Cisco Identity Services Engine 管理者ガイド リリース 1.3
エンドユーザ Web ポータルのカスタマイズ
エンドユーザ Web ポータルのカスタマイズ

目次

エンドユーザ Web ポータルのカスタマイズ

エンドユーザ ポータル

Cisco ISE では、Web ベースのポータルをエンドユーザの 3 つのプライマリ セットに対して提供しています。

  • ゲスト ポータル(ホットスポットとクレデンシャルを持つゲスト ポータル)を使用して企業ネットワークに一時的にアクセスする必要があるゲスト。

  • スポンサー ポータルを使用してゲスト アカウントを作成および管理できるスポンサーとして指定されている従業員。

  • 個人所有デバイスの持ち込み(BYOD)、モバイル デバイス管理(MDM)、デバイス ポータルなどのさまざまな非ゲスト ポータルを使用して、企業ネットワークでパーソナル デバイスを使用している従業員。

エンドユーザ Web ポータルのカスタマイズ

シスコでは、複数のデフォルト ポータルを提供しており、これらを編集および複製したり、追加ポータルを作成したりすることができます。 ポータルの外観を完全にカスタマイズし、その結果として、ポータルのエクスペリエンスをカスタマイズすることもできます。 他のポータルへの影響なく、各ポータルを個別にカスタマイズできます。

ポータル全体またはポータルの特定のページに適用される、次のようなポータル インターフェイスのさまざまな側面をカスタマイズできます。

  • テーマ、イメージ、色、バナー、およびフッター

  • ポータル テキスト、エラー メッセージ、および通知の表示に使用される言語

  • タイトル、コンテンツ、手順、およびフィールドとボタンのラベル

  • 電子メール、SMS、およびプリンタでゲストに送信される通知(アカウント登録ゲスト ポータルとスポンサー ポータルにのみ該当)

  • ユーザに表示されるエラー メッセージと情報メッセージ

  • 特定の必要によってゲスト情報を収集するカスタム フィールド(アカウント登録ゲスト ポータルとスポンサー ポータルにのみ該当)

図 1. カスタマイズ用のポータル ページのレイアウト



カスタマイズ方法

エンドユーザのポータル ページをカスタマイズする方法は複数あり、それぞれ異なるレベルの知識が必要です。

  • 基本:すべての変更はポータルのカスタマイズ ページで行い、次のことができます。
    • バナーとロゴのアップロード。
    • 一部の色の変更(ボタンを除く)。
    • 画面のテキスト、およびポータル全体で使用される言語の変更。
  • 中間
    • ミニ エディタを使用した HTML および Javascript の追加。
    • jquery mobile theme roller を使用したすべてのページ要素の色の変更。
  • 詳細設定
    • プロパティおよび CSS ファイルの手動による変更。

ポータルをカスタマイズした後、それを複製して(同じタイプの)複数のポータルを作成できます。 たとえば、1 つの業務エンティティのホットスポット ゲスト ポータルをカスタマイズした場合、それを複製し、少し変更して他の業務エンティティのカスタム ホットスポット ゲスト ポータルを作成することができます。

ポータルのテーマ、イメージ、およびバナー

Cisco ISE では、「そのまま」使用するか、または新しいカスタム ファイルを作成するためのモデルとして既存の CSS ファイルを使用することでカスタマイズできる、ポータル テーマのデフォルト セットが提供されます。 ただし、カスタマイズされた CSS ファイルを使用しないでポータルの外観を変更することもできます。

たとえば、独自の企業ロゴやバナー イメージを使用する場合は、単にこれらの新しいイメージ ファイルをアップロードして使用することができます。 ポータルのさまざまな要素および領域の色を変更することによって、デフォルトのカラー スキームをカスタマイズできます。 カスタム変更時に、カスタム変更を表示する言語を選択することもできます。

ページ レイアウトの変更やポータル ページへのビデオ クリップまたは広告の追加など、高度なカスタマイズを実行する場合は、代わりに独自のカスタム CSS ファイルを使用できます。

特定のポータルでのこのようなタイプの変更は、そのポータルのすべてのページにグローバルに適用されます。 ページ レイアウトの変更は、ポータル内にグローバルに、または特定の 1 ページのみに適用することができます。

ポータル ページのタイトル、コンテンツ、およびラベル

エンドユーザ Web ポータル ページでゲストに表示されるタイトル、テキスト ボックス、手順、フィールドとボタンのラベル、その他の視覚要素をカスタマイズすることができます。 ページをカスタマイズしているときに、随時ページ設定を編集することもできます。

これらの変更は、カスタマイズしている特定のページにのみ適用されます。

ポータルの基本的なカスタマイズ

ニーズに最適な事前定義済みテーマを選択し、デフォルト設定のほとんどを使用します。 その後、次のような基本的なカスタマイズが可能です。


ヒント


更新するときに、カスタマイズの参照を行うことができます。


カスタマイズの参照

カスタマイズがポータル ユーザ(ゲスト、スポンサー、従業員)にどのように表示されるかを確認できます。

  • [ポータル テスト URL(Portal test URL)] をクリックして、「ライブ」ポータルに変更を表示します。

  • 変更がさまざまなデバイスでどのように表示されるかを動的に確認するには、[プレビュー(Preview)] をクリックします。

    • モバイル デバイス:[プレビュー(Preview)] で変更を確認します。
    • デスクトップ デバイス:[プレビュー(Preview)] をクリックし、[デスクトップ プレビュー(Desktop Preview)] をクリックします。 新しいタブが開いて、すべての変更がこのタブに表示されます。

    変更が表示されない場合は、[プレビューのリフレッシュ(Refresh Preview)] をクリックします。 表示されるポータルは、変更を確認するためだけのものです。ボタンをクリックしたり、データを入力したりすることはできません。

ポータルのテーマ カラーの変更

デフォルト ポータル テーマのデフォルト カラー スキームをカスタマイズして、ポータルのさまざまな要素と領域の色を変更できます。 これらの変更は、カスタマイズしているポータル全体に適用されます。

ポータルの色を変更する場合は、次のことに注意してください。

  • このオプションを使用して、このポータルで使用するためにインポートしたカスタム ポータル テーマのカラー スキームを変更することはできません。 その色の設定を変更するには、カスタム テーマ CSS ファイルを編集する必要があります。

  • ポータルのテーマ カラーを変更した後で、[ポータル テーマ(Portal Theme)] ドロップダウン メニューから別のポータルのテーマを選択した場合、元のポータル テーマの変更は失われ、デフォルト カラーに戻ります。

  • 変更済みのカラー スキームを使用してポータルのテーマ カラーを調整し、保存する前に色をリセットした場合、カラー スキームはデフォルト カラーに戻り、前の変更はすべて失われます。

手順
    ステップ 1   次のポータルに移動します。
    • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
    • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
    • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
    ステップ 2   [ポータル テーマ(Portal Theme)] ドロップダウン リストからデフォルト テーマの 1 つを選択します。
    ステップ 3   [調整(Tweaks)] をクリックして、選択したデフォルト ポータル テーマの色の設定の一部を上書きします。
    1. バナーとページ背景、テキスト、およびラベルの色の設定を変更します。
    2. テーマのデフォルト カラー スキームに戻す場合は、[色のリセット(Reset Colors)] をクリックします。
    3. [プレビュー(Preview)] で色の変更を確認する場合は、[OK] をクリックします。
    ステップ 4   [保存(Save)] をクリックします。

    ポータルの表示言語の変更

    カスタム変更を加えるときに、変更内容を表示する言語を選択できます。 この変更は、カスタマイズしているポータル全体に適用されます。

    手順
      ステップ 1   次のポータルに移動します。
      • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [グローバルなカスタマイズ(Global Customization)] を選択します。
      • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [グローバルなカスタマイズ(Global Customization)] を選択します。
      • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [グローバルなカスタマイズ(Global Customization)] を選択します。
      ステップ 2   [表示(View In)] ドロップダウン リストから、ページをカスタマイズするときにテキストを表示する言語を選択します。

      ドロップダウン リストには、特定のポータルに関連付けられた言語ファイルにあるすべての言語が含まれています。


      次の作業

      ポータル ページをカスタマイズするときに選択した言語に加えた変更が、サポート対象のすべての言語プロパティ ファイルで更新されていることを確認します。

      ポータルのアイコン、イメージ、およびロゴの変更

      独自の企業ロゴ、アイコン、およびバナー イメージを使用する場合は、カスタム イメージをアップロードするだけで既存のイメージを置き換えることができます。 サポートされている画像形式は、.gif、.jpg、.jpeg、.png です。 これらの変更は、カスタマイズしているポータル全体に適用されます。

      はじめる前に

      ポータルのフッター(たとえば、アドバタイズメント)にイメージを含めるには、そのイメージがある外部サーバにアクセスできる必要があります。

      手順
        ステップ 1   次のポータルに移動します。
        • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
        • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
        • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
        ステップ 2   [イメージ(Images)] で、ロゴ、アイコン、イメージのボタンをクリックし、カスタム イメージをアップロードします。
        ステップ 3   [保存(Save)] をクリックします。

        ポータルのバナーおよびフッター要素の更新

        ポータルの各ページのバナーおよびフッター セクションに表示される情報をカスタマイズできます。 これらの変更は、カスタマイズしているポータル全体に適用されます。

        手順
          ステップ 1   次のポータルに移動します。
          • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
          • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
          • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
          ステップ 2   各ポータル ページに表示される [バナー タイトル(Banner title)] を変更します。
          ステップ 3   ポータルを使用するゲスト用に次のリンクを含めます。
          • [ヘルプ(Help)]:オンライン ヘルプ(スポンサーおよびデバイス ポータルにのみ提供します)。

          • [連絡先(Contact)]:テクニカル サポート(このことができるようにするには、[サポート情報(Support Information)] ページを設定します)。

          ステップ 4   各ポータル ページの下部に表示される [フッター要素(Footer Elements)] に利用規約または著作権表示を追加します。
          ステップ 5   [保存(Save)] をクリックします。

          タイトル、手順、ボタン、およびラベル テキストの変更

          ポータルに表示されるすべてのテキストを更新できます。 カスタマイズするページの各 UI 要素に、入力できる文字数の最小範囲および最大範囲があります。 テキスト ブロックの一部が使用可能な場合、ミニ エディタを使用して表示スタイルをテキストに適用できます。 これらの変更は、カスタマイズしている特定のポータル ページにだけ適用されます。 これらのページ要素は、電子メール、SMS、印刷通知ごとに異なります。

          手順
            ステップ 1   次のポータルに移動します。
            • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
            • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
            • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
            ステップ 2   [ページ(Pages)] で、変更するページを選択します。
            ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、表示された UI 要素を更新します。 すべてのページに [ブラウザ ページ タイトル(Browser Page Title)]、[コンテンツ タイトル(Content Title)]、[説明テキスト(Instructional Text)]、[コンテンツ(Content)]、および 2 つの [任意のコンテンツ(Optional Content)] の各テキスト ブロックが含まれています。 [コンテンツ(Content)] 領域のフィールドはすべてのページに固有です。

            テキスト ボックスの内容のフォーマットおよびスタイル

            テキストの基本的な書式設定を行うには、[説明テキスト(Instructional Text)]、[オプションの内容 1(Optional Content 1)]、および [オプションの内容 2(Optional Content 2)] テキスト ボックスにあるミニ エディタを使用します。 これらの変更は、カスタマイズしている特定のポータル ページにだけ適用されます。

            [全画面表示の切り替え(Toggle Full Screen)] ボタンを使用して、作業しているテキスト ボックスのサイズを拡大および縮小します。

            手順
              ステップ 1   次のポータルに移動します。
              • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
              • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
              • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
              ステップ 2   [ページ(Pages)] で、変更するページを選択します。
              ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] の、[説明テキスト(Instructional Text)] および [オプションの内容(Optional Content)] テキスト ボックスで、次の操作を実行できます。
              • テキストのフォント、色、サイズを変更します。
              • テキストに太字、イタリック体、下線のスタイルを設定します。
              • 箇条書きおよび番号付きリストを作成します。

              ミニエディタを使用してフォーマットしたテキストに適用された HTML タグを見るために [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンを使用することもできます。


              ポータルの高度なカスタマイズ

              Cisco ISE から提供されるデフォルトのポータル テーマの 1 つを使用しない場合、ニーズに合わせてポータルをカスタマイズできます。 そのためには、CSS および Javascript ファイルと jQuery Mobile ThemeRoller アプリケーションの使用経験が必要です。

              デフォルトのポータル テーマを変更することはできませんが、次の操作を実行できます。

              専門知識と要件の範囲に基づいて、事前定義済み変数の使用など、さまざまなタイプの高度なカスタマイズを実行できます。これにより、表示される情報の整合性の実現、ポータル ページへのアドバタイズメントの追加、HTML、CSS、および Javascript コードを使用した内容のカスタマイズ、ポータル ページのレイアウト変更が可能になります。

              カスタマイズの参照

              カスタマイズがポータル ユーザ(ゲスト、スポンサー、従業員)にどのように表示されるかを確認できます。

              • [ポータル テスト URL(Portal test URL)] をクリックして、「ライブ」ポータルに変更を表示します。

              • 変更がさまざまなデバイスでどのように表示されるかを動的に確認するには、[プレビュー(Preview)] をクリックします。

                • モバイル デバイス:[プレビュー(Preview)] で変更を確認します。
                • デスクトップ デバイス:[プレビュー(Preview)] をクリックし、[デスクトップ プレビュー(Desktop Preview)] をクリックします。 新しいタブが開いて、すべての変更がこのタブに表示されます。

                変更が表示されない場合は、[プレビューのリフレッシュ(Refresh Preview)] をクリックします。 表示されるポータルは、変更を確認するためだけのものです。ボタンをクリックしたり、データを入力したりすることはできません。

              ポータルのカスタマイズの設定

              Cisco ISE では、[ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] に表示されているさまざまなページのテキスト ボックスで HTML および Javascript コードを使用して、エンドユーザ ポータルに表示される内容をカスタマイズすることができます。

              手順
                ステップ 1   [管理(Administration)] > [システム(System)] > [管理者アクセス(Admin Access)] > [設定(Settings)] > [ポータルのカスタマイズ(Portal Customization)] を選択します。
                ステップ 2   [HTML を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML)] がデフォルトでオンになっていることを確認します。 この設定によって、[説明テキスト(Instructional Text)]、[オプションの内容 1(Optional Content 1)]、および [オプションの内容 2(Optional Content 2)] テキストボックスに HTML タグを含めることができます。
                ステップ 3   [説明テキスト(Instructional Text)]、[オプションの内容 1(Optional Content 1)]、および [オプションの内容 2(Optional Content 2)] テキストボックスに <script> タグを含めることによって、高度な JavaScript カスタマイゼーションを行う場合は、[HTML と Javascript を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML and Javascript)] をオンにします。

                次の作業

                さまざまなポータルにアクセスし、ここで有効にしたオプションに基づいてテキスト ボックスに HTML および JavaScript コードを入力できます。

                ポータル テーマと構造 CSS ファイル

                CSS ファイルの使用に関する経験がある場合、デフォルトのポータル テーマ CSS ファイルをカスタマイズして、ポータル プレゼンテーションを変更し、ページ レイアウト、色、フォントなどの要素を操作できます。 CSS ファイルをカスタマイズすると、プレゼンテーションの特性の指定における柔軟性と制御が向上し、複数のページでフォーマットを共有することが可能になり、構造化されたコンテンツの複雑さと繰り返しが削減されます。

                Cisco ISE エンドユーザ ポータルは、種類が異なる 2 つの CSS ファイル(structure.css および theme.css)を使用します。 ポータル テーマごとに独自の theme.css ファイルがありますが、ポータル タイプにつき structure.css ファイルは 1 つのみです(例:ゲスト ポータルの場合は guest.structure.css、スポンサー ポータルの場合は sponsor.structure.css、デバイス ポータルの場合は mydevices.structure.css)。

                structure.css では、ページ レイアウトと構造のスタイルを指定しています。 これには各ページの要素の位置が定義され、jQuery Mobile 構造のスタイルも含まれています。 structure.css ファイルは表示のみ可能で、編集することはできません。 ただし、theme.css ファイル内のページ レイアウトを変更し、これらのファイルをポータルにインポートして適用すると、最新の変更が structure.css のスタイルよりも優先されます。

                theme.css ファイルは、フォント、ボタンの色、ヘッダーの背景などのスタイルを指定します。 theme.css ファイルをエクスポートし、テーマ設定を変更してインポートし、ポータルのカスタム テーマとして使用できます。 theme.css ファイルに対するページ レイアウト スタイルの変更は、structure.css ファイルで定義されるスタイルよりも優先されます。

                シスコが提供するデフォルトのポータル theme.css ファイルは変更できません。 ただし、ファイル内の設定を編集して、新しいカスタム theme.css ファイルに保存できます。 カスタム theme.css ファイルをさらに編集することはできますが、Cisco ISE に再度インポートする場合は、最初に使用されていたのと同じテーマ名にしてください。 同じ theme.css ファイルに 2 つの異なるテーマ名を使用することはできません。

                たとえば、デフォルトの green theme.css ファイルを使用して新しいカスタム blue theme.css ファイルを作成し、Blue と名付けることができます。 その後、blue theme.css ファイルを編集できますが、これを再度インポートする場合は、同じテーマ名の Blue を再利用する必要があります。 Cisco ISE はファイル名やその名前とテーマ名の一意性の関係を確認するため、そのファイルを Red という名前にすることはできません。 ただし、blue theme.css ファイルを編集し、red theme.css として保存し、新規ファイルをインポートして Red と名付けることは可能です。

                jQuery Mobile ThemeRoller リリース 1.3.2 の基本情報

                jQuery Mobile のテーマには、フォント ファミリ、ボタンとボックスの角丸の値、アイコンの丸囲みの色、オーバーレイの影効果を定義するグローバル設定が含まれます。

                アプリケーションでは、A から Z までの文字が付いた、それぞれ一意のカラー スキームを持つ 26 個の色の「スウォッチ」を作成できますが、Cisco ISE ポータル ページでは 3 つのスウォッチ(A、B、および C)のみを使用します。 それぞれのスウォッチは、ツールバー、コンテンツ ブロック、ボタン、リスト項目、影付きテキスト フォントなど、テーマに含まれるプライマリ要素の色、テクスチャ、およびフォント設定を定義します。 さらに、ボタンのさまざまな相互作用状態(通常、マウスオーバー時、および押された時)の設定を定義できます。

                たとえば、ゲストに表示する AUP ページに次のようにスウォッチを使用できます。

                • スウォッチ A:[拒否(Reject)] ボタンなどの非強調要素の背景を変更します。

                • スウォッチ B:[承認(Accept)] ボタンなどの強調要素を定義します。

                • スウォッチ C:アラートやエラー メッセージなどのコントロール要素を定義します。

                4 つ以上のスウォッチがあるカスタム テーマを使用する場合、新たに追加されたスウォッチを使用する要素を含む HTML コードを(オプション コンテンツなどに)追加しない限り、追加のスウォッチを適用することはできません。

                シスコ提供のデフォルトの CSS ファイルを編集するか、またはデフォルトのテーマに定義されている CSS クラスおよび構造に基づいて新しいファイルを作成するには、jQuery Mobile ThemeRoller(リリース 1.3.2)の必要なバージョンを使用してください。

                jQuery Mobile ThemeRoller のスウォッチおよびテーマの詳細情報については、『Creating a Custom Theme with ThemeRoller』の「Theming Overview」を参照してください。 jQuery Mobile ThemeRoller のオンライン ヘルプを使用して、カスタム テーマをダウンロード、インポート、および共有する方法を学習します。

                HTML、CSS、および Javascript コードを使用して、ポータル ページに表示されるテキストおよびコンテンツをカスタマイズする方法のチュートリアルについては、Code Academy にアクセスしてください。

                ロケーションに基づくカスタマイズ

                ゲスト アカウントが作成されるときに、それらをロケーションに関連付けて Service Set Identifier(SSID)属性を指定することできます。 ロケーションと SSID のどちらも、CSS クラスとして使用することができます。これを使用すると、ゲストのロケーションと SSID に基づいて、それぞれ異なる CSS スタイルをポータル ページに適用できます。


                (注)  


                この情報は、クレデンシャルを持つゲスト ポータルにのみ、ゲストがログインした後に適用されます。


                次に例を示します。

                • ゲスト ロケーション:ロケーションとして San Jose または Boston を持つアカウント付きゲストがクレデンシャルを持つゲスト ポータルにログインした場合、guest-location-san-jose または guest-location-boston のいずれかのクラスをすべてのポータル ページで使用できます。

                • ゲスト SSID:Coffee Shop Wireless という名前の SSID の場合、すべてのポータル ページで guest-ssid-coffee-shop-wireless という CSS クラスを使用できます。 この SSID は、ゲスト アカウントに指定した SSID であり、ログイン時にゲストが接続した SSID ではありません。

                スイッチやワイヤレス LAN コントローラ(WLC)などのデバイスをネットワークに追加するときに、ロケーションも指定できます。 このロケーションも CSS クラスとして使用することができ、これを使用すると、ネットワーク デバイスのロケーションに応じて、それぞれ異なる CSS スタイルをポータル ページに適用できます。

                たとえば、WLC が Seattle に割り当てられ、ゲストが Seattle-WLC から Cisco ISE にリダイレクトされた場合、すべてのポータル ページで device-location-my-locations-usa-seattle という CSS クラスを使用できます。

                ユーザ デバイス タイプに基づくカスタマイズ

                Cisco ISE は、ユーザ(ゲスト、スポンサー、または従業員)が使用するクライアント デバイスのタイプを検出し、企業のネットワークまたはエンドユーザ Web ポータル(ゲスト、スポンサーおよびデバイス)にアクセスします。 タイプは、モバイル デバイス(Android、iOS など)またはデスクトップ デバイス(Windows、MacOS など)のいずれかとして検出されます。 デバイス タイプは、CSS クラスとして利用できます。このクラスは、ユーザのデバイス タイプに基づいてポータル ページに異なる CSS スタイルを適用するために使用できます。

                ユーザは Cisco ISE のエンドユーザ Web ポータルにログインすると、それらのポータル ページで cisco-ise-mobile クラスまたは cisco-ise-desktop クラスを使用できます。

                ポータルのデフォルト テーマ CSS ファイルのエクスポート

                シスコが提供するデフォルトのポータル テーマをダウンロードし、ニーズに合わせてカスタマイズできます。 それを高度なカスタマイズを実行するための基本として使用できます。

                手順
                  ステップ 1   次のポータルに移動します。
                  • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [ページ(Pages)] を選択します。
                  • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [ページ(Pages)] を選択します。
                  • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [ページ(Pages)] を選択します。
                  ステップ 2   [高度なカスタマイズ(Advanced Customization)] ドロップダウン リストから [テーマのエクスポート/インポート(Export/Import Themes)] を選択します。
                  ステップ 3   [カスタム テーマ(Custom Theming)] ダイアログボックスで、ドロップダウン リストを使用してカスタマイズするテーマを選択します。
                  ステップ 4   [テーマ CSS のエクスポート(Export Theme CSS)] をクリックして、カスタマイズするデフォルトの theme.css ファイルをダウンロードします。
                  ステップ 5   [保存(Save)] をクリックしてファイルをデスクトップに保存します。

                  カスタム ポータル テーマ CSS ファイルの作成

                  カスタム ポータル テーマを作成するには、既存のデフォルト ポータル テーマをカスタマイズして、新規ポータルの theme.css ファイルに変更を保存します。 デフォルト テーマの設定および見本を変更して、選択したポータルへのグローバルな変更を行うことができます。

                  はじめる前に
                  • カスタマイズするポータルから theme.css ファイルをデスクトップにダウンロードする必要があります。

                  • HTML、CSS、および Javascript コードの使用経験が必要です。

                  • jQuery Mobile ThemeRoller リリース 1.3.2 にアクセスできる必要があります。

                  手順
                    ステップ 1   ダウンロードしたポータルの theme.css ファイルのコンテンツを jQuery Mobile ThemeRoller ツールにインポートします。
                    ヒント   

                    変更時に、カスタマイズの参照することができます。

                    ステップ 2   (任意)ポータル コンテンツに組み込まれたリンク
                    ステップ 3   (任意)動的なテキスト更新の変数の挿入
                    ステップ 4   (任意)テキストをフォーマットし、リンクを含めるソース コードの使用
                    ステップ 5   (任意)アドバタイズメントとしてのイメージの追加
                    ステップ 6   (任意)ゲスト ロケーションに基づいたグリーティングのカスタマイズ
                    ステップ 7   (任意)ユーザ デバイス タイプに基づいたグリーティングのカスタマイズ
                    ステップ 8   (任意)カルーセル アドバタイジングの設定
                    ステップ 9   (任意)ポータル ページのレイアウトの変更
                    ステップ 10   カスタマイズされたファイルを新しい theme.css ファイルとして保存します。
                    (注)     

                    デフォルト CSS テーマ ファイルに編集内容を保存することはできません。 編集を使用して新しいカスタム ファイルを作成することのみができます。

                    ステップ 11   新しい theme.css ファイルは、準備を整えた後、Cisco ISE にインポートできます。

                    ポータル コンテンツに組み込まれたリンク

                    リンクを追加して、ゲストがポータル ページからさまざまな Web サイトにアクセスできるようにすることができます。 これらの変更は、カスタマイズしている特定のポータル ページにだけ適用されます。

                    [全画面表示の切り替え(Toggle Full Screen)] ボタンを使用して、作業しているテキスト ボックスのサイズを拡大および縮小します。

                    手順
                      ステップ 1   次のポータルに移動します。
                      • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                      • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                      • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                      ステップ 2   [ページ(Pages)] で、更新するページを選択します。
                      ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、[オプションの内容(Optional Content)] テキスト ブロックで提供されるミニエディタを使用して、ポータル ページへのリンクを追加します。
                      ステップ 4   [リンクの作成(Create Link)] ボタンをクリックします。 [リンク プロパティ(Link Properties)] ダイアログボックスが表示されます。
                      ステップ 5   [URL] の [説明(Description)] ウィンドウに、ハイパーリンクする URL およびテキストを入力します。
                      ステップ 6   [設定(Set)] をクリックし、[保存(Save)] をクリックします。

                      ミニエディタを使用してフォーマットしたテキストに適用された HTML タグを見るために [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンを使用できます。


                      動的なテキスト更新の変数の挿入

                      内容を動的に更新する事前定義済みの変数($variable$)を代わりに使用することによって、ポータルに表示されるテキストのテンプレートを作成することもできます。 これにより、ゲストに表示するテキストと情報の一貫性が維持されます。 これらの変更は、カスタマイズしている特定のポータル ページにだけ適用されます。

                      [全画面表示の切り替え(Toggle Full Screen)] ボタンを使用して、作業しているテキスト ボックスのサイズを拡大および縮小します。

                      手順
                        ステップ 1   次のポータルに移動します。
                        • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                        • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                        • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                        ステップ 2   [ページ(Pages)] で、更新するページを選択します。
                        ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、[説明テキスト(Instructional Text)]、[オプションの内容 1(Optional Content 1)]、および [オプションの内容 2(Optional Content 2)] テキスト ボックスで提供されるミニエディタを使用して、ポータル ページのテキスト テンプレートを作成します。

                        たとえば、複数のゲスト用に単一の初期メッセージ テンプレートを作成し、正常にログインしてネットワークに接続した後にゲストに表示するメッセージをカスタマイズできます。

                        ステップ 4   通常どおりにテキスト ボックスに情報を入力します。
                        たとえば、ポータル用の初期メッセージを入力することができます。
                        Welcome to our company’s Guest portal, 
                        ステップ 5   テキストの代わりに変数を使用するポイントで、[変数の挿入(Insert Variable)] ボタンをクリックします。 変数のリストがポップアップ メニューに表示されます。
                        ステップ 6   テキストの代わりに使用する変数を選択します。
                        この例では、初期メッセージに各ゲストの名を表示する [名(First name)] を選択します。 変数 $ui_first_name$ がカーソル位置に挿入されます。
                        Welcome to our company’s Guest portal,$ui_first_name$.

                        これは John という名のゲストのポータルの初期ページに表示される初期メッセージです。当社のゲスト ポータルへようこそ、John

                        ステップ 7   テキスト ボックスに情報を入力し終えるまで、必要に応じて続けて変数のリストを使用します。
                        ステップ 8   [保存(Save)] をクリックします。

                        ミニエディタを使用してフォーマットしたテキストに適用された HTML タグを見るために [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンを使用できます。


                        テキストをフォーマットし、リンクを含めるソース コードの使用

                        ミニ エディタのフォーマットとプレーン テキスト付きリンク アイコンの使用に加えて、HTML、CSS、および Javascript コードを使用して、ポータル ページに表示されるテキストをカスタマイズすることもできます。 これらの変更は、カスタマイズしている特定のポータル ページにだけ適用されます。

                        [全画面表示の切り替え(Toggle Full Screen)] ボタンを使用して、作業しているテキスト ボックスのサイズを拡大および縮小します。

                        はじめる前に

                        [管理(Administration)] > [システム(System)] > [管理者アクセス(Admin Access)] > [設定(Settings)] > [ポータルのカスタマイズ(Portal Customization)] で [HTML を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML)] がデフォルトで有効になっていることを確認します。

                        手順
                          ステップ 1   次のポータルに移動します。
                          • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                          • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                          • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                          ステップ 2   [ページ(Pages)] で、更新するページを選択します。
                          ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、[説明テキスト(Instructional Text)]、[任意のコンテンツ 1(Optional Content 1)]、および [任意のコンテンツ 2(Optional Content 2)] テキスト ボックスで提供されるミニエディタを使用して、ソース コードを入力および表示します。
                          ステップ 4   [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンをクリックします。
                          ステップ 5   ソース コードを入力します。
                          たとえば、テキストに下線を引くには、次のように入力します。
                          <p style="text-decoration:underline;">Welcome to Cisco!</p>
                          たとえば、HTML コードを使用してリンクを含めるには、次のように入力します。
                          <a href="http://www.cisco.com">Cisco</a>
                          重要:

                          外部 URL を HTML コードで挿入する場合は、「http」または「https」を含む絶対(全体的な)URL パスを入力することを確認します。

                          ステップ 6   [保存(Save)] をクリックします。

                          アドバタイズメントとしてのイメージの追加

                          ポータル ページの特定の領域に表示されるイメージおよびアドバタイズメントを含めることができます。

                          [全画面表示の切り替え(Toggle Full Screen)] ボタンを使用して、作業しているテキスト ボックスのサイズを拡大および縮小します。

                          はじめる前に

                          [管理(Administration)] > [システム(System)] > [管理アクセス(Admin Access)] > [設定(Settings)] > [ポータルのカスタマイズ(Portal Customization)] で [HTML を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML)] が有効になっていることを確認します。

                          手順
                            ステップ 1   次のポータルに移動します。
                            • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                            • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                            • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                            ステップ 2   [ページ(Pages)] で、更新するページを選択します。
                            ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、[説明テキスト(Instructional Text)]、[任意のコンテンツ 1(Optional Content 1)]、および [任意のコンテンツ 2(Optional Content 2)] テキスト ボックスで提供されるミニエディタを使用して、ソース コードを入力および表示します。
                            ステップ 4   [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンをクリックします。
                            ステップ 5   ソース コードを入力します。
                            たとえば、ホットスポット ゲスト ポータル ポスト アクセス バナーに HTML コードを使用して製品アドバタイズメントおよびそのイメージを含めるには、このコードを [ポスト アクセス バナー(Post-Access Banner)] ページの [任意のコンテンツ 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスに入力します。
                            <p style="text-decoration:underline;">Optimized for 10/40/100 Campus Services!</p>
                            <img  src="http://www.static-cisco.com/assets/prod/root/catalyst_6800.jpg" width="100%" />
                            (注)     

                            外部 URL を HTML コードで挿入する場合は、「http」または「https」を含む絶対(全体的な)URL パスを入力することを確認します。

                            図 2. アドバタイズメントのサンプル イメージ



                            ステップ 6   [保存(Save)] をクリックします。

                            カルーセル アドバタイジングの設定

                            カルーセル アドバタイジングは、複数の製品イメージまたは説明テキストが表示され、バナー内で循環して繰り返されるアドバタイズメントの形式です。 ゲスト ポータルでカルーセル アドバタイジングを使用して、複数の関連製品や、会社が提供するさまざまな製品を宣伝します。

                            [全画面表示の切り替え(Toggle Full Screen)] ボタンを使用して、作業しているテキスト ボックスのサイズを拡大および縮小します。

                            はじめる前に

                            [管理(Administration)] > [システム(System)] > [管理者アクセス(Admin Access)] > [設定(Settings)] > [ポータルのカスタマイズ(Portal Customization)] を選択し、[HTML と Javascript を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML and Javascript)] をオンにします。

                            手順
                              ステップ 1   次のポータルに移動します。
                              • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                              • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                              • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                              ステップ 2   [ページ(Pages)] で、更新するページを選択します。
                              ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、[説明テキスト(Instructional Text)]、[任意のコンテンツ 1(Optional Content 1)]、および [任意のコンテンツ 2(Optional Content 2)] テキスト ボックスで提供されるミニエディタを使用して、ソース コードを入力および表示します。
                              ステップ 4   [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンをクリックします。
                              ステップ 5   ソース コードを入力します。
                              たとえば、ゲスト ポータルで製品イメージを使用してカルーセル アドバタイジングを実装するには、[ポスト アクセス バナー(Post-Access Banner)](ホットスポット ポータルの場合)または [ポスト ログイン バナー(Post Login Banner)](クレデンシャルを持つゲスト ポータルの場合)ページの [オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスに次の HTML および Javascript コードを入力します。
                              <script>
                              var currentIndex = 0;
                              setInterval(changeBanner, 5000);
                              
                              function changeBanner(){
                              var bannersArray = ["<img src='http://www.cisco.com/c/en/us/products/routers/index/_jcr_content/
                              content_parsys/overview/layout-overview/gd12v2/gd12v2-left/n21v1_cq/
                              n21v1DrawerContainer.img.jpg/1379452035953.jpg' width='100%'/>", 
                              "<img src='http://www.cisco.com/c/en/us/products/routers/index/_jcr_content/
                              content_parsys/overview/layout-overview/gd12v2/gd12v2-left/n21v1_cq_0/
                              n21v1DrawerContainer.img.jpg/1400748629549.jpg' width='100%' />", 
                              "<img src='http://www.cisco.com/c/en/us/products/routers/index/_jcr_content/
                              content_parsys/overview/layout-overview/gd12v2/gd12v2-left/n21v1_cq_1/
                              n21v1DrawerContainer.img.jpg/1376556883237.jpg' width='100%'/>"  
                              
                              ];
                                var div = document.getElementById("image-ads");
                                if(div){
                                   currentIndex = (currentIndex<2) ? (currentIndex+1) : 0;
                                    div.innerHTML = bannersArray[currentIndex];
                                 }
                              }
                              </script>
                              <style>
                              .grey{
                              color: black;
                              background-color: lightgrey;
                              }
                              </style>
                              <div class="grey" id="image-ads">
                              <img src='http://www.cisco.com/c/en/us/products/routers/index/_jcr_content/
                              content_parsys/overview/layout- overview/gd12v2/gd12v2-left/n21v1_cq/
                              n21v1DrawerContainer.img.jpg/1379452035953.jpg'/>
                              </div>
                              
                              たとえば、ゲスト ポータルで製品の説明テキストを使用してカルーセル アドバタイジングを実装するには、[ポスト アクセス バナー(Post-Access Banner)](ホットスポット ポータルの場合)または [ポスト ログイン バナー(Post Login Banner)](クレデンシャルを持つゲスト ポータルの場合)ページの [オプションの内容 2(Optional Content 2)] テキスト ボックスに次の HTML および Javascript コードを入力します。
                              <script>
                              var currentIndex = 0;
                              setInterval(changeBanner, 2000);
                              
                              function changeBanner(){
                              var bannersArray = ["Optimize branch services on a single platform while delivering an optimal 
                              application experience across branch and WAN infrastructure", "Transform your Network Edge to 
                              deliver high-performance, highly secure, and reliable services to unite campus, data center, 
                              and branch networks",  "Differentiate your service portfolio and increase revenues by delivering 
                              end-to-end scalable solutions and subscriber-aware services"];
                              
                              var colorsArray = ["grey", "blue",  "green"];
                                var div = document.getElementById("text-ads");
                                if(div){
                                   currentIndex = (currentIndex<2) ? (currentIndex+1) : 0;
                                    div.innerHTML = bannersArray[currentIndex];
                                             div.className = colorsArray[currentIndex];
                                 }
                              }
                              </script>
                              <style>
                              .grey{
                              color: black;
                              background-color: lightgrey;
                              }
                              .blue{
                              color: black;
                              background-color: lightblue;
                              }
                              .green{
                              color: black;
                              background-color: lightgreen;
                              }
                              </style>
                              <div class="grey" id="text-ads">
                              Optimize branch services on a single platform while delivering an optimal application 
                              experience across branch and WAN infrastructure
                              </div>
                              
                              (注)     

                              外部 URL を HTML コードで挿入する場合は、「http」または「https」を含む絶対(全体的な)URL パスを入力する必要があります。

                              ステップ 6   [保存(Save)] をクリックします。

                              ゲスト ロケーションに基づいたグリーティングのカスタマイズ

                              ゲストがクレデンシャルを持つゲスト ポータルにログインした後に送信するグリーティングを、ゲスト アカウントに関連付けられているロケーションおよび SSID に基づいてカスタマイズできます。 ゲストは、ネットワークへのログイン時にこの SSID に接続しない可能性があります。

                              [全画面表示の切り替え(Toggle Full Screen)] ボタンを使用して、作業しているテキスト ボックスのサイズを拡大および縮小します。

                              手順
                                ステップ 1   次のポータルに移動します。
                                • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                ステップ 2   [ページ(Pages)] で、更新するページを選択します。
                                ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、[オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスで提供されるミニエディタを使用して、HTML ソース コードを入力および表示します。
                                ステップ 4   [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンをクリックします。
                                ステップ 5   ソース コードを入力します。 たとえば、[AUP] ページにロケーションベースのメッセージを含めるには、[AUP] ページの [オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスに次のコードを入力します。
                                <style>
                                    .custom-greeting {
                                        display: none;
                                    }
                                    .guest-location-san-jose .custom-san-jose-greeting {
                                        display: block;
                                    }
                                    .guest-location-boston .custom-boston-greeting {
                                        display: block;
                                    }
                                </style>
                                <div class="custom-greeting custom-san-jose-greeting">
                                    Welcome to The Golden State!
                                </div>
                                <div class="custom-greeting custom-boston-greeting">
                                    Welcome to The Bay State!
                                </div>
                                
                                [AUP] ページで、特定のロケーションに応じた異なるグリーティングがゲストに対して表示されます。

                                ユーザ デバイス タイプに基づいたグリーティングのカスタマイズ

                                ユーザが Cisco ISE エンドユーザ Web ポータル(ゲスト、スポンサーおよびデバイス)のいずれかにログインした後に、ユーザに送信するグリーティングを、クライアント デバイス タイプ(モバイルまたはデスクトップ)に基づいてカスタマイズできます。

                                [全画面表示の切り替え(Toggle Full Screen)] ボタンを使用して、作業しているテキスト ボックスのサイズを拡大および縮小します。

                                手順
                                  ステップ 1   次のポータルに移動します。
                                  • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                  • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                  • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                  ステップ 2   [ページ(Pages)] で、更新するページを選択します。
                                  ステップ 3   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、[オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスで提供されるミニエディタを使用して、HTML ソース コードを入力および表示します。
                                  ステップ 4   [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンをクリックします。
                                  ステップ 5   ソース コードを入力します。 たとえば、AUP ページにデバイス タイプベースのメッセージを含めるには、[AUP] ページの [オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスに次のコードを入力します。
                                  <style>
                                      .custom-greeting {
                                          display: none;
                                      }
                                      .cisco-ise-desktop .custom-desktop-greeting {
                                          display: block;
                                      }
                                      .cisco-ise-mobile .custom-mobile-greeting {
                                          display: block;
                                      }
                                  </style>
                                  <div class="custom-greeting custom-mobile-greeting">
                                      Try our New Dark French Roast! Perfect on the Go!
                                  </div>
                                  <div class="custom-greeting custom-desktop-greeting">
                                      We brough back our Triple Chocolate Muffin!
                                      Grab a seat and dig in!
                                  </div>
                                  
                                  ユーザがネットワークまたはポータルへのアクセスを取得するために使用したデバイスに応じて、[AUP] ページに異なるグリーティングが表示されます。

                                  ポータル ページのレイアウトの変更

                                  ページの全体的なレイアウトを操作できます。たとえば、追加情報や情報へのリンクを提供するサイドバーを AUP ページに追加できます。

                                  手順
                                    ステップ 1   作成し、ポータルに適用するカスタム theme.css ファイルの末尾に次の CSS コードを追加します。 これにより、[オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスが次のように表示されるように AUP ページのレイアウトが変更されます。
                                    • デスクトップ デバイス モードのサイド バー

                                    • モバイル デバイス モードのサイド バー

                                    #page-aup .cisco-ise-optional-content-1 {
                                            margin-bottom: 5px;
                                    }
                                    @media all and ( min-width: 60em ) {
                                            #page-aup .cisco-ise-optional-content-1 {
                                                    float: left;
                                                    margin-right: 5px;
                                                    width: 150px;
                                            }
                                            #page-aup .cisco-ise-main-content {
                                                    float: left;
                                                    width: 800px;
                                            }
                                            #page-aup .cisco-ise-main-content h1,
                                            #page-aup .cisco-ise-main-content p {
                                                    margin-right: auto;
                                                    margin-left: -200px;
                                            }
                                    }
                                    

                                    次に、ポータルの AUP ページの [オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスで HTML コードを使用して、リンクを追加できます。

                                    ステップ 2   次のポータルに移動します。
                                    • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                    • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                    • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                    ステップ 3   [ページ(Pages)] で、サイド バーを追加するページを選択します。
                                    ステップ 4   [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] で、[オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスで提供されるミニエディタを使用して、ソース コードを入力および表示します。
                                    ステップ 5   [HTML ソースの切り替え(Toggle HTML Source)] ボタンをクリックします。
                                    ステップ 6   ソース コードを入力します。

                                    たとえば、AUP ページにサイド バーを含めるには、AUP ページの [オプションの内容 1(Optional Content 1)] テキスト ボックスにこのコードを入力します。

                                    <ul data-role="listview">
                                        <li>Rent a Car</li>
                                        <li>Top 10 Hotels</li>
                                        <li>Free Massage</li>
                                        <li>Zumba Classes</li>
                                    </ul>
                                    
                                    図 3. サンプル AUP ページのサイド バーのビュー(デスクトップ デバイス)



                                    図 4. サンプル AUP ページのサイド バーのビュー(モバイル デバイス)



                                    ステップ 7   [保存(Save)] をクリックします。

                                    次の作業

                                    [オプションの内容(Optional Content)] テキスト ボックスに別のテキストまたは HTML コードを入力して、他のページをカスタマイズできます。

                                    カスタム ポータル テーマ CSS ファイルのインポート

                                    作成したカスタム theme.css ファイルをアップロードし、エンドユーザ ポータルに適用できます。 これらの変更は、カスタマイズしているポータル全体に適用されます。

                                    カスタム theme.css ファイルを編集し、Cisco ISE に再度インポートする場合は、最初に使用したテーマ名を使用するように注意してください。 同じ theme.css ファイルに 2 つの異なるテーマ名を使用することはできません。

                                    手順
                                      ステップ 1   次のポータルに移動します。
                                      • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                      • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                      • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                      ステップ 2   [高度なカスタマイズ(Advanced Customization)] ドロップダウン リストから [テーマのエクスポート/インポート(Export/Import Themes)] を選択します。

                                      ステップ 3   [カスタム テーマ(Custom Theming)] ダイアログボックスで、新しい theme.css ファイルを検索するには、[参照(Browse)] をクリックします。
                                      ステップ 4   新しいファイルの [テーマ名(Theme Name)] を入力します。
                                      ステップ 5   [保存(Save)] をクリックします。

                                      次の作業

                                      カスタマイズするポータルにこのカスタム ポータル テーマを適用できます。

                                      1. ポータル全体に適用する更新されたテーマを [ポータル テーマ(Portal Themes)] ドロップダウン リストから選択します。

                                      2. [保存(Save)] をクリックします。

                                      カスタム ポータル テーマの削除

                                      Cisco ISE にインポートしたカスタム ポータル テーマは、いずれかのポータルで使用されていない場合に削除できます。 Cisco ISE によって提供されているデフォルトのテーマを削除することはできません。

                                      はじめる前に

                                      他のポータルで使用されているポータル テーマを削除することはできません。

                                      手順
                                        ステップ 1   次のポータルに移動します。
                                        • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                        • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                        • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] を選択します。
                                        ステップ 2   [高度なカスタマイズ(Advanced Customization)] ドロップダウン リストから [テーマの削除(Delete Themes)] を選択します。
                                        ステップ 3   [テーマ名(Theme Name)] ドロップダウン リストから削除するポータル テーマを選択します。
                                        ステップ 4   [削除(Delete)] をクリックし、[保存(Save)] をクリックします。

                                        ポータル言語ファイルのカスタマイズ

                                        デフォルトでは、各ポータル タイプで 15 の言語がサポートされます。これらの言語を使用して、ポータルを使用するゲストにテキストを表示できます。 これらの言語は、単一の zip 形式の言語ファイルにバンドルされた個々のプロパティ ファイルとして使用できます。 1 つの言語ファイルにすべてのサポート対象言語が含まれているため、このファイルを使用してカスタマイズ、翻訳、およびローカリゼーションを容易に行うことができます。

                                        言語ファイルには、その言語のポータル全体に対するすべての文字列設定一緒に、特定のブラウザ ロケール設定へのマッピングも含まれています(フランス語の場合:fr, fr-fr, fr-ca)。 1 つの言語用のブラウザ ロケール設定を変更した場合、変更内容は他のすべてのエンドユーザ Web ポータルに適用されます。 たとえば、ホットスポット ゲスト ポータルの French.properties ブラウザ ロケールを fr,fr-fr,fr-ca から fr,fr-fr に変更すると、この変更内容がデバイス ポータルにも適用されます。

                                        zip 形式の言語ファイルをエクスポートし、新規言語の追加や不要な既存言語の削除などを行って更新することができます。

                                        言語ファイルのエクスポート

                                        各ポータル タイプに使用できる言語ファイルをエクスポートして、そのファイルで指定された既存の値を編集およびカスタマイズし、言語を追加または削除できます。

                                        (注)  


                                        言語プロパティ ファイル内の一部のディクショナリ キーだけが値(テキスト)で HTML をサポートしています。


                                        手順
                                          ステップ 1   次のポータルに移動します。
                                          • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] を選択します。
                                          • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] を選択します。
                                          • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] を選択します。
                                          ステップ 2   [言語ファイル(Language File)] をクリックし、ドロップダウン リストから [エクスポート(Export)] を選択します。
                                          ステップ 3   デスクトップに zip 形式の言語ファイルを保存します。例:Hotspot.zip、Self-Registered.zip など。

                                          言語ファイルでの言語の追加または削除

                                          ポータル タイプに使用したい言語が言語ファイルにない場合は、新しい言語プロパティ ファイルを作成し、zip 形式の言語ファイルに追加できます。 不要な言語がある場合、その言語プロパティ ファイルを削除できます。

                                          はじめる前に

                                          言語プロパティ ファイルを追加または削除するには、各ポータル タイプで使用可能な zip 形式の言語ファイルをエクスポートする必要があります。

                                          手順
                                            ステップ 1   UTF-8 を表示するエディタ(Notepad ++ など)を使用して、言語を追加または削除するポータル タイプ用の定義済み言語ファイルを開きます。

                                            複数のポータル タイプの言語を追加または削除するには、該当するすべてのポータル プロパティ ファイルを使用する必要があります。

                                            ステップ 2   新しい言語を追加するには、既存の言語プロパティ ファイルを他のファイルと同じ命名規則を使用する新しい言語プロパティ ファイルとして zip 形式の言語ファイルに保存します。 たとえば、新しい日本語の言語プロパティ ファイルを作成するには、ファイルを Japanese.properties(LanguageName.properties)として保存します。
                                            ステップ 3   新しい言語プロパティ ファイルの最初の行にブラウザ ロケール値を指定して、ブラウザ ロケールに新しい言語を関連付けます。 たとえば、LocaleKeys= ja,ja-jp(LocaleKeys=browser locale value)を Japanese.properties ファイルの最初の行に入力する必要があります。
                                            ステップ 4   新しい言語プロパティ ファイルでディクショナリ キーのすべての値(テキスト)を更新します。

                                            ディクショナリ キーは変更できません。キーの値だけを変更できます。

                                            (注)     

                                            一部のディクショナリ キーだけが、値に HTML をサポートしています(テキスト)。


                                            次の作業

                                            1. すべてのプロパティ ファイル(新規および既存)を zip 形式で圧縮し、新しい zip 形式の言語ファイルを作成します。 フォルダやディレクトリは含めないでください。

                                            2. zip 形式の言語ファイルには新しい名前または元の名前を使用します。

                                            3. エクスポート元の特定のポータルに zip 形式の言語ファイルをインポートします。

                                            更新された言語ファイルのインポート

                                            言語プロパティ ファイルを追加または削除したり、既存のプロパティ ファイルのテキストを更新してカスタマイズした編集済み言語ファイルをインポートできます。

                                            手順
                                              ステップ 1   次のポータルに移動します。
                                              • ゲスト ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] を選択します。
                                              • スポンサー ポータル。[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] を選択します。
                                              • デバイス ポータル。[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] を選択します。
                                              ステップ 2   [言語ファイル(Language)] をクリックし、ドロップダウン リストから [インポート(Import)] を選択します。
                                              ステップ 3   デスクトップを参照して新しい zip 形式の言語ファイルを見つけます。
                                              ステップ 4   エクスポートしたポータル タイプに再度インポートします。

                                              次の作業

                                              変更したテキストまたは追加した新しい言語を表示するには、[表示(View In)] ドロップダウン リストから特定の言語を選択します。

                                              ゲスト通知、承認、およびエラー メッセージのカスタマイズ

                                              各ポータルで内で、ゲストが電子メール、SMS テキスト メッセージ、および印刷物で通知を受け取る方法をカスタマイズできます。 これらの通知を使用して、次の場合にログイン クレデンシャルを電子メール送信、テキスト送信、または印刷します。

                                              • ゲストがアカウント登録ゲスト ポータルを使用し、自分自身の登録に成功した場合。

                                              • スポンサーがゲスト アカウントを作成し、ゲストに詳細を提供する場合。 スポンサー グループ作成時にスポンサーによる SMS 通知の使用を許可するかどうかを指定できます。 これらの機能を利用できる場合は、常に電子メール通知および印刷通知を使用できます。

                                              ネットワークにアクセスしようとするアカウント登録ゲストを承認するよう要求するスポンサー宛電子メール通知をカスタマイズすることもできます。 また、ゲストとスポンサーに表示されるデフォルトのエラー メッセージをカスタマイズできます。

                                              電子メールでの通知のカスタマイズ

                                              電子メールでゲストに送信される情報をカスタマイズできます。

                                              はじめる前に
                                              • 電子メールでの通知を有効にするように SMTP サーバを設定します。 [管理(Administration)] > [システム(System)] > [設定(Settings)] > [SMTP サーバ(SMTP Server)] を選択します。

                                              • ゲストへの電子メールでの通知のサポートを設定します。 [ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Settings)] > [ゲスト電子メールの設定(Guest Email Settings)] を選択します。 [ゲストへの電子メール通知を有効にする(Enable email notifications to guests)] をオンにします。

                                              • [管理(Administration)] > [システム(System)] > [管理者アクセス(Admin Access)] > [設定(Settings)] > [ポータルのカスタマイズ(Portal Customization)] で [HTML を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML)] がデフォルトで有効になっていることを確認します。

                                              手順
                                                ステップ 1   アカウント登録ゲスト ポータルまたはスポンサー ポータルの場合は、[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータルまたはスポンサー ポータル(Guest or Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [電子メール受信または電子メール通知(Email Receipt or Email Notification)] を選択します。
                                                ステップ 2   [グローバル ページのカスタマイズ(Global Page Customizations)] で指定されたデフォルトの [ロゴ(電子メール)(Logo (Email))] を変更できます。
                                                ステップ 3   [件名(Subject)] および [電子メール本文(Email body)] を指定します。 電子メール メッセージに含まれる、ゲスト アカウント情報を指定するには、事前定義済みの変数を使用します。 テキストをカスタマイズするには、ミニエディタと HTML タグを使用します。
                                                ステップ 4   [設定(Settings)] では、次のことが可能です。
                                                • 異なる電子メールで [ユーザ名とパスワードを個別に送信する(Send username and password separately)]。 このオプションを選択すると、ユーザ名電子メール通知パスワード電子メール通知をカスタマイズするための 2 つのタブが [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] に表示されます。
                                                • 電子メール アドレスへの [テスト電子メールの送信(Send Test Email)]。すべてのデバイスでカスタマイズをプレビューし、適切に表示されることを確認します。
                                                ステップ 5   [保存(Save)] をクリックし、[閉じる(Close)] をクリックします。

                                                SMS テキスト メッセージ通知のカスタマイズ

                                                SMS テキスト メッセージでゲストに送信される情報をカスタマイズできます。

                                                はじめる前に
                                                • SMS ゲートウェイに電子メールを送信して、SMS テキスト メッセージを配信するために使用される SMTP サーバを設定します。 [管理(Administration)] > [システム(System)] > [設定(Settings)] > [SMTP サーバ(SMTP Server)] を選択します。

                                                • SMS テキスト通知をサポートするようにスポンサー グループを設定します。

                                                • サードパーティ SMS ゲートウェイでアカウントを設定します。 [管理(Administration)] > [システム(Systems)] > [設定(Settings)] > [SMS ゲートウェイ(SMS Gateway)] を選択します。 Cisco ISE では、テキスト メッセージが電子メールとしてゲートウェイに送信され、SMS プロバイダー経由で指定したユーザにメッセージが転送されます。

                                                • [管理(Administration)] > [システム(System)] > [管理者アクセス(Admin Access)] > [設定(Settings)] > [ポータルのカスタマイズ(Portal Customization)] で [HTML を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML)] がデフォルトで有効になっていることを確認します。

                                                手順
                                                  ステップ 1   アカウント登録ゲスト ポータルまたはスポンサー ポータルの場合は、[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータルまたはスポンサー ポータル(Guest or Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [SMS 受信または SMS 通知(SMS Receipt or SMS Notification)] を選択します。
                                                  ステップ 2   [メッセージ テキスト(Message Text)] をカスタマイズするには、ミニエディタと HTML タグを使用します。 SMS テキスト メッセージに含まれる、ゲスト アカウント情報を指定するには、事前定義済みの変数を使用します。
                                                  ステップ 3   [設定(Settings)] では、次のことが可能です。
                                                  • 異なるテキスト メッセージで [ユーザ名とパスワードを個別に送信する(Send username and password separately)]。 このオプションを選択すると、ユーザ名メッセージパスワード メッセージをカスタマイズするための 2 つのタブが [ページのカスタマイズ(Page Customizations)] に表示されます。
                                                  • 携帯電話への [テスト メッセージの送信(Send Test Message)]。カスタマイズをプレビューし、情報が適切に表示されることを確認します。 サポートされる電話番号の形式には、+1 ### ### ####、###-###-####、(###) ### ####、##########、1########## などがあります。
                                                  ステップ 4   [保存(Save)] をクリックし、[閉じる(Close)] をクリックします。

                                                  印刷通知のカスタマイズ

                                                  ゲスト用に印刷される情報をカスタマイズできます。


                                                  (注)  


                                                  各ポータル内では、印刷通知ロゴは、電子メール通知ロゴの設定から継承されます。


                                                  はじめる前に

                                                  [管理(Administration)] > [システム(System)] > [管理者アクセス(Admin Access)] > [設定(Settings)] > [ポータルのカスタマイズ(Portal Customization)] で [HTML を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML)] がデフォルトで有効になっていることを確認します。

                                                  手順
                                                    ステップ 1   アカウント登録ゲスト ポータルおよびスポンサー ポータルの場合は、[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータルまたはスポンサー ポータル(Guest or Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [印刷受け取りまたは印刷通知(Print Receipt or Print Notification)] を選択します。
                                                    ステップ 2   [印刷説明テキスト(Print Introduction Text)] を指定します。 電子メール メッセージに含まれる、ゲスト アカウント情報を指定するには、事前定義済みの変数を使用します。 テキストをカスタマイズするには、ミニエディタと HTML タグを使用します。
                                                    ステップ 3   サムネールで、または [印刷プレビュー(Print Preview)] をクリックして、カスタマイズをプレビューします。 サムネールでは、HTML のカスタマイズを表示できません。 [印刷プレビュー(Print Preview)] オプションを選択した場合、アカウントの詳細を印刷できるウィンドウが表示され、そこで適切に表示されることを確認します。
                                                    ステップ 4   [保存(Save)] をクリックし、[閉じる(Close)] をクリックします。

                                                    承認要求の電子メールでの通知のカスタマイズ

                                                    アカウント登録ゲストのアカウントが作成され、そのゲストがログイン クレデンシャルを取得する前に、アカウント登録ゲストを承認するようスポンサーに要求できます。 電子メールでスポンサーに送信される、承認を要求する情報をカスタマイズできます。 この通知は、ネットワーク アクセスを許可する前にアカウント登録ゲスト ポータルを使用するアカウント登録ゲストを承認する必要があると指定した場合にのみ表示されます。

                                                    はじめる前に
                                                    • 電子メールでの通知を有効にするように SMTP サーバを設定します。 [管理(Administration)] > [システム(Systems)] > [設定(Settings)] > [SMTP サーバ(SMTP Server)] を選択します。

                                                    • ゲストへの電子メールでの通知のサポートを設定します。 [ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Settings)] > [ゲスト電子メールの設定(Guest Email Settings)] を選択します。 [ゲストへの電子メール通知を有効にする(Enable email notifications to guests)] をオンにします。

                                                    • [管理(Administration)] > [システム(System)] > [管理者アクセス(Admin Access)] > [設定(Settings)] > [ポータルのカスタマイズ(Portal Customization)] で [HTML を使用したポータルのカスタマイズの有効化(Enable portal customization with HTML)] がデフォルトで有効になっていることを確認します。

                                                    手順
                                                      ステップ 1   [ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [アカウント登録ゲスト ポータル(Self-Registered Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [承認要求電子メール(Approval Request Email)] を選択します。
                                                      ステップ 2   [グローバル ページのカスタマイズ(Global Page Customizations)] で指定されたデフォルトの [ロゴ(Logo)] を変更します。
                                                      ステップ 3   [件名(Subject)] および [電子メール本文(Email body)] を指定します。 電子メール メッセージに含まれる、ゲスト アカウント情報を指定するには、事前定義済みの変数を使用します。 テキストをカスタマイズするには、ミニエディタと HTML タグを使用します。
                                                      ステップ 4   [テスト電子メールの送信(Send Test Email)] を使用してすべてのデバイスでカスタマイズをプレビューし、適切に表示されることを確認します。
                                                      ステップ 5   [保存(Save)] をクリックし、[閉じる(Close)] をクリックします。

                                                      エラー メッセージの編集

                                                      ゲスト、スポンサー、および従業員に表示される [失敗(Failure)] ページに表示されるエラー メッセージを完全にカスタマイズできます。 [失敗(Failure)] ページは、ブラックリスト ポータルを除くすべてのエンドユーザ Web ポータルで利用可能です。

                                                      手順
                                                        ステップ 1   次のいずれかを実行します。
                                                        • ゲスト ポータルの場合は、[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [ゲスト ポータル(Guest Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [メッセージ(Messages)] > [エラー メッセージ(Error Messages)] を選択します。
                                                        • スポンサー ポータルの場合は、[ゲスト アクセス(Guest Access)] > [設定(Configure)] > [スポンサー ポータル(Sponsor Portals)] > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [メッセージ(Messages)] > [エラー メッセージ(Error Messages)] を選択します。
                                                        • デバイス ポータルの場合は、[管理(Administration)] > [デバイス ポータル管理(Device Portal Management)] > (任意のポータル) > [編集(Edit)] > [ポータル ページのカスタマイズ(Portal Page Customization)] > [メッセージ(Messages)] > [エラー メッセージ(Error Messages)] を選択します。
                                                        ステップ 2   [表示言語(View In)] ドロップダウンから、メッセージのカスタマイズ時にテキストを表示する言語を選択します。 このドロップダウン リストには、特定のポータルに関連付けられた言語ファイルのすべての言語が含まれています。 ポータル ページのカスタマイズ時に行った変更でサポート対象の言語プロパティ ファイルを更新します。
                                                        ステップ 3   エラー メッセージ テキストを更新します。 特定のエラー メッセージを検索するには、エラー メッセージに関連付けられた AUP を検索する aup などのキーワードを入力します。
                                                        ステップ 4   [保存(Save)] をクリックし、[閉じる(Close)] をクリックします。