QoS:ポリシングおよびシェーピング コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピング
PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピング

PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピング

現行の Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ プラットフォーム ソフトウェアでは、仮想回線(VC)シェーピングがサポートされますが、ブロードバンド セッションを使用した VC の ATM 仮想パス(VP)シェーピングはサポートされていません。 この機能により、ブロードバンド セッションを基礎とする VC の ATM VP シェーピングがサポートされるようになります。 VC ごと、および VP ごとのトラフィック シェーピングは、インターフェイス上のトラフィック フローを制御または変更します。 トラフィック シェーピングでは、パケットをドロップする代わりに過剰なトラフィックをバッファリングすることによってスループットを制限します。 これにより、ある VC からのトラフィックが他の VC に悪影響を与えることがなくなるため、データ損失が回避されます。 トラフィック シェーピングを VC ごと、および VP ごとに設定すると、設定済みの VC と VP を柔軟に制御できます。

PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピング機能は、次の ATM トラフィック サービス カテゴリでサポートされます。
  • 可変ビット レート非リアルタイム(VBR-nrt)
  • 未指定ビット レート(UBR)

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、Bug Search Tool およびご使用のプラットフォームおよびソフトウェア リリースのリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を確認し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認するには、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングの前提条件

  • VP シェーパー レートの動的変更がイネーブルであること。

  • ATM VC のオンデマンド作成機能(VP シェーパー設定あり)がイネーブルであること。

  • PPP over Ethernet over ATM(PPPoEoA)セッション がイネーブルであること。

PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングに関する制約事項

  • シェーピングが適用される特定の VP に属するすべての VC は、同じタイプでなければなりません。 たとえば、VP シェーパーが仮想パス識別子(VPI)10 に適用される場合、VP が 10 に設定されたすべての仮想回路識別子(VCI)は vbr-nrt または ubr+ である必要があります。

  • ATM インターフェイス上にあり、VP に属する VC のいずれかがアクティブ状態になっている場合、atm pvp rate コマンドを追加または削除することはできません。 これは、ブロードバンド以外の設定ではサポートされていません。

  • VP のモジュラ QoS CLI(MQC)ポリシー マップの設定はサポートされていません。 atm pvp コマンドを使用した VP レートの設定のみがサポートされます。

  • VP および VC セッションでの Quality of Service(QoS)はサポートされます。

  • VC シェーパー レートの合計が、設定済み VP シェーパー レートを超える場合があります。

  • すべての VP シェーパー レートの合計が、ATM インターフェイスの物理的なレートを超える場合があります。

  • VP シェーパーは、VC の任意の組み合わせでサポートされます(ブロードバンド セッションを使用するかどうかにかかわらず)。 キューイング QoS ポリシーが関連付けられている場合も、そうでない場合もあります。

  • 特定の ATM インターフェイスに、シェーパーを使用した VP と使用しない VP が混在する場合があります。

  • VP の中に複数の VC がある場合、サービス クラスの変更は許可されません。

  • VP の中に VC が 1 つしかない場合は、サービス クラスを変更できます。

  • ATM 機能における既存の Intelligent Services Gateway(ISG)と IP セッションがサポートされます。

PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングの設定

はじめる前に

PPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングを設定する前に、ATM インターフェイスを設定し、各セッションの属性を定義する必要があります。 ATM インターフェイスに設定されたブロードバンド集約グループ(bba-group)は、ルータが QoS ポリシーをセッションに適用するために使用する仮想テンプレートを参照します。

ATM インターフェイスに PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングを設定するには、次の設定作業を実行します。

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    interface atm slot/module/port

    4.    mac-address mac-address

    5.    no ip address

    6.    atm clock internal

    7.    atm oam flush

    8.    no atm ilmi-keepalive

    9.    exit

    10.    bba-group pppoe {group-name | global}

    11.    virtual-template template-number

    12.    sessions per-vc limit per-vc-limit [threshold threshold-value]

    13.    sessions per-mac limit per-mac-limit

    14.    sessions per-vlan limit per-vlan-limit

    15.    sessions per-vc throttle per-vc-throttle

    16.    exit

    17.    interface atm slot/subslot/port [subinterface][point-to-point | multipoint]

    18.    atm pvp vpi [peak-rate]

    19.    pvc vpi/vci

    20.    vbr-nrt output-pcr output-scr[output-maxburstsize]

    21.    dbs enable [aggregated | maximum]

    22.    encapsulation aal5snap

    23.    protocol pppoe group {group-name | global}

    24.    end


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Router> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    パスワードを入力します(要求された場合)。

     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Router# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 interface atm slot/module/port


    例:
    Router(config)# interface atm slot/module/port
     

    ATM インターフェイスを作成または変更します。 インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。 ここで、各変数は次のように定義されます。

    slot/module/port は、インターフェイス番号です。

     
    ステップ 4 mac-address mac-address


    例:
    Router(config-if)# mac-address mac-address
     

    インターフェイスの MAC アドレスを指定します。

     
    ステップ 5 no ip address


    例:
    Router(config-if)# no ip address
     

    対応する IP アドレスを削除することによって、インターフェイス上での IP 処理をディセーブルにします。

     
    ステップ 6 atm clock internal


    例:
    Router(config-if)#atm clock internal
     

    2 つのバックツーバック ATM インターフェイス間のタイマーを同期します。

     
    ステップ 7 atm oam flush


    例:
    Router(config-if)# atm oam flush
     

    ATM インターフェイスで現在および以降に受信する運用管理および保守(OAM)セルをすべてドロップします。

     
    ステップ 8 no atm ilmi-keepalive


    例:
    Router(config-if)# no atm ilmi-keepalive
     

    暫定ローカル管理インターフェイス(ILMI)キープアライブをディセーブルにします。

     
    ステップ 9 exit


    例:
    Router(config-if)# exit
     

    インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

     
    ステップ 10 bba-group pppoe {group-name | global}


    例:
    Router(config)# bba-group pppoe group-name 
     

    PPPoE プロファイルを定義し、BBA グループ コンフィギュレーション モードを開始します。

    global キーワードは、特定のプロファイルが割り当てられていない PPPoE ポートのデフォルト プロファイルとして機能するプロファイルを作成します。

     
    ステップ 11 virtual-template template-number


    例:
    Router(config-bba-group)# virtual-template template-number
     

    仮想アクセス インターフェイスのクローンを作成する際に使用される仮想テンプレートを指定します。

     
    ステップ 12 sessions per-vc limit per-vc-limit [threshold threshold-value]


    例:
    Router(config-bba-group)# sessions per-vc limit per-vc-limit
     

    ATM 相手先固定接続(PVC)で確立できる PPPoE セッションの最大数を指定します。

     
    ステップ 13 sessions per-mac limit per-mac-limit


    例:
    Router(config-bba-group)# sessions per-mac limit per-mac limit
     

    PPPoE プロファイルの MAC アドレスあたりの PPPoE セッションの最大数を設定します。

     
    ステップ 14 sessions per-vlan limit per-vlan-limit


    例:
    Router(config-bba-group)# sessions per-vlan limit per-vlan-limit
     

    PPPoE プロファイルの VLAN あたりの PPPoE セッションの最大数を指定します。

     
    ステップ 15 sessions per-vc throttle per-vc-throttle


    例:
    Router(config-bba-group)# sessions per-vc throttle per-vc-throttle
     

    VC から実行できる PPPoE セッション要求数を制限する、PPPoE 接続スロットリングを設定します。

     
    ステップ 16 exit


    例:
    Router(config-bba-group)# exit
     

    BBA グループ コンフィギュレーション モードを終了して、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

     
    ステップ 17 interface atm slot/subslot/port [subinterface][point-to-point | multipoint]


    例:
    Router(config)# interface atm slot/subslot/port multipoint
     

    ATM インターフェイスを設定し、サブインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 18 atm pvp vpi [peak-rate]


    例:
    Router(config-subif)# atm pvp vpi[peak-rate]
     

    1 つ以上の VC の多重化(またはバンドル)に使用する相手先固定パス(PVP)を作成します。

     
    ステップ 19 pvc vpi/vci


    例:
    Router(config-subif)# atm pvp vpi[peak-rate]
     

    ATM PVC を作成するか、または ATM PVC に名前を割り当て、ATM 仮想回線コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 20 vbr-nrt output-pcr output-scr[output-maxburstsize]


    例:
    Router(config-if-atm-vc)# vbr-nrt output-pcr output-scr [output-maxburstsize]
     

    VBR-nRT QoS を設定し、ATM PVC、PVC 範囲、相手先選択接続(SVC)、VC クラス、または VC バンドル メンバーに関する出力ピーク セル レート(PCR)、出力平均セル レート(SCR)、および出力最大バースト セル サイズを指定します。

     
    ステップ 21 dbs enable [aggregated | maximum]


    例:
    Router(config-if-atm-vc)# dbs enable
     

    動的加入者帯域幅選択の QoS パラメータを適用します。

     
    ステップ 22 encapsulation aal5snap


    例:
    Router(config-if-atm-vc)# encapsulation aal5snap
     

    ATM VC の ATM アダプテーション層(AAL)およびカプセル化タイプを設定します。

     
    ステップ 23 protocol pppoe group {group-name | global}

    例:
    Router(config-if-atm-vc)# protocol pppoe group group-name
     

    PVC で PPPoE セッションを確立できるようにします。

    group:インターフェイス上の PPPoE セッションで使用される PPPoE プロファイル(bba-group)を指定します。

    group-name:インターフェイス上の PPPoE セッションで使用される PPPoE プロファイル(bba-group)の名前です。

    group group-name:QoS ポリシーを含む仮想テンプレート インターフェイスをセッションに適用するために使われる bba-group を指します。

     
    ステップ 24 end


    例:
    Router(config-if-atm-vc)# end
     

    セッションを終了し、特権 EXEC モードに戻ります。

     

    次に、PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングを設定する例を示します。

    Router(config)#interface ATM1/0/0
    Router(config-if)#mac-address 0000.b001.0001
    Router(config-if)#no ip address
    Router(config-if)#atm clock INTERNAL
    Router(config-if)#atm oam flush
    Router(config-if)#no atm ilmi-keepalive
    Router(config-if)#exit
    Router(config)#bba-group pppoe group_basic
    Router(config-bba-group)#virtual-template 2
    Router(config-bba-group)#sessions per-vc limit 1
    Router(config-bba-group)#sessions per-mac limit 1
    Router(config-bba-group)#sessions per-vlan limit 1
    Router(config-bba-group)#sessions per-vc throttle 1 2 3
    Router(config-bba-group)#exit
    Router(config)#interface ATM1/0/0.64001 multipoint
    Router(config-subif)#atm pvp 1 50000
    Router(config-subif)#pvc 1/32
    Router(config-if-atm-vc)#vbr-nrt 40000 40000 1
    Router(config-if-atm-vc)#dbs enable
    Router(config-if-atm-vc)#encapsulation aal5snap
    Router(config-if-atm-vc)#protocol pppoe group group_1
    Router(config-if-atm-vc)#end

    PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングの設定例

    例:PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングの設定

    次に、PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングを設定する例を示します。

    interface ATM1/0/0
    mac-address 0000.b001.0001
    no ip address
    atm clock INTERNAL
    atm oam flush
    no atm ilmi-keepalive
    !
    bba-group pppoe group_basic
    virtual-template 2
    sessions per-vc limit 1
    sessions per-mac limit 1
    sessions per-vlan limit 1
    sessions per-vc throttle 1 2 3
    !
    interface ATM1/0/0.1 multipoint
    atm pvp 1 1000
    pvc 1/10000
     vbr-nrt 500 500 1
     dbs enable
     encapsulation aal5snap
     protocol pppoe group group_basic

    例:PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングの確認

    次に、特定の PVC の設定を表示する例を示します。

    Router# Show ATM pvc
    Keys:  A = ATM1/0/0, B = ATM1/0/1, C = ATM1/0/2, 
               VCD /                                            Peak Av/Min Burst
    Interface  Name         VPI   VCI Type    Encaps     SC     Kbps   Kbps Cells St
    A.64001    1              1     3 PVC     F4-OAM     UBR   50000              UP
    A.64001    2              1     4 PVC     F4-OAM     UBR   50000              UP
    A.64001    11             1    32 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    12             1    33 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    13             1    34 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    14             1    35 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    15             1    36 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    16             1    37 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    17             1    38 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    18             1    39 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    19             1    40 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    20             1    41 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    3              2     3 PVC     F4-OAM     UBR   50000              UP
    A.64001    4              2     4 PVC     F4-OAM     UBR   50000              UP
    A.64001    21             2    32 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    22             2    33 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    23             2    34 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    24             2    35 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    

    次に、PVC のトラフィック パラメータの設定を表示する例を示します。

    Router# Show ATM vc                      
    Keys:  A = ATM1/0/0, B = ATM1/0/1, C = ATM1/0/2, 
    Codes: DN - DOWN, IN - INACTIVE 
    
               VCD /                                            Peak Av/Min Burst
    Interface  Name         VPI   VCI Type    Encaps     SC     Kbps   Kbps Cells St
    A.64001    1              1     3 PVC     F4-OAM     UBR   50000              UP
    A.64001    2              1     4 PVC     F4-OAM     UBR   50000              UP
    A.64001    11             1    32 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    12             1    33 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    13             1    34 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    14             1    35 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    15             1    36 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    16             1    37 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    17             1    38 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    18             1    39 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    19             1    40 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    20             1    41 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    3              2     3 PVC     F4-OAM     UBR   50000              UP
    A.64001    4              2     4 PVC     F4-OAM     UBR   50000              UP
    A.64001    21             2    32 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    22             2    33 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    23             2    34 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    24             2    35 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    25             2    36 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    26             2    37 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    27             2    38 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    A.64001    28             2    39 PVC     SNAP       VBR   40000  40000     1 UP
    

    次に、VP モードのセル リレーの設定を表示する例を示します。

    Router# Show ATM vp
    Keys:  A = ATM1/0/0, B = ATM1/0/1, C = ATM1/0/2, 
                                 Data  CES    Peak     CES Avg/Min Burst     MCR
    Interface     VPI SC          VCs  VCs    Kbps    Kbps    Kbps Cells    Kbps    CDVT  Status
    A.64001         1 VBR-NRT      10    0   50000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    A.64001         2 VBR-NRT      10    0   50000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    A.64001         3 VBR-NRT      10    0   50000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    A.64001         4 VBR-NRT      10    0   50000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    A.64001         5 VBR-NRT      10    0   50000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    B.64001         6 VBR-NRT      10    0   40000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    B.64001         7 VBR-NRT      10    0   40000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    B.64001         8 VBR-NRT      10    0   40000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    B.64001         9 VBR-NRT      10    0   40000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    B.64001        10 VBR-NRT      10    0   40000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    C.64001        11 VBR-NRT      10    0   30000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    C.64001        12 VBR-NRT      10    0   30000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    C.64001        13 VBR-NRT      10    0   30000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    C.64001        14 VBR-NRT      10    0   30000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE  
    C.64001        15 VBR-NRT      10    0   30000       0     N/A   N/A     N/A     N/A  ACTIVE
    
    

    その他の関連資料

    関連資料

    関連項目

    マニュアル タイトル

    Cisco IOS コマンド

    『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

    QoS コマンド

    『Cisco IOS QoS Command Reference』

    テクニカル サポート

    説明

    リンク

    右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

    http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

    PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングの機能情報

    表 1 PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングの機能情報

    機能名

    リリース

    機能情報

    PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピング

    Cisco IOS XE Release 3.10

    PPPoEoA/PPPoA 対応 VP/VC シェーピングにより、ブロードバンド セッションを基礎とする VC の ATM VP シェーピングが可能になります。

    Cisco and the Cisco Logo are trademarks of Cisco Systems, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and other countries. A listing of Cisco's trademarks can be found at www.cisco.com/​go/​trademarks. Third party trademarks mentioned are the property of their respective owners. The use of the word partner does not imply a partnership relationship between Cisco and any other company. (1005R)