Cisco Unified Border Element(SP Edition)コンフィギュレーション ガイド:統合モデル
SIP IP-FQDN URI 変換
SIP IP-FQDN URI 変換
発行日;2012/07/12 | 英語版ドキュメント(2012/03/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

SIP IP-FQDN URI 変換

内容

SIP IP から FQDN URI への変換に関する制約事項

SIP IP から FQDN URI への変換に関する情報

URI 変換

SIP IP から FQDN URI への変換の設定

SIP IP から FQDN URI への変換の設定例

SIP IP-FQDN URI 変換

Cisco Unified Border Element(SP Edition)では、Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)メッセージの Request-URI、To ヘッダー、および From ヘッダーで IP アドレスと Fully-Qualified Domain Name(FQDN; 完全修飾ドメイン名)間の変換がサポートされます。Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)は SIP デバイスに相互接続でき、特定の SIP Uniform Resource Identifier(URI; ユニフォーム リソース識別子)形式を想定できます。


) この機能は、Cisco IOS XE Release 2.5 以降の統合モデルでサポートされます。


Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、以前は Integrated Session Border Controller と呼ばれており、このマニュアルでは通常 Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)と呼びます。

IP から FQDN URI への変換サポートの機能履歴

 

リリース
変更内容

Cisco IOS XE Release 2.5

この機能は、Cisco IOS XRで導入されました。

SIP IP から FQDN URI への変換に関する制約事項

Cisco Unified Border Element(SP Edition)で SIP IP から FQDN URI への変換を設定する際には、次の制約事項が適用されます。

変換に必要な各 IP アドレスと FQDN は、Cisco Unified Border Element(SP Edition)で明示的に設定する必要があります。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)では、各 IP アドレスと FQDN のマッピングを 1 つだけ設定します。

双方向マッピングを設定する場合は、FQDN は固有でなければなりません。SBC は、複数の IP アドレスを単一の FQDN にマップする(IP1 -> FQDN1、IP2 -> FQDN1)よう設定できますが、単一の FQDN を複数の IP アドレスにマップするよう設定できません。

SIP IP から FQDN URI への変換に関する情報

URI 変換

Request-URI、To ヘッダー、および From ヘッダー内の URI は、入力隣接と出力隣接の設定に基づいて変換されます。

SIP または SIP URI のドメイン部分が変換されるのは、変換を設定して、IP と FQDN とのマッピング テーブルでマッピングが検出された後です。マッピングが検出されなかった場合は、SIP 要求は、ドメイン部分での変更を行わずに転送されます。

次に、INVITE の例を示します(関連する部分だけが示されています)。

INVITE sip:conf-server@12.34.56.78 SIP/2.0
From: End-User <sip:end-user@100.101.102.103>;tag=5678-EFGH
To: Conf-Server <sip:conf-server@12.34.56.78>

これは、次のように変換可能です。

INVITE sip:conf-server@example1.com SIP/2.0
From: End-User <sip:end-user@example2.com>;tag=5678-EFGH
To: Conf-Server <sip:conf-server@example1.com>

逆の変換も可能です。

To ヘッダーと From ヘッダーは、最初のコールの確立時に設定され、後で変更させません。そのため、マッピング テーブルの変更が既存のコールに影響することはありません。

隣接でのアウトバウンド要求について変換を設定できるのは、1 つの方向(たとえば、IP アドレスから FQDN)だけです。URI のドメイン部分は、IP アドレスである場合に限り変換されます。これがすでに FQDN である場合は、変換は不要です。同様に、隣接でのインバウンド要求について変換を設定できるのは、1 つの方向だけです。これは通常、インバウンド要求から他の方向になります。

発信 Request-URI の DNS lookup を防ぐために、IP->FQDN 変換では、厳密なルーティングを実施する「force-signaling-peer」が設定されます。

FQDN を変換するには、大文字と小文字が完全に一致しない必要があります。たとえば、マッピング「aaa.com <-> 1.1.1.1」は、ドメイン「web.aaa.com」とは一致しませんが、ドメイン「AAA.com」とは一致します。


) 隣接について SIP から Tel URI への変換も設定できる場合は、これは IP アドレスと FQDN 間の変換よりも優先されます。出力隣接が To ヘッダーまたは From ヘッダーを書き換えるよう設定されている場合は、これも IP アドレスと FQDN 間の変換よりも優先されます。


SIP IP から FQDN URI への変換の設定

Cisco Unified Border Element(SP Edition)では、Request-URI、To ヘッダー、および From ヘッダーで IP アドレスから FQDN への変換と FQDN から IP アドレスへの変換を行うために、IP アドレスと FQDN 間の設定可能なマッピングが提供されます。この動作は、入力隣接と出力隣接のいずれかまたは両方になることがある SIP 隣接で設定できます。入力隣接で設定する場合は、変換された URI は、ルーティング、スクリーニング、データ変更、CAC ポリシー、および CDR への入力として使用されます。

ここでは、SIP IP から FQDN URI への変換機能を設定するための手順について説明します。

手順の概要

1. configure terminal

2. sbc sbc-name

3. sbe

4. adjacency sip adjacency-name

5. translate {request-uri | to | from} {inbound | outbound} {ip-fqdn | fqdn-ip}

6. exit

7. sip ip-fqdn-mapping index ipv4 ip-address fqdn {both-ways | ip-to-fqdn}

8. exit

9. exit

10. exit

11. show sbc sbc-name sbe sip ip-fqdn-mapping

手順の詳細

 

コマンドまたはアクション
目的

ステップ 1

configure terminal

 

Router# config terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

sbc sbc-name

 

Router(config)# sbc test

セッション ボーダー コントローラ(SBC)コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 3

sbe

 

Router(config-sbc)# sbe

Signaling Border Element(SBE)コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 4

adjacency sip adjacency-name

 

Router(config-sbc-sbe)# adjacency sip adj1

隣接 SIP コンフィギュレーション サブモードを開始します。

ステップ 5

translate {request-uri | to | from} {inbound | outbound} {ip-fqdn | fqdn-ip}

 

Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# translate request-uri inbound ip-fqdn

SBE で IP から FQDN または FQDN から IP への変換を設定します。

ステップ 6

exit

 

Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# exit

ステップ 7

sip ip-fqdn-mapping index ipv4 ip-address fqdn {both-ways | ip-to-fqdn}

 

Router(config-sbc-sbe)# sip ip-fqdn-mapping 1 ipv4 11.22.33.41 example.sbc1.com both-ways

SBE で SIP IP と FQDN とのマッピングを設定します。

ステップ 8

exit

 

Router(config-sbc-sbe)# exit

ステップ 9

exit

 

Router(config-sbc)# exit

ステップ 10

exit

 

Router(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 11

show sbc sbc-name sbe sip ip-fqdn-mapping

 

Router# show sbc test sbe sip ip-fqdn-mapping

IP と FQDN とのマッピング テーブルで現在設定されている IP と FQDN とのマッピングを表示します。

SIP IP から FQDN URI への変換の設定例

次の例は、Cisco Unified Border Element(SP Edition)で SIP IP から FQDN URI への変換を設定する例を示します。

Router# configure terminal
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
RouterRouter(config)# sbc test
Router(config-sbc)# sbe
Router(config-sbc-sbe)# adjacency sip adj1
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# translate request-uri inbound ip-fqdn
Router(config-sbc-sbe-adj-sip)# exit
Router(config-sbc-sbe)# sip ip-fqdn-mapping 1 ipv4 11.22.33.41 example.sbc1.com both-ways
Router(config-sbc-sbe)# exit
Router(config-sbc)# exit
Router(config)# exit
Router# show sbc test sbe sip ip-fqdn-mapping
IP FQDN mappings for SBC service "test"
Index Up? IP Dir FQDN
1 Yes 11.22.33.41 <-> example.sbc1.com
* -> = one-way, <-> = both-ways
Router#