Cisco Unified Border Element(SP Edition)コンフィギュレーション ガイド:統合モデル
Cisco Unified Border Element (SP Edition)の概要
Cisco Unified Border Element(SP Edition)の概要
発行日;2012/07/12 | 英語版ドキュメント(2012/03/30 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 7MB) | フィードバック

目次

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の概要

内容

上の Cisco Unified Border Element(SP Edition)

Cisco ASR 1001 シリーズ ルータ上の Cisco Unified Border Element(SP Edition)

サポート対象 MIB

Cisco Unified Border Element(SP Edition)の概要

ここでは、Cisco ASR 1000 シリーズ サービス統合型ルータ上の Cisco Unified Border Element(SP Edition)の概要に関して、そのシグナリング機能とメディア機能、統合配置モデルと分散配置モデル、サポートされる機能、サポートされる MIB について説明します。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、以前は Integrated Session Border Controller と呼ばれており、このマニュアルでは通常 Session Border Controller(SBC; セッション ボーダー コントローラ)と呼びます。

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ上の Cisco Unified Border Element(SP Edition)

Cisco Unified Border Element(SP Edition)を使用すると、複数の管理ドメイン間で直接 IP-IP 相互接続を使用して、セッションベースのサービスを実行できるようになります。これにより、プロトコル インターワーキング、セキュリティ、アドミッション コントロールや管理が実現されます。Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、ネットワーク境界に配置して、そのネットワークとのコール アドミッションを制御する Voice over IP(VoIP)デバイスです。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、コールによる過負荷や不正トラフィックからネットワークの内部を保護します。Cisco Unified Border Element(SP Edition)のその他の機能には、メディア ブリッジングや課金サービスがあります。

Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、Cisco IOS ソフトウェアに組み込まれており、ハードウェアを追加することなく実行できます。

SBC サービスには、次の 2 つの機能領域があります。

シグナリング SBC 機能:Signaling Border Element(SBE)で管理します。ネットワークのコアへの VoIP シグナリング メッセージのアクセスを制御し、これらのメッセージの内容を操作します。この機能は、Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)の Back-to-back User Agent(B2BUA)として動作することによって実現されます。

メディア SBC 機能:Data Border Element(DBE)で管理します。ネットワークへのメディア パケットのアクセス コントロールし、さまざまなメディア ストリームに対する差別化サービスと Quality of Service(QoS)の提供、サービス盗用の防止が可能です。この機能は、Real-Time Transport Protocol(RTP)プロキシとして動作することによって実現されます。

Cisco IOS XE Release 2.4 の、Cisco Unified Border Element(SP Edition)は、次の 2 つのモードまたは配置モデルで動作します。

統合:統合モデルでは、SBE と DBE の両方の論理エンティティが同じネットワーク エレメント上に共存しています。このモデルでは、シグナリング エンティティはルータと同じ場所にあるメディアを制御します。簡潔に言えば、SBE が SIP パケットと H.323 パケットを処理し、DBE が RTP パケットと RTCP パケットを処理します。

分散:分散モデルでは、SBE エンティティと DBE エンティティは 2 つの異なるネットワーク エレメント上にあります。したがって、各 SBE エンティティは複数の DBE エレメントを制御し、各 DBE は複数の SBE エンティティによって制御される可能性があります。SBE は、Session Controller Interface(SCI)を使用して DBE エンティティと通信します。SCI インターフェイスは H.248 プロトコルをサポートしています。

このモデルでは、ベアラは常に DBE を介し、SBE はシグナリング フローだけに関与します。一般に、このモデルには、DBE H.248 プロファイルをサポートするサードパーティ製 SBE を使用します。


) 統合モデルを使用する場合でも DBE の設定が必要なことに注意してください。これは、DBE の設定により、RTP メディアを伝送するために必要な情報が得られるためです。



) Cisco IOS XE Release 2.3 以前のバージョンでは、SBC は分散モデルの DBE だけをサポートしています。


図 1 に統合モデルを示します。 図 2 に、SBE、DBE、およびその他のネットワーク エレメントの関係を示します。

図 1 統合モデルにおける SBE、DBE、その他のネットワーク エレメントの関係

 

図 2 分散モデルにおける SBE、DBE、その他のネットワーク エレメントの関係

 

Cisco ASR 1001 シリーズ ルータ上の Cisco Unified Border Element(SP Edition)

表 1 に、Cisco ASR 1001 シリーズ ルータでサポートされるスケーラビリティとパフォーマンスをリストします。

表 1 Cisco ASR 1001 シリーズ ルータでサポートされるスケーラビリティとパフォーマンス

プラットフォーム
HT=180
RP CPU
QFP CPU
CPS 低下 %
輻輳の原因
メモリの設定
スループット値
機能

ASR 1001 1 RU

CPS=60

33%

40%

該当せず

メモリ

デフォルト

5000K

該当せず

ASR 1001 1 RU

CPS=57

66%

78%

該当せず

メモリ

デフォルト

2500L

該当せず

サポート対象 MIB

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ上の SBC に対し、Cisco IOS XE Release 2.4 以降では、次の MIB がサポートされています。

CISCO-SESSION-BORDER-CONTROLLER-EVENT-MIB

CISCO-SESSION-BORDER-CONTROLLER-CALL-STATS-MIB

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ上での MIB のサポートの詳細については、『Cisco ASR 1000 Series Aggregation Services Routers MIB Specifications Guide』を参照してください。このマニュアルは次の場所にあります。

http://www.cisco.com/en/US/docs/routers/asr1000/mib/guide/asr1kmib.html

特定のプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットでの MIB を検索しダウンロードするには、次の場所にある Cisco MIB Locator を使用してください。

http://tools.cisco.com/ITDIT/MIBS/servlet/index

Cisco MIB Locator で必要な MIB 情報がサポートされていない場合は、次の場所にあるシスコの MIB のページで、サポートされている MIB の一覧を入手し MIB をダウンロードできます。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

Cisco MIB Locator にアクセスするには、Cisco.com のアカウントが必要です。アカウント情報を忘れたか、紛失した場合は、cco-locksmith@cisco.com に空の E メールを送信してください。自動チェックによって、E メール アドレスが Cisco.com に登録されているかどうかが確認されます。チェックが正常に終了したら、ランダムな新しいパスワードとともにアカウントの詳細が E メールで届きます。