Cisco 7600 シリーズ ルータ モジュール インストレーション ガイド
ケーブル仕様
ケーブル仕様
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

ケーブル仕様

インターフェイス仕様

光ファイバ ケーブルの仕様

スイッチング モジュール RJ-45 10/100BASE-TX ポート

Supervisor Engine 2 のコンソール ポートの信号およびピン割り当て

コンソール ポート モード スイッチ

ロールオーバー ケーブルの識別

コンソール ポート モード 1 の信号およびピン割り当て

DB-9 アダプタ(PC との接続用)

DB-25 アダプタ(端末との接続用)

モデム アダプタ

コンソール ポート モード 2 の信号およびピン割り当て

ケーブル仕様

この付録では、Cisco 7600 シリーズ ルータがサポートしているモジュールのケーブル仕様を示します。具体的な内容は次のとおりです。

「インターフェイス仕様」

「光ファイバ ケーブルの仕様」

「スイッチング モジュール RJ-45 10/100BASE-TX ポート」

「Supervisor Engine 2 のコンソール ポートの信号およびピン割り当て」

インターフェイス仕様

表B-1 に、OSM のインターフェイス仕様を示します。

 

表B-1 Cisco 7600 OSM インターフェイス仕様

Cisco 7600 OSM
物理レイヤ
インターフェイス
Mbps/インターフェイス
インターフェイス(数量およびタイプ)

1 ポートおよび 2 ポート チャネライズド OC-48

OC-48

2488.320 Mbps、全二重

LC タイプ コネクタ× 1 または 2

2 ポートおよび 4 ポート OC-12 POS

OC-12c

622.080 Mbps、全二重

SC コネクタ× 2 または 4

4 ポートおよび 8 ポート チャネライズド OC-12

OC-12

622.080 Mbps、全二重

LC タイプ コネクタ× 4 または 8

8 ポートおよび 16 ポート OC-3 POS

OC-3c

155.520 Mbps、全二重

MT-RJ コネクタ× 8 または 16

2 ポート OC-12 ATM

OC-12c

622.080 Mbps、全二重

SC コネクタ× 2

光ファイバ ケーブルの仕様

光ファイバ ケーブル伝送の仕様には、シングルモードおよびマルチモードの 2 タイプの光ファイバ ケーブルが定義されています。シングルモードの場合には、短距離、中距離、および長距離の 3 つの伝送タイプがあります。マルチモードの場合には、短距離だけがサポートされます。OC-3、OC-12、OC-48、およびギガビット イーサネットの仕様については、「ケーブル長の決定」を参照してください。

スイッチング モジュール RJ-45 10/100BASE-TX ポート

表B-2 に、RJ-45 10/100BASE-TX ポートの信号を示します。受信信号および送信信号には極性があります。各信号ペアの一方のピンが陽極(+)の信号を伝送し、もう一方のピンが陰極(-)の信号を伝送します。


表B-2 に、RJ-45 10/100BASE-TX コネクタの信号を示します。ポートに接続するケーブルのピン割り当てではありません


 

表B-2 RJ-45 10/100BASE-TX の信号

ピン
信号
説明

1

RxD(+)

受信データ(+)

2

RxD(-)

受信データ(-)

3

TxD(+)

送信データ(+)

4

NC

接続なし

5

NC

接続なし

6

TxD(-)

送信データ(-)

7

NC

接続なし

8

NC

接続なし

Supervisor Engine 2 のコンソール ポートの信号およびピン割り当て

Cisco 7600 シリーズ ルータに付属のアクセサリ ボックスには、コンソール ポートにコンソール(端末エミュレーション ソフトウェアが稼働している ASCII 端末または PC)またはモデムを接続するために必要なケーブルおよびアダプタが含まれています。アクセサリ ボックスに含まれているものは、次のとおりです。

RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル

RJ-45/DB-9 メス型 DTE アダプタ([Terminal] ラベル)

RJ-45/DB-25 メス型 DTE アダプタ([Terminal] ラベル)

RJ-45/DB-25 オス型 DCE アダプタ([Modem] ラベル)

これらのケーブルおよびアダプタは、Cisco 2500 シリーズ ルータおよびその他のシスコ製品に付属しているものと同じです。

コンソール ポート モード スイッチ

Supervisor Engine 2 の前面パネルにあるコンソール ポート モード スイッチを使用すると、次のように、コンソール ポートに端末またはモデムを接続できます。


) コンソール ポート モード スイッチを押すには、ボールペンの先など、細く尖ったものを使用してください。このスイッチは in の位置に合わせた状態で出荷されます。


モード 1 ― スイッチが in の位置。このモードは、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブルと DTE アダプタ([Terminal] のラベル)を使用してコンソール ポートに端末を接続する場合に使用します。

RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブルと DCE アダプタ([Modem] のラベル)でコンソール ポートにモデムを接続する場合も、このモードを使用します。

「コンソール ポート モード 1 の信号およびピン割り当て」を参照してください。

モード 2 ― スイッチが out の位置。このモードは、Catalyst 5000 ファミリー Supervisor Engine 3 のコンソール ケーブルおよび端末接続に適したアダプタでコンソール ポートに端末を接続する場合に使用します(ケーブルおよびアダプタは付属外)。

「コンソール ポート モード 2 の信号およびピン割り当て」を参照してください。

ロールオーバー ケーブルの識別

ケーブルの両端を比較すると、ロールオーバー ケーブルを識別できます。ケーブルの両端を、タブを裏側にして両手で並べて持ったときに、左のプラグの外側にあるピンに接続されたワイヤと、右のプラグの外側にあるピンに接続されたワイヤとが、同じ色になります(図B-1 を参照)。シスコシステムズから購入したケーブルの場合、一方のコネクタではピン 1 が白で、もう一方のコネクタではピン 8 が白です(ロールオーバー ケーブルは、ピン 1 とピン 8、ピン 2 とピン 7、ピン 3 とピン 6、ピン 4 とピン 5 が反転しています)。

図B-1 ロールオーバー ケーブルの識別

 

コンソール ポート モード 1 の信号およびピン割り当て

ここでは、モード 1(コンソール ポートのモード スイッチが in の位置)のコンソール ポートについて、信号およびピン割り当てを示します。

DB-9 アダプタ(PC との接続用)

端末エミュレーション ソフトウェアが稼働している PC にコンソール ポートを接続するには、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブルと RJ-45/DB-9 メス型 DTE アダプタ([Terminal] のラベル)を使用します。 表B-3 に、非同期シリアル コンソール ポート、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル、RJ-45/DB-9 メス型 DTE アダプタのピン割り当てを示します。

 

表B-3 ポート モード 1:コンソール ポートの信号およびピン割り当て(DB-9 アダプタ)

コンソール ポート
RJ-45/RJ-45
ロールオーバー ケーブル
RJ-45/DB-9
端末アダプタ
コンソール装置
信号
RJ-45 ピン
RJ-45 ピン
DB-9 ピン
信号

RTS

1 1

8

8

CTS

DTR

2

7

6

DSR

TxD

3

6

2

RxD

アース

4

5

5

アース

アース

5

4

5

アース

RxD

6

3

3

TxD

DSR

7

2

4

DTR

CTS

81

1

7

RTS

1.ピン 1 はピン 8 に内部で接続されています。

DB-25 アダプタ(端末との接続用)

コンソール ポートに端末を接続するには、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブルと RJ-45/DB-25 メス型 DTE アダプタ([Terminal] のラベル)を使用します。 表B-4 に、非同期シリアル コンソール ポート、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル、RJ-45/DB-25 メス型 DTE アダプタのピン割り当てを示します。

 

表B-4 ポート モード 1:コンソール ポートの信号およびピン割り当て(DB-25 アダプタ)

コンソール ポート
RJ-45/RJ-45
ロールオーバー ケーブル
RJ-45/DB-25
端末アダプタ
コンソール装置
信号
RJ-45 ピン
RJ-45 ピン
DB-25 ピン
信号

RTS

1 2

8

5

CTS

DTR

2

7

6

DSR

TxD

3

6

3

RxD

アース

4

5

7

アース

アース

5

4

7

アース

RxD

6

3

2

TxD

DSR

7

2

20

DTR

CTS

81

1

4

RTS

2.ピン 1 はピン 8 に内部で接続されています。

モデム アダプタ

コンソール ポートにモデムを接続するには、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブルと RJ-45/DB-25 オス型 DCE アダプタ([Modem] のラベル)を使用します。 表B-5 に、非同期シリアル AUX ポート、RJ-45/RJ-45 ロールオーバー ケーブル、RJ-45/DB-25 オス型 DCE アダプタのピン割り当てを示します。

 

表B-5 ポート モード 1:コンソール ポートの信号およびピン割り当て(モデム アダプタ)

コンソール ポート
RJ-45/RJ-45
ロールオーバー ケーブル
RJ-45/DB-25
モデム アダプタ
モデム
信号
RJ-45 ピン
RJ-45 ピン
DB-25 ピン
信号

RTS

1 3

8

4

RTS

DTR

2

7

20

DTR

TxD

3

6

3

TxD

アース

4

5

7

アース

アース

5

4

7

アース

RxD

6

3

2

RxD

DSR

7

2

8

DCD

CTS

81

1

5

CTS

3.ピン 1 はピン 8 に内部で接続されています。

コンソール ポート モード 2 の信号およびピン割り当て

ここでは、モード 2(コンソール ポートのモード スイッチが out の位置)のコンソール ポートについて、信号およびピン割り当てを示します。 表B-6 を参照してください。

 

表B-6 コンソール ポートのピン割り当て(ポート モード スイッチが out の位置)

コンソール ポート
コンソール装置
ピン(信号)
入出力

1(RTS) 4

出力

2(DTR)

出力

3(RxD)

入力

4(GND)

アース

5(GND)

アース

6(TxD)

出力

7(DSR)

入力

8(CTS) 1

入力

4.ピン 1 はピン 8 に内部で接続されています。