Cisco Trust Agent アドミニストレータ ガイド
システム変更のリファレンス
システム変更のリファレンス
発行日;2012/02/06 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

システム変更のリファレンス

システム変更のリファレンス

この付録では、Cisco Trust Agent のインストール時にネットワーク クライアントに対して行われる変更について説明します。 表 C-1 は、作成されるディレクトリとインストールされるファイルを示しています。

 

表 C-1 Cisco Trust Agent のディレクトリとファイル

ディレクトリ
説明

all_users_profile \Application Data\
Cisco Systems\CiscoTrustAgent\

ロギング設定ファイルである ctalogd.ini が格納されるディレクトリです。 この設定ファイルが作成されるのは、最初のインストール パッケージで指定された場合、またはインストール後に管理者によって追加された場合だけです。

デフォルトでは、ctalogd.tmp という名前のファイルがこのディレクトリにインストールされます。 これはサンプルのロギング設定ファイルであり、ファイル名を ctalogd.ini に変更すると使用できるようになります。 使用する前に、このファイルを編集して必要な変更を加えてください。

このディレクトリのデフォルトの場所は、
c:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Cisco Systems\CiscoTrustAgent\ です。

all_users_profile \Application Data\
Cisco Systems\CiscoTrustAgent\Logs\

Cisco Trust Agent がログ ファイルを作成するディレクトリです。 Cisco Trust Agent が実際にログ ファイルを作成するのは、ロギングがイネーブルになっている状態で最初のロギング イベントが受信されたときです。

install_path \Cisco Systems\
CiscoTrustAgent\

Cisco Trust Agent アプリケーションがインストールされるディレクトリです。 デフォルトのインストール ディレクトリは、 c:\Program Files\Cisco Systems\CiscoTrustAgent\ です。

このディレクトリには次のファイルがインストールされます。

ctad.exe :Cisco Trust Agent サービス。

acsPEAP.dll :PEAP モジュール。

EapSQ.dll :EAP Status Query モジュール。

eapTLV.dll :EAP-TLV モジュール。

ctaCert.exe :証明書登録ユーティリティ。

ctamsg.exe :Cisco Trust Agent ユーザ通知モジュール。

ctalogd.exe :Cisco Trust Agent ロギング サービス。

license.txt :Cisco Trust Agent エンドユーザ使用許諾契約。

ctad.ini :Cisco Trust Agent 設定ファイル。 この設定ファイルは、通信設定、ユーザ通知設定、および証明書 DN 照合規則を制御します。

この設定ファイルが作成されるのは、最初のインストール パッケージで指定された場合、またはインストール後に管理者によって追加された場合だけです。

common_files \Cisco Systems\CiscoTrustAgent\Plugins\

登録されたプラグインがインストールされるディレクトリです。 このディレクトリには次の 2 つのサブディレクトリがあります。

Install :NAC 対応のアプリケーションがこのディレクトリにプラグインをインストールします。 Cisco Trust Agent は、ポスチャ要求を受信したときに、このディレクトリのプラグインを登録し、それらのプラグインを Plugins ディレクトリに移動します。

Quarantined :例外エラーが発生したプラグインはこのディレクトリに移動されます。 このディレクトリに隔離されたプラグインはポスチャ確認に関与しません。

Cisco Trust Agent は、インストール中に、Windows レジストリに次のエントリを作成します。

Cisco Trust Agent Service :\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\
CurrentControlSet\Services\ctad

Cisco Trust Agent Logging Service :\HKEY_LOCAL_MACHINE\
SYSTEM\CurrentControlSet\Services\ctalogd

Cisco Trust Agent MSI Product Code :このレジストリ キーは、グローバルに一意な製品 ID コードを Cisco Trust Agent に提供します。

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\CiscoSystems\
Cisco Trust Agent\ProductCode\

Cisco Trust Agent Install Pat hs:このレジストリ エントリは、Cisco Trust Agent のインストール ディレクトリのパス、および設定ファイルとポスチャ プラグインが格納されるディレクトリのパスを持つキーを提供します。

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\CiscoSystems\Cisco Trust Agent\

MSI Uninstall Information :\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\
Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\ Product_Code

Product_Code は、Cisco Trust Agent MSI Product Code キーに含まれるコードを示しています。

MSI Install Information :MSI Uninstall Information レジストリと同様に、MSI Install Information の場合も、Cisco Trust Agent MSI Product Code を使用してレジストリ キーを格納します。 ただし、このエントリはキーをスクランブルします。 Cisco Trust Agent に使用される MSI インストーラのレジストリ エントリを見つける最も簡単な方法は、次のレジストリ領域で「Cisco Trust Agent」というフレーズを検索することです。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
Installer\UserData\S-1-5-18\Products\

この検索により、上記のレジストリ領域にあるコードのうち、どのコードに Cisco Trust Agent の MSI インストール情報が含まれているかを確認できます。