Cisco Secure Access Control System 5.5 移行ガイド
用語集
Glossary
発行日;2014/02/23 | 英語版ドキュメント(2013/11/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 4MB) | フィードバック

Glossary

 


A
ACL
アクセス コントロール リスト。オブジェクトに付随する権限のリスト。
ACS
アクセス コントロール システム。
AD
Active Directory。

 


C
CN
Common Name(共通名)。

 


E
EAP
Extensible Authentication Protocol。無線ネットワークとポイントツーポイント接続でよく使われる認証フレームワークです。
EAP-FAST
Extensible Authentication Protocol-Flexible Authentication via Secure Tunneling。EAP-FAST は IEEE 802.1X と IEEE 802.11i に準拠しています。すべての EAP タイプと同様に EAP-FAST は WPA ネットワークと WPA2 ネットワークで使用できます。

 


H
HTTPS
Hypertext Transfer Protocol Secure。HTTP を使用してリソースにアクセスする場合に、通常使用される HTTP スキームと構文上同一の URL スキーム。URL に HTTPS: を使用することは、HTTP を使用しますが、HTTP と TCP 間で別のデフォルト ポート(443)と追加の暗号化/認証レイヤを使用することを示します。

 


J
JDBC
JAVA Database Connectivity。クライアントのデータベースへのアクセス方法を定義する JAVA プログラミング言語の API。データベース内のデータを問い合わせ、更新するための方法を提供します。

 


L
LDAP
Lightweight Directory Access Protocol。TCP/IP で実行するディレクトリ サービスを使用してデータを問い合わせ、変更するためのアプリケーション プロトコルです。

M
MAC アドレス
Media Access Control(メディア アクセス コントロール)アドレス。識別用にほとんどのネットワーク アダプタやネットワーク インターフェイス カードにメーカーによって割り当てられる疑似固有識別子。

 

 


N
NAP
Network Access Profile(ネットワーク アクセス プロファイル)。
NDG
Network Device Group(ネットワーク デバイス グループ)。

 


P
PI
プログラマチック インターフェイス。外部アプリケーションが ACS とやりとりするためのメカニズム。

 


R
RADIUS
リモート認証ダイヤルイン ユーザ サービス。コンピュータがネットワーク サービスに接続してこのサービスを使用するための認証、許可、アカウンティング(AAA)集中管理を提供するネットワーキング プロトコルです。

 


S
SOAP
Simple Object Access Protocol。通常 HTTP を使用して、コンピュータ ネットワーク上で XML ベースのメッセージを交換するためのプロトコル。SOAP は Web サービス スタックの基礎レイヤを形成します。
SAN
Subject Alternative Name。

 


T
TACACS
Terminal Access Controller Access-Control System。UNIX ネットワークで一般的に使用される認証サーバと通信するために使用されるリモート認証プロトコルです。リモート アクセス サーバは、ユーザがネットワークへのアクセス権を持つかどうかを判断するために、TACACS を使用して、認証サーバと通信します。

 


V
VSA
ベンダー固有属性(Vendor Specific Attribute)。標準 RADIUS 属性セットによって提供されない独自のプロパティまたは特性。VSA は、リモート アクセス サーバのベンダーによって、RADIUS をベンダー サーバ用にカスタマイズするために定義されます。

 

 


X
XML
eXtensible Markup Language。