Cisco Unified Border Element(SP Edition)コンフィギュレーション ガイド:統合モデル
SNMP の実装
SNMP の実装
発行日;2012/07/12 | 英語版ドキュメント(2012/03/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

SNMP の実装

内容

SNMP の実装の前提条件

SNMP の実装について

SNMP 通知

SNMP 統計

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SNMP の実装方法

SNMP 通知の設定

SNMP の実装の設定例

SNMP 通知の設定例

SNMP の実装

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)が次の MIBS で定義されています。

CISCO-SESSION-BORDER-CONTROLLER-EVENT-MIB:Cisco Unified Border Element(SP Edition)によって生成された SNMP 通知およびアラームを定義します。この MIB は、Cisco Unified Border Element(SP Edition)によって生成された通知およびトラップを SNMP マネージャに送信します。

CISCO-SESSION-BORDER-CONTROLLER-STATS-MIB:Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SNMP 統計情報を定義します。2 つのタイプはコール統計とメディア統計です。コールは Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)コールおよび H.323 コールと分類され、メディア統計は RTP を参照します。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、以前は Integrated Session Border Controller と呼ばれており、このマニュアルでは通常 Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)と呼びます。

本章で使用されているコマンドの詳細な説明については、次の場所にある『 Cisco Unified Border Element (SP Edition) Command Reference: Unified Model 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/sbc/command/reference/sbcu_book.html

すべての Cisco IOS コマンドの詳細については、http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にある Command Lookup Tool を使用するか、Cisco IOS マスター コマンド リストを参照してください。

SNMP の実装の機能履歴

 

リリース
変更内容

Cisco IOS XE Release 2.4

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)の実装が Cisco IOS XRに追加されました。

SNMP の実装の前提条件

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SNMP を実装するための前提条件を示します。

ルータの実行コンフィギュレーションを変更するために十分なユーザ特権を持っている必要があります。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)を設定しておく必要があります。

SNMP MIB にアクセスして SBC MIB 統計の SNMPv2 ポーリングを実行する前や、SNMPv3 ポーリングの SNMP ユーザおよびグループを設定する前に、Cisco IOS XRで snmp-server community コマンドを使用することによって SNMP 読み取り専用コミュニティ ストリングを設定する必要があります。 snmp-server community コマンドの詳細については、『 Cisco IOS Network Management Command Reference 』を参照してください。

SNMP の実装について

ここでは、SBC の SNMP の実装方法について説明します。

「SNMP 通知」

「SNMP 統計」

SNMP 通知

表 1 に、SNMP 通知のタイプを示します。

 

表 1 SNMP 通知のリスト

タイプ
説明

送信元アラート通知

メディアが予期せぬ送信元から受信されたことを指定します。

ブラックリスト通知

ブラックリスト テーブルからの送信元を追加または削除します。

隣接ステータス通知

SBC からの隣接を接続または切断します。

SLA 違反通知

Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)の違反がポリシー テーブルに記述されていることを指定します。SLA は、許可された最大コール数、最大コール レート、最大帯域幅などが含まれています。

RADIUS 接続ステータス通知

RADIUS サーバへの SBC 接続が失われているのか復旧しているのかを指定します。

H.248 コントローラ ステータス

Data Border Element(DBE)またはリモート トランスコーダのいずれかの H.248 制御エンティティが、SBC に接続されているのか、あるいは SBC から切断されているのかを指定します。サポートされている H.248 制御エンティティについては、本マニュアルの他の項を参照してください。

SNMP 統計

表 2 に、SNMP 統計のタイプを示します。

 

表 2 SNMP 統計のリスト

タイプ
説明

グローバル コール統計

コール レート、メディア フロー、シグナリング フローなどの、グローバル コール関連統計を表します。 show sbc dbe media-stats コマンドは、グローバル コール統計の出力を表示します。

定期統計

現在の 5 分間、前の 5 分間、現在の 15 分間、前の 15 分間、現在の 1 時間、前の 1 時間など、特定の期間の SBC コール統計に関する情報を表します。 show sbc sbe call-stats コマンドは、定期統計の出力を表示します。

フロー単位統計

SBC メディア フロー統計を表します。これらのメディア統計は、現在稼動中の各コール フローに使用されます。 show sbc dbe media-flow-stats コマンドは、フロー単位統計の出力を表示します。

H.248 統計

H.248 コントローラが SBC と関連付けされている場合 H.248 コール関連統計の情報を表します。 show sbc dbe controllers コマンドは、H.248 統計の出力を表示します。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SNMP の実装方法

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SNMP を実装するには、次の前提条件が必要です。

「SNMP 通知の設定」

SNMP 通知の設定

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SNMP 通知を設定するには、次の作業を実行します。

手順の概要

1. configure terminal

2. snmp-server enable traps sbc { adj-status | blacklist | h248-ctrlr-status | qos-statistics | radius-conn-status | sla-violation | source-alert }

3. end

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

snmp-server enable traps sbc { adj-status | blacklist | congestion-alarm | h248-ctrlr-status | media-source | qos-statistics | radius-conn-status | sla-violation | source-alert }

 

Router(config)# snmp-server enable traps sbc blacklist

イネーブルにする SBC 通知タイプを指定します。

adj-status キーワードを使用して、隣接が SBE に接続されたり SBE から切断されたりするときに、SNMP SBC 隣接ステータス トラップをイネーブルにします。

blacklist キーワードを使用して、送信元がブラックリスト テーブルに追加されたりブラックリスト テーブルから削除されたりするときに、SNMP SBC ダイナミック ブラックリスト トラップをイネーブルにします。

SNMP SBC 輻輳アラーム トラップをイネーブルにするには、 congestion-alarm キーワードを使用します。

h248-ctrlr-status キーワードを使用して、SNMP SBC H.248 コントローラ ステータス トラップをイネーブルにします。分散配置モデルに対して、DBE が SBC に接続されたり、SBC から切断されたりします。

SNMP SBC メディア送信元アラート トラップをイネーブルにするには、 media-source キーワードを使用します。

QoS 統計トラップをイネーブルにするには、 qos-statistics キーワードを使用します。手順の詳細については、を参照してください。

radius-conn-status キーワードを使用して、RADIUS サーバに対する接続が変更される際に SNMP SBC RADIUS 接続ステータス トラップをイネーブルにします。

sla-violation キーワードを使用して、ポリシー テーブル内に SLA 違反がある場合に SNMP SBC SLA 違反トラップをイネーブルにします。SLA は、許可された最大コール数、最大コール レート、最大帯域幅などが含まれています。

source-alert キーワードを使用して、メディアが予期せぬ送信元から受信される際に SNMP SBC 送信元アラート トラップをイネーブルにします。

これらのアラームのロギングの設定の詳細については、を参照してください。

ステップ 3

end

 

Router(config)# end

コンフィギュレーション コマンドを終了します。

SNMP の実装の設定例

ここでは、Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SNMP を実装する場合の、次の設定例を提供します。

「SNMP 通知の設定例」

SNMP 通知の設定例

次に、Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SNMP ブラックリスト通知を設定する例を示します。

configure terminal
snmp-server enable traps sbc blacklist
end