Cisco Secure Access Control System 5.5 インストレーション/アップグレード ガイド
Cisco SNS 3415 および Cisco SNS 3495 ハードウェア アプライアンスの導入
Cisco SNS 3415 および Cisco SNS 3495 ハードウェア アプライアンスの導入
発行日;2014/02/23 | 英語版ドキュメント(2014/02/12 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

Cisco SNS 3415 および Cisco SNS 3495 ハードウェア アプライアンスの導入

製品概要

Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスの概要

Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスのハードウェア仕様

シャーシの正面図

シャーシの背面図

製品シリアル番号の場所

Cisco Product Identification ツール

Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスの LED インジケータ

Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの前面パネル ビュー

Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの背面パネル ビュー

内部診断 LED

法令準拠

Cisco SNS 3415 および Cisco SNS 3495 ハードウェア アプライアンスの導入

この章では、Cisco Secure Access Control System(Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495)ハードウェアの概要を紹介します。ここでは、アプライアンス ハードウェア、主なコンポーネント、コントロール、コネクタ、前面および背面パネルの LED インジケータについて説明します。

「製品概要」

「Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスの LED インジケータ」

「法令準拠」

製品概要

この項では、Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスの電源要件、ラックマウント ハードウェア キット、および機能について説明します。

この項の構成は、次のとおりです。

「Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスの概要」

「Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスのハードウェア仕様」

「製品シリアル番号の場所」

「Cisco Product Identification ツール」

Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスの概要

Cisco SNS-3415/3495 サーバは、Web サービスから分散データベースまで、広範囲のビジネス上の負荷に対応できるパフォーマンスおよび密度のために設計されています。

Cisco SNS-3415/3495 サーバの成功を反映させたエンタープライズ クラスの Cisco SNS-3415/3495 サーバは、1-RU フォーム ファクタの Cisco Unified Computing System ポートフォリオの機能を拡張します。パフォーマンス、効率の向上を実現する Intel Xeon E5-2600 プロセッサ製品ファミリを搭載することで、Cisco SNS-3415 サーバはこれらの機能を提供します。さらに、Cisco SNS-3415/3495 サーバは、最大 256 GB の RAM、8 台のドライブ、コンパクトなパッケージで卓越したレベルのサーバ密度とパフォーマンスを提供する 2 つの 1 GbE Lights-Out Management(LOM)ポートを提供します。

Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスのハードウェア仕様

表 6-1 では、Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスのハードウェア仕様について説明します。

表 6-1 Cisco SNS 3415 および Cisco SNS 3495 ハードウェアの概要

Cisco Secure ACS アプライアンス
ハードウェア仕様

Cisco SNS-3415-K9

Cisco UCS C220 M3

シングル ソケット Intel E5-2609 2.4GHz CPU 合計 4 コア、合計 4 スレッド

16 GB メモリ

600 GB ディスク x 1

組み込みソフトウェア RAID 0

4 GE ネットワーク インターフェイス

物理的仕様、環境仕様、および電源仕様については、を参照してください。

Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの正面図

Cisco SNS-3415 アプライアンスの背面図

Cisco SNS-3495-K9

Cisco UCS C220 M3

デュアル ソケット Intel E5-2609 2.4GHz CPU 合計 8 コア、合計 8 スレッド

32 GB の RAM

600 GB ディスク x 2

RAID 0+1

4 GE ネットワーク インターフェイス

物理的仕様、環境仕様、および電源仕様については、を参照してください。

Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの正面図

Cisco SNS-3495 アプライアンスの背面図

シャーシの正面図

図 6-1 に、Cisco SNS-3415/3495 サーバを示します。

図 6-1 Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの正面図

 

1

電源ボタン/電源ステータス LED

6

電源装置ステータス LED

2

ID ボタン/LED

7

ネットワーク リンク アクティビティ LED

3

システム ステータス LED

8

資産タグ(シリアル番号)

4

ファン ステータス LED

9

KVM コネクタ(USB 2 個、VGA 1 個、シリアル コネクタ 1 個を装備した KVM ケーブルで使用)

5

温度ステータス LED

10

ドライブ(最大 8 台のホットスワップ可能な 2.5 インチ ドライブ)

シャーシの背面図

図 6-3 に Cisco SNS-3415 アプライアンスの背面パネルの外部機能を示します。

図 6-2 Cisco SNS-3415 アプライアンスの背面図

1

電源モジュール

7

シリアル ポート(RJ-45 コネクタ)

2

スロット 2:ライザーのロープロファイル PCIe スロット(ハーフ高、ハーフ長、x16 コネクタ、x8 レーン幅)

8

CIMC へのアクセスに使用される 1 GB イーサネット専用管理ポート(M のラベルが付いています)

3

スロット 1:1 GB イーサネット ポートを備えた PCIe1 カード(GigE2 および GigE3)

9

Cisco Secure ACS 管理通信用の 1 GB イーサネット ポート 1(GigE0)

4

1 GB イーサネット ポート 3(GigE2)

10

1 GB イーサネット ポート 2(GigE1)

5

1 GB イーサネット ポート 4(GigE3)

11

USB ポート

6

VGA ビデオ コネクタ

12

背面の識別ボタン

図 6-3 に Cisco SNS-3495 アプライアンスの背面パネルの外部機能を示します。

図 6-3 Cisco SNS-3495 アプライアンスの背面図

 

1

電源(最大 2 台)

7

シリアル ポート(RJ-45 コネクタ)

2

スロット 2:ライザーのロープロファイル Peripheral Component Interconnect Express(PCIe)スロット(ハーフ高、ハーフ長、x16 コネクタ、x16 レーン幅)

8

CIMC へのアクセスに使用される 1 GB イーサネット専用管理ポート(M のラベルが付いています)

3

スロット 1:1 GB イーサネット ポートを備えた PCIe1 カード(GigE2 および GigE3)

9

Cisco Secure ACS 管理通信用の 1 GB イーサネット ポート 1(GigE0)

4

1 GB イーサネット ポート 3(GigE2)

10

1 GB イーサネット ポート 2(GigE1)

5

1 GB イーサネット ポート 4(GigE3)

11

USB ポート

6

VGA ビデオ コネクタ

12

背面の識別ボタン

製品シリアル番号の場所

シリアル番号ラベルは、Cisco SNS-3415 または Cisco SNS-3495 アプライアンスの前面パネルのサーバの上部にあります。図 6-1 に、このラベルの場所を示します。

Cisco Product Identification ツール

Cisco Product Identification(CPI)ツールは、シスコ製品のシリアル番号を取得する際に役立ちます。

オンラインまたは電話でサービスのリクエスト要求をする前に、CPI ツールを使用して製品のシリアル番号を検索します。このツールは、シスコのサポート Web サイトからアクセスできます。

ツールにアクセスする方法は、次のとおりです。


ステップ 1 [Get Tools & Resources] リンクをクリックします。

ステップ 2 [All Tools (A-Z)] タブをクリックします。

ステップ 3 アルファベット順のドロップダウン リストから [Cisco Product Identification Tool] を選択します。

このツールには、3 つの検索オプションがあります。

製品 ID またはモデル名による検索。

シスコ モデルの参照。

show コマンドで出力をコピー アンド ペーストして製品を特定。

検索結果では、製品画像とともにシリアル番号ラベルの場所が強調表示されます。製品のシリアル番号ラベルのある場所を探し、サービスに問い合わせる前にその情報を記録します。

CPI ツールは、次の URL からアクセスできます。

http://tools.cisco.com/Support/CPI/index.do

CPI ツールにアクセスするには、Cisco.com ユーザ ID とパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ユーザ ID またはパスワードを取得していない場合は、次の URL で登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do


 

Cisco SNS-3415 および Cisco SNS-3495 アプライアンスの LED インジケータ

この項では、Cisco SNS-3415 または Cisco SNS-3495 アプライアンスの前面および背面パネルのコントロール、ポート、および LED インジケータについて説明します。

この項の構成は、次のとおりです。

「Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの前面パネル ビュー」

「Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの背面パネル ビュー」

「内部診断 LED」

Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの前面パネル ビュー

図 6-1 に Cisco SNS-3415 または Cisco SNS-3495 アプライアンスの前面パネル ビューのコンポーネントを示します。

表 6-2 では、Cisco SNS-3415 または Cisco SNS-3495 アプライアンスの前面パネルに配置された LED について説明します。

表 6-2 前面パネルの LED

LED 名
状態

電源ボタン/電源ステータス LED

消灯:サーバに AC 電力が供給されていません。

オレンジ:サーバはスタンバイ電源モードです。CIMC と一部のマザーボード機能にだけ電力が供給されています。

緑:サーバは主電源モードです。すべてのサーバ コンポーネントに電力が供給されています。

ID

消灯:ID LED は使用されていません。

青:ID LED がアクティブです。

システム ステータス

緑:サーバは正常動作状態で稼働しています。

緑の点滅:サーバはシステムの初期化とメモリ チェックを行っています。

オレンジの点灯:サーバは縮退運転状態にあります。次に例を示します。

電源装置の冗長性が失われている。

CPU が一致しない。

少なくとも 1 つの CPU に障害が発生している。

少なくとも 1 つの DIMM に障害が発生している。

RAID 構成内の少なくとも 1 台のドライブに障害が発生している。

オレンジの点滅:サーバは重大な障害発生状態にあります。次に例を示します。

ブートに失敗した。

修復不能な CPU またはバス エラーが検出された。

サーバが過熱状態にある。

ファン ステータス

緑:すべてのファン モジュールが正常に動作中です。

オレンジの点灯:1 つのファン モジュールに障害が発生しています。

オレンジの点滅:重大な障害。2 つ以上のファン モジュールに障害が発生しています。

温度ステータス

緑:サーバは正常温度で稼働中です。

オレンジの点灯:1 つ以上の温度センサーが警告しきい値を超過しています。

オレンジの点滅:1 つ以上の温度センサーが重大しきい値を超過しています。

電源装置ステータス

緑:すべての電源装置が正常に動作中です。

オレンジの点灯:1 台以上の電源装置が縮退運転状態にあります。

オレンジの点滅:1 台以上の電源装置が重大な障害発生状態にあります。

ネットワーク リンク アクティビティ

消灯:イーサネット リンクがアイドル状態です。

緑:1 つ以上のイーサネット LOM ポートでリンクがアクティブになっていますが、アクティビティは存在しません。

緑の点滅:1 つ以上のイーサネット LOM ポートでリンクがアクティブになっていて、アクティビティが存在します。

ハード ドライブ障害

消灯:ハード ドライブは正常に動作中です。

オレンジ:このハード ドライブに障害が発生しています。

オレンジの点滅:デバイスの再構成中です。

ハード ドライブ アクティビティ

消灯:ハード ドライブ スレッドにハード ドライブが存在しません(アクセスなし、障害なし)。

緑:ハード ドライブの準備が完了しています。

緑の点滅:ハード ドライブはデータの読み取り中または書き込み中です。

Cisco SNS-3415/3495 アプライアンスの背面パネル ビュー

図 6-2 および図 6-3 に Cisco SNS-3415 および Cisco 3495 アプライアンスの背面パネル ビューのコンポーネントを示します。

 

表 6-3 では、Cisco SNS-3415 または Cisco SNS-3495 アプライアンスの前面パネルに配置された LED について説明します。

表 6-3 背面パネルの LED

LED 名
状態

電源装置障害

消灯:電源装置は正常に動作中です。

オレンジの点滅:イベント警告しきい値に達しましたが、電源装置は動作し続けています。

オレンジの点灯:重大障害しきい値に達し、電源装置がシャットダウンしています(たとえば、ファンの障害や過熱状態など)。

電源装置 AC OK

消灯:電源装置に AC 電力が供給されていません。

緑の点滅:AC 電力の供給は OK、DC 出力は使用不可。

緑の点灯:AC 電力供給も、DC 出力も OK。

1 Gb イーサネット専用管理リンク速度

消灯:リンク速度は 10 Mbps です。

オレンジ:リンク速度は 100 Mbps です。

緑:リンク速度は 1 Gbps です。

1 Gb イーサネット専用管理リンク ステータス

消灯:リンクが確立されていません。

緑:リンクはアクティブです。

緑の点滅:アクティブなリンクにトラフィックが存在します。

1 GB イーサネット リンク速度

消灯:リンク速度は 10 Mbps です。

オレンジ:リンク速度は 100 Mbps です。

緑:リンク速度は 1 Gbps です。

1 GB イーサネット リンク ステータス

消灯:リンクが確立されていません。

緑:リンクはアクティブです。

緑の点滅:アクティブなリンクにトラフィックが存在します。

ID

消灯:ID LED は使用されていません。

青:ID LED がアクティブです。

内部診断 LED

サーバには、ファン モジュールと DIMM の内部障害 LED があります。障害が発生しているコンポーネントの LED がオレンジに点灯します。


) これらの LED が動作するには、サーバに電源が接続されている必要があります。


図 6-4 に Cisco SNS-3415 または Cisco SNS-3495 アプライアンスの内部 LED の位置を示します。

図 6-4 Cisco SNS-3415 の内部診断 LED の位置

 

次の表で、図 6-4 の各コンポーネントについて説明します。

1

ファン モジュール障害 LED(マザーボード上の各ファン コネクタの隣に 1 つ)

2

DIMM 障害 LED(マザーボード上の各 DIMM ソケットの隣に 1 つ)

表 6-4 では、Cisco SNS-3415 または Cisco SNS-3495 アプライアンスに搭載された内部診断 LED について説明します。

表 6-4 内部診断 LED

LED 名
状態

内部診断 LED(すべて)

消灯:コンポーネントは正常に機能しています。

オレンジ:コンポーネントに障害が発生しています。

法令準拠

法令準拠および安全性に関する情報については、『Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco Secure Access Control System』を参照してください。このドキュメントは、オンラインの Cisco.com から入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/docs/net_mgmt/cisco_secure_access_control_system/5.4/regulatory/compliance/csacsrcsi.html

詳細については、を参照してください。