IPv6 ネットワーク管理コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
IPv6 用 IP SLA
IPv6 用 IP SLA
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IPv6 用 IP SLA

Cisco IP サービス レベル契約(SLA)は、シスコ ソフトウェアを実行するほとんどのデバイスに組み込まれているテクノロジーのポートフォリオです。 SLA を使用することで、IPv6 アプリケーションやサービスの IPv6 サービス レベルの分析、生産性の向上、運用コストの削減、およびネットワーク停止頻度の低減が可能になります。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 用 IP SLA に関する情報

シスコ IPv6 組み込み管理コンポーネント

シスコ組み込み管理コンポーネントは、IPv6 ネットワークおよび IPv6 と IPv4 のデュアルスタック ネットワークにおいて IPv6 に対応した操作性を実現します。

IPv6 用 IP SLA

Cisco IP サービス レベル契約(SLA)は、Cisco IOS ソフトウェアを実行するほとんどのデバイスに組み込まれているテクノロジーのポートフォリオであり、シスコのカスタマーは IPv6 アプリケーションやサービスの IPv6 サービス レベルの分析、生産性の向上、運用コストの削減、およびネットワーク停止頻度の低減が可能になります。 IP SLA は、アクティブ トラフィック モニタリングを使用します。これにより、継続的で信頼性のある予測可能な方法でトラフィックが生成され、ネットワーク パフォーマンスを測定できます。

IPv6 では、次の Cisco IP SLA がサポートされています。

  • インターネット制御メッセージ プロトコル(ICMP)エコー動作:IPv4 または IPv6 を使用するシスコ デバイスと他のデバイス間でエンドツーエンドの応答時間を監視するために使用されます。 ICMP エコーは、ネットワーク接続問題のトラブルシューティングに役立ちます。
  • TCP 接続動作:IPv4 または IPv6 を使用するシスコ デバイスと他のデバイス間で TCP 接続動作の実行にかかった応答時間を測定するために使用されます。
  • ユーザ データグラム プロトコル(UDP)エコー動作:IPv4 または IPv6 を使用するシスコ ルータとデバイス間でエンドツーエンドの応答時間を監視するために使用されます。
  • UDP ジッタ動作:IPv4 または IPv6 ネットワークで UDP トラフィックを伝送するネットワークのラウンドトリップ遅延、一方向遅延、一方向ジッタ、一方向パケット損失、および接続を分析するために使用されます。
  • UDP ジッタ動作:ネットワークにおける VoIP 品質レベルを監視するために使用されます。これにより、IPv4 または IPv6 ネットワーク内のユーザに対して VoIP 品質レベルを保証できます。

その他の関連資料

関連資料

関連項目

マニュアル タイトル

IPv6 のアドレス指定と接続

『IPv6 Configuration Guide』

Cisco IOS コマンド

『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

IPv6 コマンド

『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

Cisco IOS IPv6 の機能

『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

標準および RFC

標準/RFC

タイトル

IPv6 に関する RFC

IPv6 の RFC

MIB

MIB

MIB のリンク

この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

シスコのテクニカル サポート

説明

リンク

シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

IPv6 用 IP SLA に関する機能情報

次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

表 1 IPv6 用 IP SLA に関する機能情報

機能名

リリース

機能情報

IPv6 用 IP SLA

12.2(33)SRC

12.2(50)SG

12.2(50)SY

12.4(20)T

15.0(2)SG

Cisco IOS XE Release 2.1

3.2SG

IPv6 は、この機能をサポートします。

追加または変更されたコマンドはありません。