Cisco Unified Border Element(SP Edition)コンフィギュレーション ガイド:統合モデル
SIP 設定の柔軟性
SIP 設定の柔軟性
発行日;2012/07/12 | 英語版ドキュメント(2012/03/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

SIP 設定の柔軟性

内容

SIP 設定の柔軟性の実装に関する制約事項

SIP 設定の柔軟性について

OPTIONS のサポート

OPTIONS サポートに関する制約事項

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換え

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換えに関する制約事項

非 REGISTER 要求の宛先ヘッダーの書き換え

NAT の自動検出

NAT の自動検出に関する制約事項

ワイルドカード ドメインによるルーティング

ワイルドカード ドメインによるルーティングに関する制約事項

SIP 設定の柔軟性の実装方法

SIP 設定の柔軟性

Cisco Unified Border Element(SP Edition)では、Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)隣接の次の機能を柔軟に設定することができます。

OPTIONS のサポート

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換え

非 REGISTER 要求の宛先ヘッダーの書き換え

NAT の自動検出

ワイルドカード ドメインによるルーティング


) Cisco IOS XR ソフトウェア リリースでは、この機能は統合モデルだけでサポートされます。


Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、以前は Integrated Session Border Controller と呼ばれており、このマニュアルでは通常 Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)と呼びます。

本章で使用されているコマンドの詳細な説明については、次の場所にある『 Cisco Unified Border Element (SP Edition) Command Reference: Unified Model 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/sbc/command/reference/sbcu_book.html

すべての Cisco IOS コマンドの詳細については、http://tools.cisco.com/Support/CLILookup にある Command Lookup Tool を使用するか、Cisco IOS マスター コマンド リストを参照してください。

SIP 設定の柔軟性の機能履歴

 

リリース
変更内容

Cisco IOS XR ソフトウェア リリース

この機能は、統合モデルのサポートとともに、Cisco IOS XRに追加されました。

SIP 設定の柔軟性の実装に関する制約事項

この章では、SIP 設定の柔軟性の実装に関する制約事項を機能ごとに示します。

SIP 設定の柔軟性について

ここでは、次の項目について説明します。

「OPTIONS のサポート」

「非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換え」

OPTIONS のサポート

デフォルトで、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は OPTIONS 方式の通過をブロックします。しかし、ホワイトリストおよびブラックリストを使用して Cisco Unified Border Element(SP Edition)を隣接単位で設定することにより、ユーザは OPTIONS 方式の通過を許可したりブロックしたりできるようになりました。

OPTIONS サポートに関する制約事項

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、OPTIONS 方式の通過を許可する場合、メッセージから SDP ブロックを抽出します。これにより、SIP エンドポイントが交換できる内容が制限されます。

SBC-SIG は、OPTIONS を含むすべての方式の Accept および Allow ヘッダーを送信しません。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は Supported ヘッダーの 100Rel タグと Replaces タグだけ通過を許可し、このヘッダーの他のタグはホワイトリストおよびブラックリストによって制御されます。

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換え

ユーザはこの機能を使用して Cisco Unified Border Element(SP Edition)を隣接単位に設定することにより、アウトバウンド SIP 隣接アドレスまたはポート宛ての非 REGISTER 要求に含まれる発信元(From)ヘッダーの hostport セクションを書き換えるかどうかを制御できます。発信元ヘッダーを書き換えずに通過させる設定がされていると、Cisco Unified Border Element(SP Edition)はヘッダー全体を変更しないで通過させます。この唯一の例外は Tag パラメータ部分です。Cisco Unified Border Element(SP Edition)はこのパラメータに異なる値を割り当てた後通過させます。

非 REGISTER 要求の発信元ヘッダーの書き換えに関する制約事項

この機能は REGISTER 要求には適用されません。

この機能は Rewrite-Register 機能と併用された場合だけで限定的に動作します。

発信元ヘッダーに Tel URI が含まれている場合、ヘッダーに hostport セクションがないので Cisco Unified Border Element(SP Edition)はヘッダーを書き換えません。

ヘッダー、オプション、SIP ホワイトリスト プロファイルのそれぞれの数に応じて、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は通過を許可する発信元ヘッダーのサイズを約 1000 バイトに制限します。

非 REGISTER 要求の宛先ヘッダーの書き換え

Cisco Unified Border Element(SP Edition)のデフォルト動作は、アウトバウンド SIP 隣接アドレスまたはポート宛ての非 REGISTER 要求に含まれる宛先(To)ヘッダーの stopper セクションを書き換えます。また、関連パラメータも削除されます。ユーザはこの機能を使用して SBC を隣接単位に設定して宛先ヘッダーを変更せずに通過させることができます。

NAT の自動検出

新しい設定フィールドが SIP 隣接に追加されたことにより、その隣接で NAT が使用されているかどうかについて Cisco Unified Border Element(SP Edition)が自動検出すべきか指定できるようになりました。NAT の自動検出が設定されていると、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は受信する要求ごとにそのエンドポイントで NAT が使用されているかどうかを判別します。NAT が使用されていることを確認した場合、Cisco Unified Border Element(SP Edition)はその要求のバインディングを格納し応答の送信時に使用します。また、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、後続の Dialog-forming 要求および Out-of-dialog 要求に対する REGISTER 要求のバインディングを格納し、再使用します。

NAT の自動検出に関する制約事項

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は Via ヘッダーにある Sent-by stopper 部分とメッセージにあるリモート アドレスおよびポート部分とを比較することによってだけ NAT の自動検出ができます。

stopper に IP アドレスではなくドメイン名が含まれている場合には、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は NAT が使用されているかどうかの自動検出ができません。この場合、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は NAT が使用されていると想定します。

NAT の自動検出は、Out-of-dialog 要求または Dialog-forming 要求だけに対して適用されます。

ワイルドカード ドメインによるルーティング

Cisco Unified Border Element(SP Edition)ルーティング ポリシーでは、テキスト ドメイン名の一致ストリングに * 文字を使用できます。この文字は、着アドレスの任意の数の文字と一致させることができます。たとえば、*domain.com は、sip1.domain.com と sip2.domain.com の両方と一致します。

ワイルドカード ドメインによるルーティングに関する制約事項

指定する一致ストリングには、ワイルドカード文字を 1 つしか使用できません。

この機能は、テキスト ドメイン名の一致規則だけに適用されます。ダイヤル ディジットの一致規則には適用されません。

SIP 設定の柔軟性の実装方法

ここには、SIP 設定の柔軟性を実装するための設定手順が含まれています。

手順の概要

1. configure terminal

2. sbc service-name

3. sbe

4. adjacency sip adjacency-name

5. passthrough from header

6. header-name [contact [add [tls-param]] | from{ passthrough} | to{ passthrough} ]

7. nat force-on

8. exit

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal

 

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードをイネーブルにします。

ステップ 2

sbc service-name

 

Router(config)# sbc mysbc

SBC サービスのモードを開始します。

service-name 引数を使用して、サービスの名前を定義します。

ステップ 3

sbe

 

Router(config-sbc)# sbe

SBC の Signaling Border Element(SBE)機能のモードを開始します。

ステップ 4

adjacency sip adjacency-name

 
Router(config-sbc-sbe)# adjacency sip sipadj

SBE SIP 隣接のモードを開始します。

adjacency-name 引数を使用して、SIP 隣接名を定義します。

ステップ 5

passthrough from header

 

Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# passthrough from header

発信元(From)の書き換えをディセーブルにするように SIP 隣接を設定します。

ステップ 6

header-name [contact [add [tls-param]] | from { passthrough} | to { passthrough} ]

 

Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# header-name to passthrough

宛先(To)の書き換えをディセーブルにするように SIP 隣接を設定します。

ステップ 7

nat force-on

 

Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# nat force-on

すべてのエンドポイントが NAT デバイスの背後にあるとして SIP 隣接を設定します。NAT デバイスの背後にエンドポイントがないものとして SIP 隣接を設定するには、 nat force-off コマンドを使用します。デフォルトでは、SBC はエンドポイントが NAT 装置の背後にあるかどうかを自動的に検出します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# exit

adj-sip モードを終了し、SBE モードに戻ります。