Cisco ASA 5585-X 適応型セキュリティ アプライアンス ハードウェア インストレーション ガイド
Cisco ASA 5585-X のインストール
Cisco ASA 5585-X のインストール
発行日;2013/10/15 | 英語版ドキュメント(2013/08/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

Cisco ASA 5585-X のインストール

Cisco ASA 5585-X のインストール

ASA 5585-X は管理 0/0 および管理 0/1 と呼ばれる 2 つの専用のギガビット イーサネット インターフェイスを備えています。管理インターフェイスは、(through-the-box のトラフィックとは対照的な)to-the-box 宛のトラフィックのみを受け入れることから、コンソール ポートと類似しています。

IPS SSP または ASA CX SSP をインストールした場合、ケーブルを IPS SSP または ASA CX SSP 管理 1/0 ポートに接続すれば、 IPS SSP または ASA CX SSP のリモート管理とモニタリングが可能になります。これは必須ではありませんが、管理 1/0 ポートに接続しない場合は、ASA 5585-X から IPS SSP または ASA CX SSP へとセッションを開き、アクセスを取得する必要があります。IPS SSP または ASA CX SSP に直接接続しなければ、ネットワーク経由で管理または監視を行うことはできません。

コンフィギュレーションによっては、 management-only コマンドを使用して任意のインターフェイスが管理専用インターフェイスとなるように設定できます。管理インターフェイス上の管理専用のコンフィギュレーション モードをディセーブルにすることもできます。このコマンドの詳細については、『 Cisco ASA 5580 Adaptive Security Appliance Command Reference 』の management-only コマンドの説明を参照してください。

ケーブルをASA 5585-Xネットワーク インターフェイスに接続するには、次の手順に従ってください。


ステップ 1 安定した平らな面か、またはラック内(ラックマウントする場合)に ASA 5585-X を置きます。

ステップ 2 管理インターフェイス、管理 0/0 に接続します。

a. 両端に RJ-45 コネクタがついているイーサネット ケーブルを用意します。

b. 管理 0/0 インターフェイスに 1 個の RJ-45 コネクタを接続します。

 

c. イーサネット ケーブルの逆側の端子をコンピュータまたは管理ネットワークのイーサネット ポートに接続します。


注意 管理ポートとコンソール ポートは、特権付きの管理用ポートです。これらのポートを非信頼ネットワークに接続すると、セキュリティ上の問題が発生する可能性があります。

ステップ 3 (任意)ASA CLI を使用する場合は、SSP コンソール ポートに接続します。IPS または ASA CX SSP CLI を使用する場合は、 IPS SSP または ASA CX SSPコンソール ポートに接続します。

コンソール ポートを使用して、コンピュータに接続し、コンフィギュレーション コマンドを入力します。

a. コンピュータまたはターミナルを任意のポートに接続する前に、シリアル ポートのボー レートを確認します。コンピュータまたはターミナルのボー レートは、適応型セキュリティ アプライアンスのコンソール ポートのデフォルト ボー レート(9600 ボー)と一致している必要があります。

ターミナルを次のように設定します。9600 ボー(デフォルト)、8 データ ビット、パリティなし、1 ストップ ビット、フロー制御(FC)=ハードウェア。


) コンソール ポートの設定は、 SSP、IPS、SSP、ASA CX SSP で同じです。


b. RJ-45 をコンソール ポートに接続し、もう一方の端をコンピュータに接続します。

ステップ 4 (任意)ファイバ ポートを使用する場合、SFP/SFP+ ポートに接続します。

ASA 5585-X SSP-10 および SSP-20 には 2 つの SFP/SFP+ ポートがあります。ASA 5585-X SSP-40 および SSP-60 には 4 つの SFP/SFP+ ポートがあります。

ファイバ ポートを使用する場合は、10 ギガビット イーサネット用の SFP+ モジュール(ライセンスが必要になる場合あり)または 1 ギガビット イーサネット用の SFP モジュール(SFP または SFP+ モジュールは含まない)が必要です。

 

a. SFP/SFP+ モジュールをインストールします。

b. SFP/SFP+ に LC ケーブルの一方の端を接続します。

 

c. LC ケーブルのもう一方の端をネットワーク デバイス(ルータ、スイッチなど)に接続します。

ステップ 5 電気ケーブルを取り付けます。

a. ASA 5585-X の背面にある電源モジュールに電源コードを接続します。

 

b. 冗長電源モジュールがある場合は、ASA 5585-X の背面に両方の電源ケーブルを接続する必要があります。

 

1

電源モジュール(PS0)

2

電源モジュール(PS1)

c. 電源ケーブルを電源(UPS 推奨)に差し込みます。

ステップ 6 ASA 5585-Xの電源を入れます。


注意 アプライアンスの周囲が過熱した状態になると、シャット ダウンされるため、再度手動で電源を再投入してオンにする必要があります。

ステップ 7 ASA 5585-X の前面パネルの PWR インジケータをチェックして、インターフェイス接続を確認します。これは緑色になっているはずです。電源装置の動作を確認するには、前面パネルの PS0 と PS1 のインジケータを確認します。これらは緑色になっているはずです。ASA 5585-X の背面パネルで、IN OK および FAN OK のインジケータが緑色であり、OUT FAIL インジケータがオフになっていることを確認します。