Cisco 170 シリーズ ハードウェア インストレーション ガイド Cisco C170 電子メール セキュリティ アプライアンス、Cisco M170 コンテンツ セキュリティ管理アプライアンスおよび Cisco S170 Web セキュリティ アプライアンス用
Cisco 170 シリーズ アプライアンス
Cisco 170 シリーズ アプライアンス
発行日;2013/04/24 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco 170 シリーズ アプライアンス

の概要

Cisco 170 シリーズ アプライアンス

本書に含まれる手順を開始する前に、マニュアル全体を読むことを推奨します。


警告 この装置の設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 49



注意 このマニュアルのタスクを行う場合は、『Safety and Compliance Guide for the Cisco Content Security Appliances』の安全に関する警告を読み、適切な安全手順に従ってください。次を参照してください。http://www.cisco.com/en/US/docs/security/esa/hw/SafetyAndComplianceGuide.pdf

この章では、前面および背面パネル、LED、背面パネル ポート、および製品のハードウェア要件と技術仕様など、Cisco 170 シリーズ アプライアンスについて説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

「Cisco 170 シリーズ の概要」

「Cisco 170 シリーズ アプライアンス パネル」

「アラーム LED」

「管理インターフェイス」

「ハード ディスク ドライブ」

「ハードウェアおよび技術仕様」

Cisco 170 シリーズ の概要

Cisco 170 シリーズは、小規模企業、支店、組織に対して、次の機能を提供できる次世代のコンテンツ セキュリティ アプライアンス ファミリです。

簡素化および自動化された電子メール セキュリティ

Web トラフィックおよび Application Visibility and Control

柔軟で包括的なセキュリティ制御および管理

Cisco C170 電子メール セキュリティ アプライアンス

Cisco C170 電子メール セキュリティ アプライアンス(Cisco C170)は、スパム、ウイルス、およびその他の異常を自動的に停止します。これによって、スパムおよびウイルス防御、ポリシー適用、電子メール認証、および一元化された組み込みの GUI 管理ツールなどの機能が使用できるようになり、多層の脅威に対する防御と対応が可能になります。Cisco C170 の詳細については、次を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/products/ps10154/tsd_products_support_series_home.html

図 1-1 に、Cisco C170 の前面パネル ビューを示します。

図 1-1 Cisco C170 電子メール セキュリティ アプライアンス

 

Cisco M170 コンテンツ セキュリティ管理アプライアンス

Cisco M170 コンテンツ セキュリティ管理アプライアンス(Cisco M170)は、Cisco 170 シリーズ アプライアンスのすべてのポリシー、トラフィック データに関する統合されたレポート、および電子メール監査情報を管理するための中央プラットフォームです。Cisco M170 の詳細については、次を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/partner/products/ps10155/tsd_products_support_series_home.html

図 1-2 に、Cisco M170 の前面パネル ビューを示します。

図 1-2 Cisco M170 コンテンツ セキュリティ管理アプライアンス

 

Cisco S170 Web セキュリティ アプライアンス

Cisco S170 Web セキュリティ アプライアンス(Cisco S170)とは、マルウェアからの高度な保護、Application Visibility and Control(AVC)、アクセプタブル ユース ポリシー制御、洞察力に富むレポート、単一プラットフォームでのセキュア モビリティを組み合わせた、セキュア ゲートウェイです。これは、セキュリティ ポリシーの設定、詳細なレベルでのアプリケーションの制御、および組織のおよびリモート ユーザやモバイル ユーザの Web トラフィックの傾向の可視化を行う管理者に向けの単一プラットフォームです。Cisco S170 の詳細については、次を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/partner/products/ps10164/tsd_products_support_series_home.html

図 1-3 に、Cisco S170 の前面パネル ビューを示します。

図 1-3 Cisco S170 Web セキュリティ アプライアンス

 

Cisco 170 シリーズ アプライアンス パネル

この項では、前面および背面の Cisco 170 シリーズ アプライアンス パネルについて説明します。説明する項目は次のとおりです。

「前面パネル LED」

「背面パネル LED」

「背面パネル ポート」

前面パネル LED

ここでは、Cisco 170 シリーズ アプライアンスの前面パネルの LED について説明します。

図 4 に、Cisco C170、Cisco M170 および Cisco S170 モデル(グラフィックは Cisco S170 ベゼルを示します)で使用可能な前面パネルの LED を示します。

図 4 Cisco C170、Cisco M170 および Cisco S170 の前面パネルの LED

 

 

LED
説明
1

電源ボタン

システムをオン/オフにするハード スイッチ。一度押すと、ボタンは「オン」の位置に留まります。

オン:ボタンの電源の記号が点灯します。

オフ:ボタンの電源の記号は暗いままです。

2

アラーム

システムの動作状態を示します。

消灯:正常なオペレーティング システム機能。

オレンジの点灯:次の 1 つ以上を示すクリティカル アラーム。

ハードウェアまたはソフトウェア コンポーネントの重大な障害。

過熱状態。

電源の電圧が許容範囲外。

「アラーム LED」を参照してください。

3

HD1

ハード ディスク ドライブ 1 のステータスを示します。

グリーンに点滅:読み取り/書き込みアクティビティに割り当てられている。

オレンジの点灯:ハード ディスク ドライブの障害。

オレンジに点滅:ハード ディスク ドライブの再構築中。

消灯:ハード ディスク ドライブが存在しない。

4

HD0

ハード ディスク ドライブ 0 のステータスを示します。

グリーンに点滅:読み取り/書き込みアクティビティに割り当てられている。

オレンジの点灯:ハード ディスク ドライブの障害。

オレンジに点滅:ハード ディスク ドライブの再構築中。

消灯:ハード ディスク ドライブが存在しない。

背面パネル LED

ここでは、Cisco 170 シリーズ アプライアンスの背面パネルの LED について説明します。

図 1-5 に、Cisco C170、Cisco M170、および Cisco S170 モデル(グラフィックは Cisco S170 背面パネルを示します)で使用可能な背面パネルの LED を示します。

図 1-5 Cisco C170、Cisco M170 および Cisco S170 の背面パネルの LED

 

 

LED
説明
1

電源

電源ステータスを示します。

消灯:電源がオフです。

グリーンの点灯:電力がオンです。

2

アラーム

システムの動作状態を示します。

消灯:正常なオペレーティング システム機能。

オレンジの点灯:次の 1 つ以上を示すクリティカル アラーム。

ハードウェアまたはソフトウェア コンポーネントの重大な障害。

過熱状態。

電源の電圧が許容範囲外。

「アラーム LED」を参照してください。

3

HD0

ハード ディスク ドライブ 0 のステータスを示します。

グリーンに点滅:読み取り/書き込みアクティビティに割り当てられている。

オレンジの点灯:ハード ディスク ドライブの障害。

オレンジに点滅:ハード ディスク ドライブの再構築中。

消灯:ハード ディスク ドライブが存在しない。

4

HD1

ハード ディスク ドライブ 1 のステータスを示します。

グリーンに点滅:読み取り/書き込みアクティビティに割り当てられている。

オレンジの点灯:ハード ディスク ドライブの障害。

オレンジに点滅:ハード ディスク ドライブの再構築中。

消灯:ハード ディスク ドライブが存在しない。

背面パネル ポート

ここでは、Cisco 170 シリーズ アプライアンスの背面パネル ポートについて説明します。

図 1-6 および図 1-7 に、Cisco S170 モデルで使用可能な背面パネルとポートを示します。

図 1-6 Cisco S170 の背面パネルおよびポート

 

図 1-7 Cisco S170 の背面パネル ポート

 

 

LED
説明
1

管理インターフェイス

管理使用に限定される、ギガビット イーサネット インターフェイスを示します。RJ-45 ケーブルで接続します。

「管理インターフェイス」を参照してください。

2

電源モジュール

アプライアンスの電源装置を示します。

3

RJ-45 ポート

ギガビット イーサネットのカスタマー データ インターフェイスを示します。
ポート番号は(左から右へ順に)P1、P2、T1 と T2 です。

4

USB ポート1

2 台の標準 USB ポートを示します。

5

コンソール ポート

Cisco 170 シリーズに直接コンピュータを接続するコンソール ポートを示します。

1.USB ポートは、将来のソフトウェア リリースで使用できます。

図 1-8 および図 1-9 に、Cisco C170 および Cisco M170 モデルで使用可能な背面パネルとポートを示します。

図 1-8 Cisco C170 および Cisco M170 の背面パネルおよびポート

 

図 1-9 Cisco C170 および Cisco M170 の背面パネル ポート

 

 

LED
説明
1

電源モジュール

アプライアンスの電源装置を示します。

2

RJ-45 ポート

ギガビット イーサネットのカスタマー データ インターフェイスを示します。
ポート番号は(左から右へ順に)Data 1 と Data 2 です。

3

USB ポート2

2 台の標準 USB ポートを示します。

4

コンソール ポート

Cisco 170 シリーズ アプライアンスに直接コンピュータを接続するコンソール ポートを示します。

2.USB ポートは、将来のソフトウェア リリースで使用できます。

アラーム LED

Cisco 170 シリーズ アプライアンスは、すべての外部センサーをポーリングし、動作状態を監視するために、自律環境モニタリングを実行します。特定の内部コンポーネントの破損発生または温度しきい値を超える場合、システムによりクリティカル条件を通知するアラーム LED がアクティブになります。たとえば、アラーム LED はさまざまな重大な過電圧、過熱状態の場合、また Cisco 170 シリーズ アプライアンスに内部チップ コンポーネントが不足しているか認識されない場合に、ファームウェアによってアクティブになります。アラーム LED が点灯した場合は、問題の原因を特定するために、シスコ テクニカル サポートまでお問い合わせください。詳細については、「サービスおよびサポートの連絡」を参照してください。

管理インターフェイス

デフォルトでは、管理インターフェイスは Cisco S170 の管理および Web プロキシ(データ)トラフィックをモニタするために使用されます。ただし、管理使用目的のみで管理ポートを設定できます。

これは、組織が別の管理ネットワークを使用する場合に行うことがあります。これにより、プロキシ トラフィックが管理インターフェイス上の Cisco S170 に確実に到達しないようにすることによって、セキュリティを強化できます。

管理トラフィックのみに管理インターフェイスを使用するとき、プロキシ トラフィックに最低 1 台のデータ インターフェイスを設定し、管理およびデータ トラフィック用に異なるルートを定義する必要があります。

Cisco S170 の設定と管理のための管理ポートの設定および使用については、次の URL の『 Cisco IronPort AsyncOS 7.5.0 User Guide for Web Security Appliances 』を参照してください。 http://www.cisco.com/en/US/docs/security/wsa/wsa7.5/user_guide/WSA_7.5.0_UserGuide.pdf

ハード ディスク ドライブ

Cisco 170 シリーズ アプライアンスには、RAID 1 構成の 2 台のハード ディスク ドライブ(HDD)があらかじめ搭載されています。HDD はホット スワップ可能です。HDD の取り外し、および交換の詳細については、「ハード ディスク ドライブの交換」を参照してください。

ハードウェアおよび技術仕様

表 1-1 に、Cisco 170 シリーズのハードウェア要件および技術仕様が含まれます。

 

表 1-1 Cisco C170、Cisco M170、および Cisco S170 のハードウェア要件および技術仕様

仕様
Cisco C170
Cisco M170
Cisco S170
物理的仕様

フォーム ファクタ

1 RU、14 インチ

1 RU、14 インチ

1 RU、14 インチ

ラック マウント可能

Yes
スライド レール(標準)
ブラケット(スペア)

Yes
スライド レール(標準)
ブラケット(スペア)

Yes
スライド レール(標準)
ブラケット(スペア)

ディメンション

1.67 x 16.9 x 15.5 インチ 42.4 x 429 x 395 mm

1.67 x 16.9 x 15.5 インチ 42.4 x 429 x 395 mm

1.67 x 16.9 x 15.5 インチ 42.4 x 429 x 395 mm

総重量

26.96 lb.

26.96 lb.

26.96 lb.

電源装置に関する情報

電源モジュール

400 ワット、100/240V

400 ワット、100/240V

400 ワット、100/240V

冗長電源

Not available

Not available

Not available

プロセッサ、メモリ、ディスク

CPU

1 x 2(1 デュアル コア)

1 x 2(1 デュアル コア)

1 x 2(1 デュアル コア)

メモリ

4 GB

4 GB

4 GB

ディスク容量と数

250 GB、RAID 1

250 GB、RAID 1

250 GB、RAID 1

ホット スワップ可能なハード ディスク ドライブ

Yes

Yes

Yes

RAID レベルとコントローラ

RAID 1、ソフトウェア

RAID 1、ソフトウェア

RAID 1、ソフトウェア

インターフェイス

イーサネット

2 Gigabit NIC、RJ-45

2 Gigabit NIC、RJ-45

4 Gigabit NIC、RJ-45

速度(Mbps)

10/100/1000、自動ネゴシエーション

10/100/1000、自動ネゴシエーション

10/100/1000、自動ネゴシエーション

デュプレックス

半二重または全二重、自動ネゴシエーション

半二重または全二重、自動ネゴシエーション

半二重または全二重、自動ネゴシエーション

シリアル(Serial)

1 x RS-232(RJ-45)

1 x RS-232(RJ-45)

1 x RS-232(RJ-45)

ファイバ

No

No

No

USB3

2

2

2

動作条件

温度

-5 ~ 45 °C
(23 °F ~ 104 °F)

-5 ~ 45 °C
(23 °F ~ 104 °F)

-5 ~ 45 °C
(23 °F ~ 104 °F)

相対湿度

20 ~ 80 %(結露しないこと)

20 ~ 80 %(結露しないこと)

20 ~ 80 %(結露しないこと)

高度

3,000 フィート

3,000 フィート

3,000 フィート

振動

3Hz ~ 500Hz の 0.41Grms

3Hz ~ 500Hz の 0.41Grms

3Hz ~ 500Hz の 0.41Grms

設定、ロギング、およびモニタリング

Web インターフェイス

GUI ベース(HTTPS)

GUI ベース(HTTPS)

GUI ベース(HTTPS)

コマンドライン インターフェイス

SSH または Telnet(コマンドベース)

SSH または Telnet(コマンドベース)

SSH または Telnet(コマンドベース)

ロギング

Syslog

Squid、Apache、Syslog、W3C

Squid、Apache、Syslog

中央集中型レポーティング

サポートあり

サポートあり

サポートあり

ファイル転送

SCP、FTP

SCP、FTP

SCP、FTP

設定ファイル

XML ベース

XML ベース

XML ベース

中央集中型設定

サポートあり

サポートあり

サポートあり

モニタリング

SNMPv1 ~ 3、電子メール アラート

SNMPv1 ~ 3、電子メール アラート

SNMPv1 ~ 3、電子メール アラート

動作環境条件

合計電流(A)

4.85(最大)

4.85(最大)

4.85(最大)

入力電圧(V)

100 ~ 240 VAC

100 ~ 240 VAC

100 ~ 240 VAC

動作電力(W)

400(最大)

400(最大)

400(最大)

総発熱量(BTU/時)

432.6

432.6

432.6

漏れ電流(mA)

3.5

3.5

3.5

ファン排気容量(CFM)

24 ℃でアイドル状態:12.3
ファンの完全な速度:34.4

24 ℃でアイドル状態:12.3
ファンの完全な速度:34.4

24 ℃でアイドル状態:12.3
ファンの完全な速度:34.4

環境ノイズ(ベル)

アイドル状態:41.3 dBa
負荷:64.2 dBa(最大)

アイドル状態:41.3 dBa
負荷:64.2 dBa(最大)

アイドル状態:41.3 dBa
負荷:64.2 dBa(最大)

有効な MTBF(時間)

107,356

107,356

107,356

非動作環境条件

温度

-25 ~ 70 °C
(-13 °F ~ 158 °F)

-25 ~ 70 °C
(-13 °F ~ 158 °F)

-25 ~ 70 °C
(-13 °F ~ 158 °F)

相対湿度

5 ~ 95 %(結露しないこと)

5 ~ 95 %(結露しないこと)

5 ~ 95 %(結露しないこと)

高度(m)

4,570

4,570

4,570

振動

3Hz ~ 500Hz の 1.12Grms

3Hz ~ 500Hz の 1.12Grms

3Hz ~ 500Hz の 1.12Grms

業界認定

RoHS

Yes

Yes

Yes

その他の認定

安全性:cULus、CB、CCC、BSMI
EMC:CE、FCC、VCCI、
CTICK、KC

安全性:cULus、CB、CCC、BSMI
EMC:CE、FCC、VCCI、
CTICK、KC

安全性:cULus、CB、CCC、BSMI
EMC:CE、FCC、VCCI、
CTICK、KC

3.USB ポートは、将来のソフトウェア リリースで使用できます。