IPv6 ネットワーク管理コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
IPv6 を介した Telnet アクセス
IPv6 を介した Telnet アクセス
発行日;2013/06/17   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

IPv6 を介した Telnet アクセス

シスコ ソフトウェアの Telnet クライアントとサーバでは、IPv6 接続がサポートされています。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 を介した Telnet アクセスの前提条件

デバイスへの IPv6 を介した Telnet アクセスをイネーブルにするには、vty インターフェイスとパスワードを作成する必要があります。

IPv6 を介した Telnet アクセスに関する情報

IPv6 を介した Telnet アクセス

シスコ ソフトウェアの Telnet クライアントとサーバでは、IPv6 接続がサポートされています。 IPv6 Telnet クライアントを使用してデバイスへの Telnet セッションを直接確立するか、またはデバイスから IPv6 Telnet 接続を開始できます。 IPv6 デバイスへの Telnet アクセスをイネーブルにするには、vty インターフェイスとパスワードを作成する必要があります。

IPv6 を介した Telnet アクセスをイネーブルにする方法

IPv6 デバイスへの Telnet アクセスのイネーブル化と Telnet セッションの確立

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    ipv6 host name [port] ipv6-address

    4.    line [aux | console | tty | vty] line-number [ending-line-number]

    5.    password password

    6.    login [local | tacacs]

    7.    ipv6 access-class ipv6-access-list-name [in | out]

    8.    telnet host [port] [keyword]


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Device# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 ipv6 host name [port] ipv6-address


    例:
    Device(config)# ipv6 host cisco-sj 2001:DB8:20:1::12
     

    ホスト名からアドレスへのスタティック マッピングをホスト名キャッシュに定義します。

     
    ステップ 4 line [aux | console | tty | vty] line-number [ending-line-number]


    例:
    Device(config)# line vty 0 4 
     

    vty インターフェイスを作成します。

     
    ステップ 5 password password


    例:
    Device(config)# password hostword
     

    Telnet をイネーブルにするパスワードを作成します。

     
    ステップ 6 login [local | tacacs]


    例:
    Device(config)# login tacacs
     

    (任意)ログイン時のパスワード チェックをイネーブルにします。

     
    ステップ 7 ipv6 access-class ipv6-access-list-name [in | out]


    例:
    Device(config)# ipv6 access-list hostlist
     

    (任意)ライン インターフェイスに IPv6 アクセス リストを追加します。

    • このコマンドを使用して、アクセス リストに一致するセッションへのリモート アクセスを制限します。
     
    ステップ 8 telnet host [port] [keyword]


    例:
    Device(config)# telnet cisco-sj
     

    ホスト名または IPv6 アドレスを使用して、デバイスからリモート ホストへの Telnet セッションを確立します。

    • Telnet セッションは、デバイス名または IPv6 アドレスに対して確立できます。
     

    IPv6 を介した Telnet アクセスの設定例

    例:IPv6 デバイスへの Telnet アクセスのイネーブル化

    次に、Telnet をイネーブルにし、IPv6 デバイスとの間のセッションを開始する例を示します。 次の例では、IPv6 アドレスは 2001:DB8:20:1::12、ホスト名は as cisco-sj に指定されています。 この情報を確認するために、show host コマンドが使用されています。

    Device# configure terminal
    Device(config)# ipv6 host cisco-sj 2001:DB8:20:1::12
    Device(config)# end
    Device# show host
    Default domain is not set
    Name/address lookup uses static mappings
    Codes:UN - unknown, EX - expired, OK - OK, ?? - revalidate
           temp - temporary, perm - permanent
           NA - Not Applicable None - Not defined
    Host                 Port  Flags      Age Type   Address(es)
    cisco-sj             None  (perm, OK)  0  IPv6 2001:DB8:20:1::12
    

    デバイスへの Telnet アクセスをイネーブルにするには、vty インターフェイスとパスワードを作成します。

    Device(config)# line vty 0 4
    password lab
    login
    

    Telnet を使用してデバイスにアクセスするには、パスワードを入力する必要があります。

    Device# telnet cisco-sj
    Trying cisco-sj (2001:DB8:20:1::12)... Open
    User Access Verification
    Password:
    cisco-sj
    .
    .
    .
    verification
    

    telnet コマンドを使用する必要はありません。 次の例に示すように、ホスト名またはアドレスを指定するだけで十分です。

    Device# cisco-sj
    

    または

    Device# 2001:DB8:20:1::12
    

    接続先デバイス上の IPv6 接続ユーザ(回線 130)を表示するには、show users コマンドを使用します。

    Device# show users
        Line       User       Host(s)              Idle       Location
    *  0 con 0                idle                 00:00:00
     130 vty 0                idle                 00:00:22   8800::3
    

    表示されるアドレスは、接続元の IPv6 アドレスです。 ドメイン ネーム サーバ(DNS)またはローカルのホスト キャッシュで接続元のホスト名が既知の場合は、代わりにホスト名が表示されます。

    Device# show users
        Line       User       Host(s)              Idle       Location
    *  0 con 0                idle                 00:00:00
     130 vty 0                idle                 00:02:47   cisco-sj
    

    接続デバイスのユーザが ^6x とのセッションを一時停止して show sessions コマンドを入力すると、IPv6 接続が表示されます。

    Device# show sessions
    Conn Host                Address              Byte  Idle Conn Name
    *  1 cisco-sj 2001:DB8:20:1::12      0     0 cisco-sj
    

    Conn Name フィールドには、宛先のホスト名(既知の場合だけ)が表示されます。 ホスト名が不明な場合、出力は次のようになります。

    Device# show sessions
    Conn Host                Address              Byte  Idle Conn Name
    *  1 2001:DB8:20:1::12 2001:DB8:20:1::12      0     0 2001:DB8:20:1::12

    IPv6 のソース ガードおよびプレフィックス ガードのその他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    IPv6 のアドレッシングと接続

    『IPv6 Configuration Guide』

    IPv4 アドレス指定

    『IP Addressing: IPv4 Addressing Configuration Guide』

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Command List, All Releases』

    IPv6 コマンド

    『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

    Cisco IOS IPv6 機能

    『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

    標準および RFC

    標準/RFC

    タイトル

    IPv6 に関する RFC

    『IPv6 RFCs』

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    IPv6 を介した Telnet アクセスの機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 IPv6 を介した Telnet アクセスの機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    IPv6 を介した Telnet アクセス

    12.2(2)T

    12.2(18)SXE

    12.2(25)SEA

    12.2(25)SG

    12.2(33)SRA

    15.0(2)SG

    Cisco IOS XE Release 2.1

    Cisco IOS XE Release 3.2SG

    IPv6 を介した Telnet アクセスがサポートされています。

    ipv6 access-classipv6 host の各コマンドが導入または変更されました。