Cisco NCS 5000 シリーズ ルータ IP アドレスおよびサービス コンフィギュレーション ガイド、IOS XR リリース 6.0.x
LPTS の実装
LPTS の実装

LPTS の実装

LPTS の概要

Local Packet Transport Services(LPTS)では、セキュア ドメイン ルータ(SDR)宛てのすべてのパケット フローを記述するテーブルを保持し、これにより、意図した宛先に確実にパケットが配信されます。

LPTS では、ポート アービトレータおよびフロー マネージャという 2 つのコンポーネントを使用して、このタスクを実行します。ポート アービトレータおよびフロー マネージャは、Internal Forwarding Information Base(IFIB)と呼ばれる、論理ルータ用のパケット フローを記述するテーブルを保持するプロセスです。IFIBは、受信したパケットを適切なルートプロセッサにルーティングして処理するために使用します。

LPTS は、ルータ外からパケットを受信するすべてのアプリケーションと内部的にインターフェイスします。LPTS は、カスタマー設定の必要なく機能します。ただし、ポリサー値は、必要に応じてカスタマイズできます。カスタマーが LPTS フロー マネージャとポート アービトレータのアクティビティやパフォーマンスをモニタリングできるように、LPTS の show コマンドが用意されています。

LPTS ポリサー

Cisco IOS XR では、ルート プロセッサ(RP)宛ての制御パケットは、着信ポートで一連の入力ポリサーを使用してポリシングされます。これらのポリサーは、ブートアップ時に LPTS コンポーネントによって静的にプログラミングされます。これらのポリサーは、着信制御トラフィックのフロー タイプに基づいて適用されます。フロー タイプは、パケット ヘッダーを調べることで決定されます。これらの静的入力ポリサーのポリサー レートは、コンフィギュレーション ファイルで定義され、ブートアップ時にルート プロセッサにプログラミングされます。これらの一連の入力ポリサーのフロー タイプに基づいて、ポリサー値を変更できます。各ノードのポリサーごとにレートを設定できます。

設定例

次の値を使用して、OSPF および BGP フロータイプに LPTS ポリサーを設定します。
  • ospf unicast default rate 200

  • bgp configured rate 200

  • bgp default rate 100

Router#configure
Router(config)#lpts pifib hardware police
Router(config-pifib-policer-global)#flow ospf unicast default rate 200
Router(config-pifib-policer-global)#flow bgp configured rate 200
Router(config-pifib-policer-global)#flow bgp default rate 100
Router (config-pifib-policer-global)#commit

実行コンフィギュレーション

lpts pifib hardware police
flow ospf unicast default rate 200
flow bgp configured rate 200
flow bgp default rate 100
!

確認

Router#show run lpts pifib hardware police
lpts pifib hardware police
flow ospf unicast default rate 200
flow bgp configured rate 200
flow bgp default rate 100

(注)  


show lpts pifib hardware police location 0/RP0/CPU0 コマンドは、指定ノードの Pre-Internal Forwarding Information Base(IFIB)情報を表示します。


設定例

次の値を使用して、OSPF および BGP フロータイプに LPTS ポリサーを設定します。
  • ospf unicast default rate 100

  • bgp configured rate 300

Router#configure
Router(config)#lpts pifib hardware police
Router(config-pifib-policer-per-node)#flow ospf unicast default rate 200
Router(config-pifib-policer-per-node)#flow bgp configured rate 200
Router(config-pifib-policer-per-node)#flow bgp default rate 100
Router(config-pifib-policer-per-node)#commit

実行コンフィギュレーション

lpts pifib hardware police location 0/RP0/CPU0
flow ospf unicast default rate 100
flow bgp configured rate 300

確認

Router#show run lpts pifib hardware police                
lpts pifib hardware police
flow ospf unicast default rate 100
flow bgp configured rate 300
!