Cisco Identity Services Engine 用 Sponsor Portal ユーザ ガイド、リリース 1.2
ゲスト アカウントの作成
ゲスト アカウントの作成
発行日;2014/01/08   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ゲスト アカウントの作成

これらのトピックは、ゲスト アカウントを作成し、ゲストにアカウントの詳細を提供する手順を説明しています。

ゲスト アカウントの作成

1 人の特定のユーザにネットワーク アクセスを提供する単一のゲスト アカウントを作成できます。

手順
    ステップ 1   [ゲスト アカウントの管理(Manage Guest Accounts)] のページから [アカウントの作成(Create Account)] をクリックします。
    ステップ 2   [名(First name)] および [姓(Last name)] フィールドに適切な情報を入力してユーザ名を作成します。

    何も入力しない場合、ポータルは任意のユーザ名を作成します。

    ステップ 3   アカウント詳細のゲスト ユーザへの送信を選択します。
    • [E メール通知の送信(Send email notification)] をチェックして [E メール アドレス(Email address)] に入力します。
    • [テキスト通知の送信(Send text notification)] をチェックして、[電話番号(Phone number)] を入力します。
    ステップ 4   これらの事前設定された必須設定を確定します。
    • ゲスト ロール(Guest role)
    • アカウントの有効期間(Account duration)
    • 時間帯(Time zone)
    • 通知の言語(Notification language)
    ステップ 5   他のオプション フィールドを入力します。
    ステップ 6   [送信(Submit)] をクリックしてアカウントを作成します。

    ゲスト アカウントのインポート

    企業が外部データベースまたはファイルの承認された訪問者に対するアカウント情報を維持している場合、これらのユーザの情報をスポンサー ポータルにインポートしてゲスト アカウントを作成できます。 アカウント情報が含まれるファイルは .csv ファイル形式である必要があります。これをスポンサー ポータルが解析し、ファイル内の各エントリに対して新規ゲスト ユーザ アカウントを作成します。

    はじめる前に

    このページで [テンプレートのダウンロード(Download Template)] をクリックしてインポート ファイルに使用するテンプレートを取得します。 ファイルをインポートする前に、ファイルが必須の構造に準拠していることを確認します。 また、ファイルにマルチバイト文字が含まれている場合、ファイルを UTF-8 形式で保存する必要があります。

    手順
      ステップ 1   [ゲスト アカウントの管理(Manage Guest Accounts)] ページから [アカウントのインポート(Import Accounts)] をクリックします。
      ステップ 2   .csv ファイルを検索するには、[参照(Browse)] をクリックします。
      ステップ 3   .csv ファイルをアップロードするには、[アップロード(Upload)] をクリックします。
      ステップ 4   これらの事前設定された必須設定を確定します。
      • ゲスト ロール(Guest role)
      • アカウントの有効期間(Account duration)
      • 時間帯(Time zone)
      • 通知の言語(Notification language)
      ステップ 5   [送信(Submit)] をクリックします。

      ゲスト アカウントを任意に作成

      今後の使用に備えて、最大で 10,000 個の任意ゲスト アカウントを事前に作成し、詳細を別々に記録し、システムに保存しておくことができます。 たとえば、ゲスト アカウントを配布する必要がある Lobby Ambassador の場合、これらの一般的なランダムに作成されたアカウントを使用することで時間を節約できます。

      手順
        ステップ 1   [ゲスト アカウントの管理(Manage Guest Accounts)] ページから [アカウントの任意作成(Create Random Accounts)] をクリックします。
        ステップ 2   作成するアカウントの数を入力します。
        ステップ 3   各アカウント名に追加するプレフィックスを入力します。

        システム管理者によって設定されるユーザ名とパスワードのポリシーに準拠して、ユーザ名とパスワードの残りの部分がランダムに生成されます。

        ステップ 4   これらの事前設定された必須設定を確定します。
        • ゲスト ロール(Guest role)
        • アカウントの有効期間(Account duration)
        • 時間帯(Time zone)
        • 通知の言語(Notification language)
        ステップ 5   [送信(Submit)] をクリックします。

        ゲストへのアカウント詳細の提供

        (Cisco ISE システム管理者のスポンサー ポータルの設定に応じて)電子メール、テキスト、印刷によりゲストにアカウント詳細を送付できます。

        手順
          ステップ 1   [ゲストアカウントの管理(Manage Guest Accounts)] ページで、通知したいゲスト アカウントの横のチェック ボックスをオンにします。
          ステップ 2   [E メール(Email)]、[テキスト(Text)]、または [印刷(Print)] をクリックします。

          電子メールまたはテキストを送信するには、電子メール アドレスまたは電話番号がゲスト アカウントに関連付けられている必要があります。


          ゲスト パスワードの紛失

          ゲストがパスワードを紛失した場合、以下のいずれかを実行できます。
          • アカウント詳細の再送信:ゲストが自分のパスワードを変更していない場合は、メインの [ゲストアカウントの管理(Manage Guest Accounts)] ページからアカウント詳細を再度送信できます。
          • 新しいゲスト アカウントの作成:ゲストが自分のパスワードを変更した場合は、単にパスワードをリセットすることはできません。 新しいアカウントを作成し、その詳細を提供する必要があります。

          ゲスト アカウント設定

          ゲスト アカウントの作成方法に関係なく、これらのアカウント設定は必須です。

          表 1 ゲスト アカウント設定
          フィールド 使用上のガイドライン
          ゲスト ロール(Guest role)

          Cisco ISE には、ゲスト ユーザを適切なネットワーク アクセス権限にマッピングするためのゲスト ロールが含まれます。 これらのオプションはデフォルトで利用可能ですが、システム管理者がこのリストを制限したり、追加のゲスト ロールを作成する場合があります。

          Guest

          このロールでアカウントを作成すると、アカウントはユーザが最初にログインするまで有効になりません。 これらのゲストのステータスは、ゲストが最初にログインするまで [初期ログインの待機中(Awaiting Initial Login)] として表示されます。

          ActivatedGuest

          このロールを持つアカウントを作成すると、アカウントが自動的に有効になります。 ゲストがまだログインしていない場合でもこれらのゲストのステータスは [アクティブ(Active)] として表示されます。

          アカウントの有効期間(Account duration)

          アカウント有効期間は、ゲスト ユーザがネットワークにどれだけの長さアクセスできるかを指定します。 システム管理者は、このリストを制限したり、追加のリストを作成する場合があります。

          DefaultEightHours

          この 8 時間の時間制限は、アカウントが最初に作成されたときから開始します。 通常、ランダム アカウントの一覧を作成する場合はこのアカウント有効期間を使用しません。

          DefaultFirstLoginEight

          この 8 時間の時間制限は、ゲスト ユーザがゲスト ポータルに最初に正常に接続したときから開始します。

          DefaultStartEnd

          ネットワーク アクセスを開始または停止する特定の日時を指定できます。 このアカウント有効期間は、ネットワーク アクセスを数日間割り当てる必要がある場合に役立ちます。

          時間帯(Time zone) ゲスト アカウントが使用する時間帯を設定します。
          通知の言語(Notification language) アカウントの通知をこのゲストに送信する際に使用する言語を選択します。