Cisco Networking Service コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
Cisco Networking Service 再試行/間隔指定の設定取得拡張
Cisco Networking Service 再試行/間隔指定の設定取得拡張
発行日;2013/06/05   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Cisco Networking Service 再試行/間隔指定の設定取得拡張

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

CNS 再試行/間隔指定の設定取得拡張について

Cisco Networking Service 再試行/間隔指定の設定取得拡張

Cisco Networking Service 再試行/間隔指定の設定取得拡張機能は、cns config retrieve コマンドに新しい機能を追加して、トラステッド サーバから設定の取得を試行する再試行間隔および試行まで待機する時間(秒)を指定できるようにします。

CNS 再試行/間隔指定の設定取得拡張の設定方法

Cisco Networking Service 設定のサーバからの取得

コンフィギュレーション サーバにデバイスの設定を要求するには、次の作業を実行します。 cns trusted-server コマンドを使用して、どのコンフィギュレーション サーバが使用できるか(信頼できるか)を指定します。

はじめる前に

この作業では、トラステッド サーバが指定済みであることを前提としています。

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    cns config retrieve {host-name | ip-address} [encrypt] [port-number] [page page] [overwrite-startup] [retry retries interval seconds] [syntax-check] [no-persist] [source interface name] [status url] [event] [inventory]


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Device# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 cns config retrieve {host-name | ip-address} [encrypt] [port-number] [page page] [overwrite-startup] [retry retries interval seconds] [syntax-check] [no-persist] [source interface name] [status url] [event] [inventory]


    例:
    Device(config)# cns config retrieve server1 retry 5 interval 45
     

    デバイスが Web サーバから設定データを取得できるようにします。

    • retry キーワードは、1 ~ 100 の範囲の数値で、1 ~ 3600 秒の範囲の interval の入力を要求します。
    (注)     

    トラブルシューティングのヒント

    取得プロセスを停止する場合は、Ctrl+Shift+6 キーを入力します。

     

    CNS 再試行/間隔指定の設定取得拡張の設定例

    例:Cisco Networking Service 設定のサーバからの取得

    Cisco Networking Service トラステッド サーバからの設定データの取得

    次に、10.1.1.1 のトラステッド サーバに設定を要求する例を示します。

    cns trusted-server all 10.1.1.1
    exit
    cns config retrieve 10.1.1.1
    

    次に、cns config retrieve コマンドを使用して、10.1.1.1 にあるトラステッド サーバに設定を要求し、Cisco Networking Service 設定取得間隔を設定する例を示します。

    cns trusted-server all 10.1.1.1
    exit
    cns config retrieve 10.1.1.1 retry 50 interval 1500
    CNS Config Retrieve Attempt 1 out of 50 is in progress
    Next cns config retrieve retry is in 1499 seconds (Ctrl-Shft-6 to abort this command).
    ..
    00:26:40: %CNS-3-TRANSPORT: CNS_HTTP_CONNECTION_FAILED:10.1.1.1 -Process= "CNS config retv", ipl= 0, pid= 43

    00:26:40: %CNS-3-TRANSPORT: CNS_HTTP_CONNECTION_FAILED -Process= "CNS config retv", ipl= 0, pid= 43......

    cns config retrieve 10.1.1.1
    

    取得したデータの実行コンフィギュレーション ファイルへの適用

    次に、サーバから取得した設定データをチェックし、実行コンフィギュレーション ファイルにだけ適用する例を示します。 Cisco Networking Service 設定エージェントは、設定データの取得に成功するか、または 5 回失敗するまで、30 秒間隔で設定データを取得しようとします。

    cns config retrieve 10.1.1.1 syntax-check no-persist retry 5 interval 30
    

    取得データによるスタートアップ コンフィギュレーション ファイルの上書き

    次に、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルをサーバから取得した設定データで上書きする例を示します。 この設定データは実行コンフィギュレーションには適用されません。

    cns config retrieve 10.1.1.1 syntax-check no-persist retry 5 interval 30
    cns config retrieve 10.1.1.1 overwrite-startup
    

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    Cisco Networking Service コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用上の注意事項、および例。

    『Cisco IOS Cisco Networking Services Command Reference』

    Cisco Networking Service 設定エンジン(CE)

    『Cisco CNS Configuration Engine Administrator Guide, 1.3』

    標準および RFC

    標準/RFC

    タイトル

    この機能によりサポートされる新規または変更された標準/RFC はありません。またこの機能による既存の標準/RFC のサポートに変更はありません。

    --

    MIB

    MIB

    MIB のリンク

    この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

    選択したプラットフォーム、Cisco ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

    http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    CNS 再試行/間隔指定の設定取得拡張の機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 Cisco Networking Service 再試行/間隔指定の設定取得拡張の機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    Cisco Networking Service 再試行/間隔指定の設定取得拡張

    Cisco IOS XE Release 2.1

    12.4(15)T

    12.2(33)SRC

    12.2(33)SB

    12.2(50)SY

    Cisco Networking Service 再試行/間隔指定の設定取得拡張機能は、cns config retrieve コマンドに 2 つのオプションを追加して、トラステッド サーバから設定の取得を試行する再試行間隔および試行まで待機する時間(秒)を指定できるようにします。 設定エージェントが到達不能サーバに対して試行し続けることがないように、再試行回数は 100 回に制限されています。 cns config retrieve コマンドを強制終了するには、キーボードの Ctrl+Shift+6 の組み合わせを使用します。

    この機能により、cns config retrieve コマンドが変更されました。