernet 0/7(スロット 0 に SSP)
TenGigabitEthernet 1/7(スロット 1 に IPS SSP)
(10 GB ファイバ、SFP、または SFP+)

8

TenGigabitEthernet 0/6(スロット 0 に SSP)
TenGigabitEthernet 1/6(スロット 1 に IPS SSP)
(10 GB ファイバ、SFP、または SFP+)

9

GigabitEthernet 0/0~0/5(スロット 0 に SSP)
GigabitEthernet 1/0 から 1/5(スロット 1 に IPS SSP)
(右から左に、1 GB 銅、RJ45)5

10

管理 0/1(スロット 0 に SSP)
管理 1/1(スロット 1 に IPS SSP)
(GigabitEthernet RJ45)

11

管理 0/0(スロット 0 に SSP)
管理 1/0(スロット 1 に IPS SSP)
(GigabitEthernet RJ45)

12

USB ポート

13

USB ポート

14

前面パネルのインジケータ

15

AUX ポート(RJ45)6

16

コンソール ポート(RJ45)

17

イジェクト7

4.ハード ディスク ドライブは現在サポートされていません。ハード ディスク ドライブ ベイは空です。

5.IPS ポートは GigabitEthernet1/0 から 1/5 です。

6.RJ-45 補助ポート(シャーシに AUX とラベル付け)はシスコ内部で使用するために予約されています。ポートはシャーシの出荷バージョンでは機能しません。したがって、お客様はこのポートに接続して適応型セキュリティ アプライアンス CLI を実行することはできません。

7.OIR の将来の使用に備えて予約済み

図 1-3 に、前面パネルのインジケータを示します。

図 1-3 ASA 5585-X 前面パネルのインジケータ

 

 

1

PWR

2

BOOT

3

ALARM

4

ACT

5

VPN

6

PS1

7

PS0

8

HDD1

9

HDD2

表 1-1 に、ASA 5585-X の前面パネルにあるインジケータを示します。

 

表 1-1 ASA 5585-X 前面パネルのインジケータ

インジケータ
説明

PWR

システムがオフであるかオンであるかを示します。

消灯:電源が入っていません。

緑:システムに電源が入っています。

BOOT

電源投入診断の進捗状況を示します。

緑の点滅:電源投入診断を実行中か、システムがブート中です。

緑:システムは電源投入診断に合格しました。

オレンジ:電源投入診断に失敗しました。

ALARM

コンポーネントに障害が発生したかどうかを示します。

消灯:アラームなし。

黄色の点滅:重大なアラーム。

ハードウェア コンポーネントまたはソフトウェア モジュールの重大な障害、限度を超える温度、許容範囲外の電力、または OIR によるモジュール削除準備が整った状態。8

ACT

HA ペアの状態を示します。

緑:アクティブ モードであり、フェールオーバー ペアの一部であるユニットの状態。

オレンジ:スタンバイ モードであり、フェールオーバー ペアの一部であるユニットの状態。

VPN

VPN トンネルが確立されているかどうかを示します。

緑:VPN トンネルが確立されています。

PS1

背面パネルから向かって右側に設置された電源モジュールの状態を示します。

消灯:電源モジュールが存在しない、または AC 入力なし。

緑:電源モジュールが存在し、オンになっており、良好な状態である。

オレンジ:電源またはファン モジュールがオフになっているか障害がある。

PS0

背面パネルから向かって左側に設置された電源モジュールの状態を示します。

消灯:電源モジュールが存在しない、または AC 入力なし。

緑:電源モジュールが存在し、オンになっており、良好な状態である。

オレンジ:電源またはファン モジュールがオフになっているか障害がある。

HDD1

ハード ディスク ドライブのアクティビティを示します。9

消灯:ハード ディスク ドライブが存在しない。

緑の点滅:ハード ディスク ドライブの動作中

オレンジ:ハード ディスク ドライブの障害

HDD2

ハード ディスク ドライブのアクティビティを示します。 2

消灯:ハード ディスク ドライブが存在しない。

緑の点滅:ハード ディスク ドライブの動作中

オレンジ:ハード ディスク ドライブの障害

8.OIR は現在利用できません。

9.ハード ディスク ドライブは ASA CX SSP のみでサポートされます。

図 1-4 に、背面パネルの機能を示します。

図 1-4 ASA 5585-X 背面パネルの機能

 

 

1

電源モジュール(PS1 インジケータに対応)

2

電源モジュールまたはファン モジュールの取り外しのネジ

3

電源モジュールのプラグ

4

電源モジュールの電源オン/オフ スイッチ

5

電源モジュールのインジケータ

6

電源モジュールまたはファン モジュールのハンドル

7

ファン モジュール

8

ファン モジュールのインジケータ

図 1-5 に、電源モジュールのインジケータを示します。

図 1-5 ASA 5585-X 電源モジュールのインジケータ

 

 

1

IN OK

2

FAN OK

3

OUT FAIL

表 1-2 に、電源モジュールおよびファン モジュールのインジケータを示します。

 

表 1-2 電源モジュールおよびファン モジュールのインジケータ

インジケータ
説明

IN OK

電源モジュールの状態を示します。

消灯:AC 電源コードが接続されていないか AC 電源スイッチがオフになっている。

緑:AC 電源コードが接続され、AC 電源スイッチがオンになっている。

FAN OK

ファン モジュールの状態を示します。

消灯:ファン モジュールに障害があるか AC 電源スイッチがオフになっている。

緑:AC 電源コードが接続され、AC 電源スイッチがオンであり、内部ファンが動作中である。

OUT FAIL

赤:出力電圧の障害10

10.電源モジュールには、3.3V、12V および 50V の 3 種類の出力電圧があります。

表 1-3 で、イーサネット ポート インジケータについて説明します。

 

表 1-3 イーサネット ポート インジケータ

インジケータ
説明

ギガビット イーサネット(RJ45)

左側:

緑:物理的なアクティビティ

緑の点滅:ネットワークのアクティビティ

右側:

消灯:10 Mbps

緑:100 Mbps

オレンジ:1000 Mbps

10 ギガビット イーサネット ファイバ(SFP+)/1 ギガビット イーサネット ファイバ(SFP)

左側:

消灯:10 ギガビット イーサネット物理リンクなし

緑:10 ギガビット イーサネット物理リンク

緑の点滅11:ネットワーク アクティビティ

右側:

消灯:1 ギガビット イーサネット物理リンクなし

緑:1 ギガビット イーサネット物理リンク

緑の点滅 1 :ネットワーク アクティビティ

管理ポート

左側:

緑:物理的なアクティビティ

緑の点滅:ネットワークのアクティビティ

右側:

消灯:10 Mbps

緑:100 Mbps

オレンジ:1000 Mbps

11.点滅は受信したパケット数またはバイトの比率に比例します。

仕様

表 1-4 に、ASA 5585-X の仕様を示します。

 

表 1-4 ASA-5585-X の仕様

寸法と重量

高さ

3.47 インチ(8.8 cm)

19 インチ(48.3 cm)

奥行

26.5 インチ(67.3 cm)

重量

1 台の SSP および 1 個の電源モジュールを伴う場合 50 ポンド(22.7 kg)
SSP、IPS SSP、2 個の電源モジュールを伴う場合 62 ポンド(28.20 kg)

フォーム ファクタ

2 RU、標準 19 インチ ラック搭載可能

電源
AC 入力

定格入力電圧
(電源モジュールごとに)

100 ~ 240 VAC

定格入力周波数

50 ~ 66 Hz

定格入力電力
(電源モジュールごとに)

1161 W @ 100 VAC
1598 W @ 200 VAC

定格入力電流
(電源モジュールごとに)

12A (100 VAC)
8A (200 VAC)

標準発熱量

1280 BTU/時(1 SSP)
2200 BTU/時(2 SSP)

電源装置出力の定常状態(通常)

最大ピーク

320 W(1 SSP)
670 W(1 SSP および 1 IPS SSP)

370 W(1 SSP)
770 W(1 SSP および 1 IPS SSP)

DC 入力

定格入力電圧
(電源モジュールごとに)

-48 VDC ~ -60 VDC

定格入力電力
(電源モジュールごとに)

1353 W @ -48 VDC
1403 W @ -60 VDC

定格入力電流
(電源装置ごとに)

33 A

最大熱放散

5450 BTU/時

電源装置出力の定常状態(通常)

最大ピーク

320 W(1 SSP)
670 W(1 SSP および 1 IPS SSP)

370 W(1 SSP)
770 W(1 SSP および 1 IPS SSP)

環境

温度

32 ~ 104 °F(0 ~ 40 °C)
非動作時 -40 ~ 158 °C(-40 ~ 70 °F)

エアーフロー

前面から背面

相対湿度(結露しないこと)

動作時 10 ~ 90%
非動作時 5 ~ 95%

高度

動作時 0 ~10,000 フィート(3,050 m)
非動作時 0 ~ 30,000 フィート(9,144 m)

ノイズ

最大 65 dB

メモリ構成

ASA 5585-X には CPU ごとに 6 個の DIMM モジュールがあります。DIMM の入力は、プラットフォームによって異なります。 表 1-5 に、メモリ構成を示します。

 

表 1-5 ASA 5585-X メモリ構成

モデル
SSP メモリ
IPS SSP メモリ

SSP-10 搭載 ASA 5585-X

6 GB DRAM

6 GB DRAM

SSP-20 搭載 ASA 5585-X

12 GB DRAM

12 GB DRAM

SSP-40 搭載 ASA 5585-X

12 GB DRAM

24 GB DRAM

SSP-60 搭載 ASA 5585-X

24 GB DRAM

48 GB DRAM


) IPS SSP または ASA CX SSP は SSP モデルと同一レベルである必要があります。たとえば、ASA 5585-X SSP-10 がある場合、IPS SSP-10 しか取り付けられません。


電源モジュールの必要条件

表 1-6 に、AC および DC 電源モジュールに関する電源モジュールの要件を示します。

 

表 1-6 電源モジュールの必要条件

AC 電源モジュール
50 V
12 V
3.3 V_STBY
出力電圧

最大

52.0 V

12.2 V

3.45 V

公称

50.0 V

12.0 V

3.35 V

最小ハードウェア

48.0 V

11.8 V

3.25 V

出力電流 @ 200 VAC

最大

17.3 A

27.0 A

1.5 A

最小ハードウェア

0

0

0

出力電流 @ 100 VAC

最大

17.3 A

27.0 A

1.5 A

最小ハードウェア

0

0

0

DC 電源モジュール

50 V

12 V
3.3 V_STBY
出力電圧

最大

52.0 V

12.45 V

3.45 V

公称

50.0 V

12.0 V

3.35 V

最小ハードウェア

48.0 V

12.05 V

3.25 V

出力電流 @ -48 VDC

最大

17.3 A

23.0 A

1.5 A

最小ハードウェア

0

0

0

出力電流 @ -60 VDC

最大

17.3 A

23.0 A

1.5 A

最小ハードウェア

0

0

0

SFP/SFP+ モジュール

SFP/SFP+ モジュールは、SFP/SFP+ ポートに差し込まれ、ギガビット イーサネット接続を提供するホット スワップ可能な入出力デバイスです。SFP および SFP+ モジュールはオプションであり、ASA 5585-X には含まれません。それらを別に購入できます。1 GB の場合、SFP が必要です。10Gb の場合、SFP+ が必要です。2 つのポートは同じですが、SSP-10 および IPS-20 のライセンスを購入した場合にのみ 10 GB を使用できます。それ以外の場合、ポートは 1 GB に制限されます。SSP-40 および IPS-60 では、ポートは常に 10 GB イネーブルになっています。インターフェイスは 10 GB イネーブルかどうかに関係なく、 SSP の場合は TenGigabitEthernet 0/ x 、ASA 5585-X IPS SSP の場合は TenGigabitEthernet 1/ x と呼ばれます。

表 1-7 に、ASA 5585-X がサポートする SFP/SFP+ モジュールを示します。

 

表 1-7 SFP/SFP+ モジュール

1G SFP モジュール

GLC-SX-MM

1000BASE-SX SFP モジュール

GLC-SX-MMD

1000BASE-SX 短波長、DOM あり

GLC-LH-SM

1000BASE-LX/LH SFP モジュール

GLC-LH-SMD

1000BASE-LX/LH 長波長、DOM あり

GLC-EX-SMD

1000BASE-EX SFP モジュール、SMF、1310nm、DOM

GLC-T

1000BASE-T 標準

10G SFP+ モジュール

SFP-10G-ER

10G ER SFP+ モジュール

SFP-10G-SR

10G SR SFP+ モジュール

SFP-10G-LRM

10G LRM SFP+ モジュール

SFP-10G-LR

10G LR SFP+ モジュール

SFP-H10GB-ACU7M

10GBASE-CU SFP+ ケーブル 7 m、アクティブ

SFP-H10GB-ACU10M

10GBASE-CU SFP+ ケーブル 10 m、アクティブ

SFP-H10GB-CU1M

10GBASE-CU SFP+ ケーブル 1 m、パッシブ

SFP-H10GB-CU3M

10GBASE-CU SFP+ ケーブル 3 m、パッシブ

SFP-H10GB-CU5M

10GBASE-CU SFP+ ケーブル 5 m、パッシブ