Cisco NCS 5000 シリーズ ルータのモジュラ QoS コンフィギュレーション ガイド、IOS XR リリース 6.0.x
モジュラ QoS の輻輳管理の設定
モジュラ QoS の輻輳管理の設定

モジュラ QoS の輻輳管理の設定

輻輳管理機能

輻輳管理機能では、パケットに割り当てられた優先順位に基づいて、トラフィック フロー(またはパケット)がインターフェイスに送信される順番を決定することにより、輻輳を制御できます。輻輳管理は、キューを作成し、そのキューにパケットの分類に基づいてパケットを割り当て、キューにあるパケットの送信をスケジューリングする必要があります。

Cisco NCS 5001 ルータおよび Cisco NCS 5002 ルータ でサポートされているトラフィック調整メカニズムのタイプは、次のとおりです。

上記のうち、トラフィック ポリシングは入力側の輻輳管理に使用されるものです。その他は、出力側の輻輳管理に使用されます。

Modified Deficit Round Robin Queueing

Modified Deficit Round Robin(MDRR)は、最大 8 個のトラフィック クラスのキューイングが可能なクラスベースの複合スケジューリング メカニズムです。これは class-based weighted fair queueing(CBWFQ)と同じように動作し、顧客の一致基準に基づいて、トラフィック クラスを定義できます。MDRR がキューイング戦略に設定されている場合は、空ではないキューが 1 つずつ処理されます。キューが処理されるたびに、一定量のデータがキューから取り出されます。その後に、アルゴリズムは次のキューを処理します。

残りの帯域幅

MDRR アルゴリズムは、クラスに割り当てられた残存帯域幅の値から各クラスの重みを取得します。bandwidth remaining オプションでは、MDRR に対するクラスの重みを指定します。プライオリティ キューが処理された後、残存帯域幅は帯域幅余剰比率(BWRR)またはパーセントに応じて分散されます。このコマンドをいずれのクラスにも設定しない場合、BWRR のデフォルト値が 1 と見なされます。bandwidth remaining percent の場合、残存帯域幅は 100 パーセントになるように他のクラスに均等に分散されます。

[Restrictions(機能制限)]

  • bandwidth remaining コマンドは、イーグレス ポリシーに対してのみサポートされます。

残存帯域幅の設定

ガイドライン

  • Cisco NCS 5001 および Cisco NCS 5002 ルータ で出力ポリシーの 8 つの qos-group クラス(class-default を含む)をすべて設定する必要があります。

設定例

残存帯域幅の設定を完了するには、以下を完全に行う必要があります。

  1. 1 つ以上のインターフェイスに付加できるポリシー マップの作成または変更。

  2. ポリシーを作成または変更する必要があるトラフィック クラスの指定

  3. クラスへの残存帯域幅の割り当て

  4. 出力インターフェイスへのポリシー マップの適用

Router# configure
Router(config)# policy-map egress_policy1
Router(config-pmap)# class class1
Router(config-pmap-c)# bandwidth remaining percent 2
Router(config-pmap-c# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface TenGigE 0/0/0/0
Router(config-if)# service-policy output egress_policy1
Router(config-if)# commit

/* Bandwidth remaining can also be configured as ratio, instead of percentage */
Router(config-pmap-c)# bandwidth remaining ratio 50

実行コンフィギュレーション

ここで、残存帯域幅はパーセンテージとして設定されます。

/* Class-map configuration */

class-map match-any class1
 match qos-group 1 
 end-class-map
! 
class-map match-any class2
 match qos-group 2 
 end-class-map
! 
class-map match-any class3
 match qos-group 3 
 end-class-map
! 
class-map match-any class4
 match qos-group 4 
 end-class-map
! 
class-map match-any class5
 match qos-group 5 
 end-class-map
! 
class-map match-any class6
 match qos-group 6 
 end-class-map
! 
class-map match-any class7
 match qos-group 7 
 end-class-map

/* Policy-map configuration */

policy-map egress_policy1
 class class1
  bandwidth remaining percent 2 
 ! 
 class class2
  bandwidth remaining percent 3 
 ! 
 class class3
  priority level 1 
 !
 class class4
  bandwidth remaining percent 50 
  shape average 100 mbps 
 ! 
 class class5
  bandwidth remaining percent 2 
 ! 
 class class6
  bandwidth remaining percent 25 
 !  
 class class7
  bandwidth remaining percent 6 
 ! 
 class class-default
  bandwidth remaining percent 12 
 ! 
 end-policy-map

interface TenGigE 0/0/0/0
 service-policy output egress_policy1
! 

ここで、残存帯域幅は比率として設定されます。

/* Class-map configuration */

class-map match-any class1
 match qos-group 1 
 end-class-map
! 
class-map match-any class2
 match qos-group 2 
 end-class-map
! 
class-map match-any class3
 match qos-group 3 
 end-class-map
! 
class-map match-any class4
 match qos-group 4 
 end-class-map
! 
class-map match-any class5
 match qos-group 5 
 end-class-map
! 
class-map match-any class6
 match qos-group 6 
 end-class-map
! 
class-map match-any class7
 match qos-group 7 
 end-class-map

/* Policy-map configuration */

policy-map egress_policy2
 class class1
  bandwidth remaining ratio 50 
 ! 
 class class2
  bandwidth remaining ratio 25 
 ! 
 class class3
  bandwidth remaining ratio 12 
 ! 
 class class4
  bandwidth remaining ratio 6 
 ! 
 class class5
  bandwidth remaining ratio 3 
 ! 
 class class6
  bandwidth remaining ratio 2 
 ! 
 class class7
  priority level 1 
 ! 
 class class-default
  bandwidth remaining ratio 2 
 ! 
 end-policy-map

確認

各クラスには、分類統計情報(そのクラスの送信数およびドロップされた数の総数を含む)およびキューイング統計情報(テール ドロップ数、適合キューの統計情報、および瞬間的なキューの長さを含む)があります。

Inst-queue-len (cells) の値を確認することで、キューが拡張しているかどうかを確認します。また、Total Dropped フィールドの値を確認して、キューのドロップがないかどうかを確認します。

Router# show policy-map interface tenGigE 0/0/0/0 
TenGigE0/0/0/0 direction input: Service Policy not installed

TenGigE0/0/0/0 output: egress_policy1

Class class1
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :            17312125/12799683759          0
    Transmitted         :            10774292/7953712189           0
    Total Dropped       :             6537833/4845971570           0
  Queueing statistics
    Queue ID                             : 9 
    High watermark                       : N/A 
    Inst-queue-len  (cells)              : 22981
    Avg-queue-len                        : N/A 
    Taildropped(packets/bytes)           : 6537833/4845971570
    Queue(conform)      :            10774292/7953712189           0
    RED random drops(packets/bytes)      : 0/0

- - - 
- - - 

Class class-default
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :              941172/853166230            0
    Transmitted         :              926830/840112420            0
    Total Dropped       :               14342/13053810             0
  Queueing statistics
    Queue ID                             : 8 
    High watermark                       : N/A 
    Inst-queue-len  (cells)              : 0
    Avg-queue-len                        : N/A 
    Taildropped(packets/bytes)           : 14342/13053810
    Queue(conform)      :              926830/840112420            0
    RED random drops(packets/bytes)      : 0/0

残存帯域幅が比率として設定されている場合、これは show コマンド出力となります。

Router# show policy-map interface tenGigE 0/0/0/0 
TenGigE0/0/0/0 direction input: Service Policy not installed

TenGigE0/0/0/0 output: egress_policy2

Class class1
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :             4867412/3598770345           0
    Transmitted         :             2901271/2142905575           0
    Total Dropped       :             1966141/1455864770           0
  Queueing statistics
    Queue ID                             : 9 
    High watermark                       : N/A 
    Inst-queue-len  (cells)              : 10709
    Avg-queue-len                        : N/A 
    Taildropped(packets/bytes)           : 1966141/1455864770
    Queue(conform)      :             2901271/2142905575           0
    RED random drops(packets/bytes)      : 0/0

- - - 
- - - 

Class class-default
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :              262482/237940215            0
    Transmitted         :               97172/88070686             0
    Total Dropped       :              165310/149869529            0
  Queueing statistics
    Queue ID                             : 8 
    High watermark                       : N/A 
    Inst-queue-len  (cells)              : 10714
    Avg-queue-len                        : N/A 
    Taildropped(packets/bytes)           : 165310/149869529
    Queue(conform)      :               97172/88070686             0
    RED random drops(packets/bytes)      : 0/0

関連項目

関連コマンド

低遅延キューイングとストリクト プライオリティ キューイング

ストリクト プライオリティ モードのプライオリティ キューイング(PQ)は、場合によっては他のすべてのトラフィックを犠牲にして、1 つのタイプのトラフィックが送信されることを確保します。PQ では、低プライオリティ キューは悪影響を受けることがあり、最悪の場合、帯域幅の一部が使用可能な場合や、クリティカルなトラフィックの伝送レートが高い場合に、そのパケットが送信できなくなります。完全 PQ では、音声などの遅延に影響されやすいデータを、他のキューのパケットをキューから取り出す前にキューから取り出して送信できます。

ストリクト プライオリティ キューイングによる低遅延キューイングの設定

ストリクト プライオリティ キューイング(PQ)による低遅延キューイング(LLQ)を設定することで、音声などの遅延に影響されやすいデータを、他のキューのパケットをキューから取り出す前にキューから取り出して送信できます。

ガイドライン

  • 優先度レベル 1 のみがサポートされます。。

  • 出力ポリシングはサポートされません。したがって、ストリクト プライオリティ キューイングの場合、他のキューが提供されない可能性があります。したがって、これを最小限に抑えるために、ユーザは入力側自体でトラフィックをポリシングするか、またはプライオリティ トラフィックが出力ポートで他のトラフィックに影響を与えないようにネットワークを設計できます。

  • 優先度レベル 1 の設定が 8 つのキューのいずれかに適用されると、最小限のトラフィックの中断が発生する場合があります。

  • 8 つの出力クラス マップ(キュー)のいずれか 1 つに優先度レベル 1 を設定できます。

設定例

ストリクト プライオリティ キューイングによる LLQ を完了するには、以下を完全に行う必要があります。

  1. 1 つ以上のインターフェイスに付加できるポリシー マップの作成または変更。

  2. ポリシーを作成または変更する必要があるトラフィック クラスの指定

  3. トラフィック クラスへの優先度の指定

  4. 出力インターフェイスへのポリシー マップの適用

Router# configure
Router(config)# policy-map egress_policy1
Router(config-pmap)# class qos1
Router(config-pmap-c)# priority level 1
Router(config-pmap-c# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface TenGigE 0/0/0/0
Router(config-if)# service-policy output egress_policy1
Router(config-if)# no shutdown
Router(config-if)# commit

実行コンフィギュレーション

/* Class-map configuration */

class-map match-any qos-1
 match qos-group 1 
 end-class-map
! 
- - - 
- - -
- - -
! 
class-map match-any qos-7
 match qos-group 7 
 end-class-map

/* Policy-map configuration */

policy-map egress_policy2
 class qos-1
  priority level 1 
 ! 
 class qos-2
  bandwidth remaining ratio 1
 ! 
 class qos-3
  bandwidth remaining ratio 1 
 ! 
 class qos-4
  bandwidth remaining ratio 1 
 ! 
 class qos-5
  bandwidth remaining ratio 1 
 ! 
 class qos-6
  bandwidth remaining ratio 1 
 ! 
 class qos-7
  bandwidth remaining ratio 1 
 ! 
 class class-default
  bandwidth remaining ratio 2 
 ! 
 end-policy-map

確認

Inst-queue-len (cells) の値を確認することで、キューが拡張しているかどうかを確認します。理想的にはこれは 0(ゼロ)であるべきです。また、Total Dropped フィールドの値を確認して、キューのドロップがないことを確認します。

Router# show policy-map interface tenGigE 0/0/0/0 
TenGigE0/0/0/0 direction input: Service Policy not installed

TenGigE0/0/0/0 output: egress_policy2

Class qos-1
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :            17312125/12799683759          0
    Transmitted         :            17312125/12799683759           0
    Total Dropped       :             0/0           0
  Queueing statistics
    Queue ID                             : 9 
    High watermark                       : N/A 
    Inst-queue-len  (cells)              : 0
    Avg-queue-len                        : N/A 
    Taildropped(packets/bytes)           : 6537833/4845971570
    Queue(conform)      :            10774292/7953712189           0
    RED random drops(packets/bytes)      : 0/0

- - -
- - -

Class class-default
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :              941172/853166230            0
    Transmitted         :              926830/840112420            0
    Total Dropped       :               14342/13053810             0
  Queueing statistics
    Queue ID                             : 8 
    High watermark                       : N/A 
    Inst-queue-len  (cells)              : 0
    Avg-queue-len                        : N/A 
    Taildropped(packets/bytes)           : 14342/13053810
    Queue(conform)      :              926830/840112420            0
    RED random drops(packets/bytes)      : 0/0

関連コマンド

トラフィック シェーピング

トラフィック シェーピングでは、インターフェイスから出力されるトラフィック フローを制御して、リモート ターゲット インターフェイスの速度に合わせてトラフィック フローを伝送することにより、指定されているポリシーにトラフィックを適合させることができます。ダウンストリーム要件を満たすように、特定のプロファイルに適合するトラフィックをシェーピングできるため、データレートが一致しないトポロジで発生するボトルネックが排除されます。


(注)  


トラフィック シェーピングは、出力方向でのみサポートされています。


トラフィック シェーピングの設定

発信インターフェイス上で実行されるトラフィック シェーピングは、レイヤ 1 レベルで実行され、レート計算にレイヤ 1 ヘッダーが含まれます。

ガイドライン

  • 出力トラフィック シェーピングのみがサポートされます。

  • Cisco NCS 5001 および Cisco NCS 5002 ルータ で出力ポリシーの 8 つの qos-group クラス(class-default を含む)をすべて設定する必要があります。

  • priority および shape average コマンドは、同じクラス内で同時に設定しないでください。

設定例

トラフィック シェーピングの設定を完了するには、以下を完全に行う必要があります。

  1. 1 つ以上のインターフェイスに付加できるポリシー マップの作成または変更。

  2. ポリシーを作成または変更する必要があるトラフィック クラスの指定

  3. 特定のビット レートへのトラフィックのシェーピング

  4. 出力インターフェイスへのポリシー マップの適用

Router# configure
Router(config)# policy-map egress_policy1
Router(config-pmap)# class c5
Router(config-pmap-c)# shape average 100 mbps
Router(config-pmap-c# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface TenGigE 0/0/0/0
Router(config-if)# service-policy output egress_policy1
Router(config-if)# commit

実行コンフィギュレーション

policy-map egress_policy1
 class c1
  bandwidth remaining percent 10 
 ! 
 class c3
  bandwidth remaining percent 10 
 ! 
 class c5
  bandwidth remaining percent 20 
  shape average 2 gbps  ===>
 ! 
 class c4
  bandwidth remaining percent 5 
 ! 
 class c2
  priority level 1 
 ! 
 class c7
  bandwidth remaining percent 20 
 ! 
 class c6
  bandwidth remaining percent 15 
 ! 
 class class-default
 ! 
 end-policy-map

確認

Router#  show qos interface  TenGigE 0/0/0/9 output

Mon Nov 16 15:41:15.738 UTC
Interface: TenGigE0_0_0_9 output 
Bandwidth configured: 10000000 kbps Bandwidth programed: 10000000 kbps
ANCP user configured: 0 kbps ANCP programed in HW: 0 kbps
Port Shaper programed in HW: 0 kbps 
Policy: egress Total number of classes: 8
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: egress_policy1 Class: c1
QueueID: 81 (Priority Normal)
Committed Weight: 0 Excess Weight: 10
Bandwidth: 0 kbps, BW sum for Level 0: 0 kbps, Excess Ratio: 10
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: egress_policy1 Class: c3
QueueID: 83 (Priority Normal)
Committed Weight: 0 Excess Weight: 10
Bandwidth: 0 kbps, BW sum for Level 0: 0 kbps, Excess Ratio: 10
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: egress_policy1 Class: c5<<<<<<<<<<<
QueueID: 85 (Priority Normal)
PIR: 2000128 kbps  PBS: 25001875 bytes
Committed Weight: 0 Excess Weight: 20
Bandwidth: 0 kbps, BW sum for Level 0: 0 kbps, Excess Ratio: 20
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: egress_policy1 Class: c4
QueueID: 84 (Priority Normal)
Committed Weight: 0 Excess Weight: 5
Bandwidth: 0 kbps, BW sum for Level 0: 0 kbps, Excess Ratio: 5
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: egress_policy1 Class: c2
QueueID: 82 (Priority 1)
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: egress_policy1 Class: c7
QueueID: 87 (Priority Normal)
Committed Weight: 0 Excess Weight: 20
Bandwidth: 0 kbps, BW sum for Level 0: 0 kbps, Excess Ratio: 20
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: egress_policy1 Class: c6
QueueID: 86 (Priority Normal)
Committed Weight: 0 Excess Weight: 15
Bandwidth: 0 kbps, BW sum for Level 0: 0 kbps, Excess Ratio: 15
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: egress_policy1 Class: class-default
QueueID: 80 (Priority Normal)
Committed Weight: 0 Excess Weight: 20
Bandwidth: 0 kbps, BW sum for Level 0: 0 kbps, Excess Ratio: 20
----------------------------------------------------------------------

関連項目

関連コマンド

Traffic Policing

トラフィック ポリシングでは、インターフェイスで送受信されるトラフィックの最大レートを制限したり、ネットワークを複数のプライオリティ レベルまたはサービス クラス(CoS)に区切ることができます。トラフィック ポリシングは、トークン バケット アルゴリズムを通じてトラフィックの最大レートを管理します。トークン バケット アルゴリズムでは、ユーザが設定した値を使用して、特定の瞬間にインターフェイス上で許可されるトラフィックの最大レートを決定します。トークン バケット アルゴリズムは、(トラフィック ポリシングでトラフィック ポリシーが設定された場所により)インターフェイスを出入りするすべてのトラフィックによって影響を受け、複数の大きなパケットが同じトラフィック ストリームで送信される場合に、ネットワーク帯域幅の管理に役立ちます。

トラフィック ポリシングでは、認定情報レート(CIR)のバースト サイズ(Bc)を設定することにより、一定量の帯域幅管理も行えます。認定バーストを参照してください。

レート制限に加えて、トラフィック ポリシングでは、パケットを個別にマーキング(または分類)することもできます。ポリサー マーキングを参照してください。

Cisco NCS 5001 ルータおよび Cisco NCS 5002 ルータ は、次のトラフィック ポリシング モードをサポートしています。

[Restrictions(機能制限)]

  • トラフィック ポリシングは入力方向でのみサポートされ、カラーブラインド モードのみがサポートされています。

  • ポリシング クレジットは、他の機能によって廃棄されたトラフィックに対して失われます。

認定バースト

トラフィック シェーパーとは異なり、トラフィック ポリサーは超過パケットをバッファせず、後で送信します。代わりに、ポリサーはバッファリングせずに「送信または送信なし」のポリシーを実行します。ポリシングは、通常のバースト値または認定バースト(bc)値を使用して、ルータが設定された設定情報レート(CIR)に到達できるようにします。ポリシングは、設定したバースト値に基づいて、パケットが CIR に適合しているか、または CIR を超過しているかを決定します。バースト パラメータは、ルータの一般的なバッファリング ルールに基づいており、ラウンドトリップ時間のビットレートと同じになるようにバッファリングを設定して、輻輳期間中におけるすべての接続の、未処理の TCP ウィンドウに対応することが推奨されます。輻輳期間中には、バースト パラメータを適切に設定することにより、ポリサーによるパケットのドロップを抑えることができます。

認定バーストの計算

認定バーストを計算するには、次の式を使用します。

bc(バイト単位)= CIR bps *(1 バイト/ 8 ビット)* 0.1 秒

この計算で使用される標準時間は 100 ミリ秒(0.1 秒)です。

たとえば、認定情報レートが 20,00,000 bps の場合、認定バーストの式を使用した認定バーストは 25,000 バイトになります。

bc = 2000000 * (1/8) * (100/1000)

bc = 25,000 バイト

良好なスループ ットを確保するには、十分高いバースト値を設定することが重要です。適合レートが設定した CIR 未満であるにもかかわらず、ルータがパケットをドロップし、超過したレートを報告する場合は、show interface コマンドを使用して現在のバーストをモニタし、表示された値が一貫して認定バースト(bc)値に近い値であるか、実際のレート(認定レート)が設定した認定レートに近い値であるかを確認します。該当しない場合は、バースト値が低すぎる可能性があります。推奨される計算を使用して、バースト レートを再設定してみてください。

ポリサー マーキング

レート制限に加えて、トラフィック ポリシングでは、指定したレートにパケットが適合または違反しているかに従って、パケットをマーキング(または分類)できます。パケット マーキングにより、ネットワークを複数のプライオリティ レベルまたは CoS に区切ることもできます。

ポリサー マーキングは条件付きマーキングとも呼ばれ、マーキングはポリサー状態(適合または超過)に基づいて行われます。ポリサー マーキングは、IP precedence 値または IP DSCP 値を設定することによって実行されます。ネットワークに入るパケットにこの値を設定するには、トラフィック ポリサーを使用します。その後、ネットワーク内にあるネットワーキング デバイスは、この設定を使用してトラフィックの処理方法を決定できます。

トラフィックをマーキングするが、トラフィック ポリシングを使用しない場合は、クラスベースの無条件パケット マーキングを使用できます。クラスベースの無条件パケット マーキングを参照してください。


(注)  


出力パケット マーキングはサポートされていません。


複数アクション設定

複数アクション設定機能では、クラス マップを通して複数アクション設定を持つパケットに(条件付きおよび無条件)マークを付けることができます。

次にサポートされるアクション セットを示します。

  • set-qos-group

  • set-dscp

  • set-cos

IP、MPLS、またはレイヤ 2 データ パス用のクラス マップ内で conform-action コマンド、および exceed-action コマンドを使用することにより、各ポリサー アクション用に少なくとも 2 つのアクション セットを設定できます。


(注)  


入力ポリシー アクション set qos-group はパケットのマーキングに影響を与えます。


条件付きポリサー マーキングの設定

Cisco NCS 5001 ルータおよび Cisco NCS 5002 ルータ は、入力方向の条件付きポリサー マーキングをサポートしています。

設定例

条件付きポリサー マーキングの設定を完了するには、以下を完全に行う必要があります。

  1. 1 つ以上のインターフェイスに付加できるポリシー マップの作成または変更。

  2. ポリシーを作成または変更する必要があるトラフィック クラスの指定

  3. トラフィックに対するポリシー レートの指定

  4. レート制限に適合するパケットに対して実行するアクションの指定

  5. レート制限を超過したパケットに対して実行するアクションの指定

  6. 入力インターフェイスへのポリシー マップの適用

Router# configure
Router(config)# policy-map ingress_policy1
Router(config-pmap)# class ic1
Router(config-pmap-c)# set qos-group 5
Router(config-pmap-c)# police rate 5 gbps
Router(config-pmap-c-police)# conform-action set qos-group 4
Router(config-pmap-c-police)# conform-action set dscp 3
Router(config-pmap-c-police)# exceed-action set qos-group 6
Router(config-pmap-c-police)# exit
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface TenGigE 0/0/0/5
Router(config-if)# service-policy input ingress_policy1
Router(config-if)# commit

実行コンフィギュレーション
policy-map ingress
 class ic1
  set qos-group 5
  police rate 5 gbps 
   conform-action set qos-group 4
   conform-action set dscp 3
   exceed-action set qos-group 6
  ! 
 ! 
 class class-default
 ! 
 end-policy-map

interface TenGigE 0/0/0/5
 service-policy input ingress_policy1
!

確認
Router# show qos interface TenGigE 0/0/0/5 input

Interface: TenGigE0_0_0_5 input 
Bandwidth configured: 10000000 kbps Bandwidth programed: 10000000 kbps
ANCP user configured: 0 kbps ANCP programed in HW: 0 kbps
Port Shaper programed in HW: 0 kbps 
Policy: ingress Total number of classes: 2
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: ingress_policy1 Class: ic1
QueueID: 0 (Port Default)
Policer Profile: 112 (Single)
Conform: 5000000 kbps (5 gbps) Burst: 62500000 bytes (0 Default)
Child Policer Conform: set qos-grp 4   set dscp 3   
Child Policer Exceed: set qos-grp 6   
----------------------------------------------------------------------
Level: 0 Policy: ingress_policy1 Class: class-default
QueueID: 0 (Port Default)

シングルレート ポリサー

シングルレート 2 カラー ポリサー

シングルレート 2 カラー(SR2C)ポリサーでは、各パケットに対する 2 つのアクション(conform アクションおよび exceed アクション)を実行する単一のトークン バケットを使用できます。

図 1. シングルレート 2 カラー ポリサーのワークフロー

設定情報レート(CIR)の値に基づいて、トークン バケットは更新時間間隔で更新されます。Tc トークン バケットには Bc 値まで含めることができ、この値には、特定のバイト数または期間を指定できます。サイズ B のパケットが Tc トークン バケットを超える場合、パケットは CIR 値を超え、設定されたアクションが実行されます。サイズ B のパケットが Tc トークン バケット未満の場合、パケットは適合し、設定された異なるアクションが実行されます。

トラフィック ポリシングの設定(シングルレート 2 カラー)

トラフィック ポリシングは、多くの場合、ネットワークに出入りするトラフィックのレートを制限するためにネットワークのエッジのインターフェイスで設定されます。最も一般的なトラフィック ポリシングの設定では、CIR に適合したトラフィックは送信され、超過したトラフィックはプライオリティを下げて送信されるかドロップされます。ユーザはネットワークのニーズに合わせてこれらの設定オプションを変更できます。

設定例

シングルレート 2 カラー(SR2C)トラフィック ポリシングの設定を完了するには、以下を完全に行う必要があります。

  1. 1 つ以上のインターフェイスに付加できるポリシー マップの作成または変更。

  2. ポリシーを作成または変更する必要があるトラフィック クラスの指定

  3. トラフィックに対するポリシー レートの指定

  4. レート制限に適合するパケットに対して実行するアクションの指定

  5. レート制限を超過したパケットに対して実行するアクションの指定

  6. 入力インターフェイスへのポリシー マップの適用

Router# configure
Router(config)# policy-map ingress_policy1
Router(config-pmap)# class class1
Router(config-pmap-c)# police rate 100 mbps burst 6000 bytes
Router(config-pmap-c-police)# conform-action set qos-group 2
Router(config-pmap-c-police)# conform-action set cos 2
Router(config-pmap-c-police)# exceed-action set qos-group 3
Router(config-pmap-c-police)# exceed-action set cos 3
Router(config-pmap-c-police)# exit
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface0/0/0/14
Router(config-if)# service-policy input policy1
Router(config-if)# no shutdown
Router(config-if)# commit

実行コンフィギュレーション

/* class-map configuration */
class-map match-any class1
 match dscp 10 
 end-class-map

/* Traffic policing configuration */
policy-map ingress_policy1
 class class1
  police rate 100 mbps burst 6000 bytes 
   conform-action set qos-group 2
   conform-action set cos 2
   exceed-action set qos-group 3
   exceed-action set cos 3
  ! 
 ! 
 class class-default
 ! 
 end-policy-map

interface TenGigE 0/0/0/14
 service-policy input ingress_policy1
! 

確認

Router# show policy-map interface TenGigE 0/0/0/14 input 
TenGigE0/0/0/14 input: ingress_policy1

Class class1
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :              410861/308109455            0
    Transmitted         : N/A 
    Total Dropped       :                   0/0                    0
  Policing statistics                (packets/bytes)     (rate - kbps) 
    Policed(conform)    :               27262/20543870             0
    Policed(exceed)     :              383599/287565585            0
    Policed(violate)    :                   0/0                    0
    Policed and dropped :                   0/0                  
Class class-default
  Classification statistics          (packets/bytes)     (rate - kbps)
    Matched             :                   0/0                    0
    Transmitted         : N/A 
    Total Dropped       : N/A