Cisco Identity Services Engine アップグレード ガイド リリース 1.2
はじめに
はじめに
発行日;2014/01/08   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

はじめに

目的

このマニュアルは、Cisco ISE アプライアンスおよび VMware 仮想マシンで Cisco Identity Services Engine(ISE)ソフトウェア イメージをアップグレードする方法について説明します。

以前のリリースまたはメンテナンス リリースからリリース 1.2 に Cisco ISE をアップグレードできます。 Cisco Secure Access Control System (ACS)、リリース 5.3 からリリース 1.2 に移行できます。

Cisco Secure ACS 4. x 以前のバージョン、Cisco Secure ACS 5.1、または 5.2 Cisco Network Admission Control (NAC) アプライアンスからリリース 1.2 に移行することはできません。

Cisco Secure ACS、リリース 5.3 から Cisco ISE、リリース 1.2 への移行については、『Cisco Identity Services Engine, Release 1.2 Migration Tool Guide』を参照してください。


(注)  


Cisco Secure ACS、リリース 5.3 からのみ、Cisco ISE、リリース 1.2 に直接移行できます。 Cisco Secure ACS、リリース 4. x、5.1、および 5.2 では、ACS、リリース 5.3 にアップグレードしてから、Cisco ISE、リリース 1.2 に移行する必要があります。


対象読者

このガイドは、Cisco ISE 3300 シリーズ アプライアンスまたは VMware サーバで Cisco ISE ソフトウェアをアップグレードおよび設定するネットワーク管理者、システム インテグレータ、ネットワーク導入担当者を対象としています。 このアップグレード ガイドを使用する準備として、ネットワーク設備およびケーブル接続を理解し、電気回路、配線、装置ラックの取り付けに関する基礎知識を得ておく必要があります。

ガイドの構成

説明(Description)
Cisco ISE のアップグレード

Cisco Identity Services Engine (ISE) をリリース 1.2 にアップグレードする場合について概要を説明します。

スタンドアロンおよび 2 ノード展開の Cisco ISE、リリース 1.2 へのアップグレード

Cisco ISE スタンドアロンおよび 2 ノードの展開をリリース 1.2 にアップグレードする方法について説明します。

分散展開の Cisco ISE、リリース 1.2 へのアップグレード

Cisco ISE 分散展開をリリース 1.2 にアップグレードする方法について説明します。

Cisco ISE 1.2 アップグレードの障害からの復旧

アップグレードの障害から回復する方法について説明します。

表記法

表記法 説明(Description)
^ または Ctrl

^ 記号と Ctrl は両方ともキーボードの Control(Ctrl)キーを表します。 たとえば、^D または Ctrl+D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押して、D キーを押すことを意味します。 (キー ラベルは大文字で表記されていますが、大文字と小文字の区別はありません)。

太字

ユーザが入力する必要があるコマンドおよびキーワードは、太字で示しています。

イタリック体

ドキュメント名、新規用語または強調する用語、値を指定するための引数は、イタリック体フォントで示しています。

courier フォント

システムが表示するターミナル セッションおよび情報は、courier フォントで示しています。

太字の courier フォント

太字の courier フォントは、ユーザが入力しなければならないテキストを示します。

[x]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

...

構文要素の後の省略記号(3 つの連続する太字ではないピリオドでスペースを含まない)は、その要素を繰り返すことができることを示します。

|

選択肢を示す縦棒は、キーワード セットまたは引数セットのいずれかの選択肢を示します。

[x | y]

いずれか 1 つを選択できる省略可能な要素は、角カッコで囲み、選択肢を示す縦棒で区切って示しています。

{x | y}

必ずいずれか 1 つを選択しなければならない必須要素は、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

string

引用符を付けない一組の文字。 string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

< >

山カッコは、ユーザが入力しても画面に表示されないパスワードなどの文字列を示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

! #

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

読者への警告の表記法

このマニュアルでは、読者への警告に次の表記法を使用しています。


(注)  


注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



ヒント


この情報が問題の解決などに役立つ情報をであることを示しています。



注意    


要注意」の意味です。 機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。



ワンポイント アドバイス


時間を節約する方法です。 記述されている操作を実行すると時間を節約できます。



警告


警告」の意味です。 人身事故を予防するための注意事項が記述されています。


関連資料

リリース固有のドキュメント

次の表に、Cisco ISE リリースで利用可能な製品マニュアルを示します。

表 1 Cisco Identity Services Engine の製品マニュアル

『Release Notes for the Cisco Identity Services Engine, Release 1.2』

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps11640/​prod_​release_​notes_​list.html

『Cisco Identity Services Engine Network Component Compatibility, Release 1.2』

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps11640/​products_​device_​support_​tables_​list.html
  • 『Cisco Identity Services Engine User Guide, Release 1.2』
  • 『Cisco Identity Services Engine Sponsor Portal User Guide, Release 1.2』
http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps11640/​products_​user_​guide_​list.html

『Cisco Identity Services Engine Hardware Installation Guide, Release 1.2』

『Cisco Identity Services Engine アップグレード ガイド リリース 1.2』

『Cisco Identity Services Engine, Release 1.2 Migration Tool Guide』

『Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco Identity Services Engine 3400 Series Appliance and Cisco 3400 Secure Access Control System』

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps11640/​prod_​installation_​guides_​list.html

『Cisco Identity Services Engine CLI Reference Guide, Release 1.2』

『Cisco Identity Services Engine API Reference Guide, Release 1.2』

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps11640/​prod_​command_​reference_​list.html

『Cisco Identity Services Engine In-Box Documentation and China RoHS Pointer Card』

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​ps11640/​products_​documentation_​roadmaps_​list.html

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​docs/​general/​whatsnew/​whatsnew.html

『What's New in Cisco Product Documentation』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。 RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。