Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ ハードウェア インストレーション ガイド
Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの仕様
Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの仕様
発行日;2014/05/27 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 37MB) | フィードバック

目次

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの仕様

Cisco ASR 1006 ルータの仕様

Cisco ASR 1006 ルータのメモリおよびストレージのオプション

Cisco ASR 1006 ルータのイーサネット RJ-45 ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1006 ルータのイーサネット MGMT ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1006 ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1006 ルータのコンソール ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1006 ルータの補助ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1006 ルータのアラーム リレー用 DB-25 ピン割り当て

Cisco ASR 1004 ルータの仕様

Cisco ASR 1004 ルータのメモリおよびストレージのオプション

Cisco ASR 1004 ルータのイーサネット RJ-45 ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1004 ルータの MGMT イーサネット ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1004 ルータのコンソール ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1004 ルータの補助ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1004 ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1004 ルータのアラーム リレー用 DB-25 ピン割り当て

Cisco ASR 1002 ルータ、Cisco ASR 1002-F ルータ、および Cisco ASR 1002-X ルータの仕様

Cisco ASR 1002 ルータの MGMT イーサネット RJ-45 ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1002 ルータのコンソール ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1002 ルータの補助ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1002 ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1002-X ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1002-X ルータの BNC GPS ポート

Cisco ASR 1002-X ルータの時刻ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1013 ルータの仕様

Cisco ASR 1013 ルータのメモリおよびストレージのオプション

Cisco ASR 1013 ルータのイーサネット RJ-45 ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1013 ルータの MGMT イーサネット ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1013 ルータのコンソール ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1013 ルータの補助ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1013 ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

Cisco ASR 1013 ルータのアラーム リレー用 DB-25 ピン割り当て

Cisco ASR 1001 ルータの仕様

Cisco ASR 1001 ルータのメモリおよびストレージのオプション

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの仕様

ここでは、Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの仕様、および付属するケーブル アセンブリとそれらケーブルのピン割り当てについて説明します。

この付録の内容は、次のとおりです。

「Cisco ASR 1006 ルータの仕様」

「Cisco ASR 1004 ルータの仕様」

「Cisco ASR 1002 ルータ、Cisco ASR 1002-F ルータ、および Cisco ASR 1002-X ルータの仕様」

「Cisco ASR 1013 ルータの仕様」

「Cisco ASR 1001 ルータの仕様」

Cisco ASR 1006 ルータの仕様

ここでは、Cisco ASR 1006 ルータの仕様を示します。

表 A-1 に Cisco ASR 1006 ルータの物理仕様を示します。

 

表 A-1 Cisco ASR 1006 ルータの仕様

説明
仕様

ミッドプレーン

システムで Cisco ASR 1000 シリーズ RP1、Cisco ASR 1000 シリーズ ESP、Cisco ASR 1000 シリーズ SPA インターフェイス(SIP)、SPA および電源モジュールを接続

サイズ(高さ x 幅 x 奥行)

高さ = 10.5 インチ (25.4 cm)

幅 = 17.25 インチ(43.815 cm)

奥行 = 22.50 インチ (57.15 cm)

重量

フル装備シャーシ:109.1 ポンド(49.5 kg)

シャーシのみ:25 ポンド(11.33 kg)

(注) Cisco ASR1000-ESP40 の代わりに Cisco ASR1000-ESP100 を使用する場合は、ルータの合計重量に 2.1 ポンドを加算します。

 

公称動作温度

41 ~ 104 °F

5 ~ 40 °C

公称動作湿度

10 ~ 85%

保管温度

-38 ~ 150 °F

-40 ~ 70 °C

消費電力

最大 DC:1700W

最大 AC:1600W

最大(出力):1275W

Cisco ASR 1006 ルータのメモリおよびストレージのオプション

表 A-2 に、Cisco ASR 1006 ルータでサポートされているハードウェア メモリおよびストレージのオプションを示します。

 

表 A-2 Cisco ASR 1006 ルータのメモリおよびストレージのオプション

メモリのタイプ
デフォルト
システムでサポートする最大値

RP1

2 GB DRAM

4 GB DRAM

eUSB

1 GB(パーティション:2 × 32MB を NVRAM、残りをマス ストレージに割り当て)

コード ストレージ用としてハードディスク ドライブ 40 GB、またはソリッドステート ドライブ 32 GB のサポート

Cisco ASR 1006 ルータのイーサネット RJ-45 ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1006 ルータには 10/100/1000 イーサネット接続用の RJ-45 ポートがあります。RJ-45 ポートは、10BASET、100BASETX、および 1000BASETX 仕様に準拠する IEEE 802.3ab(ギガビット イーサネット)および IEEE 802.3u(ファスト イーサネット)インターフェイスをサポートします。

RJ-45 ポートには、RJ-45 コネクタの付いたカテゴリ 5 UTP の標準ストレート ケーブルおよびクロス ケーブルを使用できます。シスコではカテゴリ 5 UTP ケーブルを販売していません。市販のケーブルを使用してください。

図 A-1 に、RJ-45 ポートとコネクタを示します。

図 A-1 Cisco ASR 1006 ルータの RJ-45 ポートおよびコネクタ

 

1

RJ-45 コネクタ

--

--

Cisco ASR 1006 ルータのイーサネット MGMT ポートのピン割り当て

表 A-3 に、前面パネルにある管理イーサネット ポート用 RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-3 RJ-45 管理イーサネット ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

TX Data+

Out

送信データ

2

TX Data-

Out

送信データ

3

RX Data+

In

受信データ

4、5

NC

--

--

6

RX Data-

In

受信データ

7、8

NC

--

--

Cisco ASR 1006 ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

表 A-4 に、Cisco ASR 1006 ルータの Building Integrated Timing Supply(BITS)RJ45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-4 Cisco ASR1000-RP1 の BITS RJ-45 レセプタクルのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

RX Ring

入力

受信リング

2

RX

入力

受信(T1/E1)

3、4

未接続

--

--

5

TX Ring

未使用

--

6

TX

未使用

--

7、8

未接続

--

--

表 A-5 に、Cisco ASR1000-RP2 の前面パネルにある Building Integrated Timing Supply(BITS)および DOCSIS Timing Interface(DTI)の RJ45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-5 Cisco ASR1000-RP2 の BITS RJ-45 レセプタクルのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

RX Ring

入力/双方向(DTI)

受信リング/双方向 DTI

2

RX TIP

入力/双方向(DTI)

受信 TIP(T1/E1)双方向 DTI

3、4

未接続

--

--

5

TX Ring

出力

送信リング/双方向 DTI

6

TX

出力

送信 TIP(T1/E1)双方向 DTI

7、8

未接続

--

--

Cisco ASR 1006 ルータのコンソール ポートの信号とピン割り当て

表 A-6 に、前面パネルのコンソール ポートおよび補助ポートのデュアル RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

表 A-6 Cisco ASR 1006 ルータのコンソール ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明
1

RTS

Out

送信要求(ピン 8 に接続、CTS)

2

DTR

Out

データ端末動作可能(常にオン)

3

TXD

Out

送信データ

4

GND

--

リング インジケータ

5

GND

--

--

6

RXD

In

受信データ

7

DSR

In

データ端末レディ

8

CTS

In

送信可(ピン 1 に接続、RTS)

Cisco ASR 1006 ルータの補助ポートの信号とピン割り当て

表 A-7 に、補助ポート信号用のデュアル RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-7 Cisco ASR 1006 ルータの補助ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明
1

RTS

Out

送信要求

2

DTR

Out

データ端末動作可能(常にオン)

3

TXD

Out

送信データ

4

RI

--

リング インジケータ

5

GND

--

--

6

RXD

In

受信データ

7

DSR/DCD

In

データ セット レディ/データ キャリア検知

8

CTS

In

送信可

Cisco ASR 1006 ルータのアラーム リレー用 DB-25 ピン割り当て

Cisco ASR 1006 ルータ(Cisco ASR 1004 および Cisco ASR 1013 ルータ)の電源モジュールのアラーム ポートは、電源モジュール前面パネルの DB-25 コネクタにあります。このアラーム ポートは、IOS 環境ソフトウェアで制御するリレー接点クロージャです。システムの環境モニタリング機能では、ルータに取り付けたコンポーネントの電圧と温度のモニタリングおよび電源モジュールのファン トレイの障害検知を扱うことができます。

Cisco ASR1000-RP1 の前面パネルにある LED が点灯するようなアラームが発生すると、両方の電源モジュールにある DB-25 アラーム ポートで該当するピン間の接点が閉じます。DB-25 コネクタでは、コモン ピン、通常は開いているピン、および通常は閉じているピンの 3 種類のピンでアラームを形成します。アラームの動作を規定する接続は、アラーム オフ(通常は閉じているピンにコモン ピンが接続され、通常は開いているピンが開放)およびアラーム オン(通常は開いているピンにコモン ピンが接続され、通常は閉じているピンが開放)です。

表 A-8 に、外部モニタリング機能からアクセスできるリレーのコモン接点、通常は開いている接点、および通常は閉じている接点を、DB-25 コネクタのピン番号で示します。

 

表 A-8 Cisco ASR 1006 ルータの DB-25 アラーム コネクタのピン割り当て

信号
説明
Common
(CM)
通常は開いている接点(NO)
通常は閉じている接点(NC)
SPARE

CRTAA

クリティカル可聴アラーム

2

1

14

--

MAJAA

メジャー可聴アラーム

16

3

15

--

MINAA

マイナー可聴アラーム

5

4

17

--

CRTVA

クリティカル可視アラーム

19

6

18

--

MAJVA

メジャー可視アラーム

8

7

--

MINVA

マイナー可視アラーム

22

9

21

--

SPARE

SPARE:将来の使用のために確保されている未使用ピン

--

--

--

10、11、12、13、23、24、25

Cisco ASR 1004 ルータの仕様

ここでは、Cisco ASR 1004 ルータの仕様を示します。

表 A-9 に Cisco ASR 1004 ルータの物理仕様を示します。

 

表 A-9 Cisco ASR 1004 ルータの仕様

説明
仕様

ミッドプレーン

システムで Cisco ASR 1000 シリーズ RP1、ASR 1000 シリーズ ESP、Cisco ASR 1000 シリーズ SPA インターフェイス(SIP)、SPA および電源モジュールを接続

サイズ(高さ x 幅 x 奥行)

高さ = 7 インチ (17.8 cm)(EIA RS-310 に基づく 4RU ラックマウント)

幅 = 17.25 インチ (43.815 cm)(19 インチ ラックマウントまたは任意の 23 Telco ラック マウント)

奥行 = 22.50 インチ (57.15 cm)(カード ハンドル、ケーブル管理ブラケット、および電源モジュール ハンドルを含む)

重量

フル装備シャーシ:50 ポンド(22.6796 kg)

シャーシのみ:18 ポンド(8.16 kg)

公称動作温度

41 ~ 104 °F

5 ~ 40 °C

公称動作湿度

10 ~ 85%

保管温度

-38 ~ 150 °F

-40 ~ 70 °C

消費電力

最大 DC:1020W

最大 AC:960W

最大(出力):765W

Cisco ASR 1004 ルータのメモリおよびストレージのオプション

表 A-10 に、Cisco ASR 1004 ルータでサポートされているハードウェア メモリおよびストレージのオプションを示します。

 

表 A-10 Cisco ASR 1004 ルータのメモリおよびストレージのオプション

メモリのタイプ
デフォルト
システムでサポートする最大値

RP1

2 GB DRAM

4 GB DRAM

eUSB

1 GB(パーティション:2 × 32MB を NVRAM、残りをマス ストレージに割り当て)

マス ストレージ:ハードディスク ドライブ 40 GB またはソリッドステート ドライブ 32 GB のサポート

Cisco ASR 1004 ルータのイーサネット RJ-45 ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1004 ルータには 10/100/1000 イーサネット接続用の RJ-45 ポートがあります。RJ-45 ポートは、10BASET、100BASETX、および 1000BASETX 仕様に準拠する IEEE 802.3ab(ギガビット イーサネット)および IEEE 802.3u(ファスト イーサネット)インターフェイスをサポートします。

RJ-45 ポートには、RJ-45 コネクタの付いたカテゴリ 5 UTP の標準ストレート ケーブルおよびクロス ケーブルを使用できます。シスコではカテゴリ 5 UTP ケーブルを販売していません。市販のケーブルを使用してください。図 A-1 に RJ-45 ポートとコネクタを示します。

Cisco ASR 1004 ルータの MGMT イーサネット ポートの信号とピン割り当て

表 A-11 に、前面パネルにある管理イーサネット ポート用 RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-11 Cisco ASR 1004 ルータの RJ-45 管理イーサネット ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

TX Data+

出力

送信データ

2

TX Data-

出力

送信データ

3

RX Data+

入力

受信データ

4、5

NC

--

--

6

RX Data-

入力

受信データ

7、8

NC

--

--

Cisco ASR 1004 ルータのコンソール ポートの信号とピン割り当て

表 A-12 に、前面パネルのコンソール ポートおよび補助ポートのデュアル RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

表 A-12 Cisco ASR 1004 ルータのコンソール ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明
1

RTS

出力

送信要求(直接 CTS に接続)

2

DTR

出力

データ端末動作可能(常にオン)

3

TXD

出力

送信データ

4

GND

--

リング インジケータ

5

GND

--

--

6

RXD

入力

受信データ

7

DSR

入力

未使用

8

CTS

入力

送信可(RTS に接続)

Cisco ASR 1004 ルータの補助ポートの信号とピン割り当て

表 A-13 に、補助ポート信号用のデュアル RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-13 Cisco ASR 1004 ルータの補助ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明
1

RTS

出力

送信要求

2

DTR

出力

データ端末動作可能(常にオン)

3

TXD

出力

送信データ

4

RI

--

リング インジケータ

5

GND

--

6

RXD

入力

受信データ

7

DSR/DCD

入力

データ セット レディ/データ キャリア検知

8

CTS

入力

送信可

Cisco ASR 1004 ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

表 A-14 に、前面パネルの Building Integrated Timing Supply(BITS)RJ45 ポートのピン割り当てを示します

 

表 A-14 Cisco ASR 1004 ルータの BITS RJ-45 レセプタクルのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

RX Ring

入力

受信リング

2

RX TIP

入力

受信 TIP(T1/E1)

3, 4

未接続

--

--

5

TX Ring

未使用

--

6

TX TIP

未使用

--

7、8

未接続

--

--

Cisco ASR 1004 ルータのアラーム リレー用 DB-25 ピン割り当て

表 A-15 に、外部モニタリング機能からアクセスできるリレーのコモン接点、通常は開いている接点、および通常は閉じている接点を、DB-25 コネクタのピン番号で示します。

DB-25 アラーム コネクタの詳細については、「Cisco ASR 1006 ルータのアラーム リレー用 DB-25 ピン割り当て」を参照してください。

 

表 A-15 Cisco ASR 1004 ルータの DB-25 アラーム コネクタのピン割り当て

信号
説明
Common
(CM)
通常は開いている接点(NO)
通常は閉じている接点(NC)
SPARE

CRTAA

クリティカル可聴アラーム

2

1

14

--

MAJAA

メジャー可聴アラーム

16

3

15

--

MINAA

マイナー可聴アラーム

5

4

17

--

CRTVA

クリティカル可視アラーム

19

6

18

--

MAJVA

メジャー可視アラーム

8

7

--

MINVA

マイナー可視アラーム

22

9

21

--

SPARE

SPARE:将来の使用のために確保されている未使用ピン

--

--

--

10、11、12、13、23、24、25

Cisco ASR 1002 ルータ、Cisco ASR 1002-F ルータ、および Cisco ASR 1002-X ルータの仕様

ここでは、Cisco ASR 1002 ルータ、Cisco ASR 1002-F ルータ、および Cisco ASR 1002-X ルータの仕様を示します。


) 特に記載のない限り、Cisco ASR 1002-F ルータの仕様は、Cisco ASR 1002-F でのスループットが 2.5G に制限されているために制約を受ける場合を除き、Cisco ASR 1002 ルータの仕様と同じです。
同様に、Cisco ASR 1002-X ルータの仕様のほとんどは Cisco ASR 1002 ルータの仕様と同じです。仕様の相違点は、このセクションの該当する箇所で付記されています。ここで説明する Cisco ASR 1002-X ルータの仕様の一部は、そのルータに固有のポートに対するものです。


表 A-16 に Cisco ASR 1002 ルータの物理仕様を示します。

 

表 A-16 Cisco ASR 1002 ルータの仕様

説明
仕様

ミッドプレーン

システムで Cisco 組み込み ASR1000-RP1、ASR 1000 ESP5 または ESP10、SPA、および電源モジュールを接続

サイズ(高さ x 幅 x 奥行)

高さ:3.5 インチ (8.9 cm)

幅:17.25 インチ (19 インチのラックマウントまたはオプションの 23 Telco アダプタ ブラケット)

奥行き:22.50 インチ (カード ハンドル、ケーブル管理ブラケットおよび電源モジュール ハンドルを含む):600 mm の閉じたキャビネットにマウントする場合

重量

フル装備の Cisco ASR 1002 ルータまたは Cisco ASR 1002-F ルータの場合は 40 ポンド(18.143 kg)

フル装備の Cisco ASR 1002-X ルータの場合は 43.35 ポンド(19.662 kg)

 

公称動作温度

41 ~ 104 °F

5 ~ 40 °C

公称動作湿度

10 ~ 85%

保管温度

-38 ~ 150 °F

-40 ~ 70 °C

消費電力

最大 DC:590 W

最大 AC:560 W

最大(出力):470 W

Cisco ASR 1002 ルータの MGMT イーサネット RJ-45 ポートのピン割り当て


) 特に指定のない限り、Cisco ASR 1002-X ルータの仕様は、このセクションに記載されている Cisco ASR 1002 ルータの仕様と同じです。


Cisco ASR 1002 ルータには 10/100/1000 イーサネット接続用の RJ-45 ポートがあります。RJ-45 ポートは、10BASET、100BASETX、および 1000BASETX 仕様に準拠する IEEE 802.3ab(ギガビット イーサネット)および IEEE 802.3u(ファスト イーサネット)インターフェイスをサポートします。

RJ-45 ポートには、RJ-45 コネクタの付いたカテゴリ 5 UTP の標準ストレート ケーブルおよびクロス ケーブルを使用できます。シスコではカテゴリ 5 UTP ケーブルを販売していません。市販のケーブルを使用してください。

表 A-17 に、前面パネルにある管理イーサネット ポート用 RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-17 Cisco ASR 1002 ルータの管理イーサネット 10/100/1000 RJ-45 ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

TX Data+

出力

送信データ

2

TX Data-

出力

送信データ

3

RX Data+

入力

受信データ

4、5

NC

--

--

6

RX Data-

入力

受信データ

7、8

NC

--

--

Cisco ASR 1002 ルータのコンソール ポートの信号とピン割り当て


) 特に指定のない限り、Cisco ASR 1002-X ルータの仕様は、このセクションに記載されている Cisco ASR 1002 ルータの仕様と同じです。


表 A-18 に、前面パネルのコンソール ポートおよび補助ポートのデュアル RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-18 Cisco ASR 1002 ルータのコンソール ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明
1

RTS

出力

送信要求(CTS に接続)

2

DTR

出力

データ端末動作可能(常にオン)

3

TXD

出力

送信データ

4

GND

--

リング インジケータ

5

GND

--

--

6

RXD

入力

受信データ

7

DSR

入力

未使用

8

CTS

入力

送信可(RTS に接続)

Cisco ASR 1002 ルータの補助ポートの信号とピン割り当て


) 特に指定のない限り、Cisco ASR 1002-X ルータの仕様は、このセクションに記載されている Cisco ASR 1002 ルータの仕様と同じです。


表 A-19 に、補助ポート信号用のデュアル RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-19 Cisco ASR 1002 ルータの補助ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明
1

RTS

出力

送信要求

2

DTR

出力

データ端末動作可能(常にオン)

3

TXD

出力

送信データ

4

RI

--

リング インジケータ

5

GND

--

--

6

RXD

入力

受信データ

7

DSR/DCD

入力

データ セット レディ/データ キャリア検知

8

CTS

入力

送信可

Cisco ASR 1002 ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

表 A-20 に、前面パネルの Building Integrated Timing Supply(BITS)RJ45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-20 Cisco ASR 1002 ルータの BITS RJ-45 インターフェイスのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

RX Ring

入力

受信リング

2

RX TIP

入力

受信 TIP(T1/E1)

3, 4

未接続

--

未使用

5

TX Ring

--

未使用

6

TX TIP

--

未使用

7、8

未接続

--

--

Cisco ASR 1002-X ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

表 A-20 に、Cisco ASR 1002-X ルータの前面パネルの Building Integrated Timing Supply(BITS)RJ45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-21 Cisco ASR 1002-X ルータの BITS RJ-45 インターフェイスのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

RX Ring

入力

受信リング

2

RX TIP

入力

受信 TIP(T1/E1)

3, 4

未接続

--

未使用

5

TX Ring

出力

送信リング

6

TX TIP

出力

送信 TIP(T1/E1)

7、8

未接続

--

--

Cisco ASR 1002-X ルータの BNC GPS ポート

表 A-22 に、Cisco ASR 1002-X の BNC GPS ポートについての説明を示します。

 

表 A-22 GPS ポートのピン割り当て

信号の属性
10 Mhz(入力および出力)
1PPS(入力および出力)

波形

入力:正弦波

出力:方形波

入力:パルス形状

出力:パルス形状

振幅

入力:> 1.7 ボルト p-p
(+8 ~ +10 dBm)

出力:> 2.4 ボルト TTL 互換

入力:> 2.4 ボルト TTL 互換

出力:> 2.4 ボルト TTL 互換

インピーダンス

50 オーム

50 オーム

パルス幅

50 % のデューティ サイクル

26 マイクロ秒

立ち上がり時間

入力:AC 結合

出力:5 ナノ秒

40 ナノ秒

Cisco ASR 1002-X ルータの時刻ポートのピン割り当て

表 A-23 に、Cisco ASR 1002-X の ToD/1PPS ポートのピン割り当ての概要を示します。

 

表 A-23 RJ45 の 1PPS/ToD ポートのピン割り当て

ピン
信号名
方向
説明

1

1PPS_P

出力または入力

1PPS RS422 信号

2

1PPS_N

出力または入力

1PPS RS422 信号

3

RESERVED

出力

このピンを使用しないでください。

4

GND

5

GND

時刻の文字

6

RESERVED

入力

このピンを使用しないでください。

7

TOD_P

出力または入力

時刻の文字

8

TOD_N

出力または入力

時刻の文字

Cisco ASR 1013 ルータの仕様

ここでは、Cisco ASR 1013 ルータの仕様を示します。 表 A-24 に Cisco ASR 1013 ルータの物理仕様を示します。

 

表 A-24 Cisco ASR 1013 ルータの仕様

説明
仕様

ミッドプレーン

システムで Cisco ASR1000-RP2、Cisco ASR 1000-ESP40 または Cisco ASR 1000-ESP100、Cisco ASR1000-SIP10、Cisco ASR1000-SIP40、および電源モジュールを接続

サイズ(高さ x 幅 x 奥行)

高さ: 22.8 インチ(579.1 cm)

幅:17.2 インチ(437.4 cm)

奥行:22 インチ(558.8 cm)(ケーブル管理ブラケットおよび電源モジュール ハンドルを含む)

重量

184.0 ポンド(83.46 kg)(冗長 AC 電源モジュール、SPA およびルート プロセッサおよび SIP ブランク カバー、2 つのエンベッデド サービス プロセッサ、2 つのルート プロセッサ、6 つの SIP を含み、SPA なし)

(DC 電源モジュールを搭載)190.60 ポンド(86.45 kg)

スーパースロットの推定重量を含む合計:

AC 電源モジュール:202 ポンド(91.62 kg)

DC 電源モジュール:208.60 ポンド(94.61 kg)

(注) Cisco ASR1000-ESP40 の代わりに Cisco ASR1000-ESP100 を使用する場合は、ルータの合計重量に 2.1 ポンドを加算します。

 

公称動作温度

5 ~ 40 °C

公称動作湿度

10 ~ 85%

保管温度

-38 ~ 150 °F

-40 ~ 70 °C

消費電力(2x ゾーン)

最大入力(DC):4,200 W

最大入力(AC - 高圧線):4,000 W

最大出力(DC および AC - 高圧線):3,390 W

電力モジュールの消費電力当たり

最大入力(DC):2,100 W

最大入力(AC - 高圧線):2,000 W 最大入力(AC - 低圧線):1,760 W

最大出力(DC および AC - 高圧線):1,695 W

最大出力(AC - 低圧線):1,415 W

Cisco ASR 1013 ルータのメモリおよびストレージのオプション

表 A-25 に、Cisco ASR 1013 ルータでサポートされているハードウェア メモリおよびストレージのオプションを示します。

 

表 A-25 Cisco ASR 1013 ルータのメモリおよびストレージのオプション

メモリのタイプ
デフォルト
システムでサポートする最大値

R21 - DRAM

8 GB

8 GB

FECP - DRAM

ASR1000-ESP-5 では 1 GB

ASR1000-ESP10 では 2 GB

2 GB

eUSB - 内部フラッシュ + NVRAM

Cisco ASR 1002 ルータの組み込み RP で 8 GB(パーティション:ブートフラッシュ用に 1 GB、マス ストレージ用に 7 GB)

8 GB - 現場でのアップグレード不可

Cisco ASR 1013 ルータのイーサネット RJ-45 ポートのピン割り当て

Cisco ASR 1013 ルータには 10/100/1000 イーサネット接続用の RJ-45 ポートがあります。RJ-45 ポートは、10BASET、100BASETX、および 1000BASETX 仕様に準拠する IEEE 802.3ab(ギガビット イーサネット)および IEEE 802.3u(ファスト イーサネット)インターフェイスをサポートします。

RJ-45 ポートには、RJ-45 コネクタの付いたカテゴリ 5 UTP の標準ストレート ケーブルおよびクロス ケーブルを使用できます。シスコではカテゴリ 5 UTP ケーブルを販売していません。市販のケーブルを使用してください。

Cisco ASR 1013 ルータの MGMT イーサネット ポートの信号とピン割り当て

表 A-26 に、前面パネルにある管理イーサネット ポート用 RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-26 Cisco ASR 1013 ルータの管理イーサネット 10/100/1000 RJ-45 ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

TX Data+

出力

送信データ

2

TX Data-

出力

送信データ

3

RX Data+

入力

受信データ

4、5

NC

--

--

6

RX Data-

入力

受信データ

7、8

NC

--

--

Cisco ASR 1013 ルータのコンソール ポートの信号とピン割り当て

表 A-27 に、前面パネルのコンソール ポートおよび補助ポートのデュアル RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-27 Cisco ASR 1013 ルータのコンソール ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明
1

RTS

出力

送信要求(CTS に接続)

2

DTR

出力

データ端末動作可能(常にオン)

3

TXD

出力

送信データ

4

GND

--

リング インジケータ

5

GND

--

--

6

RXD

入力

受信データ

7

DSR

入力

未使用

8

CTS

入力

送信可(RTS に接続)

Cisco ASR 1013 ルータの補助ポートの信号とピン割り当て

表 A-28 に、補助ポート信号用のデュアル RJ-45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-28 Cisco ASR 1013 ルータの補助ポートのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明
1

RTS

出力

送信要求

2

DTR

出力

データ端末動作可能(常にオン)

3

TXD

出力

送信データ

4

RI

--

リング インジケータ

5

GND

--

--

6

RXD

入力

受信データ

7

DSR/DCD

入力

データ セット レディ/データ キャリア検知

8

CTS

入力

送信可

Cisco ASR 1013 ルータの BITS ポートの信号とピン割り当て

表 A-29 に、前面パネルの Building Integrated Timing Supply(BITS)RJ45 ポートのピン割り当てを示します。

 

表 A-29 Cisco ASR 1013 ルータの BITS RJ-45 インターフェイスのピン割り当て

ピン
信号
方向
説明

1

RX Ring

入力

受信リング

2

RX TIP

入力

受信 TIP(T1/E1)

3, 4

未接続

--

--

5

TX Ring

未使用

--

6

TX TIP

未使用

--

7、8

未接続

--

--

Cisco ASR 1013 ルータのアラーム リレー用 DB-25 ピン割り当て

表 A-30 に、外部モニタリング機能からアクセスできるリレーのコモン接点、通常は開いている接点、および通常は閉じている接点を、DB-25 コネクタのピン番号で示します。

DB-25 アラーム コネクタの詳細については、「Cisco ASR 1006 ルータのアラーム リレー用 DB-25 ピン割り当て」を参照してください。

 

表 A-30 Cisco ASR 1013 ルータの DB-25 アラーム コネクタのピン割り当て

信号
説明
Common
(CM)
通常は開いている接点(NO)
通常は閉じている接点(NC)
SPARE

CRTAA

クリティカル可聴アラーム

2

1

14

--

MAJAA

メジャー可聴アラーム

16

3

15

--

MINAA

マイナー可聴アラーム

5

4

17

--

CRTVA

クリティカル可視アラーム

19

6

18

--

MAJVA

メジャー可視アラーム

8

7

--

MINVA

マイナー可視アラーム

22

9

21

--

SPARE

SPARE:将来の使用のために確保されている未使用ピン

--

--

--

10、11、12、13、23、24、25

Cisco ASR 1001 ルータの仕様

ここでは、Cisco ASR 1001 ルータの仕様を示します。 表 A-31 に Cisco ASR 1001 ルータの物理仕様を示します。


) Cisco ASR 1001 ルータのシャーシには、ルート プロセッサ、エンベデッド サービス プロセッサ、および SIP が搭載されています。


 

表 A-31 Cisco ASR 1001 ルータの仕様

説明
仕様

サイズ(高さ x 幅 x 奥行)

高さ:1.71 インチ(43.43 mm)

幅:17.3 インチ(439.42 mm)

奥行き:22.50 インチ(571.5 mm)(カード ハンドル、ケーブル管理ブラケット、および電源モジュール ハンドルを含む)

重量

23.30 ポンド(10.6 kg)(AC デュアル電源と内蔵ドータ カードを含む)

22.70 ポンド(10.3 kg)(DC デュアル電源と内蔵ドータ カードを含む)

フル搭載時 25 ポンド

動作温度

公称 5 ~ 40 °C

公称動作湿度

10 ~ 90 %(結露しないこと)

保管温度

-38 ~ 150 °F

-40 ~ 70 °C

消費電力

最大(DC):500 W

最大(AC):471 W

最大(出力):400 W

Cisco ASR 1001 ルータのメモリおよびストレージのオプション

表 A-32 に、Cisco ASR 1001 ルータでサポートされているハードウェア メモリおよびストレージのオプションを示します。

 

表 A-32 Cisco ASR 1001 ルータのメモリおよびストレージのオプション

メモリのタイプ
デフォルト
システムでサポートする最大値

ESP

1 GB DRAM(デフォルト)

1 GB DRAM(最大)

ルート プロセッサ

• Cisco ASR 1001 ルート プロセッサは 4 GB DRAM を搭載(デフォルト)

• Cisco ASR 1001 は、8 GB の組み込み USB メモリ(EUSB)をサポート(パーティションで分割:不揮発性 RAM [NVRAM] に 2 × 32 MB、残りはマス ストレージ用)

16 GB DRAM(最大)

外部の USB フラッシュ メモリ

1 GB USB フラッシュ メモリをサポート

--