Cisco Unified Border Element(SP Edition)コンフィギュレーション ガイド:統合モデル
アーリー メディア
アーリー メディア
発行日;2012/07/12 | 英語版ドキュメント(2012/03/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

アーリー メディア

内容

アーリー メディア サポートの制約事項

アーリー メディアに関する情報

アーリー メディア

アーリー メディア(early media)機能は、Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)コールのためにサポートされています。アーリー メディア(Early Media)は、コールが実際に確立する前に 2 つのユーザ エージェントが通信を行う機能です。アーリー メディアのサポートは、Public Switched Telephone Network(PSTN; 公衆電話回線網)との相互運用性、および課金の目的の両方で重要です。

アーリー メディアは、コールが正式に接続する前、メディアがフローを開始したときに定義されます。メディア チャネルは、コール接続の前にセットアップされます。これらのチャネルは、発信側に聞こえる呼び出しトーンを提供するために使用されます。発信側のエンドポイントや、保留音のようなその他のキューイング サービスにより生成されるものではありません。


) Cisco IOS XR ソフトウェア リリース以降、この機能がサポートされているのは統合モデルだけです。


Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、以前は Integrated Session Border Controller と呼ばれており、このマニュアルでは通常 Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)と呼びます。

アーリー メディアの機能履歴

 

リリース
変更内容

Cisco IOS XR ソフトウェア リリース

この機能は、統合モデルのサポートとともに、Cisco IOS XRに追加されました。

内容

このモジュールの構成は次のとおりです。

「アーリー メディア サポートの制約事項」

「アーリー メディアに関する情報」

アーリー メディア サポートの制約事項

アーリー メディア サポートの制約事項は次のとおりです。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、RFC 3960 で定義されているとおり、アーリー メディアのゲートウェイ モデルをサポートしています。

アーリー メディアは、遅い SDP を送信するエンドポイントでは動作しません。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、現在、RFC 3312 をサポートしていません。

アーリー メディアに関する情報

現在の実装では、183 応答コードを通じて、アーリー メディアがサポートされています。着信側が発信側にアーリー メディアを送信する場合、183 応答が送られます。この応答には、Session Description Protocol(SDP; セッション記述プロトコル)が含まれます。発信側は応答を受信すると、ユーザの注意を喚起するような行為(たとえば、呼び出しトーンをならす、ポップアップ ウィンドウを表示する)をローカルで行わず、受信したメディアの再生を開始します。183 応答の SDP は、Real-Time Control Protocol(RTCP; リアルタイム制御プロトコル)パケットの送信先アドレスを提供します。

実装の中には、発信側からのメディアを取得し、これを同じく着信側に送信するものもあります。コールが最終的に拒否されると、着信側は 2xx 以外の最終応答を生成します。発信側はこの応答を受信すると、再生、またはメディアの送信を停止します。しかし、コールが許可されると、着信側は(通常、183 応答と同じ SDP を使用して)2xx 応答を生成し、発信側に送信します。メディアの送信はこれまでどおり継続されます。

また、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、アーリー メディアについて、次のようなサポートも提供しています。

アーリー メディアのフロー後(コールの接続前および後)にメディアの再ネゴシエーション。メディアの再ネゴシエーションは、Cisco Unified Border Element(SP Edition)で、PRACK メソッド、および UPDATE メソッドを使用してサポートされます。

(任意)SIP エンドポイントによる SIP UPDATE のサポート(UPDATE サポートされていないアーリー メディアを含む)。

RFC 3312 の前提条件。

Required、Supported、および Proxy-Require ヘッダーに対する設定可能な SIP サポート。

Cisco Gateway の非標準 PRACK 動作との相互運用性を可能にする隣接単位のフラグ。