Cisco 170 シリーズ ハードウェア インストレーション ガイド Cisco C170 電子メール セキュリティ アプライアンス、Cisco M170 コンテンツ セキュリティ管理アプライアンスおよび Cisco S170 Web セキュリティ アプライアンス用
Cisco 170 シリーズ アプライアンスの設置と接続
Cisco 170 シリーズ アプライアンスの設置と接続
発行日;2013/04/24 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco 170 シリーズ アプライアンスの設置と接続

アプライアンスのスライド レールによる設置

梱包内容の確認

スライド レールの分解

アプライアンスへの内部のレールの取り付け

ラックタイプの確認

丸穴のラックの固定

ネジ穴のラックの固定

外側のスライド レールの丸穴のラックと角穴のラックへの取り付け

外側のスライド レールのネジ穴のラックへの取り付け

アプライアンスの設置

アプライアンスの固定

アプライアンスのラック マウント

ガイドラインと推奨事項

、、または アプライアンスのラック マウント

インターフェイス ケーブルの接続と接続確認

Cisco 170 シリーズ アプライアンスの設置と接続

この章では、スライド レール(標準構成)を使用した Cisco 170 シリーズ(Cisco 170 シリーズ)アプライアンスの設置手順またはラックマウント(オプションの設定)のアプライアンスの設置手順と、インターフェイス ケーブルの接続方法について説明します。

内容は次のとおりです。

「Cisco 170 シリーズ アプライアンスのスライド レールによる設置」

「Cisco 170 シリーズ アプライアンスのラック マウント」

「インターフェイス ケーブルの接続と接続確認」

Cisco 170 シリーズ アプライアンスのスライド レールによる設置

スライド レールを使用して Cisco 170 シリーズを設置するには、次の手順を実行します。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「梱包内容の確認」

「スライド レールの分解」

「アプライアンスへの内部のレールの取り付け」

「ラックタイプの確認」

「丸穴のラックの固定」

「ネジ穴のラックの固定」

「外側のスライド レールの丸穴のラックと角穴のラックへの取り付け」

「外側のスライド レールのネジ穴のラックへの取り付け」

「アプライアンスの設置」

「アプライアンスの固定」

梱包内容の確認


ステップ 1 内容物を箱から取り出し、すべてのラック タイプ用の次の部品が含まれていることを確認してください(図 3-1 を参照)。

A:スライド レール(X 2)(角穴のラック用の構成)

B:内側のスライド用プラス皿頭ネジ(X 2)

丸穴のラックの場合は、次の部品も必要です。

C:丸穴のインサート(X 4)

プラス ドライバ

ネジ穴のラックの場合は、次の部品も必要です。

D:ネジ穴ブラケット(X 2)

E:ネジ穴スタンドオフ(X 2)

F:ネジ穴のラック用プラスなべネジ(X 8)

マイナス ドライバ

図 3-1 アプライアンス梱包内容

 


) デフォルトで、スライド レールはアプライアンスに付属しています。2 支柱ラックを使用している場合は、Cisco 170 シリーズ アプライアンスのスペアとして使用可能なラックマウントを注文できます。



 

スライド レールの分解


ステップ 1 外側のスライド レールから内側のスライド レールを引き出します。

 

ステップ 2 プラスチック タブを前方にスライドさせ、内側のスライド レールを引き出して外側のスライド レールから取り外します。

 

ステップ 3 反対側のレールに対しても、前述の手順を繰り返します。


 

アプライアンスへの内部のレールの取り付け


ステップ 1 一方の内側のスライド レールのキー穴をアプライアンスの肩付きネジの上に合わせます。肩付きネジが所定の位置に収まるよう、内側のスライド レールを前方にスライドさせます。

 

ステップ 2 プラス ドライバを使用して 1 本のプラス皿頭ネジ(図 3-1 の B を参照)で内側のスライド レールを固定します。

 

ステップ 3 前の手順を繰り返して、もう一方の内側のスライド レールをアプライアンスに固定します。

 


 

ラックタイプの確認


ステップ 1 スライド レールは角穴のラック向けに事前に組み立てられています。異なるタイプのラックについては次の手順を使用します。

角穴のラックの場合は、「外側のスライド レールの丸穴のラックと角穴のラックへの取り付け」を参照してください。

丸穴のラックの場合は、「丸穴のラックの固定」を参照してください。

ネジ穴のラックの場合は、「ネジ穴のラックの固定」を参照してください。

次の図は、角穴のラックのインサートを取り付けたスライド レールを示しています。

 


 

丸穴のラックの固定


ステップ 1 プラス ドライバを使用して、レールの背面から四角いインサートを取り外します。2 本のプラスのネジを取っておきます。

 

ステップ 2 レールの前面から四角いインサートを取り外します。2 本のプラスのネジを取っておきます。

 

ステップ 3 丸穴のインサート(図 3-1 の C を参照)をレールの背面に合わせ、取っておいた 2 本のネジで固定します。

 

ステップ 4 丸穴のインサート(図 3-1 の C を参照)をレールの前面のフックの上に合わせ、取っておいた 2 本のネジで固定します。

 

ステップ 5 「外側のスライド レールの丸穴のラックと角穴のラックへの取り付け」に進みます。


 

ネジ穴のラックの固定


ステップ 1 プラス ドライバを使用して、レールの背面から角穴のインサートを取り外します。

 

ステップ 2 レールの前面から角穴のインサートを取り外します。

 

ステップ 3 ネジ穴ブラケット(図 3-1 の D を参照)をレールの前面のフックの上に合わせます。マイナス ドライバを使用してネジ穴のスタンドオフ(図 3-1 の E を参照)で固定します。

 

ステップ 4 背面のアダプタには追加のハードウェアは必要ありません。

 

ステップ 5 反対側のレールに対しても、前述の手順を繰り返します。

ステップ 6 「外側のスライド レールのネジ穴のラックへの取り付け」に進みます。


 

外側のスライド レールの丸穴のラックと角穴のラックへの取り付け


ステップ 1 外側のスライド レールの 1 台の前面を直立の状態でラックに合わせ、前方に押して、カチッと留めます。外側のスライド レールの背面を直立の状態でラックに合わせ、リリース タブを引き、ラックの方へスライド レールを押し、タブをリリースし、カチッと留めます。


) 奥行きが 24 インチ未満のラックの場合は、背面ブラケットをプラス ドライバで取り外し、リリース タブを引き、ラックに対して適切な長さにスライド レールを調整します。


 

ステップ 2 前の手順を繰り返して、もう一方の外側のスライド レールをラックに固定します。

 

ステップ 3 「アプライアンスの設置」に進みます。


 

外側のスライド レールのネジ穴のラックへの取り付け


ステップ 1 前面ラック支柱にスライド レールの位置を合わせます。付属のプラスのなべネジ(図 3-1 の F を参照)2 本でスライド レールを固定します。

 

ステップ 2 背面ラック支柱にスライド レールの位置を合わせます。付属のプラスのなべネジ(図 3-1 の F を参照)2 本でスライド レールを固定します。

 

ステップ 3 前の手順を繰り返して、もう一方のスライド レールとラックの位置を合わせます。

 

ステップ 4 「アプライアンスの設置」に進みます。


 

アプライアンスの設置


ステップ 1 外側のスライド レールと内側のスライド レールの位置を合わせます。所定の位置でロックされるまで外側のスライド レールに内側のスライド レールを差し込みます。

 

ステップ 2 側面のリリース タブを引いて内側のスライド レールのロックを解除し、アプライアンスをラック内に押し込みます。

 


 

アプライアンスの固定


ステップ 1 前面の非脱落型ネジを使用して、アプライアンスをラックに固定します。

 


 

Cisco 170 シリーズ アプライアンスのラック マウント

2 支柱ラックを使用している場合は、この項に記載されているように Cisco 170 シリーズ アプライアンスをラック マウントするためのラック マウント スペアを注文できます。

ここでは、次の内容について説明します。

「ガイドラインと推奨事項」

「Cisco C170、Cisco M170、または Cisco S170 アプライアンスのラック マウント」

ガイドラインと推奨事項


警告 ラックへのユニットの設置や、ラック内のユニットの保守作業を行う場合は、負傷事故を防ぐため、システムが安定した状態で置かれていることを十分に確認してください。安全に関するガイドラインは次のとおりです。この装置だけをラックにマウントする場合、ラックの一番下にマウントしてください。すでに別の装置がマウントされているラックにこの装置をマウントする場合、最も重い装置を一番下にして、重い順にラックの下から上へと設置するようにします。ラックにスタビライザが付属している場合、スタビライザを取り付けてから、ラックへマウントまたはラックでの作業を行ってください。ステートメント 1006


次の情報は、ラックへの機器の取り付けを計画する場合に役立ちます。

メンテナンスのために、ラックの周囲にスペースを確保してください。

ラックにスタビライザが付属している場合、スタビライザを取り付けてから、ラックへの装置の取り付けまたはラックでの作業を行います。

閉鎖型ラックにデバイスをマウントする場合、換気が十分に行われるようにします。閉鎖型ラックに装置を詰め込みすぎないようにしてください。 各装置で熱が発生するため、ラック内に装置を詰め込みすぎないように注意してください。

開放型ラックに装置をマウントする場合、ラックのフレームで吸気口や排気口をふさがないように注意してください。

ラックに装置を 1 つだけマウントする場合は、ラックの一番下にマウントします。

すでに別の装置がこのラックに取り付けられている場合は、最も重い装置をラックの一番下に取り付け、重い順にラックの下から上へと設置します。

Cisco C170、Cisco M170、または Cisco S170 アプライアンスのラック マウント

Cisco C170、Cisco M170、または Cisco S170 アプライアンスをラック マウントするには、次の手順を実行します。


ステップ 1 各ブラケットを固定している 3 本のネジを取り外して、アプライアンスの両側にあらかじめ搭載されたダイカスト ブラケットを取り外します。図 3-2 を参照してください。

図 3-2 アプライアンスの両側にあらかじめ搭載されたダイカスト ブラケットの取り外し

 

ステップ 2 アプライアンスのネジ穴をブラケットのスロットと穴に位置合わせし、固定ラックマウント ブラケットをアプライアンスの両側に取り付けます。ブラケットは、前面プレート(ベゼル)の前面より後ろに取り付けられます。3 本のネジで各ブラケットを固定します。図 3-3 を参照してください。

図 3-3 ラックマウント ブラケットの取り付け

 

ステップ 3 前面から背面に空気が流れるように、フロント ベゼルがコールド アイルに面するようにアプライアンスを設置します。図 3-4 を参照してください。

図 3-4 C170、M170、または S170 アプライアンスのラックへの取り付け

 

インターフェイス ケーブルの接続と接続確認

ここでは、コンソール ポート、補助ポート、および管理ポートに、ケーブルを接続する方法について説明します。


警告 この装置の 設置、交換、保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 49



注意 このマニュアルのタスクを行う場合は、『Safety and Compliance Guide for the Cisco Content Security Appliances』の安全に関する警告を読み、適切な安全手順に従ってください。次を参照してください。http://www.cisco.com/en/US/docs/security/esa/hw/SafetyAndComplianceGuide.pdf

ケーブルをポートに接続するには、次の手順に従います。


ステップ 1 安定した平らな面か、またはラック内(ラックマウントする場合)にアプライアンスを置きます。

ステップ 2 コンピュータまたはターミナルをポートに接続する前に、シリアル ポートのボー レートを確認します。ボー レートは、Cisco 170 シリーズ アプライアンスのコンソール ポートのデフォルト ボー レート(9600 ボー)と一致している必要があります。端末を 9600 ボー(デフォルト)、8 データ ビット、パリティなし、1 ストップ ビット、およびフロー制御(FC)= ハードウェアに設定します。

ステップ 3 ケーブルをポートに接続します。

a. 管理ポート:Cisco S170 Web セキュリティ アプライアンス(Cisco S170)で使用。

詳細な情報については、Cisco S170 モデル アプライアンスのポート図、図 1-7 を参照してください。

RJ-45 コネクタを管理インターフェイス ポートに接続します。

イーサネット ケーブルのもう一方の端をコンピュータの管理ポートに接続し、DHCP を使用して IP アドレスを取得するようにコンピュータが設定されていることを確認します。

b. コンソール ポート:CLI で使用。

シリアル コンソール ケーブルを接続します。コンソール ケーブルには、一方の端にコンピュータのシリアル ポート用の DB-9 コネクタがあり、もう一方の端に RJ-45 コネクタがあります。

RJ-45 コネクタを Cisco 170 シリーズ アプライアンスのコンソール ポートに接続します。

ケーブルのもう一方の端(DB-9 コネクタ)をコンピュータのコンソール ポートに接続します。

c. イーサネット ポート:直接接続。

RJ-45 コネクタをイーサネット ポートに接続します。

イーサネット ケーブルのもう一方の端をネットワーク デバイス(ルータ、スイッチ、ハブなど)に接続します。

ステップ 4 電源コードを Cisco 170 シリーズ アプライアンスに接続し、もう一方の端を電源に接続します。

ステップ 5 アプライアンスの電源をオンにします。

ステップ 6 Cisco 170 シリーズ アプライアンスの前面にある電源 LED を確認します。これが緑色に点灯している場合、アプライアンスの電源がオンです。

設置と設置後の作業の詳細については、次のハードウェアのクイック スタート ガイドを参照してください。

Cisco C170 Email Security Appliance Quick Start Guide 』: http://www.cisco.com/en/US/docs/security/esa/hw/C170_QSG.pdf

Cisco M170 Content Security Management Appliance Quick Start Guide 』: http://www.cisco.com/en/US/docs/security/security_management/sma/hw/quick_start/M170_QSG.pdf

Cisco S170 Web Security Appliance Quick Start Guide 』: http://www.cisco.com/en/US/docs/security/wsa/hw/S170_QSG.pdf