Flexible NetFlow コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(ASR 1000)
ISSU および SSO のサポート
ISSU および SSO のサポート
発行日;2013/06/06   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ISSU および SSO のサポート

Flexible NetFlow のハイ アベイラビリティ(HA)サポートは、インサービス ソフトウェア アップグレード(ISSU)およびステートフル スイッチオーバー(SSO)の両方のサポートを提供します。

動作の冗長モードを SSO に設定した場合は、これらの機能がデフォルトでイネーブルになっています。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティの前提条件

  • Cisco ISSU プロセスが設定されており、正常に稼働している必要があります。 詳細については、「Cisco In-Service Software Upgrade Process」フィーチャ モジュールを参照してください。
  • SSO が設定されており、正常に稼働している必要があります。 詳細については、「Stateful Switchover」フィーチャ モジュールを参照してください。
  • NSF が設定されており、正常に稼働している必要があります。 詳細については、「Cisco Nonstop Forwarding」フィーチャ モジュールを参照してください。

Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティについて

ISSU

ISSU プロセスは、パケット転送の実行中にシスコ ソフトウェアの更新や変更を可能にします。 ほとんどのネットワークでは、計画的なソフトウェア アップグレードがダウンタイムの大きな原因になっています。 ISSU を使用すると、パケット転送中にシスコ ソフトウェアを変更できるため、ネットワークのアベイラビリティが向上し、計画的なソフトウェア アップグレードによるダウンタイムを短縮できます。

SSO

SSO は、アプリケーションおよび機能でアクティブおよびスタンバイのルート プロセッサ(RP)という、定義された状態を維持できるようにするシスコ ソフトウェアの実装を指します。

二重 RP をサポートしているシスコの特定のネットワーキング デバイスでは、SSO は RP 冗長性を活用してネットワークのアベイラビリティを向上させます。 SSO 機能では、RP の 1 つをアクティブ RP に設定し、もう 1 つの RP をスタンバイ RP に指定してから、RP 間で重要な状態情報を同期化することによって RP の冗長構成を活用します。 2 つのプロセッサの初回同期後、SSO はこれらの間の RP ステート情報をダイナミックに維持します。

アクティブ RP に障害が発生したとき、アクティブ RP がネットワーキング デバイスから削除されたとき、またはメンテナンスのために手動で停止されたときに、アクティブ プロセッサからスタンバイ プロセッサへのスイッチオーバーが発生します。

Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティの設定方法

Flexible NetFlow には、特定の設定作業はありません。 ISSU および SSO のすべての一般的な設定作業は、Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティの前提条件の章で説明されています。

動作の冗長モードに SSO が設定されている場合、Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティ機能はデフォルトでイネーブルになっています。

Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティの確認方法

手順の概要

    1.    enable

    2.    show redundancy [clients | counters | history | switchover history | states

    3.    show redundancy states

    4.    show sampler broker [detail] | [picture]

    5.    show flow exporter broker [detail] | [picture]

    6.    show flow record broker [detail] | [picture]

    7.    show flow monitor broker [detail] | [picture]


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 show redundancy [clients | counters | history | switchover history | states


    例:
    Device# show redundancy
     

    SSO 設定情報を表示します。

     
    ステップ 3 show redundancy states


    例:
    Device# show redundancy states
     

    デバイスが SSO モードで動作していることを確認します。

     
    ステップ 4 show sampler broker [detail] | [picture]


    例:
    Device# show sampler broker detail
     

    Flexible NetFlow サンプラのエクスポータ ブローカの状態に関する情報を表示します。

     
    ステップ 5 show flow exporter broker [detail] | [picture]


    例:
    Device# show flow exporter broker detail
     

    Flexible NetFlow フロー エクスポータのブローカの状態に関する情報を表示します。

     
    ステップ 6 show flow record broker [detail] | [picture]


    例:
    Device# show flow record broker detail
     

    Flexible NetFlow フロー レコード用のブローカの状態に関する情報を表示します。

     
    ステップ 7 show flow monitor broker [detail] | [picture]


    例:
    Device# show flow monitor broker detail
     

    Flexible NetFlow フロー モニタのブローカの状態に関する情報を表示します。

     
    次の作業

    Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティの設定例

    Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティ機能の設定例はありません。

    すべての例は、Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティのステータスの表示についての例です。

    例:サンプラ ブローカの詳細なステータスの表示

    次に、Flexible NetFlow フロー レコード ブローカのステータス出力の例を示します。 この出力は、サンプラ ブローカ、フロー エクスポータ ブローカ、フロー モニタ ブローカのような他の Flexible NetFlow ブローカの出力によく似ています。

    Device# show flow record broker detail
    Brokering for Linecard 7 (0x80)
    Multicast groups :-
     0x7F801C95D000
    	Linecard 7 (0x80) enabled for download
    	Consume report for Linecard 7 (0x80) (pos 1)
    	24/0 completed/pending updates (all VRFs)
    Update list ranges from pos 1 to pos 0 :-
    1	- 24 updates
    0	- 0 updates
    Broker records :-
    *	-	  - Start of list
    1	-	  - Flush
    1	- Mod - Create netflow-v5
    1	- Mod - Create options interface-table
    1	- Mod - Create options exporter-statistics
    1	- Mod - Create options vrf-id-name-table
    1	- Mod - Create options sampler-table
    1	- Mod - Create options applications-name
    1	- Mod - Create netflow-original
    1	- Mod - Create netflow ipv4 original-input

    例:フロー レコード ブローカのステータス サマリーの表示

    次に、Flexible NetFlow フロー レコード ブローカのステータス サマリーの出力の例を示します。 この出力は、サンプラ ブローカ、フロー エクスポータ ブローカ、フロー モニタ ブローカのような他の Flexible NetFlow ブローカの出力によく似ています。

    Device# show flow record broker picture
    Key:
     ‘[‘=start record, ‘]’=end record, ‘F’=flush record, ‘D’=display record
     ‘+<n>’=sequenve of <n> Modify update records
     ‘-<n>’=sequenve of <n> Delete update records
     ‘C<<lc>:<vrf>>’=consume record for linecard(s) <lc> and VRF(s) <vrf> <*=all>
    Borokers:
    [FC<7 <0x80>:*>]
    

    例:SSO が設定されているかどうかの確認

    次の出力例は、デバイスに SSO が設定されていることを示します。

    Device# show redundancy states
           my state = 13 -ACTIVE 
         peer state = 8  -STANDBY HOT 
               Mode = Duplex
            Unit ID = 49
    Redundancy Mode (Operational) = sso
    Redundancy Mode (Configured)  = sso
    Redundancy State              = sso
         Maintenance Mode = Disabled
        Manual Swact = enabled
     Communications = Up
       client count = 67
     client_notification_TMR = 30000 milliseconds
               RF debug mask = 0x0 
    

    例:登録されている SSO プロトコルとアプリケーションを表示する

    次の出力例は、デバイスに SSO プロトコルまたはアプリケーションとして登録されたアプリケーションおよびプロトコルのリストを示します。

    Device# show redundancy clients
     clientID = 0       clientSeq = 0        RF_INTERNAL_MSG       
     clientID = 29      clientSeq = 60       Redundancy Mode RF    
     clientID = 139     clientSeq = 62       IfIndex               
     clientID = 25      clientSeq = 69       CHKPT RF              
     clientID = 1340    clientSeq = 90       ASR1000-RP Platform   
     clientID = 1501    clientSeq = 91       Cat6k CWAN HA         
     clientID = 78      clientSeq = 95       TSPTUN HA             
     clientID = 305     clientSeq = 96       Multicast ISSU Conso  
     clientID = 304     clientSeq = 97       IP multicast RF Clie  
     clientID = 22      clientSeq = 98       Network RF Client     
     clientID = 88      clientSeq = 99       HSRP                  
     clientID = 114     clientSeq = 100      GLBP                  
     clientID = 1341    clientSeq = 102      ASR1000 DPIDX         
     clientID = 1505    clientSeq = 103      Cat6k SPA TSM         
     clientID = 1344    clientSeq = 110      ASR1000-RP SBC RF     
     clientID = 227     clientSeq = 111      SBC RF                
     clientID = 71      clientSeq = 112      XDR RRP RF Client     
     clientID = 24      clientSeq = 113      CEF RRP RF Client     
     clientID = 146     clientSeq = 114      BFD RF Client         
     clientID = 306     clientSeq = 120      MFIB RRP RF Client    
     clientID = 1504    clientSeq = 128      Cat6k CWAN Interface  
     clientID = 75      clientSeq = 130      Tableid HA            
     clientID = 401     clientSeq = 131      NAT HA                
     clientID = 402     clientSeq = 132      TPM RF client         
     clientID = 5       clientSeq = 135      Config Sync RF clien  
     clientID = 68      clientSeq = 149      Virtual Template RF   
     clientID = 23      clientSeq = 152      Frame Relay           
     clientID = 49      clientSeq = 153      HDLC                  
     clientID = 72      clientSeq = 154      LSD HA Proc           
     clientID = 113     clientSeq = 155      MFI STATIC HA Proc    
     clientID = 20      clientSeq = 171      IPROUTING NSF RF cli  
     clientID = 100     clientSeq = 173      DHCPC                 
     clientID = 101     clientSeq = 174      DHCPD                 
     clientID = 74      clientSeq = 183      MPLS VPN HA Client    
     clientID = 34      clientSeq = 185      SNMP RF Client        
     clientID = 52      clientSeq = 186      ATM                   
     clientID = 69      clientSeq = 189      AAA                   
     clientID = 118     clientSeq = 190      L2TP                  
     clientID = 82      clientSeq = 191      CCM RF                
     clientID = 35      clientSeq = 192      History RF Client     
     clientID = 90      clientSeq = 204      RSVP HA Services      
     clientID = 70      clientSeq = 215      FH COMMON RF CLIENT   
     clientID = 54      clientSeq = 220      SNMP HA RF Client     
     clientID = 73      clientSeq = 221      LDP HA                
     clientID = 76      clientSeq = 222      IPRM                  
     clientID = 57      clientSeq = 223      ARP                   
     clientID = 50      clientSeq = 230      FH_RF_Event_Detector  
     clientID = 1342    clientSeq = 240      ASR1000 SpaFlow       
     clientID = 1343    clientSeq = 241      ASR1000 IF Flow       
     clientID = 83      clientSeq = 255      AC RF Client          
     clientID = 84      clientSeq = 257      AToM manager          
     clientID = 85      clientSeq = 258      SSM                   
     clientID = 102     clientSeq = 273      MQC QoS               
     clientID = 94      clientSeq = 280      Config Verify RF cli  
     clientID = 135     clientSeq = 289      IKE RF Client         
     clientID = 136     clientSeq = 290      IPSEC RF Client       
     clientID = 130     clientSeq = 291      CRYPTO RSA            
     clientID = 148     clientSeq = 296      DHCPv6 Relay          
     clientID = 4000    clientSeq = 303      RF_TS_CLIENT          
     clientID = 4005    clientSeq = 305      ISSU Test Client      
     clientID = 93      clientSeq = 309      Network RF 2 Client   
     clientID = 205     clientSeq = 311      FEC Client            
     clientID = 141     clientSeq = 319      DATA DESCRIPTOR RF C  
     clientID = 4006    clientSeq = 322      Network Clock         
     clientID = 225     clientSeq = 326      VRRP                  
     clientID = 65000   clientSeq = 336      RF_LAST_CLIENT 

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    インサービス ソフトウェア アップグレード プロセスの概念情報および設定情報

    『Cisco IOS XE In Service Software Upgrade Process』モジュール

    ノンストップ フォワーディングの概念情報および設定情報

    「Cisco Nonstop Forwarding」モジュール

    ステートフル スイッチオーバーの概念情報および設定情報

    「Stateful Switchover」モジュール

    インサービス ソフトウェア アップグレードを実行する際のホワイト ペーパー。

    『High-Availability Overview, Cisco IOS Software: Guide to Performing In-Service Software Upgrades』

    インサービス ソフトウェア アップグレード製品とプロセスについての質問に対する回答。

    『Cisco IOS In-Service Software Upgrade, Questions and Answers』

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    Cisco IOS ハイ アベイラビリティ コマンド

    『Cisco IOS High Availability Command Reference』

    Cisco IOS デバッグ コマンド

    『Cisco IOS Debug Command Reference』

    SSO:BFD

    IP Routing Protocols Configuration Guide』の「Bidirectional Forwarding Detection」の章

    SSO HSRP

    IP Application Services Configuration Guide』の「Configuring HSRP」の章

    SSO:MPLS VPN 6VPE および 6PE SSO サポート

    『NSF/SSO and ISSU - MPLS VPN 6VPE and 6PE』

    Cisco ASR 1000 シリーズでの SSO および RPR

    『Cisco ASR 1000 Series Aggregation Services Routers Software Configuration Guide』

    SSO VRRP

    Application Services Configuration Guide』の「Configuring VRRP」の章

    SNMP の設定作業

    Network Management Configuration Guide』の「Configuring SNMP Support」モジュール

    SNMP コマンド

    『Cisco IOS Network Management Command Reference』

    標準

    標準

    タイトル

    この機能がサポートする新しい規格または変更された規格はありません。

    --

    MIB

    MIB

    MIB のリンク

    なし

    選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

    http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

    RFC

    RFC

    タイトル

    この機能でサポートが追加または変更された RFC はありません。

    --

    RFC 1907

    『Management Information Base for Version 2 of the Simple Network Management Protocol』

    RFC 2571

    『An Architecture for Describing SNMP Management Frameworks』

    RFC 2573

    『SNMP Applications』

    RFC 2574

    『User-Based Security Model (USM) for Version 3 of the Simple Network Management Protocol (SNMPv3)』

    RFC 2575

    『View-based Access Control Model (VACM) for the Simple Network Management Protocol (SNMP)』

    RFC 2863

    『The Interfaces Group MIB』

    RFC 4133

    『Entity MIB (Version 3)』

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポート Web サイトでは、シスコの製品やテクノロジーに関するトラブルシューティングにお役立ていただけるように、マニュアルやツールをはじめとする豊富なオンライン リソースを提供しています。

    お使いの製品のセキュリティ情報や技術情報を入手するために、Cisco Notification Service(Field Notice からアクセス)、Cisco Technical Services Newsletter、Really Simple Syndication(RSS)フィードなどの各種サービスに加入できます。

    シスコのサポート Web サイトのツールにアクセスする際は、Cisco.com のユーザ ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​support/​index.html

    Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティ機能の機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 Flexible NetFlow ハイ アベイラビリティ機能の機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    Flexible NetFlow:ISSU/SSO サポート

    Cisco IOS XE Release 3.3S

    15.0(1)SY

    15.0(1)SY1

    Flexible NetFlow は ISSU および SSO をサポートするために拡張されました。

    用語集

    CPE:顧客宅内装置。 端末、電話機、モデムなどの終端機器で、サービス プロバイダーによって提供され、カスタマー サイトに設置してネットワーク接続されています。

    ISSU:インサービス ソフトウェア アップグレード ISSU は、パケット転送の続行中に Cisco IOS ソフトウェアを更新または変更することができるようにするプロセスです。

    RP:ルート プロセッサ。 シャーシに搭載される、集中化されたコントロール ユニットの総称です。

    SSO:ステートフル スイッチオーバー SSO とは、アプリケーションや機能が、定義されているステートをアクティブ RP とスタンバイ RP との間で維持できる Cisco IOS ソフトウェアの実装を指しています。 スイッチングの発生時には、転送とセッションが維持されます。 SSO が実装されているとネットワークは RP の障害を検出しなくなります。