Cisco Unified Border Element(SP Edition)コンフィギュレーション ガイド:統合モデル
SIP Tel URI サポート
SIP Tel URI サポート
発行日;2012/01/07 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

SIP Tel URI サポート

構成内容

SIP Tel URI サポートの制約事項

SIP Tel URI サポートの概要

ローカル Tel URI とグローバル Tel URI

Tel URI と SIP URI

Carrier Identification Code パラメータ

SIP Tel URI サポート

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)メッセージの Tel Uniform Resource Identifier(Tel URI; Tel ユニフォーム リソース識別子)をサポートします。これによって、SIP ユーザは SIP IP 電話または SIP ユーザ エージェント アプリケーションから Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話回線網)のエンドポイントへの通話を設定できます。tel URI を SIP URI 接続方法に追加すると、Cisco Unified Border Element(SP Edition)の機能性が大幅に向上します。たとえば、SIP と SIP URI とともに Request-URI として URI が許可される場合は、SIP は tel URI を使用できます。


) Cisco IOS XE Release 2.4 以降では、この機能は統合モデルでサポートされます。


Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、以前は Integrated Session Border Controller と呼ばれており、このマニュアルでは通常 Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)と呼びます。

SIP Tel URI サポートの機能履歴

 

リリース
変更点

Cisco IOS XE Release 2.4

この機能は、統合モデルのサポートとともに、Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータに追加されました。

構成内容

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「SIP Tel URI サポートの制約事項」

「SIP Tel URI サポートの概要」

SIP Tel URI サポートの制約事項

次に、SIP tel URI サポートの制約事項の一覧を示します。

通常、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、SIP Request-URI ヘッダーの domain-name 部分を設定された信号ピア アドレスと発信隣接のポートに再度書き込みます。次に例を示します。

sip:1234567@remote.com
 

次のようになります。

sip:1234567@1.2.3.4:5060
 

ただし、tel URI の場合、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、ドメイン名を再書き込みしませんが(ほとんど指定されない任意のパラメータであるため)、Carrier Identification Code(CIC)パラメータまたは宛先ディレクトリ番号、あるいはその両方を再書き込みして、正しい発信ルーティングを保証します。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、160 バイトを超える tel URI を拒否します。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、CIC パラメータを除く、すべての tel URI 上のパラメータを無視します。その他のすべてのパラメータは曖昧なストリングとして処理され、そのまま転送されます。この結果、ローカル スコープ tel URI の「phone-context」パラメータは検査されず、URI は純粋に初期番号に基づいてルーティングされます。

SIP Tel URI サポートの概要

ローカル Tel URI とグローバル Tel URI

Tel URI にはローカルとグローバルがあります。グローバル tel URI はグローバルで一意です。ローカル tel URI は、特定のローカル コンテキスト内だけで有効です。このため、すべてのローカル tel URI には phone-context パラメータが含まれ、ローカル tel URI が有効であるコンテキストを指定します。

次に、グローバル tel URI とローカル tel URI の例をそれぞれ示します。

tel:+358-555-1234567

) 「-」などの区切り文字は tel URI 内で有効です。


tel:1234567;phone-context=+358-555
 

この URI は、コンテキスト 358-555 のディレクトリ番号の 1234567 を使用して、エンドポイントを検索します。


) ローカル tel URI と phone-context パラメータの組み合わせによって、グローバルで一意の ID が作成されますが、ローカル tel URI の phone-context パラメータをこの tel URI に付加する場合は、必ずしもグローバル tel URI が作成されるわけではありません。詳細については、RFC 3966 の 5.1.5 項を参照してください。


Tel URI と SIP URI

SIP URI はユーザ名とホスト ドメイン名から構成されます。SIP URI は SIP 加入者を一意に識別しますが、必ずしもネットワーク上の特定の 1 台のエンドポイントを解決するわけではありません。次に例を示します。

sip:john@cisco.com
 

また、ホスト ドメイン名の代わりに、SIP ユーザ名、IP アドレス、ポートとして、ディレクトリ番号を使用できます。この場合、SIP URI はネットワーク上のエンドポイントを一意に識別できます。次に例を示します。

sip:1234567@192.167.1.1:5060
 

ローカル tel URI の phone-context パラメータには、ドメイン名が含まれる場合と含まれない場合があります。次に例を示します。

tel: 1234567;phone-context=cisco.com

Carrier Identification Code パラメータ

Carrier Identification Code(CIC)は、通話の宛先エンドポイントがある通信事業者ネットワークを識別するために使用する 3 桁または 4 桁の数字です。ネットワーク デバイスはこの数字を使用して、通信事業者ネットワーク間で通話要求をルーティングする方法を決定します。一般的に、CIC を使用して、現在のフリーダイヤル番号のフリーダイヤル サービスを提供している事業者を指定します。無料電話データベースを検索すると、特定のフリーダイヤル番号の現在の通信事業者を決定できます。

Tel URI には、Carrier Identification Code を含めることができます。次に例を示します。

tel: +1-800-234-5678;cic=2345
 

CIC 2345 が割り当てられた通信事業者が現在のフリーダイヤル番号の 1-800-234-5678 のサービスを提供していることを示します。

ネットワーク デバイスが CIC パラメータを含む tel URI の通話要求を受信すると、CIC パラメータの値に応じて要求をルーティングしようとします。要求をルーティングできない場合は、要求を拒否するか、CIC パラメータを無視して続行するかどうかを決定する必要があります。CIC パラメータがネットワーク デバイスがある通信事業者ネットワークの CIC と一致する場合は、ローカル ルーティング ポリシーに基づいて要求がルーティングされ、CIC パラメータを除去してから要求が転送されます。


) Cisco Unified Border Element(SP Edition)では、CIC 値を 0000 にマッピングして、アウトバウンド要求から CIC 値を除去するように明示的に設定する必要があります。