QoS:ポリシングおよびシェーピング コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
QoS パーセントベース シェーピング
QoS パーセントベース シェーピング
発行日;2013/07/18   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

QoS パーセントベース シェーピング

QoS:パーセントベース シェーピングを使用すると、インターフェイスで使用可能な帯域幅のパーセンテージに基づいて、トラフィック シェーピングを設定することができます。 この機能を使用すると、認定(準拠)バースト(bc)サイズおよび超過(ピーク)バースト(be)サイズ(トラフィック シェーピングの設定に使用)をミリ秒(ms)単位で指定することもできます。 この方法でトラフィック シェーピングを設定すると、帯域幅の量の異なる複数のインターフェイスに、同じポリシー マップを使用できます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、バグ検索ツールとプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

QoS パーセントベース シェーピングの概要

QoS パーセントベース シェーピングの利点

この機能を使用すると、インターフェイスで使用可能な帯域幅のパーセンテージに基づいて、トラフィック シェーピングを設定し、バースト サイズをミリ秒単位で指定できます。 この方法でトラフィック シェーピングを設定すると、帯域幅の量の異なる複数のインターフェイスに、同じポリシー マップを使用できます。 つまり、各インターフェイスの帯域幅を再計算したり、インターフェイスのタイプごとに別のポリシー マップを設定したりする必要はありません。

QoS パーセントベース シェーピングのクラスおよびポリシー マップ

QoS:パーセントベース シェーピング機能を設定するには、トラフィック クラスを定義し、ポリシー マップを設定してから、そのポリシー マップを適切なインターフェイスにアタッチする必要があります。

MQC では、class-map コマンドは、トラフィック クラスの定義に使用されます(トラフィック クラスは、その後、トラフィック ポリシーに関連付けされます)。 トラフィック クラスの目的は、トラフィックを分類することです。

MQC は、次の 3 つのプロセスで構成されます。

  • class-map コマンドを使用したトラフィック クラスの定義
  • トラフィック クラスを 1 つまたは複数の QoS 機能と関連付けてトラフィック ポリシーを作成(policy-map コマンドを使用)
  • service-policy コマンドを使用した、トラフィック ポリシーのインターフェイスへのアタッチ

トラフィック クラスには、3 つの主な要素が含まれます。名前、一連の match コマンド、そしてトラフィック クラスに match コマンドが複数存在する場合にこれらの match コマンド(match-all または match-any)の評価の仕方についての指定です。 トラフィック クラスの名前は、class-map コマンド ラインで付けます。たとえば、CLI でトラフィック クラスを設定するときに class-map cisco コマンドを入力すると、トラフィック クラスの名前は「cisco」になります。

match コマンドは、パケット分類のためのさまざまな基準を指定するために使用します。 パケットは、match コマンドで指定された基準に合っているかどうかを判断するために、チェックされます。 指定された基準に合っていれば、パケットはクラスのメンバーと見なされ、トラフィック ポリシーで設定された QoS 仕様に従って転送されます。 一致基準を満たさないパケットは、デフォルトのトラフィック クラスのメンバーとして分類されます。

トラフィック規制メカニズムと帯域幅のパーセンテージ

Cisco IOS XE Quality of Service(QoS)では、トラフィック ポリシングとトラフィック シェーピングという 2 種類のトラフィック規制メカニズムが提供されています。 トラフィック ポリサーは、通常、特定のレートに違反するトラフィックをドロップします。 トラフィック シェーパーは、通常、パケットを保持するバッファを使用して過剰なトラフィックを遅延し、キューに対するデータ レートが予想より高い場合に、フローをシェーピングします。

トラフィック シェーピングとトラフィック ポリシングは連携して機能し、クラス マップで設定できます。 クラス マップは、データ パケットを特定のカテゴリ(「クラス」)に編成します。ポリシー マップ(しばしば「サービス ポリシー」とも呼ばれる)で使用すると、ユーザ定義の QoS 処理を受信できます。

この機能が導入されるまでは、トラフィック ポリシングおよびトラフィック シェーピングはインターフェイスで使用可能な帯域幅のユーザ指定の量に基づいて設定されています。 ポリシー マップは、その後で特定の量の帯域幅に基づいて設定されていました。このため、各インターフェイスに別々のポリシー マップが必要とされていました。

この機能を使用すると、インターフェイスで使用可能な帯域幅のパーセンテージに基づいて、トラフィック ポリシングおよびトラフィック シェーピングを設定できます。 この方法でトラフィック ポリシングおよびトラフィック シェーピングを設定すると、顧客は帯域幅の量の異なる複数のインターフェイスに、同じポリシー マップを使用できます。

帯域幅のパーセンテージに基づいたトラフィック ポリシングおよびトラフィック シェーピングの設定は、police (percent) コマンドおよび shape (percent) コマンドを使用して実行されます。

ミリ秒オプションで指定されたバースト サイズ

バースト パラメータ(bc および be)の目的は、トラフィックがドロップまたは遅延する前の正常な動作状況で予測されるトラフィック量を指定することです。 十分に高いバースト値を設定すると、適切なスループットを確実に実現できます。

この機能を使用すると、トラフィック シェーピングを設定する際、認定(準拠)バースト(bc)サイズおよび超過(ピーク)バースト(be)サイズをクラス帯域幅のミリ秒(ms)単位で指定することができます。 ミリ秒の値は、QoS:パーセントベース シェーピング機能が使用するバイト数を計算するために使用されます。

ミリ秒単位でこれらのバースト サイズを指定する場合、shape (percent) コマンドの bc キーワードと be キーワード(および関連付けられている引数)を使用して実行します。

QoS パーセントベース シェーピングの設定方法

クラスおよびポリシー マップの設定

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    policy-map policy-name

    4.    class {class-name| class-default}

    5.    shape {average | peak} percent percentage [be excess-burst-in-msec ms] [bc committed-burst-in-msec ms]

    6.    end


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Router> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Router# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 policy-map policy-name


    例:
    Router(config)# policy-map policy1
     

    作成するポリシー マップの名前を指定します。 ポリシーマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

    • ポリシー マップ名を入力します。
     
    ステップ 4 class {class-name| class-default}


    例:
    Router(config-pmap)# class class1
     

    ポリシーを設定または変更できるようにクラスを指定します。 ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

    • クラス名を入力するか、デフォルト クラス(class-default)を指定します。
     
    ステップ 5 shape {average | peak} percent percentage [be excess-burst-in-msec ms] [bc committed-burst-in-msec ms]


    例:
    Router(config-pmap-c)# shape average percent 25 be 300 ms bc 400 ms
     

    指定された帯域幅のパーセンテージとオプションのバースト サイズに基づいて、平均またはピーク レート トラフィック シェーピングを設定します。

    • 帯域幅のパーセンテージとオプションのバースト サイズを入力します。

     
    ステップ 6 end


    例:
    Router(config-pmap-c)# end
     

    ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション モードを終了します。

     

    ポリシー マップのインターフェイスへの適用

    手順の概要

      1.    enable

      2.    configure terminal

      3.    interface type number

      4.    pvc [name] vpi / vci [ilmi | qsaal | smds]

      5.    service-policy {input| output} policy-map-name

      6.    end


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 enable


      例:
      Router> enable
       

      特権 EXEC モードなど、高位の権限レベルをイネーブルにします。

      • パスワードを入力します(要求された場合)。
       
      ステップ 2 configure terminal


      例:
      Router# configure terminal
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 3 interface type number


      例:
      Router(config)#
       
      interface serial4/0/0 
       

      インターフェイス(サブインターフェイス)タイプを設定し、インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

      • インターフェイスのタイプ番号を入力します。
      (注)     

      ネットワークのニーズにより、ポリシー マップをサブインターフェイス、ATM PVC、フレームリレー DLCI、または他のタイプのインターフェイスにアタッチする必要がある場合もあります。

       
      ステップ 4 pvc [name] vpi / vci [ilmi | qsaal | smds]


      例:
      Router(config-if)# pvc cisco 0/16 ilmi
       

      (任意)ATM PVC に名前を作成するか割り当て、ATM PVC でカプセル化タイプを指定します。 ATM VC コンフィギュレーション モードを開始します。

      (注)     

      この手順は、ポリシー マップを ATM PVC に適用する場合にのみ必要です。 ATM PVC にポリシー マップをアタッチしない場合は、この手順をスキップして、ステップ 5 に進みます。

       
      ステップ 5 service-policy {input| output} policy-map-name


      例:
      Router(config-if)#
       
      service-policy input policy1


      例:
      
       
       

      インターフェイスの入力または出力方向にアタッチするポリシー マップの名前を指定します。

      (注)     

      ポリシー マップは、入力または出力ルータで設定できます。 また、入力方向または出力方向のインターフェイスにも適用できます。 ポリシー マップを適用する方向(入力または出力)とルータ(入力または出力)は、ネットワーク構成に従って変わります。 service-policy コマンドを使用してポリシー マップをインターフェイスに適用する場合、ネットワーク構成に適したルータおよびインターフェイスの方向を選択してください。

      (注)     

      トラフィック シェーピングは、出力インターフェイスや出力 VC にアタッチされているサービス ポリシーでのみサポートされます。

      • ポリシー マップ名を入力します。
       
      ステップ 6 end


      例:
      Router(config-if)# end
       

      (任意)インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

       

      QoS パーセントベース シェーピングの設定確認

      手順の概要

        1.    enable

        2.    show class-map [class-map-name]

        3.    show policy-map interface interface-name

        4.    exit


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 enable


        例:
        Router> enable
         

        特権 EXEC モードをイネーブルにします。

        • パスワードを入力します(要求された場合)。
         
        ステップ 2 show class-map [class-map-name]


        例:
        Router# show class-map class1
         

        一致基準を含めて、クラス マップに関するすべての情報が表示されます。

        • クラス マップ名を入力します。

         
        ステップ 3 show policy-map interface interface-name


        例:
        Router# 
        show policy-map interface serial4/0/0
         

        指定したインターフェイスまたはサブインターフェイス上か、インターフェイス上の特定の PVC に対し、すべてのサービス ポリシーに対して設定されているすべてのクラスのパケット統計情報を表示します。

        • インターフェイス タイプと番号を入力します。
         
        ステップ 4 exit


        例:
        Router# exit
         

        (任意)特権 EXEC モードを終了します。

         

        トラブルシューティングのヒント

        QoS パーセントベース シェーピングの設定確認に示すコマンドを使用すると、意図した設定を実現し、機能が正しく働いていることを確認できます。 上記の show コマンドの使用後に、設定が正しくない、または機能が予想どおりに働いていないと判明した場合は、次の操作を実行します。

        意図したとおりに設定が行われていない場合は、次の手順を完了します。

        1. show running-config コマンドを使用して、コマンドの出力を分析します。
        2. ポリシー マップが show running-config コマンドの出力に表示されない場合は、logging console コマンドをイネーブルにします。
        3. ポリシー マップをインターフェイスに再度アタッチします。

        パケットが正確に一致していない場合は(たとえば、パケット カウンタが正しく増加していないなど)、次の手順を完了します。

        1. show policy-map コマンドを実行して、コマンドの出力を分析します。
        2. show running-config コマンドを実行して、コマンドの出力を分析します。
        3. show policy-map interface コマンドを実行して、コマンドの出力を分析します。 次の内容を確認します。
          1. ポリシー マップにキューイングが適用され、パケットが正しいクラスに一致しているにもかかわらず、予期しない結果が生じる場合は、キューのパケット数と一致したパケット数を比較します。
          2. インターフェイスが混雑していて、一致するパケット数が少ない場合、送信(tx)リングの調整を確認し、tx リングでキューイングが実行されているかどうかを評価します。 このためには、show controllers コマンドを使用し、コマンドの出力で、tx 回数の値を確認します。

        QoS パーセントベース シェーピングの設定例

        帯域幅のパーセンテージに基づいたトラフィック シェーピングを指定する例

        次に、帯域幅の割合に基づいた平均シェーピング レートを使用するトラフィック シェーピングの設定例を示します。 この例では、帯域幅の 25% が指定されています。 さらに、オプションの be 値と bc 値(それぞれ、300 ms と 400 ms)が指定されています。

        Router> enable
        Router# configure terminal
        Router(config)# policy-map policy1
        Router(config-pmap)# class class1
        
        Router(config-pmap-c)# shape average percent 25 be 300 ms bc 400 ms
        Router(config-pmap-c)# end
        

        ポリシー マップとクラス マップの設定後、ポリシー マップは次の例に示すように、インターフェイスにアタッチされます。

        Router> enable
        Router# configure terminal
        Router(config)#
         
        interface serial4/0/0 
        Router(config-if)#
         
        service-policy input policy1
        Router(config-if)# end
        

        QoS パーセントベース シェーピングを確認する例

        次に、show policy-map コマンドおよび show policy-map interface コマンドの出力例を示します。 これらのコマンドの出力は、ネットワーク上の設定の確認およびモニタに使用できます。

        次は、show policy-map コマンドの出力例です。 この出力例には、「policy3」というポリシー マップの内容が表示されています。policy 3 では、30% の認定情報レート(CIR)に基づく平均レートのトラフィック シェーピングが設定されており、bc および be がミリ秒の単位で指定されています。

        Router# show policy-map
          Policy Map policy3
            Class class-default
              Average Rate Traffic Shaping
              cir 30% bc 10 (msec) be 10 (msec)
        

        次は、show policy-map interface コマンドのサンプル出力です。 このサンプルには、平均レートのトラフィック シェーピングがイネーブルにされている、シリアル 2/0 インターフェイスの統計情報が表示されています。

        Router# show policy-map interface serial2/0/0
         Serial2/0/0 
          Service-policy output: policy3 (1032)
            Class-map: class-default (match-any) (1033/0)
              0 packets, 0 bytes
              5 minute offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
              Match: any  (1034)
                0 packets, 0 bytes
                5 minute rate 0 bps
              Queueing
              queue limit 64 packets
              (queue depth/total drops/no-buffer drops) 0/0/0
              (pkts queued/bytes queued) 0/0
              shape (average) cir 614400 bc 6144 be 6144
              target shape rate 614400
        

        この例では、CIR は bps で表示され、認定バースト(bc)と超過バースト(be)の両方が、ビットで表示されます。

        CIR、bc、および be は、以下に説明する式に基づいて計算されます。

        CIR 計算用の式

        CIR を計算する場合は、次の式を使用します。

        指定された CIR パーセンテージ(show policy-map コマンドの出力に示すとおり)X インターフェイスの帯域幅(BW)( show interfaces コマンドの出力に示すとおり)= 合計ビット/秒単位

        シリアル 2/0 インターフェイスでは、帯域幅(BW)は 2048 kbps です。 インターフェイスの帯域幅を確認するには、show interfaces コマンドを使用します。 次に例を示します。

        Router # show interfaces serial2/0/0
        Serial2/0 is administratively down, line protocol is down 
          Hardware is M4T
          MTU 1500 bytes, BW 2048 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255 
        

        したがって、次の値が式で使用されます。

        30% X 2048 kbps = 614400 bps

        認定バースト(bc)および超過バースト(be)の計算式

        bc および be の両方を計算する場合は、次の式を使用します。

        ミリ秒単位の bc(または be)(show policy-map コマンドに示すとおり)X キロバイト単位の CIR(show policy-map コマンドに示すとおり)/ 1000 = 総ビット数。

        したがって、次の値が式で使用されます。

        10 ms X 614400 bps = 6144 bits

        その他の関連資料

        関連資料

        関連項目

        マニュアル タイトル

        QoS コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用上のガイドライン、および例

        『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

        インターフェイスへのポリシー マップの付加についてのモジュラ QoS コマンドライン インターフェイス(CLI)(MQC)情報

        「MQC を使用した QoS 機能の適用」モジュール

        トラフィック シェーピングの概念と概要

        「ポリシングとシェーピングの概要」モジュール

        トラフィック ポリシング

        「トラフィック ポリシング」モジュール

        標準

        標準

        タイトル

        この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

        --

        MIB

        MIB

        MIB のリンク

        この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

        選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

        http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

        RFC

        RFC

        タイトル

        RFC 2697

        A Single Rate Three Color Marker

        RFC 2698

        A Two Rate Three Color Marker

        シスコのテクニカル サポート

        説明

        リンク

        シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

        http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

        QoS パーセントベース シェーピングの機能情報

        次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

        プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

        表 1 QoS:パーセントベース シェーピングの機能情報

        機能名

        リリース

        機能情報

        QoS:パーセントベース シェーピング

        Cisco IOS XE Release 2.1

        QoS:パーセントベース シェーピングを使用すると、インターフェイスで使用可能な帯域幅のパーセンテージに基づいて、トラフィック シェーピングを設定することができます。 この機能を使用すると、認定(準拠)バースト(bc)サイズおよび超過(ピーク)バースト(be)サイズ(トラフィック シェーピングの設定に使用)をミリ秒(ms)単位で指定することもできます。 この方法でトラフィック シェーピングを設定すると、帯域幅の量の異なる複数のインターフェイスに、同じポリシー マップを使用できます。

        この機能は、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに追加されました。

        この機能により、shape (percent) show policy-mapshow policy-map interface コマンドが導入または変更されました。

        Cisco and the Cisco Logo are trademarks of Cisco Systems, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and other countries. A listing of Cisco's trademarks can be found at www.cisco.com/​go/​trademarks . Third party trademarks mentioned are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (1005R)