QoS:ポリシングおよびシェーピング コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
イーサネット オーバーヘッド アカウンティング
イーサネット オーバーヘッド アカウンティング
発行日;2013/07/18   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

イーサネット オーバーヘッド アカウンティング

イーサネット オーバーヘッド アカウンティング機能は、パケットにシェーピングを適用するとき、ルータがダウンストリーム イーサネット フレーム ヘッダーを考慮に入れるようにします。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、バグ検索ツールとプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

イーサネット オーバーヘッド アカウンティングの制約事項

  • イーサネット オーバーヘッド アカウンティングでは、ダウンストリーム イーサネット フレーム ヘッダーをシェーピングされたレートに自動的に含めることができます。 ただし、イーサネット オーバーヘッド アカウンティングではポリシングはサポートされません。
  • ルータは、shape および bandwidth コマンドに限りオーバーヘッド アカウンティングをサポートします。
  • 子ポリシーでオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにする場合は、親ポリシーでオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにする必要があります。
  • ポリシー マップで、ポリシーのすべてのクラスに対してオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにするか、またはディセーブルにする必要があります。 同じポリシー内の一部のクラスに対してオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにし、残りのクラスに対してオーバーヘッド アカウンティングをディセーブルにすることはできません。
  • オーバーヘッド アカウンティングは、どの QoS カウンタ(分類、ポリシング、キューイング)にも反映されません。
  • 最上位親ポリシー、中位子ポリシー、最下位子ポリシーで、シェーピングおよび帯域幅のオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにできます。 子ポリシーは、親または親の親レベルで設定するオーバーヘッド アカウンティング ポリシーを継承します。

イーサネット オーバーヘッド アカウンティングに関する情報

イーサネット オーバーヘッド アカウンティングの利点

イーサネット オーバーヘッド アカウンティング機能は、パケットにシェーピングを適用するとき、ルータがダウンストリーム イーサネット フレーム ヘッダーを考慮に入れるようにします。 ユーザ定義のオフセットにより、パケット単位オーバーヘッドを計算するときに、ルータが使用するオーバーヘッド バイト数が指定されます。 有効なオフセット値は、オーバーヘッドの +63~-63 バイトです。 シェーピングを適用する前に、ルータはオーバーヘッドを計算します。

イーサネット インターフェイスおよびサブインターフェイスは、オーバーヘッド アカウンティングをサポートします。 shape または bandwidth コマンドを使用して、VLAN 単位およびポート単位でアカウンティングを設定できます。

加入者線カプセル化タイプ

shape コマンドおよび bandwidth コマンドの subscriber-encapsulation 引数は、加入者線でのカプセル化タイプを指定します。 ルータは、次の加入者線カプセル化タイプをサポートします。

  • snap-1483routed
  • mux-1483routed
  • snap-dot1q-rbe
  • mux-dot1q-rbe
  • snap-pppoa
  • mux-pppoa
  • snap-rbe
  • mux-rbe

ルータ上のオーバーヘッド計算

トラフィック シェーピングのオーバーヘッドを計算するとき、ルータは BRAS と Digital Subscriber Line Access Multiplexer(DSLAM)の間と、DSLAM と Customer Premises Equipment(CPE)の間で使用するカプセル化タイプを考慮します。

次の表は、ルータが ATM オーバーヘッドを計算するときにさまざまなカプセル化タイプに使用するフィールドを示します。

表 1 オーバーヘッド計算

カプセル化タイプ

バイト数

説明

802.1Q

18

6 バイト宛先 MAC アドレス + 6 バイト発信元 MAC アドレス + 2 バイト プロトコル ID(0x8100) + 2 バイト VLAN ID(VID)/Canonical Format Indicator(CFI)/PRIORITY + 2 バイト長/タイプ

802.3

14

6 バイト宛先 MAC アドレス + 6 バイト発信元 MAC アドレス + 2 バイト プロトコル ID(0x8000)

AAL5 MUX プラス 1483

8

8 バイト AAL5 トレーラ

AAL5 MUX プラス PPP over ATM(PPPoA)

10

8 バイト AAL5 トレーラ + 2 バイト プロトコル ID(0x002)

AAL5 SNAP プラス 1483

18

8 バイト AAL5 トレーラ + 3 バイト LLC ヘッダー(0xAAAA03) + 3 バイト OUI(0x0080c2) + 2 バイト プロトコル ID(0x0007) + 2 バイト PAD(0x0000)

AAL5 SNAP プラス PPPoA

12

8 バイト AAL5 トレーラ + 3 バイト LLC ヘッダー(0xFEFE03) + 1 バイト プロトコル ID(0xCF)

PPPoE

6

1 バイト バージョン/タイプ(0x11)+ 1 バイト コード(0x00)+ 2 バイト セッション ID + 2 バイト長

qinq

22

6 バイト宛先 MAC アドレス + 6 バイト発信元 MAC アドレス + 2 バイト プロトコル ID(0x8100) + 2 バイト VID/CFI/PRIORITY + 2 バイト プロトコル ID + 2 バイト内側タグ + 2 バイト長またはタイプ

オーバーヘッド アカウンティングと階層型ポリシー

階層型ポリシーでは、最上位親ポリシー、中位子ポリシー、最下位子ポリシーで、シェーピングおよび帯域幅のオーバーヘッド アカウンティングを設定できます。 親または親の親レベルで設定したオーバーヘッド アカウンティング ポリシーは子のキューイング機能で継承されます。 子ポリシーで設定したオーバーヘッド アカウンティングも親ポリシーで設定する必要があります。これで、親または親の親レベルでの設定が容易になります。

親クラスおよび子クラスは、bandwidth(ポリシー マップ クラス)コマンドの user-defined offset [atm] 引数を使用してオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにしてオフセットを設定するときに、同じカプセル化タイプを指定する必要があります。

次の表は、オーバーヘッド アカウンティングの設定要件について説明します。

表 2 オーバーヘッド アカウンティングの設定要件

ポリシー マップまたはクラス

現在の設定

設定要件

イネーブル

子ポリシーでイネーブル

イネーブル

親ポリシーでイネーブル

子クラス

イネーブル

ポリシング付きのプライオリティ クラスを除く、子ポリシー マップのすべてのクラスでイネーブル

子クラス(ポリシングなしの非プライオリティ)

ディセーブル

子ポリシー マップのすべてのクラスでディセーブル

子クラス(ポリシング付きのプライオリティ)

ディセーブル

子ポリシー マップのすべての非プライオリティ クラスでディセーブルまたはイネーブル

イーサネット オーバーヘッド アカウンティングの設定方法

階層型ポリシーでのイーサネット オーバーヘッド アカウンティングの設定

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    policy-map policy-map-name

    4.    class class-map-name

    5.    bandwidth {bandwidth-kbps | [remaining] percent percentage} account {qinq | dot1q} {aal5 | aal3} subscriber-encapsulation user-defined offset [atm]

    6.    exit

    7.    policy-map policy-map-name

    8.    class class-default

    9.    shape [average] rate account {{qinq | dot1q} {aal5 | aal3} subscriber-encapsulation | user-defined offset [atm]}

    10.    service-policy policy-map-name

    11.    end


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Router> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Router# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 policy-map policy-map-name


    例:
    Router(config)# policy-map Business
     

    子ポリシーを作成または変更します。 ポリシーマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

    • policy-map-name 引数は子ポリシー マップの名前です。
     
    ステップ 4 class class-map-name


    例:
    Router(config-pmap)# class video
     

    指定するトラフィック クラスをポリシー マップに割り当てます。 ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

    • class-map-name 引数は設定済みのクラス マップの名前です。
     
    ステップ 5bandwidth {bandwidth-kbps | [remaining] percent percentage} account {qinq | dot1q} {aal5 | aal3} subscriber-encapsulation user-defined offset [atm]


    例:
    Router(config-pmap-c)# bandwidth 8000 account dot1q aal5 snap-pppoa
                
              
     

    クラスベース均等化キューイングおよびオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。

    • bandwidth-kbps:ポリシー マップに属しているクラスに割り当てる最小帯域幅。 有効な値は、リンク帯域幅の 1~99% に相当する 8~2,488,320 です。
    • percentage:ポリシー マップに属するクラスに割り当てられるリンク帯域幅の最大パーセンテージ。 有効値は 1 ~ 99 です。
    • remaining percentage:ポリシー マップに属するクラスに割り当てられる使用されていないリンク帯域幅の最小パーセンテージ。 有効値は 1 ~ 99 です。
    • account:ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。
    • qinq:QinQ カプセル化を BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして指定します。
    • dot1q:IEEE 802.1Q VLAN カプセル化を BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして指定します。
    • aal5:コネクション型可変ビット レート(VBR)サービスをサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。
    • aal3:コネクションレス型リンクとコネクション型リンクの両方をサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。
    • subscriber-encapsulation:加入者線でのカプセル化タイプを指定します。 詳細については、「階層型ポリシーでのイーサネット オーバーヘッド アカウンティングの設定」の項を参照してください。
    • user-defined:ATM オーバーヘッドを計算するときに、指定したオフセット値をルータが使用することを示します。
    • offset:オーバーヘッドを計算するときにルータが使用するバイト数を指定します。 -63 ~ 63 バイトの範囲内の値を指定できます。
    • atm:(任意)ATM オーバーヘッド計算に ATM セル タックスを適用します。
     
    ステップ 6 exit

    例:
    router(config-pmap-c)# exit
     

    ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション モードを終了します。

     
    ステップ 7 policy-map policy-map-name


    例:
    Router(config-pmap)# policy-map Test
     

    最上位親ポリシーを作成または変更します。

    • policy-map-name:親ポリシー マップの名前を指定します。
     
    ステップ 8 class class-default


    例:
    Router(config-pmap)# class class-default 
     

    デフォルト クラスを指定します。

     
    ステップ 9 shape [average] rate account {{qinq | dot1q} {aal5 | aal3} subscriber-encapsulation | user-defined offset [atm]}


    例:
    Router(config-pmap-c)# shape 8000 account qinq aal5 snap-dot1-rbe
              
     

    指示されたビット レートにトラフィックをシェーピングし、オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。

    • average:(任意)各間隔で送信される最大ビット数を指定する認定バースト(Bc)です。 このオプションがサポートされるのは Performance Routing Engine 3(PRE3)だけです。
    • rate:トラフィックのシェーピングに使用されるビット レート(bps)です。 このコマンドを逆方向明示的輻輳通知(BECN)の近似値と併用すると、ビット レートは許容ビット レート範囲の上限値になります。
    • account:ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。
    • qinq:QinQ カプセル化を BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして指定します。
    • dot1q:IEEE 802.1Q VLAN カプセル化を BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして指定します。
    • aal5:コネクション型可変ビット レート(VBR)サービスをサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。
    • aal3:コネクションレス型リンクとコネクション型リンクの両方をサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。
    • subscriber-encapsulation:加入者線でのカプセル化タイプを指定します。 詳細については、「階層型ポリシーでのイーサネット オーバーヘッド アカウンティングの設定」の項を参照してください。
    • user-defined:ATM オーバーヘッドを計算するときに、指定したオフセット値をルータが使用することを示します。
    • offset:オーバーヘッドを計算するときにルータが使用するバイト数を指定します。 -63 ~ 63 バイトの範囲内の値を指定できます。
    • atm:(任意)ATM オーバーヘッド計算に ATM セル タックスを適用します。
    offset オプションと atm オプションの両方を設定すると、パケット サイズがオフセット サイズに調整され、ATM セル タックスが追加されます。  
    ステップ 10 service-policy policy-map-name


    例:
                
                  Router(config-pmap-c)# service-policy map1
     

    親 class-default クラスに子ポリシーを適用します。

    policy-map-name:設定済みの子ポリシー マップの名前を指定します。

    (注)     

    子ポリシーを親 class-default クラスに適用する場合、入力キーワードまたは出力キーワードを指定しないでください。

     
    ステップ 11 end


    例:
    Router(config-pmap-c)# end
     

     

    オーバーヘッド アカウンティングの検証

    手順の概要

      1.    enable

      • パスワードを入力します(要求された場合)。

      2.    show policy-map [policy-map-name]

      • (任意)ポリシー マップ名を入力します。 名前には最大 40 文字までの英数字を指定できます。

      3.    show policy-map interface

      4.    show running-config

      5.    exit


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 enable
      • パスワードを入力します(要求された場合)。


      例:
      Router> enable
       

      特権 EXEC モードなど、高位の権限レベルをイネーブルにします。

       
      ステップ 2show policy-map [policy-map-name]
      • (任意)ポリシー マップ名を入力します。 名前には最大 40 文字までの英数字を指定できます。


      例:
      Router# show policy-map unit-test
       

      (任意)指定したポリシー マップに関する全クラスの設定、または、既存の全ポリシー マップに関する全クラスの設定を表示します。

       
      ステップ 3show policy-map interface


      例:
      Router# show policy-map serial2/0
       

      (任意)インターフェイスに適用された入力ポリシーと出力ポリシーの統計情報と設定を表示します。

       
      ステップ 4show running-config


      例:
      Router# show running-config
       

      (任意)現在実行中のコンフィギュレーション ファイルの内容を表示します。

       
      ステップ 5 exit


      例:
      Router(config-pmap-c)# exit 
       

      ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードを終了します。

       

      イーサネット オーバーヘッド アカウンティングの設定例

      例:イーサネット オーバーヘッド アカウンティングのイネーブル化

      次の設定例は、イーサネット オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにする方法を示します。 次の例では、ethernet_ovrh ポリシー マップの設定は 200,000 kbps のレートで class-default トラフィックをシェーピングし、ユーザ定義値 18 を使用してオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。 ethernet_ovrh ポリシーはサブインターフェイス ギガビット イーサネット 1/0/0.100 に関連付けられているため、サブインターフェイスでオーバーヘッド アカウンティングがイネーブルになります。

      Router# configure-terminal
      Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
      Router(config)# policy-map ethernet_ovrh
      Router(config-pmap)# class class-default
      Router(config-pmap-c)# shape average 200000 account user-defined 18
      !
      Router(config)# interface GigabitEthernet1/0/0.100
      Router(config-subif)# service-policy output ethernet_ovrh
      !
      Router# show running-config | begin 1/0/0.100
      interface GigabitEthernet1/0/0.100
      encapsulation dot1Q 101
      pppoe enable group group_pta
      service-policy output ethernet_ovrh

      例:イーサネット オーバーヘッド アカウンティングの確認

      次の例は、ATM オーバーヘッド アカウンティングがシェーピングに対してイネーブルであることを示す、show running-config コマンドの出力の一部を示します。 BRAS-DSLAM カプセル化は dot1q で、加入者線カプセル化は AAL5 サービスに基づく snap-rbe です。

      subscriber policy recording rules limit 64
      no mpls traffic-eng auto-bw timers frequency 0
      call rsvp-sync
      !
      controller T1 2/0
      framing sf
      linecode ami
      !
      controller T1 2/1
      framing sf
      linecode ami
      !
      !
      policy-map unit-test
      class class-default
      shape average 10 account dot1q aal5 snap-rbe

      例:ユーザ定義オプションを使用したイーサネット オーバーヘッド アカウンティングの確認

      次の例は、イーサネット オーバーヘッド アカウンティングがシェーピングに対してイネーブルであり、ユーザ定義オフセットが 18 バイトであることを示す、ethernet_ovrh ポリシー マップの出力を示します。 show policy-map コマンドの出力例は、ethernet_ovrh ポリシー マップがサブインターフェイス ギガビット イーサネット 1/0/0.100 に関連付けられており、サブインターフェイスでオーバーヘッド アカウンティングがイネーブルになっていることを示します。

      Router# show policy-map ethernet_ovrh
      Policy Map ethernet_ovrh
      Class class-default
      Average Rate Traffic Shaping
      cir 200000 (bps) account user-defined 18
      Router# show policy-map interface GigabitEthernet1/0/0.100
      GigabitEthernet1/0/0.100
      Service-policy output: ethernet_ovrh
      Class-map: class-default (match-any)
      0 packets, 0 bytes
      30 second offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
      Match: any
      0 packets, 0 bytes
      30 second rate 0 bps
      Queueing
      queue limit 8 packets
      (queue depth/total drops/no-buffer drops) 0/0/0
      (pkts output/bytes output) 0/0
      shape (average) cir 200000, bc 800, be 800
      target shape rate 200000
      Overhead Accounting Enabled

      その他の関連資料

      関連資料

      関連項目

      マニュアル タイトル

      Cisco IOS コマンド

      『Cisco IOS Master Command List, All Releases』

      QoS コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用上のガイドライン、および例

      『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

      ポリシングとシェーピング

      「ポリシングとシェーピングの概要」モジュール

      クラス マップ

      「MQC を使用した QoS 機能の適用」モジュール

      ポリシー マップ

      「MQC を使用した QoS 機能の適用」モジュール

      標準

      標準

      タイトル

      新しい規格または変更された規格はサポートされていません。また、既存の規格に対するサポートに変更はありません。

      MIB

      MIB

      MIB のリンク

      新しい MIB または変更された MIB はサポートされていません。また、既存の MIB に対するサポートに変更はありません。

      選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

      http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

      RFC

      RFC

      タイトル

      新しい RFC または変更された RFC はサポートされていません。また、既存の RFC に対するサポートに変更はありません。

      シスコのテクニカル サポート

      説明

      リンク

      シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

      http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

      イーサネット オーバーヘッド アカウンティングの機能情報

      次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

      プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

      表 3 イーサネット オーバーヘッド アカウンティングの機能情報

      機能名

      リリース

      機能情報

      イーサネット オーバーヘッド アカウンティング

      Cisco IOS XE Release 2.4

      イーサネット オーバーヘッド アカウンティング機能が Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに導入されました。 これで、パケットにシェーピングを適用する際に、ルータがダウンストリーム イーサネット フレーム ヘッダーを考慮できるようになります。

      親レベルのオーバーヘッド アカウンティング

      Cisco IOS XE Release 3.9S

      親レベルのオーバーヘッド アカウンティング機能が Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに導入されました。 これで、子ポリシーが親または親の親レベルで設定するオーバーヘッド アカウンティング ポリシーを継承できるようになります。