QoS:ポリシングおよびシェーピング コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
トラフィック ポリシング
トラフィック ポリシング
発行日;2013/07/18   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

トラフィック ポリシング

このフィーチャ モジュールでは、トラフィック ポリシング機能について説明します。 トラフィック ポリシングは、次のように機能します。

  • ユーザ定義の基準に基づいて、トラフィックのクラスの入力または出力送信レートを制限します。
  • ATM セル損失率優先度(CLP)ビット、フレームリレー廃棄特性(DE)ビット、IP Precedence 値、IP Diffserv コード ポイント(DSCP)値、MPLS EXP 値、Quality of Service(QoS)グループを設定することによりパケットにマーク付けします。

トラフィック ポリシングでは、インターフェイス上で送受信されるトラフィックの最大レートを制御できます。 トラフィック ポリシング機能は、この機能が含まれるサービス ポリシーがインターフェイスに関連付けられる場合に適用されます。 サービス ポリシー(トラフィック ポリシー)はモジュラ Quality of Service(QoS)コマンドライン インターフェイス(CLI)(MQC)を使用して設定されます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、バグ検索ツールとプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

トラフィック ポリシングに関する制約事項

  • トラフィック ポリシングは、インターフェイスまたはサブインターフェイスで設定できます。
  • トラフィック ポリシングは EtherChannel インターフェイスではサポートされていません。

利点

レート制限による帯域幅管理

トラフィック ポリシングでは、インターフェイス上で送受信されるトラフィックの最大レートを制御できます。 トラフィック ポリシングは、多くの場合、ネットワークの端のインターフェイスで、ネットワークを出入りするトラフィックを制限するように設定されます。 ほとんどのトラフィック ポリシング設定では、レート パラメータ内に収まるトラフィックは送信されますが、パラメータを超えるトラフィックはドロップされるか、異なる優先度で送信されます。

パケットのマーキング

パケットのマーキングにより、ネットワークを複数のプライオリティ レベルまたはクラス サービス(CoS)に区切ることができます。 パケットがマーキングされ、ダウンストリーム デバイスのトラフィックを識別および分類するためにこれらのマーキングが使用できます。 ATM セル損失率優先度(CLP)マーキングやフレームリレー廃棄特性(DE)マーキングなどでは、マーキングがトラフィックの分類に使用されます。

  • トラフィック ポリシングを使用して、ネットワークに入るパケットの IP precedence または DSCP 値を設定します。 その後、ネットワーク内のネットワーキング デバイスは、調整された IP precedence 値を使用してトラフィックの処理方法を決定できます。 たとえば、重み付けランダム早期検出(WRE)機能では、IP precedence 値を使用して、パケットがドロップされる確率を決定します。
  • トラフィック ポリシングを使用して、パケットを QoS グループに割り当てます。 ルータは QoS グループを使用して、ルータ内のパケットに優先順位を付ける方法を決定します。

トラフィックには、トラフィック ポリシング機能を使用せずにマークを付けることができます。 トラフィック ポリシングを使用せずにトラフィックにマークを付ける場合は、「ネットワーク トラフィックのマーキング」モジュールを参照してください。

フレームリレー フレームのパケットの優先順位付け

トラフィック ポリシング機能では、フレームリレー フレームのフレームリレー DE ビットにマーク付けできます。 フレームリレー DE ビットは 1 ビットで、0 または 1 に設定できます。 輻輳環境では、DE ビットが 1 に設定されたフレームは、DE ビットが 0 に設定されたフレームの前に破棄されます。

ATM セルのパケットの優先順位付け

トラフィック ポリシング機能では、ATM セルの ATM CLP にマーク付けできます。 ATM CLP ビットは、ATM ネットワークのパケットに優先順位を付けるために使用されます。 これにより ATM CLP ビットは 1 ビットで、0 または 1 に設定できます。 輻輳環境では、ATM CLP ビットが 1 に設定されたセルは、ATM CLP ビットが 0 に設定されたセルの前に破棄されます。

トラフィック ポリシングの設定方法

トラフィック ポリシングの設定

コマンド

目的

Router(config-pmap-c)# police bps burst-normal burst-max conform-action action exceed-action action violate-action action

トラフィック クラスによる最大帯域幅の使用を指定します。

(注)     

トラフィック ポリシング機能は、トークン バケット メカニズムで動作します。 現在、トークン バケット アルゴリズムには、シングル トークン バケット アルゴリズムとツー トークン バケット アルゴリズムの 2 種類あります。 シングル トークン バケット システムは、violate-action オプションが指定されていない場合に使用されます。ツー トークン バケット システムは、violate-action オプションが指定されている場合に使用されます。

トラフィック ポリシングのモニタリングと保守

コマンド

目的

Router# show policy-map

設定されたすべてのポリシー マップを表示します。

Router# show policy-map policy-map-name

ユーザ指定ポリシー マップを表示します。

Router# show policy-map interface

インターフェイスに適用されたすべての入力および出力ポリシーの統計情報および設定を表示します。

トラフィック ポリシングの設定例

トラフィック ポリシングを含むサービス ポリシーの設定例

次に、(class-map コマンドを使用して)トラフィック クラスを定義し、(policy-map コマンドを使用して)そのトラフィック クラスをトラフィック ポリシーに関連付ける設定例を示します。 トラフィック ポリシングはトラフィック ポリシーに適用されます。 service-policy コマンドは、トラフィック ポリシーをインターフェイスに適用するために使用されます。

この例では、トラフィック ポリシングは 8,000 ビット/秒の認定情報速度(CIR)、通常バースト サイズは 2000 バイト、超過バースト サイズは 4000 バイトが設定されています。 FastEthernet インターフェイス 1/1/1 に着信するパケットは、パケットが超過基準に準拠しているか、または指定されたパラメータに違反していないかどうかを分析するため、トークン バケット アルゴリズムによって評価されます。 準拠するパケットは送信され、超過するパケットは 4 の QoS グループ値が割り当てられて送信され、違反するパケットはドロップされます。

Router(config)# class-map acgroup2
Router(config-cmap)# match access-group 2
Router(config-cmap)# exit
Router(config)# policy-map police
Router(config-pmap)# class acgroup2
Router(config-pmap-c)# police 8000 2000 4000 conform-action transmit exceed-action set-qos-transmit 4 violate-action drop
Router(config-pmap-c)# exit
Router(config-pmap)# exit
Router(config)# interface fastethernet1/1/1
Router(config-if)# service-policy input police
Router(config-if)# end

その他の関連資料

関連資料

関連項目

マニュアル タイトル

QoS コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用上のガイドライン、および例

『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

ポリシングとシェーピングの概念について

「ポリシングとシェーピングの概要」モジュール

MQC

「MQC を使用した QoS 機能の適用」モジュール

ネットワーク トラフィックのマーキング

「ネットワーク トラフィックのマーキング」モジュール

IPv6 トラフィック ポリシング

QoS:ポリシングおよびシェーピング コンフィギュレーション ガイド』の「IPv6 QoS:MQC トラフィック ポリシング」モジュール。

標準

標準

タイトル

なし

--

MIB

MIB

MIB のリンク

  • CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB
  • CISCO-CLASS-BASED-QOS-CAPABILITY-MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

RFC

RFC

タイトル

RFC 2697

A Single Rate Three Color Marker

シスコのテクニカル サポート

説明

リンク

シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

トラフィック ポリシングの機能情報

次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

表 1 トラフィック ポリシングの機能情報

機能名

リリース

機能情報

トラフィック ポリシング

Cisco IOS XE Release 2.1

この機能は、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに追加されました。

この機能により、police、show policy-mapshow policy-map interface コマンドが導入または変更されました。