ルータ : Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

QoS:CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポート コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポート
発行日; 2013/06/17 |  ドキュメントご利用ガイド |ダウンロード ;   この章 pdf   |   フィードバック

目次

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポート

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポート機能を使用すると、CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB のサービス ポリシー テーブル全体を検索せずに、特定のインターフェイスに適用されているサービス ポリシーを見つけるために簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を使用することができます。 この機能は、これらのマッピングを格納している CISCO-CBP-TARGET-MIB を導入します。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポートの前提条件

  • CISCO-CBP-TARGET-MIB をサポートするシスコ ルータで SNMP をイネーブルにする必要があります。
  • ポリシー マップを設定し、ネットワーク内の入力方向または出力方向のインターフェイスに接続する必要があります。

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポートの制約事項

  • CISCO-CBP-TARGET-MIB は MIB オブジェクトの読み取り専用(RO)権限に限定されます。

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポートに関する情報

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポート機能の概要

特定のインターフェイスに適用された QoS サービス ポリシー(より一般的にはターゲットと呼ばれる)を検索するには、CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB 内の cbQosServicePolicyTable 全体を検索する必要があります。 このプロセスは非常に時間がかかる場合があるため、大規模な設定には適していません。

この解決策は、ターゲットに適用されているサービス ポリシーにすべてのタイプのターゲットをマッピングできる、より一般的な MIB である CISCO-CBP-TARGET-MIB を作成することでした。

CISCO-CBP-TARGET-MIB は、各ポリシーを管理するテーブルの行ポインタを使用して、ポリシー インスタンス(サービス ポリシー)およびポリシーマップ設定データへのリンクを提供することにより、対応する接続されたサービス ポリシーにポリシー ターゲットをマッピングします。 CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB のポリシー タイプについて、CISCO-CBP-TARGET-MIB は cbQosServicePolicyTable および cbQosPolicyMapCfgTable の行にターゲットをそれぞれマッピングします。

次の図は、CISCO-CBP-TARGET-MIB と CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB との関係を示します。

図 1. CISCO-CBP-TARGET-MIB と CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB との関係

CISCO-CBP-TARGET-MIB オブジェクトおよび説明

CISCO-CBP-TARGET-MIB は、特定のターゲットへのクラス ベースのポリシー割り当てを説明する ccbptTargetTable から構成されます。

次の表は CISCO-CBP-TARGET-MIB オブジェクトおよびその説明を示します。

表 1 CISCO-CBP-TARGET-MIB オブジェクトおよび説明

オブジェクト

説明

ccbptPolicyIdNext

ccbptTargetTable で新しい概念行の作成に使用できる ccbptPolicyId の次の使用可能な値を示します。 これは、読み取り専用のスカラ オブジェクトであるため、値は 0 になります。

ccbptTargetEntry

特定のターゲットへのクラス ベースのポリシー割り当てについて説明します。

(注)     

これは MIB にあるポーラブル オブジェクトではありません。

ccbptTargetType

ifIndex、ATM 仮想回線(VC)、フレーム リレー データリンク接続識別子(DLCI)、またはコントロール プレーンなどのターゲットのタイプを示します。 表示される値は次のとおりです。

  • ターゲット タイプが 1 に等しい場合、ターゲットは ifIndex です。
  • ターゲット タイプが 2 に等しい場合、ターゲットは ATM VC です。
  • ターゲット タイプが 3 に等しい場合、ターゲットはフレーム リレー DLCI です。
  • ターゲット タイプが 4 に等しい場合、ターゲットはコントロール プレーンです。

ccbptTargetId

ターゲット タイプで示されるフォーマットでターゲット ID を提供します。 このオブジェクトには、ターゲット タイプの値に従って解釈される可変長オクテットが含まれます。

ccbptTargetDir

input(2) または output(3) の、ターゲットに対する方向を示します。

ccbptPolicySourceType

ターゲットに適用するポリシーのタイプを示し、cbQos MIB 関係を示します。

ccbptPolicyId

ターゲットに適用されるサービス ポリシーのこのインスタンスの cbQoSPolicyIndex 値が含まれます。 このオブジェクトは、サービス ポリシーを識別するために使用される任意の整数です。

ccbptTargetStatus

行のステータスを示します。 このオブジェクトは常に active(1) です。

ccbptTargetStorageType

行のストレージ タイプを示します。 このオブジェクトは常に volatile(2) です。

ccbptPolicyMap

このターゲットのポリシー マップ設定を示す cbQosPolicyMapCfgTable の行をポイントします。

ccbptPolicyInstance

このターゲットに割り当てられているポリシー マップ インスタンスを示す cbQosServicePolicyTable の行をポイントします。

ccbptPolicyAttachTime

このポリシー マップが適用された時刻を示します。

ccbptTargetTableLastChange

エントリが追加または削除された時刻を示します。 これは、ccbptTargetTable エントリに含まれないスカラ オブジェクトです。

インデックス値のデコード

CISCO-CBP-TARGET-MIB には、クラス ベースのポリシー マッピングを持つターゲットを表現するためのテキストの表記法を定義するオブジェクトが含まれます。 ターゲットには、クラス ベースのポリシーを適用できる任意の論理インターフェイスまたはエンティティを指定できます。

ccbptTarget は ccbptTargetType の値に従って解釈する必要がある一連のオクテットです。

次の図は、タイプ genIf(1) のサンプル インデックスと、設定マッピング データの出力に対応するインデックス値をデコードする方法について説明します。

図 2. マッピング データ出力のサンプル インデックス

上の図は ccbptPolicyMap オブジェクトのインスタンスに対するオブジェクト ID(OID)のインデックス部分のマッピングを示します。 インデックスの各部分の定義は次のとおりです。

Configuration Policy Mapping Data
-------------------------------
ccbptPolicyMap.1.4.0.0.6.97.3.1.3001 = cbQosPolicyMapName.1293

左から右に説明します。

  • ccbptTargetType:値 1 は genIf(1) である ccbptTargetType を示します。 ターゲット タイプは ccbptTargetId に含まれる値が ifIndex 値であることを示します。
  • ccbptTargetId 長:4 の値は、次に続く ccbptTargetId の長さが 4 バイトであることを示します。 ccbptTargetId は、可変長のオクテット文字列として MIB に定義されています。 テーブルのインデックスでこのオブジェクトを示すには、オブジェクトの前にオクテット文字列の長さを示すことが必要です。
  • ccbptTargetId:0.0.6.97 の値は、ターゲット ID を示します。 3 番目のインデックスの長さは全体のインデックスの 2 番目のバイトの値によって決まります。 (この例では、ターゲット ID の長さは 4 バイトです)。サポートされる ccbptTargetId の値については、QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポート機能の概要を参照してください。

ifIndex の数値の例

次の図は、ifIndex ccbptTargetId、0.0.6.97 の数値を示します。

図 3. ifIndex の数値

  • ccbptTargetDirection:値 3 は ccbptTarget の出力方向を示します。
  • ccbptPolicyType:値 1 は ciscoCbQos(1) である ccbptPolicyType を示します。
  • ccbptPolicyId:値 3001 は、ターゲットに適用されるポリシー インスタンスのポリシー インデックス整数である ccbptPolicyId を示します。 値 3001 は、CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB の cbQosServicePolicyTable の対応するエントリの cbQosPolicyIndex の値と等しくなります。
  • cbQosPolicyMapName.1293:値は、この ccbptTargetId の出力方向に適用されるポリシー マップの設定を説明する、cbQosPolicyMapTable の行を示します。

ccbptTargetId の設定可能な値

次の図は、サポートされる ccbptTargetId 値を示します。

図 4. ccbptTargetId 値

  • genIf(1)、オクテット文字列(SIZE(4))の場合:ifIndex (4d)。 値 (4d) は、例の ccbptTargetId の長さの 4 バイトの 10 進数です。
  • atmPvc(2)、オクテット文字列(SIZE(8))の場合:ATM PVC(4d:2d:2d)。 ATM PVC は 8 バイト(4d:2d:2d)の長さの ccbptTargetId を持ちます。
  • frDlci(3)、オクテット文字列(SIZE(6)):フレーム リレー ifIndex は最初の 4 バイトで、DLCI は最後の 2 バイトです(4d:2d)。
  • controlPlane(4)、オクテット文字列(SIZE(4)):コントロール プレーンのエンティティ (4d)。

CISCO-CBP-TARGET-MIB のオブジェクト

CISCO-CBP-TARGET-MIB で使用される表記法は、Abstract Syntax Notation One(ASN.1)で定義されている規則に従います。 ASN.1 は、特定のコンピュータ構造およびプレゼンテーション技法からデータ タイプを個別に説明するオープン システム インターコネクション(OSI)言語を定義します。 MIB の各オブジェクトには、オブジェクトの意味と用途の説明を含む DESCRIPTION フィールドが含まれます。このフィールドは、オブジェクトのその他の特性(SYNTAX、MAX-ACCESS、および INDEX)とともに、管理アプリケーションの開発や、ドキュメンテーションおよびテストのために、必要な情報を提供します。

ネットワーク管理者は、SNMP ベースのネットワーク管理システム(NMS)によって CISCO-CBP-TARGET-MIB のエントリ(オブジェクト)にアクセスできます。 また、標準の SNMP get 操作および getnext 操作を使用して、CISCO-CBP-TARGET-MIB 情報を取得できます。

CISCO-CBP-TARGET-MIB のスカラ オブジェクト

CISCO-CBP-TARGET-MIB には、次のサポートされていないスカラ オブジェクトが含まれています。

  • ccbptPolicyNext:ccbptTargetTable で新しい概念行の作成に使用できる ccbptPolicyId の次の使用可能な値を示します。 使用可能な ID がない場合、このオブジェクトの値は 0 になります。 このオブジェクトは読み取り専用で、サポートされません。

CISCO-CBP-TARGET-MIB には、次のサポートされていないスカラ オブジェクトが含まれます。

  • ccbptTargetTableLastChange:ccbptTargetTable でエントリの最後の追加または削除された時点での sysUpTime の値を示します。 エントリの数がローカル ネットワーク管理システムの最後の再初期化以降変わらない場合、このオブジェクトの値は 0 です。 このオブジェクトは読み取り専用で、サポートされています。

CISCO-CBP-TARGET-MIB での通知

CISCO-CBP-TARGET-MIB に通知はありません。

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポートの利点

サービス ポリシーが数千のインターフェイスに適用されている展開では、インターフェイスまたはターゲットごとの QoS 統計情報と設定情報を、CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB の機構を使用して取得することは困難です。 対応する cbQosPolicyIndex を見つけてインターフェイス(ターゲット)に適用されるサービス ポリシーの設定と統計情報を検索するには、MIB 内の cbQosServicePolicyTable のリニア検索を実行する必要があります。

CISCO-CBP-TARGET-MIB は、ターゲットからターゲットに適用されているサービス ポリシーに直接マッピングを提供し、このサービス ポリシーの設定情報を提供します。

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポートの設定方法

この機能を設定する特別な方法はありません。 SNMP および QoS 設定作業の詳細については、「Configuring SNMP Support」モジュール、『Cisco IOS Network Management Command Reference』、および『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』をそれぞれ参照してください。

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポートの設定例

CISCO-CBP-TARGET-MIB を明示的に設定する方法はありません。 SNMP および QoS の例については、「Configuring SNMP Support」モジュール、『Cisco IOS Network Management Command Reference』、および『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』を参照してください。

その他の関連資料

関連資料

関連項目

参照先

QoS コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用上のガイドライン、および例

『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

QoS 機能

「Quality of Service Overview」モジュール

SNMP コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用上のガイドライン、および例

『Cisco IOS Network Management Command Reference』

SNMP の設定作業

「Configuring SNMP Support」モジュール

その他のマニュアル

SNMP MIB 機能の使用方法の詳細については、ご使用のネットワーク管理システムの適切なマニュアルを参照してください。

標準

標準

タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

MIB

MIB

MIB のリンク

  • CISCO-AAA-SESSION-MIB
  • CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB

選択したプラットフォーム、Cisco IOS XE ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB の場所を検索しダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

RFC

RFC

タイトル

RFC 1156

Management Information Base for Network Management of TCP/IP-based Internets

RFC 1157

A Simple Network Management Protocol (SNMP)

RFC 1213

Management Information Base for Network Management of TCP/IP-based Internets: MIB-II

シスコのテクニカル サポート

説明

リンク

シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポートの機能情報

次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

表 2 QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポートの機能情報

機能名

リリース

機能情報

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポート

Cisco IOS XE Release 2.1

QoS CBQoS 管理のインターフェイスへのポリシー マッピング サポート機能を使用すると、CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB のサービス ポリシー テーブル全体を検索せずに、特定のインターフェイスに適用されているサービス ポリシーを見つけるために SNMP を使用することができます。 この機能は、これらのマッピングを格納している CISCO-CBP-TARGET-MIB を導入します。

この機能は、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータに追加されました。