IP ルーティング:プロトコル非依存コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(ASR 1000)
再帰スタティック ルート
再帰スタティック ルート
発行日;2013/06/09   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

再帰スタティック ルート

再帰スタティック ルート機能を使用すると、スタティック ルートのネクストホップ アドレスまたは宛先ネットワーク自体が、学習済みルートの一部として RIB ですでに使用可能な場合にも、ルーティング情報ベース(RIB)に再帰スタティック ルートをインストールすることができます。 このモジュールでは、再帰スタティック ルートについて説明し、再帰スタティック ルート機能を設定する方法について説明します。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、プラットフォームおよびソフトウェア リリースの不具合の検索ツールとリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

再帰スタティック ルートの制約事項

再帰スタティック ルートがルート マップを使用してイネーブルになっている場合、仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスまたはトポロジごとに 1 つのルート マップだけを入力できます。 2 つめのルート マップが入力されると、新しいマップで以前のマップが上書きされます。

再帰スタティック ルートに関する情報

再帰スタティック ルートのインストール方法

VRF での再帰スタティック ルートのインストール

特定の仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスに再帰スタティック ルートをインストールするには、次の手順を実行します。 任意の数の VRF に再帰スタティック ルート機能を設定できます。 特定の VRF に再帰スタティック ルートをインストールすると、ネットワークの残りの部分にデフォルトの RIB 動作(再帰スタティック ルートの削除)を維持することができます。

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    vrf definition vrf-name

    4.    rd route-distinguisher

    5.    address-family {ipv4 | ipv6}

    6.    exit

    7.    exit

    8.    ip route [vrf vrf-name] prefix mask ip-address

    9.    ip route static install-routes-recurse-via-nexthop [vrf vrf-name]

    10.    end

    11.    show running-config | include install

    12.    show ip route vrf vrf-name


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2configure terminal


    例:
    Device# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3vrf definition vrf-name


    例:
    Device(config)# vrf definition vrf1
     

    仮想ルーティングおよび転送(VRF)ルーティング テーブル インスタンスを作成し、VRF コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 4rd route-distinguisher


    例:
    Device(config-vrf)# rd 100:1
     

    VRF インスタンスのルート識別子を指定します。

     
    ステップ 5address-family {ipv4 | ipv6}


    例:
    Device(config-vrf)# address-family ipv4
     

    VRF アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始して、VRF の IPv4 または IPv6 アドレス ファミリを指定します。

     
    ステップ 6exit


    例:
    Device(config-vrf-af)# exit
     

    VRF アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを終了します。

     
    ステップ 7exit


    例:
    Device(config-vrf)# exit
     

    VRF コンフィギュレーション モードを終了します。

     
    ステップ 8ip route [vrf vrf-name] prefix mask ip-address


    例:
    Device(config)# ip route vrf vrf1 10.0.2.0 255.255.255.0 10.0.1.1
     

    特定の VRF インスタンスに対するスタティック ルートを設定します。

     
    ステップ 9ip route static install-routes-recurse-via-nexthop [vrf vrf-name]


    例:
    Device(config)# ip route static install-routes-recurse-via-nexthop vrf vrf1
     

    特定の VRF インスタンスの RIB にインストールするために、再帰スタティック ルートをイネーブルにします。

     
    ステップ 10end


    例:
    Device(config)# end
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

     
    ステップ 11show running-config | include install


    例:
    Device# show running-config | inc install
     

    すべての再帰スタティック ルート コンフィギュレーションを表示します。

     
    ステップ 12show ip route vrf vrf-name


    例:
    Device# show ip route vrf vrf1
     

    特定の VRF に関連付けられた IP ルーティング テーブルを表示します。

     

    ルート マップを使用した再帰スタティック ルートのインストール

    ルート マップで定義された仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスに再帰スタティック ルートをインストールするには、この作業を実行します。 ネットワークの特定の範囲にのみ再帰スタティック ルートをインストールする場合は、このタスクを実行できます。 route-map キーワードが vrf キーワードなしで使用される場合、ルート マップで定義される再帰スタティック ルートはグローバル VRF またはトポロジに適用されます。

    手順の概要

      1.    enable

      2.    configure terminal

      3.    vrf definition vrf-name

      4.    rd route-distinguisher

      5.    address-family {ipv4 | ipv6}

      6.    exit

      7.    exit

      8.    ip route [vrf vrf-name] prefix mask ip-address

      9.    access-list access-list-number permit source [source-wildcard]

      10.    route-map map-tag

      11.    match ip address access-list-number

      12.    exit

      13.    ip route static install-routes-recurse-via-nexthop [vrf vrf-name] [route-map map-name]

      14.    end

      15.    show running-config | include install

      16.    show ip route vrf vrf-name


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 enable


      例:
      Device> enable
       

      特権 EXEC モードをイネーブルにします。

      • パスワードを入力します(要求された場合)。
       
      ステップ 2configure terminal


      例:
      Device# configure terminal
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 3vrf definition vrf-name


      例:
      Device(config)# vrf definition vrf1
       

      仮想ルーティングおよび転送(VRF)ルーティング テーブル インスタンスを作成し、VRF コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 4rd route-distinguisher


      例:
      Device(config-vrf)# rd 100:1
       

      VRF インスタンスのルート識別子を指定します。

       
      ステップ 5address-family {ipv4 | ipv6}


      例:
      Device(config-vrf)# address-family ipv4
       

      VRF アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを開始して、VRF の IPv4 または IPv6 アドレスファミリ タイプを指定します。

       
      ステップ 6exit


      例:
      Device(config-vrf-af)# exit
       

      VRF アドレス ファミリ コンフィギュレーション モードを終了します。

       
      ステップ 7exit


      例:
      Device(config-vrf)# exit
       

      VRF コンフィギュレーション モードを終了します。

       
      ステップ 8ip route [vrf vrf-name] prefix mask ip-address


      例:
      Device(config)# ip route vrf vrf1 10.0.2.0 255.255.255.0 10.0.1.1
      
       

      特定の VRF インスタンスに対するスタティック ルートを設定します。

       
      ステップ 9access-list access-list-number permit source [source-wildcard]


      例:
      Device(config)# access-list 10 permit 10.0.2.0 255.255.255.0
       

      変換する必要があるアドレスを許可する標準アクセス リストを定義します。

       
      ステップ 10route-map map-tag


      例:
      Device(config)# route-map map1
       

      ルートの再配布を制御するためのルート マップを定義し、ルート マップ コンフィギュレーション モードに入ります。

       
      ステップ 11match ip address access-list-number


      例:
      Device(config-route-map)# match ip address 10
       

      標準または拡張アクセス リストで許可された宛先ネットワーク アドレスを持つルートを照合します。

       
      ステップ 12exit


      例:
      Device(config-route-map)# exit
       

      ルート マップ コンフィギュレーション モードを終了します。

       
      ステップ 13ip route static install-routes-recurse-via-nexthop [vrf vrf-name] [route-map map-name]


      例:
      Device(config)# ip route static install-routes-recurse-via-nexthop vrf vrf1 route-map map1
       

      ルート マップで定義された再帰スタティック ルートの特定の VRF の RIB へのインストールをイネーブルにします。

       
      ステップ 14end


      例:
      Device(config)# end
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

       
      ステップ 15show running-config | include install


      例:
      Device# show running-config | inc install
       

      すべての再帰スタティック ルート コンフィギュレーションを表示します。

       
      ステップ 16show ip route vrf vrf-name


      例:
      Device# show ip route vrf vrf1
       

      特定の VRF に関連付けられた IP ルーティング テーブルを表示します。

       

      再帰スタティック ルートの設定例

      例:VRF での再帰スタティック ルートのインストール

      次に、特定の仮想ルーティングおよび転送インスタンスに再帰スタティック ルートをインストールする例を示します。 vrf キーワードを使用して、再帰スタティック ルートが、指定された VRF のルーティング情報ベース(RIB)にのみインストールされるようにすることができます。 ネットワークの残りの部分では、RIB に再帰スタティック ルートをインストールしないというデフォルトの動作が維持されます。 次の例は、vrf1 の RIB に 10.0.0.0/8 ルートがすでにダイナミックまたはスタティックにインストールされているという想定に基づいています。

      Device> enable
      Device# configure terminal
      Device(config)# vrf definition vrf1
      Device(config-vrf)# rd 1:100
      Device(config-vrf)# address-family ipv4
      Device(config-vrf-af)# exit
      Device(config-vrf)# exit
      Device(config)# ip route vrf vrf1 10.0.2.0 255.255.255.0 10.0.1.1
      Device(config)# ip route static install-routes-recurse-via-nexthop vrf vrf1
      Device(config)# end

      例:ルート マップを使用した再帰スタティック ルートのインストール

      ルーティング情報ベース(RIB)にルート マップで定義された再帰スタティック ルートをインストールするには、route-map キーワードを使用します。 また、指定された VRF だけにルート マップが適用されるようにするために、特定の仮想ルーティングおよび転送(VRF)インスタンスのルート マップを指定することもできます。 次の例では、特定の VRF のルート マップが指定されます。 次の例は、vrf1 の RIB に 10.0.0.0/8 ルートがすでにスタティックまたはダイナミックにインストールされているという想定に基づいています。

      Device> enable
      Device# configure terminal
      Device(config)# vrf definition vrf1
      Device(config-vrf)# rd 100:2
      Device(config-vrf)# address-family ipv4
      Device(config-vrf-af)# exit
      Device(config-vrf)# exit
      Device(config)# access-list 10 permit 10.0.2.0 255.255.255.0
      Device(config)# route-map map1
      Device(config-route-map)# match ip address 10
      Device(config-route-map)# exit
      Device(config)# ip route static install-routes-recurse-via-nexthop vrf vrf1 route-map map1
      Device(config)# ip route vrf vrf1 10.0.2.0 255.255.255.0 10.0.1.1
      Device(config)# ip route vrf vrf1 10.0.3.0 255.255.255.0 10.0.1.1
      Device(config)# end

      上記の例では、ルート 10.0.2.0 255.255.255.0 10.0.1.1 は RIB にインストールされますが、ルート 10.0.3.0 255. 255.255.0 10.0.1.1 は RIB にインストールされません。これは、このルートがルート マップで定義されたネットワークに一致しないためです。

      再帰スタティック ルートに関する追加情報

      関連資料

      関連項目

      マニュアル タイトル

      Cisco IOS コマンド

      『Cisco IOS Master Command List, All Releases』

      IP ルーティングのプロトコル独立型コマンド

      『Cisco IOS IP Routing: Protocol-Independent Command Reference』

      シスコのテクニカル サポート

      説明

      リンク

      シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

      http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

      再帰スタティック ルートの機能情報

      次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

      プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

      表 1 再帰スタティック ルートの機能情報

      機能名

      リリース

      機能情報

      再帰スタティック ルート

      Cisco IOS XE Release 3.9S

      再帰スタティック ルート機能を使用すると、スタティック ルートのネクストホップ アドレスまたは宛先ネットワーク自体が、学習済みルートの一部として RIB ですでに使用可能な場合にも、ルーティング情報ベース(RIB)に再帰スタティック ルートをインストールすることができます。

      次のコマンドが導入されました。ip route static install-recurse-via-nexthop