QoS:分類コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3S(Cisco ASR 1000)
IPv6 QoS:MQC Packet Classification
IPv6 QoS:MQC Packet Classification

IPv6 QoS:MQC Packet Classification

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報および警告については、使用するプラットフォームおよびソフトウェア リリースの Bug Search Tool およびリリース ノートを参照してください。 このモジュールに記載されている機能の詳細を検索し、各機能がサポートされているリリースのリストを確認する場合は、このモジュールの最後にある機能情報の表を参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

IPv6 QoS:MQC Packet Classification に関する情報

QoS for IPv6 の実装方針

IPv6 パケットは、IPv4 パケットとは別のパスで転送されます。 IPv6 環境でサポートされている QoS 機能には、パケット分類、キューイング、トラフィック シェーピング、重み付けランダム早期検出(WRED)、クラスベース パケット マーキング、および IPv6 パケットのポリシングが含まれます。 これらの機能は、IPv6 のプロセス スイッチング パスとシスコ エクスプレス フォワーディング スイッチング パスのどちらでも使用できます。

IPv6 環境で使用可能な QoS 機能はすべて、モジュラ QoS コマンドライン インターフェイス(MQC)から管理します。 MQC を使用すると、トラフィック クラスを定義し、トラフィック ポリシー(ポリシー マップ)を作成および設定してから、それらのトラフィック ポリシーをインターフェイスに適用することができます。

IPv6 が稼働しているネットワークに QoS を実装するには、IPv4 だけが稼働しているネットワークに QoS を実装する手順に従ってください。 高度なレベルで QoS を実装するための基本手順は、次のとおりです。

  • QoS を必要とするネットワーク内のアプリケーションを特定します。

  • どの QoS 機能が適切であるかを判断するために、アプリケーションの特性を理解します。

  • 変更と転送がリンク層ヘッダー サイズに及ぼす影響を理解するために、ネットワーク トポロジについて理解します。

  • ネットワークに確立する基準に基づいて、クラスを作成します。 具体的には、同じネットワークで IPv6 トラフィックとともに IPv4 トラフィックも伝送されている場合、IPv6 トラフィックと IPv4 トラフィックを同様に処理するか、それとも別の方法で処理し、それぞれに応じた一致基準を指定するかを決定します。 両者を同様に処理する場合は、match precedencematch dscpset precedenceset dscp などの match 文を使用します。 両者を別の方法で処理する場合は、match-all クラス マップ内に match protocol ipmatch protocol ipv6 などの一致基準を追加します。

  • 各クラスにマーキングするためのポリシーを作成します。

  • QoS 機能を適用する際は、エッジからコアに向かって作業します。

  • トラフィックを処理するためのポリシーを構築します。

  • ポリシーを適用します。

IPv6 でのパケット分類

パケット分類は、プロセス スイッチング パスとシスコ エクスプレス フォワーディング スイッチング パスの両方で使用可能です。 分類は、IPv6 precedence、Differentiated Services Control Point(DSCP)、および IPv6 アクセス リスト内に指定可能なその他の IPv6 プロトコル固有値に基づいて行うことができます。また、COS、パケット長、QOS グループなどのその他の IPv6 プロトコル固有でない値に基づいて行うこともできます。 QoS を必要とするアプリケーションを決定したあとは、アプリケーションの特性に基づいてクラスを作成できます。 さまざまな一致基準を使用して、トラフィックを分類できます。 さまざまな一致基準を組み合わせて、トラフィックを隔離、分離、および区別できます。

モジュラ QoS CLI(MQC)の機能拡張によって、IPv4 パケットと IPv6 パケットのどちらにも、precedence、DSCP、および IPv6 アクセス グループ値に基づく一致を作成できます。 match コマンドを使用すると、IPv4 パケットと IPv6 パケットのどちらにも、DSCP 値および precedence に基づいて一致を作成できます。

IPv6 QoS:MQC Packet Classification の設定方法

IPv6 ネットワークでのトラフィックの分類

802.1Q(dot1Q)インターフェイス用の set cos コマンドと match cos コマンドは、シスコ エクスプレス フォワーディングによって切り替えられるパケットに対してのみサポートされます。 これらのオプションが使用されている場合は、デバイス生成パケットなどのプロセス スイッチド パケットがマーキングされません。

IPv6 トラフィック フローを管理するための一致基準の使用

複数の match 文を使用できます。 クラスのタイプに応じて、すべてのクラスとマッチングするか、それともいずれかのクラスとマッチングするかを指定できます。

手順の概要

    1.    enable

    2.    configure terminal

    3.    class-map {class-name| class-default}

    4.    次のいずれかを実行します。

    • match precedence precedence-value [precedence-value precedence-value]
    • match access-group name ipv6-access-group
    • match [ip] dscp dscp-value [dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 enable


    例:
    Router> enable
     

    特権 EXEC モードをイネーブルにします。

    • パスワードを入力します(要求された場合)。

     
    ステップ 2 configure terminal


    例:
    Router# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 3 class-map {class-name| class-default}


    例:
    Router(config-pmap-c)# class clsl
     

    指定されたクラスを作成し、QoS クラスマップ コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 4次のいずれかを実行します。
    • match precedence precedence-value [precedence-value precedence-value]
    • match access-group name ipv6-access-group
    • match [ip] dscp dscp-value [dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value dscp-value


    例:
    Router(config-pmap-c)#
     
    match precedence 5


    例:
    Router(config-pmap-c)# match ip dscp 15
     

    precedence 値とマッチングします。 precedence は、IPv4 パケットと IPv6 パケットの両方に適用されます。

    または

    コンテンツ パケットがトラフィック クラスに属しているかどうかをチェックする IPv6 アクセス リストの名前を指定します。

    または

    特定の IP DSCP 値を一致基準として識別します。

     

    サービス ポリシーの確認

    トラフィック フローがポリシーの入力パラメータまたは出力パラメータに一致することを確認します。 たとえば、FTP サーバからファイルをダウンロードすると、受信方向に輻輳が発生します。これは、サーバが大きい MTU サイズのフレームを送信し、クライアント PC が小さい確認応答(ACK)を返すためです。

    この作業を始める前に、サイズの大きい ping および多数の ping を使用して、拡張 ping で輻輳をシミュレートします。 また、FTP サーバから大きいサイズのファイルのダウンロードを試行します。 そのファイルは「障害となる」データであり、インターフェイス帯域幅をいっぱいにします。

    手順の概要

      1.    enable

      2.    configure terminal

      3.    interface type number multipoint | point-to-point

      4.    ip address ip-address mask [secondary]

      5.    pvc [name] vpi / vci [ces | ilmi | qsaal | smds]

      6.    tx-ring-limit ring-limit

      7.    service-policy {input | output} policy-map-name


    手順の詳細
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1 enable


      例:
      Router> enable
       

      特権 EXEC モードをイネーブルにします。

      • パスワードを入力します(要求された場合)。

       
      ステップ 2 configure terminal


      例:
      Router# configure terminal
       

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 3 interface type number multipoint | point-to-point


      例:
      Router(config)# interface gigabitethernet1/1/0 point-to-point
       

      インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 4 ip address ip-address mask [secondary]


      例:
      Router(config-if)# ip address 10.1.1.1 255.255.255.0
       

      テストするインターフェイスの IP アドレスを指定します。

       
      ステップ 5 pvc [name] vpi / vci [ces | ilmi | qsaal | smds]


      例:
      Router(config-if)#
       
      pvc cisco 0/5
       

      ATM PVC の名前を割り当てまたは作成し、オプションで ATM PVC のカプセル化タイプを指定して、interface-ATM-VC コンフィギュレーション モードに入ります。

       
      ステップ 6 tx-ring-limit ring-limit


      例:
      Router(config-if-atm-vc)# tx-ring-limit 10
       

      インターフェイスの送信リングのサイズを小さくします。 この値を小さくすると、Cisco IOS ソフトウェアでの QoS の使用が加速されます。

      • リング制限を 2600 および 3600 シリーズ ルータのパケット数、または 7200 および 7500 シリーズ ルータのメモリ パーティクル数に指定します。

       
      ステップ 7 service-policy {input | output} policy-map-name


      例:
      Router(config-if-atm-vc)# service-policy output policy9
       

      入力インターフェイスまたは VC、あるいは出力インターフェイスまたは VC に、そのインターフェイスまたは VC のサービス ポリシーとして使用するポリシー マップを対応付けます。

      • 一致パケット カウンタはキューイング機能の一部であり、出力方向に対応付けられたサービス ポリシーに対してだけ使用できます。

       

      IPv6 QoS:MQC Packet Classification の設定例

      例:DSCP 値のマッチング

      次に、priority50 という名前のサービス ポリシーを設定してインターフェイスに対応付ける例を示します。 この例では、match dscp コマンドに、オプションのキーワード ip が含まれています。これは、IPv4 パケットに対してのみマッチングを行うという意味です。 ipdscp15 という名前のクラス マップによって、インターフェイス ギガビット イーサネット 1/0/0 に入ってくるすべてのパケットが評価されます。 パケットが IPv4 パケットであり、その DSCP 値が 15 の場合、そのパケットはプライオリティ トラフィックとして処理され、50 kbps の帯域幅が割り当てられます。

      Router(config)#
       class-map ipdscp15
      Router(config-cmap)#
       match ip dscp 15
      Router(config)#
       exit
      Router(config)# 
      policy-map priority50
      Router(config-pmap)#
       class ipdscp15
      Router(config-pmap-c)# 
      priority 50
      Router(config-pmap-c)# 
      exit
      Router(config-pmap)#
       exit
      Router(config)# 
      interface gigabitethernet1/0/0
      Router(config-if)# 
      service-policy input priority55
      

      IPv6 パケットに対してのみマッチングを行うには、match protocol コマンドに続けて、ip キーワードを指定せずに match dscp コマンドを使用します。 クラス マップが match-all 属性を持つこと(デフォルト)を確認します。

      Router(config)#
       class-map ipdscp15
      Router(config-cmap)#
       match protocol ipv6
      Router(config-cmap)#
       match dscp 15
      Router(config)#
       exit
      

      IPv4 プロトコルと IPv6 プロトコルの両方に対してパケットをマッチングするには、match dscp コマンドを使用します。

      Router(config)#
       class-map ipdscp15
      Router(config-cmap)#
       match dscp 15
      

      その他の関連資料

      関連資料

      関連項目

      マニュアル タイトル

      IPv6 アドレッシングと接続

      『IPv6 Configuration Guide』

      Cisco IOS コマンド

      『Cisco IOS Master Commands List, All Releases』

      IPv6 コマンド

      『Cisco IOS IPv6 Command Reference』

      Cisco IOS IPv6 機能

      『Cisco IOS IPv6 Feature Mapping』

      ネットワーク トラフィックの分類

      「Classifying Network Traffic」モジュール

      規格および RFC

      規格/RFC

      タイトル

      IPv6 に関する RFC

      IPv6 RFCs

      MIB

      MIB

      MIB のリンク

      選択したプラットフォーム、Cisco IOS リリース、およびフィーチャ セットに関する MIB を探してダウンロードするには、次の URL にある Cisco MIB Locator を使用します。

      http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

      テクニカル サポート

      説明

      リンク

      右の URL にアクセスして、シスコのテクニカル サポートを最大限に活用してください。 これらのリソースは、ソフトウェアをインストールして設定したり、シスコの製品やテクノロジーに関する技術的問題を解決したりするために使用してください。 この Web サイト上のツールにアクセスする際は、Cisco.com のログイン ID およびパスワードが必要です。

      http:/​/​www.cisco.com/​cisco/​web/​support/​index.html

      IPv6 QoS:MQC Packet Classification の機能情報

      次の表に、このモジュールで説明した機能に関するリリース情報を示します。 この表は、特定のソフトウェア リリース トレインで各機能のサポートが導入されたときのソフトウェア リリースのみを示しています。 その機能は、特に断りがない限り、それ以降の一連のソフトウェア リリースでもサポートされます。

      プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator にアクセスするには、www.cisco.com/​go/​cfn に移動します。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

      表 1 IPv6 QoS:MQC Packet Classification の機能情報

      機能名

      リリース

      機能情報

      IPv6 QoS:MQC Packet Classification

      Cisco IOS XE Release 2.1

      モジュラ QoS CLI を使用すれば、トラフィック クラスを定義し、トラフィック ポリシーを作成して設定してから、それらのトラフィック ポリシーをインターフェイスに適用できます。

      match access-group name コマンド、match dscp コマンド、match precedence コマンド、set dscp コマンド、および set precedence コマンドが導入または変更されています。