IP マルチキャスト:PIM コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
IPv6 マルチキャスト:IPv6 のスタティック マルチキャスト ルーティング
IPv6 マルチキャスト:IPv6 のスタティック マルチキャスト ルーティング
発行日;2013/07/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IPv6 マルチキャスト:IPv6 のスタティック マルチキャスト ルーティング

IPv6 スタティック マルチキャスト ルート、つまり、mroute は、IPv6 スタティック ルートと同じデータベースを共有し、リバース パス転送(RPF)チェックに対するスタティック ルート サポートを拡張することによって実装されます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、Bug Search Tool およびプラットフォームとソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 スタティック mroute について

IPv6 スタティック mroute は、RPF チェックを変化させるために使用する IPv4 スタティック mroute とほぼ同様に動作します。 IPv6 スタティック mroute は、IPv6 スタティック ルートと同じデータベースを共有し、RPF チェックに対するスタティック ルート サポートを拡張することによって実装されます。 スタティック mroute では、等コスト マルチパス mroute がサポートされています。また、ユニキャスト専用スタティック ルートもサポートされています。

IPv6 スタティック マルチキャスト ルートの設定方法

スタティック mroute の設定

IPv6 のスタティック マルチキャスト ルート(mroute)は、IPv6 スタティック ルートの拡張として実装できます。 デバイスを設定する際には、ユニキャスト ルーティング専用としてスタティック ルートを使用するか、マルチキャスト RPF 選択専用としてスタティック マルチキャスト ルートを使用するか、またはユニキャスト ルーティングとマルチキャスト RPF 選択の両方にスタティック ルートを使用するように設定できます。

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    ipv6 route ipv6-prefix / prefix-length ipv6-address | interface-type interface-number ipv6-address]} [administrative-distance] [administrative-multicast-distance | unicast| multicast] [tag tag

    4.    end

    5.    show ipv6 mroute [vrf vrf-name] [link-local | [group-name | group-address [source-address | source-name]] [summary] [count]

    6.    show ipv6 mroute [vrf vrf-name] [link-local | group-name | group-address] active[kbps]

    7.    show ipv6 rpf [vrf vrf-name] ipv6-prefix


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Device# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 ipv6 route ipv6-prefix / prefix-length ipv6-address | interface-type interface-number ipv6-address]} [administrative-distance] [administrative-multicast-distance | unicast| multicast] [tag tag


    例:
    Device(config)# ipv6 route 2001:DB8::/64 6::6 100
     

    スタティック IPv6 ルートを確立します。 この例は、ユニキャスト ルーティングとマルチキャスト RPF 選択の両方に使用されるスタティック ルートを示しています。

     
    ステップ 4 end


    例:
    Device(config-if)# end
     

    特権 EXEC モードに戻ります。

     
    ステップ 5 show ipv6 mroute [vrf vrf-name] [link-local | [group-name | group-address [source-address | source-name]] [summary] [count]


    例:
    Device# show ipv6 mroute ff07::1
     

    IPv6 マルチキャスト ルーティング テーブルの内容を表示します。

     
    ステップ 6 show ipv6 mroute [vrf vrf-name] [link-local | group-name | group-address] active[kbps]


    例:
    Device# show ipv6 mroute active
     

    デバイス上のアクティブなマルチキャスト ストリームを表示します。

     
    ステップ 7 show ipv6 rpf [vrf vrf-name] ipv6-prefix


    例:
    Device# show ipv6 rpf 2001:DB8::1:1:2
     

    特定のユニキャスト ホスト アドレスおよびプレフィックスの RPF 情報を確認します。

     

    IPv6 スタティック マルチキャスト ルートの設定例

    例:スタティック mroute の設定

    show ipv6 mroute コマンドを使用すると、マルチキャスト IPv6 データが流れていることを確認することができます。

    Device# show ipv6 mroute ff07::1
    
    Multicast Routing Table
    Flags:D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, 
           C - Connected, L - Local, I - Received Source Specific Host Report,
           P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag, T - SPT-bit set,
           J - Join SPT 
    Timers:Uptime/Expires
    Interface state:Interface, State
    
    (*, FF07::1), 00:04:45/00:02:47, RP 2001:DB8:6::6, flags:S
      Incoming interface:Tunnel5
      RPF nbr:6:6:6::6
      Outgoing interface list:
        POS4/0, Forward, 00:04:45/00:02:47
    
    (2001:DB8:999::99, FF07::1), 00:02:06/00:01:23, flags:SFT
      Incoming interface:POS1/0
      RPF nbr:2001:DB8:999::99
      Outgoing interface list:
        POS4/0, Forward, 00:02:06/00:03:27

    次に、show ipv6 mroute active コマンドの出力例を示します。

    Device# show ipv6 mroute active
    
    Active IPv6 Multicast Sources - sending >= 4 kbps
    Group:FF05::1
     Source:2001:DB8:1:1:1
       Rate:11 pps/8 kbps(1sec), 8 kbps(last 8 sec)

    次に、IPv6 アドレスが 2001:DB8:1:1:2 のユニキャスト ホストの RPF 情報を表示する例を示します。

    Device# show ipv6 rpf 2001:DB8:1:1:2
    
    RPF information for 2001:DB8:1:1:2
      RPF interface:Ethernet3/2
      RPF neighbor:FE80::40:1:3
      RPF route/mask:20::/64
      RPF type:Unicast
      RPF recursion count:0
      Metric preference:110
      Metric:30

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    IPv6 のアドレッシングと接続

    『IPv6 Configuration Guide』

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    IP マルチキャスト コマンド

    『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

    IPv6 コマンド

    『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

    Cisco IOS IPv6 機能

    『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

    標準および RFC

    標準/RFC

    タイトル

    IPv6 用 RFC

    『IPv6 RFCs』

    MIB

    MIB

    MIB のリンク

    選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

    http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    IPv6 マルチキャストの機能情報:IPv6 のスタティック マルチキャスト ルーティング

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 IPv6 マルチキャストの機能情報:IPv6 のスタティック マルチキャスト ルーティング

    機能名

    リリース

    機能情報

    IPv6 マルチキャスト:IPv6 のスタティック マルチキャスト ルーティング(mroute)

    12.0(26)S

    12.3(4)T

    12.2(25)S

    12.2(33)SRA

    12.2(33)SXH

    12.4

    12.4(2)T

    Cisco IOS XE Release 2.4

    15.0(1)S

    IPv6 スタティック mroute は、IPv6 スタティック ルートと同じデータベースを共有し、スタティック ルート サポートを拡張することによって実装されます。

    次のコマンドが導入または変更されました。ipv6 routeshow ipv6 mrouteshow ipv6 mroute activeshow ipv6 rpf