IP マルチキャスト:PIM コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
IPv6 PIM パッシブ モード
IPv6 PIM パッシブ モード
発行日;2013/07/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IPv6 PIM パッシブ モード

この機能を使用すると、PIM パッシブ モードをインターフェイスでイネーブルにして、PIM パッシブ インターフェイスを、PIM 制御メッセージは送受信できないが、マルチキャスト ルート エントリのリバース パス転送(RPF)インターフェイスとして機能し、マルチキャスト データ パケットを受信して転送できるようにすることができます。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、Bug Search Tool およびプラットフォームとソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 PIM パッシブ モードに関する情報

PIM を使用して設定されたデバイスは、LAN 上のいずれのネイバーからの PIM メッセージも受け取らないように設定されている場合にも、IPv6 マルチキャスト ルーティングが有効になっているすべてのインターフェイスに PIM hello メッセージを常に送信します。 IPv6 PIM パッシブ モード機能を使用すると、PIM パッシブ モードをインターフェイスでイネーブルにして、PIM パッシブ インターフェイスを、PIM 制御メッセージは送受信できないが、マルチキャスト ルート エントリの RPF インターフェイスとして機能し、マルチキャスト データ パケットを受信して転送できるようにすることができます。

IPv6 PIM パッシブ モードの設定方法

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    ipv6 multicast pim-passive-enable

    4.    interface type number

    5.    ipv6 pim passive


手順の詳細
    ステップ 1   enable


    例:
    Device> enable 

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
    ステップ 2   configure terminal


    例:
    Device# configure terminal 

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

    ステップ 3   ipv6 multicast pim-passive-enable


    例:
    Device(config)# ipv6 multicast pim-passive-enable 

    IPv6 デバイスの PIM パッシブ機能をイネーブルにします。

    ステップ 4   interface type number


    例:
    Device(config)# interface GigabitEthernet 1/0/0 

    インターフェイスのタイプと番号を指定し、デバイスをインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

    ステップ 5   ipv6 pim passive


    例:
    Device(config-if)# ipv6 pim passive 

    特定のインターフェイスの PIM パッシブ機能をイネーブルにします。


    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    IPv6 のアドレッシングと接続

    『IPv6 Configuration Guide』

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    IPv6 コマンド

    『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

    Cisco IOS IPv6 機能

    『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

    標準および RFC

    標準/RFC

    タイトル

    IPv6 用 RFC

    『IPv6 RFCs』

    MIB

    MIB

    MIB のリンク

    選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

    http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    IPv6 PIM パッシブの機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 IPv6 PIM パッシブの機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    IPv6 PIM パッシブ

    Cisco IOS XE Release 2.6

    この機能を使用すると、PIM パッシブ モードをインターフェイスでイネーブルにして、PIM パッシブ インターフェイスを、PIM 制御メッセージは送受信できないが、マルチキャスト ルート エントリの RPF インターフェイスとして機能し、マルチキャスト データ パケットを受信して転送できるようにすることができます。

    次のコマンドが導入または変更されました。ipv6 multicast pim-passive-enableipv6 pim passiveshow ipv6 pim interface