Cisco Unified Border Element(SP Edition)設定プロファイルの例
SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング
SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング
発行日;2012/05/30 | 英語版ドキュメント(2012/04/02 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング

SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング(セグメント)

SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング(コピー アンド ペースト)

SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング(CLI プロンプト)

SPA DSP 音声カードでの VDBE モードの CUBE のトランスコーディング

SPA DSP 音声カードでの VDBE モードの CUBE のトランスコーディング(セグメント)

SPA DSP 音声カードでの VDBE モードの CUBE のトランスコーディング(コピー アンド ペースト)

SPA DSP 音声カードでの VDBE モードの CUBE のトランスコーディング(CLI プロンプト)

トランスコーディングを確認するための show コマンド

プロファイルが関連付けられていることの確認

アクティブ コールの確認

DSP のステータスの確認

DSP の統計情報の確認

DSP リソースがアクティブ リストから解放されたことの確認

コール統計情報の確認

メディア フロー ステータスの確認

SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング

CUBE(SBC)トランスコーディングは SPA DSP カードの SPA DSP サービスを使用して行うことができます。SPA DSP カードは、サービス プロバイダーおよび企業のビジネスに音声トランスコーディングの機能を提供するデジタル シグナル プロセッサおよび関連のハードウェアが搭載されています。

トランスコーディングは、別のタイプのメディア ストリームまたはコーデックに 1 種類のメディア ストリームまたはコーデックを変換する処理です。たとえば、PCMU から G.726-32。

トランスコーディングは、最初の要求のコーデックがいずれも有効でないことを示す着信側エンド ポイントからの応答によってトリガーされます。トランスコーディングをトリガーする応答は次のとおりです。

415:サポートされないメディア タイプ(SIP)

488:ここで受け入れできません(SIP)

65:ベアラー機能未実装、接続解除理由種別(H.323)

トランスコーディングがトリガーされた場合、SBE は着信および発信 DBE の間のメディア パスにトランス コーダを配置します。SBE は、トランスコーダによって生成される新しいコーデック タイプで着信側に新しい要求を送信します。SBE は、着信側が受け入れるコーデックを 1 つ見つけるまでコーデックのリストを繰り返す必要があります。着信側で受け入れられるコーデックが見つかると、コールが接続されメディアの転送が開始されます。

次に、SPA DSP 音声カードで CUBE トランスコーディングを設定する例を示します。各セグメントの例を次に示します。

トランスコーディング設定

例のトランスコーディングのセグメントでは、 voice-card コマンドで SPA DSP 音声カードのスロット番号を指定し、音声カード インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

dspfarm profile コマンドは、指定 DSP ファーム プロファイルの DSP ファーム サービスをイネーブルにし、トランスコーディングを有効にして、DSP ファーム プロファイル コンフィギュレーション モードを開始します。 dspfarm profile コマンドの後で、有効なコーデックが一覧表示されます。コーデック リストは、SBE が認識用にハード コードされているコーデックを含める必要があります。

インターフェイス コンフィギュレーション

インターフェイスのセグメントは SBC インターフェイスを設定し、プライマリ アドレスとして 23.30.1.101 を確立し、2 つのセカンダリ アドレスを設定します。

SBC SBE の設定

SBC、SBE を設定し、dspfarm プロファイルを関連付けます。

隣接の設定

Nav_A および Nav_B 隣接を設定します。

コール ポリシー:隣接接続

Nav_A および Nav_B 隣接間の接続を確立します。

CAC テーブル:コーデックの強制

(任意)コールの両側で使用できるコーデックを強制します。

SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング(セグメント)

トランスコーディング設定

voice-card 1/0
no dspfarm
dsp services dspfarm
exit
dspfarm profile 20 transcode
codec g711ulaw
codec g711alaw
codec g729r8
codec g729ar8
codec g729br8
codec g729abr8
codec pass-through
rsvp
maximum sessions 5
associate application sbc
exit
 

インターフェイス コンフィギュレーション

interface SBC1
ip address 23.30.1.1 255.255.255.255 secondary
ip address 23.30.1.10 255.255.255.0 secondary
ip address 23.30.1.101 255.255.255.0
exit
 

SBC SBE の設定

sbc My_SBC
sbe
associate dspfarm profile 20
 

隣接 1 の設定

adjacency sip Nav_A
inherit profile preset-access
preferred-transport udp
signaling-address ipv4 23.30.1.1
statistics method summary
signaling-port 5060
remote-address ipv4 23.31.0.0 255.255.0.0
signaling-peer 23.31.1.2
attach
exit
 

隣接 2 の設定

adjacency sip Nav_B
nat force-off
preferred-transport udp
signaling-address ipv4 23.30.1.1
statistics method summary
signaling-port 5060
remote-address ipv4 23.32.0.0 255.255.0.0
signaling-peer 23.32.1.2
account Nav_B
attach
exit
 

コール ポリシー:隣接間の接続を確立します。

call-policy-set 1
first-call-routing-table ROUTE-ON-DEST-NUMB
rtg-dst-address-table ROUTE-ON-DEST-NUMB
entry 1
action complete
dst-adjacency Nav_A
match-address 91939 digits
prefix
entry 2
action complete
dst-adjacency Nav_B
match-address 40852 digits
prefix
complete
call-policy-set default 1
media-address ipv4 23.30.1.10
port-range 10000 64000 any
activate
exit
 

CAC テーブル:発信側および着信側のコーデックを強制します。

cac-policy-set 1
first-cac-table Transcode
first-cac-scope dst-adjacency
cac-table Transcode
table-type policy-set
entry 1
cac-scope call
caller-codec-list sideA
callee-codec-list sideB
cac-policy-set global 1
codec list sideA
codec PCMA
codec list sideB
codec G729
exit
 

SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング(コピー アンド ペースト)

 
voice-card 1/0
no dspfarm
dsp services dspfarm
exit
dspfarm profile 20 transcode
codec g711ulaw
codec g711alaw
codec g729r8
codec g729ar8
codec g729br8
codec g729abr8
codec pass-through
rsvp
maximum sessions 5
associate application sbc
exit
 
 
interface SBC1
ip address 23.30.1.1 255.255.255.255 secondary
ip address 23.30.1.10 255.255.255.0 secondary
ip address 23.30.1.101 255.255.255.0
exit
 
 
sbc My_SBC
sbe
associate dspfarm profile 20
 
 
adjacency sip Nav_A
inherit profile preset-access
preferred-transport udp
signaling-address ipv4 23.30.1.1
statistics method summary
signaling-port 5060
remote-address ipv4 23.31.0.0 255.255.0.0
signaling-peer 23.31.1.2
attach
exit
 
 
adjacency sip Nav_B
nat force-off
preferred-transport udp
signaling-address ipv4 23.30.1.1
statistics method summary
signaling-port 5060
remote-address ipv4 23.32.0.0 255.255.0.0
signaling-peer 23.32.1.2
account Nav_B
attach
exit
 
 
call-policy-set 1
first-call-routing-table ROUTE-ON-DEST-NUMB
rtg-dst-address-table ROUTE-ON-DEST-NUMB
entry 1
action complete
dst-adjacency Nav_A
match-address 91939 digits
prefix
entry 2
action complete
dst-adjacency Nav_B
match-address 40852 digits
prefix
complete
call-policy-set default 1
media-address ipv4 23.30.1.10
port-range 10000 64000 any
activate
exit
 
 
 
cac-policy-set 1
first-cac-table Transcode
first-cac-scope dst-adjacency
cac-table Transcode
table-type policy-set
entry 1
cac-scope call
caller-codec-list sideA
callee-codec-list sideB
cac-policy-set global 1
codec list sideA
codec PCMA
codec list sideB
codec G729
exit
 
 

SPA DSP 音声カードでの CUBE のトランスコーディング(CLI プロンプト)

Router# config t
Router(config)# voice-card 0/0
Router(config-voicecard)# dsp services dspfarm
Router(config-voicecard)# exit
Router(config)# dspfarm profile 20 transcode
Router(config-dspfarm-profile)# codec g711ulaw
Router(config-dspfarm-profile)# codec g711alaw
Router(config-dspfarm-profile)# codec g729r8
Router(config-dspfarm-profile)# codec g729ar8
Router(config-dspfarm-profile)# codec g729br8
Router(config-dspfarm-profile)# codec g729abr8
Router(config-dspfarm-profile)# codec pass-through
Router(config-dspfarm-profile)# rsvp
Router(config-dspfarm-profile)# maximum sessions 5
Router(config-dspfarm-profile)# associate application sbc
Router(config-dspfarm-profile)# no shutdown
Router(config-dspfarm-profile)# exit
 
 
Router(config)# interface SBC1
Router(config-int)# ip address 23.30.1.1 255.255.255.255 secondary
Router(config-int)# ip address 23.30.1.10 255.255.255.0 secondary
Router(config-int)# ip address 23.30.1.101 255.255.255.0
Router(config-int)# exit
 
 
Router(config)# sbc My_SBC
Router(config-sbc)# sbe
 
 
Router(config-sbc-sbe)# adjacency sip Nav_A
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# inherit profile preset-access
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# preferred-transport udp
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# signaling-address ipv4 23.30.1.1
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# statistics method summary
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# signaling-port 5060
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# $address ipv4 23.31.0.0 255.255.0.0
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# signaling-peer 23.31.1.2
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# attach
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# exit
 
 
Router(config-sbc-sbe)# adjacency sip Nav_B
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# nat force-off
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# preferred-transport udp
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# signaling-address ipv4 23.30.1.1
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# statistics method summary
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# signaling-port 5060
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# remote-address ipv4 23.32.0.0 255.255.0.0
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# signaling-peer 23.32.1.2
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# account Nav_B
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# attach
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# exit
 
 
Router(config-sbc-sbe)# call-policy-set 1
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# first-call-routing-table ROUTE-ON-DEST-NUMB
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# rtg-dst-address-table ROUTE-ON-DEST-NUMB
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable)# entry 1
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action complete
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# dst-adjacency Nav_A
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-address 91939 digits
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# prefix
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# entry 2
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# action complete
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# dst-adjacency Nav_B
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# match-address 40852 digits
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# prefix
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy-rtgtable-entry)# complete
Router(config-sbc-sbe-rtgpolicy)# call-policy-set default 1
Router(config-sbc-sbe)# media-address ipv4 23.30.1.10
Router(config-sbc-sbe)# exit
Router(config-sbc)# port-range 10000 64000 any
Router(config-sbc)# activate
Router(config-sbc)#
 
 
Router(config-sbc)#
Router(config-sbc)# sbe
Router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table Transcode
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope dst-adjacency
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table Transcode
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# table-type policy-set
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# cac-scope call
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-codec-list sideA
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-codec-list sideB
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# cac-policy-set global 1
Router(config-sbc-sbe)# codec list sideA
Router(config-sbc-sbe-codec-list)# codec PCMA
Router(config-sbc-sbe-codec-list)# codec list sideB
Router(config-sbc-sbe-codec-list)# codec G729
Router(config-sbc-sbe-codec-list)# exit
 

SPA DSP 音声カードでの VDBE モードの CUBE のトランスコーディング

次に、SPA DSP 音声カードでの仮想データ ボーダ エレメント(VDBE)モードで CUBE トランスコーディングを設定する例を示します。VDBE は DBE 内のリソース パーティションであり、メディア ゲートウェイとして機能します。各 VDBE は H.248(Megaco)プロトコルを使用して、独立した SBE によって制御されます。VDBE は、CUBE の分散モデルでのみ使用されます。

トランスコーディング設定

トランスコーディングの設定は、このモジュールの他の例と同じです。

SBC DBE の設定

このセグメントは、H.248 タイマーとコントローラを含む H.248(Megaco)プロトコルを設定します。

control-address は CUBE(SBC)の IP アドレスです。

remote-address は、メディア ゲートウェイ(VDBE)の IP アドレスです。

SPA DSP 音声カードでの VDBE モードの CUBE のトランスコーディング(セグメント)

トランスコーディング設定

voice-card 1/0
no dspfarm
dsp services dspfarm
exit
dspfarm profile 20 transcode
codec g711ulaw
codec g711alaw
codec g729r8
codec g729ar8
codec g729br8
codec g729abr8
codec pass-through
rsvp
maximum sessions 5
associate application sbc
 

SBC DBE の設定

sbc My_SBC dbe
associate dspfarm profile 20
vdbe global
h248-inactivity-duration 3000
no h248-media-alert-event
tmax-timer 30
package segment seg-timer-value 5000
h248-association-timeout
transaction-pending 10
h248-preserve-gates
local-port 2944
control-address h248 ipv4 23.52.1.2
control-dscp af11 marker-dscp af12 pdr-coefficient 300
controller h248 1
remote-address ipv4 23.52.1.3
attach-controllers
exit
deactivation-mode abort
exit
location-id 1
media-address pool ipv4 23.53.1.1 23.53.1.10
port-range 10000 59000 any
media-timeout 10
activate
exit
 

SPA DSP 音声カードでの VDBE モードの CUBE のトランスコーディング(コピー アンド ペースト)

トランスコーディング設定

voice-card 1/0
no dspfarm
dsp services dspfarm
exit
dspfarm profile 20 transcode
codec g711ulaw
codec g711alaw
codec g729r8
codec g729ar8
codec g729br8
codec g729abr8
codec pass-through
rsvp
maximum sessions 5
associate application sbc
 

SBC DBE の設定

sbc My_SBC dbe
associate dspfarm profile 20
vdbe global
h248-inactivity-duration 3000
no h248-media-alert-event
tmax-timer 30
package segment seg-timer-value 5000
h248-association-timeout
transaction-pending 10
h248-preserve-gates
local-port 2944
control-address h248 ipv4 23.52.1.2
control-dscp af11 marker-dscp af12 pdr-coefficient 300
controller h248 1
remote-address ipv4 23.52.1.3
attach-controllers
exit
deactivation-mode abort
exit
location-id 1
media-address pool ipv4 23.53.1.1 23.53.1.10
port-range 10000 59000 any
media-timeout 10
activate
exit

SPA DSP 音声カードでの VDBE モードの CUBE のトランスコーディング(CLI プロンプト)

トランスコーディング設定

Router(config)# voice-card 1/0
Router(config-voicecard)# no dspfarm
Router(config-voicecard)# dsp services dspfarm
Router(config-voicecard)# exit
Router(config)# dspfarm profile 20 transcode
Router(config-dspfarm-profile)# codec g711ulaw
Router(config-dspfarm-profile)# codec g711alaw
Router(config-dspfarm-profile)# codec g729r8
Router(config-dspfarm-profile)# codec g729ar8
Router(config-dspfarm-profile)# codec g729br8
Router(config-dspfarm-profile)# codec g729abr8
Router(config-dspfarm-profile)# codec pass-through
Router(config-dspfarm-profile)# vrsvp
Router(config-dspfarm-profile)# maximum sessions 5
Router(config-dspfarm-profile)# associate application sbc
 

SBC DBE の設定

Router(config)# sbc My_SBC dbe
Router(config-sbc-dbe)# associate dspfarm profile 20
Router(config-sbc-dbe)# vdbe global
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-inactivity-duration 3000
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# no h248-media-alert-event
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# tmax-timer 30
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# package segment seg-timer-value 5000
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-association-timeout
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# transaction-pending 10
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# h248-preserve-gates
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# local-port 2944
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# control-address h248 ipv4 23.52.1.2
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# control-dscp af11 marker-dscp af12 pdr-coefficient 300
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# controller h248 1
Router(config-sbc-dbe-vdbe-h248)# remote-address ipv4 23.52.1.3
Router(config-sbc-dbe-vdbe-h248)# attach-controllers
Router(config-sbc-dbe-vdbe-h248)# exit
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# deactivation-mode abort
Router(config-sbc-dbe-vdbe)# exit
Router(config-sbc-dbe)# location-id 1
Router(config-sbc-dbe)# media-address pool ipv4 23.53.1.1 23.53.1.10
PE43_ASR-1002(config-sbc-dbe)# port-range 10000 59000 any
PE43_ASR-1002(config-sbc-dbe)# media-timeout 10
PE43_ASR-1002(config-sbc-dbe)# activate
PE43_ASR-1002(config-sbc-dbe)# exit
 

トランスコーディングを確認するための show コマンド

次の show コマンドは、トランスコーディングの設定を確認するために使用します。

「プロファイルが関連付けられていることの確認」

「アクティブ コールの確認」

「DSP のステータスの確認」

「DSP の統計情報の確認」

「DSP リソースがアクティブ リストから解放されたことの確認」

「コール統計情報の確認」

「メディア フロー ステータスの確認」

プロファイルが関連付けられていることの確認

DSPFARM プロファイルが関連付けられていることを確認するには、 show dspfarm profile コマンドを使用します。

Router# show dspfarm profile
 
Dspfarm Profile Configuration
 
Profile ID = 1, Service = TRANSCODING, Resource ID = 1
Profile Description :
Profile Service Mode : Non Secure
Profile Admin State : UP
Profile Operation State : ACTIVE
Application : SBC Status : ASSOCIATED
Resource Provider : FLEX_DSPRM Status : UP
Number of Resource Configured : 700
Number of Resource Available : 700
Codec Configuration
Codec : g711alaw, Maximum Packetization Period : 30
Codec : g711ulaw, Maximum Packetization Period : 30
Codec : g729ar8, Maximum Packetization Period : 60
 

アクティブ コールの確認

DSPFARM プロファイルが関連付けられていることを確認するには、 show sbc sbe calls コマンドを使用します。

Router# show sbc snow sbe calls
 
SBC Service "snow"
Call State Src Adjacency Dest Adjacency
---------------------------------------------------------------
13319 Active Nav_A Nav_B
 
 

DSP のステータスの確認

DSP のステータスを確認するには、 show dspfarm dsp active コマンドを使用します。

Router# show dspfarm dsp active
 
SLOT DSP VERSION STATUS CHNL USE TYPE RSC_ID BRIDGE_ID PKTS_TXED PKTS_RXED
2 1 26.2.0 UP 1 USED xcode 1 0x3 0 5
2 1 26.2.0 UP 1 USED xcode 1 0x4 0 0
Total number of DSPFARM DSP channel(s) 1
 

DSP の統計情報の確認

DSP の統計情報を確認するには、 show dspfarm dsp stats コマンドを使用します。

Router# show dspfarm dsp stats 3
 
Gathering total stats...
 
Bridge-id=0x3 Call-id=0x2
tx_pak_side_a=3053518848 tx_silence_pak_side_a=0 tx_dur_side_a=1748172800
voice_tx_dur_side_a=1748172800 rtp_time_stamp_side_a=1336854017 rx_pak_side_a=46849
rx_silence_pak_side_a=0 rx_dur_side_a=1915944960 voice_rx_dur_side_a=1915944960
passthrough_rx_side_a=0 passthrough_discard_side_a=0 num_out_of_seq_side_a=0
num_bad_head_side_a=0 num_pak_late_side_a=0 num_pak_early_side_a=50331648
rx_delay_side_a=973078528 prec_conc_dur_side_a=0 silence_conc_dur_side_a=0
buf_over_dur_side_a=167772160 end_errors_side_a=0
tx_pak_side_b=3053518848 tx_silence_pak_side_b=0 tx_dur_side_b=1748172800
voice_tx_dur_side_b=1748172800 rtp_time_stamp_side_b=3215836673 rx_pak_side_b=46849
rx_silence_pak_side_b=0 rx_dur_side_b=1915944960 voice_rx_dur_side_b=1915944960
passthrough_rx_side_b=0 passthrough_discard_side_b=0 num_out_of_seq_side_b=0
num_bad_head_side_b=0 num_pak_late_side_b=0 num_pak_early_side_b=83886080
rx_delay_side_b=1006632960 prec_conc_dur_side_b=0 silence_conc_dur_side_b=0
buf_over_dur_side_b=167772160 end_errors_side_b=0
 
 

DSP リソースがアクティブ リストから解放されたことの確認

DSP リソースがアクティブ リストから解放されたことを確認するには、 show dspfarm dsp active コマンドを使用します。

Router# show dspfarm dsp active
 
SLOT DSP VERSION STATUS CHNL USE TYPE RSC_ID BRIDGE_ID PKTS_TXED PKTS_RXED
Total number of DSPFARM DSP channel(s) 0
 

Wireshark を使用してパケット遅延/ジッター/損失を検証するには、トランスコーディングの設定セグメントの dspfarm プロファイルで vad off override コマンドを設定し、デフォルトでアクティブなコンフォート ノイズ生成が行われないようにする必要があります。これは、使用中のメディア ストリームのタイプによって異なります。たとえば、メディア ストリームに無音の長いギャップが多く含まれている場合、コンフォート ノイズが生成され、RTP パケットの総数が異なることがあります。

. . .
dspfarm profile 20 transcode
codec . . .
codec . . .
vad off override
associate application sbc
. . .
 

コール統計情報の確認

コール統計情報を確認するには、 show sbc sbe call-stats global コマンドを使用します。

Router# show sbc snow sbe call-stats global current5min
SBC Service "snow"
Statistics for the current 5 mins for global counters
Call count totals:
Total call attempts = 1
Total active calls = 1
Total active IPv6 calls = 0
Total activating calls = 0
Total de-activating calls = 0
Total IMS rx active calls = 0
Total IMS rx call renegotiation attempts = 0
Total SRTP-RTP interworked calls = 0
Total active calls not using SRTP = 1
Total transcoded calls = 1
Total transrated calls = 0
 
General call failure counters:
Total call setup failures = 0
Total active call failures = 0
Total failed call attempts = 0
Total failed calls due to update failure = 0
Total failed calls due to resource failure = 0
Total failed calls due to congestion = 0
Total failed calls due to media failure = 0
Total failed calls due to signaling failure = 0
Total failed calls due to IMS rx setup failure = 0
Total failed calls due to IMS rx renegotiation failure = 0
Total failed calls due to RTP disallowed on call leg = 0
Total failed calls due to SRTP disallowed on call leg = 0
Policy control failures:
Call setups failed due to NA = 0
Call setups failed due to RTG = 0
Call setups failed due to CAC = 0
CAC fails due to number of calls limit = 0
CAC fails due to call rate limit = 0
CAC fails due to bandwidth limit = 0
CAC fails due to number of media channels limit = 0
CAC fails due to number of media update limit = 0
CAC message drops due to mid call message rate limit = 0
CAC message drops due to out of call message rate limit = 0
 
 

メディア フロー ステータスの確認

コール統計情報を確認するには、 show sbc dbe media-flow-stats summary コマンドを使用します。

Router# show sbc My_SBC dbe media-flow-stats summary
 
SBC Service "test"
Context ID 28 Stream ID 1
Side A: Name ip/385 Media Flowing: Yes
Local Address/Port: 143.5.4.1/10108
Remote Address/Port: 143.10.1.1/10156
Status: InService
Side B: Name ip/386 Media Flowing: Yes
Local Address/Port: 143.5.4.1/10110
Remote Address/Port: 143.11.1.1/10156
Status: InService
Context ID 29 Stream ID 1