QoS:ポリシングおよびシェーピング コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
ATM 用の MQC トラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング
ATM 用の MQC トラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング

目次

ATM 用の MQC トラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング

ATM 用の MQC トラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング機能を使用すると、ブロードバンド集約システム(BRAS)でパケットに Quality of Service(QoS)機能を適用するときに、さまざまなカプセル化タイプを考慮できます。 一般的に、イーサネット デジタル加入者線(DSL)環境では、ルータからデジタル加入者線アクセス マルチプレクサ(DSLAM)までのカプセル化がギガビット イーサネットで、DSLAM から加入者宅内機器(CPE)までのカプセル化が ATM です。 ATM オーバーヘッド アカウンティングを使用すれば、ルータで、加入者線上の ATM カプセル化と、セル分割で増加したオーバーヘッドを考慮できます。 この機能を使用すれば、サービス プロバイダーは加入者線でのオーバーランを防止することができ、ルータでは ATM パケットで使用される実際の帯域幅に対して QoS 機能を実行できるようになります。

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、使用するプラットフォームおよびソフトウェア リリースの Bug Search Tool およびリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングに関する前提条件

class-map コマンドを使用してトラフィック クラスが設定されている必要があります。

ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングに関する制約事項

  • ポリシー マップ内、および(階層型ポリシー マップ構造の)親ポリシー マップと子ポリシー マップの間では、使用されるオーバーヘッド アカウンティングのタイプまたは値が一貫している必要があります。
  • ATM オーバーヘッド アカウンティングを含むように設定されたポリシー マップは、イーサネット インターフェイス(またはイーサネット インターフェイス上の IP セッション)以外に対応付けないようにする必要があります。

  • イーサネット オーバーヘッド アカウンティングでは、ダウンストリーム イーサネット フレーム ヘッダーをシェーピングされたレートに自動的に含めることができます。

  • (親/親の親を含む)あらゆるレベルのポリシーでのオーバーヘッド アカウンティング設定に関係なく、ポリシング レートではオーバーヘッド アカウンティングがサポートされていません。
  • ルータは、shape および bandwidth コマンドに限りオーバーヘッド アカウンティングをサポートします。

  • 子ポリシーでオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにする場合は、親ポリシーでオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにする必要があります。

  • ポリシー マップで、ポリシーのすべてのクラスに対してオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにするか、またはディセーブルにする必要があります。 同じポリシー内の一部のクラスに対してオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにし、残りのクラスに対してオーバーヘッド アカウンティングをディセーブルにすることはできません。

  • オーバーヘッド アカウンティングは、QoS カウンタ(分類、ポリシング、キューイング)のいずれにも反映されません。

  • 最上位親ポリシー、中位子ポリシー、最下位子ポリシーで、シェーピングおよび帯域幅のオーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにできます。 子ポリシーは、親レベルまたは親の親レベルで設定されたオーバーヘッド アカウンティング ポリシーを継承します。

  • ポリシー マップ内、および(階層型ポリシー マップ構造の)親ポリシー マップと子ポリシー マップの間では、使用されるオーバーヘッド アカウンティングのタイプまたは値が一貫している必要があります。

ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングについて

ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングの利点

ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング機能を使用すれば、BRAS でパケットに QoS を適用するときにさまざまなカプセル化タイプを考慮できます。 一般的に、イーサネット DSL 環境では、BRAS から DSLAM までのカプセル化がギガビット イーサネットで、DSLAM から CPE までのカプセル化が ATM です。 ATM オーバーヘッド アカウンティングを使用すれば、BRAS で、加入者線上の ATM カプセル化と、セル分割で増加したオーバーヘッドを考慮できます。 この機能を使用すれば、サービス プロバイダーは加入者線でのオーバーランを防止することができ、ルータでは ATM 加入者トラフィックで使用される実際の帯域幅に対して QoS 機能を実行できるようになります。

BRAS とカプセル化タイプ

BRAS は、DSLAM-CPE 側用に設定されたカプセル化タイプを使用して、パケット当たりの ATM オーバーヘッドを計算します。

DSLAM-CPE カプセル化タイプは、サブネットワーク アクセス プロトコル(SNAP)と、ATM アダプテーション層 5(AAL5)の後ろに Routed BridgE(RBE)、x-1483、x-dot1q-rbe、IP、PPP over Ethernet(PPPoE)、または PPP over ATM(PPPoA)カプセル化が続くマルチプレクサ(MUX)フォーマットに基づいています。 DSLAM は IP パケットと PPPoE パケットをペイロードとして扱うため、BRAS は IP カプセル化と PPPoE カプセル化を考慮しません。

BRAS-DSLAM 側のカプセル化は IEEE 802.1Q VLAN または Q-in-Q(qinq)です。 ただし、DSLAM は BRAS-DSLAM カプセル化を削除するため、BRAS は 802.1Q または qinq カプセル化を考慮しません。

AAL5 の分割処理によって、5 バイトのセル ヘッダー、AAL5 コンバージェンス副層共通部(CPCS)パディング、および AAL5 トレーラのオーバーヘッドが追加されます。 詳細については、ATM オーバーヘッドの計算を参照してください。

加入者線カプセル化タイプ

ルータは、次の加入者線カプセル化タイプをサポートします。

  • snap-rbe

  • mux-rbe

  • snap-dot1q-rbe

  • mux-dot1q-rbe

  • snap-pppoa

  • mux-pppoa

  • snap-1483routed

  • mux-1483routed

  • snap-rbe-dot1q

  • mux-rbe-dot1q


(注)  


上記カプセル化タイプは、AAL5、qinq、および dot1q カプセル化用です。 使用されているプラットフォームに基づくオフセットを使用したユーザ定義のカプセル化もサポートされます


ATM オーバーヘッドの計算

ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング機能は、BRAS での ATM カプセル化オーバーヘッドを考慮することによって、加入者線のオーバーサブスクリプションを防止します。 ATM オーバーヘッドを計算するときに、ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング機能は次の要素を考慮します。

  • BRAS で使用されるカプセル化タイプ

  • CPCS トレーラ オーバーヘッド

  • DSLAM と CPE 間で使用されるカプセル化タイプ

次の式を使用してオフセット サイズ(ATM オーバーヘッド アカウンティングの計算に使用されるパラメータ)が計算されます。

バイト単位のオフセット サイズ = (CPCS トレーラ オーバーヘッド) + (DSLAM と CPE 間) - (BRAS カプセル化タイプ)

この式から算出されるオフセット サイズ(バイト数)については次の表を参照してください。

このオフセット サイズと一緒に CPCS 内のパケット サイズとパケット アセンブラ/ディスアセンブラ(PAD)がルータでの ATM オーバーヘッド アカウンティング レートの計算に使用されます。


(注)  


8 バイトの CPCS トレーラ オーバーヘッドが AAL5 に対応します。 4 バイトの CPCS トレーラ オーバーヘッドが AAL3 に対応しますが、AAL3 はサポートされません。


表 1 ATM オーバーヘッドの計算に使用されるバイト単位のオフセット サイズ

使用されているカプセル化タイプ

BRAS

CPCS トレーラ オーバーヘッド

DSLAM と CPE 間

オフセット サイズ

dot1q mux-1483routed

18

8

3

-7

dot1q snap-1483routed

18

8

6

-4

dot1q mux-rbe

18

8

14

4

dot1q snap-rbe

18

8

24

14

dot1q mux-dot1q-rbe

18

8

18

8

dot1q snap-dot1q-rbe

18

8

28

18

qot1q mux-pppoa

18 + 6

8

2

-14

qot1q snap-pppoa

18 + 6

8

4

-12

qinq mux-1483routed

22

8

3

-11

qinq snap-1483routed

22

8

6

-8

qinq mux-rbe

22

8

14

0

qinq snap-rbe

22

8

24

10

qinq mux-dot1q-rbe

22

8

18

4

qing snap-dot1q-rbe

22

8

28

14

qinq mux-pppoa

22 + 6

8

2

-18

qinq snap-pppoa

22 + 6

8

4

-16

ATM オーバーヘッド アカウンティングと階層型ポリシー

階層型ポリシーでは、親ポリシーと子ポリシー上でシェーピングと帯域幅に対する ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにすることができます。 bandwidth コマンドまたは shape コマンドを含まないトラフィック クラス上の ATM オーバーヘッド アカウンティングはイネーブルにする必要がありません。 子ポリシー上の ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにした場合は、親ポリシー上の ATM オーバーヘッド アカウンティングもイネーブルにする必要があります。 ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにする場合は、親クラスと子クラスで同じカプセル化タイプを指定する必要があります。

オーバーヘッド アカウンティングと優先キュー

オーバーヘッド アカウンティングの設定は、shape および bandwidth コマンドでのみサポートされます。 ただし、継承によって、優先キューでオーバーヘッド アカウンティングを設定することは可能です(階層型 QoS ポリシーおよび互いに素な QoS 階層)。 継承によって優先キューで設定されたオーバーヘッド アカウンティングは、次のように動作します。

  • 階層内のキューイング機能(たとえば親クラスのシェーピング)に対応する優先パケットにおいて、オーバーヘッド アカウンティングが加算/減算されます。
  • オーバーヘッド アカウンティングは、優先レートを適用するパケット( priority {bandwidth-kbps | percent percentage} [burst] )には加算されません。ポリシシングではそれがサポートされないためです(レート適用は条件付きポリサーによって実装されます)。

ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングの設定方法

階層型ポリシーでの ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングの設定

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    policy-map policy-map-name

    4.    class class-map-name

    5.    bandwidth {bandwidth-kbps | percent percentage | remaining percent percentage} account {{qinq | dot1q} {aal5 | aal3} {subscriber-encapsulation}} | {user-defined offset [atm]}}

    6.    bandwidth remaining ratio ratio [account {qinq | dot1q} [aal5|aal3] {subscriber-encapsulation | user-definedoffset[atm]}]

    7.    shape [average |peak] mean-rate[burst-size] [excess-burst-size] account {{{qinq | dot1q} {aal5 | aal3} {subscriber-encapsulation}} | {user-defined offset [atm]}}

    8.    end


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Router> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。

     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Router# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 policy-map policy-map-name


    例:
    Router(config)# policy-map Business
     

    子ポリシーを作成または変更して、ポリシー マップ コンフィギュレーション モードを開始します。

    • ポリシー マップ名を入力します。 これは、子ポリシーの名前です。

     
    ステップ 4 class class-map-name


    例:
    Router(config-pmap)# class video
     

    ポリシー マップに対して指定されたトラフィック クラスを割り当て、ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードを開始します。

    • トラフィック クラス名を入力します。 これは、設定済みのクラス マップの名前です。

     
    ステップ 5 bandwidth {bandwidth-kbps | percent percentage | remaining percent percentage} account {{qinq | dot1q} {aal5 | aal3} {subscriber-encapsulation}} | {user-defined offset [atm]}}

    例:
    Router(config-pmap-c)# bandwidth 8000 account dot1q aal5 snap-pppoa
     

    指定されたキーワードと引数に基づくクラスベース重み付け均等化キューイング(CBWFQ)をイネーブルにします。キーワードと引数は次のとおりです。

    • bandwidth-kbps:ポリシー マップに属しているクラスに対して割り当てる最小帯域幅を指定または変更します。 有効な値は、リンク帯域幅の 1 ~ 99% に相当する 8 ~ 2488320 です。

    • percent percentage:ポリシー マップに属しているクラスに割り当てるリンク帯域幅の最小パーセンテージを指定または変更します。 有効値は 1 ~ 99 です。

    • remaining percent percentage:ポリシー マップに属しているクラスに割り当てる未使用リンク帯域幅の最小パーセンテージを指定または変更します。 有効値は 1 ~ 99 です。

    • account :ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。

    • qinq :BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして queue-in-queue カプセル化を指定します。

    • dot1q :BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして IEEE 802.1Q VLAN カプセル化を指定します。

    • aal5 :コネクション型可変ビット レート(VBR)サービスをサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。

    • aal3 :コネクションレス型リンクとコネクション型リンクの両方をサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。

    • subscriber-encapsulation:加入者線でのカプセル化タイプを指定します。 詳細については、加入者線カプセル化タイプを参照してください。

    • user-defined :ルータでの ATM オーバーヘッド計算に使用するオフセット サイズを指定します。

    • offset:ATM オーバーヘッドを計算する際のオフセット サイズを指定します。 有効値は –63 ~ +63 バイトです。

    • atm :(オプション)ATM オーバーヘッド計算に ATM セル タックスを適用します。

     
    ステップ 6 bandwidth remaining ratio ratio [account {qinq | dot1q} [aal5|aal3] {subscriber-encapsulation | user-definedoffset[atm]}]


    例:
    Router(config-pmap-c)# bandwidth remaining ratio 10 account dot1q aal5 snap-pppo
     

    (オプション)ATM アカウンティング パラメータと一緒にサブインターフェイスの帯域幅残存率を指定します。

    • ratio:サブインターフェイスの帯域幅余剰比率を指定します。 有効な値は 1 ~ 100 です。 デフォルト値は 1 です。

    (注)     

    Cisco 7600 シリーズ ルータの有効値は 1 ~ 10,000 です。 デフォルト値は 1 です。

    • account :ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。

    • qinq :BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして queue-in-queue カプセル化を指定します。

    • dot1q :BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして IEEE 802.1Q VLAN カプセル化を指定します。

    • aal5 :コネクション型 VBR サービスをサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。

    • aal3 :コネクションレス型リンクとコネクション型リンクの両方をサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。

    • subscriber-encapsulation:加入者線でのカプセル化タイプを指定します。 詳細については、加入者線カプセル化タイプを参照してください。

    • user-defined :ルータでの ATM オーバーヘッド計算に使用するオフセット サイズを指定します。

    • offset:ATM オーバーヘッドを計算する際のオフセット サイズをバイト単位で指定します。 有効な値は -63 ~ +63 です。

    • atm :(オプション)ATM オーバーヘッド計算に ATM セル タックスを適用します。

     
    ステップ 7 shape [average |peak] mean-rate[burst-size] [excess-burst-size] account {{{qinq | dot1q} {aal5 | aal3} {subscriber-encapsulation}} | {user-defined offset [atm]}}


    例:
    Router(config-pmap-c)# shape 8000 account qinq aal5 snap-dot1q-rbe 
     

    次のように、指定されたビット レートにトラフィックをシェーピングし、指定されたキーワードと引数に基づいて ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。

    • average :(オプション)インターバルごとに送出される最大ビット数を指定する認定バースト(Bc)

    • peak :(オプション)インターバルごとに送出される最大ビット数を指定します(Bc + 超過バースト(Be))。 Cisco 10000 ルータと SIP400(Cisco 7600 シリーズ ルータ上)は、このオプションをサポートしません。

    • mean-rate:認定情報レート(CIR)とも呼ばれます。 トラフィックのシェーピングに使用されるビット レートを bps 単位で指定します。

    • burst-size:(オプション)測定インターバル内のビット数(Bc)。

    • excess-burst-size:(オプション)Be の超過が許可される受け入れ可能なビット数。

    • account :ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。

    • qinq :BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして queue-in-queue カプセル化を指定します。

    • dot1q :BRAS-DSLAM カプセル化タイプとして IEEE 802.1Q VLAN カプセル化を指定します。

    • aal5 :コネクション型可変ビット レート(VBR)サービスをサポートする ATM アダプテーション層 5。

    • aal3 :コネクションレス型リンクとコネクション型リンクの両方をサポートする ATM アダプテーション層 5 を指定します。 aal3 または aal5 のいずれかを指定する必要があります。

    • subscriber-encapsulation:加入者線でのカプセル化タイプを指定します。 詳細については、加入者線カプセル化タイプを参照してください。

    • user-defined :ルータでの ATM オーバーヘッド計算に使用するオフセット サイズを指定します。

    • offset:ATM オーバーヘッドを計算する際のオフセット サイズを指定します。 有効値は –63 ~ +63 バイトです。

    • atm :(オプション)ATM オーバーヘッド計算に ATM セル タックスを適用します。 offset オプションと atm オプションの両方を設定すると、オフセット サイズに対するパケット サイズの調整が行われてから、ATM セル タックスが追加されます。

     
    ステップ 8 end


    例:
    Router(config-pmap-c)# end
     

    ポリシー マップ クラス コンフィギュレーション モードを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

     

    ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングの設定の確認

    手順の概要

      1.    enable

      2.    show policy-map [policy-map-name]

      3.    show policy-map session

      4.    show running-config

      5.    exit


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 enable


      例:
      Router> enable
       

      特権 EXEC モードをイネーブルにします。

      • パスワードを入力します(要求された場合)。

       
      ステップ 2 show policy-map [policy-map-name]


      例:
      Router# show policy-map unit-test
       

      (任意)指定したポリシー マップに関する全クラスの設定、または、既存の全ポリシー マップに関する全クラスの設定を表示します。

      • (任意)ポリシー マップ名を入力します。

       
      ステップ 3 show policy-map session


      例:
      Router# show policy-map session
       

      (任意)IPoE/PPPoE セッションに対して有効な QoS ポリシー マップを表示します。

       
      ステップ 4 show running-config


      例:
      Router# show running-config
       

      (任意)現在実行中のコンフィギュレーション ファイルの内容を表示します。

       
      ステップ 5 exit


      例:
      Router# exit
       

      特権 EXEC モードを終了します。

       

      ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングの設定例

      例:ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングのイネーブル化

      次に、階層型ポリシー マップ構造を使用して ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにする例を示します。 子ポリシー マップに Business と Non-Business の 2 つのクラスがあります。 Business クラスは、プライオリティが設定され、128,000 kbps にポリシングされています。 Non-Business クラスは、ATM オーバーヘッド アカウンティングがイネーブルにされ、使用可能な帯域幅の 20 % が割り当てられています。 親ポリシー マップは集約トラフィックを 256,000 Kbps にシェーピングし、ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにします。

      ビジネス トラフィック クラスに関してレイヤ 2 オーバーヘッド アカウンティングが明示的に設定されないことに注意してください。 親ポリシーの class-default クラスで ATM オーバーヘッド アカウンティングがイネーブルになっている場合は、bandwidth コマンドまたは shape コマンドを含まない子トラフィック クラス上で ATM オーバーヘッド アカウンティングをイネーブルにする必要がありません。 したがって、この例では、親 class-default クラスで ATM オーバーヘッド アカウンティングがイネーブルになっているため、Business プライオリティ キューで ATM オーバーヘッド アカウンティングが黙示的にイネーブルにされます。

      policy-map Child
       class Business
        priority
        police 128000 
       class Non-Business
        bandwidth percent 20 account dot1q aal5 snap-rbe-dot1q
        exit
       exit
      policy-map Parent
       class class-default
        shape 256000 account dot1q aal5 snap-rbe-dot1q
        service-policy Child

      次の例では、「subscriber_classes」という名前の子ポリシー マップの gaming クラスおよび class-default クラスと、「subscriber_line」という名前の親ポリシー マップの class-default クラスの帯域幅に関して、オーバーヘッド アカウンティングがイネーブルになります。 voip クラスと video クラスのアカウンティングは明示的にイネーブルにされません。その理由は、親ポリシーのオーバーヘッド アカウンティングがイネーブルにされることで、これらのクラスの ATM オーバーヘッド アカウンティングが暗黙的にイネーブルになるためです。 親ポリシーと子ポリシーの機能で同じカプセル化タイプが使用されていることに注意してください。

      policy-map subscriber_classes
       class voip
        priority level 1
        police 8000
       class video
        priority level 2
        police 8000
       class gaming
        bandwidth remaining percent 80 account dot1q aal5 snap-rbe-dot1q
       class class-default
        bandwidth remaining percent 20 account dot1q aal5 snap-rbe-dot1q
      policy-map subscriber_line
       class class-default
        bandwidth remaining ratio 10 account dot1q aal5 snap-rbe-dot1q
        shape average 512 account aal5 dot1q snap-rbe-dot1q
        service policy subscriber_classes

      例:ATM のトラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングの確認

      Router# show policy-map interface
      

      Service-policy output:unit-test
      Class-map: class-default (match-any)
      100 packets, 1000 bytes
      30 second offered rate 800 bps, drop rate 0 bps
      Match: any
      shape (average) cir 154400, bc 7720, be 7720
      target shape rate 154400
      overhead accounting: enabled
      bandwidth 30% (463 kbps)
      overhead accounting: disabled
      queue limit 64 packets
      (queue depth/total drops/no-buffer drops) 0/0/0
      (packets output/bytes output) 100/1000
      
      Router# show policy-map session output
       
      SSS session identifier 2 -
      Service-policy output:  ATM_OH_POLICY 
          Class-map: class-default (match-any)
            0 packets, 0 bytes
            30 second offered rate 0 bps, drop rate 0 bps
            Match: any 
            Queueing
            queue limit 2500 packets
            (queue depth/total drops/no-buffer drops) 0/0/0
            (pkts output/bytes output) 0/0
            shape (average) cir 10000000, bc 40000, be 40000
            target shape rate 10000000
             Overhead Accounting Enabled
      

      次の show running-config コマンドの出力には、ATM オーバーヘッド アカウンティングがシェーピングに関してイネーブルになっていることが示されています。 BRAS-DSLAM カプセル化は dot1q で、加入者線カプセル化は AAL5 サービスに基づく snap-rbe です。

      subscriber policy recording rules limit 64
      no mpls traffic-eng auto-bw timers frequency 0
      call rsvp-sync
      !
      controller T1 2/0
      framing sf
      linecode ami
      !
      controller T1 2/1
      framing sf
      linecode ami
      !
      !
      policy-map unit-test
      class class-default
      shape average percent 10 account dot1q aal5 snap-rbe
      !

      その他の関連資料

      関連資料

      関連項目

      マニュアル タイトル

      QoS コマンド:コマンド構文の詳細、コマンド モード、コマンド履歴、デフォルト設定、使用上のガイドライン、および例

      『Cisco IOS Quality of Service Solutions Command Reference』

      モジュラ Quality of Service(QoS)コマンドライン インターフェイス(CLI)(MQC)、階層型ポリシー、ポリシー マップ

      「Applying QoS Features Using the MQC」モジュール

      トラフィックのポリシングとシェーピング

      「Policing and Shaping Overview」モジュール

      規格

      規格

      タイトル

      この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

      --

      MIB

      MIB

      MIB のリンク

      この機能によってサポートされる新しい MIB または変更された MIB はありません。またこの機能による既存 MIB のサポートに変更はありません。

      選択したプラットフォーム、 ソフトウェア リリース、およびフィーチャ セットの MIB を検索してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

      http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

      RFC

      RFC

      タイトル

      この機能によりサポートされた新規 RFC または改訂 RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

      --

      テクニカル サポート

      説明

      リンク

      右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

      http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

      ATM 用の MQC トラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングの機能情報

      次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、特定のソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースのみを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

      プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

      表 2 ATM 用の MQC トラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティングの機能情報

      機能名

      リリース

      機能情報

      ATM 用の MQC トラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング

      Cisco IOS XE Release 2.4

      ATM 用の MQC トラフィック シェーピング オーバーヘッド アカウンティング機能を使用すると、ブロードバンド集約システム(BRAS)でパケットに QoS 機能を適用するときにさまざまなカプセル化タイプを考慮できます。

      次のコマンドが導入または変更されました。bandwidth (policy-map class)bandwidth remaining ratioshape (policy-map class)show policy-map interfaceshow policy-map sessionshow running-config