NCS 5000 シリーズ ルータ向け Cisco IOS XR データ モデル コンフィギュレーション ガイド
データ モデルの使用法
データ モデルの使用法

データ モデルの使用法

ここでは、データ モデルを使用するために必要な設定と手順について説明します。

データ モデルの使用法

図 1. データ モデルを使用するワークフロー



上の図では、クライアントアプリケーションを使用してネットワーク デバイスを設定する場合に YANG と NETCONF をどのように使用するかを簡単に説明しています。

次に、ユーザがデータ モデル設定を実装する際に役立つ作業を示します。

  1. ソフトウェア イメージをロードします。YANG モデルはソフトウェア イメージの一部です。または、次の場所から YANG モデルをダウンロードすることもできます。
    https://github.com/YangModels/yang/tree/master/vendor/cisco/xr
    さらに、ユーザは NETCONF を使用してクエリを実行することで、モデルのリストを取得できます。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <rpc message-id="100" xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:netconf:base:1.0">
        <get>
            <filter type="subtree">
                <netconf-state xmlns="urn:ietf:params:xml:ns:yang:ietf-netconf-monitoring">
                    <schemas/>
                </netconf-state>
            </filter>          
        </get>
    </rpc>
  2. ルータとアプリケーション間の通信は NETCONF で SSH により行われます。適切なポートのルータの NETCONF をイネーブルにします。

  3. クライアント アプリケーションから、NETCONF を使用して SSH でルータに接続します。NETCONF 操作を実行して設定を変更するか、または運用データを取得します。

図 2. ルータとクライアント アプリケーションの動作を示すレーン図



NETCONF のイネーブル化

このタスクは、SSH で NETCONF をイネーブルにします。必要な前提条件は次のとおりです。

  • 必要なパッケージ(k9sec および mgbl)をインストールします。

  • 関連する暗号キーを生成します。

router # configure
router (config) # netconf-yang agent ssh
router (config) # ssh server netconf port 830

netconf-yang agent ssh コマンドを使用して NETCONF エージェントをイネーブルにした後、ssh server v2 コマンドを使用してデバイスで SSH をイネーブルにし、ポート 22 で NETCONFをイネーブルにします。

次の実施手順

netconf-yang agent session コマンドはユーザがセッション パラメータをイネーブルにできるようにします。
netconf-yang agent session {limit value |  absolute-timeout value |  idle-timeout value}
値は次のとおりです。
  • limit:同時 netconf-yang セッションの最大数を設定します。範囲は 1 ~ 1024 です。

  • absolute-timeout:セッションの絶対ライフタイムを設定します。範囲は 1 ~ 1440です(分単位)。

  • idle-timeout:アイドル セッション ライフタイムを設定します。範囲は 1 ~ 1440です(分単位)。