Cisco Guard Web-Based Manager コンフィギュレーション ガイド Software Release 6.1
索引
Index
発行日;2012/02/04 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

Symbols

#(シャープ記号)  10-25, 10-26

*(ワイルドカード)  10-25, 10-26

A

AAA サービス  3-2

auth パケット タイプ  8-4, 10-33

B

burst  4-8

C

copy wbm-logo コマンド  2-4

D

DDoS

概要  1-4

スプーフィング以外の攻撃  1-4

スプーフィングを利用した攻撃  1-4

ゾンビ  1-4

DNS

ドロップ統計情報  10-35

ポリシー テンプレート  6-2

dst トラフィック特性  8-5

F

Filter-rate termination threshold  4-9

G

GUARD_VOIP ゾーン テンプレート  4-7

Guard のカウンタ、クリア  10-5

GUARD_LINK ゾーン テンプレート  4-6

H

HTTP

検出した異常のタイプ  10-24

ゾンビ  10-29, 10-30

ゾンビ リスト  10-30

ポリシー テンプレート  6-2

I

in パケット タイプ  10-33

IP アドレス、ゾーンの設定  4-12

IP しきい値の設定  8-11

IP スキャン  6-2, 10-24

IP の要約  11-3, 11-6

パケットダンプ キャプチャの分析  11-11

J

Java 2 Runtime Environment(JRE)、インストール  1-2

L

Land attack  10-36

M

Malicious-rate

detection threshold  4-8

termination threshold  4-9

O

other_protocols

ドロップ統計情報  10-35

ポリシー テンプレート  6-2

out_pkts パケット タイプ  10-33

P

pkts パケット タイプ  8-4, 10-33

Protect and Learn 機能

アクティブ化  7-11

概要  9-3

非アクティブ化  7-11

Protect 機能

アクティブ化  9-4

概要  9-3

非アクティブ化  9-6

R

redirect/zombie  9-11

reqs パケット タイプ  8-4, 10-33

RTP/RTCP  4-7

S

SIP

検出された異常  10-24

スプーフィングの統計情報  10-37

ゾーン テンプレート  4-7

ドロップ統計情報  10-36

ポリシー テンプレート  6-3

src トラフィック特性  8-5, 10-33

syn_by_fin パケット タイプ  10-33

syns パケット タイプ  8-4, 10-33

T

TACACS+

AAA サービス  3-2

TCP

検出された異常  10-24

ドロップ統計情報  10-34

ポリシー テンプレート  6-3

U

UDP

ドロップ統計情報  10-34

ポリシー テンプレート  6-3

unauth_pkts パケット タイプ  8-4, 10-33

V

Voice over IP

「VoIP」を参照

VoIP

検出された異常  10-24

スプーフィングの統計情報  10-37

ゾーン テンプレート  4-7

ドロップ統計情報  10-36

ポリシー テンプレート  6-3

W

WBM

イネーブル化、サービス  2-2

起動  2-3

セットアップ  2-2

トラブルシューティング、接続  2-3

WBM ロゴ、追加  2-4

アイコン  1-7

アクティブな動的フィルタ  10-12

アクティベーション インターフェイス

By IP address  4-10

By packet  4-9

アクティベーション範囲

Entire zone  4-10

IP address only  4-10

新しい推奨事項  9-16

異常検出エンジンのメモリ使用率  10-9

異常なフロー、共通する特性  10-24

一般的な攻撃情報  10-22

イベント ログ

Guard  10-7

ゾーン  10-18

インタラクティブ保護動作モード  4-7, 4-8, 9-3

応答された IP の要約  11-3, 11-6

オンデマンド保護

アクティブ化  9-4

概要  9-2

カウンタ

Device のクリア  10-5

悪意のある  10-4, 10-6, 10-14, 10-17

応答された  10-4, 10-6, 10-14, 10-17, 10-22

クリア、ゾーン  10-15

受信された  10-4, 10-6, 10-14, 10-17, 10-22

スプーフィング利用  10-4, 10-6, 10-14, 10-17

正当な  10-4, 10-6, 10-14, 10-17

ゾーン  10-14

転送された  10-22

ドロップされた  10-4, 10-6, 10-14, 10-17, 10-22

クライアント攻撃  10-20, 10-26

軽減された攻撃

アクション フロー  10-26

異常なフロー  10-26

攻撃のタイプ  10-26

詳細の表示  10-27

表示  10-26

検出された異常

詳細の表示  10-25

タイプ  10-20, 10-24

表示  10-23

攻撃

タイプ  10-20, 10-26

統計情報  10-22

要約  10-20

攻撃の要約レポート  10-18

攻撃レポート

エクスポート  10-29

過去の攻撃の詳細表示  10-21

現在の攻撃の詳細表示  10-21

削除  10-30

ゾーン  10-20

ドロップまたは返送されたパケット  10-23

レポートの詳細  10-21

構築、ポリシー  7-2

サービス

削除  8-14

追加  8-13

サブゾーン

概要  4-4

レポート  10-20

しきい値

Filter-rate termination  4-9

Malicious-rate termination  4-9

設定、IP しきい値  8-11

調整  7-2

しきい値調整フェーズ

受け入れ、結果  7-7

開始  7-6

概要  7-2

停止  7-8

システム要件  1-2

自動保護動作モード  4-7, 4-8, 9-3

自動ラーニング、設定  7-9

情報領域  1-6

診断、表示  10-4

推奨事項、表示、新しい  9-16

ステータス アイコン  1-7

ステータスの要約、ゾーン  10-12

スナップショット

概要  7-15

ゾーンの設定のポリシー  7-16

比較、2 つのスナップショット  7-19

ラーニング プロセスの結果  7-15

スプーフィング パケット  10-23

スプーフィング以外の攻撃  1-4

スプーフィング防止内部エラー  10-36

スプーフィングを利用した攻撃  1-4, 10-20, 10-26

ゾーン

IP アドレス

削除  4-12

追加  4-12

アイコン  1-7

イベント ログ  10-7, 10-18

概要  4-2

カウンタ

クリア  10-15

表示  10-14

リアルタイムに表示  10-17

最近のイベント テーブル  10-12

削除  4-15

作成

定義済みのゾーン テンプレートの使用  4-6

別のゾーンの使用  4-11

方法  4-2

サブゾーン  4-4

診断ツール  10-13

ステータス

ステータス テーブル  10-12

ステータス バー  10-11

表示  10-10

ステータスの要約  10-12

テンプレート

タイプ  4-6

定義済み  4-2

動作モード

インタラクティブへの変更  9-14

概要  9-14

自動への変更  9-14

保留中のフィルタが 1000 を超えた場合の対応  9-15

トラフィック レートのグラフ  10-11

範囲、保護の  4-3

保護

Protect and Learn 機能  9-3

Protect 機能  9-3

アクティブ化  9-4

オプション  9-2

オンデマンド、アクティブ化  9-4

オンデマンドの概要  9-2

確認  9-6

範囲  4-3

非アクティブ化  9-6

保護のアクティベーション方式  4-3

ポリシー

削除、サービス  8-14

調整済み  7-13

追加、IP アドレスとしきい値  8-11

追加、サービス  8-13

表示  8-2

未調整  7-13

ラーニング  7-2

ゾーン トラフィックの問題の分析  10-16

ゾーンの作成

既存のゾーンのテンプレートとしての使用  4-11

定義済みのゾーン テンプレートの使用  4-6

ゾーンのプロキシ使用率、表示  10-13

ゾンビ

概要  1-4

軽減された攻撃のタイプ  10-20, 10-26

検出された  10-29

リスト  10-30

帯域幅限定リンク テンプレート  4-6

断片化  10-24

調整、しきい値  7-2, 7-6

デバイス リソース、監視  10-8

テンプレート、ゾーン  4-6

動作モード

インタラクティブ保護  4-7, 4-8

自動保護  4-7, 4-8

同時接続  10-32

動的フィルタ

アクション  9-11

アクティブな  10-12

概要  9-8

削除  9-12

推奨事項  9-16

追加  9-10

定義  5-2

テーブル  9-9

非アクティブ化  9-8

表示  9-8

フィールド  9-11

防止、作成  9-13

保留中  9-16, 10-12

特権レベル、変更  3-8

トラフィック フローの分析  10-15

トラフィック レート  10-32

トラブルシューティング、WBM 接続  2-3

ドロップ統計情報  10-34

ドロップまたは返送されたパケット  10-23

ナビゲーション領域  1-6

バークリー パケット フィルタ  5-10

バイパス フィルタ

削除  5-7

追加  5-6

定義  5-2

ハイブリッド、軽減された攻撃のタイプ  10-20

パケット

ドロップまたは返送された  10-23

不正な形式  10-23

パケット タイプ

auth  8-4

out_pkts  10-33

pkts  8-4, 10-33

reqs  8-4

syns  8-4

unauth_pkts  8-4, 10-33

パケットダンプ

自動

アクティブ化  11-3

パケットダンプ キャプチャ

概要  11-2

自動キャプチャ

イネーブル化  11-3

ディセーブル化  11-5

手動キャプチャ

開始  11-7

停止  11-8

ファイル

インポート  11-18

エクスポート  11-17

削除  11-19

名前変更  11-16

パケットダンプ キャプチャの分析

IP の要約  11-11

パスワード

パスワードの変更  3-6

別のユーザのパスワードの変更  3-7

パスワードの変更  3-6

バナー、ログインの設定  2-4

範囲、ゾーンの保護の  4-3

非 DNS ドロップの統計情報  10-35

比較先ゾーン  7-19

比較元ゾーン  7-19

比較元ゾーンのサービス

コピー、比較元ゾーンへのポリシー パラメータの  7-21

削除  7-21

追加  7-21

表示

攻撃レポート  10-19, 10-21

診断  10-4

推奨事項  9-16

ゾーンのステータス  9-6

動的フィルタ  9-8

ドロップ統計情報  10-34

ポリシーの設定の相違点  7-19

ポリシーの統計情報  10-31

保留動的フィルタ  9-18

比率、SYN パケット対 FIN/RST パケット  10-32

フィルタ アクション

動的フィルタ  9-9, 9-11

ユーザ フィルタ  5-4

フィルタの概要

動的  5-2

バイパス  5-2

フレックスコンテンツ  5-2

ユーザ  5-2

不正な形式のパケット  10-20, 10-23, 10-26, 10-36

不正なパケット、プロキシ アドレス宛ての  10-35

フレックスコンテンツ フィルタ

削除  5-13

式  5-8

設定  5-8

追加  5-11

定義  5-2

パターン  5-11

プロキシ使用率、表示  10-13

別のユーザのパスワードの変更  3-7

ポート スキャン  6-3, 10-24

保護

インタラクティブ動作モード  9-3

オンデマンド  9-2

自動動作モード  9-3

保護終了時刻  4-8

保護のアクティベーション方式  4-3

保護の確認  9-6

ポリシー

鍵  8-5

構築  7-2

サービス  8-3

削除  8-14

追加  8-13

タイプ  8-4

統計情報  10-31

ポリシー テンプレート

other_protocols  6-2

概要  6-2

タイプ、テンプレート  6-2

テンプレートのタイプ  6-2

プロキシを使用しないゾーン  6-4

ポリシー構築フェーズ

開始  7-4

停止  7-5

ポリシーの統計情報のテーブル、表示  10-31

保留動的フィルタ

受け入れ  9-20

概要  9-16

数が 1000 を超える  9-15

ゾーンのステータス テーブルの  10-12

フィールド  9-18

マーク付け、ゾーンのポリシーを調整済みまたは未調整として  7-13

メイン メニュー バー  1-6

メモリ使用率、異常検出エンジン  10-9

ユーザ インターフェイス  1-5

ユーザ フィルタ

アクション  5-4

概要  5-2

削除  5-5

設定  5-3

追加  5-3

ユーザ プロファイル

TACACS+ サーバ上での設定  3-9

削除  3-5

作成  3-4

定義済みのユーザ プロファイル  3-2

パスワードの変更  3-6

別のユーザのパスワードの変更  3-7

ユーザ リストの表示  3-3

ユーザ特権レベル、変更  3-8

ユーザの認証方式  3-2

ラーニング プロセス

概要  7-2

しきい値調整フェーズ

開始  7-6

概要  7-2

結果の受け入れ  7-7

停止  7-8

実行  7-4

フェーズ  7-2

ポリシー構築フェーズ

開始  7-4

概要  7-2

結果の受け入れ  7-5

停止  7-5

レート  4-8

ログイン バナー、設定  2-4

ロゴ、WBM への追加  2-4