Cisco Network Positioning System Cisco ASR 1000 ルータ リリース 1.0 コンフィギュレーション ガイド
Network Positioning System の一般的な設定
Network Positioning System の一般的な設定
発行日;2013/01/28   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

Network Positioning System の一般的な設定

Network Positioning System(NPS)の設定では次のタスクを実行します。

  1. NPS と通信できるようにルータを設定する。 これには、ルータに対するホスト名の割り当てもあります。
  2. データセンター(DC)に対向する 1 台のプロバイダー エッジ ルータ(PE)に対して eXtensible Messaging、Presence Protocol(XMPP)サーバを設定する。
  3. 1 台の DC-Facing PE に対してサービス解決エンジン(SRE)を設定する。
  4. SRE を設定したときと同じ DC-Faicng PE に対して機能ディレクトリ(CD)を設定する。
  5. ルータ上で実行するパフォーマンス マネージャ(PFM)を設定する。 この設定は、DC-Facing PE を設定するか、カスタマー エッジ ルータ(CE)に対向する PE を設定するかによって異なります。
  6. プロキシミティ エンジン(PXE)でのプロキシミティの計算にルーティング プロトコルを使用できるように、ルータに対してそれらのルーティング プロトコルを設定する。

このモジュールでは、ルータが NPS と通信できるようになるうえで必要となる基本的な設定について説明します。 その他の設定作業については、このマニュアルの以降のモジュールを参照してください。

PE での基本的なネットワーキングの設定

システムにある CE-Facing PE および DCE-Facing PE のそれぞれに XMPP サーバからアクセスできるようにするには、次の設定が必要です。

手順の概要

    1.    hostname hostname

    2.    ip host hostname ip-address

    3.    ip name-server ip-address

    4.    interface interface-name

    5.    ip address ip-address mask

    6.    no shutdown


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1hostname hostname


    例:
    server(config)# hostname ccnsr.com
     

    ルータのホスト名を設定します。

     
    ステップ 2 ip host hostname ip-address


    例:
    server(config)# ip host ccnsr.com 172.16.0.2
     

    実行している XMPP サーバの IP アドレスを指定します。

     
    ステップ 3ip name-server ip-address


    例:
    server(config)# ip name-server 
     

    ネーム サーバのアドレスを指定します。 ip host コマンドを使用しない場合にのみ、このコマンドが必要です。

     
    ステップ 4interface interface-name


    例:
    server(config)# interface gigabitethernet 0eth0
    server(config-if)# 
     

    インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始してインターフェイスをイネーブルにします。

     
    ステップ 5ip address ip-address mask


    例:
    server(config-if)# ip address 172.17.0.3 255.255.255.0
     

    インターフェイスの IP アドレスを設定します。

     
    ステップ 6no shutdown


    例:
    server(config-if)# no shutdown
     

    インターフェイスをイネーブルにします。

     
    次の作業

    XMPP サーバを設定します。