Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ SIP/SPA ハードウェア インストレーション ガイド
SIP または SPA の取り付けの準備
SIP または SPA の取り付けの準備
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

SIP または SPA の取り付けの準備

必要な工具および部品

安全に関する注意事項

安全上の警告

警告の定義

電気製品を扱う際の注意事項

電話回線を扱う場合の注意

静電破壊の防止

レーザー/LED の安全性

SIP または SPA の取り付けの準備

この章では、SPA interface processor(SIP; SPA インターフェイス プロセッサ)および Shared Port Adapter(SPA; 共有ポート アダプタ)を取り付けるために必要な一般機器、安全対策、および設置場所の準備作業について説明します。この章の内容は次のとおりです。

「必要な工具および部品」

「安全に関する注意事項」

「レーザー/LED の安全性」

必要な工具および部品

SIP および SPA を取り付けるには、以下の工具および部品が必要です。その他の機器が必要な場合は、発注情報についてサービス担当者にお問い合わせください。

SIP

SPA

No.1 プラス ドライバ

No.2 プラス ドライバ

3/16 インチ マイナス ドライバ

各自で用意した静電気防止用器具、あるいは SIP または SPA に付属の使い捨て静電気防止用リスト ストラップ

静電気防止用マット

静電気防止用容器

安全に関する注意事項

ここでは、電気機器または電話回線を取り扱う際に従うべき安全上の注意事項を示します。

安全上の警告

誤って行うと危険が生じる可能性のある操作については、安全上の警告が記載されています。各警告文に、警告を表す記号が記されています。

警告の定義

 


Warning


 

IMPORTANT SAFETY INSTRUCTIONS

This warning symbol means danger. You are in a situation that could cause bodily injury. Before you work on any equipment, be aware of the hazards involved with electrical circuitry and be familiar with standard practices for preventing accidents. Use the statement number provided at the end of each warning to locate its translation in the translated safety warnings that accompanied this device.

SAVE THESE INSTRUCTIONS

 

 


 


警告 雷が発生しているときには、システムに手を加えたり、ケーブルの接続や取り外しを行わないでください。



警告 感電を防ぐために、安全超低電圧(SELV)回路は電話網電圧(TNV)回路に接続しないでください。LAN ポートには SELV 回路が含まれ、WAN ポートには TNV 回路が含まれます。一部の LAN ポートと WAN ポートはいずれも、RJ-45 コネクタを使用しています。ケーブルを接続する際は十分に注意を払ってください。



警告 装置の電源がオン/オフにかかわらず、WAN ポート内部には危険なネットワーク間電圧がかかっています。感電事故を防ぐため、WAN ポート付近で作業する場合は十分に注意してください。ケーブルを取り外す場合は、装置側から先にケーブルを切り離してください。



警告 ブランクの前面プレート(フィラー パネル)には、3 つの重要な役割があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置への EMI の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の空気の流れを適切な状態に保つことです。必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーをスロットに正しく取り付けた状態で、システムを運用してください。



警告 システム稼働中のバックプレーンには、人体に危険な電圧またはエネルギーがかかっています。保守する際には注意してください。



警告 浴槽、洗面器、台所の流し台や洗濯桶、湿気の多い地下室、水泳用のプール付近など、水気のある場所でこの製品を使用しないでください。



警告 防水設計されていない電話ジャックは、湿気の多い場所に取り付けないでください。



警告 電話回線がネットワーク インターフェイスから切り離されている場合以外、絶縁されていない電話ケーブルや端子には、触れないでください。



警告 雷雨が発生しているときは、電話機(コードレス タイプを除く)を使用しないでください。雷による感電のおそれがあります。



警告 ガス漏れを通報する場合は、ガス漏れの現場付近で電話機を使用しないでください。



警告 TNV に接触しないように、シャーシを開く前に電話線を取り外してください。



警告 この装置の設置および保守は、保守担当者(AS/NZS 3260 で定義)が行ってください。この装置を誤って一般コンセントに接続すると危険な場合があります。主電源コネクタの電源を抜く前、ハウジングが開いている間、または主電源コネクタの電源を抜く前でハウジングが開いている間に、通信回線を切断する必要があります。



警告 カバーは、製品の安全設計に欠かせない部分です。カバーを取り外したまま稼働しないでください。


電気製品を扱う際の注意事項

電気機器を取り扱う際には、次の基本的な注意事項に従ってください。

シャーシ内部の作業を行う前に、室内の緊急電源遮断スイッチがどこにあるかを確認しておきます。

シャーシを移動する前に、すべての電源コードおよび外部ケーブルを外してください。

危険を伴う作業は、一人では行わないでください。

回路の電源が切断されていると思い込まず、必ず確認してください。

人身事故や装置障害を引き起こす可能性のある作業は行わないでください。床が濡れていないか、アースされていない電源延長コードや保護アースの不備などがないかどうか、作業場所の安全を十分に確認してください。


注意 この装置は、ビル内のみで配線することを想定しています。

電話回線を扱う場合の注意

電話回線または他のネットワーク配線に接続されている装置を取り扱う場合には、次の注意事項に従ってください。

雷が発生しているときには、電話線の接続を行わないでください。

防水設計されていない電話ジャックは、湿気の多い場所に取り付けないでください。

電話回線がネットワーク インターフェイスから切り離されている場合以外、絶縁されていない電話ケーブルや端子には、触れないでください。

電話回線の設置または変更は、十分注意して行ってください。

静電破壊の防止

ESD により、装置や電子回路が損傷を受けることがあります(静電破壊)。静電破壊は電子部品の取り扱いが不適切な場合に発生し、故障または間欠的な障害をもたらします。SIP、SPA、およびプロセッサ モジュールには、金属製のフレームに固定されたプリント基板があります。EMI(電磁波干渉)シールドおよびコネクタは、フレームを構成する部品です。基板は金属フレームによって ESD から保護されていますが、取り扱うときは、必ず静電気防止用ストラップを着用してください。

静電破壊を防ぐために、次の注意事項に従ってください。

静電気防止用リストまたはアンクル ストラップを肌に密着させて着用してください。

ストラップの装置側をシャーシの塗装されていない部分に固定します。

コンポーネントを取り付ける際は、イジェクト レバーまたは脱落防止ネジを使用して、バックプレーンまたはミッドプレーンにバス コネクタを適切に固定します。これらの器具は、プロセッサの脱落を防ぐだけではなく、システムに適切なアースを提供し、バス コネクタを確実に固定させるために必要です。

コンポーネントを取り外すときは、イジェクト レバーまたは脱落防止ネジを使用して、バックプレーンまたはミッドプレーンからバス コネクタを外してください。

フレームを取り扱うときは必ずハンドル部分または端だけを持ってください。プリント基板またはコネクタには手を触れないようにしてください。

取り外したコンポーネントは、基板側を上向きにして、静電気防止用シートに置くか、静電気防止用容器に収めます。コンポーネントを返却する場合は、取り外したあと、ただちに静電気防止用容器に入れてください。

プリント基板と衣服が接触しないように注意してください。リスト ストラップは身体の静電気からコンポーネントを保護するだけです。衣服の静電気が、静電破壊の原因になることがあります。

金属フレームから、プリント基板を取り外さないでください。


注意 安全のために、静電気防止用ストラップの抵抗値を定期的にチェックしてください。抵抗値は 1 ~ 10 Mohm でなければなりません。

レーザー/LED の安全性

シングルモード光トランスミッタは小容量レーザーを使用して、光信号をネットワーク リングに送信します。ケーブルが接続されていない送信ポートには、必ずカバーを付けてください。マルチモード トランシーバは通常、LED を使用して送信を行いますが、未使用のポートには必ずカバーを付け、未使用ポートまたは開口部を凝視しないようにしてください。シングルモード ポートの開口部には、レーザーの警告ラベルが貼付されています(図4-1 を参照)。マルチモード ポートの開口部には、クラス 1 LED の警告ラベルが貼付されています(図4-2 を参照)。これらの警告は、光搬送波信号を経由して信号を伝送する SPA および SFP モジュールに適用されます。

図4-1 シングルモード ポート用クラス 1 レーザー警告ラベル

 

図4-2 マルチモード ポート用クラス 1 LED 警告ラベル

 


警告 クラス 1 レーザー製品です。



警告 クラス 1 LED 製品です。



警告 接続されていない光ファイバケーブルやコネクタからは目に見えないレーザー光が放射されている可能性があります。レーザー光を直視したり、光学機器を使用して直接見たりしないでください。