IPv6 ネットワーク管理コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
IPv6 CNS エージェント
IPv6 CNS エージェント
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IPv6 CNS エージェント

Cisco Networking Services(CNS)サブシステムでは、IPv6 アドレッシングがサポートされています。 CNS は、ユーザをネットワーク サービスにリンクするための基盤テクノロジーであり、多数のネットワーク デバイスの自動設定に対応するインフラストラクチャを提供します。 このマニュアルでは、IPv6 でサポートされている CNS エージェントについて説明します。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 CNS エージェントに関する情報

CNS エージェント

Cisco Networking Services(CNS)サブシステムでは、IPv6 アドレッシングがサポートされています。 CNS は、ユーザをネットワーク サービスにリンクするための基盤テクノロジーであり、多数のネットワーク デバイスの自動設定に対応するインフラストラクチャを提供します。 多くの IPv6 ネットワークは複雑で多くのデバイスが存在し、各デバイスを個別に設定する必要があります。 標準設定が存在しない場合、または変更されている場合は、初期インストールとその後のアップグレードにかなりの時間がかかります。 ISP には、部分的な設定を送信して新しいサービスを導入するための手段が必要です。

これらのすべての問題に対処するために、CNS は、中央のディレクトリ サービスと分散型エージェントを使用した「プラグアンドプレイ」ネットワーク サービスを提供するように設計されました。 CNS 機能には、CNS エージェントとフロースルー プロビジョニング構造が含まれます。 CNS フロースルー プロビジョニングは、CNS の設定エージェントとイベント エージェントを使用してワークフローを自動化するため、オンサイト技術者は必要なくなります。

IPv6 アドレッシングでは、ここで説明する CNS エージェントがサポートされます。

CNS 設定エージェント

CNS 設定エージェントは、シスコ デバイスにおける初期設定とその後の部分的な設定に関与します。 CNS 設定エンジンを使用して、シスコ デバイスの初期設定、増分設定、および同期された設定アップデートを自動化するための手段を提供します。設定エンジンは、設定のロード ステータスをイベントとして報告し、ネットワーク モニタリングまたはワークフロー アプリケーションはそのイベントをサブスクライブできます。

CNS イベント エージェント

CNS イベント エージェントは、他のすべての CNS エージェントに対して CNS イベント バスへのトランスポート接続を提供します。 CNS イベント エージェントが動作し、設定エンジンとデバイス間の接続が正常に確立されるまでは、イベントを設定エンジンによってデバイスに送信できません。

イベント エージェントは CNS 設定エンジンを使用して、シスコ デバイスの初期設定、増分設定、および同期された設定アップデートを自動化するための手段を提供します。

CNS EXEC エージェント

CNS EXEC エージェントを使用すると、リモート アプリケーションは、コマンドが含まれるイベント メッセージを送信することによって、シスコ デバイス上で CLI コマンドを EXEC モードで実行できます。

CNS イメージ エージェント

シスコ デバイスの大規模なネットワークを保持する管理者には、イメージ ファイルを多数のリモート デバイスにロードするための自動化されたメカニズムが必要です。 ネットワーク管理アプリケーションを使用すると、実行するイメージやシスコ オンライン ソフトウェア センターから受信したイメージの管理方法を決定できます。 他のイメージ配布ソリューションは、数千のデバイスに対応するように拡張されず、ファイアウォールの背後にあるデバイスやネットワーク アドレス変換(NAT)を使用したデバイスにイメージを配布できません。 CNS イメージ エージェントを使用すると、管理対象デバイスは、ネットワーク接続を開始したり、イメージ ダウンロードを要求したりできるため、NAT を使用したデバイスやファイアウォールの背後にあるデバイスはイメージ サーバにアクセスできます。

CNS イメージ エージェントは、CNS イベント バスを使用するように設定できます。 CNS イベント バスを使用するには、CNS 設定エンジンで CNS イベント エージェントをイネーブルにし、CNS イベント ゲートウェイに接続する必要があります。 CNS イメージ エージェントは、CNS イメージ エージェント プロトコルを認識する HTTP サーバを使用することもできます。 CNS イメージ エージェントの動作の展開では、CNS イベント バスと HTTP サーバの両方を使用できます。

その他の関連資料

関連資料

関連項目

マニュアル タイトル

IPv6 のアドレス指定と接続

『IPv6 Configuration Guide』

Cisco IOS コマンド

『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

IPv6 コマンド

『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

Cisco IOS IPv6 の機能

『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

標準および RFC

標準/RFC

タイトル

IPv6 に関する RFC

IPv6 の RFC

MIB

MIB

MIB のリンク

選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

シスコのテクニカル サポート

説明

リンク

シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

IPv6 CNS エージェントに関する機能情報

次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

表 1 IPv6 CNS エージェントに関する機能情報

機能名

リリース

機能情報

IPv6 CNS エージェント

12.2(33)SB

12.2(33)SRC

12.2(50)SY

12.4(20)T

Cisco IOS XE Release 3.9S

CNS 設定エージェントおよびイベント エージェントは、CNS 設定エンジンを使用してシスコ デバイスの初期設定、差分設定、および同期設定の更新を自動化するための方法を提供し、設定エンジンは、設定ロードのステータスをネットワーク モニタリングまたはワークフロー アプリケーションが加入できるイベントとして報告します。

追加または変更されたコマンドはありません。

Cisco IOS XE Release 3.9S では、Cisco CSR 1000V のサポートが追加されました。