Cisco Networking Service コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
CNS 設定エージェント
CNS 設定エージェント
発行日;2013/06/05   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

CNS 設定エージェント

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の警告および機能情報については、『Bug Search Tool』およびご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

CNS 設定エージェントについて

Cisco Networking Service 設定エージェント

Cisco Networking Service 設定エージェントは、シスコ デバイスの初期設定および以後の部分設定に含まれています。 Cisco Networking Service 設定エージェントをアクティブにするには、cns config CLI コマンドのいずれかを入力します。

Cisco Networking Service の初期設定

ルーティング デバイスは、初めて起動すると、標準 CLI コマンドである cns config initial コマンドを使用して TCP 接続を確立することによって Cisco Networking Service 設定エージェントのコンフィギュレーション サーバ コンポーネントに接続します。 デバイスは要求を発行し、コンフィギュレーション サーバに一意の設定 ID を提供してデバイス自身を識別します。

Cisco Networking Service Web サーバはコンフィギュレーション ファイルの要求を受信すると、Java サーブレットを呼び出し、該当する埋め込みコードを実行します。 この埋め込みコードの指示によって、Cisco Networking Service Web サーバはディレクトリ サーバおよびファイル システムにアクセスし、このデバイス(設定 ID)用のコンフィギュレーション リファレンスとテンプレートを読み取ります。 設定エージェントは、テンプレート内に指定されているすべてのパラメータ値に、このデバイスの有効な値を代入して、コンフィギュレーション ファイルのインスタンスを作成します。 コンフィギュレーション サーバは、設定ファイルをルーティング デバイスに転送するために Cisco Networking Service Web サーバに転送します。

Cisco Networking Service 設定エージェントは、Cisco Networking Service Web サーバから設定ファイルを受信して、XML 解析を実行し、構文をチェックし(任意)、設定ファイルをロードします。 ルーティング デバイスは設定ロードのステータスを、ネットワーク モニタリングまたはワークフロー アプリケーションがサブスクライブできるイベントとして報告します。

Cisco Networking Service 設定エンジンを使用して Cisco Networking Service の初期設定を自動的にインストールする方法の詳細については、『Cisco Networking Services Configuration Engine Administrator’s Guide』(http:/​/​www.cisco.com/​univercd/​cc/​td/​doc/​product/​rtrmgmt/​cns/​ce/​rel13/​ag13/​index.htm)を参照してください。

Cisco Networking Service の差分設定

ネットワークが稼働すると、Cisco Networking Service 設定エージェントを使用して新しいサービスを追加できます。 差分(部分)設定はルーティング デバイスに送信できます。 実際の設定を、イベント ペイロードとしてイベント ゲートウェイを介して(プッシュ処理)、またはデバイスにプル オペレーションを開始させる信号イベントとして送信できます。

ルーティング デバイスは、設定を適用する前にその構文をチェックできます。 構文が正しい場合は、ルーティング デバイスは差分設定を適用し、コンフィギュレーション サーバに成功を信号で伝えるイベントを発行します。 ルーティング デバイスが差分設定を適用しなかった場合、エラーを示すイベントを発行します。

ルーティング デバイスが差分設定を適用した後、その設定を NVRAM に書き込むことも、書き込み指示の信号が来るまで待機することもできます。

コンフィギュレーションの同期

ルーティング デバイスは設定を受信しても、その設定の適用を書き込み信号イベントの受信時まで据え置くことができます。 Cisco Networking Service 設定エージェント機能を使用すると、デバイスの設定を他の依存ネットワーク アクティビティと同期化できます。

CNS 設定エージェントの設定方法

Cisco Networking Service イベント エージェントおよび EXEC エージェントの設定

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    cns config partial {host-name | ip-address} [encrypt] [port-number] [source interface name] [inventory]

    4.    logging cns-events [severity-level]

    5.    cns exec [encrypt] [port-number] [source {ip-address | interface-type-number}]

    6.    cns event {hostname | ip-address} [encrypt] [port-number] [backup] [failover-time seconds] [keepalive seconds retry-count] [source ip-address | interface-name][clock-timeout time] [reconnect-time time]

    7.    exit


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Device> enable
    
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。
     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Device# configure terminal
    
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 cns config partial {host-name | ip-address} [encrypt] [port-number] [source interface name] [inventory]


    例:
    Device(config)# cns config partial 172.28.129.22 80
    
     

    (任意)Cisco Networking Service 設定エージェントを起動します。これにより、シスコ クライアントに Cisco Networking Service 設定サービスが提供され、差分(部分)設定が開始されます。

    • コンフィギュレーション サーバのポート番号を指定するには、オプションの port-number 引数を使用します。 デフォルトは 80 です。
    • Cisco Networking Service 設定エージェントの通信の送信元として IP アドレスを使用するように指定するには、オプションの source キーワードと ip-address 引数を使用します。
    • HTTP 要求の一部として Cisco Networking Service 設定エンジンにデバイスのラインカードとモジュールのインベントリを送信するには、オプションの inventory キーワードを使用します。
    (注)     

    SSL をサポートするイメージに限り、オプションの encrypt キーワードを使用できます。

     
    ステップ 4 logging cns-events [severity-level]


    例:
    Device(config)# logging cns-events 2
    
     

    (任意)XML フォーマットのシステム イベント メッセージ ロギングを Cisco Networking Service イベント バスを介して送信できます。

    • メッセージをログに記録する重大度の番号または名前を指定するには、オプションの severity-level 引数を使用します。 デフォルトはレベル 7(デバッグ)です。
     
    ステップ 5 cns exec [encrypt] [port-number] [source {ip-address | interface-type-number}]


    例:
    Device(config)# cns exec source 172.17.2.2
    
     

    (任意)Cisco Networking Service EXEC エージェントをイネーブルにし、設定します。これにより、シスコ クライアントに Cisco Networking Service EXEC サービスが提供されます。

    • EXEC サーバのポート番号を指定するには、オプションの port-number 引数を使用します。 デフォルトは 80 です。
    • Cisco Networking Service EXEC エージェントの通信の送信元として IP アドレスを使用するように設定するには、オプションの source キーワードと ip-address/interface-type number 引数を使用します。
    (注)     

    SSL をサポートするイメージに限り、オプションの encrypt キーワードを使用できます。

     
    ステップ 6 cns event {hostname | ip-address} [encrypt] [port-number] [backup] [failover-time seconds] [keepalive seconds retry-count] [source ip-address | interface-name][clock-timeout time] [reconnect-time time]


    例:
    Device(config)# cns event 172.28.129.22 source 172.22.2.1
    
     

    シスコ クライアントに Cisco Networking Service イベント サービスを提供する Cisco Networking Service イベント ゲートウェイを設定します。

    • SSL をサポートするイメージに限り、オプションの encrypt キーワードを使用できます。
    • イベント サーバのポート番号を指定するには、オプションの port-number 引数を使用します。 デフォルトは、11011(暗号化なし)および 11012(暗号化あり)です。
    • このゲートウェイがバックアップ ゲートウェイであることを示すには、オプションの backup キーワードを使用します。 バックアップ ゲートウェイを設定する前に、プライマリ ゲートウェイが設定されていることを確認します。
    • バックアップ ゲートウェイへのルートが確立された後、プライマリ ゲートウェイのルートを待機する時間間隔(秒)を指定するには、オプションの failover-time キーワードと seconds 引数を使用します。
    • キープアライブ タイムアウト(秒)および再試行回数を指定するには、オプションの keepalive キーワードと seconds および retry-count 引数を使用します。
    • Cisco Networking Service イベント エージェントの通信の送信元として IP アドレスを使用するように指定するには、オプションの source キーワードと ip-address/interface-name 引数を使用します。
    • 正確なクロックを必要とする転送(SSL など)にクロックが設定されるのを Cisco Networking Service イベント エージェントが待機する最大時間(分)を指定するには、オプションの clock-timeout キーワードを使用します。
    • 最大再試行タイムアウトの設定可能な上限を指定するには、オプションの reconnect-time キーワードを使用します。
    (注)     

    cns event コマンドを入力するまで、Cisco Networking Service イベント バスへの転送接続は確立しません。そのため、その他の Cisco Networking Service エージェントは稼働しません。

     
    ステップ 7 exit


    例:
    Device(config)# exit
    
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

     

    トラブルシューティングのヒント

    • Cisco Networking Service イベント エージェントが Cisco Networking Service イベント ゲートウェイに接続されていることを確認するには、show cns event connections コマンドを使用します。
    • イメージ エージェントのサブジェクト名が登録されていることを確認するには、show cns event subject コマンドを使用します。 Cisco Networking Service イメージ エージェントのサブジェクト名は cisco.mgmt.cns.image で始まります。

    CNS 設定エージェントの設定例

    例:Cisco Networking Service エージェントのイネーブル化および設定

    次に、cns config partial コマンドで設定エージェントをイネーブルにすることから開始してさまざまな Cisco Networking Service エージェントをイネーブルにして設定し、リモート デバイス上で差分(部分)設定を行う例を示します。 Cisco Networking Service 設定エンジンの IP アドレスは 172.28.129.22、ポート番号は 80 です。 Cisco Networking Service EXEC エージェントを IP アドレス 172.28.129.23 で、Cisco Networking Service イベント エージェントを IP アドレス 172.28.129.24 でイネーブルにします。 Cisco Networking Service イベント エージェントをイネーブルにするまで、他の Cisco Networking Service エージェントは動作しません。

     cns config partial 172.28.129.22 80
     cns exec 172.28.129.23 source 172.22.2.2
     cns event 172.28.129.24 source 172.22.2.1
     exit
    

    次に、CLI を使用して Cisco Networking Service イメージ エージェント パラメータを設定する例を示します。 GigabitEthernet インターフェイス 0/1/1 の IP アドレスを使用するようにイメージ ID を指定し、Cisco Networking Service イメージ エージェント サービスのパスワードを設定し、Cisco Networking Service イメージ アップグレード再試行間隔を 4 分間に設定し、イメージ管理サーバおよびステータス サーバを設定します。

    cns id GigabitEthernet0/1/1 ipaddress image
    cns image retry 240
    cns image password abctext
    cns image server https://10.21.2.3/cns/imgsvr status https://10.21.2.3/cns/status/
    

    次に、Cisco Networking Service イベント バスを使用するように Cisco Networking Service イメージ エージェントを設定する例を示します。 ネットワーキング デバイスのハードウェア シリアル番号としてイメージ ID を指定し、複数のパラメータを指定して Cisco Networking Service イベント エージェントをイネーブルにし、Cisco Networking Service イメージ エージェントをキーワードまたはオプションを指定しないでイネーブルにします。 Cisco Networking Service イメージ エージェントは、Cisco Networking Service イベント バス上でイベントを待ち受けます。

    cns id hardware-serial image
    cns event 10.21.9.7 11011 keepalive 240 120 failover-time 5
    cns image
    cns image password abctext
    

    例:Cisco Networking Service イメージのサーバからの取得

    次に、cns image retrieve コマンドを使用して、Cisco Networking Service イメージ エージェントがファイル サーバをポーリングする例を示します。 Cisco Networking Service イメージ エージェントがすでにイネーブルになっているとすると、ここで指定されたファイル サーバとステータス サーバのパスによって既存のイメージ エージェント サーバおよびステータス設定が上書きされます。 新しいファイル サーバがポーリングされ、新しいイメージがある場合はネットワーキング デバイスにダウンロードされます。

     cns image retrieve server https://10.19.2.3/cns/ status https://10.19.2.3/cnsstatus/
    

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    Cisco Networking Service コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用上の注意事項、および例。

    『Cisco IOS Cisco Networking Services Command Reference』

    Cisco Networking Service 設定エンジン(CE)

    『Cisco CNS Configuration Engine Administrator Guide, 1.3』

    標準および RFC

    標準/RFC

    タイトル

    この機能によりサポートされる新規または変更された標準/RFC はありません。またこの機能による既存の標準/RFC のサポートに変更はありません。

    --

    MIB

    MIB

    MIB のリンク

    この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

    選択したプラットフォーム、Cisco ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB を検索してダウンロードする場合は、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

    http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

    シスコのテクニカル サポート

    説明

    リンク

    シスコのサポートおよびドキュメンテーション Web サイトでは、ダウンロード可能なマニュアル、ソフトウェア、ツールなどのオンライン リソースを提供しています。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    CNS 設定エージェントの機能情報

    次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、ソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースだけを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

    プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

    表 1 CNS 設定エージェントの機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    CNS 設定エージェント

    Cisco IOS XE Release 2.1

    12.0(18)ST

    12.0(22)S

    12.2(2)T

    12.2(8)T

    12.2(33)SRA

    12.2(33)SB

    12.2(33)SXI

    Cisco Networking Service 設定エージェント機能は、次を提供してルーティング デバイスをサポートします。

    • 初期設定
    • 差分(部分)設定
    • 同期設定更新

    この機能により、cns config cancelcns config initialcns config partialcns config retrievecns passworddebug cns configdebug cns xml-parsershow cns config outstandingshow cns config statsshow cns config status の各コマンドが導入または変更されました。