IP マルチキャスト:PIM コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
IPv6 Source Specific Multicast マッピング
IPv6 Source Specific Multicast マッピング
発行日;2013/07/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IPv6 Source Specific Multicast マッピング

IPv6 用の Source-specific multicast(SSM)マッピングでは、MLD バージョン 1 の受信側用にスタティックとダイナミックの両方のドメイン ネーム システム(DNS)マッピングがサポートされています。 この機能を使用すると、TCP/IP ホスト スタックおよび IP マルチキャスト受信アプリケーションで MLD バージョン 2 サポートを提供できないホストで IPv6 SSM を展開できます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、Bug Search Tool およびプラットフォームとソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 Source Specific Multicast マッピングについて

IPv6 用の SSM マッピングでは、MLD バージョン 1 の受信側用にスタティックとダイナミックの両方のドメイン ネーム システム(DNS)マッピングがサポートされています。 この機能を使用すると、TCP/IP ホスト スタックおよび IP マルチキャスト受信アプリケーションで MLD バージョン 2 サポートを提供できないホストで IPv6 SSM を展開できます。

SSM マッピングにより、デバイスは実行コンフィギュレーションまたは DNS サーバのいずれかでマルチキャスト MLD バージョン 1 レポートの送信元を検索できるようになります。 その後、デバイスは送信元に対する(S, G)join を開始できます。

IPv6 Source Specific Multicast マルチキャスト マッピングの設定方法

IPv6 SSM の設定

SSM マッピング機能をイネーブルにすると、DNS ベースの SSM マッピングが自動的にイネーブルになります。つまり、デバイスは、マルチキャスト MLD バージョン 1 レポートの送信元を DNS サーバから検索するようになります。

デバイス設定に応じて、DNS ベースのマッピングまたはスタティック SSM マッピングのいずれかを設定できます。 スタティック SSM マッピングを使用する場合は、複数のスタティック SSM マッピングを設定できます。 複数のスタティック SSM マッピングを設定すると、一致するすべてのアクセス リストの送信元アドレスが使用されるようになります。

はじめる前に

(注)  


DNS ベースの SSM マッピングを使用するには、デバイスは正しく設定されている DNS サーバを少なくとも 1 つ見つける必要があります。デバイスは、その DNS サーバに直接接続される可能性があります。


手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    ipv6 mld [vrf vrf-name] ssm-map enable

    4.    no ipv6 mld [vrf vrf-name] ssm-map query dns

    5.    ipv6 mld [vrf vrf-name] ssm-map static access-list source-address

    6.    end

    7.    show ipv6 mld [vrf vrf-name] ssm-map [source-address]


手順の詳細
    ステップ 1   enable


    例:
    Device> enable 

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
    ステップ 2   configure terminal


    例:
    Device# configure terminal 

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

    ステップ 3   ipv6 mld [vrf vrf-name] ssm-map enable


    例:
    Device(config)# ipv6 mld ssm-map enable

    設定済みの SSM 範囲内のグループに対して SSM マッピング機能をイネーブルにします。

    ステップ 4   no ipv6 mld [vrf vrf-name] ssm-map query dns


    例:
    Device(config)# no ipv6 mld ssm-map query dns

    DNS ベースの SSM マッピングをディセーブルにします。

    ステップ 5   ipv6 mld [vrf vrf-name] ssm-map static access-list source-address


    例:
    Device(config)# ipv6 mld ssm-map static SSM_MAP_ACL_2 2001:DB8:1::1

    スタティック SSM マッピングを設定します。

    ステップ 6   end


    例:
    Device(config-if)# end

    特権 EXEC モードに戻ります。

    ステップ 7   show ipv6 mld [vrf vrf-name] ssm-map [source-address]


    例:
    Device# show ipv6 mld ssm-map 

    SSM マッピング情報を表示します。


    IPv6 Source Specific Multicast マッピングの設定例

    例:IPv6 SSM マッピング

    Device# show ipv6 mld ssm-map 2001:DB8::1
    
     Group address  : 2001:DB8::1
     Group mode ssm : TRUE
     Database       : STATIC
     Source list    : 2001:DB8::2
                      2001:DB8::3
    
    Device# show ipv6 mld ssm-map 2001:DB8::2
    
     Group address  : 2001:DB8::2
     Group mode ssm : TRUE
     Database       : DNS
     Source list    : 2001:DB8::3
                      2001:DB8::1

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    IPv6 のアドレッシングと接続

    『IPv6 Configuration Guide』

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    IP マルチキャスト コマンド

    『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

    IPv6 コマンド

    『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

    Cisco IOS IPv6 機能

    『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

    標準および RFC

    標準/RFC

    タイトル

    IPv6 用 RFC

    『IPv6 RFCs』

    MIB

    MIB

    MIB のリンク

    選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

    http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    IPv6 Source Specific Multicast マッピングの機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 IPv6 Source Specific Multicast マッピングの機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    IPv6 Source Specific Multicast マッピング

    12.2(33)SRA

    12.2(18)SXE

    12.4(2)T

    Cisco IOS XE Release 2.1

    15.0(1)S

    この機能を使用すると、TCP/IP ホスト スタックおよび IP マルチキャスト受信アプリケーションで MLD バージョン 2 サポートを提供できないホストで IPv6 SSM を展開できます。

    次のコマンドが導入または変更されました。ipv6 mld ssm-map enableipv6 mld ssm-map query dnsipv6 mld ssm-map staticshow ipv6 mld ssm-map