Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ MIB 仕様ガイド
QoS MIB の実装
QoS MIB の実装
発行日;2013/04/23 | 英語版ドキュメント(2012/07/25 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

QoS MIB の実装

CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB の実装

QoS MIB ポリシー アクションのサポート マトリクス

QoS MIB の実装

ここでは、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ラインカードに実装されている QoS ベースの機能およびこれらの QoS 機能をサポートする QoS MIB のテーブルやオブジェクトに関する情報を提供します。Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの FlexWAN および OSM ラインカード ファミリには、それぞれ別の QoS 実装があります。ラインカード ファミリ全体で QoS 機能が同等であるとは想定しないでください。QoS 設定には、PFC2(ポリシー フィーチャ カード)レベルで行われるものと、各ラインカードの Parallel eXpress Forwarding(PXF)プロセッサ レベルで行われるものがあります。

この付録では、次のトピックを扱います。

「CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB の実装」

「QoS MIB ポリシー アクションのサポート マトリクス」


) Cisco Quality of Service(QoS)の詳細情報、Cisco IOS QoS 機能、およびそれらを実装するテクノロジーについては、次の URL を参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/12_1/qos/configuration/guide/qcdintro.html


CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB の実装

ここでは、実装する CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB のオブジェクト、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ラインカードで使用可能な機能に関連するオブジェクト、および各 Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ラインカードでサポートされる QoS 機能について説明します。

表 B-1 に、ポリシー アクションの予測値を定義します。

 

表 B-1 QoS ポリシー アクション パラメータ

ポリシー アクション
定義
注意

Bandwidth

レート制限機能。ネットワーク信号に利用可能な最高周波数と最低周波数の差。帯域幅により、複数のキューに異なるトラフィック ストリームの間のリンク帯域幅が分割されます。

WRED をイネーブルにする前に設定する必要があります。

集約帯域幅レート制限は、インターフェイスまたはサブインターフェイス上で、パケットのすべてに一致します。詳細帯域幅レート制限は、precedence、MAC アドレス、またはその他のパラメータに基づく特定のタイプのトラフィックに一致します。

Priority

プライオリティ キューイングにより、遅延に影響されやすいトラフィックのパケット遅延のばらつきを最小限にするために、1 つのキューに最小保証帯域幅を割り当てることができます。

出力キュー内のフレームにパケット サイズやインターフェイス タイプなどのさまざまな特性に基づいてプライオリティが割り当てられるルーティング機能。

Shape

シェーパーは、通常、バッファ、またはキューイング メカニズムを使用し、過剰なトラフィックを遅延してパケットを保持し、データ レートが予想より高い場合にフローをシェーピングします。(たとえば、GTS はパケットを遅らせるために重み付け均等化キューを使用して、フローをシェーピングし、FRTS は同じ目的で設定に応じてプライオリティ キュー(PQ)、カスタム キュー(CQ)、またはファーストイン ファーストアウト(FIFO)キューを使用します)。

シェーパーはトラフィック記述子違反を識別します。

Police

ポリサーは、通常トラフィックをドロップします。(たとえば、CAR のレート制限ポリサーは、パケット ヘッダーのタイプ オブ サービス ビットをリセットして、パケットをドロップするか、IP precedence を書き換えます)。

ポリシングは、トラフィック フローによって消費される帯域幅を OSR で制限する処理です。ポリシングによって、トラフィックのマーキングまたは廃棄が可能になります。

Queue-limit

パラメータはキューで保持されるパケット数を指定します。これは、輻輳管理のデフォルトのパケット ドロップ方式で作用します。

シスコのキューイング技術。各キューをバイト カウントの観点から均等に処理できるようにして、ビット単位の均等性を実現するフロー ベース キューイング アルゴリズム。たとえば、キュー 1 に 100 バイトのパケット、キュー 2 に 50 バイトのパケットがある場合、WFQ アルゴリズムは、キュー 1 のパケットごとにキュー 2 から 2 つのパケットを取得します。これにより、サービスはキューごとに均等になります。つまり、キューが処理されるたびに 100 バイト処理されます。

WFQ では、キューに十分な帯域幅が確保され、トラフィックは予測どおりのサービスを受けます。低ボリューム トラフィック ストリームは、トラフィック受信増加サービスの大部分を構成し、高ボリューム ストリームと同じバイト数を送信します。この動作により、低ボリュームのトラフィックが優先的に処理され、実際に均等性が実現されます。

Fair-queue

トラフィック シェーピングは、キューに設定レートを超えるトラフィックを保存することで、トラフィックを円滑にします。パケットが送信用のインターフェイスに到達すると、結果は次のようになります。

キューが空の場合は、着信パケットは、トラフィック シェーパーによって処理されます。

可能であれば、トラフィック シェーパーはパケットを送信します。それ以外の場合、パケットはキューに入れられます。

キューが空ではない場合、パケットはキューに入れられます。

キューにパケットがある場合、トラフィック シェーパーはでキューから時間間隔ごとにキューから送信できるパケット数を削除します。

シスコのキューイング技術。各キューをバイト カウントの観点から均等に処理できるようにして、ビット単位の均等性を実現するフロー ベース キューイング アルゴリズム。たとえば、キュー 1 に 100 バイトのパケット、キュー 2 に 50 バイトのパケットがある場合、WFQ アルゴリズムは、キュー 1 のパケットごとにキュー 2 から 2 つのパケットを取得します。これにより、サービスはキューごとに均等になります。つまり、キューが処理されるたびに 100 バイト処理されます。

WRED:
重み付けランダム早期検出

この処理は、IP precedence の設定の輻輳中にランダムにパケットを廃棄するアクション。

優先順位は 0 ~ 7 の値で、ゼロは低プライオリティ トラフィック、7 は高プライオリティ トラフィックを表します。

Set(優先順位)

パケット ヘッダーの IP precedence(QoS)ビットが書き換えられます。その後、パケットが送信されます。このアクションは、パケットの色付け(優先順位の設定)または色の付け直し(既存のパケットの優先順位の変更)に使用できます。

--


) 輻輳管理ツールには、プライオリティ キューイング(PQ)、カスタム キューイング(CQ)、重み付け均等化キューイング(WFQ)、クラスベース均等化キューイング(CBWFQ)が含まれます。



) ポリシングとシェーピングはトラフィック規制メカニズムです。

シェーピングは、フローの最大の帯域幅の可能性を制限するトラフィック フローを作成するために使用されます。これは概要で示されたオーバーフロー問題を防ぐために何度でも使用されます。たとえば、多くのネットワーク トポロジは、ハブ アンド スポーク設計でフレーム リレーを使用します。この場合、中央サイトには通常高帯域幅リンク(T1 など)がありますが、それに比べてリモート サイトには低帯域幅リンク(384 Kbps など)があります。この場合、中央サイトからのトラフィックで反対側の低帯域幅リンクがオーバーフローする可能性があります。シェーピングは、リモート リンクのオーバーフローを回避するために、トラフィックを 384 Kbps 近くにペーシングするのに適した方法です。設定レートを超えるトラフィックは、送信が後で設定されたレートを維持できるようにバッファされます。

ポリシングはシェーピングに似ていますが、1 つの重要な点で異なります。つまり、設定したレートを超えるトラフィックはバッファされません(通常は廃棄されます)。


QoS MIB ポリシー アクションのサポート マトリクス

この項の表は、実装される CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB のオブジェクトおよび Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ ラインカードで使用できるさまざまな機能に関連するオブジェクトを示します。表は、次の Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ プラットフォームのオブジェクトに分けられています。

サポート済み、実装済み、および装備済み(MIB で定義されているとおりに動作): 表 B-3

サポートされていないか、サポートに制限がある: 表 B-4

表 B-2 に、 表 B-3 および 表 B-4 のオブジェクトによって戻される値の定義を示します。ポリシー アクションは戻り値に依存します。

 

表 B-2 QoS テーブルの戻り値

定義
ID

有効なデータを戻します。

値は V です。

無効なデータを戻します。

値は I です。オブジェクトは、このプラットフォームではサポートされていません。

インスタンス化されません(このオブジェクトの値はインスタンス化されません(戻されません))。

値は、ダッシュ( - )です。

表 B-3 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ プラットフォームでサポートされ、実装されている QoS MIB テーブル オブジェクトおよびこれらのオブジェクトがサポートする QoS ポリシー アクションを示します。

 

表 B-3 サポートされている QoS MIB オブジェクト

MIB テーブルおよびオブジェクト
ポリシー アクション
Band-
width
Priority
Shape
Police
Queue Limit
Fair
Queue
WRED
Set
注意

cbQosCMStatsTable

EARL 6(Sup2)はパケット カウンタのみをサポートし、EARL 7(Sup3)はバイト カウンタのみをサポートします。

cbQosCMPrePolicyPkt
Overflow

V

V

V

V

V

V

V

V

V(有効な)値がリストされているオブジェクトはサポートされ、有効なデータを戻します。

cbQosCMPrePolicyPkt

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPrePolicyPkt64

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPrePolicyByte
Overflow

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPrePolicyByte

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPrePolicyByte64

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPrePolicyBitRate

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPostPolicyByte
Overflow

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPostPolicyByte

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPostPolicy
Byte64

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMPostPolicyBit
Rate

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMDropPkt
Overflow

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMDropPkt

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMDropPkt64

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMDropByte
Overflow

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMDropByte

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMDropByte64

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMDropBitRate

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosMatchStmtStatsTable

EARL 6(Sup2)はパケット カウンタのみをサポートし、EARL 7(Sup3)はバイト カウンタのみをサポートします。

cbQosMatchPrePolicyPkt
Overflow

I

I

I

V

I

I

I

I

I(無効な)値がリストされているオブジェクトはサポートされますが、ポリシング アクションを除くすべてのアクションでは無効なデータを戻します(戻りデータは有効です)。

cbQosMatchPrePolicyPkt

I

I

I

V

I

I

I

I

cbQosMatchPrePolicy
Pkt64

I

I

I

V

I

I

I

I

cbQosMatchPrePolicyByte
Overflow

I

I

I

V

I

I

I

I

cbQosMatchPrePolicyByte

I

I

I

V

I

I

I

I

cbQosMatchPrePolicyBit
Rate

I

I

I

V

I

I

I

I

cbQosMatchPrePolicy
Byte64

I

I

I

V

I

I

I

I

cbQosPoliceStatsTable

EARL 6(Sup2)はパケット カウンタのみをサポートし、EARL 7(Sup3)はバイト カウンタのみをサポートします。

cbQosPoliceConformed
PktOverflow

-

-

-

V

-

-

-

-

リストされているオブジェクトはサポートされますが、ポリシング アクションでは V(有効な)データのみを戻します。

cbQosPoliceConformedPkt

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceConformed
Pkt64

-

-

-

V

-

-

-

-

リストされているオブジェクトはサポートされますが、ポリシング アクションでは V(有効な)データのみを戻します。

cbQosPoliceConformed
ByteOverflow

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceConformed
Byte

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceConformed
Byte64

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceConformed
BitRate

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceExceededPkt
Overflow

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceExceededPkt

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceExceeded
Pkt64

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceExceeded
ByteOverflow

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceExceededByte

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceExceeded
Byte64

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceExceeded
BitRate

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosQueueingCfgTable

cbQosQueueingCfgFlowEnabled

-

-

-

-

-

V

-

-

サポートされていません。常に false(2) です。

cbQosQueueingCfgIndividualQSize

-

-

-

-

-

-

-

-

サポートされていません。常に 0 です。

cbQosQueueingCfgDynamicQNumber

-

-

-

-

-

-

-

-

サポートされていません。常に 0 です。

cbQosQueueingStatsTable

cbQosQueueingCurrent
QDepth

V

V

-

-

V

V

-

-

リストされているオブジェクトはサポートされますが、Bandwidth、Priority、Queue Limit、および Fair Queue でのみ有効なデータを戻します。

cbQosQueueingMax
QDepth

V

V

-

-

V

V

-

-

cbQosQueueingDiscard
ByteOverflow

V

V

-

-

V

V

-

-

cbQosQueueingDiscard
Byte

V

V

-

-

V

V

-

-

cbQosQueueingDiscard
Byte64

V

V

-

-

V

V

-

-

cbQosQueueingDiscard
PktOverflow

V

V

-

-

V

V

-

-

cbQosQueueingDiscardPkt

V

V

-

-

V

V

-

-

cbQosQueueingDiscard
Pkt64

V

V

-

-

V

V

-

-

cbQosTSStatsTable

リストされているオブジェクトはサポートされますが、Shape、Queue Limit、Fair Queue、および WRED でのみ有効なデータを戻します。

cbQosTSStatsDropByte
Overflow

-

-

V

-

V

V

V

-

cbQosTSStatsDropByte

-

-

V

-

V

V

V

-

cbQosTSStatsDropByte64

-

-

V

-

V

V

V

-

cbQosTSStatsDropPkt
Overflow

-

-

V

-

V

V

V

-

cbQosTSStatsDropPkt

-

-

V

-

V

V

V

-

cbQosTSStatsDropPkt64

-

-

V

-

V

V

V

-

cbQosTSStatsCurrentQSize

-

-

V

-

V

V

V

-

cbQosREDClassStatsTable

CLI がランダムおよび末尾のカウンタの値を表示していても、シェーピング用にはインスタンス化されません。

cbQosREDRandomDrop
PktOverflow

-

-

-

-

-

-

V

-

これらのオブジェクトはサポートされますが、WRED アクションでのみ有効なデータを戻します。

cbQosREDRandomDropPkt

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDRandomDrop
Pkt64

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDRandom
DropByteOverflow

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDRandomDrop
Byte

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDRandomDrop
Byte64

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTailDropPkt
Overflow

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTailDropPkt

-

-

-

-

-

-

V

-

これらのオブジェクトはサポートされますが、WRED アクションでのみ有効なデータを戻します。

cbQosREDTailDropPkt64

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTailDropByte
Overflow

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTailDropByte

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTailDrop
Byte64

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTransmitPkt
Overflow

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTransmitPkt

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTransmitPkt64

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTransmitByte
Overflow

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTransmitByte

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDTransmitByte64

-

-

-

-

-

-

V

-

表 B-4 に、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ プラットフォームでサポートされていないか、または限定的にサポートされている QoS MIB テーブル オブジェクトおよびこれらのオブジェクトがサポートする QoS ポリシー アクションを示します。

 

表 B-4 QoS MIB オブジェクト:サポート対象外、または限定的サポート

MIB テーブルおよびオブジェクト
ポリシー アクション
Band-
width
Priority
Shape
Police
Queue Limit
Fair
Queue
WRED
Set
注意

cbQosCMStatsTable

記載されたオブジェクトはサポートされませんが、常にゼロ(0)である有効なデータを戻します。

cbQosCMNoBufDropPkt
Overflow

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMNoBufDropPkt

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosCMNoBufDrop
Pkt64

V

V

V

V

V

V

V

V

cbQosPoliceStatsTable

記載されたオブジェクトはサポートされませんが、ポリシー アクションで常にゼロ(0)である有効なデータを戻します。

cbQosPoliceViolatedPkt
Overflow

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceViolatedPkt

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceViolatedPkt64

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceViolated
ByteOverflow

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceViolatedByte

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceViolated
Byte64

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosPoliceViolated
BitRate

-

-

-

V

-

-

-

-

cbQosTSStatsTable

記載されたオブジェクトはサポートされませんが、Shape、Queue Limit、Fair Queue、および WRED では常にゼロ(0)である有効なデータを戻します。

cbQosTSStatsDelayed
ByteOverflow

-

-

V

V

V

V

-

cbQosTSStatsDelayedByte

-

-

V

V

V

V

-

cbQosTSStatsDelayed
Byte64

-

-

V

V

V

V

-

cbQosTSStatsDelayed
PktOverflow

-

-

V

V

V

V

-

cbQosTSStatsDelayedPkt

-

-

V

V

V

V

-

cbQosTSStatsDelayed
Pkt64

-

-

V

V

V

V

-

cbQosTSStatsActive

-

-

I

I

I

I

-

このオブジェクトはサポートされず、truthValue タイプについて常にゼロ(0)である無効なデータを戻します。

cbQosREDClassStatsTable

ダッシュ(-)が記載されたオブジェクトはサポートされません。

cbQosREDECNMarkPkt
Overflow

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosREDECNMarkPkt

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosREDECNMarkPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosREDECNMarkByte
Overflow

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosREDECNMarkByte

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosREDECNMarkByte64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosREDMeanQSizeUnits

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosREDMeanQSize

-

-

-

-

-

-

V

-

cbQosSetStatsTable

ダッシュ(-)が記載されたオブジェクトはサポートされません。

cbQosSetDscpPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetPrecedencePkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetQosGroupPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetFrDePkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetAtmClpPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetL2CosPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetMplsExpImposition
Pkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetDiscardClassPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetMplsExpTopMost
Pkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetSrpPriorityPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetFrFecnBecnPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetDscpTunnelPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosSetPrecedenceTunnel
Pkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceColorStatsTable

ダッシュ(-)が記載されたオブジェクトはサポートされません。

cbQosPoliceCfmColorCfm
Pkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceCfmColorCfm
Byte64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceCfmColorExd
Pkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceCfmColorExd
Byte64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceCfmColorVlt
Pkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceCfmColorVlt
Byte64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceExdColorExd
Pkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceExdColorExd
Byte64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceExdColorVltPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceExdColorVlt
Byte64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceVltColorVltPkt64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceVltColorVlt
Byte64

-

-

-

-

-

-

-

-

cbQosPoliceCfgTable

cbQosPoliceCfgConformColor

未実装

cbQosPoliceCfgExceedColor

未実装