Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービ ス ルータ オペレーションおよびメンテナンス ガイド
自動シャットダウン
自動シャットダウン
発行日;2012/02/04 | 英語版ドキュメント(2011/06/08 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

自動シャットダウン

自動ルータ シャットダウン

ルータまたは電源の内部温度が温度のしきい値を超えている

AC 電源または DC 電源の電圧が許容範囲外

電源が取り外されている

自動電源シャットダウン

詳細情報

自動シャットダウン

特定の状況において、Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータまたはいずれかの電源は、自動シャットダウンを実行できます。

この章の内容は次のとおりです。

「自動ルータ シャットダウン」

「自動電源シャットダウン」

「詳細情報」

自動ルータ シャットダウン

システムのコンポーネントに物理的な損傷を及ぼす可能性のある状況を検出すると、ルータはオペレータの介入なしでシャットダウンできます。ルータが自動的にシャットダウンすると、システム コントローラはすべての内部コンポーネントに対する DC 電源をディセーブルにします。すべての DC 電源は、電源スイッチを切り替えるまでディセーブルのままです。

自動ルータ シャットダウンのデフォルトはオフです。自動ルータ シャットダウンを使用可能にするには、 facility-alarm critical exceed-action shutdown コマンドをイネーブルにする必要があります。 facility-alarm critical exceed-action shutdown コマンドがイネーブルになると、ルータは次の状況において自動シャットダウンを実行します。

「ルータまたは電源の内部温度が温度のしきい値を超えている」

「AC 電源または DC 電源の電圧が許容範囲外」

「電源が取り外されている」

ルータまたは電源の内部温度が温度のしきい値を超えている

次のいずれかの状況が発生した場合、温度のしきい値を超えます。

ルータの内部温度(アクティブな Cisco ASR 1000 シリーズ ルート プロセッサの周辺空気温度)が 100°C を超えている。

AC 電源の内部温度が 100°C を超えている。

DC 電源の内部温度が 100°C を超えている。


) 温度のしきい値は設定または変更できません。


AC 電源または DC 電源の電圧が許容範囲外

電源の電圧は一定範囲(許容範囲内)になければなりません。電圧が次の範囲から外れると、電源は許容範囲外になります。

AC 入力の範囲:85 VAC ~ 264 VAC

DC 入力の範囲: -40.5 VDC ~ -72 VDC


) 電圧の許容範囲は設定または変更できません。


電源が取り外されている

十分に冷却するために、2 つの電源は常時シャーシに取り付けておく必要があります。システム ファンは電源ユニットの内部にあり、冷却のために回転させておく必要があります。すべてのシステム ファンは 1 つの電源から電力を得られるため、2 番目の電源ユニットをオンにする必要はありませんが、取り付けておく必要があります。

一方の電源を取り外した場合、1 つの電源だけで稼動できる時間は最長で 5 分です。ルータはシャットダウンするまで 5 分間待ちます。この 5 分の間に、障害が発生した電源を交換できます。


注意 電源を取り外した場合、システムがシャットダウンせずに稼動できる時間は最長で 5 分です。ファンと電源要素は、電源内では独立しています。そのため、交換電源への電力供給を 5 分以内に行う必要はありません。必要なことは、電源をシャーシに取り付け、ファンに電力を供給して、適切なシステム冷却を維持することだけです。

自動電源シャットダウン

自動電源シャットダウンは、ルータのシャットダウンとは別に発生します。電源の内部温度が 100° C を超えると、電源は即座にシャットダウンします。facility-alarm critical exceed-action shutdown コマンドをイネーブルにする必要はありません。

各電源のフェイル セーフは、他の電源やルータとは別です。電源のファンは、2 番目の Power Entry Module(PEM; 電源入力モジュール)がシステムに電力を供給している限り動作を続けます。

詳細情報

この章で説明したトピックの詳細については、次のマニュアルを参照してください。

トピック
マニュアル

コマンドの説明

『Cisco IOS Master Command List, All Releases』

Command Lookup Tool( Cisco.com のユーザ ID とパスワードが必要)

環境モニタリングおよびレポート

Cisco ASR 1000 Series Aggregation Services Routers Hardware Installation and Initial Configuration Guide 』の「Cisco ASR 1000 Series Routers Hardware Overview」の章にある「Environmental Monitoring and Reporting」セクション