Cisco Identity Services Engine ユーザ ガイド リリース 1.2
はじめに
はじめに
発行日;2014/01/15 | 英語版ドキュメント(2013/12/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

マニュアルの編成

表記法

マニュアルの更新

関連資料

リリース固有のドキュメント

プラットフォーム固有のマニュアル

通告

OpenSSL/Open SSL Project

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

ここでは、『 Cisco Identity Services Engine User Guide, Release 1.2 』について説明します。次の内容で構成されています。

「対象読者」

「マニュアルの編成」

「表記法」

「マニュアルの更新」

「関連資料」

「通告」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

対象読者

このマニュアルは、ネットワークとアプリケーションのセキュリティの設定および保守を担当するネットワーク セキュリティ管理者を対象としています。このマニュアルでは、読者がネットワーキングの原理と応用についての実用的な知識を持ち、ネットワーク システム管理者としての経験があることを前提としています。

マニュアルの編成

このマニュアルの内容は、概要、機能別作業、およびリファレンス カテゴリにグループ分けされ、次のように分類されています。

 

パート
第 1 部:Cisco ISE の概要

「Cisco ISE の機能」

「管理者ポータル内の移動」

第 2 部:Cisco ISE ノードの展開

「分散環境での Cisco ISE の設定」

「インライン ポスチャの設定」

第 3 部:Cisco ISE 管理アクセスの設定

「Cisco ISE の管理」

「管理者および管理者アクセス ポリシーの管理」

「Cisco ISE ライセンス」

「証明書の管理」

「ネットワーク デバイスの管理」

「リソースの管理」

「ロギング」

「バックアップ/復元操作の管理」

「エンドポイント保護サービスの設定」

第 4 部:ユーザおよびエンドユーザ ポータルの管理

「ユーザおよび外部 ID ソースの管理」

「エンドユーザ Web ポータルの設定およびカスタマイズ」

「ゲストに許可されるネットワーク アクセスのサポート」

「パーソナル デバイスのサポート」

第 5 部:Cisco ISE サービスの有効化および設定

「ポリシー条件の設定」

「認証ポリシーの管理」

「許可ポリシーおよびプロファイルの管理」

「Cisco ISE エンドポイント プロファイリング ポリシー」

「クライアント プロビジョニングの設定」

「クライアント ポスチャ ポリシーの設定」

「Cisco Security Group Access のポリシー」

第 6 部:Cisco ISE のモニタリングおよびトラブルシューティング

「モニタリングおよびトラブルシューティング」

「レポート」

第 7 部:参考資料

付録 A「管理ユーザ インターフェイスのリファレンス」

付録 B「ポリシーのユーザ インターフェイスのリファレンス」

付録 C「操作のユーザ インターフェイス リファレンス」

付録 D「スポンサー ポータルおよびゲスト ポータルのカスタマイズのサンプル コード」

付録 E「ネットワーク アクセス フロー」

付録 F「Cisco ISE の機能をサポートするために必要なスイッチとワイヤレス LAN コントローラの設定」

付録 G「Cisco ISE のトラブルシューティング」

付録 H「Cisco ISE でサポートされる管理情報ベース」


) 初版発行後、印刷物または電子マニュアルの更新を行う場合があります。マニュアルの更新については、Cisco.com で確認してください。


表記法

このマニュアルを通じて、管理者ポータルという語は、プライマリ管理ノードのユーザ インターフェイスを意味します。

^ 記号は、 Ctrl キーを表します。たとえば、 ^z というキーの組み合わせは、「Ctrl キーを押しながら z キーを押す」ことを意味します。

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

1. [オプション(Option)] > [オプション(Option)]:一連のメニュー オプションを選択するときに使用します。

2. ユーザが値を指定する変数は、 イタリック体 のフォントで示します。

3. システム プロンプトが含まれる例はインタラクティブなセッションを示し、プロンプトでコマンドを入力する必要があります。システム プロンプトは、EXEC コマンド インタープリタの現在のレベルを表します。たとえば、 Router> というプロンプトは、現在 ユーザ レベルであることを表し、 Router# というプロンプトは、現在 特権 レベルであることを表します。特権レベルにアクセスするには、通常、パスワードが必要です。

例を挙げて説明する場合は、次の表記法を使用しています。

コンソール画面に表示される端末セッションおよび例は、 screen フォントで示しています。

ユーザが入力する情報は、 太字の screen フォントで示しています。

コマンドおよびキーワードは、 太字 で示しています。

ユーザが値を指定する引数は、 イタリック体 で示しています。

角カッコ([ ])の中の要素は、省略可能です。

必ずいずれか 1 つを選択しなければならないキーワードは、波カッコ({})で囲み、縦棒(|)で区切って示しています。

パスワードのように、出力されない文字は、かぎカッコ(<>)で囲んで示しています。

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコ([])で囲んで示しています。

行の先頭に感嘆符(!)がある場合には、コメント行であることを示します。


注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。


ワンポイント アドバイス 時間を節約する方法です。ここに紹介している方法で作業を行うと、時間を短縮できます。



) 「注釈」です。次に進む前に検討する必要がある重要情報、役に立つ情報、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。


マニュアルの更新

表 1 に、このマニュアルの作成と更新の履歴を示します。

 

表 1 Cisco Identity Services Engine ユーザ ガイド リリース 1.2の最新情報

日付
説明

13/07/25

『Cisco Identity Services Engine, Release 1.2』

関連資料

ここでは、このリリースの Cisco ISE に関連する次の種類のマニュアルを示します。次のトピックを扱います。

「リリース固有のドキュメント」

「プラットフォーム固有のマニュアル」

リリース固有のドキュメント

表 2 に Cisco ISE Release で利用可能な製品マニュアルを示します。Cisco ISE の全般的な製品情報は http://www.cisco.com/go/ise で確認できます。エンドユーザ マニュアルは、Cisco.com の http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/tsd_products_support_series_home.html から入手できます。

 

表 2 Cisco Identity Services Engine の製品マニュアル

マニュアル タイトル
参照先

Release Notes for the Cisco Identity Services Engine, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_release_notes_list.html

Cisco Identity Services Engine Network Component Compatibility, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/products_device_support_tables_list.html

Cisco Identity Services Engine User Guide, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/products_user_guide_list.html

Cisco Identity Services Engine Hardware Installation Guide, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_installation_guides_list.html

Cisco Identity Services Engine Upgrade Guide, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_installation_guides_list.html

『Cisco Identity Services Engine, Release 1.2 Migration Tool Guide』

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_installation_guides_list.html

Cisco Identity Services Engine Sponsor Portal User Guide, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/products_user_guide_list.html

Cisco Identity Services Engine CLI Reference Guide, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_command_reference_list.html

Cisco Identity Services Engine API Reference Guide, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_command_reference_list.html

Cisco Identity Services Engine Troubleshooting Guide, Release 1.2

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_troubleshooting_guides_list.html

『Regulatory Compliance and Safety Information for Cisco Identity Services Engine, Cisco 1121 Secure Access Control System, Cisco NAC Appliance, Cisco NAC Guest Server, and Cisco NAC Profiler』

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_installation_guides_list.html

『Cisco Identity Services Engine In-Box Documentation and China RoHS Pointer Card』

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/products_documentation_roadmaps_list.html

『My Devices Portal FAQs, Release 1.2』

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/products_user_guide_list.html

プラットフォーム固有のマニュアル

その他のプラットフォーム固有のマニュアルへのリンクは、次の場所にあります。

Cisco ISE
http://www.cisco.com/en/US/products/ps11640/prod_installation_guides_list.html

Cisco Secure ACS
http://www.cisco.com/en/US/products/ps9911/tsd_products_support_series_home.html

Cisco NAC Appliance
http://www.cisco.com/en/US/products/ps6128/tsd_products_support_series_home.html

Cisco NAC Profiler
http://www.cisco.com/en/US/products/ps8464/tsd_products_support_series_home.html

Cisco NAC Guest Server
http://www.cisco.com/en/US/products/ps10160/tsd_products_support_series_home.html

通告

ここでは、本ソフトウェア ライセンスに関連する通知内容を示します。

OpenSSL/Open SSL Project

This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ ).

This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).

This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

License Issues

The OpenSSL toolkit stays under a dual license, both the conditions of the OpenSSL License and the original SSLeay license apply to the toolkit.See the following information for the actual license texts.Both licenses are BSD-style Open Source licenses.In case of any license issues related to OpenSSL, please contact openssl-core@openssl.org.

OpenSSL License:

Copyright © 1998-2007 The OpenSSL Project.All rights reserved.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions, and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgment: "This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ )".

4. The names "OpenSSL Toolkit" and "OpenSSL Project" must not be used to endorse or promote products derived from this software without prior written permission.For written permission, please contact openssl-core@openssl.org.

5. Products derived from this software may not be called "OpenSSL" nor may "OpenSSL" appear in their names without prior written permission of the OpenSSL Project.

6. Redistributions of any form whatsoever must retain the following acknowledgment:

"This product includes software developed by the OpenSSL Project for use in the OpenSSL Toolkit ( http://www.openssl.org/ )".

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE OpenSSL PROJECT "AS IS"' AND ANY EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED.IN NO EVENT SHALL THE OpenSSL PROJECT OR ITS CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Original SSLeay License:

Copyright © 1995-1998 Eric Young (eay@cryptsoft.com).All rights reserved.

This package is an SSL implementation written by Eric Young (eay@cryptsoft.com).

The implementation was written so as to conform with Netscapes SSL.

This library is free for commercial and non-commercial use as long as the following conditions are adhered to.The following conditions apply to all code found in this distribution, be it the RC4, RSA, lhash, DES, etc., code; not just the SSL code.The SSL documentation included with this distribution is covered by the same copyright terms except that the holder is Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com).

Copyright remains Eric Young's, and as such any Copyright notices in the code are not to be removed.If this package is used in a product, Eric Young should be given attribution as the author of the parts of the library used.This can be in the form of a textual message at program startup or in documentation (online or textual) provided with the package.

Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

1. Redistributions of source code must retain the copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.

2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.

3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following acknowledgement:

"This product includes cryptographic software written by Eric Young (eay@cryptsoft.com)".

The word 'cryptographic' can be left out if the routines from the library being used are not cryptography-related.

4. If you include any Windows specific code (or a derivative thereof) from the apps directory (application code) you must include an acknowledgement: "This product includes software written by Tim Hudson (tjh@cryptsoft.com)".

THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY ERIC YOUNG "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED.IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

The license and distribution terms for any publicly available version or derivative of this code cannot be changed.i.e. this code cannot simply be copied and put under another distribution license [including the GNU Public License].

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。