Cisco Unified Border Element(SP Edition)コンフィギュレーション ガイド:統合モデル
SIP コールの保留
SIP コールの保留
発行日;2012/07/12 | 英語版ドキュメント(2012/03/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

SIP コールの保留

内容

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SIP コール保留について

SIP コール保留の設定方法

SIP コール保留の設定

SDP コール保留インターワーキング

SDP コール保留インターワーキングの設定

設定例

SIP コール保留の設定例

SDP コール保留インターワーキングの設定例

SIP コールの保留

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)コール保留機能は、発信側を保留にする標準テレフォニー サービスを提供します。コールの一方が相手を「保留」にする場合、セッション記述プロトコル(SDP)を変更した INVITE 要求を送信することにより、相手をリインバイト(re-INVITE)します。SIP エンドポイントがコールを保留するか、またはコール保留の re-INVITE に応答する場合は、適切な方式を選択します。Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、コール保留 SDP を変更して、SIP デバイスとの相互運用を最大化するために使用可能な方式を使用します。


) Cisco IOS XE Release 2.4 では、この機能は統合モデルだけでサポートされます。


Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、以前は Integrated Session Border Controller と呼ばれており、このマニュアルでは通常 Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)と呼びます。

本章で使用されているコマンドの詳細な説明については、次の場所にある『 Cisco Unified Border Element (SP Edition) Command Reference: Unified Model 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/sbc/command/reference/sbcu_book.html

すべての Cisco IOS コマンドの詳細については、http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にある Command Lookup Tool を使用するか、Cisco IOS マスター コマンド リストを参照してください。

SIP コール保留の機能履歴

 

リリース
変更内容

Cisco IOS XE Release 2.4

この機能は、統合モデルのサポートとともに、Cisco IOS XRに追加されました。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の SIP コール保留について

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、送信者がコールを保留することを通知する SDP が設定された SIP re-INVITE を受け入れます。Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、必要に応じて SDP オファーを変更し、リモート エンドポイント アドレスを既知の Data Border Element(DBE)メディア アドレスに置換します。次に Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、変更された SDP を含む SIP メッセージをリモート エンドポイントに転送します。

保留されようとしているエンドポイントが re-INVITE を拒否した場合、保留エンドポイント(コール保留を発信したエンドポイント)にエラー応答が返されます。DBE のメディア ゲートは接続されたままとなり、メディアは以前と同様に伝送を続けます。

SIP コール保留の設定方法

ここでは、保留中のコールに「メディアなし」によるタイムアウト期間を設定する手順について説明します。

SIP コール保留の設定

手順の概要

1. configure terminal

2. sbc service-name

3. sbe

4. hold-media-timeout timeout

5. end

6. show sbc service-name sbe hold-media-timeout

7. show sbc service-name sbe calls

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure

 

Router# configure

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

Router(config)# sbc mysbc

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、サービスの名前を定義します。

ステップ 3

sbe

 

Router(config-sbc)# sbe

SBC の Signaling Border Element(SBE)機能のモードを開始します。

ステップ 4

hold-media-timeout timeout

 

Router(config-sbc-sbe)# hold-media-timeout 7200

保留中のコールに対して DBE からメディア タイムアウト通知を受信してから、コールを削除するまでに SBE が待機する時間を設定します。

DBE は、コールでメディアが停止したことを検出すると、DBE メディア タイムアウト Command-Line Interface(CLI; コマンド ライン インターフェイス)コマンドを使用して、タイマーを指定された期間実行します。

このタイマーが期限切れになる前にメディアが伝送されない場合、DBE は SBE にピンホール タイムアウト イベント通知を送信します。

コールが保留中の場合、SBE は、このコマンドで設定された値と一致する期間をタイマーに設定します。

SBE タイマーが期限切れになる前にコールの保留状態が解除されない場合、コールは削除されます。

このコマンドのデフォルト値はオフです。特定の期間が設定されない限り、保留中のコールはタイムアウトになりません。

ステップ 5

end

 

Router(config-sbc-sbe)# end

コンフィギュレーション セッションを終了して、特権 EXEC モードを開始します。

ステップ 6

show sbc sbc-name sbe hold-media-timeout

 

Router# show sbc mysbc sbe hold-media-timeout

保留中のコールのメディア タイムアウト タイマーに現在設定されている期間を表示します。

ステップ 7

show sbc sbc-name sbe calls

 
Router# show sbc mysbc sbe calls

SBE 上のすべてのコールをリストします。

SDP コール保留インターワーキング

Cisco IOS XE Release 2.4 では、SDP コール保留インターワーキングのサポートが追加されました。SDP コール保留インターワーキングでは、SIP を使用してコール保留を設定する方法が 2 とおりあります。次のいずれかを実行するために、発信側または着信側が SDP を使用してコール特性を再ネゴシエーションできます。

接続行がヌル アドレス(c=IN IP4 0.0.0.0)に設定される。

あるいはエンドポイントからメディアを受信しないように、接続行がエンドポイントの宛先属性に設定される。

これがすでに a=sendrecv に設定されている場合、コールを保留にするエンドポイントはこれを a=sendonly に設定します。

これがすでに a=recvonly に設定されている場合、コールを保留にするエンドポイントはこれを a=inactive に設定します。

SIP エンドポイントの中には、接続行をヌル アドレスに設定することをサポートするものと、宛先に設定することをサポートするものと、両方の方式をサポートするものがあります。さらに、エンドポイントの中には、宛先属性を sendonly または inactive に設定するものだけを考慮するものもあります。

SDP コール保留インターワーキングにより、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は上記の方式のサブセットをサポートする SIP エンドポイントとの相互運用をサポートします。Cisco Unified Border Element(SP Edition)が、SDP でコールが保留になっていることを検出すると、既存の c=IN IP4 0.0.0.0 または a=direction 行を削除して、エンドポイントの最適な設定に置き換えます。

コールを保留にするエンドポイントが sendrecv または sendonly の場合、デフォルト動作は次を送信します。

c=IN IP4 0.0.0.0

a=sendonly

コールを保留にするエンドポイントが recvonly または inactive の場合、デフォルト動作は次を送信します。

C=IN IP4 0.0.0.0

a=inactive


) 保留音は、SDP コール保留インターワーキングを使用してサポートされます。


SDP コール保留インターワーキングの設定

手順の概要

1. configure terminal

2. sbc service-name

3. sbe

4. cac-policy-set policy-set-id

5. first-cac-scope scope-name

6. first-cac-table table-name

7. cac-table table-name

8. table-type {policy-set | limit {list of limit tables}}

9. entry entry-id

10. cac-scope {list of scope options}

11. match-value key

12. caller-hold-setting {hold-c0 | hold-c0-inactive | hold-c0-sendonly | hold-sendonly | standard}

13. action [ cac-complete | next-table goto-table-name ]

14. exit

15. exit

16. complete

17. active-cac-policy-set policy-set-id

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

Router(config)# sbc mysbc

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、サービスの名前を定義します。

ステップ 3

sbe

 

Router(config-sbc)# sbe

SBC の Signaling Border Element(SBE)機能のモードを開始します。

ステップ 4

cac-policy-set policy-set-id

 

Router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1

SBE エンティティ内で CAC ポリシー セット コンフィギュレーションのサブモードを開始します。

ステップ 5

first-cac-scope scope-name

 

Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global

ポリシーのアドミッション コントロール ステージを実行する際に制限の定義を開始する範囲を設定します。

scope-name 引数には制限が最初に定義されるべき範囲を設定します。有効な値は次のとおりです。

adj-group

call

category

dst-account

dst-adj-group

dst-adjacency

dst-number

global

src-account

src-adj-group

src-adjacency

src-number

機能は、個々の隣接ごとに行う場合と同じように、CAC 設定から隣接グループごとにイネーブルまたはディセーブルにできます。

ステップ 6

first-cac-table table-name

 

Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table RootCacTable

ポリシーのアドミッション コントロール ステージの実行時に処理する最初のポリシー テーブル名を設定します。

ステップ 7

cac-table table-name

 
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table RootCacTable

SBE ポリシー セットのコンテキスト内で、アドミッション コントロール テーブル(必要に応じて作成します)のコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 8

table-type {policy-set | limit {list of limit tables}}

 

Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# table-type limit event-type

SBE ポリシー セットのコンテキスト内で、CAC テーブルのテーブル タイプを設定します。

list of limit tables には、次のいずれかの値を指定できます。

account :アカウント名を比較します。

adj-group :隣接グループ名を比較します。

adjacency :隣接名を比較します。

all :比較タイプはありません。すべてのイベントがこのタイプと一致します。

call-priority :コール プライオリティと比較します。

category :番号分析が割り当てられたカテゴリを比較します。

dst-account :宛先アカウント名を比較します。

dst-adj-group :宛先隣接グループ名を比較します。

dst-adjacency :宛先隣接名を比較します。

dst-prefix :着信ディジット ストリングの先頭を比較します。

event-type :CAC ポリシー イベント タイプと比較します。

src-account :送信元アカウント名を比較します。

src-adj-group :送信元隣接グループ名を比較します。

src-adjacency :送信元隣接名を比較します。

src-prefix :発番号ストリングの先頭を比較します。

機能は、個々の隣接ごとに行う場合と同じように、CAC 設定から隣接グループごとにイネーブルまたはディセーブルにできます。adj-group テーブル タイプは、送信元または宛先の隣接グループで一致します。

ステップ 9

entry entry-id

 
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1

テーブル内のエントリを作成または変更します。

ステップ 10

cac-scope { list of scope options }

 

Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# cac-scope call

ポリシー セット テーブルで制限を適用する各エントリ内の範囲を設定します。

list of scope options:イベント照合に使用される次のいずかのストリングを指定します。

account :同じアカウントからのイベント。

adjacency :同じ隣接からのイベント。

adj-group :同じ隣接グループのメンバーからのイベント。

call :スコープの限界は単一コール単位です。

category :同じカテゴリを持つイベント。

dst-account :同じアカウントに送信されるイベント。

dst-adj-group :同じ隣接グループに送信されるイベント。

dst-adjacency :同じ隣接に送信されるイベント。

dst-number :同じ宛先を持つイベント。

global :スコープの限界はグローバルです。

src-account :同じアカウントからのイベント。

src-adj-group :同じ隣接グループからのイベント。

src-adjacency :同じ隣接からのイベント。

src-number :同じ送信元番号を持つイベント。

sub-category :このスコープで指定される制限は、同じ加入者カテゴリのメンバーとの間で送受信されるすべてのイベントに適用されます。

sub-category-pfx :このスコープで指定される制限は、同じ加入者カテゴリ プレフィクスのメンバーとの間で送受信されるすべてのイベントに適用されます。

subscriber :このスコープで指定される制限は、個々の加入者(レジストラ サーバで登録されているデバイス)から送受信されるすべてのイベントに適用されます。

ステップ 11

match-value key

 

Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value call-update

イベントを一致させるのに使用するキーワードを指定します。キーの形式は、テーブルタイプによって決定されます。event-type または call-priority 制限テーブルを設定する場合、このタイプの制限テーブルに適用されるキーワード オプションだけが表示されます。

制限イベント タイプ テーブル(table-type limit event-type)の場合、照合値キーワード オプションは次のとおりです。

call-update:発番号ストリングの先頭を比較します。

endpoint-reg:宛先隣接名を比較します。

new-call:着信ディジット ストリングの先頭を比較します。

制限コール プライオリティ テーブル(table-type limit call-priority)の場合、照合値キーワード オプションは次のとおりです。

critical:リソース プライオリティが「critical」であるコールと一致します。

flash:リソース プライオリティが「flash」であるコールと一致します。

flash-override:リソース プライオリティが「flash-override」であるコールと一致します。

immediate:リソース プライオリティが「immediate」であるコールと一致します。

priority:リソース プライオリティが「priority」であるコールと一致します。

routine:リソース プライオリティが「routine」であるコールと一致します。

その他のすべての制限テーブルに対して、名前またはディジット ストリングを入力します。

WORD:照合する名前またはディジット ストリング。(最大サイズ 255)。

ステップ 12

caller-hold-setting {hold-c0 | hold-c0-inactive | hold-c0-sendonly | hold-sendonly | standard}

 
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-hold-setting hold-sendonly

サポートされている発信側の保留設定を設定します。

ステップ 13

action [cac-complete | next-table goto-table-name ]

 
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete

このルーティング エントリが選択された場合に取るアクションを指定します。

ステップ 14

exit

 

Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit

cactable エントリ コンフィギュレーション モードを終了して、cactable モードを開始します。

ステップ 15

exit

 

Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit

cactable コンフィギュレーション モードを終了して、cacpolicy モードを開始します。

ステップ 16

complete

 
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# complete

フル セットの確定後、CAC-policy または call-policy セットを終了します。

ステップ 17

active-cac-policy-set policy-set-id

 
Router (config-sbc-sbe)# active-cac-policy-set 1

SBE エンティティ内にアクティブな CAC-policy-set を設定します。

設定例

この項では、設定例を示します。

SIP コール保留の設定例

次のコマンドでは、SBE が保留中のコールにある最後のメディア パケットを受信してから、コール リソースをクリーンするまで 2 時間待機するように設定します。

Router# configure
Router(config)# sbc mysbc
Router(config-sbc)# sbe
Router(config-sbc-sbe)# hold-media-timeout 7200

SDP コール保留インターワーキングの設定例

次の例では、Fairchild Foods がオフィスにあるすべての電話を交換しました。新しい電話はコールを保留するために a=sendonly および c=IN IP4 0.0.0.0 をサポートしていて、a=inactive の設定はサポートしていません。ここで、他のお客様の動作を変更することなくこれらの電話が機能するように、Cisco Unified Border Element(SP Edition)を再設定します。この変更では、すべてのイベントに対してアカウント範囲で新規ポリシーを作成するため、Fairchild Foods の電話が含まれるコールは適切に保留状態になります。

次の設定変更では、Fairchild が送信元アカウントで着信側がコールを保留にする場合、Fairchild の電話は SDP で a=inactive を受信しないことが確認されます。

Router# configure terminal
Router(config)# sbc mysbc
Router(config-sbc)# sbe
Router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-src-settings
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-src-settings
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# table-type limit src-account
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value fairchild
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# caller-hold-setting hold-c0-sendonly
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# complete


次の設定変更では、Fairchild が宛先アカウントで送信側がコールを保留にする場合、Fairchild の電話は SDP で a=inactive を受信しないことが確認されます。

Router# configure terminal
Router(config)# sbc mysbc
Router(config-sbc)# sbe
Router(config-sbc-sbe)# cac-policy-set 1
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-scope global
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# first-cac-table callhold-dst-settings
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# cac-table callhold-dst-settings
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# table-type limit dst-account
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# entry 1
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# match-value fairchild
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# callee-hold-setting hold-c0-sendonly
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# action cac-complete
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable-entry)# exit
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy-cactable)# exit
Router(config-sbc-sbe-cacpolicy)# complete