Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ MIB 仕様ガイド
Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB 仕様
Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB 仕様
発行日;2013/04/23 | 英語版ドキュメント(2013/01/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB 仕様

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB カテゴリ

サポート対象かつ検証済みの MIB

サポート対象かつ未検証の MIB

サポート対象外の MIB

ATM-ACCOUNTING-INFORMATION-MIB

ATM-FORUM-ADDR-REG-MIB

ATM-FORUM-MIB

ATM-MIB

MIB の制約

ATM-SOFT-PVC-MIB

BGP4-MIB(RFC 1657)

CISCO-802-TAP-MIB

CISCO-AAA-SERVER-MIB

MIB の制約

CISCO-AAA-SESSION-MIB

CISCO-AAL5-MIB

CISCO-ATM-EXT-MIB

MIB の制約

CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB

CISCO-ATM-QOS-MIB

MIB の制約

CISCO-ATM2-MIB

CISCO-ATM-CONN-MIB

CISCO-ATM-RM-MIB

CISCO-ATM-TRAFFIC-MIB

CISCO-BGP4-MIB

MIB テーブル

CISCO-BGP-POLICY-ACCOUNTING-MIB

CISCO-BULK-FILE-MIB

MIB の制約

CISCO-CALL-APPLICATION-MIB

CISCO-CBP-TARGET-MIB

MIB の制約

CISCO-CDP-MIB

MIB の制約

CISCO-CEF-MIB

MIB の制約

CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB

MIB の制約

CISCO-CONFIG-COPY-MIB

CISCO-CONFIG-MAN-MIB

CISCO-CONTEXT-MAPPING-MIB

CISCO-DATA-COLLECTION-MIB

MIB の制約

CISCO-DIAL-CONTROL-MIB

CISCO-DYNAMIC-TEMPLATE-MIB

MIB テーブル

MIB の制約

CISCO-EIGRP-MIB

CISCO-EMBEDDED-EVENT-MGR-MIB

CISCO-ENHANCED-IMAGE-MIB

CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB

MIB の制約

CISCO-ENTITY-ALARM-MIB

MIB の制約

CISCO-ENTITY-ASSET-MIB

CISCO-ENTITY-EXT-MIB

MIB の制約

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB

MIB の制約

CISCO-ENTITY-PERFORMANCE-MIB

MIB の制約

CISCO-ENTITY-QFP-MIB

MIB テーブル

MIB の制約

CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB

MIB の制約

シスコ トランシーバの MIB 使用値

CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB

CISCO-ETHERLIKE-EXT-MIB

MIB の制約

CISCO-EVC-MIB

MIB の制約

CISCO-FLASH-MIB

MIB の制約

CISCO-FRAME-RELAY-MIB

MIB の制約

CISCO-FTP-CLIENT-MIB

CISCO-HSRP-EXT-MIB

CISCO-HSRP-MIB

CISCO-IETF-ATM2-PVCTRAP-MIB

CISCO-IETF-BFD-MIB

CISCO-IETF-FRR-MIB

CISCO-IETF-ISIS-MIB

CISCO-IETF-NAT-MIB

MIB の制約

CISCO-IETF-PPVPN-MPLS-VPN-MIB

CISCO-IETF-PW-ATM-MIB

MIB の制約

CISCO-IETF-PW-ENET-MIB

MIB の制約

CISCO-IETF-PW-FR-MIB

CISCO-IETF-PW-MIB

MIB の制約

CISCO-IETF-PW-MPLS-MIB

MIB の制約

CISCO-IETF-PW-TDM-MIB

CISCO-IF-EXTENSION-MIB

MIB の制約

CISCO-IGMP-FILTER-MIB

CISCO-IMAGE-MIB

CISCO-IMAGE-LICENSE-MGMT-MIB

CISCO-IP-LOCAL-POOL-MIB

CISCO-IPMROUTE-MIB

CISCO-IPSEC-FLOW-MONITOR-MIB

CISCO-IPSEC-MIB

CISCO-IPSEC-POLICY-MAP-MIB

MIB の制約

CISCO-IP-TAP-MIB

CISCO-IP-URPF-MIB

MIB の制約

CISCO-LAG-MIB

CISCO-LICENSE-MGMT-MIB

CISCO-MVPN-MIB

CISCO-NBAR-PROTOCOL-DISCOVERY-MIB

CISCO-NETFLOW-MIB

MIB の制約

CISCO-NTP-MIB

MIB の制約

CISCO-OSPF-MIB

CISCO-OSPF-TRAP-MIB

CISCO-PIM-MIB

CISCO-PING-MIB

CISCO-PPPOE-MIB

MIB の制約

CISCO-PROCESS-MIB

MIB の制約

CISCO-PROCESS-MIB の使用

CISCO-PRODUCTS-MIB

CISCO-QINQ-VLAN-MIB

MIB の制約

CISCO-RADIUS-EXT-MIB

CISCO-RF-MIB

CISCO-RTTMON-IP-EXT-MIB

CISCO-RTTMON-MIB

MIB の制約

CISCO-SLB-EXT-MIB

CISCO-SLB-MIB

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-CALL-STATS-MIB

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-EVENT-MIB

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-STATS-MIB

MIB テーブル

CISCO-SIP-UA-MIB

CISCO-SONET-MIB

MIB の制約

CISCO-SUBSCRIBER-SESSION-MIB

MIB テーブル

MIB の制約

CISCO-SYSLOG-MIB

CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB

MIB テーブル

MIB の制約

CISCO-TAP2-MIB

MIB の制約

CISCO-TAP-MIB

CISCO-UBE-MIB

CISCO-USER-CONNECTION-TAP-MIB

CISCO-VLAN-IFTABLE-RELATIONSHIP-MIB

CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB

CISCO-VPDN-MGMT-MIB

MIB の制約

CISCO-VOICE-ANALOG-IF-MIB

CISCO-VOICE-COMMON-DIAL-CONTROL-MIB

CISCO-VOICE-DIAL-CONTROL-MIB

CISCO-VOICE-IF-MIB

CISCO-VOIP-TAP-MIB

DIAL-CONTROL-MIB(RFC 2128)

DS1-MIB(RFC 2495)

MIB の制約

DS3-MIB(RFC 2496)

MIB の制約

ENTITY-MIB(RFC 4133)

MIB の制約

ENTITY-SENSOR-MIB(RFC 3433)

ENTITY-STATE-MIB

MIB の制約

ETHER-WIS(RFC 3637)

MIB の制約

ETHERLIKE-MIB(RFC 3635)

MIB の制約

EVENT-MIB(RFC 2981)

EXPRESSION-MIB

FRAME-RELAY-DTE-MIB(RFC1315-MIB)

MIB の制約

HC-ALARM-MIB

MIB テーブル

IEEE8023-LAG-MIB

IF-MIB(RFC 2863)

MIB の制約

IGMP-STD-MIB(RFC 2933)

IP-FORWARD-MIB(RFC 4292)

MIB の制約

IP-MIB(RFC 4293)

MIB の制約

IPMROUTE-STD-MIB(RFC 2932)

MIB の制約

MPLS-L3VPN-STD-MIB(RFC 4382)

MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB(RFC 3815)

MPLS-LDP-STD-MIB(RFC 3815)

MPLS-LSR-STD-MIB(RFC 3813)

MPLS-TE-MIB

MIB の制約

MPLS-VPN-MIB

MIB の制約

MSDP-MIB

NHRP-MIB

MIB の制約

NOTIFICATION-LOG-MIB(RFC 3014)

OLD-CISCO-CHASSIS-MIB

OLD-CISCO-SYS-MIB

OSPF-MIB(RFC 1850)

OSPF-TRAP-MIB(RFC 1850)

PIM-MIB(RFC 2934)

MIB の制約

RFC1213-MIB

RMON-MIB(RFC 1757)

MIB の制約

RSVP-MIB

MIB の制約

SNMP-COMMUNITY-MIB(RFC 2576)

SNMP-FRAMEWORK-MIB(RFC 2571)

SNMP-MPD-MIB(RFC 2572)

SNMP-NOTIFICATION-MIB(RFC 2573)

SNMP-PROXY-MIB(RFC 2573)

SNMP-TARGET-MIB(RFC 2573)

SNMP-USM-MIB(RFC 2574)

SNMPv2-MIB(RFC 1907)

SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB(RFC 2575)

SONET-MIB(RFC 2558)

MIB の制約

TCP-MIB(RFC 4022)

TUNNEL-MIB(RFC 4087)

UDP-MIB(RFC 4113)

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB 仕様

この章では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの管理情報ベース(MIB)について説明します。内容は次のとおりです。

「Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB」

「Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB カテゴリ」

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB

各 MIB の説明では、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ プラットフォームにおける MIB 実装に関連する制約を示します。表に記載されていないオブジェクトは MIB の定義に従って実装されます。詳細な MIB の説明については、標準 MIB を参照してください。


) Cisco IOS ソフトウェア リリースに含まれるすべての MIB が Cisco ASR 1000 シリーズ ルータで完全にサポートされているわけではありません。まったくサポートされない MIB もあります。また、機能する可能性はありますが、ルータでテストされていない MIB もあります。さらに、一部の MIB は廃止予定ですが、ソフトウェアから削除することはできません。MIB がイメージに含まれていても、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ プラットフォームでサポートされているとは限りません。


このリリースに含まれる MIB の詳細については、「MIB のダウンロードおよびコンパイル」を参照してください。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB カテゴリ

以降の表に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ イメージにおける次の MIB カテゴリを示します。

サポート対象かつ検証済みの MIB(Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでテスト済み):MIB はイメージに存在し、コードが実装されており、サポートされるすべてのオブジェクトが正常に機能することをシスコが検証済みです( 表 3-1 )。

サポート対象かつ未検証の MIB(Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでテストされていません):MIB はイメージに存在し、コードが実装されていますが、正常に機能することをシスコが検証していません( 表 3-2 )。

サポート対象外の MIB(Cisco ASR 1000 シリーズ ルータにサポートまたはテストのレベルなし):MIB は、Cisco.com で公開されている場合がありますが、イメージに存在せず、問い合わせることはできません( 表 3-3 )。

MIB のバージョン ストリングは、最後に変更された日時を示します。形式は YYMMDDHHMMZ または YYYYMMDDHHMMZ です。

YY は年(1900 ~ 1999 の間の年のみ)の最後の 2 桁です。

YYYY は年(任意の年)の 4 桁すべてです。

MM は月(01 ~ 12)です。

DD は日(01 ~ 31)です。

HH は時間(00 ~ 23)です。

MM は分(00 ~ 59)です。

Z(ASCII 文字 Z)は、協定世界時(UTC、以前のグリニッジ標準時(GMT))を示します。このデータ型には、日時フィールドの YEAR、MONTH、DAY、HOUR、MINUTE、SECOND、TIMEZONE_HOUR、および TIMEZONE_MINUTE が格納されます。


) たとえば、9502192015Z および 199502192015Z は 1995 年 2 月 19 日の 8:15 GMT を表します。1999 年より後の年には、4 桁の形式を使用します。1900 ~ 1999 年には、2 桁または 4 桁の形式を使用できます。



) 次の表に、UNKNOWN という語が記載されていることがあります。この語は、MIB に最終変更を示す記録されたタイムスタンプがないことを意味します。


サポート対象かつ検証済みの MIB

表 3-1 に、次の Cisco IOS リリースでサポートされ、 検証されている MIB を示します。表には、MIB、対応する通知名、および該当する MIB バージョンが示されています。

 

表 3-1 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ イメージにおけるサポート対象および検証済みの Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB

MIB
通知名
リビジョン ID

ATM-MIB

9406072245Z

BGP4-MIB(RFC 1657)

bgpEstablished

bgpBackwardTransition

9405050000Z

CISCO-AAA-SERVER-MIB

casServerStateChange

200001200000Z

CISCO-AAA-SESSION-MIB

200603210000Z

CISCO-AAL5-MIB

200309220000Z

CISCO-ATM-EXT-MIB

200301060000Z

CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB

catmIntfPvcUpTrap

catmIntfPvcOAMFailureTrap

catmIntfPvcSegCCOAMFailureTrap

catmIntfPvcEndCCOAMFailureTrap

catmIntfPvcAISRDIOAMFailureTrap

catmIntfPvcAnyOAMFailureTrap

catmIntfPvcOAMRecoverTrap

catmIntfPvcSegCCOAMRecoverTrap

catmIntfPvcEndCCOAMRecoverTrap

catmIntfPvcAISRDIOAMRecoverTrap

catmIntfPvcAnyOAMRecoverTrap

catmIntfPvcUp2Trap

catmIntfPvcDownTrap

catmIntfPvcSegAISRDIFailureTrap

catmIntfPvcEndAISRDIFailureTrap

catmIntfPvcSegAISRDIRecoverTrap

catmIntfPvcEndAISRDIRecoverTrap

200303240000Z

CISCO-ATM-QOS-MIB

-

200206100000Z

CISCO-BGP4-MIB

cbgpFsmStateChange

cbgpBackwardTransition

cbgpPrefixThresholdExceeded

cbgpPrefixThresholdClear

cbgpPeer2EstablishedNotification

cbgpPeer2BackwardTransNotification

cbgpPeer2FsmStateChange

cbgpPeer2BackwardTransition

cbgpPeer2PrefixThresholdExceeded

cbgpPeer2PrefixThresholdClear

200302240000Z

CISCO-BULK-FILE-MIB

cbfDefineFileCompletion

200108220000Z

CISCO-CBP-TARGET-MIB

-

200605240000Z

CISCO-CDP-MIB

-

200503210000Z

CISCO-CEF-MIB

cefResourceFailure

cefPeerStateChange

cefPeerFIBStateChange

cefInconsistencyDetection

200601300000Z

CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB

-

200901260000Z

CISCO-CONFIG-COPY-MIB

ccCopyCompletion

200403170000Z

CISCO-CONFIG-MAN-MIB

ciscoConfigManEvent

ccmCLIRunningConfigChanged

ccmCTIDRolledOver

200608220000Z

CISCO-CONTEXT-MAPPING-MIB

-

200503170000Z

CISCO-DATA-COLLECTION-MIB

cdcVFileCollectionError

cdcFileXferComplete

200210300530Z

CISCO-DIAL-CONTROL-MIB

-

200505260000Z

CISCO-DYNAMIC-TEMPLATE-MIB

-

200709060000Z

CISCO-EIGRP-MIB

-

200411160000Z

CISCO-EMBEDDED-EVENT-MGR-MIB

cEventMgrServerEvent

cEventMgrPolicyEvent

200304160000Z

CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB

cempMemBufferNotify

200302240000Z1

CISCO-ENTITY-ALARM-MIB

ceAlarmAsserted

ceAlarmCleared

9907062150Z

CISCO-ENTITY-EXT-MIB

-

200811240000Z

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB

cefcModuleStatusChange

cefcPowerStatusChange

cefcFRUInserted

cefcFRURemoved

cefcUnrecognizedFRU

cefcFanTrayStatusChange

201112220000Z

CISCO-ENTITY-PERFORMANCE-MIB

-

201205150000Z

CISCO-ENTITY-QFP-MIB

-

201205150000Z

CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB

entSensorThresholdNotification

200601010000Z

CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB

-

200505050930Z

CISCO-ETHERLIKE-EXT-MIB

-

201006040000Z

CISCO-EVC-MIB

cevcEvcCreationNotification

cevcEvcDeletionNotification

cevcEvcStatusChangedNotification

200805010000Z

CISCO-FLASH-MIB

ciscoFlashCopyCompletionTrap

ciscoFlashPartitioningCompletionTrap

ciscoFlashMiscOpCompletionTrap

ciscoFlashDeviceChangeTrap

ciscoFlashDeviceInsertedNotif

ciscoFlashDeviceRemovedNotif

ciscoFlashDeviceInsertedNotifRev1

ciscoFlashDeviceRemovedNotifRev1

200403180000Z

CISCO-FRAME-RELAY-MIB

-

200010130000Z

CISCO-FTP-CLIENT-MIB

-

9710091700Z

CISCO-HSRP-EXT-MIB

-

9808030000Z

CISCO-HSRP-MIB

cHsrpStateChange

9808030000Z

CISCO-IETF-ATM2-PVCTRAP-MIB

atmIntfPvcFailuresTrap

9802030000Z

CISCO-IETF-BFD-MIB

ciscoBfdSessUp

ciscoBfdSessDown

201104160000Z

CISCO-IETF-FRR-MIB

cmplsFrrProtected

200211051200Z

CISCO-IETF-ISIS-MIB

ciiDatabaseOverload

ciiManualAddressDrops

ciiCorruptedLSPDetected

ciiAttemptToExceedMaxSequence

ciiIDLenMismatch

ciiMaxAreaAddressesMismatch

ciiOwnLSPPurge

ciiSequenceNumberSkip

ciiAuthenticationTypeFailure

ciiAuthenticationFailure

ciiVersionSkew

ciiAreaM

200508161200Z

CISCO-IETF-NAT-MIB

-

200103010000Z

CISCO-IETF-PPVPN-MPLS-VPN-MIB

cMplsNumVrfRouteMaxThreshCleared

200304171200Z

CISCO-IETF-PW-ATM-MIB

-

200504191200Z

CISCO-IETF-PW-ENET-MIB

-

200209221200Z

CISCO-IETF-PW-MIB

cpwVcDown

cpwVcUp

200403171200Z

CISCO-IETF-PW-MPLS-MIB

-

200302261200Z

CISCO-IF-EXTENSION-MIB

-

200311140000Z

CISCO-IGMP-FILTER-MIB

-

200111080000Z

CISCO-IMAGE-MIB

-

9508150000Z

CISCO-IMAGE-LICENSE-MGMT-MIB

cilmBootImageLevelChanged

200710160000Z

CISCO-IP-LOCAL-POOL-MIB

ciscoIpLocalPoolInUseAddrNoti

200304032000Z

CISCO-IPMROUTE-MIB

ciscoIpMRouteMissingHeartBeats

200503070000Z

CISCO-IPSEC-FLOW-MONITOR-MIB

cikeTunnelStart

cikeTunnelStop

cikeSysFailure

cikeCertCrlFailure

cikeProtocolFailure

cikeNoSa

cipSecTunnelStart

cipSecTunnelStop

cipSecSysFailure

cipSecSetUpFailure

cipSecEarlyTunTerm

cipSecProtocolFailure

cipSecNoSa

200010131800Z

CISCO-IPSEC-MIB

cipsIsakmpPolicyAdded

cipsIsakmpPolicyDeleted

cipsCryptomapAdded

cipsCryptomapDeleted

cipsCryptomapSetAttached

cipsCryptomapSetDetached

cipsTooManySAs

200008071139Z

CISCO-IPSEC-POLICY-MAP-MIB

-

200008171257Z

CISCO-IP-TAP-MIB

-

200403110000Z

CISCO-IP-URPF-MIB

cipUrpfIfDropRateNotify

200411120000Z

CISCO-LAG-MIB

CISCO-LICENSE-MGMT-MIB

clmgmtLicenseExpired

clmgmtLicenseExpiryWarning

clmgmtLicenseUsageCountExceeded

clmgmtLicenseUsageCountAboutToExceed

clmgmtLicenseInstalled

clmgmtLicenseCleared

clmgmtLicenseRevoked

clmgmtLicenseEULAAccepted

clmgmtLicenseNotEnforced

clmgmtLicenseSubscriptionExpiryWarning

clmgmtLicenseSubscriptionExtExpiryWarning

clmgmtLicenseSubscriptionExpired

clmgmtLicenseEvalRTUTransitionWarning

clmgmtLicenseEvalRTUTransition

201104190000Z

CISCO-MVPN-MIB

ciscoMvpnMvrfChange

200402231200Z

CISCO-NBAR-PROTOCOL-DISCOVERY-MIB

-

200208160000Z

CISCO-NETFLOW-MIB

-

200604200000Z

CISCO-NTP-MIB

-

200307070000Z

CISCO-OSPF-MIB(draft-ietf-ospf-mib-update-05)

-

200307180000Z

CISCO-OSPF-TRAP-MIB(draft-ietf-ospf-mib-update-05)

cospfIfConfigError

cospfVirtIfConfigError

cospfTxRetransmit

cospfVirtIfTxRetransmit

cospfOriginateLsa

cospfMaxAgeLsa

cospfNssaTranslatorStatusChange

cospfShamLinkStateChange

cospfShamLinksStateChange

cospfShamLinkNbrStateChange

cospfShamLinkConfigError

cospfShamLinkAuthFailure

cospfShamLinkRxBadPacket

cospfShamLinkTxRetransmit

200307180000Z

CISCO-PIM-MIB

ciscoPimInterfaceUp

ciscoPimInterfaceDown

ciscoPimRPMappingChange

ciscoPimInvalidRegister

ciscoPimInvalidJoinPrune

200011020000Z

CISCO-PING-MIB

ciscoPingCompletion

200108280000Z

CISCO-PPPOE-MIB

cPppoeSystemSessionThresholdTrap

cPppoeVcSessionThresholdTrap

200102200000Z

CISCO-PROCESS-MIB

cpmCPURisingThreshold

cpmCPUFallingThreshold

201005060000Z

CISCO-PRODUCTS-MIB

-

200505051930Z

CISCO-QINQ-VLAN-MIB

-

200411290000Z

CISCO-RADIUS-EXT-MIB

201005250000Z

CISCO-RF-MIB

ciscoRFSwactNotif

ciscoRFProgressionNotif

ciscoRFIssuStateNotifRev1

200803180000Z

CISCO-RTTMON-IP-EXT-MIB

-

200608020000Z

CISCO-RTTMON-MIB

rttMonConnectionChangeNotification

rttMonTimeoutNotification

rttMonThresholdNotification

rttMonVerifyErrorNotification

rttMonNotification

rttMonLpdDiscoveryNotification

rttMonLpdGrpStatusNotification

200701260000Z

CISCO-SIP-UA-MIB

-

200402190000Z

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-CALL-STATS-MIB

-

200808270000Z

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-EVENT-MIB

csbAlarmSubsystem

csbAlarmSeverity

csbAlarmID

csbAlarmTime

csbSBCServiceName

csbDynamicBlackListSubFamily

csbDynamicBlackListVpnId

csbDynamicBlackListAddressType

csbDynamicBlackListAddress

csbDynamicBlackListTransportType

csbDynamicBlackListPortNumber

csbDynamicBlackListSrcBlocked

csbAlarmDescription

200808270000Z

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-STATS-MIB

-

201009150000Z

CISCO-SONET-MIB

ciscoSonetSectionStatusChange

ciscoSonetLineStatusChange

ciscoSonetPathStatusChange

200205220000Z

CISCO-SUBSCRIBER-SESSION-MIB

csubJobFinishedNotify

200709060000Z

CISCO-SYSLOG-MIB

clogMessageGenerated

9508070000Z

CISCO-TAP2-MIB

ciscoTap2MIBActive

ciscoTap2MediationTimedOut

ciscoTap2MediationDebug

ciscoTap2StreamDebug

ciscoTap2Switchover

200611270000Z

CISCO-UBE-MIB

-

201011290000Z

CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB

-

200509220000Z

CISCO-USER-CONNECTION-TAP-MIB

-

200708090000Z

CISCO-VLAN-IFTABLE-RELATIONSHIP-MIB

-

9904010530Z

CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB

vmVmpsChange

200404070000Z

CISCO-VPDN-MGMT-MIB

cvpdnNotifSession

cvpdnTrapDeadcacheEvent

200601200000Z

CISCO-VOICE-COMMON-DIAL-CONTROL-MIB

-

200903180000Z

CISCO-VOICE-DIAL-CONTROL-MIB

cvdcFallbackNotification

200905070000Z

CISCO-VOIP-TAP-MIB

-

200910010000Z

DIAL-CONTROL-MIB(RFC 2128)

dialCtlPeerCallInformation dialCtlPeerCallSetup

9609231544Z

DS1-MIB(RFC 2495)

dsx1LineStatusChange

9808011830Z

DS3-MIB(RFC 2496)

dsx3LineStatusChange

9808012130Z

ENTITY-MIB(RFC 4133)

entConfigChange

200508100000Z

ENTITY-SENSOR-MIB(RFC 3433)

-

200212160000Z

ENTITY-STATE-MIB

entStateOperEnabled

entStateOperDisabled

200511220000Z

ETHER-WIS(RFC 3637)

-

200309190000Z

ETHERLIKE-MIB(RFC 3635)

-

200309190000Z

EVENT-MIB(RFC 2981)

mteTriggerFired

mteTriggerRising

mteTriggerFalling

mteTriggerFailure

mteEventSetFailure

200010160000Z

EXPRESSION-MIB

-

9802251700Z

FRAME-RELAY-DTE-MIB(RFC1315-MIB)

-

9511170836Z

IF-MIB(RFC 2863)

linkDown

linkUp

9611031355Z

IGMP-STD-MIB(RFC 2933)

-

200009280000Z

IP-FORWARD-MIB(RFC 4292)

-

200602010000Z

IP-MIB(RFC 4293)

-

200602020000Z

IPMROUTE-STD-MIB(RFC 2932)

-

200009220000Z

MPLS-L3VPN-STD-MIB(RFC 4382)

mplsL3VpnVrfUp

mplsL3VpnVrfDown

mplsL3VpnVrfRouteMidThreshExceeded

mplsL3VpnVrfNumVrfRouteMaxThreshExceeded

mplsL3VpnNumVrfSecIllglLblThrshExcd

mplsL3VpnNumVrfRouteMaxThreshCleared

200601230000Z

MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB(RFC 3815)

-

200406030000Z

MPLS-LDP-STD-MIB(RFC 3815)

mplsLdpInitSessionThresholdExceeded

mplsLdpPathVectorLimitMismatch

mplsLdpSessionUp

mplsLdpSessionDown

200406030000Z

MPLS-LSR-STD-MIB(RFC 3813)

mplsXCUp

mplsXCDown

200406030000Z

MPLS-TE-MIB

mplsTunnelUp

mplsTunnelDown

mplsTunnelRerouted

200011211200Z

MPLS-VPN-MIB

mplsVrfIfUp

mplsVrfIfDown

mplsNumVrfRouteMidThreshExceeded

mplsNumVrfRouteMaxThreshExceeded

mplsNumVrfSecIllegalLabelThreshExceeded

200110151200Z

MSDP-MIB

msdpEstablished

msdpBackwardTransition

9912160000Z

NHRP-MIB

-

9908260000Z

NOTIFICATION-LOG-MIB(RFC 3014)

-

200011270000Z

OLD-CISCO-SYS-MIB

-

OSPF-MIB(RFC 1850)

-

9501201225Z

OSPF-TRAP-MIB(RFC 1850)

ospfIfStateChange

ospfVirtIfStateChange

ospfNbrStateChange

ospfVirtNbrStateChange

ospfIfConfigError

ospfVirtIfConfigError

ospfIfAuthFailure

ospfVirtIfAuthFailure

ospfIfRxBadPacket

ospfVirtIfRxBadPacket

ospfTxRetransmit

ospfVirtIfTxRetransmit

ospfOriginate

9501201225Z

PIM-MIB(RFC 2934)

pimNeighborLoss

200009280000Z

RFC1213-MIB

-

UNKNOWN

RMON-MIB(RFC 1757)

-

9606111939Z

RSVP-MIB

newFlow

lostFlow

9808251820Z

SNMP-COMMUNITY-MIB(RFC 2576)

-

UNKNOWN

SNMP-FRAMEWORK-MIB(RFC 2571)

-

9901190000Z

SNMP-MPD-MIB(RFC 2572)

-

9905041636Z

SNMP-NOTIFICATION-MIB(RFC 2573)

-

9808040000Z

SNMP-PROXY-MIB(RFC 2573)

-

9808040000Z

SNMP-TARGET-MIB(RFC 2573)

-

9808040000Z

SNMPv2-MIB(RFC 1907)

coldStart

warmStart

linkDown

linkUp

authenticationFailure

egpNeighborLoss

9511090000Z

SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB(RFC 2575)

-

9901200000Z

SONET-MIB(RFC 2558)

-

9810190000Z

TCP-MIB(RFC 4022)

-

200502180000Z

TUNNEL-MIB(RFC 4087)

-

200505160000Z

UDP-MIB(RFC 4113)

-

200505200000Z

1.リリース 02.03.02 については、CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB のバージョンは 200812050000Z です。

サポート対象かつ未検証の MIB

表 3-2 に、次の Cisco IOS リリースでサポートされ、 検証されていない Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ イメージにおける MIB、通知名、およびバージョンを示します。

 

表 3-2 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ イメージにおけるサポート対象かつ未検証の Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB

MIB
通知名
リビジョン ID

ATM-FORUM-ADDR-REG-MIB

-

9606200322Z

ATM-FORUM-MIB

-

9606200322Z

HC-ALARM-MIB

-

200212160000Z

SNMP-USM-MIB(RFC 2574)

-

9901200000Z

サポート対象外の MIB

表 3-3 に、次の Cisco IOS リリースでサポートされていない Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ イメージにおける MIB、通知名、およびバージョンを示します。

 

表 3-3 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ イメージにおけるサポート対象外の Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの MIB

MIB
通知名
リビジョン ID

ATM-ACCOUNTING-INFORMATION-MIB

-

9711050000Z

ATM-SOFT-PVC-MIB

atmSoftPvcCallFailuresTrap

9703010000Z

ATM-TRACE-MIB

-

UNKNOWN

CISCO-802-TAP-MIB

-

200607100000Z

CISCO-ATM2-MIB

-

9803040000Z

CISCO-ATM-CONN-MIB

-

200108060000Z

CISCO-ATM-RM-MIB

-

200101290000Z

CISCO-ATM-TRAFFIC-MIB

-

9705290000Z

CISCO-CALL-APPLICATION-MIB

-

9909220000Z

CISCO-ENHANCED-IMAGE-MIB

-

200501060000Z

CISCO-ENTITY-ASSET-MIB

-

200207231600Z

CISCO-IETF-PW-FR-MIB

-

200312160000Z

CISCO-IETF-PW-TDM-MIB

-

200607210000Z

CISCO-LAG-MIB

-

200212130000Z

CISCO-SLB-EXT-MIB

cslbxFtStateChange

200302111000Z

CISCO-SLB-MIB

ciscoSlbVirtualStateChange

ciscoSlbRealStateChange

200203180000Z

CISCO-TAP-MIB

cTapMIBActive,

cTapMediationTimedOut

cTapMediationDebug

cTapStreamIpDebug

200401090000Z

CISCO-VOICE-ANALOG-IF-MIB

-

200510030000Z

CISCO-VOICE-IF-MIB

-

9803060000Z

IEEE8023-LAG-MIB

-

200006270000Z

OLD-CISCO-CHASSIS-MIB

-

UNKNOWN

ATM-ACCOUNTING-INFORMATION-MIB

ATM-ACCOUNTING-INFORMATION-MIB には、ATM 接続に適用されるアカウンティング情報を管理するオブジェクトが含まれます。


) この MIB は、ASR 1000 シリーズ ルータで検証されていません。


ATM-FORUM-ADDR-REG-MIB

ATM-FORUM-ADDR-REG-MIB には、ATM User-Network Interface(UNI)アドレス、ポートなどの情報を管理するオブジェクトが含まれます。この MIB には、ATM アドレス登録の管理情報も含まれます。


) この MIB は、ASR 1000 シリーズ ルータでサポートされていません。


ATM-FORUM-MIB

ATM-FORUM-MIB には、ATM オブジェクト定義とオブジェクト ID(OID)が含まれます。


) この MIB は、ASR 1000 シリーズ ルータで検証されていません。


ATM-MIB

ATM-MIB(RFC 1695)には、論理エンティティおよび物理エンティティを管理するための ATM および ATM アダプテーション層 5(AAL5)のオブジェクトが含まれます。また、ATM インターフェイス、仮想リンク、相互接続、および AAL5 のエンティティと接続など、論理エンティティと物理エンティティとの間の関係を管理する機能を提供します。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、ATM-MIB は SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。


MIB の制約

表 3-4 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって ATM-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-4 ATM-MIB の制約

MIB オブジェクト
(注)
atmInterfaceDs3PlcpTable

Cisco ASR1000 では使用されません。

atmInterfaceTCTable

サポートされていません。

atmTrafficDescrParamTable

atmTrafficDescrType

読み取り専用。

atmTrafficDescrParam1

読み取り専用。

atmTrafficDescrParam2

読み取り専用。

atmTrafficDescrParam3

読み取り専用。

atmTrafficDescrParam4

読み取り専用。

atmTrafficDescrParam5

読み取り専用。

atmTrafficQoSClass

読み取り専用。

atmVclTable

atmVclAdminStatus

読み取り専用。

atmVclReceiveTrafficDescrIndex

読み取り専用。

atmVclTransmitTrafficDescrIndex

読み取り専用。

atmVccAalType

読み取り専用。

atmVccAal5CpcsTransmitSduSize

読み取り専用。デフォルト値は 4470 です。

atmVccAal5CpcsReceiveSduSize

読み取り専用。デフォルト値は 4470 です。

atmVccAal5EncapsType

読み取り専用。

atmVclCrossConnectIdentifier

読み取り専用。

atmVclRowStatus

読み取り専用。

atmVclCastType

サポートされていません。

atmVclConnKind

サポートされていません。

atmVcCrossConnectIndexNext

サポートされていません。

atmVcCrossConnectTable

実装されていません。

atmTrafficDescrParamIndexNext

サポートされていません。

atmVpCrossConnectTable

サポートされていません。

atmVpCrossConnectIndexNext

サポートされていません。

atmVplTable

読み取り専用。


) ifIndex オブジェクトの ifType は atm(37) タイプにする必要があります。



) 「atm .0 subinterface」をシャットダウンすると、ATM メイン インターフェイスのみがシャットダウンされ、他の ATM サブインターフェイスはシャットダウンされません。



) ATM モードは、SPA-24CHT1-CE-ATM ではサポートされません。


ATM-SOFT-PVC-MIB

ATM-SOFT-PVC-MIB には、ATM ソフト相手先固定回線接続の管理対象オブジェクトの ATM フォーラム定義が含まれます。この MIB は、このリリースではサポートされていません。

BGP4-MIB(RFC 1657)

BGP4-MIB(RFC 1657)は、ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)の実装情報へのアクセスを提供します。このMIB は次のものを提供します。

BGP 設定情報

BGP ピアおよび内部で交換されたメッセージに関する情報

アドバタイズされたネットワークに関する情報

CISCO-802-TAP-MIB

CISCO-802-TAP-MIB には、802 ストリーム(IEEE 802 傍受、レイヤ 2)用のシスコの傍受機能を管理するオブジェクトが含まれます。この MIB は、802 トラフィックを傍受するために CISCO-TAP2-MIB とともに使用されます。

CISCO-AAA-SERVER-MIB

CISCO-AAA-SERVER-MIB には、ルータ内またはルータ外の認証、許可、アカウンティング(AAA)サーバなどの情報を管理するオブジェクトが含まれます。この MIB は次のものを提供します。

外部 AAA サーバの ID などの AAA サーバの設定情報

AAA 機能の統計情報

AAA サーバのステータス(状態)情報

MIB の制約

MIB の設定オブジェクトは読み取り専用です。AAA サーバを設定するには、CLI コマンド aaa new-model、aaa authentication ppp、aaa authorization、aaa accounting、および radius-server host を使用します。 表 3-5 に、ルータによって CISCO-AAA-SERVER-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-5 CISCO-AAA-SERVER-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
casConfigTable

casAddress

読み取り専用。

casAuthenPort

読み取り専用。デフォルト値は 1645 です。

casAcctPort

読み取り専用。デフォルト値は 1646 です。

casKey

読み取り専用。値はセキュリティ上の理由から" "(ヌル ストリング)と表示されます。

casConfigRowStatus

読み取り専用。

casStatisTable

casAuthorTable

RADIUS サーバの場合は、これらの属性の値は常に 0 です。TACACS+ サーバだけがゼロ以外の値を持つことができます。


) RADIUS サーバは許可要求をしません。


casAuthorRequest

casAuthorRequestTimeouts

casAuthorUnexpectedResponses

casAuthorServerErrorResponses

casAuthorIncorrectResponses

casAuthorResponseTime

casAuthorTransactionSuccesses

casAuthorTransactionFailures

CISCO-AAA-SESSION-MIB

CISCO-AAA-SESSION-MIB には、認証、許可、アカウンティング(AAA)プロトコルに基づくアカウンティング セッションに関する情報が含まれます。

CISCO-AAL5-MIB

CISCO-AAL5-MIB には、アダプテーション層 5(AAL5)仮想チャネル接続(VCC)のパフォーマンス統計情報を管理するオブジェクトが含まれます。この MIB には、RFC 1695 の cAal5VccTable から欠落している、VCC で受信および送信されたパケットやオクテットなどの情報も含まれています。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-AAL5-MIB は SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。


CISCO-ATM-EXT-MIB

CISCO-ATM-EXT-MIB には、ATM エンティティの管理に使用される Cisco ATM の拡張機能が含まれます。この MIB は、ATM インターフェイス上の仮想チャネル接続(VCC)に追加の AAL5 パフォーマンス統計情報を提供します。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-ATM-EXT-MIB は SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。


MIB の制約

表 3-6 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-ATM-EXT-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-6 CISCO-ATM-EXT-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
catmxVclOamTable

サポートされていません。


) CISCO-ATM-EXT-MIB には、1 つのテーブル cAal5VccExtTable だけが含まれています。このテーブルは CISCO-AAL5-MIB の aal5VccTable を強化します。cAal5VccExtTable には、追加の AAL5 パフォーマンス パラメータが含まれます。


CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB

CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB には、ATM-MIB の機能を拡張するオブジェクトが含まれます。この MIB は、CISCO ASR 1000 における相手先固定接続(PVC)に追加の通知およびトラップを提供します。CISCO-ATM-PVCTRAP-EXTN-MIB は CISCO-IETF-ATM2-PVCTRAP-MIB で補完されます。

CISCO-ATM-QOS-MIB

CISCO-ATM-QOS-MIB には、次の ATM QoS 情報を管理するオブジェクトが含まれます。

VC 単位のトラフィック シェーピング

VP 単位のトラフィック シェーピング

VC 単位のキューイング/バッファリング。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-ATM-QOS-MIB は SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。


MIB の制約

表 3-7 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-ATM-QOS-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-7 CISCO-ATM-QOS-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
caqVccParamsTable

caqVccParamsCdv

サポートされていません。

caqVccParamsCdvt

サポートされていません。

caqVccParamsIcr

サポートされていません。

caqVccParamsTbe

サポートされていません。

caqVccParamsFrtt

サポートされていません。

caqVccParamsNrm

サポートされていません。

caqVccParamsInvTrm

サポートされていません。

caqVccParamsInvCdf

サポートされていません。

caqVccParamsAdtf

サポートされていません。

caqVpcParamsTable

caqVpcParamsAvailBw

サポートされていません。

CISCO-ATM2-MIB

CISCO-ATM2-MIB には、ATM-MIB を補完するオブジェクトが含まれます。


) CISCO-ATM2-MIB はルータではサポートされません。


CISCO-ATM-CONN-MIB

CISCO-ATM-CONN-MIB には、ATM スイッチ接続管理の RFC1695 で定義された VPL/VCL テーブルを拡張するオブジェクトが含まれます。


) CISCO-ATM-CONN-MIB はルータではサポートされません。


CISCO-ATM-RM-MIB

CISCO-ATM-RM-MIB には、リソース管理機能を提供するオブジェクトが含まれます。この MIB は、シスコ デバイスの標準 ATM MIB を補完します。


) この CISCO-ATM-RM-MIB はこのリリースでサポートされていません。


CISCO-ATM-TRAFFIC-MIB

CISCO-ATM-TRAFFIC-MIB には、RFC1695 で定義されたトラフィックの OID と変数の拡張機能を提供するオブジェクトが含まれます。


) このリリースでは、CISCO-ATM-TRAFFIC-MIB はサポートされません。


CISCO-BGP4-MIB

CISCO-BGP4-MIB は、ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)の実装に関連する情報へのアクセスを提供します。このMIB は次のものを提供します。

BGP 設定情報

BGP ピアおよび BGP ピアと交換されたメッセージに関する情報

アドバタイズされたネットワークに関する情報

Cisco IOS Release 15.2(1)S から、CISCO-BGP4-MIB は、IPv4 アドレスに加えて IPv6 アドレスをサポートします。IPv6 ベースのピアをサポートするために、4 個の新しいテーブルが CISCO-BGP4-MIB に追加されました。

cbgpPeer2Table

cbgpPeer2CapsTable

cbgpPeer2AddrFamilyTable

cbgpPeer2AddrFamilyPrefixTable


) これらの 4 個のテーブルには、IPv4 と IPv6 の両方のピアをサポートするための柔軟なインデックスがあります。


MIB テーブル

表 3-8 に、CISCO-BGP4-MIB のテーブルを示します。

 

表 3-8 CISCO-BGP4-MIB テーブル

MIB テーブル
説明
cbgpRouteTable

すべての BGP4 ピアから宛先ネットワークへのルートに関する情報が含まれます。

cbgpPeerTable

BGP ピアとの接続に関する情報(BGP ピアごとに 1 個のエントリ)が含まれます。

cbgpPeerCapsTable

ピアがサポートする機能に関する情報が含まれます。ピアの機能は、BGP 接続の確立時に受信されます。

cbgpPeerAddrFamilyTable

ピアによってサポートされるアドレス ファミリに関する情報が含まれます。

cbgpPeerAddrFamilyPrefixTable

ピアによってサポートされるアドレス ファミリのプレフィックス関連情報が含まれます。

cbgpPeer2Table

BGP ピアとの接続に関する情報(BGP ピアごとに 1 個のエントリ)が含まれます。このテーブルは、IPv4 および IPv6 ピアをサポートします。

cbgpPeer2CapsTable

BGP ピアがサポートする機能に関する情報が含まれます。ピアの機能は、BGP 接続の確立時に受信されます。このテーブルは、IPv4 および IPv6 ピアをサポートします。

cbgpPeer2AddrFamilyTable

BGP ピアによってサポートされるアドレス ファミリに関する情報が含まれます。このテーブルは、IPv4 および IPv6 ピアをサポートします。

cbgpPeer2AddrFamilyPrefixTable

ピアによってサポートされるアドレス ファミリのプレフィックス関連情報が含まれます。このテーブルは、IPv4 および IPv6 ピアをサポートします。

CISCO-BGP-POLICY-ACCOUNTING-MIB

CISCO-BGP-POLICY-ACCOUNTING-MIB には、課金目的で使用可能な BGP ポリシーベースのアカウンティング情報(インターフェイスの入力トラフィックなど)が含まれます。MIB は、IP トラフィックを異なるクラスに分類し、各トラフィック クラスに関する統計情報を維持できるようにする BGP ポリシー アカウンティングをサポートします。

MIB には、各入力インターフェイスの各トラフィック タイプのバイト数およびパケット数が含まれます。この情報は、トラフィックが通過するルートに従って顧客に課金するために使用できます。

CISCO-BULK-FILE-MIB

CISCO-BULK-FILE-MIB には、バルク ファイル転送用の SNMP データのファイルを作成および削除するオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-9 に、ルータによって CISCO-BULK-FILE-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-9 CISCO-BULK-FILE-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cbfDefineFileTable

cbfDefinedFileStorage

ファイル ストレージの 一時的な タイプだけがサポートされています。

(注) 作成された一時的なバルク ファイルは、CISCO-FTP-CLIENT-MIB を使用してリモート FTP サーバに移動できます。

cbfDefinedFileFormat

bulkBinary および bulkASCII ファイル形式のみサポートされます。

 
注:cbfDefineFileTable には、バルク ファイルを定義したり、その作成を制御したりするために必要なオブジェクトがあります。cbfDefineObjectTable には、バルク ファイルに入力される内容(SNMP データ)に関する情報があります。

cbfDefineFileTable のエントリと cbfDefineObjectTable の対応するエントリがアクティブな場合、cbfDefineFileNow は作成するように設定できます。これにより、cbfDefineFileTable で定義されているように bulkFile が作成され、その cbfStatusFileTable にもエントリが作成されます。

CISCO-CALL-APPLICATION-MIB

CISCO-CALL-APPLICATION-MIB はネットワーク デバイスのコール アプリケーションを管理します。コール アプリケーションは、データ、音声、ビデオ、およびファクス コールを処理するソフトウェア モジュールです。


) この MIB は、ASR 1000 シリーズ ルータではサポートされません。


CISCO-CBP-TARGET-MIB

CISCO-CBP-TARGET-MIB(共通クラスベースのポリシー)には、QoS などのクラスベースの機能が適用されるターゲットのマッピングを提供するオブジェクトが含まれます。これらの機能は、機能固有の方法またはクラスベースのポリシーの言語(CPL)によってイネーブルにできます。

CISCO-CBP-TARGET-MIB は、クラスベースのポリシー機能固有の MIB 定義からターゲットの特定のタイプに関する知識を抽象化します。

MIB の制約

MIB の設定オブジェクトは読み取り専用です。AAA サーバを設定するには、CLI コマンド aaa new-model、aaa authentication ppp、aaa authorization、aaa accounting、および radius-server host を使用します。 表 3-10 に、ルータによって CISCO-CBP-TARGET-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-10 CISCO-CBP-TARGET-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
CbpTargetTable

ccbptTargetType

値は次のとおりです。

genIf(1)

atmPvc(2)

frDlci(3)

controlPlane(4)

ccbptTargetDir

値は次のとおりです。

input(2)

output(3)

ccbptPolicyType

値は常に ciscoCbQos(1) で、CLASS-BASED-QOS-MIB へのマッピングを示します。

ccbptPolicyId

このサービス ポリシーの cbQosPolicyIndex 値が含まれます。

ccbptTargetStorageType

値は常に volatile(2) です。

ccbptTargetStatus

値は常に volatile(1) です。

ccbptPolicyMap

cbQosPolicyMapName インスタンスの OID が含まれます。

ccbptPolicyInstance

cbQosIfType インスタンスの OID が含まれます。

CISCO-CDP-MIB

CISCO-CDP-MIB には、ルータの Cisco Discovery Protocol(CDP)を管理するオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-11 に、ルータによって CISCO-CDP-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-11 CISCO-CDP-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cdpCtAddressTable

サポートされていません。

cdpGlobalLastChange

サポートされていません。

cdpGlobalDeviceIdFormatCpb

サポートされていません。

cdpGlobalDeviceIdFormat

サポートされていません。

cdpInterfaceExtTable

実装されていません。

CISCO-CEF-MIB

CISCO-CEF-MIB には、シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)テクノロジーを管理するオブジェクトが含まれます。CEF は、レイヤ 3 IP スイッチング テクノロジーの主なデータ プレーン転送パスです。CISCO-CEF-MIB は CEF 動作データをモニタし、CEF でエラーが見つかると SNMP を介して通知を送信します。

MIB の制約

表 3-12 に、ルータによって CISCO-CEF-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-12 CISCO-CEF-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cefCfgAdminState

読み取り専用。このオブジェクトはデフォルトでイネーブルです。

cefCCCount

読み取り専用。

cefCCPeriod

読み取り専用。

cefCCEnabled

読み取り専用。


) シスコ エクスプレス フォワーディング(CEF)は、着信インターフェイスから発信インターフェイスにパケットを転送するためにルータが使用する高速スイッチング メカニズムです。


CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB

CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB は、モジュラ Quality of Service コマンドライン インターフェイス(モジュラ QoS CLI)をサポートするシスコ プラットフォームに、Quality of Service(QoS)の設定情報および統計情報への読み取りアクセスだけを提供します。

CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB テーブル内の移動方法を理解するには、さまざまな QoS オブジェクト間の関係を理解することが重要です。QoS オブジェクトの構成要素は次のとおりです。

match ステートメント:分類の目的でパケットを識別する特定の一致基準。

クラス マップ:さまざまなカテゴリにパケットを分類するために使用する 1 つまたは複数の match ステートメントが含まれているユーザ定義のトラフィック クラス。

機能アクション:QoS 機能。機能には、ポリシング、トラフィック シェーピング、キューイング、ランダム検出、およびパケット マーキングが含まれます。トラフィックの分類後、各トラフィック クラスにアクションを適用します。

ポリシー マップ:ユーザ定義のクラス マップに QoS 機能のアクションを関連付けるユーザ定義のポリシー。

サービス ポリシー:インターフェイスに付加されたポリシー マップ。

MIB は、次のインデックスを使用して QoS 機能を識別し、その機能のインスタンスを区別します。

cbQosObjectsIndex:ルータの各 QoS 機能を識別します。

cbQoSConfigIndex:QoS 設定のタイプを識別します。このインデックスは、同一の設定を持つ QoS オブジェクトで共有されます。

cbQosPolicyIndex:サービス ポリシーを一意に識別します。

QoS MIB 情報は次の場所に保存されます。

設定インスタンス:すべてのクラス マップ、ポリシー マップ、match ステートメント、および機能アクションの設定パラメータが含まれます。同一のインスタンスが複数ある場合があります。同じ QoS 機能の複数のインスタンスは、cbQosConfigIndex で識別される 1 つの設定オブジェクトを共有します。

実行時統計情報インスタンス:任意の設定済み QoS ポリシーが適用される前後のトラフィック クラスによるサマリーおよびレートが含まれます。また、詳細な機能固有の統計情報を使用ポリシー マップ機能の選択に使用できます。それぞれに一意の実行時インスタンスがあります。QoS 機能の複数のインスタンスに個別の統計情報オブジェクトがあります。QoS オブジェクトの実行時インスタンスそれぞれに、一致する設定を持つ複数のオブジェクトを区別する一意の識別子(cbQosObjectsIndex)が割り当てられます。


) ポリシング、シェーピング、キューイング、および WRED 機能は SPA-1CHOC3-CE-ATM ではサポートされません。



) SNMP は bandwidth remaining ratio 設定をサポートしません。帯域幅は kbps で表示されます。



) クラスがアクションなしで定義され、ポリシーマップにマッピングされると、このクラスおよび class-default は cbQosCMStatsTable で表されるポスト ポリシーおよびドロップ カウンタの不正な値を返すことがあります。



) MPLS EXP ビット設定マーキングは、SPA-1CHOC3-CE-ATM でのみサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB は SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。


MIB の制約

表 3-13 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-13 CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cbQosATMPVCPolicyTable

実装されていません。

cbQosFrameRelayPolicyTable

実装されていません。

cbQosInterfacePolicyTable

実装されていません。

cbQosIPHCCfgTable

実装されていません。

cbQosPoliceColorStatsTable

実装されていません。

cbQosPoliceCfgConformColor

実装されていません。

cbQosPoliceCfgExceedColor

実装されていません。

cbQosQueueingCfgTable

cbQosQueueingCfgDynamicQNumber

実装されていません。

cbQosREDCfgTable

cbQosREDCfgECNEnabled

実装されていません。

cbQosTableMapCfgTable

実装されていません。

cbQosTableMapSetCfgTable

実装されていません。

cbQosQueueingClassCfgTable

実装されていません。

cbQosMeasureIPSLACfgTable

実装されていません。

cbQosQueueingCfgPriorityLevel

実装されていません。

cbQosREDClassCfgMaxThresholdUnit

実装されていません。

cbQosREDClassCfgMinThresholdUnit

実装されていません。

cbQosTSCfgRate64

実装されていません。

cbQosREDECNMarkPktOverflow

実装されていません。

cbQosREDECNMarkPkt

実装されていません。

cbQosREDECNMarkPkt64

実装されていません。

cbQosREDECNMarkByteOverflow

実装されていません。

cbQosREDECNMarkByte

実装されていません。

cbQosREDECNMarkByte64

実装されていません。

cbQosREDMeanQSizeUnits

実装されていません。

cbQosREDMeanQSize

実装されていません。

cbQosQueueingCfgPrioBurstSize

サポートされていません。

cbQosQueueingCfgIndividualQSize

サポートされていません。

cbQosQueueingCfgDynamicQNumber

サポートされていません。

cbQosQueueingMaxQDepth

サポートされていません。

cbQosREDECNMarkPktOverflow

サポートされていません。

cbQosREDECNMarkPkt

サポートされていません。

cbQosREDECNMarkPkt64

サポートされていません。

cbQosREDECNMarkByteOverflow

サポートされていません。

cbQosREDECNMarkByte

サポートされていません。

cbQosREDECNMarkByte64

サポートされていません。

cbQosSetCfgL2CosInnerValue

サポートされていません。

cbQosSetDscpTunnelPkt64

サポートされていません。

cbQosSetPrecedenceTunnelPkt64

サポートされていません。

cbQosPoliceCfgConformAction

これは廃止予定のオブジェクトです。cbQosPoliceActionCfgTable の同等のオブジェクトを参照してください。

cbQosPoliceCfgConformSetValue

これは廃止予定のオブジェクトです。cbQosPoliceActionCfgTable の同等のオブジェクトを参照してください。

cbQosPoliceCfgExceedAction

これは廃止予定のオブジェクトです。cbQosPoliceActionCfgTable の同等のオブジェクトを参照してください。

cbQosPoliceCfgExceedSetValue

これは廃止予定のオブジェクトです。cbQosPoliceActionCfgTable の同等のオブジェクトを参照してください。

cbQosPoliceCfgViolateAction

これは廃止予定のオブジェクトです。cbQosPoliceActionCfgTable の同等のオブジェクトを参照してください。

cbQosPoliceCfgViolateSetValue

これは廃止予定のオブジェクトです。cbQosPoliceActionCfgTable の同等のオブジェクトを参照してください。

cbQosPoliceCfgRate
cbQosPoliceCfgBurstSize
cbQosPoliceCfgExtBurstSize

cir(認定情報レート)がポリシング設定でパーセントとして設定されている場合は、これらのオブジェクトにゼロが含まれます。

CISCO-CONFIG-COPY-MIB

CISCO-CONFIG-COPY-MIB には、ルータのコンフィギュレーション ファイルをコピーするオブジェクトが含まれます。たとえば、MIB により、SNMP エージェントは次の操作を実行できるようになります。

ネットワークとの間でコンフィギュレーション ファイルをコピーする

実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションに、スタートアップ コンフィギュレーションを実行コンフィギュレーションにコピーする

ローカルの Cisco IOS ファイル システムとの間でスタートアップまたは実行コンフィギュレーション ファイルをコピーする

CISCO-CONFIG-MAN-MIB

CISCO-CONFIG-MAN-MIB には、ルータ コンフィギュレーションの変更を追跡し、保存するオブジェクトが含まれます。MIB は、ルータと周辺装置の別の場所に存在する設定データのモデルを表します。主な目的は、SNMP 通知 ciscoConfigManEvent によって実行コンフィギュレーションへの変更を報告することです。

CISCO-CONTEXT-MAPPING-MIB

CISCO-CONTEXT-MAPPING-MIB は、単一の SNMP エージェントが同じ MIB の複数インスタンスをサポートするために必要とする情報を含むマッピング テーブルを提供します。このような場合、ネットワーク管理アプリケーションはコンテキストごとの特定のデータ/ID を把握している必要があります。これは、複数の SNMP コンテキストを使用して実現されます。

CISCO-DATA-COLLECTION-MIB

CISCO-DATA-COLLECTION-MIB は、データが複数のテーブルに分散された不連続行のセットとして表示される場合にデータを定期的に取得します。この MIB は、表形式のオブジェクトのデータ取得を容易にします。この MIB をパフォーマンスおよびアカウンティング目的に使用し、一連のオブジェクトの複数の行インスタンスが一定期間ポーリングされます。

MIB は、必要なオブジェクトとインスタンスの指定方法をユーザに提供します。また、このデータを取得できる 2 つの方法を提供します。

MIB の制約

表 3-14 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-DATA-COLLECTION-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。この表に記載されていない MIB オブジェクトは MIB の定義に従って実装されます。

 

表 3-14 CISCO-DATA-COLLECTION-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cdcVFileMgmtTable

実装されていません。

cdcDGTable

実装されていません。

cdcDGBaseObjectTable

実装されていません。

cdcDGInstanceTable

実装されていません。

CISCO-DIAL-CONTROL-MIB

CISCO-DIAL-CONTROL-MIB モジュールは、RFC 2128 の拡張で、以前のコールに関する情報を保存する callHistoryTable 定義します。

CISCO-DYNAMIC-TEMPLATE-MIB

CISCO-DYNAMIC-TEMPLATE-MIB には、動的なテンプレートを記述するオブジェクトが含まれます。ダイナミック テンプレートは、システムがターゲットにダイナミックに適用できる一連の設定属性です。

MIB テーブル

表 3-15 に、CISCO-DYNAMIC-TEMPLATE-MIB のテーブルを示します。

 

表 3-15 CISCO-DYNAMIC-TEMPLATE-MIB テーブル

MIB テーブル
説明
cdtTemplateTable

システムでローカルに設定されたテンプレート、外部ポリシー サーバによってシステムにプッシュされたテンプレートなど、システムによって維持されるダイナミック テンプレートをリストします。

cdtTemplateTargetTable

1 つ以上のダイナミック テンプレートに関連付けられたターゲットをリストします。

cdtTemplateAssociationTable

各ターゲットに関連付けられたテンプレートをリストします。

cdtTemplateUsageTable

各ダイナミック テンプレートを使用するターゲットのリストが含まれます。

cdtTemplateCommonTable

すべてのダイナミック テンプレートに関連する属性が含まれます。

cdtIfTemplateTable

インターフェイス コンフィギュレーションに関連する属性が含まれます。

cdtPppTemplateTable

PPP 接続設定に関連する属性が含まれます。

cdtPppPeerIpAddrPoolTable

各 PPP テンプレートの名前付きプールの優先順位リストが含まれます。

cdtEthernetTemplateTable

イーサネット仮想インターフェイスまたは自動的に作成された VLAN で開始されたダイナミック インターフェイスに関する属性が含まれます。

cdtSrvTemplateTable

サービスに関する属性が含まれます。

MIB の制約

表 3-16 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-DYNAMIC-TEMPLATE-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。この表に記載されていない MIB オブジェクトは MIB の定義に従って実装されます。

 

表 3-16 CISCO-DYNAMIC-TEMPLATE-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cdtTemplateTable

cdtTemplateName

読み取り専用。

cdtTemplateUsageCount

読み取り専用。

cdtTemplateStatus

読み取り専用。

cdtTemplateStorage

実装されていません。

cdtTemplateType

実装されていません。

cdtTemplateSrc

実装されていません。

cdtTemplateAssociationTable

cdtTemplateAssociationName

読み取り専用。

cdtTemplateUsageTable

cdtTemplateUsageTargetType

読み取り専用。

cdtTemplateUsageTargetId

読み取り専用。

cdtTemplateTargetTable

実装されていません。

cdtTemplateCommonTable

実装されていません。

cdtIfTemplateTable

実装されていません。

cdtPppTemplateTable

実装されていません。

cdtPppPeerIpAddrPoolTable

実装されていません。

cdtEthernetTemplateTable

実装されていません。

cdtSrvTemplateTable

実装されていません。

CISCO-EIGRP-MIB

CISCO-EIGRP-MIB には、Enhanced Interior Gateway Protocol(EIGRP)を管理するオブジェクトが含まれます。EIGRP は拡散更新アルゴリズム(DUAL)に基づくシスコ独自のディスタンス ベクトル ルーティング プロトコルです。DUAL はネットワーク経由のループフリー パスを特定する方法を定義します。

CISCO-EMBEDDED-EVENT-MGR-MIB

CISCO-EMBEDDED-EVENT-MGR-MIB は説明を提供し、Cisco Embedded Event Manager によって生成されたイベントを保存します。Cisco Embedded Event Manager はシステムの OIR などのハードウェアとソフトウェアの障害および他のイベントを検出します。

CISCO-ENHANCED-IMAGE-MIB

CISCO-ENHANCED-IMAGE-MIB は、システムで実行しているイベントに関する情報を提供します。MIB モジュラ オペレーティング システム。

CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB

CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB には、管理対象システムのすべての物理エンティティのメモリ プールにモニタするオブジェクトが含まれます。これは、管理対象デバイスに存在する可能性があるメモリ プールのさまざまなタイプを表します。メモリ使用状況の情報が、1 分、5 分、および 10 分という 3 つの異なる間隔でユーザに提供されます。メモリ プールは 2 つのグループ(定義済みプールおよびダイナミック プール)に分類できます。次のプール タイプが現在定義されています。

1:プロセッサ メモリ

2:I/O メモリ

3:PCI メモリ

4:高速メモリ

5:マルチバス メモリ

その他のメモリ

ダイナミック プールには、上記の定義済みタイプよりも大きなプール タイプ値があります。プロセッサ プールだけは、すべてのデバイスでサポートする必要があります。他のプール タイプのサポートは、管理対象デバイスに依存します。


) Cisco ASR1000 RP2 は、64 ビット アーキテクチャをサポートします。ただし、CISCO-PROCESS-MIB は 32 ビット アーキテクチャのみをサポートします。


MIB の制約

CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB は、アクティブ RP モジュールだけでサポートされます。 表 3-17 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-17 CISCO-ENHANCED-MEMPOOL-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cempMemBufferPoolTable

cempMemBufferSize

読み取り専用。

cempMemBufferMin

読み取り専用。

cempMemBufferMax

読み取り専用。

cempMemBufferPermanent

読み取り専用。

cempMemBufferTransient

読み取り専用。

cempMemPoolTable

cempMemPoolUsedLowWaterMark

実装されていません。

cempMemPoolAllocHit

実装されていません。

cempMemPoolAllocMiss

実装されていません。

cempMemPoolFreeHit

実装されていません。

cempMemPoolFreeMiss

実装されていません。

cempMemPoolHCShared

実装されていません。

cempMemPoolHCUsedLowWaterMark

実装されていません。

cempMemPoolShared

実装されていません。

cempMemPoolSharedOvrflw

実装されていません。

cempMemPoolUsedLowWaterMarkOvrflw

実装されていません。

cempMemBufferPoolTable

cempMemBufferFreeHit

実装されていません。

cempMemBufferFreeMiss

実装されていません。

CISCO-ENTITY-ALARM-MIB

CISCO-ENTITY-ALARM-MIB により、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータはシャーシ、スロット、モジュール、電源装置、ファン、ポートなどのシステム コンポーネントで生成されるアラームをモニタできるようになります。

CISCO-ENTITY-ALARM-MIB は、次のモジュールをサポートします。

SPA-10X1GE-V2

SPA-1X10GE-L-V2

SPA-1XCHSTM1/OC3

SPA-1XCHOC12/DS0

SPA-1XOC12-POS

SPA-1XOC3-ATM-V2

SPA-1XOC48POS/RPR:1 ポート OC48/STM16 POS/RPR SFP Optics SPA

SPA-2X1GE-V2

SPA-2XCT3/DS0(T1 チャネル(シリアル インターフェイス)あり)

SPA-2XCT3/DS0(T1 チャネルなし)

SPA-2XOC12-POS:2 ポート OC12 POS SPA

SPA-2XOC3-POS

SPA-2XOC48POS/RPR

SPA-2XT3/E3(コントローラではなくシリアル インターフェイス専用)

SPA-3XOC3-ATM-V2

SPA-4XOC12-POS:4 ポート OC12 POS SPA

SPA-4XOC48POS/RPR

SPA-4XT-Serial

SPA-4XT-Serial(シリアル インターフェイス専用)

SPA-5X1GE-V2

SPA-8X1FE-TX-V2

SPA-8X1GE-V2

SPA-8XCHT1/E1

SPA-8XOC12-POS:8 ポート OC12 POS SPA

SPA-8XOC3-POS:8 ポート OC3 POS SPA

SPA-DSP

SPA-2X1GE-SYNCE

SPA-1X10GE-WL-V2

SPA-1CHOC3-CE-ATM

ASR1001-IDC-4XT3

ASR1001-IDC-2XOC3POS

ASR1001-IDC-HDD

ASR1001-IDC-4XGE

ASR1001-IDC-8XT1E1

SPA-OC192POS-XFP:1 ポート OC192/STM64 POS/RPR XFP Optics SPA

SPA-WMA-K9:Butler(WebEx)SPA:1 ポート WebEx SPA

SPA-1XOC12-ATM-V2:1 ポート OC12/STM4 ATM 共有ポート アダプタ

その他のすべてのインターフェイス タイプは、このリリースではサポートされていません。センサー アラームは、このリリースでは SPA センサーおよびトランシーバ センサーでサポートされていません。

この MIB の詳細については、 付録 A「CISCO-ENTITY-ALARM-MIB」 を参照してください。


) CISCO-ENTITY-ALARM-MIB は、ASR 1001 シャーシでサポートされています。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-ENTITY-ALARM-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ POS ポートでサポートされているアラームは、イーサネット WIS ポートの SPA-1X10GE-WL-V2 でもサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、CISCO-ENTITY-ALARM-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


MIB の制約

表 3-18 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-ENTITY-ALARM-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-18 CISCO-ENTITY-ALARM-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
ceAlarmTable

ceAlarmFilterProfile

実装されていません。

ceAlarmFilterProfileIndexNext

実装されていません。

ceAlarmFilterProfileTable

実装されていません。

ceAlarmDescrTable

ceAlarmDescrSeverity

読み取り専用。

ENTITY-MIB テーブルの entPhysicalTable は、ルータの物理システム コンポーネントを識別します。次のリストに、CISCO-ENTITY-ALARM-MIB のアラームを記述するテーブル オブジェクトについて説明します。

物理エンティティ:アラームを生成する Cisco ASR 1000 シリーズ ルータのコンポーネント。

ceAlarmDescrVendorType:オブジェクトは、このアラームの説明が適用される物理エンティティのベンダーを一意に識別する ID(通常は企業固有 OID)を指定します。

アラーム重大度:ベンダー タイプによって定義され、システムによって採用される各アラーム タイプには、関連する重大度が割り当てられます。

クリティカル:重大な、サービスに影響を及ぼす条件が発生し、その即時の修正処置が時刻または曜日に関係なく不可欠であることを示します。たとえば、活性挿抜または物理ポート リンクのダウン時の信号消失障害などがあります。

メジャー:ハードウェアまたはソフトウェアの状態に使用されます。サービスの深刻な中断または重要なハードウェアの誤動作や障害を示します。システムの安定性を復元または維持するために、技術者の早急な対応、応答が必要です。サービスまたはシステム パフォーマンスに対する影響が低いため、クリティカル状態よりも緊急度が低くなります。

マイナー:お客様のサービスに重大な影響のない問題や、システムの動作に必要不可欠ではないハードウェアのアラームに使用されます。

情報:差し迫った問題または動作を改善するイベントの通知を引き起こす可能性がある条件に関する通知。

構文値は、critical(1)、major(2)、minor(3)、および info(4) です。

アラームの説明のテキスト:アラームを説明する判読可能なメッセージを指定します。

アラーム タイプ:生成されたアラームの種類を識別します。Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの物理エンティティに関連するイベントを一意に識別する任意の整数値(0 ~ 255)。

表 3-19 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ POS ポートのアラームの説明および重大度を示します。

表 3-19 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ POS ポートでサポートされるアラーム

物理エンティティ
entPhysicalVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

Interface

cevPortPOS

cevPortOc3

cevPortOc12

cevPortOc48

cevPortOc192

critical

Section Loss of Signal Failure.

critical

Section Loss of Frame Failure.

critical

Section Out of Frame Alignment.

critical

Section J0 mismatch.

critical

Section Bit Interleaved Parity.

critical

Line Alarm Indication Signal.

critical

Line Remote Failure Indication.

critical

Line Bit Interleaved Parity.

critical

Line Far End Block Errors.

critical

Path Alarm Indication Signal.

critical

Path Remote Failure Indication.

critical

Path Loss of Pointer.

critical

Path Bit Interleaved Parity.

critical

Path Far End Block Errors.

critical

Protection Switch Byte Failure.

critical

Path Pointer justifications.

critical

Path positive pointer stuff event.

critical

Path negative pointer stuff event.

critical

Path Payload Label Mismatch.

critical

Path payload Unequipped.

critical

Count of APS.

critical

Receiver Data out of Lock Failure.

critical

Signal Failure Alarm.

critical

Signal Degrade Alarm.

critical

Threshold Cross Alarm - B1.

critical

Threshold Cross Alarm - B2.

critical

Threshold Cross Alarm - B3.

critical

Port Link Down Alarm.

critical

Path Trace Identifier Mismatch.

critical

Path Trace Identifier Unstable.

minor

Signal Failure Alarm/B3 errors.

minor

Loss of Multiframe.

critical

Loss of Multiframe.

info

Port Administrative Down Alarm.

表 3-20 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ CHOC3-STM1 および CHOC12 ポートのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-20 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ CHOC3-STM1 および CHOC12 ポートでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

Channelized SONET interface

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Section Loss of Frame Failure.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Section Out of Frame Alignment.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

JOMM

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Section Bit Interleaved Parity.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Line Alarm Indication Signal.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Line Remote Defect Indication.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Line Bit Interleaved Parity.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Line Far End Block Errors.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Path Alarm Indication Signal.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Path Remote Defect Indication.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Path Loss of Pointer.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Path Bit Interleaved Parity.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Path Far End Block Errors.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Protection Switch Byte Failure.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

info

PNEWPTR

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Path positive pointer stuff event.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Path negative pointer stuff event.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Path Payload Label Mismatch.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

PUNEQ

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

PTIM

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

PTIU

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Count of APS.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Receiver Data out of Lock Failure.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Signal Failure Alarm.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Signal Degrade Alarm.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Signal Failure Alarm - B3.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Signal Degrade Alarm - B3.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Threshold Cross Alarm - B1.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Threshold Cross Alarm - B2.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

Threshold Cross Alarm - B3.

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

LOM

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

FEPLF

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

MODEMM

cevPortChOc3Stm1/cevPortChOcX

critical

CHANNELMM

表 3-21 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ T3/E3 ポートのアラームの説明および重大度を示します。ポートの有無に関係なく、この表に記載されている T3/E3 ポートのエントリは、ceAlarmDescrTable および ceAlarmDescrVendorType に常に入力されます。

 

表 3-21 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ T3/E3 ポートでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

T3/E3 ポート

cevPortCT3
cevPortT3E3

major

Transmitter is sending remote alarm.

major

Transmitter is sending AIS.

major

Receiver has loss of signal.

major

Receiver is receiving AIS.

major

Receiver has loss of frame.

major

Receiver has remote alarm.

major

Receiver has idle signal.

major

Other failure.

major

DS3 port link down.

info

DS3 port admin down.

表 3-22 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ T1/E1 ポートのアラームの説明および重大度を示します。ポートの有無に関係なく、この表に記載されている T1/E1 ポートのエントリは、ceAlarmDescrTable および ceAlarmDescrVendorType に常に入力されます。

 

表 3-22 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ T1/E1 ポートでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

T1/E1 ポート

cevPortT1E1

minor

Transmitter is sending remote alarm

minor

Transmitter is sending AIS

minor

Transmitter is sending TS16 LOMF Alarm

minor

Receiver has loss of multi-frame in TS16

minor

Receiver has loss of signal

minor

Receiver is getting AIS

minor

Receiver has loss of frame

minor

Receiver has remote alarm

minor

Receiver is getting AIS in TS16

minor

Receiver has remote TS16 LOMF Alarm

minor

Other failure

minor

Ds1 Physical Port Link Down

info

Ds1 Physical Port Administrative State Down

表 3-23 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ATM ポートのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-23 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ATM ポートでサポートされるアラーム

物理エンティティ
entPhysicalVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

ATM interface

cevPortAtm

critical

Section Loss of Signal Failure

critical

Section Loss of Frame Failure

critical

Section Out of Frame Alignment

critical

Section Bit Interleaved Parity

critical

Line Alarm Indication Signal

critical

Line Remote Failure Indication

critical

Line Bit Interleaved Parity

critical

Line Far End Block Errors

critical

Path Alarm Indication Signal

critical

Path Remote Failure Indication

critical

Path Loss of Pointer

critical

Path Bit Interleaved Parity

critical

Path Far End Block Errors

critical

Protection Switch Byte Failure

critical

Path Pointer justifications

critical

Path positive pointer stuff event

critical

Path negative pointer stuff event

critical

Path Payload Label Mismatch

critical

Path payload Unequipped

critical

Count of APS

critical

Receiver Data out of Lock Failure

critical

Signal Failure Alarm

critical

Signal Degrade Alarm

critical

Signal Failure B3 Alarm

critical

Signal Degrade B3 Alarm

critical

Threshold Cross Alarm - B1

critical

Threshold Cross Alarm - B2

critical

Threshold Cross Alarm - B3

critical

Loss of Multiframe

critical

Loss of Cell Delineation

critical

Physical Port Link Down Alarm

ATM interface

cevPortAtm

info

Physical Port Administrative State Down Alarm

表 3-24 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ギガビット イーサネット(GE)ポートのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-24 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ GE ポートでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

GE ポート

cevPortGE

critical

Physical port link down.

info

Physical port administrative state down.

info

Physical port not configured.

表 3-25 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ WMA 仮想ポートのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-25 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ WMA 仮想ポートでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

Service Engine interface

cevPortSEInternal

critical

Physical Port Link Down

info

Physical Port Administrative State Down

表 3-26 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ SFP コンテナのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-26 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ SFP コンテナでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText
シナリオ

SFP コンテナ

cevContainerSFP

critical

Transceiver missing

インターフェイスが RJ-45 を使用しておらず、リンク ダウン状態の場合。

SFP コンテナ

cevContainerSFP

info

Transceiver missing

インターフェイスが RJ-45 を使用するように設定されているか(SPA-2X1GE だけに該当)、管理上のダウン状態の場合。

表 3-27 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ SPA のアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-27 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ SPA でサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

SPA

cevSpa10pGeV2
cevSpa10pGeV2
cevSpa1p10GeXfpV2
cevSpa1p10GeXfpV2
cevSpa1pChOc3Stm1
cevSpa1pOc12Pos
cevSpa1pOc192PosRprXfp
cevSpa1pOc48PosSfp
cevSpa2pCT3
cevSpa2pCT3
cevSpa2pGeV2
cevSpa2pGeV2
cevSpa2pOc12Pos
cevSpa2pOc3Atm
cevSpa2pOc3Pos
cevSpa2pOc48PosRprHH
cevSpa2pT3E3Serial
cevSpa24pCt1e1CemAtm
cevSpa2pCt3e3CemAtm
cevSpa4pOc48PosSfp
cevSpa4xoc12Pos
cevSpa4xtSerial
cevSpa5pGeV2
cevSpa5pGeV2
cevSpa8pCT1E1
cevSpa8pCT1E1
cevSpa8pGeV2
cevSpa8pOc12Pos
cevSpa8xfeTxV2
cevSpa8xoc3Pos
cevSpaWmaSw
cevSpa1pOc12Atm
cevSpa1pChoc12Ds0
cevSpaDsp
cevSpa2pGeSynce
cevSpa1x10geWlV2
cevSpa1pChoc3CemAtm

major

Unknown state

major

Boot state

major

Disabled

critical

Failed

major

Stopped

表 3-28 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ センサーのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-28 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ センサーでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

センサー

cevSensor

critical

Faulty sensor.

critical

Reading above normal (Shutdown).

critical

Reading above normal.

major

Reading above normal.

minor

Reading above normal.

critical

Readingbelow normal (Shutdown).

critical

Reading below normal.

major

Reading below normal.

minor

Reading below normal.


) これらのアラームは、SPA および XCVR センサーではサポートされません。CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB を使用して、表 3-28 に記載されているアラームをモニタできます。


表 3-29 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ SPA コンテナのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-29 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ SPA コンテナでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

SPA bay

cevContainerSPABay

critical

Active card removed OIR alarm.

critical

Card stopped responding.

表 3-30 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ USB ポートのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-30 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ USB ポートでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

USB ポート

cevPortUSB

critical

Active card removed OIR alarm.

critical

Card stopped responding.

表 3-31 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ RP コンテナのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-31 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ RP コンテナでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

RP コンテナ

cevContainerASR1000RPSlot

critical

RP removed OIR alarm

critical

RP stopped responding

表 3-32 に、Cisco ASR 1001 シリーズ ルータ ハード ディスク コンテナのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-32 Cisco ASR 1001 シリーズ ルータ ハード ディスク コンテナでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

ハード ディスク コンテナ

cevContainerHardDiskSlot

major

Hard disk missing.

表 3-33 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ FP コンテナのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-33 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ FP コンテナでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

FP コンテナ

cevContainerASR1000FPSlot

critical

FP removed OIR alarm

critical

FP stopped responding


) フォワーディング プロセッサ(FP)は ASR1002-F シャーシの CISCO-ENTITY-ALARM-MIB の FRU のエンティティではないため、OIR アラームに登録されません。


表 3-34 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ SIP コンテナのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-34 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ SIP コンテナでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

SIP コンテナ

cevContainerASR1000CCSlot

critical

CC removed OIR alarm.

critical

CC stopped responding.

表 3-35 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ電源ベイのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-35 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ電源ベイでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

電源ベイ

cevContainerASR1000PowerSupplyBay

critical

Power supply/Fan module missing.

表 3-36 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ RP のアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-36 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ RP モジュールでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

RP モジュール

cevModuleASR1000RP1

cevModuleASR1000RP2

cevModuleASR1002RP1

major

Unknown state.

major

Boot state.

major

Disabled.

critical

Incompatible

critical

CPLD incompatible

critical

Active RP CPLD incompatible

critical

Failed.

critical

Cutover.

major

Secondary failure.

major

Secondary removed.

major

Secondary not synchronized.

critical

No working ESP.

major

Harddisk Missing2.

2.cevModuleASR1002RP1 には適用されません。


) Cisco ASR 1002 ルータにはハード ディスクがないため、「Harddisk Missing」アラームは cevModuleASR1002RP1 については登録されません。


RP モジュールのベンダー OID は、次の条件で cevModuleASR1000UnknownRP に設定されます。

セカンダリ RP に有効なイメージがロードされ、RP モジュールが動作しない。

ソフトウェアがセカンダリ RP モジュールのハードウェア サブタイプを認識しない。

セカンダリ RP に無効なイメージがロードされている。

RLS3 リリースよりも前では、cevModuleASR1000UnknownRP アラームは、すべての RP のアラームについて登録されていました。この動作はリリース 3 から変更され、モジュール アラームのみが登録されます。

表 3-37 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ不明 RP モジュールのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-37 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ不明 RP モジュールでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

RP モジュール

cevModuleASR1000UnknownRP

major

Unknown state.

major

Boot state.

major

Disabled.

critical

Failed.

critical

Stopped.

表 3-38 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ電源モジュールのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-38 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ電源モジュールでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

電源モジュール

cevPowerSupplyASR1006AC

critical

Power Supply Failure.

critical

All Fans Failed.

critical

Multiple Fan Failures.

major

Fan 0 Failure.

major

Fan 1 Failure.

major

Fan 2 Failure.


) ASR1002 と ASR1002-F には、それぞれ 2 個のファンがあります。


表 3-39 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ESP モジュールのアラームの説明および重大度を示します。

 

表 3-39 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ESP/SIP モジュールでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

ESP モジュール

cevModuleASR1000ESP10

cevModuleASR1000SIP10

cevModuleASR1000ESP5

cevModuleASR1000ESP20

cevModuleASR1002SIP10

cevModuleASR1000SIP40

cevModuleASR1000ESP10N

major

Unknown state.

major

Boot State.

major

Disabled.

critical

Incompatible

critical

CPLD incompatible

critical

Active RP CPLD incompatible

critical

Failed.

major

Stopped.

表 3-40 に、Cisco ASR 1001 ルータの FanTray モジュールでサポートされるアラームを示します。

 

表 3-40 Cisco ASR 1001 シリーズ ルータ FanTray モジュールでサポートされるアラーム

物理エンティティ
ceAlarmDescrVendorType
ceAlarmDescrSeverity
ceAlarmDescrText

FanTray モジュール

cevFanASR1001FanTray

critical

FanTray/Module Failure.

critical

All Fans Failed.

critical

Multiple Fan Failures.

major

Fan 0 failure.

major

Fan 1 failure.

major

Fan 2 failure.

major

Fan 3 failure.

major

Fan 4 failure.

major

Fan 5 failure.

major

Fan 6 failure.


) FanTray は、7 個のファンを搭載し、センサーがない ASR1001 ルータ シャーシでサポートされます。



) ceAlarmHistTable には、現在のアクティブ RP でアサート/クリアされたアラーム データが含まれます。これは、前のアクティブ RP で実行されるまたはクリアされたアラームを維持しません。ceAlarmHistTable に含まれるデータは、スイッチオーバー後に更新されます。


CISCO-ENTITY-ASSET-MIB

CISCO-ENTITY-ASSET-MIB は、 ENTITY-MIB(RFC 4133) entPhysicalTable の物理コンポーネントにアセット追跡情報(ceAssetTable)を提供します。

ceAssetTable には、ルータの各物理コンポーネントのエントリ(ceAssetEntry)が含まれます。各エントリは、コンポーネントに関する情報を提供します。コンポーネントの情報は次のとおりです。

注文可能な製品番号

シリアル番号

ハードウェア リビジョン

製造アセンブリ番号

製造リビジョン。

ほとんどの物理コンポーネントは、コンポーネントのアセット情報を指定する標準のシスコ汎用 ID PROM 値でプログラムされます。可能であれば、MIB はコンポーネントの ID PROM 情報にアクセスします。


) ENTITY-MIB(RFC 4133)には、CISCO-ENTITY-ASSET-MIB に定義されたすべてのオブジェクトが含まれます。したがって、CISCO-ENTITY-ASSET-MIB の代わりに ENTIITY-MIB(RFC 4133)を使用できます。


CISCO-ENTITY-EXT-MIB

CISCO-ENTITY-EXT-MIB には、ENTITY-MIB entPhysicalTable にリストされているプロセッサ モジュールの拡張が含まれます。プロセッサ モジュールは、CPU、RAM、および NVRAM を搭載した物理エンティティで、ブート イメージをロードし、設定を保存できます。この MIB の拡張は、プロセッサ モジュールごとに、RAM や NVRAM のサイズ、コンフィギュレーション レジスタ設定、ブート ロード イメージ名などの情報を提供します。


) RLS3 リリースよりも前では、CPU エンティティは CISCO-ENTITY-EXT-MIB 用にモデル化されていました。この動作は変更され、RP モジュール エンティティは、CPU エンティティではなくこの MIB 用にモデル化されています。



) ASR1000 RP2 は、64 ビット アーキテクチャをサポートします。CISCO-ENTITY-EXT-MIB の ceExtProcessorRam オブジェクトは 32 ビット値だけをサポートします。RP モジュールに 4 GB を超えるメモリが搭載されている場合、このオブジェクトは不正な値を戻します。リリース 4 では、この MIB で 64 ビットをサポートするために、新しいオブジェクトが追加されます。


MIB の制約

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでは、アクティブ RP プロセッサのみがサポートされます。スタンバイ RP および SIP プロセッサは、この MIB で管理されません。

表 3-41 に、ルータによって CISCO-ENTITY-EXT-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-41 CISCO-ENTITY-EXT-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
ceExtConfigRegNext

読み取り専用。

ceExtSysBootImageList

読み取り専用。

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB

CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB には、entPhysicalTable ENTITY-MIB にリストされている Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの現場交換可能ユニット(FRU)のステータスを設定およびモニタするためのオブジェクトが含まれます。FRU は、現場で交換可能なハードウェア コンポーネント(ラインカード、モジュール、ファン、電源装置など)です。この MIB は、このリリースの Cisco ASR 1000 シリーズ SPA インターフェイス プロセッサ(SIP)および共有ポート アダプタ(SPA)モジュールに適用できます。


) RP スイッチオーバーの原因がアクティブ RP におけるゾーン障害の場合(両方の電源で障害が発生した場合)、 障害が発生したゾーンのモジュールについては、通知が送信されません。ゾーン障害は電源のステータスで識別できます。P0 と P1 はあるゾーン内にあり、P2、P3 は他のゾーンにあります。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


MIB の制約

表 3-42 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-42 CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cefcModuleTable

cefcModuleAdminStatus

読み取り専用。ハードディスクおよび USB では常に enabled(1) です。

cefcModuleOperStatus

次の値がサポートされます。

unknown(1)

ok(2)

boot(5)

failed(7)

dormant(12)

outOfServiceAdmin(13)

ハードディスクおよび USB では常に ok(2) です。

cefcModuleResetReason

SPA モジュールに対してだけ実装できます。

cefcModuleLastClearConfigTime

実装されていません。

cefcModuleResetReasonDescription

実装されていません。

cefcModuleStateChangeReasonDescr

実装されていません。

cefcFRUPowerSupplyGroupTable

実装されていません。

cefcFRUPowerSupplyValueTable

実装されていません。

cefcFRUPowerStatusTable

cefcFRUPowerAdminStatus

always on(1)

cefcFRUPowerOperStatus

次の値がサポートされます。

always on(2)

failed(8)

onButFanFail(9)

cefcFanTrayStatusTable

cefFanTrayOperStatus

always up(2)

cefcIntelliModuleTable

実装されていません。

cefcPhysicalTable

実装されていません。

cefcModuleUpTime

USB およびハード ディスクの場合は常にゼロです。

RP、SIP、および SPA 0/0 の場合は、Cisco ASR 1002 ルータの動作が変わります。

RP、SIP、および SPA 0/0 は、Cisco ASR 1002 シャーシに固定され、CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB にはこれらのモジュールのエントリがありません。これらのモジュールをモニタするために CISCO-ENTITY-ALARM-MIB を使用できます。

これらのモジュールのステータスが変更されると、cefcModuleStatusChange トラップがモジュールのエンティティ物理ステータスで生成されます。

SIP モジュールのステータスが down/up に変更されると、SPA 0/0 モジュールについて cefcFRURemoved/cefcFRUInserted トラップが生成されます。


) RP、FP、および SIP は ASR1002-F シャーシから取り外すことができません。



) CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB は、ASR 1001 シャーシでサポートされます。


CISCO-ENTITY-PERFORMANCE-MIB

CISCO-ENTITY-PERFORMANCE-MIB は、拡張サービス プラットフォーム(ESP)の暗号 ASIC モジュールのパフォーマンスをモニタするためのオブジェクトを定義します。パフォーマンス モニタリングには、パケットやバイトのリソースの使用率および I/O レートが含まれます。

MIB の制約

表 3-43 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-ENTITY-PERFORMANCE-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。これらの制限は、暗号 ASIC モジュールにのみ適用されます。

 

表 3-43 CISCO-ENTITY-PERFORMANCE-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cepEntityTable

サポートされていません。

cepConfigTable

読み取り専用。

CiscoEntPerfType

次の MIB オブジェクト値がサポートされます。

utilization(1)

packetInputRate(5):復号化パケット レート(DPR)にマッピングされます。

packetOutputRate(6):暗号化パケット レート(EPR)にマッピングされます。

cepConfigRisingThreshold

読み取り専用。

cepConfigFallingThreshold

読み取り専用。

cepConfigThresholdNotifEnabled

読み取り専用。

cepEntityIntervalTable

15 分ごとのパフォーマンス モニタリングをサポートします。

cepIntervalStatsTable

インターバル値、fifteenMinutes(3) をサポートします。

cepPerfThreshFallingEvent

サポートされていません。

cepPerfThreshRisingEvent

サポートされていません。

cepThresholdNotifEnabled

読み取り専用。

CISCO-ENTITY-QFP-MIB

CISCO-ENTITY-QFP-MIB は、ENTITY-MIB の entPhysicalTable の entPhysicalClass 属性としてリストされた Quantum Flow Processor(QFP)を管理するオブジェクトを定義します。Quantum Flow Processor(QFP)テクノロジーは、完全に統合された、プログラミング可能なネットワーキング チップセットによるパケット転送などの機能を制御します。この MIB モジュールには、システム状態、プロセッサの使用率、メモリなどのさまざまな QFP 統計情報をモニタするオブジェクトが含まれます。

プロセッサの使用率統計情報は、次の属性で構成されます。

入力:パケットが QFP に到着する通信チャネル。

出力:パケットが QFP から出る通信チャネル。

プライオリティ:パケットの処理プライオリティが高いことを示します。

非プライオリティ:パケットの処理プライオリティが低いことを示します。

処理負荷:パケット転送にかかった時間の割合を示します。


) 非アクティブまたはスタンバイ FP から QFP エンティティはモニタされません。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、処理負荷は、ESP100 で CPP 0: Subdev 0 と CPP 0: Subdev 1 の平均値を取ります。show platform hardware QFP active datapath utilization summary コマンドの出力を、ceqfpUtilProcessingLoad MIB オブジェクトに対する SNMP クエリーで報告された値と比較する必要があります。


MIB テーブル

表 3-44 に、CISCO-ENTITY-QFP-MIB のテーブルを示します。

 

表 3-44 CISCO-ENTITY-QFP-MIB テーブル

MIB テーブル
説明
ceqfpSystemTable

各 QFP 物理エンティティの QFP システム情報が含まれます。QFP システム情報をサポートする物理エンティティが検出されたときに、QFP 物理エンティティごとに個別の行が作成されます。QFP システム情報をサポートする物理エンティティが削除されると、対応する行がテーブルから削除されます。

ceqfpUtilizationTable

各 QFP 物理エンティティの使用率統計情報が含まれます。QFP システム情報をサポートする物理エンティティが検出されたときに、QFP 物理エンティティごとに個別の行が作成されます。QFP システム情報をサポートする物理エンティティが削除されるか、使用率統計情報が特定の間隔で受信されない場合、対応する行がテーブルから削除されます。このテーブルからエントリを削除する前に待機する間隔は、サポート デバイスによって異なります。

ceqfpMemoryResourceTable3

各 QFP 物理エンティティのメモリ リソース統計情報が含まれます。QFP システム情報をサポートする物理エンティティが検出されたときに、QFP 物理エンティティごとに個別の行が作成されます。QFP システム情報をサポートする物理エンティティが削除されるか、メモリ リソース統計情報が特定の間隔で受信されない場合、対応する行がテーブルから削除されます。

ciscoEntityQfpSystemGroup

QFP システム情報に関連するオブジェクトが含まれます。

ciscoEntityQfpUtilizationGroup

QFP 使用率情報に関連するオブジェクトが含まれます。

ciscoEntityQfpMemoryResourceGroup

QFP メモリ リソース情報に関連するオブジェクトが含まれます。

ciscoEntityQfpNotifGroup

メモリ リソースのしきい値超過など、QFP 通知が含まれます。

ciscoEntityQfpMemoryResNotifGroup

QFP メモリ リソースの通知制御オブジェクトが含まれます。

3.物理的な DRAM メモリ リソースは、CLI で DRAM および IRAM に論理的に分割されますが、ceqfpMemoryResourceTable テーブルは、DRAM および IRAM データの集約を示します。IRAM メモリはセカンダリで、DRAM メモリが使い果たされると使用されます。通知は、しきい値が集計値を超えるか、超えそうになるたびに生成されます。

MIB の制約

表 3-45 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-ENTITY-QFP-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-45 CISCO-ENTITY-QFP-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
ciscoEntityQfpMemoryResourceGroup

ceqfpMemoryResRisingThreshold

読み取り専用。

ceqfpMemoryResFallingThrehold

読み取り専用。

CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB

CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB には、センサーのモニタリングをサポートするオブジェクトが含まれます。MIB は、SPA に挿入されたさまざまな SPA モジュールおよびトランシーバ モジュールに存在するセンサーに適用されます。この MIB を使用すると、ENTITY-MIB によって検出されたセンサーのセンサーの値およびしきい値をモニタできます。


) CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB は、ASR 1001 シャーシでサポートされています。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


MIB の制約

表 3-46 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB に課せられる制約を示します。

 

表 3-46 CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
entSensorValueTable

entSensorMeasuredEntity

SPA およびトランシーバ センサーを除くすべてのセンサーで実装されます。

entSensorThresholdTable

entSensorThresholdRelation

読み取り専用。

entSensorThresholdSeverity

読み取り専用。

entSensorThresholdValue

読み取り専用。


) SPA センサー モニタリングがサポートされず、センサー値がオンデマンドでだけ更新されるため、SPA モジュールの MIB オブジェクト entSensorThresholdEvaluation はサポートされません。したがって、SPA センサーでは、エージェントから取得された entSensorValue をしきい値と比較して entSensorThresholdEvaluation を取得できます。


シスコ トランシーバの MIB 使用値

この項の表は、entSensorValueTable および entSensorThresholdTable で表現されるセンサー値の各タイプを示します。

表 3-47 に、CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB センサー オブジェクト、および entSensorValueTable における Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ トランシーバの使用値を示します。

 

表 3-47 シスコ トランシーバの entSensorValueTable における CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB 使用値

MIB センサー オブジェクト
注意
モジュール温度センサー

entSensorType

celsius(8)

entSensorScale

units(9)

entSensorPrecision

3

entSensorStatus

ok(1)

entSensorValue

センサーによって認識された最新の測定値を報告します。

entSensorValueTimeStamp

値は entSensorValue オブジェクトで報告された値の経過時間を示します。

entSensorValueUpdateRate

値は、エージェントが entSensorValue を更新すると頻度を秒単位で示します(たとえば、60 秒)。

Tx 電源電圧センサー

entSensorType

voltsDC(4)

entSensorScale

milli(8)

entSensorPrecision

1

entSensorStatus

ok(1)

entSensorValue

センサーによって認識された最新の測定値を報告します。

entSensorValueTimeStamp

値は entSensorValue オブジェクトで報告された値の経過時間を示します。

entSensorValueUpdateRate

値は、エージェントが entSensorValue を更新すると頻度を秒単位で示します(たとえば、60 秒)。

Tx レーザー電流センサー

entSensorType

amperes(5)

entSensorScale

milli(8)

entSensorPrecision

0

entSensorStatus

ok(1)

entSensorValue

センサーによって認識された最新の測定値を報告します。

entSensorValueTimeStamp

値は entSensorValue オブジェクトで報告された値の経過時間を示します。

entSensorValueUpdateRate

値は、エージェントが entSensorValue を更新すると頻度を秒単位で示します(たとえば、60 秒)。

送信電力センサー(光 Tx)
受信電力センサー(光 Rx)

entSensorType

dBm(14)

entSensorScale

units(9)

entSensorPrecision

0

entSensorStatus

ok(1)

entSensorValue

センサーによって認識された最新の測定値を報告します。

entSensorValueTimeStamp

値は entSensorValue オブジェクトで報告された値の経過時間を示します。

entSensorValueUpdateRate

値は、エージェントが entSensorValue を更新すると頻度を秒単位で示します(たとえば、60 秒)。


) RP、FP、SIP、および電源はさまざまなセンサーをサポートします。これらのセンサーは、CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB でサポートされます。


CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB

CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB は、さまざまな Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ コンポーネントに割り当てられたオブジェクト ID(OID)を定義します。この MIB の OID は、entPhysicalTable の entPhysicalVendorType フィールドの値として、ENTITY-MIB の entPhysicalTable で使用されます。各 OID は物理エンティティのタイプを一意に識別します。

シャーシ

Optical Services Module; オプティカル サービス モジュール

RP モジュール

FP または ESP モジュール

SPA

SIP


) ASR1002-F では、CC、FP、および ESP がシャーシに固定され、取り外すことができません。インスタンスでは、1 台の SPA ベイにのみアクセスできます。



) CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB は、ASR1013 および Cisco ASR 1001 シャーシでもサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


CISCO-ETHERLIKE-EXT-MIB

CISCO-ETHERLIKE-EXT-MIB は、イーサネットに似たネットワーク インターフェイスの汎用オブジェクトを定義します。


) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、CISCO-ETHERLIKE-EXT-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードでサポートされます。


MIB の制約

表 3-48 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-ETHERLIKE-EXT-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-48 CISCO-ETHERLIKE-EXT-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
ceeDot3PauseExtTable

サポートされていません。

CISCO-EVC-MIB

CISCO-EVC-MIB は、管理対象オブジェクトおよびイーサネット仮想接続(EVC)を説明する通知を定義します。

MIB の制約

表 3-49 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-EVC-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-49 CISCO-EVC-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cevcEvcUniTable

サポートされていません。

cevcEvcActiveUnis

サポートされていません。

ciscoEvcStatusChangedNotification

サポートされていません。

cevcEvcOperStatus

値として unknown を戻します。

CISCO-FLASH-MIB

CISCO-FLASH-MIB には、フラッシュ カードおよびフラッシュ カードの動作を管理するオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-50 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-FLASH-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-50 CISCO-FLASH-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
ciscoFlashDeviceTable

ciscoFlashDeviceInitTime

実装されていません。

ciscoFlashPhyEntIndex

実装されていません。

ciscoFlashPartitionTable

ciscoFlashPartitionFileCount

実装されていません。

ciscoFlashPartitionChecksumAlgorithm

実装されていません。

ciscoFlashPartitionUpgradeMethod

実装されていません。

ciscoFlashPartitionNeedErasure

実装されていません。

ciscoFlashPartitionFileNameLength

実装されていません。

ciscoFlashFileTable

ciscoFlashFileChecksum

実装されていません。

ciscoFlashFileType

サポートされていない値:

config(2)
image(3)
crashinfo(5)


) USB に保存されているファイルのインデックスは、ファイルが一定の間隔の後にマウントおよびマウント解除されるため、頻繁に変更されます。



) プライマリおよびセカンダリ RP が実行中の場合は、スタンバイ usb フラッシュとフラッシュ ディスクのエンティティは CISCO-FLASH-MIB に対して入力されません。コンパクト フラッシュは ASR シリーズ ルータではサポートされません。そのため、CISCO-FLASH-MIB でモデル化されません。



) ファイルが TFTP 経由で正常にコピーされた場合、正しいファイル サイズが ciscoFlashFileSize オブジェクトに反映されるまで少なくとも 50 秒かかります。


CISCO-FRAME-RELAY-MIB

CISCO-FRAME-RELAY-MIB には、シスコ製品に固有の、または RFC 1315 から欠落しているフレーム リレー情報が含まれます。

MIB の制約

表 3-51 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-FRAME-RELAY-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。表に記載されていないオブジェクトは MIB の定義に従って実装されます。


) フレーム リレー相手先選択接続(SVC)は、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでは現在サポートされていません。


 

表 3-51 CISCO-FRAME-RELAY-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cfrCircuitTable

cfrCircuitType

サポートされる値は pvc(1) です。

cfrExtCircuitTable

cfrExtCircuitMinThroughputOut

QoS でサポートされます。それ以外の場合、値は 0 です。

cfrExtCircuitMinThroughputIn

QoS でサポートされます。それ以外の場合、値は 0 です。

cfrExtCircuitShapeByteLimit

QoS でサポートされます。それ以外の場合、値は 0 です。

cfrExtCircuithapeInterval

QoS でサポートされます。それ以外の場合、値は 0 です。

cfrExtCircuitShapeByteIncrement

QoS でサポートされます。それ以外の場合、値は 0 です。

cfrExtCircuitShapeActive

QoS でサポートされます。それ以外の場合、値は 0 です。

cfrExtCircuitShapeAdapting

QoS でサポートされます。それ以外の場合、値は 0 です。

cfrMapTable

cfrMapType

値は次のとおりです。

static(1)

dynamic(2)

cfrSvcTable

実装されていません。

CISCO-FTP-CLIENT-MIB

CISCO-FTP-CLIENT-MIB には、ネットワーク管理のためのファイル転送プロトコル(FTP)動作を呼び出すオブジェクトが含まれます。この MIB には既知の制約はありません。すべてのオブジェクトは MIB に定義されているように実装されます。

CISCO-HSRP-EXT-MIB

CISCO-HSRP-EXT-MIB は、RFC 2281 で定義されている Cisco Hot Standby Router Protocol(HSRP)を定義する CISCO-HSRP-MIB の拡張機能を提供します。拡張機能は、セカンダリ IP アドレスの割り当ておよび HSRP グループのプライオリティの変更に対応します。

CISCO-HSRP-MIB

CISCO-HSRP-MIB には、RFC 2281 で定義されている Cisco Hot Standby Router Protocol(HSRP)を設定および管理するオブジェクトが含まれます。

CISCO-IETF-ATM2-PVCTRAP-MIB

CISCO-IETF-ATM2-PVCTRAP-MIB には、ATM-MIB を補完するオブジェクトが含まれます。この MIB は、IETF 文書「draft-ietf-atommib-atm2-11.txt」のセクション 9「ATM Related Trap Support」に記載されている仮想チャネル リンク(VCL)セクションを実装します。


) この MIB は、ブロードバンド構成では現在サポートされていません。


CISCO-IETF-BFD-MIB

CISCO-IETF-BFD-MIB には、双方向フォワーディング検出(BFD)プロトコルの管理対象オブジェクト定義が含まれます。BFD は、インターフェイス、データ リンク、(可能な限り)フォワーディング エンジン自体など、遅延が非常に低い可能性がある 2 台のフォワーディング エンジン間の双方向パスにおける障害を検出するプロトコルです。これは、メディア、データ プロトコル、およびルーティング プロトコルとは独立して動作します。


) CISCO-IETF-BFD-MIB はインターネット ドラフト draft-ietf-bfd-mib-07.txt に基づきます。


次に、MIB の仮想ルーティングおよびフォワーディング(VRF)コンテキストのサポート情報を示します。

CISCO-IETF-BFD-MIB は、非 VRF コンテキストにおける IPv4 および IPv6 をサポートします。

CISCO-IETF-BFD-MIB は、VRF コンテキストにおける IPv4 をサポートし、VRF コンテキストにおける IPv6 をサポートしません。

CISCO-IETF-FRR-MIB

CISCO-IETF-FRR-MIB には、MPLS 再ルーティング(FRR)に対する管理対象オブジェクト定義が含まれます。

CISCO-IETF-ISIS-MIB

CISCO-IETF-ISIS-MIB は、IS-IS MIB テーブル エントリ、MIB オブジェクト、および MIB トラップ通知オブジェクトを使用した IS-IS ルーティング プロトコルのネットワーク管理サポートを導入しています。オブジェクトの SNMP 通知をイネーブルにするために、新しい CLI が追加されています。通知は、IS-IS ネットワークのエラーやその他の重大イベント情報のために提供されます。

CISCO-IETF-NAT-MIB

CISCO-IETF-NAT-MIB には、RFC 3022 で定義されているルータ上のネットワーク アドレス変換(NAT)動作のオブジェクトが含まれます。MIB には、NAT 設定、NAT バインディング、および実行時の統計情報を含むオブジェクトがあります。

CISCO-IETF-NAT-MIB の MODULE-IDENTITY は ciscoIetfNatMIB であり、トップ レベルの OID は 1.3.6.1.4.1.9.10.77(iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoExperiment.ciscoIetfNatMIB)です。

MIB の制約

表 3-52 に、CISCO-IETF-NAT-MIB の制約を示します。

 

表 3-52 CISCO-IETF-NAT-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cnatAddrBindTable

スタティック バインドではサポートされません。

cnatAddrBindCurrentIdleTime

サポートされていません。

cnatConfTable

実装されていません。

cnatConfStaticAddrMapTable

実装されていません。

cnatConfDynAddrMapTable

実装されていません。

cnatInterfaceTable

cnatInterfaceRealm

読み取り専用。

cnatInterfaceStorageType

読み取り専用。

cnatInterfaceStatus

読み取り専用。

cnatAddrBindTable

cnatAddrBindDirection

読み取り専用。

cnatAddrBindConfName

実装されていません。

cnatAddrBindSessionCount

実装されていません。

cnatAddrBindId

実装されていません。

cnatAddrPortBindTable

cnatAddrPortBindDirection

実装されていません。

cnatAddrPortBindConfName

実装されていません。

cnatAddrPortBindSessionCount

実装されていません。

cnatSessionTable

実装されていません。

cnatAddrMapStatsTable

実装されていません。

cnatInterfaceStatsTable

実装されていません。

CISCO-IETF-PPVPN-MPLS-VPN-MIB

CISCO-IETF-PPVPN-MPLS-VPN-MIB は、MPLS-VPN-MIB を拡張したものです。MPLS-VPN-MIB-DRAFT-05 で追加された新しい通知、mplsNumVrfRouteMaxThreshCleared が含まれます。

CISCO-IETF-PW-ATM-MIB

CISCO-IETF-PW-ATM-MIB には、パケット スイッチド ネットワーク(PSN)を介した ATM の疑似配線(PW)エミュレーションに関する管理対象オブジェクト定義が含まれます。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-IETF-PW-ATM-MIB は SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。


MIB の制約

表 3-53 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-IETF-PW-ATM-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-53 CISCO-IETF-PW-ATM-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
CpwVcAtmPerfEntry

cpwAtmCellsReceived

サポートされていません。ゼロを戻します。

cpwAtmCellsSent

サポートされていません。ゼロを戻します。

cpwAtmCellsRejected

サポートされていません。ゼロを戻します。

cpwAtmCellsTagged

サポートされていません。ゼロを戻します。

cpwAtmHCCellsReceived

サポートされていません。ゼロを戻します。

cpwAtmHCCellsRejected

サポートされていません。ゼロを戻します。

cpwAtmHCCellsTagged

サポートされていません。ゼロを戻します。

cpwAtmAvgCellsPacked

サポートされていません。ゼロを戻します。

CISCO-IETF-PW-ENET-MIB

CISCO-IETF-PW-ENET-MIB には、パケット スイッチド ネットワーク(PSN)を介したイーサネット ポイントツーポイント疑似配線サービスを管理するためのモデルを記述するオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-54 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-IETF-PW-ENET-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-54 CISCO-IETF-PW-ENET-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cpwVcEnetMplsPriMappingTable

サポートされていません。

cpwVcEnetStatsTable

サポートされていません。

CISCO-IETF-PW-FR-MIB

CISCO-IETF-PW-FR-MIB には、PSN を介した FRoPW サービスについて定義されているネットワーク管理オブジェクトが含まれます。

CISCO-IETF-PW-MIB

CISCO-IETF-PW-MIB には、PW 動作の管理対象オブジェクト定義が含まれます。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-IETF-PW-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。


MIB の制約

表 3-55 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-IETF-PW-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-55 CISCO-IETF-PW-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cpwVcTable

CpwVcEntry

アクセス不可。

cpwVcIndex

アクセス不可。

cpwVcType

読み取り専用。

cpwVcOwner

読み取り専用。

cpwVcPsnType

読み取り専用。

cpwVcSetUpPriority

実装されていません。

cpwVcHoldingPriority

実装されていません。

cpwVcInboundMode

読み取り専用。

cpwVcPeerAddrType

読み取り専用。

cpwVcPeerAddr

読み取り専用。

cpwVcID

読み取り専用。

cpwVcLocalGroupID

読み取り専用。

cpwVcControlWord

読み取り専用。

cpwVcLocalIfMtu

読み取り専用。

cpwVcLocalIfString

読み取り専用。

cpwVcRemoteControlWord

読み取り専用。

cpwVcOutboundVcLabel

読み取り専用。

cpwVcInboundVcLabel

読み取り専用。

cpwVcName

読み取り専用。

cpwVcDescr

読み取り専用。

cpwVcAdminStatus

読み取り専用。

cpwVcTimeElapsed

実装されていません。

cpwVcRowStatus

読み取り専用。

cpwVcStorageType

読み取り専用。

cpwVcPerfCurrentTable

cpwVcPerfCurrentEntry

実装されていません。

cpwVcPerfCurrentInHCPackets

実装されていません。

cpwVcPerfCurrentInHCBytes

実装されていません。

cpwVcPerfCurrentOutHCBytes

実装されていません。

cpwVcPerfCurrentOutHCPackets

実装されていません。

cpwVcPerfIntervalTable

cpwVcPerfIntervalEntry

実装されていません。

cpwVcPerfIntervalNumber

実装されていません。

cpwVcPerfIntervalValidData

実装されていません。

cpwVcPerfIntervalInHCPackets

実装されていません。

cpwVcPerfIntervalInHCBytes

実装されていません。

cpwVcPerfIntervalOutHCPackets

実装されていません。

cpwVcPerfIntervalOutHCBytes

実装されていません。

cpwVcNotifRate

実装されていません。

CISCO-IETF-PW-MPLS-MIB

CISCO-IETF-PW-MPLS-MIB には、MPLS を介した PW 動作について CISCO-IETF-PW-MIB を補完するオブジェクトが含まれます。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-IETF-PW-MPLS-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。


MIB の制約

表 3-56 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-IETF-PW-MPLS-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-56 CISCO-IETF-PW-MPLS-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cpwVcMplsOutboundIndexNext

サポートされていません。

cpwVcMplsInboundIndexNext

サポートされていません。

CISCO-IETF-PW-TDM-MIB

CISCO-IETF-PW-TDM-MIB には、パケット交換網(PSN)を介した疑似配線として TDM(T1、E1、T3、E3、NxDS0)をカプセル化するための管理対象オブジェクト定義が含まれます。SPA-1XOC3-ATM-V2 および SPA-3XOC3-ATM-V2 は CEM(回線エミュレーション)をサポートしません。したがって、 この MIB は、これらのハードウェアではサポートされません。

CISCO-IF-EXTENSION-MIB

CISCO-IF-EXTENSION-MIB には、 IF-MIB(RFC 2863) では使用できない追加のインターフェイス関連情報を提供するオブジェクトが含まれます。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、CISCO-IF-EXTENSION-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、CISCO-IF-EXTENSION-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


MIB の制約

表 3-57 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-IF-EXTENSION-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

表 3-57 CISCO-IF-EXTENSION-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cielInterfaceTable

cieIfDhcpMode

実装されていません。

cieIfMtu

実装されていません。

cieIfContextName

実装されていません。

cieIfKeepAliveEnabled

ATM インターフェイスではサポートされません。

cieSystemMtu

実装されていません。

cieIfUtilTable

SPA GE インターフェイスではサポートされません。

cieIfDot1dBaseMappingTable

実装されていません。

cieIfDot1qCustomEtherTypeTable

実装されていません。

cieIfNameMappingTable

実装されていません。

 
注意

 
cieIfPacketStatsTable および cieIfInterfaceTable に定義されている一部のオブジェクトは、物理インターフェイスだけに適用されます。その結果、このテーブルは非物理インターフェイスに対してはスパースである場合があります。

 
ATM インターフェイスは cieIfKeepAliveEnabled オブジェクトをサポートしません。

CISCO-IGMP-FILTER-MIB

CISCO_IGMP-FILTER-MIB は、この MIB で識別される IP マルチキャスト グループのためにユーザがインターネット グループ管理プロトコル(IGMP)の join を代行受信するようにシステムを設定したり、特定のポートに特定のマルチキャスト グループへの加入を許可したりするためのメカニズムを提供します。

CISCO-IMAGE-MIB

CISCO-IMAGE-MIB には、Cisco IOS イメージの機能および特性を識別するオブジェクトが含まれます。

CISCO-IMAGE-LICENSE-MGMT-MIB

CISCO-IMAGE-LICENSE-MGMT-MIB には、デバイス上の IOS イメージ管理レベルを制御するオブジェクトが含まれます。シスコのライセンス メカニズムは、さまざまなイメージ レベルでデバイスを実行する柔軟性を提供します。このメカニズムは、イメージ レベルのライセンスと呼ばれます。イメージ レベルのライセンスでは、ユニバーサル イメージベースのライセンス ソリューションを利用します。ソフトウェア パッケージのすべてのレベルを含むユニバーサル イメージは、デバイスにロードされます。起動時に、デバイスは、ライセンスの最高レベルを決定し、対応するソフトウェア機能またはサブシステムをロードします。

CISCO-IP-LOCAL-POOL-MIB

CISCO-IP-LOCAL-POOL-MIB には、ローカル IP アドレス プールに関する情報をネットワーク マネージャに提供するオブジェクトが含まれます。この MIB は、ローカル IP プールの割り当てを反映した設定と統計情報を提供します。各エントリは、フリー アドレスと使用されているアドレスの数など、特定のローカル IP プールに関する情報を提供します。

CISCO-IP-LOCAL-POOL-MIB オブジェクトをネットワーク管理システムで使用できるようにするために、SNMP エージェントを特別な方法で設定する必要はありません。SNMP エージェントは、snmp-server host ip-address community-name iplocalpool コマンドを使用して、ciscoIpLocalPoolInUseAddrNoti 通知を特定のホストに送信するように設定できます。

ciscoIpLocalPoolInUseAddrNoti 通知は、次の方法でイネーブルにします。

cIpLocalPoolNotificationsEnable オブジェクトを使用して SNMP を経由する

CLI 設定 snmp-server enable traps ip local pool を使用する

CISCO-IPMROUTE-MIB

CISCO-IPMROUTE-MIB には、ルータ上の IP マルチキャスト ルーティングを管理するオブジェクトが含まれます。

CISCO-IPSEC-FLOW-MONITOR-MIB

CISCO-IPSEC-FLOW-MONITOR-MIB を使用すると、IPsec ベースのバーチャル プライベート ネットワークの構造をモニタできます。

CISCO-IPSEC-MIB

CISCO-IPSEC-MIB は、IPsec を実装するシスコ エンティティのシスコ実装固有の属性をモデル化します。

CISCO-IPSEC-POLICY-MAP-MIB

CISCO-IPSEC-POLICY-MAP-MIB には、提示された IPsec VPN の IETF 標準を補完するオブジェクトが含まれます。特に、この MIB は、動的にインスタンス化された IPsec プロトコルの構造(トンネル、セキュリティ アソシエーションなど)を、その構造を作成したポリシー エンティティ(ポリシー定義、クリプト マップ、トランス フォームなど)にマップします。

CISCO-IPSEC-POLICY-MAP-MIB の MODULE-IDENTITY は ciscoIpSecPolMapMIB であり、トップ レベルの OID は 1.3.6.1.4.1.9.9.172(iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoIpSecPolMapMIB)です。

MIB の制約

この MIB は、DES 暗号化(-k8- または -k9-)をサポートする Cisco IOS ソフトウェア イメージでのみサポートされます。

CISCO-IP-TAP-MIB

CISCO-IP-TAP-MIB は、IP のシスコの傍受機能を管理します。この MIB は、IP トラフィックを傍受するために CISCO-TAP2-MIB とともに使用されます。

CISCO-IP-URPF-MIB

CISCO-IP-URPF-MIB には、ユーザが管理対象デバイスのインターフェイスにおけるユニキャスト リバース パス転送(URPF)のドロップ レートしきい値を指定できるようにするオブジェクトが含まれます。このしきい値を超えると、SNMP 通知が送信されます。オブジェクトのグローバル(全体として管理対象デバイスに対して)およびインターフェイスごとのドロップ カウントおよびドロップ レートを指定するオブジェクトが含まれ、ドロップ レートが設定可能なインターフェイス単位のしきい値を超えるとトラップが生成されます。

MIB の制約

表 3-58 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-IP-URPF-MIB に課せられる制約を示します。

 

表 3-58 CISCO-IP-URPF-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cipUrpfIfMonTable

このテーブルのエントリは、URPF がインターフェイスでイネーブルになっている場合に存在します。インターフェイスが削除されている場合、または RPF がインターフェイスでディセーブルの場合は使用できません。

cipUrpfIfConfTable

このテーブルのエントリは、URPF がインターフェイスでイネーブルになっている場合に存在します。インターフェイスが削除されている場合、または RPF がインターフェイスでディセーブルの場合は使用できません。

CISCO-LAG-MIB

CISCO-LAG-MIB には、IEEE 標準 802.3ad によって定義されているルータのリンク集約(LAG)を管理するオブジェクトが含まれます。MIB には、IEEE8023-LAG-MIB を補完するリンク集約情報、またはシスコ製品に固有のリンク集約情報が含まれます。

CISCO-LICENSE-MGMT-MIB

CISCO-LICENSE-MGMT-MIB には、システムのライセンスを管理するオブジェクトが含まれます。ライセンス メカニズムは、システム内の各種機能のライセンスを適用する柔軟性を提供します。ライセンスのさまざまな種類を次に示します。

NODE LOCKED LICENSE

NON-NODE LOCKED LICENSE

METERED LICENSE

EVALUATION LICENSE

RIGHT TO USE (RTU) LICENSE

EXTENSION LICENSE

GRACE PERIOD LICENSE

COUNTED LICENSE

UNCOUNTED LICENSE

IMAGE LEVEL LICENSING

FEATURE LEVEL LICENSING

CISCO-MVPN-MIB

CISCO-MVPN-MIB には、インターネット ドラフト draft-rosen-vpn-mcast-05.txt で定義された VPN におけるマルチキャストのシスコ実装の管理対象オブジェクト定義が含まれます。

マルチキャスト VPN MIB 機能は、マルチキャスト VPN(MVPN)の簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)モニタリングの機能を導入しています。MVPN MIB を使用して、ネットワーク管理者は PE ルータから MVRF 情報にアクセスできます。複数の CE サイト間の VPN トラフィックについて、リアルタイムでこの情報にアクセスできます。SNMP 操作は、get および set コマンドを使用して PE ルータ上の MVRF をモニタするために実行できます。これらのコマンドは、SNMP が実装されているネットワーク管理システム(NMS)ワーク ステーションで入力します。NMS ワークステーションは、SNMP マネージャとしても知られています。


) 現在サポートされているのは、IPv4 だけです。



) 「read-create」アクセス権限を持つすべての MIB オブジェクトについては、現在「read-only」アクセスだけがサポートされています。


この MIB の詳細については、リンク https://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_0s/feature/guide/mcvpnmib.html にアクセスしてください。

CISCO-NBAR-PROTOCOL-DISCOVERY-MIB

CISCO-NBAR-PROTOCOL-DISCOVERY-MIB は、インターフェイスごとのプロトコル ディスカバリのイネーブル化とディセーブル化、特定のイベントが発生したときに生成されるトラップの設定など、Network-Based Application Recognition(NBAR)の SNMP サポートを提供します。現在の NBAR 設定および実行時の統計情報も表示できます。


) CISCO-NBAR-PROTOCOL-DISCOVERY-MIB の MODULE-IDENTITY は ciscoNbarProtocolDiscoveryMIB であり、トップ レベルの OID は 1.3.6.1.4.1.9.9.244(iso.org.dod.internet.private.enterprises.cisco.ciscoMgmt.ciscoNbarProtocolDiscoveryMIB)です。



) cnpdTopNConfigTable および cnpdTopNStatsTable テーブルには、プロトコル「unknown」の詳細はありません。


CISCO-NETFLOW-MIB

CISCO-NETFLOW-MIB は、NetFlow キャッシュ情報、現在の NetFlow 設定、および統計情報を簡単かつ容易に取得する方法を提供します。

MIB の制約

表 3-59 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-NETFLOW-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-59 CISCO-NETFLOW-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cnfCICacheEnable

次の値はサポートされていません。

destinationOnly(6)

sourceDestination(7)

fullFlow(8)

expBgpPrefix(23)

CISCO-NTP-MIB

CISCO-NTP-MIB には、ネットワーク タイム プロトコル(NTP)サーバをモニタするオブジェクトが含まれます。NTP は、分散されたタイム サーバおよびクライアント間の計時の同期に使用されます。国内の時間標準に同期されるプライマリ タイム サーバは、バックボーン ゲートウェイなどの広くアクセス可能なリソースに接続されます。これらのプライマリ サーバは、計時情報を別のタイム サーバに送信し、クロック確認を実行して、装置や伝播の障害が原因の計時エラーを排除します。

MIB の制約

表 3-60 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-NTP-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-60 CISCO-NTP-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cntpSysLeap

読み取り専用。

cntpSysStratum

読み取り専用。

CISCO-OSPF-MIB

CISCO-OSPF-MIB には、OSPF 実装を管理するためのオブジェクトが含まれます。MIB 定義のほとんどは、IETF ドラフト draft-ietf-ospf-mib-update-05.txt に基づいており、OSPF 模造リンクのサポートが含まれます。CISCO-OSPF-MIB は、RFC 1850 で規定されている OSPF-MIB の拡張です。

CISCO-OSPF-TRAP-MIB

CISCO-OSPF-TRAP-MIB には、OSPF 模造リンクのサポートに加え、OSPF-MIB の IETF ドラフト draftietf-ospf-mib-update-05.txt の最新バージョンで定義されている、新規および変更された通知オブジェクトやイベントが含まれます。

CISCO-PIM-MIB

CISCO-PIM-MIB は、ルータの Protocol Independent Multicast(PIM)を管理するためのシスコ固有オブジェクトと変数を定義します。これらの MIB 定義は、RFC 2934 における IETF PIM MIB の拡張です。

CISCO-PING-MIB

CISCO-PING-MIB には、ルータの ping 要求を管理するオブジェクトが含まれます。

CISCO-PPPOE-MIB

CISCO-PPPOE-MIB には、Point-to-Point Protocol over Ethernet(PPPoE)セッションを管理するオブジェクトが含まれます。これらのオブジェクトは、システムおよび仮想チャネル(VC)レベルの PPPoE セッションを表します。

MIB の制約

表 3-61 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-PPPOE-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-61 CISCO-PPPOE-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cPppoeSystemMaxAllowedSessions

読み取り専用。

cPppoeSystemThresholdSessions

読み取り専用。

cPppoeVcCfgTable

cPppoeVcEnable

読み取り専用。

cPppoeVcSessionsTable

cPppoeVcMaxAllowedSessions

読み取り専用。

cPppoeVcExceededSessionErrors

読み取り専用。

CISCO-PROCESS-MIB

CISCO-PROCESS-MIB は、ルータのメモリおよび CPU 使用率を表示し、アクティブなシステム プロセスを示します。CPU 使用率は、システムがどのくらいビジーであるかに関するステータスを示します。数字は最長アイドル時間に対する現在のアイドル時間の割合です。(この情報はあくまでも推定値です)。

MIB の制約

表 3-62 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-PROCESS-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-62 CISCO-PROCESS-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cpmProcessTable

cpmProcExtPriority

読み取り専用。

cpmCPURisingThreshold

未サポート

cpmCPUFallingThreshold

未サポート


) Cisco ASR1000 RP2 は、64 ビット アーキテクチャをサポートします。ただし、CISCO-PROCESS-MIB は 32 ビット アーキテクチャのみをサポートします。



) RP2 には 2 つの物理 CPU が含まれますが、CPU は個別にモニタされません。CPU 使用率のモニタリングは、両方の CPU の集約結果です。したがって、cpmCPUTotalTable オブジェクトには、RP の CPU 用の 1 つのエントリだけが含まれています。


CISCO-PROCESS-MIB の使用

cpmCPUTotal5sec、cpmCPUTotal1min、および cpmCPUTotal5min オブジェクトは廃止され、cpmCPUTotal5secRev、cpmCPUTotal1minRev、および cpmCPUTotal5minRev にそれぞれ置き換えられました。


) オブジェクトが廃止されても、オブジェクト インスタンスが戻される場合があります。これらの廃止されるオブジェクトでは、オブジェクト インスタンスが戻されます。ただし、戻り値は無視する必要があります。新しいオブジェクトによって戻された値を使用する必要があります。



) ESP で IOS デーモンが実行されていないため、cpmVirtualProcessTable は ESP で入力されません。



) cpmCPUTotal5sec、cpmCPUTotal1min、cpmCPUTotal5min などの CPU 使用率オブジェクトは、アイドル状態の場合を除いて、CPU によって使用されるすべてのプロセスについて計算されます。


表 3-63 に、CISCO-PROCESS-MIB cpmCPUTotalTable オブジェクトのサポート マトリクスを示します。

表 3-63 cpmCPUTotalTable のサポート マトリクス

cpmCPUTotalTable オブジェクト
RP CPU
スタンバイ RP CPU
CC CPU
ESP CPU
スタンバイ ESP CPU
cpmCPULoadAvg1min

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPULoadAvg5min

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPULoadAvg15min

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUMemoryCommitted

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUTotalPhysicalIndex

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUTotal5sec

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUTotal1min

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUTotal5min

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUTotal5secRev

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUTotal1minRev

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUTotal5minRev

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUMonInterval

No

No

No

No

No

cpmCPUTotalMonIntervalValue

No

No

No

No

No

cpmCPUInterruptMonIntervalValue

No

No

No

No

No

cpmCPUMemoryUsed

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUMemoryFree

Yes

No

Yes

Yes

No

cpmCPUMemoryKernelReserved

No

No

No

No

No

cpmCPUMemoryLowest

Yes

No

Yes

Yes

No

表 3-64 に、ESP CPU の cpmProcessTable および cpmProcessExtRevTable のサポート マトリクスを示します。

 

表 3-64 ESP CPU の cpmProcessTable および cpmProcessExtRevTable のサポート マトリクス

cpmProcessTable および cpmProcessExtRevTable オブジェクト
プロセス(プロセス名:cman_fp、fman_fp_image、hman)
cpmProcessPID

Yes

cpmProcessName

Yes

cpmProcessuSecs

No

cpmProcessTimeCreated

Yes

cpmProcessAverageUSecs

Yes

cpmProcExtMemAllocatedRev

Yes

cpmProcExtMemFreedRev

No

cpmProcExtInvokedRev

No

cpmProcExtRuntimeRev

No

cpmProcExtUtil5SecRev

No

cpmProcExtUtil1MinRev

No

cpmProcExtUtil5MinRev

No

cpmProcExtPriorityRev

Yes

cpmProcessType

No

cpmProcessRespawn

No

cpmProcessRespawnCount

No

cpmProcessRespawnAfterLastPatch

No

cpmProcessMemoryCore

No

cpmProcessLastRestartUser

No

cpmProcessTextSegmentSize

No

cpmProcessDataSegmentSize

No

cpmProcessStackSize

No

cpmProcessDynamicMemorySize

No

表 3-65 に、RP CPU の CISCO-PROCESS-MIB cpmProcessTable および cpmProcessExtRevTable オブジェクトのサポート マトリクスを示します。

表 3-65 RP CPU の cpmProcessTable および cpmProcessRevExtTable のサポート マトリクス

cpmProcessTable および cpmProcessRevExtTable オブジェクト
IOSD プロセス
(プロセス名:
ppc_linux_iosd-)
その他のプロセス
(プロセス名:
Cmand、hman、imand)
cpmProcessName

Yes

Yes

cpmProcessuSecs

No

No

cpmProcessTimeCreated

Yes

Yes

cpmProcessAverageUSecs

Yes

Yes

cpmProcExtMemAllocatedRev

Yes

Yes

cpmProcExtMemFreedRev

No

No

cpmProcExtInvokedRev

No

No

cpmProcExtRuntimeRev

No

No

cpmProcExtUtil5SecRev

No

No

cpmProcExtUtil1MinRev

No

No

cpmProcExtUtil5MinRev

No

No

cpmProcExtPriorityRev

Yes

Yes

cpmProcessType

No

No

cpmProcessRespawn

No

No

cpmProcessRespawnCount

No

No

cpmProcessRespawnAfterLastPatch

No

No

cpmProcessMemoryCore

No

No

cpmProcessLastRestartUser

No

No

cpmProcessTextSegmentSize

No

No

cpmProcessDataSegmentSize

No

No

cpmProcessStackSize

No

No

cpmProcessDynamicMemorySize

No

No

表 3-66 に、CC CPU の CISCO-PROCESS-MIB cpmProcessTable および cpmProcessExtRevTable オブジェクトのサポート マトリクスを示します。

表 3-66 CC CPU の cpmProcessTable および cpmProcessExtRevTable のサポート マトリクス

cpmProcessTable および cpmProcessExtRevTable オブジェクト
SPA IOS プロセス
その他のプロセス
(プロセス名:
cmcc、hman、imccd)
cpmProcessName

Yes

Yes

cpmProcessuSecs

No

No

cpmProcessTimeCreated

Yes

Yes

cpmProcessAverageUSecs

Yes

Yes

cpmProcExtMemAllocatedRev

Yes

Yes

cpmProcExtMemFreedRev

No

No

cpmProcExtInvokedRev

No

No

cpmProcExtRuntimeRev

No

No

cpmProcExtUtil5SecRev

No

No

cpmProcExtUtil1MinRev

No

No

cpmProcExtUtil5MinRev

No

No

cpmProcExtPriorityRev

Yes

Yes

cpmProcessType

No

No

cpmProcessRespawn

No

No

cpmProcessRespawnCount

No

No

cpmProcessRespawnAfterLastPatch

No

No

cpmProcessMemoryCore

No

No

cpmProcessLastRestartUser

No

No

cpmProcessTextSegmentSize

No

No

cpmProcessDataSegmentSize

No

No

cpmProcessStackSize

No

No

cpmProcessDynamicMemorySize

No

No

表 3-67 に、CISCO-PROCESS-MIB cpmVirtualProcessTable オブジェクトのサポート マトリクスを示します。

表 3-67 cpmVirtualProcessTable のサポート マトリクス

cpmVirtualProcessTable オブジェクト
アクティブな RP IOSD プロセスで実行中のプロセス
CC SPA IOS プロセスで実行中のプロセス
cpmVirtualProcessName

Yes

Yes

cpmVirtualProcessUtil5Sec

Yes

Yes

cpmVirtualProcessUtil1Min

Yes

Yes

cpmVirtualProcessUtil5Min

Yes

Yes

cpmVirtualProcessMemAllocated

Yes

Yes

cpmVirtualProcessMemFreed

Yes

Yes

cpmVirtualProcessInvokeCount

Yes

Yes

cpmVirtualProcessRuntime

Yes

Yes

表 3-68 に、コミット済みメモリのしきい値を示します。

表 3-68 コミット済みメモリのしきい値

基板のタイプ
サブタイプ
使用可能なメモリの合計
警告値(%)
クリティカルな値(%)
cc

10G

512

95

100

cc

10G

1024

95

100

cc

40G

1024

95

100

fp

5G

1024

90

95

fp

10G

1024

90

95

fp

20G

2048

90

95

fp

20G

4096

90

95

fp

10G

2048

90

95

fp

40G

8192

90

95

fp

40G

16384

90

95

fp

80G

16384

90

95

fp

160G

32768

90

95

rp

RP1

2048

90

95

rp

RP1

4031

90

95

rp

RP1

4096

90

95

rp

1 RU

4096

300

310

rp

1 RU

8192

300

310

rp

1 RU

16384

300

310

rp

2RU

2048

90

95

rp

2RU

4031

90

95

rp

2RU

4096

90

95

rp

RP2

8192

90

95

rp

RP2

16384

90

95

rp

RSP

2048

300

310

表 3-69 に、1 分の平均負荷状況のしきい値を示します。

表 3-69 1 分の平均負荷状況のしきい値

基板のタイプ
サブタイプ
使用可能なメモリの合計
警告値(%)
クリティカルな値(%)
cc

10G

512

5

8

cc

10G

1024

5

8

cc

40G

1024

5

8

fp

5G

1024

5

8

fp

10G

1024

5

8

fp

20G

2048

5

8

fp

20G

4096

5

8

fp

10G

2048

5

8

fp

40G

8192

5

8

fp

40G

16384

5

8

fp

80G

16384

5

8

fp

160G

32768

5

8

rp

RP1

2048

5

8

rp

RP1

4031

5

8

rp

RP1

4096

5

8

rp

1 RU

4096

8

12

rp

1 RU

8192

8

12

rp

1 RU

16384

8

12

rp

2RU

2048

5

8

rp

2RU

4031

5

8

rp

2RU

4096

5

8

rp

RP2

8192

5

8

rp

RP2

16384

5

8

rp

RSP

2048

8

12

表 3-70 に、5 分の平均負荷状況のしきい値を示します。

表 3-70 5 分の平均負荷状況のしきい値

基板のタイプ
サブタイプ
使用可能なメモリの合計
警告値(%)
クリティカルな値(%)
cc

10G

512

5

8

cc

10G

1024

5

8

cc

40G

1024

5

8

fp

5G

1024

5

8

fp

10G

1024

5

8

fp

20G

2048

5

8

fp

20G

4096

5

8

fp

10G

2048

5

8

fp

40G

8192

5

8

fp

40G

16384

5

8

fp

80G

16384

5

8

fp

160G

32768

5

8

rp

RP1

2048

5

8

rp

RP1

4031

5

8

rp

RP1

4096

5

8

rp

1 RU

4096

8

12

rp

1 RU

8192

8

12

rp

1 RU

16384

8

12

rp

2RU

2048

5

8

rp

2RU

4031

5

8

rp

2RU

4096

5

8

rp

RP2

8192

5

8

rp

RP2

16384

5

8

rp

RSP

2048

8

12

表 3-71 に、15 分の平均負荷状況のしきい値を示します。

表 3-71 15 分の平均負荷状況のしきい値

基板のタイプ
サブタイプ
使用可能なメモリの合計
警告値(%)
クリティカルな値(%)
cc

10G

512

5

8

cc

10G

1024

5

8

cc

40G

1024

5

8

fp

5G

1024

5

8

fp

10G

1024

5

8

fp

20G

2048

5

8

fp

20G

4096

5

8

fp

10G

2048

5

8

fp

40G

8192

5

8

fp

40G

16384

5

8

fp

80G

16384

5

8

fp

160G

32768

5

8

rp

RP1

2048

5

8

rp

RP1

4031

5

8

rp

RP1

4096

5

8

rp

1 RU

4096

10

15

rp

1 RU

8192

10

15

rp

1 RU

16384

10

15

rp

2RU

2048

5

8

rp

2RU

4031

5

8

rp

2RU

4096

5

8

rp

RP2

8192

5

8

rp

RP2

16384

5

8

rp

RSP

2048

10

15

CISCO-PRODUCTS-MIB

CISCO-PRODUCTS-MIB は、シスコ ハードウェア プラットフォームに割り当てられたオブジェクト ID(OID)を示します。Cisco ASR1006、ASR1004、ASR1002、ASR1002-F、ASR1001、および ASR1013 OID がサポートされます。

CISCO-QINQ-VLAN-MIB

CISCO-QINQ-VLAN-MIB は、802.1QinQ インターフェイスに関連する設定およびモニタリング機能を示します。

MIB の制約

表 3-72 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-QINQ-VLAN-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-72 CISCO-QINQ-VLAN-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cqvTerminationTable

cqvTerminationPeEncap

読み取り専用として実装されます。

cqvTerminationRowStatus

読み取り専用として実装されます。

cqvTranslationTable

サポートされていません。

CISCO-RADIUS-EXT-MIB

CISCO-RADIUS-EXT-MIB には、RADIUS 認証およびアカウンティング統計情報を管理するために使用される MIB オブジェクトが含まれます。

CISCO-RF-MIB

CISCO-RF-MIB は、冗長フレームワーク サブシステムに設定の制御およびステータス情報を提供します。冗長フレームワーク サブシステムは、ソフトウェア機能の論理的な冗長性のメカニズムを提供し、プロセッサ カードの 1:1 冗長性をサポートするように設計されています。

CISCO-RTTMON-IP-EXT-MIB

CISCO-RTTMON-IP-EXT-MIB は、IP レイヤの拡張、具体的には IPv6 アドレスおよび IPv6 標準に関連するその他の情報をサポートするために、CISCO-RTTMON-MIB のテーブルに拡張機能を提供します。

CISCO-RTTMON-MIB

CISCO-RTTMON-MIB には、ネットワーク パフォーマンスをモニタするオブジェクトが含まれます。MIB は、ネットワーク リソースおよびアプリケーションの応答時間に関する情報を提供します。MIB の概念的な各ラウンドトリップ時間(RTT)制御行は、エンティティの応答時間を判断するために使用される 1 つのプローブを表します。プローブは、実行する RTT 操作(たとえば、FTP または HTTP get 要求)を定義し、その結果は操作が成功したか、失敗したか、および完了するまでにかかった時間を示します。

RTT 操作をスケジューリングする場合は、 表 3-73 で rttMonScheduleAdminTable の rttMonScheduleAdminRttStartTime に関する情報を参照してください。


) rttMonCtrlOperConnectionLostOccurred トラップは、ルータ レスポンダ アプリケーションが実行中でないために宛先ルータへの RTT の接続が確立できない場合に生成されます。ただし、ルータへの物理接続が失われると、トラップは生成されません。


MIB の制約

表 3-73 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-RTTMON-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-73 CISCO-RTTMON-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
RttMonProtocol

次の値はサポートされていません。

snaRUEcho

snaLU0EchoAppl

rttMonApplAuthTable

サポートされていません。

rttMonCtrlAdminTable

rttMonCtrlAdminRttType

次の値をサポートしています。

echo(1)

pathEcho(2)

udpEcho(5)

tcpConnect(6)

http(7)

dns(8)

jitter(9)

ftp(12)

他のすべての値はサポートされていません。

rttMonEchoAdminTable

rttMonEchoAdminProtocol

サポートされる値:

ipIcmpEcho(2)

ipUdpEchoAppl(3)

ipTcpConn(24)

httpAppl(25)

dnsAppl(26)

jitterAppl(27)

ftpAppl(30)

他のすべての値はサポートされていません。

rttMonScheduleAdminTable

rttMonScheduleAdminRttStartTime

このオブジェクトを日付/時刻値に設定する前に、ESR のクロックが CLI の clock set コマンドで設定されていることを確認します。そうしないと、スケジュールされた RTT 操作は実行されません。

rttMonHistoryCollectionTable

HTTP およびジッター タイプはサポートされていません。

CISCO-SLB-EXT-MIB

CISCO-SLB-EXT-MIB には、Cisco サーバ ロードバランシング(SLB)MIB(CISCO-SLB-MIB)の拡張機能が含まれます。サーバ ロード バランシングは、実サーバ、ファイアウォール、キャッシュなどの他のデバイスからのパケットと接続の処理をルータで分散できるようにします。SLB デバイスは、着信データの内容および各種設定オプションに従って着信フレームおよび接続の処理方法を決定します。

CISCO-SLB-MIB

CISCO-SLB-MIB には、Cisco IOS SLB 製品で提供されるようなサーバ ロードバランシング(SLB)マネージャを管理するオブジェクトが含まれます。MIB には、サーバに関する情報を取得するために使用されるダイナミック フィードバック プロトコル(DFP)のマネージャ側の実装のオブジェクトがあります。

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-CALL-STATS-MIB

CISCO-SESSION-BORDER-CONTROLLER-CALL-STATS-MIB には、セッション ボーダー コントローラ アプリケーションの統計情報を定義します。統計情報には次の 2 種類があります。

コール統計情報

メディア統計情報

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-EVENT-MIB

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-EVENT-MIB は、セッション ボーダー コントローラ アプリケーションが生成する SNMP 通知、イベント、およびアラームを定義し、SNMP マネージャ アプリケーションにこれらの通知を送信します。SBC アプリケーションによって生成されたさまざまな通知、イベント、およびアラームには、次のものがあります。

設定済み SBC サービスの状態の変更。

SBC に接続された隣接サーバまたは RADIUS サーバ、あるいは H.248 コントローラとの接続状態の変更、多数の進行中の SIP/H.248 コールによる CPU またはメモリの輻輳。

SBC アプリケーションが不明な IP アドレスまたはポートからメディア(RTP/RTCP)パケットを受信する場合の、現在稼働中の SIP/H.248 コール用に設定されたコール ポリシーの違反。

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-STATS-MIB

CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-STATS-MIB には、セッション ボーダー コントローラ アプリケーションの統計情報を管理するオブジェクトが含まれます。統計情報は、次のタイプに分類されます。

RADIUS メッセージの統計情報:クライアント(SBC)がシークレットを共有する RADIUS サーバのさまざまな RADIUS メッセージの統計情報を表します。

RF 課金統計情報:RF Billing Manager(SBC)によって IMS Rx インターフェイス経由で各レルムに送信されたメッセージのモニタに使用される RF 課金統計情報を表します。

SIP 統計情報:特定の間隔の SIP 隣接の SIP 要求および応答を表します。

MIB テーブル

表 3-74 に、CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-STATS-MIB のテーブルを示します。

 

表 3-74 CISCO-SESS-BORDER-CTRLR-STATS-MIB テーブル

MIB テーブル
説明

csbRadiusStatsTable

RADIUS サーバの RADIUS メッセージを維持します。

csbRfBillRealmStatsTable

RF 課金統計情報を維持します。

csbSIPMthdCurrentStatsTable

特定の間隔における特定の隣接の各 SIP メソッドの SIP 要求および応答の合計数が含まれます。

csbSIPMthdHistoryStatsTable

csbSIPMthdHistoryStatsInterval オブジェクトによって定義されたさまざまな間隔における SIP 隣接の各 SIP メソッドの SIP 要求および応答の履歴数が含まれます。

csbSIPMthdRCCurrentStatsTable

特定の間隔における特定の隣接のメソッドと応答コードの組み合わせに対応する SIP メソッド要求および応答コード統計情報が含まれます。

csbSIPMthdRCHistoryStatsTable

特定の間隔における特定の隣接のメソッドと応答コードに対応する SIP メソッド要求および応答コード統計情報の履歴データが含まれます。

CISCO-SIP-UA-MIB

CISCO-SIP-UA-MIB は、Session Initiation Protocol(SIP)ユーザ エージェント(UA)を管理します。SIP は、1 人または複数の参加者とのセッションを作成、変更、および終了するためのアプリケーション層シグナリング プロトコルです。UA は、ユーザ エージェント クライアント(UAC)とユーザ エージェント サーバ(UAS)の両方を含むアプリケーションです。UAC は、SIP 要求を開始するアプリケーションです。UAS は、SIP 要求を受信したときに対応するユーザに連絡し、ユーザに代わって応答を戻すアプリケーションです。

CISCO-SONET-MIB

CISCO-SONET-MIB には、ルータ上の SONET/SDH インターフェイスを記述するオブジェクトが含まれます。この MIB は、標準 SONET-MIB(RFC 2558)の拡張です。CISCO-SONET-MIB には、SONET-MIB に見つからない追加の SONET 関連情報を提供するオブジェクトがあります。


) CISCO-SONET-MIB は、linestatus、sectionstatus、pathstatus の変更、および通知がイネーブルである場合に認識された SONET トラップをサポートします。


MIB の制約

次の CISCO-SONET-MIB テーブルは、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに実装されていません。

csConfigTable

csVTConfigTable

csAPSConfigTable

cssTraceTable

cspTraceTable

csStatsTable

cspConfigTable


) ciscoSonetStatsMIBGroup のセクション、ライン、パスの合計オブジェクト、および完全な ciscoSonetEnableGroup のみをサポートする必要があります。1 つ以上の SONET インターフェイスを含むすべてのネットワーク要素は、この MIB を実装する必要があります。


CISCO-SUBSCRIBER-SESSION-MIB

CISCO-SUBSCRIBER-SESSION-MIB には、リモート アクセス サービス(RAS)によって終了される加入者セッションを記述するオブジェクトが含まれます。

MIB テーブル

表 3-75 に、CISCO-SUBSCRIBER-SESSION-MIB のテーブルを示します。

 

表 3-75 CISCO-SUBSCRIBER-SESSION-MIB テーブル

MIB テーブル
説明
csubSessionTable

現在システムによって維持されている加入者セッションのリストを表します。

csubSessionByTypeTable

加入者セッションを、まず、対応する加入者セッション タイプでソートし、次に、対応する加入者セッションに割り当てられた ifIndex でソートします。

csubAggStatsTable

加入者セッションに関する集約された統計情報のセットが含まれ、各セットに集約の一意のスコープがあります。

csubAggStatsIntTable

15 分の測定間隔で収集された集約加入者セッション パフォーマンス データが含まれます。

csubJobTable

要素管理システム(EMS)およびネットワーク管理システム(NMS)によって送信された加入者セッション ジョブが含まれます。

csubJobMatchParamsTable

一致基準を記述する加入者セッション ジョブ パラメータが含まれます。

csubJobQueryParamsTable

クエリー パラメータを記述する加入者セッション ジョブ パラメータが含まれます。

csubJobQueueTable

加入者セッションのジョブ キューに保留中の加入者セッション ジョブが一覧で表示されます。

csubJobReportTable

csubJobType として query 、csubJobState として finished が設定された加入者セッション ジョブに対応するレポートが含まれます。

MIB の制約

表 3-76 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって CISCO-SUBSCRIBER-SESSION-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。この表に記載されていない MIB オブジェクトは MIB の定義に従って実装されます。

 

表 3-76 CISCO-SUBSCRIBER-SESSION-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
csubSessionByTypeTable

実装されていません。

csubAggStatsIntTable

実装されていません。

csubJobQueueTable

実装されていません。

csubSessionTable

csubSessionType

読み取り専用。
pppSubscriber(3)、pppoeSubscriber(4)、ipInterfaceSubscriber(7)、ipPktSubscriber(8)、および ipDhcpv4Subscriber(9) タイプがサポートされています。

csubSessionAuthenticated

読み取り専用。

csubSessionCreationTime

読み取り専用。

csubSessionAvailableIdentities

読み取り専用。

csubSessionSubscriberLabel

読み取り専用。

csubSessionMacAddress

読み取り専用。

csubSessionNativeVrf

読み取り専用。

csubSessionNativeIpAddrType

読み取り専用。

csubSessionNativeIpAddr

読み取り専用。

csubSessionNativeIpMask

読み取り専用。

csubSessionDomainVrf

読み取り専用。

csubSessionPbhk

読み取り専用。

csubSessionRemoteId

読み取り専用。

csubSessionCircuitId

読み取り専用。

csubSessionNasPort

読み取り専用。

csubSessionDomain

読み取り専用。

csubSessionUsername

読み取り専用。

csubSessionAcctSessionId

読み取り専用。

csubSessionProtocol

読み取り専用。
IP(3) および PPP(5) 値がサポートされます。

csubSessionLocationIdentifier

読み取り専用。

csubSessionServiceIdentifier

読み取り専用。

csubSessionLastChanged

読み取り専用。

csubSessionNativeIpAddrType2

読み取り専用。

csubSessionNativeIpAddr2

読み取り専用。

csubSessionNativeIpMask2

読み取り専用。

csubSessionIpAddrAssignment

実装されていません。

csubSessionRedundancyMode

実装されていません。

csubSessionDerivedCfg

実装されていません。

csubSessionDnis

実装されていません。

csubSessionMedia

実装されていません。

csubSessionMlpNegotiated

実装されていません。

csubSessionServiceName

実装されていません。

csubSessionDhcpClass

実装されていません。

csubSessionTunnelName

実装されていません。

csubAggStatsTable

現在、集約のスコープは、RAS レベルの統計情報の提供に制限されています。

csubAggStatsPendingSessions

読み取り専用。

csubAggStatsUpSessions

読み取り専用。

csubAggStatsAuthSessions

読み取り専用。

csubAggStatsUnAuthSessions

読み取り専用。

csubAggStatsLightWeightSessions

読み取り専用。

csubAggStatsHighUpSessions

読み取り専用。

csubAggStatsAvgSessionUptime

読み取り専用。

csubAggStatsAvgSessionRPM

読み取り専用。

csubAggStatsAvgSessionRPH

読み取り専用。

csubAggStatsTotalFailedSessions

読み取り専用。

csubAggStatsTotalUpSessions

読み取り専用。

csubAggStatsTotalLightWeightSessions

読み取り専用。

csubAggStatsTotalFlowsUp

読み取り専用。

csubAggStatsCurrFlowsUp

読み取り専用。

csubAggStatsRedSessions

実装されていません。

csubAggStatsThrottleEngagements

実装されていません。

csubAggStatsTotalCreatedSessions

実装されていません。

csubAggStatsTotalAuthSessions

実装されていません。

csubAggStatsTotalDiscSessions

実装されていません。

csubAggStatsDayCreatedSessions

実装されていません。

csubAggStatsDayFailedSessions

実装されていません。

csubAggStatsDayUpSessions

実装されていません。

csubAggStatsDayAuthSessions

実装されていません。

csubAggStatsDayDiscSessions

実装されていません。

csubAggStatsCurrTimeElapsed

実装されていません。

csubAggStatsCurrValidIntervals

実装されていません。

csubAggStatsCurrInvalidIntervals

実装されていません。

csubAggStatsCurrCreatedSessions

実装されていません。

csubAggStatsCurrFailedSessions

実装されていません。

csubAggStatsCurrUpSessions

実装されていません。

csubAggStatsCurrAuthSessions

実装されていません。

csubAggStatsCurrDiscSessions

実装されていません。

csubJobTable

csubJobId

読み取り専用。

csubJobStatus

値 Not-In-Service および Not-Ready はサポートされません。

csubJobStorage

読み取り専用。

csubJobType

読み取り専用。

csubJobControl

ジョブを実行すると、 abort アクションは無視されます。

csubJobState

読み取り専用。

csubJobStartedTime

ジョブの開始時の sysuptime は timeticks で測定されます。

csubJobFinishedTime

ジョブの開始時の sysuptime は timeticks で測定されます。

csubJobFinishedReason

ジョブ クエリーが十分なジョブ一致パラメータなしで開始されると、値 insufficientResources が戻されます。

csubJobMatchParamsTable

csubJobMatchParamsEntry

読み取り専用。

csubJobMatchIdentities

読み取り専用。

csubJobMatchSubscriberLabel

読み取り専用。

csubJobMatchMacAddress

読み取り専用。

csubJobMatchNativeVrf

読み取り専用。

csubJobMatchNativeIpAddrType

IPv6 に基づくジョブ検索はサポートされません。

csubJobMatchNativeIpAddr

読み取り専用。

csubJobMatchPbhk

読み取り専用。

csubJobMatchOtherParams

実装されていません。

csubJobMatchDomainVrf

実装されていません。

csubJobMatchRemoteId

実装されていません。

csubJobMatchCircuitId

実装されていません。

csubJobMatchNasPort

実装されていません。

csubJobMatchUsername

実装されていません。

csubJobMatchAccountingSid

実装されていません。

csubJobMatchDomain

実装されていません。

csubJobMatchDnis

実装されていません。

csubJobMatchMedia

実装されていません。

csubJobMatchMlpNegotiated

実装されていません。

csubJobMatchProtocol

実装されていません。

csubJobMatchServiceName

実装されていません。

csubJobMatchDhcpClass

実装されていません。

csubJobMatchTunnelName

実装されていません。

csubJobMatchDanglingDuration

実装されていません。

csubJobQueryParamsTable

csubJobQueryResultingReportSize

EMS または NMS が jobcontrol 値を release に設定すると、ジョブおよび csubJobQueryResultingReportSize オブジェクトが無効になります。

jobfinished 値が normal になった場合にのみ、csubJobQueryParamsTable が作成されます。

csubJobReportTable

csubJobReportId

読み取り専用。

csubJobReportSession

読み取り専用。

csubJobFinishedNotifyEnable

読み取りと書き込み。

csubJobIndexedAttributes

サポートされるインデックス属性は、次のとおりです。

サブスクライバ ラベル

Mac アドレス

IP アドレス(IPv4 のみ)

ネイティブ VRF

Port-Bundle Host Key(PBHK)

CISCO-SYSLOG-MIB

CISCO-SYSLOG-MIB には、Cisco IOS ソフトウェアによって生成されるすべてのシステム ログ メッセージが含まれます。MIB は、SNMP を使用してこれらの syslog メッセージにアクセスする方法を提供します。すべての Cisco IOS syslog メッセージには、メッセージ名とその重大度、メッセージ テキスト、メッセージを生成するエンティティの名前、およびオプションのタイムスタンプが含まれます。MIB には、syslog メッセージおよび syslog メッセージに関連するカウントの履歴も含まれます。


) syslog メッセージを syslog サーバに送信するように Cisco ASR 1000 シリーズ ルータを設定することもできます。



) MIB は、コマンドライン インターフェイス(CLI)で入力されたデバッグ コマンドよって生成されたメッセージを追跡しません。


CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB

CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB には、シスコ製ファイアウォールの実装のステータスおよびパフォーマンス統計情報が含まれます。ASR 1000 プラットフォームは、ゾーン ベース ファイアウォールの統計情報だけをサポートします。


) Cisco IOS Release 3.6 から、IPv6 ネットワークにおける CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB がサポートされます。


MIB テーブル

表 3-77 に、CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB のテーブルを示します。

 

表 3-77 CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB テーブル

MIB テーブル
説明
cufwConnSummaryTable

各レイヤ 3 およびレイヤ 4 プロトコルのファイアウォールの接続アクティビティに関する情報が含まれます。テーブルの各エントリは、個別のネットワーク プロトコルの接続概要を示します。

cufwAppConnSummaryTable

レイヤ 7 プロトコルのファイアウォール接続情報が含まれます。テーブルの各エントリは、個別のアプリケーション プロトコルに対応する接続概要を示します。

cufwPolicyConnSummaryTable

適用される各ポリシーのレイヤ 3 およびレイヤ 4 プロトコルのファイアウォール接続情報が含まれます。テーブルの各エントリは、ファイアウォールの指定されたターゲット ポリシーに設定されている個別のネットワーク プロトコルの接続概要を示します。

cufwPolicyAppConnSummaryTable

適用される各ポリシーのレイヤ 7 プロトコルのファイアウォール接続情報が含まれます。テーブルの各エントリは、ファイアウォールの指定されたターゲット ポリシーに設定されている個別のアプリケーション プロトコルの接続概要を示します。

cufwInspectionTable

アプリケーション プロトコルにインスペクションが設定されているかどうかを示すオブジェクトが含まれます。指定されたプロトコルが現在検証されているかどうかを示す属性も含まれます。

cufwUrlfServerTable

管理対象デバイスに設定されている URL フィルタリング サーバおよび対応するパフォーマンス統計情報を示します。

MIB の制約

表 3-78 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB に課せられる制約を示します。

 

表 3-78 CISCO-UNIFIED-FIREWALL-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cufwInspectionTable

サポートされていません。

cufwUrlfServerTable

サポートされていません。

cuFwConnectionGlobalsTable

cufwConnGlobalNumSetupsAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnGlobalNumPolicyDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnGlobalNumResDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnGlobalNumExpired

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnGlobalNumAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnGlobalNumEmbryonic

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnGlobalNumRemoteAccess

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnGlobalConnSetupRate1

直前の 1 分間に作成されたセッションの数。

cufwConnGlobalConnSetupRate5

直前の 5 分間に作成されたセッションの数。

cufwConnSummaryTable

cufwConnNumSetupsAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnNumPolicyDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnNumResDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnNumAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwConnSetupRate1

直前の 1 分間に作成されたセッションの数。

cufwConnSetupRate5

直前の 5 分間に作成されたセッションの数。

cufwAppConnSummaryTable

cufwAppConnNumSetupsAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwAppConnNumPolicyDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwAppConnNumPolicyDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwAppConnNumAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwAppConnSetupRate1

直前の 1 分間に作成されたセッションの数。

cufwAppConnSetupRate5

直前の 5 分間に作成されたセッションの数。

cufwPolicyConnSummaryTable

cufwPolConnNumSetupsAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwPolConnNumPolicyDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwPolConnNumResDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwPolConnNumAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwPolicyAppConnSummaryTable

cufwPolAppConnNumSetupsAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwPolAppConnNumPolicyDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwPolAppConnNumResDeclined

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

cufwPolAppConnNumAborted

サポートされていません。デフォルト値はゼロに設定されます。

CISCO-TAP2-MIB

CISCO-TAP2-MIB は、シスコの傍受機能を管理します。この MIB は、CISCO-TAP-MIB を置き換えます。この MIB は、すべての傍受タイプに共通のフィールドを含む汎用ストリーム テーブルを定義します。特定の傍受フィルタは、次の拡張 MIB で定義されています。

IP 傍受用の CISCO-IP-TAP-MIB

IEEE 802 傍受用の CISCO-802-TAP-MIB

RADIUS ベースのユーザ接続傍受用の CISCO-USER-CONNECTION-TAP-MIB。

MIB の制約

表 3-79 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって CISCO-TAP2-MIB に課せられる制約を示します。

 

表 3-79 CISCO-TAP2-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cTap2MediationRtcpPort

サポートされていません。

cTap2MediationRetransmitType

サポートされていません。

cTap2MediationTransport

udp(1) だけがサポートされます。

CISCO-TAP-MIB

CISCO-TAP-MIB には、シスコの傍受機能を管理するオブジェクトが含まれます。

CISCO-UBE-MIB

CISCO-UBE-MIB には、データ、音声、およびビデオ転送用の独立した Voice over IP(VoIP)および Video over IP ネットワークを相互接続する Cisco IOS セッション ボーダー コントローラ(SBC)である Cisco Unified Border Element(CUBE)を管理するオブジェクトが含まれます。

CISCO-USER-CONNECTION-TAP-MIB

CISCO-USER-CONNECTION-TAP-MIB は、ユーザ接続用のシスコの傍受機能を管理する機能を提供するフィルタ MIB です。この MIB は、CISCO-TAP2-MIB とともに、ユーザ トラフィックの傍受およびフィルタリングに使用されます。ユーザ接続傍受を作成するために、cuctTapStreamEntry いうエントリが CISCO-USER-CONNECTION-TAP-MIB に作成されています。このエントリには、フィルタリング情報が含まれます。

CISCO-VLAN-IFTABLE-RELATIONSHIP-MIB

CISCO-VLAN-IFTABLE-RELATIONSHIP-MIB には、ルータの各ルーテッド仮想 LAN(VLAN)インターフェイスの VLAN-ID および ifIndex 情報が含まれます。ルーテッド VLAN インターフェイスは、VLAN のルータが使用する IP アドレスの接続先ルータ インターフェイスまたはサブインターフェイスです。MIB は、ipRouteTable にアクセスしてルーテッド VLAN インターフェイスのルーティング設定を取得する際に使用できる ifIndex に各 VLAN-ID をマッピングします。

CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB

CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB には、シスコ VLAN アーキテクチャ、バージョン 2.0 のフレームワーク内の VLAN メンバーシップの管理機能を提供します。MIB は、デバイスによって使用される VLAN メンバーシップ ポリシー サーバおよびデバイスの非トランク ブリッジ ポートの VLAN メンバーシップ割り当てに関する情報を提供します。

CISCO-VPDN-MGMT-MIB

CISCO-VPDN-MGMT-MIB は、ルータの Virtual Private Dialup Network(VPDN)機能に関する動作情報を提供します。MIB を使用してルータの VPDN トンネル情報をモニタできますが、VPDN の設定には MIB を使用できません。

VPDN を使用すると、インターネット サービス プロバイダー(ISP)とホーム ゲートウェイ間のポイントツーポイント プロトコル(PPP)トラフィックをルータで転送できます。CISCO-VPDN-MGMT-MIB には、VPDN トンネリング情報を含む複数のテーブルが含まれています。

cvpdnSystemTable:システム全体の VPDN 情報を提供します。

cvpdnTunnelAttrTable:アクティブな各トンネルに関する情報を提供します。

cvpdnSessionAttrTable:各トンネル内のアクティブな各セッションに関する情報を提供します。

cvpdnUserToFailHistInfoTable:各トンネル ユーザで発生した最後の失敗についての情報を提供します。

cvpdnTemplateTable:各 VPDN テンプレートを識別し、テンプレートに関連付けられたアクティブなセッションの数を示します。テンプレート名の制限および SNMP に対する影響については、 表 3-80 を参照してください。

MIB の制約

CISCO-VPDN-MGMT-MIB には、読み取り専用の情報が含まれます。また、 表 3-80 の MIB オブジェクトは廃止されました。現在はサポートされていますが、段階的に使用されなくなるため、代わりに代替オブジェクトを使用することを推奨します。

 

表 3-80 CISCO-VPDN-MGMT-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
cvpdnTunnelTotal

cvpdnSystemTunnelTotal に置き換えられました。

cvpdnSessionTotal

cvpdnSystemSessionTotal に置き換えられました。

cvpdnDeniedUsersTotal

cvpdnSystemDeniedUsersTotal に置き換えられました。

cvpdnTunnelTable

cvpdnTunnelAttrTable に置き換えられました。

cvpdnTunnelSessionTable

cvpdnSessionAttrTable に置き換えられました。

cvpdnTemplateTable

SNMP は、VPDN テンプレート名のサイズを 128 文字に制限します。cvpdnTemplateTable 内のテンプレート名がこの長さを超える場合、SNMP の getmany 要求を使用してテーブル エントリを取得できません。代わりに、個別の getone 要求を使用して、128 文字を超えない各テンプレート名(cvpdnTemplateName)を取得する必要があります。


) CISCO-VPDN-MGMT-MIB は L2TPv3 をサポートしません。


CISCO-VOICE-ANALOG-IF-MIB

CISCO-VOICE-ANALOG-IF-MIB は、シスコ アナログ音声インターフェイス実装における標準設定、タイミング パラメータ、テレフォニー フック、およびリング ステータス情報を提供します。この MIB は、次のグループを管理します。

アナログ インターフェイスの一般的なグループ

E&M(recEive および transMit)インターフェイス グループ

FXO(Foreign Exchange Office)インターフェイス グループ

FXS(Foreign Exchange Station)インターフェイス グループ


) この MIB は、ASR 1000 シリーズ ルータではサポートされません。


CISCO-VOICE-COMMON-DIAL-CONTROL-MIB

CISCO-VOICE-COMMON-DIAL-CONTROL-MIB には、VoIP、Voice over ATM(VoATM)、Voice over Frame Relay(VoFR)などの複数のネットワーク カプセル化に共通する、音声関連オブジェクトが含まれます。

CISCO-VOICE-DIAL-CONTROL-MIB

CISCO-VOICE-DIAL-CONTROL-MIB モジュールは、回線交換のテレフォニー ネットワークと IP データ ネットワークの両方で音声テレフォニー ピアの管理を提供することによって、IETF Dial Control MIB(RFC2128)を拡張します。

CISCO-VOICE-IF-MIB

CISCO-VOICE-IF-MIB は、音声アナログおよび Integrated Services Digital Network(ISDN)インターフェイスの両方の共通音声関連パラメータを管理します。


) この MIB は、ASR 1000 シリーズ ルータではサポートされません。


CISCO-VOIP-TAP-MIB

CISCO-VOIP-TAP-MIB モジュールは、Voice over IP(VoIP)の傍受機能を管理するオブジェクトを定義します。この MIB は、CISCO-TAP2-MIB とともに、VoIP 制御およびデータ トラフィックの傍受に使用されます。

DIAL-CONTROL-MIB(RFC 2128)

DIAL-CONTROL-MIB(RFC 2128)には、要求アクセスのためのピア情報が含まれます。

DS1-MIB(RFC 2495)

DS1-MIB(RFC-2495)には、DS1、E1、DS2、および E2 インターフェイス オブジェクトの記述が含まれます。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、DS1-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S では clear channel T3 モードのみがサポートされているため、DS1-MIB は SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされません。


MIB の制約

表 3-81 に、Cisco ASR1000 シリーズ ルータによって DS1-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。MIB オブジェクトの詳細な定義については、対応する MIB を参照してください。

 

表 3-81 DS1-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
dsx1ConfigTable

dsx1LineStatusChangeTrapEnable

読み取り専用。この MIB オブジェクトは、SNMP を使用して設定できません。snmp-server enable traps ds1 コマンドを使用して、ステータス変更トラップをイネーブルにできます。

dsx1Channelization

読み取り専用。

dsx1LineLength

読み取り専用。

dsx1LineType

読み取り専用。

dsx1LineCoding

読み取り専用。

dsx1SendCode

読み取り専用。

dsx1CircuitIdentifier

読み取り専用。

dsx1LoopbackConfig

読み取り専用。

dsx1SignalMode

読み取り専用または SPA-8XCHT1/E1 の使用は常に none(1) です。

dsx1TransmitClockSource

読み取り専用。

dsx1Fdl

読み取り専用。

dsx1LoopbackStatus

SPA-8XCHT1/E1 の使用:ペイロード ループバックはサポートされません(dsx1NearEndPayloadLoopback、dsx1FarEndPayloadLoopback)。

dsx1FracTable

実装されていません。

dsx1FarEndIntervalTable

実装されていません。

DS3-MIB(RFC 2496)

DS3-MIB(RFC-2496)には、DS3 および E3 インターフェイス オブジェクトの記述が含まれます。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、DS3-MIB は SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、DS3-MIB は SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


MIB の制約

表 3-82 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって RFC 1407-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。表に記載されていないオブジェクトは RFC 1407-MIB の定義に従って実装されます。

 

表 3-82 DS3-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
dsx3ConfigTable

dsx3LineType

次の値をサポートしています。

T3 は、dsx3M23(2) および dsx3CbitParity(4) をサポートします。

E3 は、e3Framed(7) および e3Plcp(8) をサポートします。

dsx3LineCoding

読み取り専用。次の値をサポートしています。

T3 は dsx3B3ZS(2) をサポートします。

E3 は e3HDB3(3) をサポートします。

dsx3SendCode

読み取り専用。dsx3SendNoCode だけをサポートします

dsx3TransmitClockSource

サポートされる値は loopTiming(1) および localTiming(2) です。

dsx3CircuitIdentifier

読み取り専用。

dsx3LoopbackConfig

読み取り専用。

dsx3FarEndConfigTable

実装されていません。

dsx3FarEndCurrentTable

実装されていません。

dsx3FarEndIntervalTable

実装されていません。

dsx3FarEndTotalTable

実装されていません。

dsx3FracTable

実装されていません。

 
注意

 
すべての T3/ATM ラインカードは、すべての変数の読み取り専用の値だけをサポートします。

 
現在、dsx3FracTable を機能させるには、DS1 レイヤを ifTable に実装する必要があります。このリリースでは、行がインスタンス化されていないため、このテーブルは未実装として示されています。

ENTITY-MIB(RFC 4133)

ENTITY-MIB(RFC 4133)を使用すると、機能コンポーネントの検出が可能になります。この MIB は、ルータの物理エンティティおよび論理エンティティ(コンポーネント)を表し、それらのエンティティを管理するために使用されます。現在のソフトウェア リリースは、この MIB の RFC 4133 バージョンをサポートします。

次に、ENTITY-MIB に含まれる適合性グループを示します。

entityPhysical グループ:単一のエージェントによって管理される物理エンティティを示します。

entityLogical グループ:単一のエージェントによって管理される論理エンティティを示します。

entityMapping グループ:単一のエージェントによって管理される物理エンティティ、論理エンティティ、インターフェイス、および非インターフェイス ポート間の関連付けを示します。

entityGeneral グループ:単一のエージェントによって管理されるエンティティのすべてのタイプで共有される可能性がある一般的なシステム属性を示します。

entityNotifications グループ:ステータス表示通知が含まれます。

次のグループは RFC 4133 から追加されました。

entityPhysical2 グループ:このグループは、entityPhysical グループを強化します。

entityLogical2 グループ:単一エージェントによって管理される論理エンティティを示し、entityLogical グループを置き換えます。

entPhysicalTable MIB テーブルは、ルータの物理エンティティを識別します。entPhysicalTable には、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ シャーシの単一行およびシャーシの各エンティティの行が含まれます。物理エンティティには、他のエンティティが含まれることがあります。たとえば、サブスロット 6/0 に 1 つの SPA 1XOC12 POS-SPA を備えたスロット 6 の SIP10 は、SPA と SIP、SIP のセンサー、および SPA ポートに関する次の SNMP 出力の次のエンティティをサポートします。

entPhysicalDescr.1040 = 1-port OC12/STM4 POS Shared Port Adapter
entPhysicalContainedIn.1040 = 1027
entPhysicalDescr.1066 = subslot 0/0 temperature Sensor 0
entPhysicalContainedIn.1066 = 1040
entPhysicalDescr.1067 = subslot 0/0 temperature Sensor 1
entPhysicalContainedIn.1067 = 1040
entPhysicalDescr.1068 = subslot 0/0 temperature Sensor 2
entPhysicalContainedIn.1068 = 1040
entPhysicalDescr.1078 = subslot 0/0 voltage Sensor 0
entPhysicalContainedIn.1078 = 1040
entPhysicalDescr.1079 = subslot 0/0 voltage Sensor 1
entPhysicalContainedIn.1079 = 1040
entPhysicalDescr.1080 = subslot 0/0 voltage Sensor 2
entPhysicalContainedIn.1080 = 1040
entPhysicalDescr.1081 = subslot 0/0 voltage Sensor 3
entPhysicalContainedIn.1081 = 1040
entPhysicalDescr.1091 = subslot 0/0 transceiver container 0
entPhysicalContainedIn.1091 = 1040
entPhysicalDescr.1092 = OC12 SR-1/STM4 MM
entPhysicalContainedIn.1092 = 1091
entPhysicalDescr.1093 = Packet over Sonet
entPhysicalContainedIn.1093 = 1092
entPhysicalDescr.1095 = subslot 0/0 transceiver 0 Temperature Sensor
entPhysicalContainedIn.1095 = 1092
entPhysicalDescr.1096 = subslot 0/0 transceiver 0 Supply Voltage Sensor
entPhysicalContainedIn.1096 = 1092
entPhysicalDescr.1097 = subslot 0/0 transceiver 0 Bias Current Sensor
entPhysicalContainedIn.1097 = 1092
entPhysicalDescr.1098 = subslot 0/0 transceiver 0 Tx Power Sensor
entPhysicalContainedIn.1098 = 1092
entPhysicalDescr.1099 = subslot 0/0 transceiver 0 Rx Power Sensor
entPhysicalContainedIn.1099 = 1092

 

この MIB の詳細については、 付録 A「ENTITY-MIB」 を参照してください。


) ENTITY-MIB は、Cisco ASR 1013 および ASR 1001 のシャーシでもサポートされています。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、ENTITY-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、ENTITY-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


Cisco ASR1000 プラットフォームでは、entPhysicalParentRelPos に、外部ラベルで指定されたスロット番号(RP、ESP、および PEM スロット番号を除く)が入力されます。 表 3-83 に、外部ラベルと entPhysicalParentRelPos 間のマッピングを示します。

 

表 3-83 entPhysicalParentRelPos 値への外部ラベルのマッピング

タイプ
外部ラベル
SIP コンテナ

0 ~ 5

0 ~ 5 は外部ラベルに一致します。

RP コンテナ

R0 および R1

R0 の場合は 6、R1 の場合は 7 です。

FP コンテナ

F0 および F1

F0 の場合は 8、F1 の場合は 9 です。

電源ベイ

0 および 1

PEM 0 の場合は 14、PEM 1 の場合は 15 です。

CPU

0 から始まります。

QFP

0 から始まります。

FP の暗号 ASIC モジュール

0 から始まります。

Cisco ASR 1001 ルータ シャーシには、内蔵 RP モジュール、SIP モジュール、SPA モジュール 0/0、IDC モジュール 0/2、FP または ESP モジュール、および FanTray モジュールが含まれます。 表 3-84 に、Cisco ASR 1001 ルータ内の影響を受ける MIB テーブル オブジェクトの値を示します。

 

表 3-84 Cisco ASR 1001 ルータ内の影響を受ける MIB オブジェクト

タイプ
外部ラベル
entPhysicalContainedIn

RP モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

ESP モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

SIP モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

SPA モジュール 0/0

SIP モジュールの entPhysicalIndex。

IDC モジュール 0/2

SIP モジュールの entPhysicalIndex。

FanTray モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

entPhysicalIsFRU

RP モジュール

false(2)

ESP モジュール

false(2)

SIP モジュール

false(2)

SPA モジュール 0/0

false(2)

IDC モジュール 0/2

false(2)

FanTray モジュール

false(2)

entPhysicalParentRelPos

RP モジュール

6

ESP モジュール

8

SIP モジュール

0

SPA モジュール 0/0

0

IDC モジュール 0/2

2

FanTray モジュール

0

表 3-85 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでサポートされるファンを示します。

 

表 3-85 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでサポートされるファン

モジュール
ファンの数
ASR1001 PEM

1

ASR1002/ASR1002-F PEM

2

ASR1004/ASR1006/ASR1013 PEM

3

ASR1001 FanTray モジュール

7

表 3-86 に、RP1 および RP2 モジュールにおけるハード ディスクの entPhysicalTable 値の違いを示します。

 

表 3-86 entPhysicalTable 値の違い

MIB オブジェクト
ASR 1000 RP1
ASR 1000 RP2
entPhysicalContainedIn

RP モジュールの entPhysicalIndex。

ハード ディスク コンテナの entPhysicalIndex。

entPhysicalIsFRU

false(2)。

true(1)。

MIB の制約

表 3-87 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって ENTITY-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-87 ENTITY-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
entPhysicalSoftwareRev

RP および SIP モジュールでサポートされます。

entPhysicalAssetAlias

サポートされていません。

entPhysicalAssetId

トランシーバ モジュール、USB、およびハード ディスクではサポートされません。次の entPhysicalClass エンティティでは、読み取りと書き込みとしてのみ実装されます。

シャーシ

Powersupply

モジュール

entPhysicalHardwareRev

USB およびハード ディスクの場合は実装されません。

entPhysicalSerialNum

読み取り専用として実装されます。USB およびハード ディスクの場合は実装されません。

entPhysicalModelName

USB およびハード ディスクの場合は実装されません。

entPhysicalMfgName

USB およびハード ディスクの場合は実装されません。

entPhysicalUris

USB およびハード ディスクの場合は実装されません。読み取り専用として実装されます。

entPhysicalAlias

トランシーバ モジュール、USB、およびハード ディスクではサポートされません。次の entPhysicalClass エンティティでは、読み取りと書き込みとしてのみ実装されます。

シャーシ

Powersupply

モジュール

entPhysicalMfgDate

実装されていません。


) RP2 モジュールには、外部のハードディスクをインストールするためのハードディスク コンテナが含まれます。



) RP2 モジュールには、RP1 よりも多くのセンサーが含まれます。したがって、ENTITY-MIB のインデックスは、RP2 では異なります



) RP2 には 2 つの物理 CPU が含まれますが、CPU は個別にモニタされません。CPU 使用率のモニタリングは、両方の CPU の集約結果です。したがって、cpmCPUTotalTable オブジェクトには、RP の CPU 用の 1 つのエントリだけが含まれています。



) Cisco IOS Release 15.2(4)S から、ASR1002-X シャーシの 6XGE-BUILT-IN SPA の entPhysicalIsFRU オブジェクトは true と表示されます。これにより、6XGE-BUILT-IN SPA が cefcModule テーブルに誤って入力されます。


Cisco ASR 1002 ルータでは、RP モジュール、SIP モジュール、および SPA モジュール 0/0 はシャーシに組み込まれています。 表 3-88 に、影響を受ける MIB オブジェクトの値を示します。

 

表 3-88 Cisco ASR 1002 ルータ内の影響を受ける MIB オブジェクト

MIB オブジェクト
モジュール
entPhysicalContainedIn

RP モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

SIP モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

SPA モジュール 0/0

SIP モジュールの entPhysicalIndex。

entPhysicalIsFRU

RP モジュール

false(2)

SIP モジュール

false(2)

SPA モジュール 0/0

false(2)

entPhysicalSerialNum

SPA モジュール 0/0

シリアル番号なし

entPhysicalParentRelos

RP モジュール

0

ESP モジュール

0

SIP モジュール

0

Cisco ASR 1002-F ルータでは、RP モジュール、SIP モジュール、SPA モジュール 0/0、および FP または ESP モジュールはシャーシに組み込まれています。 表 3-89 に、影響を受ける MIB オブジェクトの値を示します。

 

表 3-89 Cisco ASR 1002-F ルータ内の影響を受ける MIB オブジェクト

MIB オブジェクト
モジュール
entPhysicalContainedIn

RP モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

ESP モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

SIP モジュール

シャーシの entPhysicalIndex。

SPA モジュール 0/0

SIP モジュールの entPhysicalIndex。

entPhysicalIsFRU

RP モジュール

false(2)

ESP モジュール

false(2)

SIP モジュール

false(2)

SPA モジュール 0/0

false(2)

entPhysicalSerialNum

SPA モジュール 0/0

シリアル番号なし。

entPhysicalParentRelos

RP モジュール

0

ESP モジュール

0

SIP モジュール

0


) プライマリおよびセカンダリ RP が実行中の場合は、スタンバイ usb フラッシュ、フラッシュ ディスク、およびハードディスクのエンティティは ENTITY-MIB に対して入力されません。



) cevModuleASR 1000 UnknownRP オブジェクトでは、子エンティティなしで RP モジュール エントリだけが入力されます。



) CEoP SPA では、entPhysicalFirmware オブジェクトは UFE の Field-Programmable Device(FPD)にマッピングされます。


ENTITY-SENSOR-MIB(RFC 3433)

ENTITY-SENSOR-MIB(RFC 3433)には、Entity-MIB で entPhysicalEntry と entPhysicalClass の値 sensor(8) によって表現される物理センサーを管理するオブジェクトが含まれます。ENTITY-SENSOR-MIB には、entPhySensorTable というテーブルが 1 つ含まれます。


) ASR1002-F では、RP、FP、および SIP はさまざまなセンサーをサポートします。これらのセンサーは、CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、ENTITY-SENSOR-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、ENTITY-SENSOR-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


ENTITY-STATE-MIB

ENTITY-STATE-MIB は、ENTITY-MIB によって提供される機能を拡張するオブジェクトを定義します。この MIB は、次の entPhysicalClass 値を持つエンティティをサポートします。

chassis

container(スロット コンテナ、SPA コンテナ、PS ベイ、およびトランシーバ コンテナ)

module(RP、FP、CC、SPA、およびトランシーバ)

powerSupply

fan


) ENTITY-STATE-MIB は、Cisco ASR 1001 シャーシでサポートされています。



) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、ENTITY-STATE-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、ENTITY-STATE-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。


MIB の制約

表 3-90 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって ENTITY-STATE-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-90 ENTITY-STATE-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
entStateAlarm

次の値が有効です。

critical

major

minor

warning

これらの値は、CISCO-ENTITY-ALARM-MIB のアラーム タイプを示します。

entStateAdmin

読み取り専用。


) 電源およびファン アラームは、電源入力モジュールまたは FanTray モジュールで生成されます。したがって、アラームは電源モジュールまたはファンに関連付けられた entStateAlarm では生成されません。



) RP、FP、CC、および SPA モジュールでは、モジュールが稼働している場合、entStateOper 属性は D_entStateOper_enabled に設定されます。また、entStateOper 属性は D_entStateOper_disabled に設定されます。


ETHER-WIS(RFC 3637)

ETHER-WIS(RFC 3637)MIB には、イーサネット WAN Interface Sublayer(WIS)のアプリケーション詳細を管理するオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-91 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって ETHER-WIS(RFC 3637)MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-91 ETHER-WIS(RFC 3637)MIB の制約

MIB オブジェクト
(注)
etherWisDeviceTable

サポートされていません。

etherWisSectionCurrentTable

サポートされていません。

etherWisFarEndPathCurrentTable

サポートされていません。


) WAN-PHY は、SONET/SDH の光および電気仕様に完全には準拠していません。



) SONET レイヤはイーサネット WIS ポート用にモデル化されていません。


ETHERLIKE-MIB(RFC 3635)

ETHERLIKE-MIB には、イーサネットに似たインターフェイスを管理するオブジェクトが含まれます。Cisco IOS Release 12.2(18) SXF および Cisco IOS Release 12.2(33) SRA は、MIB の RFC 2665 バージョンをサポートします。Cisco IOS Release 12.2(33) SRB は、MIB の RFC 3635 バージョンをサポートします。


) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、ETHERLIKE-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードでサポートされます。


MIB の制約

表 3-92 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって ETHERLIKE-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。表に記載されていないオブジェクトは MIB の定義に従って実装されます。

 

表 3-92 ETHERLIKE-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
dot3CollTable

実装されていません。

dot3ControlTable

実装されていません。

dot3Control

実装されていません。

dot3PauseAdminMode

読み取り専用。

EVENT-MIB(RFC 2981)

EVENT-MIB(RFC 2981)には、ネットワーク管理のためのイベント トリガーおよびアクションを定義するオブジェクトが含まれます。

EXPRESSION-MIB

EXPRESSION-MIB(RFC 2982)には、ネットワーク管理目的で MIB オブジェクトの式を定義するオブジェクトが含まれます。

FRAME-RELAY-DTE-MIB(RFC1315-MIB)

FRAME-RELAY-DTE-MIB(RFC1315-MIB)には、他の宛先とネイバーへの多数の仮想接続を持つネットワークへの単一の物理接続で構成された、フレーム リレー データ端末機器(DTE)インターフェイスを管理するオブジェクトが含まれます。MIB には、次の管理に使用されるオブジェクトがあります。

Data Link Connection Management Interface(DLCMI)

各フレーム リレー インターフェイスの仮想回線

フレーム リレー インターフェイスで検出されたエラー

MIB の制約

表 3-93 に、ルータによって RFC1315-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-93 FRAME-RELAY-DTE-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
frDlcmiTable

frDlcmiAddress

frDlcmiAddressLen

常に q922November 90(3) です(10 ビット DLCI を示す)。

常に two-octets(2) です。

frCircuitTable

frCircuitCommittedBurst

通常、モジュラ QoS CLI(MQC)の構文で入力された QoS 設定は、次の frCircuitTable オブジェクトには表示されません。

ただし、QoS が MQC によって設定され、次の条件が満たされると、これらの frCircuitTable オブジェクトに MQC によって入力された QoS 値が含まれます。

デフォルト クラスは、ポリシー マップでのみ設定されます。

出力ポリシーは、フレーム リレー(FR)相手先固定接続(PVC)に関連付けられます。

Cisco class-based-QoS(CBQ)拡張では、2 つの MQC アクション(police cir と shape)のみをサポートします。

police cir と shape アクションの両方が存在する場合、FR のトラフィック シェーピング QoS がポリシングより優先されます。

frCircuitExcessBurst

frCircuitThroughput

frCircuitState

frErrTable

サポートされていません。

HC-ALARM-MIB

HC-ALARM-MIB は、大容量アラームのリモート モニタリング MIB 拡張を定義します。

MIB テーブル

表 3-94 に、HC-ALARM-MIB のテーブルを示します。

 

表 3-94 HC-ALARM-MIB テーブル

MIB テーブル
説明
hcAlarmTable

大容量アラームの設定のエントリのリスト。

IEEE8023-LAG-MIB

IEEE8023-LAG-MIB は、IEEE Std 802.3ad を管理するためのリンク集約モジュールです。

IF-MIB(RFC 2863)

IF-MIB(RFC 2863)は、物理および論理インターフェイス(ネットワーク インターフェイス サブレイヤ)の属性を示します。ルータは、すべてのレイヤの MIB オブジェクト(ifIndex、ifDescr、ifType、ifSpeed、ifPhysAddress、ifAdminStatus、ifOperStatus、ifName、ifLastChange、ifLinkUpDownTrapEnable、ifHighSpeed、および ifConnectorPresent)の ifGeneralGroup をサポートします。

SNMP ベースのネットワーク管理アプリケーションで最も一般的に使用される ID の 1 つは、インターフェイス インデックス(ifIndex)値です。ifIndex は、物理または論理インターフェイスに関連する一意の識別番号です。

IF-MIB は SPA-1CHOC3-CE-ATM の回線エミュレーション(CEM)のみをサポートします。各コントローラでは、l1/l2 転送用に使用されるため、1 つの CEM インターフェイスだけがサポートされます。

複数のサブレイヤは SNMP の SPA-1CHOC3-CE-ATM ではサポートされません。したがって、デジタル信号レイヤ 1(DS1)、同期転送信号(STS)、および仮想トリビュタリ(VT)に対応するレイヤは、CE インターフェイス用にモデル化されていません。


) Cisco IOS Release 15.1(3)S から、IF-MIB は SPA-24CHT1-CE-ATM および SPA-2CHT3-CE-ATM でサポートされます。



) ifInDiscards、ifInErrors、ifInUnknownProtos、ifOutDiscards、および ifOutErrors IF-MIB オブジェクトは、ギガビット サブインターフェイスではサポートされません。



) Cisco IOS Release 15.3(1)S から、IF-MIB は Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカードおよび SPA-8XT3/E3 でサポートされます。



) Cisco ASR1000 の 40 G ネイティブ イーサネット ラインカード 2x10GE + 20x1GE は、合計 22 ポートをサポートします。インターフェイスの番号は、GE ポートでは 0 ~ 19、10GE ポートでは 20 ~ 21 の連続した数です。x = 0 ~ 19、y = 20 ~ 21 の場合、interface GigabitEthernet 0/0/x と TenGigabitEthernet 0/0/y を同時に設定できます。


MIB の制約

表 3-95 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって IF-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-95 IF-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
ifOutErrors

ATM サブインターフェイスではサポートされません。

ifPromiscuousMode

読み取り専用。

ifStackStatus

読み取り専用。


) RP と SE を接続するサービス エンジンの仮想ポートを定義するには、ifType の値を ethernetCsmacd に設定し、ifDescr の値を Service-Engine に設定します。SPA の物理ポートは、ルータによって制御されません。ルータは SPA の仮想ポートを制御します。このインターフェイスは、Service-Engine 1/1/0 コマンドを使用して指定し、ギガビット イーサネット インターフェイスとして機能します。したがって、このインターフェイスにはサブインターフェイスを設定できないため、ifStackTable は実装されません。



) SPA-1xCHSTM1/OC3 では、ifLastChange の値は VT レイヤに対して常に 0 です。


IGMP-STD-MIB(RFC 2933)

IGMP-STD-MIB(RFC 2933)は、インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)を管理します。

IP-FORWARD-MIB(RFC 4292)

IP-FORWARD-MIB(RFC 4292)には、クラスレス ドメイン間ルーティング(CIDR)マルチパス IP ルートの表示を制御するオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-96 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって IP-FORWARD-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-96 IP-FORWARD-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
inetCidrRouteTable

IPv6 に対してだけ実装されます。

IP-MIB(RFC 4293)

IP-MIB(RFC 4293)モジュールには、IP およびインターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)の実装を管理する(IP ルート管理を除く)オブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-97 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって IP-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-97 IP-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
ipDefaultRouterTable

IPv6 に対してだけ実装されます。

ipIfStatsTableLastChange

IPv6 に対してだけ実装されます。

ipIfStatsTable

IPv6 に対してだけ実装されます。

ipSystemStatsTable

IPv6 に対してだけ実装されます

ipv4InterfaceTableLastChange

実装されていません。

ipv4InterfaceTable

実装されていません。

ipAddressPrefixTable

IPv6 に対してだけ実装されます。

ipAddressTable

IPv6 に対してだけ実装されます。

ipNetToPhysicalTable

IPv6 に対してだけ実装されます。

icmpStatsTable

IPv6 に対してだけ実装されます。

icmpMsgStatsTable

IPv6 に対してだけ実装されます。

IPMROUTE-STD-MIB(RFC 2932)

IPMROUTE-STD-MIB(RFC 2932)には、使用中の特定のマルチキャスト ルーティング プロトコルに依存しない、IP マルチキャスト ルーティングを管理するオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-98 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって IPMROUTE-STD-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-98 IPMROUTE-STD-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
ipMRouteScopeNameTable

実装されていません。

ipMRouteEnable

読み取り専用。

ipMRouteInterfaceTtl

読み取り専用。

ipMRouteInterfaceRateLimit

読み取り専用。

MPLS-L3VPN-STD-MIB(RFC 4382)

MPLS-L3VPN-STD-MIB には、レイヤ 3 マルチプロトコル ラベル スイッチングのバーチャル プライベート ネットワークに対する管理対象オブジェクト定義が含まれます。この MIB は、RFC 4382 仕様に基づいています。

MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB(RFC 3815)

MPLS-LDP-GENERIC-STD-MIB(RFC 3815)には、レイヤ 2 メディアとしてイーサネットを使用するマルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)やラベル配布プロトコル(LDP)を設定およびモニタするための管理対象オブジェクト定義が含まれます。

MPLS-LDP-STD-MIB(RFC 3815)

MPLS-LDP-STD-MIB(RFC 3815)には、マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)およびラベル配布プロトコル(LDP)ドキュメントの管理対象オブジェクト定義が含まれます。

MPLS-LSR-STD-MIB(RFC 3813)

MPLS-LSR-STD-MIB(RFC 3031)には、マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS)ルータに対する管理対象オブジェクト定義が含まれます。

MPLS-TE-MIB

MPLS-TE-MIB を使用すると、MPLS トンネルのトラフィック エンジニアリングを Cisco ASR 1000 シリーズ ルータで実行できます。MIB は、IETF MPLS-TE-MIB のリビジョン 05 に基づいています。

MPLS トンネルのトラフィック エンジニアリング サポートには、次の設定が必要です。

適切な設定パラメータを指定して MPLS トンネルを設定します。

トンネルのルーズおよびストリクト ソースルート ホップを設定します。

MIB の制約

表 3-99 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって MPLS-TE-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-99 MPLS-TE-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
mplsTunnelIndexNext

読み取り専用。常に 0 です。

mplsTunnelTable

mplsTunnelName

読み取り専用。

mplsTunnelDescr

読み取り専用。

mplsTunnelIsif

読み取り専用。

mplsTunnelXCPointer

読み取り専用。

mplsTunnelSignallingProto

読み取り専用。

mplsTunnelSetupPrio

読み取り専用。常に 7 です。

mplsTunnelHoldingPrio

読み取り専用。常に 7 です。

mplsTunnelSessionAttributes

読み取り専用。

mplsTunnelOwner

読み取り専用。

mplsTunnelLocalProtectInUse

読み取り専用。常に false(2) です。

mplsTunnelResourcePointer

読み取り専用。

mplsTunnelInstancePriority

読み取り専用。常に 0 です。

mplsTunnelHopTableIndex

読み取り専用。

mplsTunnelIncludeAnyAffinity

読み取り専用。常に 0 です。

mplsTunnelIncludeAllAffinity

読み取り専用。

mplsTunnelExcludeAllAffinity

読み取り専用。

mplsTunnelPathInUse

読み取り専用。

mplsTunnelRole

読み取り専用。

mplsTunnelTotalUpTime

読み取り専用。

mplsTunnelInstanceUpTime

読み取り専用。常に 0 です。

mplsTunnelAdminStatus

読み取り専用。

mplsTunnelRowStatus

読み取り専用。常に readOnly(5) です。

mplsTunnelStorageType

読み取り専用。Volatile(2)。常に active です。

mplsTunnelHopListIndexNext

読み取り専用。常に 0 です。

mplsTunnelHopTable

mplsTunnelHopAddrType

読み取り専用。常に ipv 4(1) です。

mplsTunnelHopIpv4Addr

読み取り専用。

mplsTunnelHopIpv4PrefixLen

読み取り専用。常に 32 です。

mplsTunnelHopIpv6Addr

読み取り専用。ヌル。

mplsTunnelHopIpv6PrefixLen

読み取り専用。常に 0 です。

mplsTunnelHopAsNumber

読み取り専用。

mplsTunnelHopLspId

読み取り専用。

mplsTunnelHopType

読み取り専用。常に strict(1) です。

mplsTunnelHopRowStatus

読み取り専用。常に active(1) です。

mplsTunnelHopStorageType

読み取り専用。値は readOnly(5) です。

mplsTunnelResourceIndexNext

読み取り専用。常に 0 です。

mplsTunnelResourceTable

mplsTunnelResourceMaxRate

読み取り専用。

mplsTunnelResourceMeanRate

読み取り専用。

mplsTunnelResourceMaxBurstSize

読み取り専用。

mplsTunnelResourceRowStatus

読み取り専用。常に active(1) です。

mplsTunnelResourceStorageType

読み取り専用。値は readOnly(5) です。

 
(注)

 
mplsTunnelTable を使用すると、MPLS LSR とリモート エンドポイントとの間に新しい MPLS トンネルを作成したり、既存のトンネルを再設定または削除したりできます。Cisco ASR 1000 シリーズ ルータはポイントツーポイント トンネル セグメントをサポートしていますが、マルチポイントツーポイントおよびポイントツーマルチポイント接続は、相互接続として機能する LSR でサポートされます。各 MPLS トンネルには、LSR で開始される 1 つの発信セグメントおよびそのノードで終了する 1 つの着信セグメントが存在する場合があります。mplsTunnelTable は、MPLS トンネルのパフォーマンスを測定するために複数のカウンタを提供する mplsTunnelPerfTable により拡張されます。

mplsTunnelResourceTable は、トンネルに必要なリソースを示します。複数のトンネルは、このテーブルの同じエントリを指すことによって、同じリソースを共有できます。リソースを共有しないトンネルは、このテーブルの別々のエントリを指している必要があります。

mplsTunnelHopTable は、シグナリングを使用してホップを確立するときに mplsTunnelTable で定義されている MPLS トンネル用のストリクトまたはルーズ ホップを示します。複数のトンネルは、このテーブルの同じエントリを指すことによって、同じホップを共有します。各行には、このトンネルのネクスト ホップに対応するセカンダリ インデックス、mplsTunnelHopIndex もあります。スカラ mplsTunnelMaxHops は、この LSR でサポートされる各トンネルに指定できる最大ホップ数を示します。トンネルの設定後、mplsTunnelARHopTable は、MPLS シグナリング プロトコルから報告された、トンネルが通過する実際のホップを示します。

この MIB には 3 種類の通知があります。通知 mplsTunnelUp および mplsTunnelDown は、mplsTunnelOperStatus の値が up(1) または down(2) に遷移したことを示します。通知 mplsTunnelRerouted は、トンネルが再ルーティングされるか、最適化されたときに生成されます。

MPLS-VPN-MIB

MPLS-VPN-MIB:

マルチプロトコル ラベル スイッチング/ボーダー ゲートウェイ プロトコルのバーチャル プライベート ネットワークをモデル化するための管理対象オブジェクトを示します

ルータ上の各 VRF インスタンスのルートおよびルート ターゲットを設定してモニタします

MPLS インターフェイスの VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスのプロビジョニングを容易にします

MPLS/BGP VPN のパフォーマンスを測定します

MIB は、IETF MPLS-VPN-MIB のリビジョン 05 に基づいています。

MIB の制約

表 3-100 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって MPLS-VPN-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-100 MPLS-VPN-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
mplsNumVrfSecViolationThreshExceeded

実装されていません。

mplsVpnVrfSecTable

mplsVpnVrfSecIllegalLabelViolations

読み取り専用。常に 0 です。

mplsVpnVrfSecIllegalLabelRcvThresh

読み取り専用。常に 0 です。

mplsVpnVrfTable

mplsVpnVrfConfRowStatus

読み取り専用。

mplsVpnVrfConfStorageType

読み取り専用。Volatile(2)。

mplsVpnVrfConfMidRouteThreshold

読み取り専用。

mplsVpnVrfConfHighRouteThreshold

読み取り専用。

mplsVpnVrfConfMaxRoutes

読み取り専用。

mplsVpnVrfConfMaxPossibleRoutes

読み取り専用。常に 0 です。

mplsVpnVrfDescription

読み取り専用。

mplsVpnInterfaceVpnClassification

読み取り専用。

mplsVpnInterfaceConfTable

mplsVpnInterfaceConfStorageType

読み取り専用。Volatile(2)。

mplsVpnInterfaceConfRowStatus

読み取り専用。

値:active(1)、notInService(2)。

mplsVpnInterfaceLabelEdgeType

読み取り専用。providerEdge(1)。

mplsVpnVrfRouteTargetTable

mplsVpnVrfRouteTargetRowStatus

読み取り専用。値:active(1)、notInService(2)。

mplsVpnVrfBgpNbrAddrTable

mplsVpnVrfBgpNbrRowStatus

読み取り専用。値:active(1)、notInService(2)。

mplsVpnVrfBgpNbrRole

読み取り専用。providerEdge(1)。

mplsVpnVrfBgpNbrType

読み取り専用。

mplsVpnVrfBgpNbrAddr

読み取り専用。

mplsVpnVrfBgpNbrStorageType

読み取り専用。Volatile(2)。

mplsVpnVrfRouteTable

mplsVpnVrfRouteInfo

読み取り専用。値は nullOID です。

mplsVpnVrfRouteTarget

読み取り専用。このターゲットのルート識別子を決定します。

mplsVpnVrfRouteTargetDescr

ルート ターゲットの説明。現在、このオブジェクトは Cisco IOS リリースではサポートされません。このため、mplsVpnVrfRouteTarget と同じものになります。

mplsVpnVrfRouteDistinguisher

読み取り専用。

mplsVpnVrfRouteNextHopAS

読み取り専用。常に 0 です。

mplsVpnVrfRouteRowStatus

読み取り専用。このオブジェクトは通常 active(1) になりますが、VRF が最近削除された場合には notInService(2) になることもあります。

mplsVpnVrfRouteStorageType

読み取り専用。Volatile(2)。

mplsVpnVrfRouteDestAddrType

読み取り専用。

mplsVpnVrfRouteMaskAddrType

読み取り専用。

mplsVpnVrfRouteTos

読み取り専用。常に 0 です。

mplsVpnVrfRouteNextHop

読み取り専用。

mplsVpnVrfRouteNextHopAddrType

読み取り専用。

mplsVpnVrfRouteifIndex

読み取り専用。

mplsVpnVrfRouteType

読み取り専用。

mplsVpnVrfRouteProto

読み取り専用。

mplsVpnVrfBgpNbrPrefixTable

実装されていません。

 
(注)

 
mplsVpnVrfConfTable は、設定されているすべての MPLS/BGP VPN を表します。NMS は、この MPLS ドメインで動作するように設定された各 MPLS/BGP VPN に対してこのテーブルのエントリを設定します。mplsVPNInterfaceConfTable は、MPLS/BGP VPN 対応インターフェイスの特定の MPLS/BGP VPN 情報を提供するようにインターフェイス MIB を拡張します。mplsVPNPerfTable は、パフォーマンス情報を提供するように mplsVpnVrfConfTable を拡張します。

mplsVpnVrfRouteTable および mplsVpnRouteTargetTable は、それぞれ各 VRF インスタンスのルートおよびルート ターゲットの設定やモニタリングを容易にします。

MSDP-MIB

MSDP-MIB には、Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)をモニタするオブジェクトが含まれます。MIB は、SNMPv3 とともに使用して、リモートで MSDP スピーカーをモニタできます。

この MIB の詳細については、次の URL のフィーチャ モジュールの説明を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_1t/12_1t5/feature/guide/dt5msdp.html

NHRP-MIB

Cisco NHRP MIB は、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を介して Next Hop Resolution Protocol(NHRP)の管理やモニタを行ううえで有用な NHRP MIB をサポートするための機能です。NHRP MIB に指定されたオブジェクトを照会する標準ベースの SNMP 操作(GET 操作)により、統計情報の収集やモニタを行うことが可能です。NHRP MIB は VRF にも対応しており、VRF 対応クエリーをサポートしています。

この MIB の詳細については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/sec_secure_connectivity/configuration/guide/sec_dmvpn_nhrp_mib.html

MIB の制約

表 3-101 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって NHRP-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-101 NHRP-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
nhrpClientNbmaSubaddr

実装されていません。

nhrpClientNhsNbmaSubaddr

実装されていません。

nhrpServerNbmaSubaddr

実装されていません。

nhrpServerNhcNbmaSubaddr

実装されていません。

nhrpCachePreference

実装されていません。

nhrpClientDefaultMtu

実装されていません。

nhrpCacheNegotiatedMtu

実装されていません。

nhrpPurgePrefixLength

実装されていません。

nhrpCacheNbmaSubaddr

サポートされていません。

nhrpCacheType

atmarp(7)

サポートされていません。

scsp(8)

サポートされていません。

NOTIFICATION-LOG-MIB(RFC 3014)

NOTIFICATION-LOG-MIB には、SNMP 通知、つまり、トラップ タイプとインフォーム タイプの通知をロギングするためのオブジェクトが含まれます。

OLD-CISCO-CHASSIS-MIB

OLD-CISCO-CHASSIS-MIB は、Cisco IOS オペレーティング システムの古い実装を実行するデバイスのシャーシ オブジェクトを示します。シャーシ オブジェクトは現在 ENTITY-MIB に示されており、OLD-CISCO-CHASSIS-MIB は Cisco ASR 1000 シリーズ ルータではサポートされません。

OLD-CISCO-SYS-MIB

OLD-CISCO-SYS-MIB は、システム ブートストラップの説明および対応するバージョン ID を管理するオブジェクトを定義します。


) 現在、whyReload オブジェクトだけがこの MIB でサポートされます。


OSPF-MIB(RFC 1850)

OSPF-MIB(RFC 1850)には、OSPF バージョン 2 プロトコルを記述するオブジェクトが含まれます。RFC1253-MIB は、OSPF-MIB(Open Shortest Path First(OSPF)プロトコル)に対応しています。

OSPF-TRAP-MIB(RFC 1850)

OSPF-TRAP-MIB(RFC 1850)には、OSPF バージョン 2 プロトコルのトラップを記述するオブジェクトが含まれます。

PIM-MIB(RFC 2934)

PIM-MIB(RFC 2934)には、ルータの Protocol Independent Multicast(PIM)を設定および管理するオブジェクトが含まれます。MIB は、RFC 2934 から抽出されます。

MIB の制約

表 3-102 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって PIM-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-102 PIM-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
pimIpMRouteTable

実装されていません。

pimIpMRouteNextHopTable

実装されていません。

pimInterfaceTable

pimInterfaceMode

読み取り専用。

pimInterfaceHelloInterval

読み取り専用。

pimInterfaceStatus

読み取り専用。

pimInterfaceJoinPruneInterval

読み取り専用。

pimInterfaceCBSRPreference

読み取り専用。

pimJoinPruneInterval

読み取り専用。

pimCandidateRPTable

pimCandidateRPAdressd

読み取り専用。

pimCandidateRPRowStatus

読み取り専用。

pimComponentTable

pimComponentCRPHoldTime

読み取り専用。

pimComponentStatus

読み取り専用。

RFC1213-MIB

RFC1213-MIB は、TCP ベースのインターネットでネットワーク管理プロトコルとともに使用する管理情報ベースの 2 番目のバージョン(MIB-II)を定義します。この RFC1213-MIB には次のグループが含まれます。

システム

インターフェイス

at

ip

icmp

tcp

udp

igmp

transmission

snmp


) 詳細については、RFC-1213-MIB で指定された最新の RFC を参照してください。


RMON-MIB(RFC 1757)

RMON-MIB(RFC 1757)には、ネットワークのデバイスをリモートでモニタするオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

アラームおよびイベント グループだけが Cisco ASR 1000 シリーズ ルータでサポートされます。

RSVP-MIB

RSVP-MIB には、リソース予約プロトコル(RSVP)を管理するオブジェクトが含まれます。

MIB の制約

表 3-103 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって RSVP-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-103 RSVP-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
rsvpIfRefreshBlockadeMultiple

読み取り専用。

rsvpIfRefreshMultiple

読み取り専用。

rsvpIfTTL

読み取り専用。

rsvpIfRefreshInterval

読み取り専用。

rsvpIfRouteDelay

読み取り専用。

rsvpIfUdpRequired

読み取り専用。

SNMP-COMMUNITY-MIB(RFC 2576)

SNMP-COMMUNITY-MIB(RFC 2576)には、SNMPv1、SNMPv2c、および SNMPv3 の共存のサポートに役立つオブジェクトが含まれます。

SNMP-FRAMEWORK-MIB(RFC 2571)

SNMP-FRAMEWORK-MIB(RFC 2571)には、SNMP 管理アーキテクチャを記述するオブジェクトが含まれます。この MIB に制約はありません。

SNMP-MPD-MIB(RFC 2572)

SNMP-MPD-MIB(RFC 2572)には、Message Processing and Dispatching(MPD)のオブジェクトが含まれます。

SNMP-NOTIFICATION-MIB(RFC 2573)

SNMP-NOTIFICATION-MIB(RFC 2573)には、SNMPv3 通知の管理対象オブジェクトが含まれます。MIB は、特定のエンティティ(snmpNotifyFilterProfileTable および snmpNotifyFilterTable)によって生成された通知の数を制限する一連のフィルタも定義します。

snmpNotifyTable のオブジェクトは、SNMP-TARGET-MIB snmpTargetAddrTable のエンティティを選択し、これらのエンティティが受信する SNMP 通知のタイプを指定するために使用されます。

SNMP-PROXY-MIB(RFC 2573)

SNMP-PROXY-MIB(RFC 2573)には、SNMP エンティティによってプロキシ転送操作に使用されるパラメータをリモートで設定するための管理対象オブジェクトが含まれます。MIB には、管理ターゲット間でのメッセージの転送に使用する変換を定義する 1 つのテーブル snmpProxyTable が含まれます。

SNMP-TARGET-MIB(RFC 2573)

SNMP-TARGET-MIB(RFC 2573)には、エンティティによって SNMP 通知の生成に使用されるパラメータをリモートで設定するためのオブジェクトが含まれます。MIB は、SNMP 通知の送信先エンティティのアドレスを定義します。MIB には、これらのエンティティに送信された通知のフィルタリングに使用するタグ値のリストがあります(SNMP-NOTIFICATION-MIB を参照)。

SNMP-USM-MIB(RFC 2574)

SNMP-USM-MIB(RFC 2574)には、SNMP ユーザベース セキュリティ モデルを記述するオブジェクトが含まれます。

SNMPv2-MIB(RFC 1907)

SNMPv2-MIB(RFC 1907)には、SNMPv2 エンティティを管理するオブジェクトが含まれます。SNMPv2-MIB には、次の必須オブジェクト グループが含まれています。

SNMP グループ:SNMP エンティティの基本的な計測および制御を提供するオブジェクトの集合。

システム グループ:すべての管理対象システムに共通するオブジェクトの集合。

snmpSetGroup:複数の連携する SNMPv2 エンティティ(すべてがマネージャ ロールで動作)が SNMPv2 SET 操作の使用を調整できるようにするオブジェクトの集合。

snmpBasicNotificationsGroup:2 つの通知は coldStart および authenticationFailure で、その実装には SNMPv2 エンティティが必要です。

SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB(RFC 2575)

SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB(RFC 2575)には、SNMP のビューベース アクセス制御モデルを記述するオブジェクトが含まれます。


) SNMP-VIEW-BASED-ACM-MIB にアクセスするには、インターネット サブツリーの情報すべてを含むビューへのアクセス権を持つ SNMPv3 ユーザを作成する必要があります。次に例を示します。

Router(config)# snmp-server view abcview internet included
Router(config)# snmp-server group abcgroup v3 noauth read abcview write abcview notify abcview
Router(config)# snmp-server user abcuser abcgroup v3

SONET-MIB(RFC 2558)

SONET-MIB(RFC 2558)は、SONET インターフェイスに設定オブジェクトおよびパフォーマンス モニタリング オブジェクトの両方を提供します。


) ASR 1000 シリーズ ルータは、パス/回線/セクションの SES 計算に GR253 規格を使用します。したがって、sonetSESthresholdSet に対する SNMP クエリーは、ansi1993(3) を戻します。



) SONET-MIB は SPA-1X10GE-WL-V2 でサポートされませんが、表 3-20 に示す SONET アラームは、イーサネット WIS ポートでサポートされます。


MIB の制約

表 3-104 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータによって SONET-MIB のオブジェクトに課せられる制約を示します。

 

表 3-104 SONET-MIB の制約

MIB オブジェクト
注意
sonetPathCurrentTable

 

sonetPathCurrentWidth

読み取り専用。

sonetVTCurrentTable

実装されていません。

sonetVTIntervalTable

実装されていません。

sonetFarEndVTCurrentTable

実装されていません。

sonetFarEndVTIntervalTable

実装されていません。

SonetMediumTable

sonetMediumLineCoding

読み取り専用。

sonetMediumLineType

読み取り専用。

sonetMediumCircuitIdentifier

読み取り専用。

sonetMediumLoopbackConfig

読み取り専用。

sonetSESthresholdSet

読み取り専用。


) SONET パスが初期化され、アクティブ アラームがない場合、sonetPathCurrentStatus オブジェクトの値はゼロです。



) アラームがトリガーされ、クリアされると、sonetPathNoDefect オブジェクトの値は 1 になります。


TCP-MIB(RFC 4022)

TCP-MIB(RFC 4022)には、ルータ上の伝送制御プロトコル(TCP)の実装を管理するオブジェクトが含まれます。

TUNNEL-MIB(RFC 4087)

TUNNEL-MIB には、使用されているカプセル化方式に関係なく IP トンネルを管理するオブジェクトが含まれます。

UDP-MIB(RFC 4113)

UDP-MIB(RFC4113)には、ルータのユーザ データグラム プロトコル(UDP)を管理するオブジェクトが含まれます。制約はありません。