IP マルチキャスト:PIM コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
IPv6 ネットワークでの基本的な IP マルチキャスト設定
IPv6 ネットワークでの基本的な IP マルチキャスト設定
発行日;2013/07/26   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

IPv6 ネットワークでの基本的な IP マルチキャスト設定

このモジュールでは、IPv6 ネットワークで基本的な IP マルチキャストを設定する方法について説明します。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、Bug Search Tool およびプラットフォームとソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

基本的な IP マルチキャスト設定の前提条件

  • このモジュールに含まれているどの作業を実行する必要があるかを判断するには、使用する Protocol Independent Multicast(PIM)モードを決定する必要があります。 この決定は、ネットワーク上でサポートするアプリケーションによって異なります。
  • このモジュールの作業で使用するアクセス リストはすべて、設定作業を開始する前に設定しておく必要があります。 アクセス リストの設定方法については、『Security Configuration Guide: Access Control Lists』の「Creating an IP Access List and Applying It to an Interface」モジュールを参照してください。

IPv6 ネットワークでの基本的な IP マルチキャスト設定に関する情報

IPv6 マルチキャスト

IPv6 マルチキャストの概要

IPv6 マルチキャスト グループは、特定のデータ ストリームを受信する受信側の任意のグループです。 このグループには、物理的境界または地理的境界はありません。受信側は、インターネット上または任意のプライベート ネットワーク内の任意の場所に配置できます。 特定のグループへのデータ フローの受信に関与する受信側は、ローカル デバイスに対してシグナリングすることによってそのグループに加入する必要があります。 このシグナリングは、MLD プロトコルを使用して行われます。

デバイスは、MLD プロトコルを使用して、直接接続されているサブネットにグループのメンバが存在するかどうかを学習します。 ホストは、MLD レポート メッセージを送信することによってマルチキャスト グループに加入します。 ネットワークでは、各サブネットでマルチキャスト データのコピーを 1 つだけ使用して、潜在的に無制限の受信側にデータが伝送されます。 トラフィックの受信を希望する IPv6 ホストはグループ メンバと呼ばれます。

グループ メンバに伝送されるパケットは、単一のマルチキャスト グループ アドレスによって識別されます。 マルチキャスト パケットは、IPv6 ユニキャスト パケットと同様に、ベストエフォート型の信頼性を使用してグループに伝送されます。

マルチキャスト環境は、送信側と受信側で構成されます。 どのホストも、グループのメンバであるかどうかにかかわらず、グループに送信できます。 ただし、グループのメンバだけがメッセージを受信します。

マルチキャスト アドレスがマルチキャスト グループの受信先として選択されます。 送信者は、データグラムの宛先アドレスとしてグループのすべてのメンバに到達するためにそのアドレスを使用します。

マルチキャスト グループ内のメンバーシップはダイナミックです。ホストはいつでも加入および脱退できます。 マルチキャスト グループ内のメンバの場所または数に制約はありません。 ホストは、一度に複数のマルチキャスト グループのメンバにすることができます。

マルチキャスト グループがどの程度アクティブであるか、その期間、およびメンバーシップはグループおよび状況によって異なります。 メンバを含むグループにアクティビティがない場合もあります。

IPv6 マルチキャスト アドレッシング

IPv6 マルチキャスト アドレスは、FF00::/8(1111 1111)というプレフィックスを持つ IPv6 アドレスです。 IPv6 マルチキャスト アドレスは、通常は異なるノードに属するインターフェイス セットの識別子です。 マルチキャスト アドレスに送信されたパケットは、マルチキャスト アドレスが示すすべてのインターフェイスに配信されます。 プレフィックスに続く 2 番めのオクテットで、マルチキャスト アドレスのライフタイムとスコープが定義されます。 永久マルチキャスト アドレスはライフタイム パラメータが 0 に等しく、一時マルチキャスト アドレスのライフタイム パラメータは 1 に等しくなっています。 ノード、リンク、サイト、組織のスコープ、またはグローバル スコープを持つマルチキャスト アドレスのスコープ パラメータは、それぞれ 1、2、5、8、または E です。 たとえば、プレフィックスが FF02::/16 のマルチキャスト アドレスは、リンク スコープを持つ永続マルチキャスト アドレスです。 下の図は、IPv6 マルチキャスト アドレスの形式を示しています。

図 1. IPv6 マルチキャスト アドレス形式

IPv6 ノード(ホストとルータ)は、(受信パケットの宛先となる)次のマルチキャスト グループに加入する必要があります。

  • 全ノード マルチキャスト グループ FF02:0:0:0:0:0:0:1(スコープはリンクローカル)
  • 割り当てられたユニキャスト アドレスおよびエニーキャスト アドレスごとの送信要求ノード マルチキャスト グループ FF02:0:0:0:0:1:FF00:0000/104

IPv6 ルータは、全ルータ マルチキャスト グループ FF02:0:0:0:0:0:0:2(スコープはリンクローカル)にも加入する必要があります。

送信要求ノード マルチキャスト アドレスは、IPv6 ユニキャスト アドレスまたはエニーキャスト アドレスに対応するマルチキャスト グループです。 IPv6 ノードは、割り当てられているユニキャスト アドレスおよびエニーキャスト アドレスごとに、関連付けられた送信要求ノード マルチキャスト グループに加入する必要があります。 IPv6 送信要求ノード マルチキャスト アドレスには、対応する IPv6 ユニキャスト アドレスまたは IPv6 エニーキャスト アドレスの下位 24 ビットに連結されたプレフィックス FF02:0:0:0:0:1:FF00:0000/104 があります(下の図を参照)。 たとえば、IPv6 アドレス 2037::01:800:200E:8C6C に対応する請求ノード マルチキャスト アドレスは FF02::1:FF0E:8C6C です。 送信要求ノード アドレスは、ネイバー送信要求メッセージで使用されます。

図 2. IPv6 送信要求ノード マルチキャスト アドレス形式


(注)  


IPv6 にはブロードキャスト アドレスはありません。 ブロードキャスト アドレスの代わりに IPv6 マルチキャスト アドレスが使用されます。


IPv6 マルチキャスト グループ

インターフェイスで IPv6 トラフィックを転送できるようにするには、そのインターフェイスで IPv6 アドレスを設定する必要があります。 インターフェイスでサイトローカルまたはグローバル IPv6 アドレスを設定すると、リンクローカル アドレスが自動的に設定され、そのインターフェイスに対して IPv6 がアクティブになります。 また、設定されたインターフェイスは、そのリンクに必要な次のマルチキャスト グループに自動的に加入します。

  • インターフェイスに割り当てられたユニキャスト アドレスおよびエニーキャスト アドレスごとの請求ノード マルチキャスト グループ FF02:0:0:0:0:1:FF00::/104

    (注)  


    送信要求ノード マルチキャスト アドレスは、ネイバー探索プロセスで使用されます。


  • 全ノード リンクローカル マルチキャスト グループ FF02::1
  • 全ルータ リンクローカル マルチキャスト グループ FF02::2
IPv6 マルチキャスト アドレス グループ範囲のサポート

この機能は、IPv6 マルチキャスト エッジ ルーティングにアクセス コントロール メカニズムを提供します。 ACL では、許可または拒否されるマルチキャスト グループまたはチャネルを指定します。 拒否されたグループまたはチャネルについて、デバイスはプロトコル トラフィックおよびアクションを無視し(たとえば、MLD ステートは作成されず、mroute ステートは作成されず、PIM join は転送されません)、システムのすべてのインターフェイス上でデータ トラフィックをドロップし、ACL によって拒否されたグループまたはチャネルのマルチキャストをディセーブルにします。

限定スコープ アドレス アーキテクチャ

IPv6 では、グローバル アドレスと非グローバル アドレスがサポートされています。 ここでは、異なるスコープの IPv6 アドレスの使用方法について説明します。

スコープ ゾーン(簡単にはゾーン)とは、特定のスコープのトポロジの、接続されているリージョンです。 たとえば、特定のサイト内のデバイスが接続しているリンクのセット、およびこれらのリンクに接続されているインターフェイスは、サイトローカル スコープの単一のゾーンを構成します。

ゾーンはトポロジ リージョンの特定のインスタンス(たとえば、ゾーン 1 のサイトまたはゾーン 2 のサイト)であるのに対し、スコープはトポロジ リージョンの規模(たとえば、サイトまたはリンク)です。 特定の非グローバル アドレスに関連するゾーンは、アドレス自体では符号化されません。ただし、その代わりに、その送受信を行うインターフェイスなどのコンテキストによって判別されます。 したがって、特定の非グローバル スコープのアドレスは、そのスコープの別々のゾーンで再利用される場合があります。 たとえば、ゾーン 1 のサイトとゾーン 2 のサイトのそれぞれに、サイトローカル アドレス FEC0::1 を持つノードが含まれている場合があります。

異なるスコープのゾーンは、次のようにインスタンス化されます。
  • 各リンク、およびそのリンクに接続されているインターフェイスは、リンクローカル スコープの単一のゾーン(ユニキャストおよびマルチキャストの両方に使用)を構成します。
  • インターネットのすべてのリンクおよびインターフェイスで構成されるグローバル スコープの単一のゾーン(ユニキャストおよびマルチキャストの両方に使用)もあります。
  • インターフェイスローカル、リンクローカル、およびグローバル以外のスコープのゾーンの境界については、ネットワーク管理者が定義および設定する必要があります。 ユニキャストおよびマルチキャストの両方で、サイト境界が境界として機能します。

ゾーン境界は、比較的スタティックな機能であり、トポロジにおける短期的な変更に応じて変化することはありません。 したがって、ゾーン内のトポロジが「接続されている必要がある」という要件は、一時的にだけ接続されることがあるリンクとインターフェイスを含めるためのものです。 たとえば、ダイヤルアップにより従業員のサイトへのインターネット アクセスを取得するレジデンシャル ノードまたはネットワークは、ダイヤルアップ リンクが切断された場合でも、従業員のサイトローカル ゾーンの一部として扱われることがあります。 同様に、ゾーンのパーティション化を引き起こすデバイス、インターフェイス、またはリンクの障害が発生しても、そのゾーンが複数のゾーンに分割されることはありません。厳密には、別個のパーティションが引き続き同じゾーンに属しているものと見なされます。

ゾーンには、他にも次の特性があります。
  • ゾーン境界はリンクではなくノードを横断します(グローバル ゾーンには境界はなく、インターフェイスローカル ゾーンの境界には 1 つのインターフェイスだけが含まれています)。
  • 同じスコープのゾーンは重なることができません。つまり、共通のリンクまたはインターフェイスを持つことはできません。
  • (グローバルより小さい)特定のスコープのゾーンは、それより大きいスコープのゾーン内に完全に含まれます。つまり、小さいスコープのゾーンには、リンクまたはインターフェイスを共有する大きいスコープのゾーンを超えるトポロジを含めることはできません。
  • 各インターフェイスは、それぞれのスコープの 1 つのゾーンに厳密に属しています。

MRIB

マルチキャストルーティング情報ベース(MRIB)は、マルチキャスト ルーティング プロトコル(ルーティング クライアント)によってインスタンス化されるマルチキャスト ルーティング エントリのプロトコル非依存リポジトリです。 その主要機能は、ルーティング プロトコルとマルチキャスト転送情報ベース(MFIB)間の非依存性を実現することです。 また、クライアント間の調整および通信ポイントとしても機能します。

ルーティング クライアントは、MRIB が提供するサービスを使用して、ルーティング エントリをインスタンス化し、他のクライアントによってルーティング エントリに加えられた変更を取得します。 MRIB では、ルーティング クライアント以外に、転送クライアント(MFIB インスタンス)や特別なクライアント(MLD など)も扱われます。 MFIB は、MRIB からその転送エントリを取得し、パケットの受信に関連するイベントについて MRIB に通知します。 これらの通知は、ルーティング クライアントによって明示的に要求されることも、MFIB によって自発的に生成されることもあります。

MRIB のもう 1 つの重要な機能は、同じマルチキャスト セッション内でマルチキャスト接続を確立する際に、複数のルーティング クライアントの調整を可能にすることです。 また、MRIB では、MLD とルーティング プロトコル間の調整も可能です。

IPv6 マルチキャストのプロセス スイッチングおよび高速スイッチング

統合 MFIB は、IPv6 マルチキャストでの PIM-SM および PIM-SSM に対するファスト スイッチングおよびプロセス スイッチングの両サポートを提供するために使用されます。 プロセス スイッチングでは、ルート プロセッサが各パケットの調査、書き換え、および転送を行う必要があります。 最初にパケットが受信され、システム メモリにコピーされます。 次に、デバイスがルーティング テーブル内でレイヤ 3 ネットワーク アドレスを検索します。 そのあと、レイヤ 2 フレームがネクストホップの宛先アドレスで書き換えられ、発信インターフェイスに送信されます。 また、RP は、巡回冗長検査(CRC)も計算します。 このスイッチング方式は、IPv6 パケットをスイッチングする方式の中でスケーラビリティが最も低い方式です。

IPv6 マルチキャストの高速スイッチングを使用すると、デバイスはプロセス スイッチングよりも高いパケット転送パフォーマンスを実現できます。 従来ルート キャッシュに格納される情報は、IPv6 マルチキャスト スイッチング用にいくつかのデータ構造に格納されます。 これらのデータ構造では、ルックアップが最適化され、パケット転送を効率的に行えるようになっています。

IPv6 マルチキャスト転送では、PIM プロトコル ロジックで許可されていれば、最初のパケットのファスト スイッチングが行われます。 IPv6 マルチキャストの高速スイッチングでは、MAC カプセル化ヘッダーが事前に計算されます。 IPv6 マルチキャストの高速スイッチングでは、MFIB を使用して、IPv6 送信先プレフィックス ベースのスイッチング判定が行われます。 IPv6 マルチキャストの高速スイッチングでは、MFIB に加えて、隣接関係テーブルを使用して、レイヤ 2 アドレッシング情報が付加されます。 隣接関係テーブルでは、すべての MFIB エントリのレイヤ 2 ネクストホップ アドレスが管理されます。

隣接が検出されると、隣接関係テーブルにそのデータが入力されます。 (ARP などを使用して)隣接エントリが作成されるたびに、その隣接ノードのリンク層ヘッダーが事前に計算され、隣接関係テーブルに格納されます。 ルートが決定されると、そのヘッダーはネクスト ホップおよび対応する隣接エントリを指します。 そのあと、そのヘッダーはパケット スイッチング時のカプセル化に使用されます。

ロード バランシングと冗長性の両方に対応するようにデバイスが設定されている場合など、ルートには送信先プレフィックスへの複数のパスが存在することがあります。 解決されたパスごとに、そのパスのネクストホップ インターフェイスに対応する隣接へのポインタが追加されます。 このメカニズムは、複数のパスでのロード バランシングに使用されます。

IPv6 エニーキャスト RP ソリューション

PIMv6 エニーキャスト RP ソリューションの概要

IPv6 PIM のエニーキャスト RP ソリューションは、IPv6 ネットワークによる PIM-SM RP のエニーキャスト サービスのサポートを可能にします。 これにより、PIM のみを実行するドメイン内でエニーキャスト RP を使用できるようになります。 エニーキャスト RP は、IPv4 および IPv6 で使用できますが、IPv4 だけで動作する Multicast Source Discovery Protocol(MSDP)には依存しません。 この機能は、ドメイン間接続が不要な場合に便利です。

エニーキャスト RP は、PIM RP のデバイスに障害が発生した場合に、高速コンバージェンスを取得するために ISP ベースのバックボーンが使用するメカニズムです。 受信側および送信元が最も近くの RP にランデブーできるようにするには、送信元からのパケットがすべての RP に到達して、加入している受信側を検出する必要があります。

ユニキャスト IP アドレスは RP アドレスとして選択されます。 このアドレスは、静的に設定されるか、またはダイナミック プロトコルを使用して、ドメイン全体のすべての PIM デバイスに配信されます。 ドメイン内の一連のデバイスが、この RP アドレスの RP として動作するように選択されます。これらのデバイスは、エニーキャスト RP セットと呼ばれます。 エニーキャスト RP セット内の各デバイスは、RP アドレスを使用してループバック インターフェイスで設定されます。 また、エニーキャスト RP セット内の各デバイスには、RP 間の通信に使用する別の物理 IP アドレスも必要です。

RP アドレス、または RP アドレスに対応するプレフィックスは、ドメイン内部のユニキャスト ルーティング システムに挿入されます。 エニーキャスト RP セット内の各デバイスは、エニーキャスト RP セット内のその他すべてのデバイスのアドレスで設定されます。また、この設定は、セット内のすべての RP で一致している必要があります。

PIMv6 エニーキャスト RP の通常の動作

次の図に、PIMv6 エニーキャスト RP の通常の動作を示し、次のように想定します。
  • RP1、RP2、RP3、および RP4 は同じエニーキャスト RP グループのメンバです。
  • S11 と S31 は、ユニキャスト ルーティング メトリックに基づいて RP1 と RP3 をそれぞれ使用するソースです。
  • R11、R12、R2、R31 および R32 はレシーバです。 ユニキャスト ルーティング メトリックに基づいて、R11 と R12 は RP1 に加入し、R2 は RP2 と R31 に加入し、R32 は RP3 にそれぞれ加入します。

S11 がパケットの送信を開始すると、次のイベント シーケンスが発生します。

  1. DR1 は(S, G)ステートを作成し、RP1 へ register を送信します。 DR1 はデータ パケットを register にカプセル化する場合もあります。
  2. register を受信すると、RP1 は通常の PIM-SM RP 機能を実行し、パケットを R11 と R12 へ転送します。
  3. RP1 は、register(データ パケットをカプセル化する場合もあります)を RP2、RP3、RP4 にも送信します。
  4. RP2、RP3、RP4 がさらに register を相互に転送することはありません。
  5. RP2、RP3、RP4 は通常の PIM-SM RP 機能を実行し、カプセル化されたデータ パケットがある場合、RP2 はデータ パケットを R2 に転送し、RP3 はデータ パケットを R31 と R32 にそれぞれ転送します。
  6. DR1 から送信された null registers に対して上記の 5 ステップが繰り返されます。

PIMv6 エニーキャスト RP フェールオーバー

次の図は、PIM エニーキャスト RP フェールオーバーを示しています。

フェールオーバーでは、RP1 が到達可能な場合、次のことが実行されます。
  • DR1 からの register は RP2 にトランスペアレントにルーティングされます。
  • R11 は RP として RP2 を使用し、R12 は、RP として RP4 を使用します。
  • DR1 からの register は RP2 から RP3 および RP4 にルーティングされます。

このように、RP の損失(この場合は RP1)は DR1、R11、および R12 に対してトランスペアレントであり、ネットワークは、IGP が収束するとすぐに収束します。

IPv6 BSR

IPv6 BSR

ドメイン内の PIM デバイスは、各マルチキャスト グループを正しい RP アドレスにマッピングできる必要があります。 PIM-SM 対応の BSR プロトコルは、グループと RP のマッピング情報をドメイン全体に迅速に配布するためのダイナミック適応メカニズムを備えています。 IPv6 BSR 機能を使用すると、到達不能になった RP が検出され、マッピング テーブルが変更されます。これにより、到達不能な RP が今後使用されなくなり、新しいテーブルがドメイン全体に迅速に配布されるようになります。

すべての PIM-SM マルチキャスト グループを RP の IP または IPv6 アドレスに関連付ける必要があります。 新しいマルチキャスト送信側が送信を開始すると、そのローカル DR がこれらのデータ パケットを PIM register メッセージにカプセル化し、そのマルチキャスト グループの RP に送信します。 新しいマルチキャスト受信側が加入すると、そのローカル DR がそのマルチキャスト グループの RP に PIM join メッセージを送信します。 PIM デバイスは、(*, G)join メッセージを送信するとき、RP 方向への次のデバイスを認識して、G(グループ)がそのデバイスにメッセージを送信できるようにする必要があります。 また、PIM デバイスは、(*, G)ステートを使用してデータ パケットを転送するとき、G を宛先としたパケットの正しい着信インターフェイスを認識する必要があります。これは、他のインターフェイスに着信するパケットを拒否する必要があるためです。

ドメイン内の少数のデバイスが候補ブートストラップ ルータ(C-BSR)として設定され、単一の BSR がそのドメイン用に選択されます。 また、ドメイン内の一連のデバイスが候補 RP(C-RP)として設定されます。通常、これらのデバイスは、C-BSR として設定されているものと同じデバイスです。 候補 RP は、候補 RP アドバタイズメント(C-RP-Adv)メッセージをそのドメインの BSR に定期的にユニキャストし、RP になる意思をアドバタイズします。 C-RP-Adv メッセージには、アドバタイズを行っている C-RP のアドレス、およびグループ アドレスとマスク長のフィールドの任意のリストが含まれています。これらのフィールドは、立候補のアドバタイズの対象となるグループ プレフィックスを示します。 BSR は、定期的に発信するブートストラップ メッセージ(BSM)にこれらの一連の C-RP とそれに対応するグループ プレフィックスを含めます。 BSM は、ドメイン全体にホップバイホップで配布されます。

双方向 BSR がサポートされているため、双方向 RP を C-RP メッセージおよび BSM の双方向範囲でアドバタイズできます。 システム内のすべてのデバイスは、BSM で双方向範囲を使用できる必要があります。使用できない場合は、双方向 RP 機能が機能しません。

IPv6 BSR:RP マッピングの設定

RP マッピングを設定するための IPv6 BSR 機能を使用すると、スコープと RP のマッピングを候補 RP メッセージから学習する代わりに、BSR から直接アナウンスするように、IPv6 マルチキャスト デバイスをスタティックに設定できます。 BSR から RP マッピングをアナウンスすると、次のいくつかの状況で役立ちます。

  • RP が 1 つしか存在しないか、またはグループ範囲でエニーキャスト RP が使用されているために、RP アドレスが変わらない場合、候補 BSR で RP アドレス通知をスタティックに設定することは容易になります。
  • RP アドレスが仮想 RP アドレスである場合(双方向 PIM を使用している場合など)、BSR はそのアドレスを候補 RP から学習できません。 その代わりに、候補 BSR で仮想 RP アドレスをアナウンス対象 RP として設定する必要があります。

IPv6 BSR:スコープ ゾーン サポート

BSR では、管理用スコープのマルチキャストを使用してネットワークでグループと RP のマッピングを配布することによって、限定スコープ ゾーンをサポートしています。 ユーザは、ドメイン内の管理用スコープ領域ごとに候補 BSR と一連の候補 RP を設定できます。

BSR が管理用スコープで正しく機能するためには、BSR および少なくとも 1 つの C-RP がすべての管理用スコープ領域内に存在している必要があります。 管理用スコープ ゾーンの境界は、ゾーン境界デバイスで設定する必要があります。これは、エラー条件が原因で境界を間違って越える可能性がある PIM join メッセージをフィルタリングする必要があるためです。 また、管理用スコープ ゾーン内の少なくとも 1 つの C-BSR が、管理用スコープ ゾーンのアドレス範囲の C-BSR になるように設定する必要があります。

BSR 選択は、(BSM を使用して)管理用スコープ範囲ごとに 1 回、およびグローバル範囲に対して 1 回行われるようになります。 管理用スコープ範囲は BSM で識別されます。これは、特定の RP セットで処理するように設定されている範囲だけでなく、管理用スコープ範囲であることを示すように、グループ範囲がマーク付けされているためです。

C-RP にスコープが設定されていない場合、その C-RP は、スコープ ゾーンのグループ範囲を含む選択 BSR から BSM を受信することによって、管理用スコープ ゾーンの有無およびそのグループ範囲を検出します。 C-RP には、各選択 BSR のアドレスとその BSM に含まれる管理用スコープ範囲が格納されます。 C-RP は、RP として動作する意思のある管理用スコープ範囲ごとに C-RP-Adv メッセージを適切な BSR に個別にユニキャストします。

管理用スコープ範囲が使用中の PIM ブートストラップ ドメイン内のすべての PIM デバイスが、BSM を受信し、該当するすべての管理用スコープ ゾーンに対する選択 BSR と RP のセットを格納できる必要があります。

IPv6 マルチキャスト:BSR パケットの RPF フラッディング

シスコの IPv6 デバイスでは、BSM のフローを妨げることがないように、BSR パケットの RPF フラッディングがサポートされています。 デバイスは、BSM を十分に認識および解析して、BSR アドレスを識別します。 デバイスは、この BSR アドレスの RPF チェックを実行し、RPF インターフェイスで受信したパケットだけを転送します。 また、RPF 情報を含む BSR エントリを作成し、同じ BSR からの今後の BSM に使用できるようにします。 特定の BSR から BSM を今後受信しなくなると、BSR エントリはタイムアウトします。

IPv6 マルチキャスト グループ

インターフェイスで IPv6 トラフィックを転送できるようにするには、そのインターフェイスで IPv6 アドレスを設定する必要があります。 インターフェイスでサイトローカルまたはグローバル IPv6 アドレスを設定すると、リンクローカル アドレスが自動的に設定され、そのインターフェイスに対して IPv6 がアクティブになります。 また、設定されたインターフェイスは、そのリンクに必要な次のマルチキャスト グループに自動的に加入します。

  • インターフェイスに割り当てられたユニキャスト アドレスおよびエニーキャスト アドレスごとの請求ノード マルチキャスト グループ FF02:0:0:0:0:1:FF00::/104

    (注)  


    送信要求ノード マルチキャスト アドレスは、ネイバー探索プロセスで使用されます。


  • 全ノード リンクローカル マルチキャスト グループ FF02::1
  • 全ルータ リンクローカル マルチキャスト グループ FF02::2

IPv6 マルチキャスト アドレス グループ範囲のサポート

この機能は、IPv6 マルチキャスト エッジ ルーティングにアクセス コントロール メカニズムを提供します。 ACL では、許可または拒否されるマルチキャスト グループまたはチャネルを指定します。 拒否されたグループまたはチャネルについて、デバイスはプロトコル トラフィックおよびアクションを無視し(たとえば、MLD ステートは作成されず、mroute ステートは作成されず、PIM join は転送されません)、システムのすべてのインターフェイス上でデータ トラフィックをドロップし、ACL によって拒否されたグループまたはチャネルのマルチキャストをディセーブルにします。

IPv6 ネットワークでの基本的な IP マルチキャストの設定方法

IPv6 マルチキャスト ルーティングのイネーブル化

IPv6 マルチキャストは、MLD バージョン 2 を使用します。 このバージョンの MLD には、MLD バージョン 1 との完全な下位互換性があります(RFC 2710 で規定)。 MLD バージョン 1 だけをサポートするホストは、MLD バージョン 2 を実行しているデバイスと相互運用します。 MLD バージョン 1 ホストと MLD バージョン 2 ホストの両方が混在する LAN もサポートされています。

はじめる前に

最初に、IPv6 マルチキャスト ルーティングをイネーブルにするデバイスのすべてのインターフェイスで、IPv6 ユニキャスト ルーティングをイネーブルにする必要があります。

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    ipv6 multicast-routing [vrf vrf-name]


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Device# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 ipv6 multicast-routing [vrf vrf-name]


    例:
    Device(config)# ipv6 multicast-routing
     

    すべての IPv6 対応インターフェイスでマルチキャスト ルーティングをイネーブルにし、イネーブルになっているすべてのデバイス インターフェイスで PIM および MLD に対してマルチキャスト転送をイネーブルにします。

    • IPv6 マルチキャスト ルーティングは、IPv6 ユニキャスト ルーティングがイネーブルの場合、デフォルトでディセーブルです。 特定のデバイスでは、IPv6 ユニキャスト ルーティングを使用するには、IPv6 マルチキャスト ルーティングもイネーブルにする必要があります。
     

    デバイスでの未認証マルチキャスト トラフィックの受信のディセーブル化

    状況によっては、アクセス コントロール プロファイルに従って加入者の認証とチャネルの許可が行われていないかぎり、マルチキャスト トラフィックの受信を防止することが必要となる場合があります。 つまり、アクセス コントロール プロファイルで特に指定がなければ、トラフィックを完全になくす必要があります。

    未認証グループまたは未許可チャネルからマルチキャスト トラフィックをデバイスが受信しないようにするには、次の作業を実行します。

    手順の概要

      1.    enable

      2.    configure terminal

      3.    ipv6 multicast [vrf vrf-name] group-range[access-list-name]


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 enable


      例:
      Device> enable
       

      特権 EXEC モードをイネーブルにします。

      • パスワードを入力します(要求された場合)。
       
      ステップ 2 configure terminal


      例:
      Device# configure terminal
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 3 ipv6 multicast [vrf vrf-name] group-range[access-list-name]


      例:
      Device(config)# ipv6 multicast group-range
       

      デバイスのすべてのインターフェイスで未許可グループまたはチャネルのマルチキャスト プロトコル アクションおよびトラフィック転送をディセーブルにします。

       

      IPv6 マルチキャストのトラブルシューティング

      手順の概要

        1.    enable

        2.    debug ipv6 mfib group-name | group-address] [adjacency | signal | db | init | mrib | pak | ps

        3.    debug ipv6 mld [group-name | group-address | interface-type]

        4.    debug ipv6 mld explicit [group-name | group-address

        5.    debug ipv6 pim [group-name | group-address | interface-type | neighbor | bsr

        6.    debug bgp ipv6 {unicast | multicast} dampening [prefix-list prefix-list-name

        7.    debug bgp ipv6 {unicast | multicast} updates [ipv6-address] [prefix-list prefix-list-name] [in | out

        8.    debug ipv6 mrib client

        9.    debug ipv6 mrib io

        10.    debug ipv6 mrib issu

        11.    debug ipv6 mrib proxy

        12.    debug ipv6 mrib route [group-name | group-address

        13.    debug ipv6 mrib table


      手順の詳細
         コマンドまたはアクション目的
        ステップ 1 enable


        例:
        Device> enable
         

        特権 EXEC モードをイネーブルにします。

        • パスワードを入力します(要求された場合)。
         
        ステップ 2 debug ipv6 mfib group-name | group-address] [adjacency | signal | db | init | mrib | pak | ps


        例:
        Device# debug ipv6 mfib pak FF04::10
         

        IPv6 MFIB に対するデバッグ出力をイネーブルにします。

         
        ステップ 3 debug ipv6 mld [group-name | group-address | interface-type]

        例:
        Device# debug ipv6 mld
         

        MLD プロトコル アクティビティに対するデバッグをイネーブルにします。

         
        ステップ 4 debug ipv6 mld explicit [group-name | group-address


        例:
        Device# debug ipv6 mld explicit
         

        ホストの明示的トラッキングに関連する情報を表示します。

         
        ステップ 5 debug ipv6 pim [group-name | group-address | interface-type | neighbor | bsr


        例:
        Device# debug ipv6 pim
         

        PIM プロトコル アクティビティに対するデバッグをイネーブルにします。

         
        ステップ 6 debug bgp ipv6 {unicast | multicast} dampening [prefix-list prefix-list-name


        例:
        Device# debug bgp ipv6 multicast
         

        IPv6 BGP 減衰のデバッグ メッセージを表示します。

         
        ステップ 7 debug bgp ipv6 {unicast | multicast} updates [ipv6-address] [prefix-list prefix-list-name] [in | out


        例:
        Device# debug bgp ipv6 multicast updates
         

        IPv6 BGP アップデート パケットのデバッグ メッセージを表示します。

         
        ステップ 8 debug ipv6 mrib client


        例:
        Device# debug ipv6 mrib client
         

        MRIB クライアント管理アクティビティに対するデバッグをイネーブルにします。

         
        ステップ 9 debug ipv6 mrib io


        例:
        Device# debug ipv6 mrib io
         

        MRIB I/O イベントに対するデバッグをイネーブルにします。

         
        ステップ 10 debug ipv6 mrib issu


        例:
        Device# debug ipv6 mrib issu
         

        MRIB 稼働中ソフトウェア アップデートに対するデバッグをイネーブルにします。

         
        ステップ 11 debug ipv6 mrib proxy


        例:
        Device# debug ipv6 mrib proxy
         

        分散型デバイスにおけるルート プロセッサとラインカード間の MRIB プロキシ アクティビティに対するデバッグをイネーブルにします。

         
        ステップ 12 debug ipv6 mrib route [group-name | group-address


        例:
        Device# debug ipv6 mrib route 
         

        MRIB ルーティング エントリ関連のアクティビティに関する情報を表示します。

         
        ステップ 13 debug ipv6 mrib table


        例:
        Device# debug ipv6 mrib table
         

        MRIB テーブル管理アクティビティに対するデバッグをイネーブルにします。

         

        PIMv6 エニーキャスト RP の設定

        このタスクでは、2 つの PIMv6 RP ピアをイネーブル化する方法について説明します。 ステップ 3~11 は RP1 の設定を示し、ステップ 12~19 は RP2 の設定を示しています。

        手順の概要

          1.    enable

          2.    configure terminal

          3.    ipv6 pim [vrf vrf-name] rp-address ipv6-address [group-address-list ] [bidir]

          4.    interface type number

          5.    ipv6 address {ipv6-address/prefix-length | prefix-name sub-bits /prefix-length}

          6.    no shut

          7.    interface type number

          8.    ipv6 address {ipv6-address/prefix-length | prefix-name sub-bits /prefix-length}

          9.    no shut

          10.    exit

          11.    ipv6 pim anycast-RP rp-address peer-address

          12.    ipv6 pim [vrf vrf-name] rp-address ipv6-address [group-address-list ] [bidir]

          13.    interface type number

          14.    ipv6 address {ipv6-address/prefix-length | prefix-name sub-bits /prefix-length}

          15.    no shut

          16.    interface type number

          17.    ipv6 address {ipv6-address/prefix-length | prefix-name sub-bits /prefix-length}

          18.    no shut

          19.    ipv6 pim anycast-RP rp-address peer-address


        手順の詳細
           コマンドまたはアクション目的
          ステップ 1 enable


          例:
          Device> enable
           

          特権 EXEC モードをイネーブルにします。

          • パスワードを入力します(要求された場合)。
           
          ステップ 2 configure terminal


          例:
          Device# configure terminal
           

          グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

           
          ステップ 3ipv6 pim [vrf vrf-name] rp-address ipv6-address [group-address-list ] [bidir]


          例:
          Device(config)# ipv6 pim rp-address 2001:DB8::1:1 acl_sparse1
           

          特定のグループ範囲の PIM RP のアドレスを設定します。

           
          ステップ 4interface type number


          例:
          Device(config)# interface Loopback4
           

          インターフェイスのタイプと番号を指定し、デバイスをインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

           
          ステップ 5ipv6 address {ipv6-address/prefix-length | prefix-name sub-bits /prefix-length}


          例:
          Device(config-if)# ipv6 address 2001:DB8::4:4/64
           

          IPv6 の一般的なプレフィックスに基づいて IPv6 アドレスを設定し、インターフェイスにおける IPv6 処理をイネーブルにします。

           
          ステップ 6no shut


          例:
          Device(config-if)# no shut
           

          インターフェイスをイネーブルにします。

           
          ステップ 7interface type number


          例:
          Device(config-if)# interface Loopback5
           

          インターフェイスのタイプと番号を指定し、デバイスをインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

           
          ステップ 8ipv6 address {ipv6-address/prefix-length | prefix-name sub-bits /prefix-length}


          例:
          Device(config-if)# ipv6 address 2001:DB8:0:ABCD::1/64
           

          IPv6 の一般的なプレフィックスに基づいて IPv6 アドレスを設定し、インターフェイスにおける IPv6 処理をイネーブルにします。

           
          ステップ 9no shut


          例:
          Device(config-if)# no shut
           

          インターフェイスをイネーブルにします。

           
          ステップ 10 exit


          例:
          Device(config-if)# exit
           

          このコマンドを入力してインターフェイス コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

           
          ステップ 11ipv6 pim anycast-RP rp-address peer-address


          例:
          Device(config)# ipv6 pim anycast-rp 2001:DB8:0:ABCD::1 2001:DB8::3:3
           

          このコマンドを使用して、エニーキャスト グループ範囲の PIM RP のアドレスを設定します。

           
          ステップ 12ipv6 pim [vrf vrf-name] rp-address ipv6-address [group-address-list ] [bidir]


          例:
          Device(config)# ipv6 pim rp-address 2001:DB8::1:1 acl_sparse1
           

          特定のグループ範囲の PIM RP のアドレスを設定します。

           
          ステップ 13interface type number


          例:
          Device(config)# interface Loopback4
           

          インターフェイスのタイプと番号を指定し、デバイスをインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

           
          ステップ 14ipv6 address {ipv6-address/prefix-length | prefix-name sub-bits /prefix-length}


          例:
          Device(config-if)# ipv6 address 2001:DB8::3:3/64
           

          IPv6 の一般的なプレフィックスに基づいて IPv6 アドレスを設定し、インターフェイスにおける IPv6 処理をイネーブルにします。

           
          ステップ 15no shut


          例:
          Device(config-if)# no shut
           

          インターフェイスをイネーブルにします。

           
          ステップ 16interface type number


          例:
          Device(config-if)# interface Loopback5
           

          インターフェイスのタイプと番号を指定し、デバイスをインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

           
          ステップ 17ipv6 address {ipv6-address/prefix-length | prefix-name sub-bits /prefix-length}


          例:
          Device(config-if)# ipv6 address 2001:DB8:0:ABCD::1/64
           

          IPv6 の一般的なプレフィックスに基づいて IPv6 アドレスを設定し、インターフェイスにおける IPv6 処理をイネーブルにします。

           
          ステップ 18no shut


          例:
          Device(config-if)# no shut
           

          インターフェイスをイネーブルにします

           
          ステップ 19ipv6 pim anycast-RP rp-address peer-address


          例:
          Device(config-if)# ipv6 pim anycast-rp 2001:DB8::1:1 2001:DB8::4:4
           

          このコマンドを使用して、エニーキャスト グループ範囲の PIM RP のアドレスを設定します。

           

          BSR の設定および BSR 情報の確認

          手順の概要

            1.    enable

            2.    configure terminal

            3.    ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr candidate bsr ipv6-address[hash-mask-length] [priority priority-value]

            4.    interface type number

            5.    ipv6 pim bsr border

            6.    end

            7.    show ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr {election | rp-cache | candidate-rp}


          手順の詳細
             コマンドまたはアクション目的
            ステップ 1 enable


            例:
            Device> enable
             

            特権 EXEC モードをイネーブルにします。

            • パスワードを入力します(要求された場合)。
             
            ステップ 2 configure terminal


            例:
            Device# configure terminal
             

            グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

             
            ステップ 3 ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr candidate bsr ipv6-address[hash-mask-length] [priority priority-value]


            例:
            Device(config)# ipv6 pim bsr candidate bsr 2001:DB8:3000:3000::42 124 priority 10
             

            候補 BSR になるようにデバイスを設定します。

             
            ステップ 4 interface type number


            例:
            Device(config)# interface FastEthernet 1/0
             

            インターフェイスのタイプと番号を指定し、デバイスをインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

             
            ステップ 5 ipv6 pim bsr border


            例:
            Device(config-if)# ipv6 pim bsr border
             

            指定したインターフェイスの任意のスコープの全 BSM に対して境界を設定します。

             
            ステップ 6 end


            例:
            Device(config-if)# end
             

            特権 EXEC モードに戻ります。

             
            ステップ 7 show ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr {election | rp-cache | candidate-rp}


            例:
            Device# show ipv6 pim bsr election
             

            PIM BSR プロトコル処理に関連する情報を表示します。

             

            BSR への PIM RP アドバタイズメントの送信

            手順の概要

              1.    enable

              2.    configure terminal

              3.    ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr candidate rp ipv6-address [group-list access-list-name] [priority priority-value] [interval seconds] [scope scope-value] [bidir]

              4.    interface type number

              5.    ipv6 pim bsr border


            手順の詳細
               コマンドまたはアクション目的
              ステップ 1 enable


              例:
              Device> enable
               

              特権 EXEC モードをイネーブルにします。

              • パスワードを入力します(要求された場合)。
               
              ステップ 2 configure terminal


              例:
              Device# configure terminal
               

              グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

               
              ステップ 3 ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr candidate rp ipv6-address [group-list access-list-name] [priority priority-value] [interval seconds] [scope scope-value] [bidir]


              例:
              Device(config)# ipv6 pim bsr candidate rp 2001:DB8:3000:3000::42 priority 0
               

              BSR に PIM RP アドバタイズメントを送信します。

               
              ステップ 4 interface type number


              例:
              Device(config)# interface FastEthernet 1/0
               

              インターフェイスのタイプと番号を指定し、デバイスをインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

               
              ステップ 5 ipv6 pim bsr border


              例:
              Device(config-if)# ipv6 pim bsr border
               

              指定したインターフェイスの任意のスコープの全 BSM に対して境界を設定します。

               

              限定スコープ ゾーン内で BSR を使用できるようにするための設定

              ユーザは、ドメイン内の管理用スコープ領域ごとに候補 BSR と一連の候補 RP を設定できます。

              候補 RP でスコープが指定されている場合、このデバイスは指定されたスコープの BSR に自身を C-RP 専用としてアドバタイズします。 スコープとともにグループ リストが指定されている場合は、そのグループ リストと同じスコープが指定されたアクセス リスト内のプレフィックスだけがアドバタイズされます。

              ブートストラップ デバイスでスコープが指定されている場合、その BSR はそのスコープに関連付けられているグループ範囲を含む BSM の起点となり、指定されたスコープに属するグループに対する C-RP 通知を受け入れます。

              手順の概要

                1.    enable

                2.    configure terminal

                3.    ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr candidate bsr ipv6-address [hash-mask-length] [priority priority-value]

                4.    ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr candidate rp ipv6-address [group-list access-list-name] [priority priority-value] [interval seconds] [scope scope-value] [bidir]

                5.    interface type number

                6.    ipv6 multicast boundary scope scope-value


              手順の詳細
                 コマンドまたはアクション目的
                ステップ 1 enable


                例:
                Device> enable
                 

                特権 EXEC モードをイネーブルにします。

                • パスワードを入力します(要求された場合)。
                 
                ステップ 2 configure terminal


                例:
                Device# configure terminal
                 

                グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                 
                ステップ 3 ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr candidate bsr ipv6-address [hash-mask-length] [priority priority-value]


                例:
                Device(config)# ipv6 pim bsr candidate bsr 2001:DB8:1:1:4 
                 

                候補 BSR になるようにデバイスを設定します。

                 
                ステップ 4 ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr candidate rp ipv6-address [group-list access-list-name] [priority priority-value] [interval seconds] [scope scope-value] [bidir]


                例:
                Device(config)# ipv6 pim bsr candidate rp 2001:DB8:1:1:1 group-list list scope 6
                 

                BSR に PIM RP アドバタイズメントを送信するように候補 RP を設定します。

                 
                ステップ 5 interface type number


                例:
                Device(config)# interface FastEthernet 1/0
                 

                インターフェイスのタイプと番号を指定し、デバイスをインターフェイス コンフィギュレーション モードにします。

                 
                ステップ 6 ipv6 multicast boundary scope scope-value


                例:
                Device(config-if)# ipv6 multicast boundary scope 6
                 

                指定されたスコープのインターフェイスでマルチキャスト境界を設定します。

                 

                BSR デバイスにスコープと RP のマッピングをアナウンスさせるための設定

                IPv6 BSR デバイスは、スコープと RP のマッピングを候補 RP メッセージから学習するのではなく、直接アナウンスするようにスタティックに設定できます。 ユーザは、スコープと RP のマッピングをアナウンスするように BSR デバイスを設定して、BSR をサポートしていない RP がその BSR にインポートされるように設定できます。 この機能をイネーブルにすると、ローカルの候補 BSR デバイスの既知のリモート RP が、企業の BSR ドメインの外部に配置されている RP を学習できるようになります。

                手順の概要

                  1.    enable

                  2.    configure terminal

                  3.    ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr announced rp ipv6-address [group-list access-list-name] [priority priority-value] [bidir] [scope scope-value]


                手順の詳細
                   コマンドまたはアクション目的
                  ステップ 1 enable


                  例:
                  Device> enable
                   

                  特権 EXEC モードをイネーブルにします。

                  • パスワードを入力します(要求された場合)。
                   
                  ステップ 2 configure terminal


                  例:
                  Device# configure terminal
                   

                  グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

                   
                  ステップ 3 ipv6 pim [vrf vrf-name] bsr announced rp ipv6-address [group-list access-list-name] [priority priority-value] [bidir] [scope scope-value]


                  例:
                  Device(config)# ipv6 pim bsr announced rp 2001:DB8:3000:3000::42 priority 0
                   

                  指定した候補 RP の BSR からスコープと RP のマッピングを直接アナウンスします。

                   

                  IPv6 ネットワークでの基本的な IP マルチキャストの設定例

                  例:IPv6 マルチキャスト ルーティングのイネーブル化

                  次に、すべてのインターフェイスでマルチキャスト ルーティングをイネーブルにし、イネーブルになっているすべてのデバイス インターフェイスで PIM および MLD に対してマルチキャスト転送をイネーブルにする例を示します。

                  Device> enable
                  Device# configure terminal
                  Device(config)# ipv6 multicast-routing
                  

                  例:IPv6 マルチキャスト アドレス グループ範囲のサポートのディセーブル化

                  次の例では、list2 という名前のアクセス リストによって拒否されたグループまたはチャネルのマルチキャストをデバイスでディセーブルにできます。

                          ipv6 multicast group-range list2

                  次に、上記の例のコマンドが int2 で指定されたインターフェイス上で上書きされる例を示します。 int2 で、MLD ステートは int-list2 によって許可されるグループまたはチャネルに対して作成されますが、int-list2 によって拒否されるグループまたはチャネルに対しては作成されません。 他のすべてのインターフェイスでは、list2 という名前のアクセスリストがアクセス コントロールに使用されます。

                  この例では、すべてあるいはほとんどのマルチキャスト グループまたはチャネルを拒否するように list2 を指定でき、インターフェイス int2 に対してのみ許可グループまたはチャネルを許可するように int-list2 を指定できます。

                  Device(config)# interface int2
                  Device(config-if)# ipv6 mld access-group int-list2
                  

                  例:IPv6 MRIB 情報の確認

                  次の例では、IPv6 MRIB クライアントに関する情報を示します。

                  Device# show ipv6 mrib client
                  
                  IP MRIB client-connections
                  igmp:145        (connection id 0)
                  pim:146 (connection id 1)
                  mfib ipv6:3     (connection id 2)
                  slot 3  mfib ipv6 rp agent:16   (connection id 3)
                  slot 1  mfib ipv6 rp agent:16   (connection id 4)
                  slot 0  mfib ipv6 rp agent:16   (connection id 5)
                  slot 4  mfib ipv6 rp agent:16   (connection id 6)
                  slot 2  mfib ipv6 rp agent:16   (connection id 7)

                  次の例では、IPv6 MRIB ルートに関するサマリー情報を示します。

                  Device# show ipv6 mrib route summary
                  
                  MRIB Route-DB Summary 
                    No. of (*,G) routes = 52
                    No. of (S,G) routes = 0
                    No. of Route x Interfaces (RxI) = 10

                  例:PIMv6 エニーキャスト RP の設定

                  RP1
                  Device1(config)# ipv6 pim rp-address 2001:DB8::1:1 acl_sparse1
                  Device1(config)# interface Loopback4
                  Device1(config-if)# ipv6 address 2001:DB8::4:4/64
                  Device1(config-if)# no shut
                  
                  Device1(config)# interface Loopback5
                  Device1(config-if)# ipv6 address 2001:DB8:0:ABCD::1/64
                  Device1(config-if)# no shut
                  Device1(config-if)# exit
                  Device1(config)# ipv6 pim anycast-rp 2001:DB8:0:ABCD::1 2001:DB8::3:3
                  
                  RP2 (Anycast RP Peer)
                  Device2(config)# ipv6 pim rp-address 2001:DB8::1:1 acl_sparse1
                  Device2(config)# interface Loopback4
                  Device2(config-if)# ipv6 address 2001:DB8::3:3/64
                  Device2(config-if)# no shut
                  
                  Device2(config)# interface Loopback5
                  Device2(config-if)# ipv6 address 2001:DB8:0:ABCD::1/64
                  Device2(config-if)# no shut
                  Device2(config)# ipv6 pim anycast-rp 2001:DB8::1:1 2001:DB8::4:4
                  
                  Device2 show ipv6 pim anycast-rp 2001:DB8::1:1
                  
                  Anycast RP Peers For 2001:DB8::1:1   Last Register/Register-Stop received
                    2001:DB8::3:3 00:00:00/00:00:00
                    2001:DB8::4:4 00:00:00/00:00:00
                  

                  例:BSR の設定

                  Device# show ipv6 pim bsr election
                  
                  PIMv2 BSR information
                  BSR Election Information
                  Scope Range List: ff00::/8
                  This system is the Bootstrap Router (BSR)
                  BSR Address: 60::1:1:4
                  Uptime: 00:11:55, BSR Priority: 0, Hash mask length: 126
                  RPF: FE80::A8BB:CCFF:FE03:C400,Ethernet0/0
                  BS Timer: 00:00:07
                  This system is candidate BSR
                  Candidate BSR address: 60::1:1:4, priority: 0, hash mask length: 126
                        

                  その他の関連資料

                  関連資料

                  関連項目

                  マニュアル タイトル

                  IPv6 のアドレッシングと接続

                  『IPv6 Configuration Guide』

                  Cisco IOS コマンド

                  『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

                  IP マルチキャスト コマンド

                  『Cisco IOS IP Multicast Command Reference』

                  IPv6 コマンド

                  『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

                  Cisco IOS IPv6 機能

                  『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

                  標準および RFC

                  標準/RFC

                  タイトル

                  IPv6 用 RFC

                  『IPv6 RFCs』

                  MIB

                  MIB

                  MIB のリンク

                  選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

                  http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

                  シスコのテクニカル サポート

                  説明

                  リンク

                  シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

                  http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

                  IPv6 ネットワークでの基本的な IP マルチキャスト設定の機能情報

                  次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

                  プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

                  表 1 IPv6 ネットワークでの基本的な IP マルチキャスト設定の機能情報

                  機能名

                  リリース

                  機能情報

                  IPv6 マルチキャスト

                  12.0(26)S

                  12.2(25)SG

                  12.2(33)SRA

                  12.2(18)SXE

                  12.3(2)T

                  12.4

                  12.4(2)T

                  15.0(2)SE

                  Cisco IOS XE Release 2.1

                  IPv6 マルチキャストを使用すると、ホストがすべてのホストのサブセットに同時に単一のデータ ストリームを送信できるようになります。

                  次のコマンドが導入または変更されました。clear ipv6 pim topologydebug ipv6 mlddebug ipv6 mribdebug ipv6 pimdebug ipv6 pim neighboripv6 mld join-group ipv6 mld query-intervalipv6 mld query-max-response-timeipv6 mld query-timeoutipv6 mld routeripv6 mld static-groupipv6 multicast-routing ipv6 pimipv6 pim dr-priorityipv6 pim hello-intervalipv6 pim rp-address ipv6 pim spt-threshold infinity show ipv6 mld groupsshow ipv6 mld groups summaryshow ipv6 mld interfaceshow ipv6 mrib clientshow ipv6 mrib routeshow ipv6 mrouteshow ipv6 pim group-mapshow ipv6 pim interfaceshow ipv6 pim neighborshow ipv6 pim range-listshow ipv6 pim topologyshow ipv6 pim tunnel

                  IPv6 マルチキャスト アドレス グループ範囲のサポート

                  15.0(1)M

                  12.2(40)SG

                  3.2.0SG

                  15.0(2)SG

                  12.2(33)SRE

                  12.2(33)SXI

                  Cisco IOS XE Release 2.6

                  この機能は、グループ範囲のディセーブル化とも呼ばれます。

                  この機能は、IPv6 マルチキャスト エッジ ルーティングにアクセス コントロール メカニズムを提供します。

                  次のコマンドが導入または変更されました。ipv6 mld access-groupipv6 multicast boundary scopeipv6 multicast group-range

                  IPv6 マルチキャスト:スコープ境界

                  12.0(26)S

                  12.2(18)S

                  12.2(25)SG

                  12.2(33)SRA

                  12.3(2)T

                  12.4

                  12.4(2)T

                  15.0(1)S

                  IPv6 では、グローバル アドレスと非グローバル アドレスがサポートされています。 ここでは、異なるスコープの IPv6 アドレスの使用方法について説明します。

                  PIMv6:エニーキャスト RP ソリューション

                  15.1(3)S

                  Cisco IOS XE Release 3.4S

                  15.2(3)T

                  IPv6 PIM のエニーキャスト RP ソリューションでは、IPv6 ネットワークで PIM-SM RP に対するエニーキャスト サービスのサポートが可能になり、PIM のみを実行しているドメイン内でエニーキャスト RP を使用できます。

                  次のコマンドが導入または変更されました。ipv6 pim anycast-RPshow ipv6 pim anycast-RP

                  IPv6 マルチキャスト:ブートストラップ ルータ

                  12.0(28)S

                  12.2(25)S

                  12.2(25)SG

                  12.2(33)SRA

                  12.2(33)SXH

                  12.3(11)T

                  12.4

                  12.4(2)T

                  Cisco IOS XE Release 2.4

                  15.0(1)S

                  この機能を使用すると、到達不能になった RP が検出され、マッピング テーブルが変更されます。これにより、到達不能な RP が今後使用されなくなり、新しいテーブルがドメイン全体に迅速に配布されるようになります。

                  次のコマンドが導入または変更されました。debug ipv6 pim bsr ipv6 pim bsr border ipv6 pim bsr candidate bsripv6 pim bsr candidate rpshow ipv6 pim bsrshow ipv6 pim group-map

                  IPv6 BSR:RP マッピングの設定

                  12.2(33)SRE

                  12.2(50)SY

                  12.4(2)T

                  Cisco IOS XE Release 2.4

                  15.0(1)S

                  この機能を使用すると、スコープと RP のマッピングを候補 RP メッセージから学習する代わりに、BSR から直接アナウンスするように、IPv6 マルチキャスト デバイスをスタティックに設定できます。

                  次のコマンドが導入または変更されました。ipv6 multicast-routingipv6 pim bsr announced rpipv6 pim bsr candidate bsr

                  IPv6 マルチキャスト:BSR パケットの RPF フラッディング

                  Cisco IOS XE Release 2.1

                  BSR パケット機能の RPF フラッディングを使用すると、Cisco IPv6 デバイスが BSM のフローを妨げることがなくなります。

                  次のコマンドが導入されました。show ipv6 pim bsr

                  IPv6 マルチキャスト VRF Lite

                  15.1(4)M

                  Cisco IOS XE Release 3.4S

                  この機能は、複数の仮想ルーティング/転送コンテキスト(VRF)に対する IPv6 マルチキャスト サポートを提供します(これらの VRF のスコープは、VRF が定義されているデバイスに制限されています)。